Kさん「こんにちは〜。」

店長「お久しぶりです。」

Kさん「ちょっと悩んでいまして
 相談に乗って貰おうかと。。。」


店長「はいはい、どうぞどうぞ。」

Kさん「実はですね、申し上げ難いんですが
 前に造って頂いたもの・・・
 10年位まででしたかね。。。
 最近、話題になっている 別の市販のドライバーに買い替えたら
 一時、距離は出たんですが、
IMG_0321_Moment(2)しばらくしたら 今まで出なかったようなミスが増え、
テークバック、テークバックをどうしたらいいか
分からなくなってしまい、
イップス になりそうなんです。
 テークアウェイの上げ方 を 教えて欲しいのですが…。」


店長「世の中に とっても多い悩みのパターン、
 罠にはまっちゃったわけですね。」

Kさん「はい・・・。」
スイングサンプル_Moment(2)

店長「10年も経ちますか…。
 それは兎も角、
 以前 お作りさせて頂いた ドライバーのスペックは
 44.5インチ ヘッド重量220g  硬さ171cpm と言うモノで
 現在、お使いの『市販』のドライバー は
 ヘッド重量は正確には分かりませんが、総重量とスイングウエイトから
 推測しますが、
 46インチ ヘッド重量185g 硬さ235cpm です。」

Kさん「だいぶ スペック違いますね。」

店長「そうですね。
 一番の違いは 長さと軽さ感 だと思います。
 今回 悩まれている点から考えると
 その二点が一番大きく影響していると思います。」

Kさん「スイングが良くないから…ですかね。」


店長「いやいや、ご自身で自分の振り方に不満がある
 のは ある種の向上心ですから 良いと思いますけど、
 スイングが良い悪いではなく、一つの分類として
 客観的に 自分のスイング、クラブ、悩み を見つめないと
 近視眼的な観察では答えを導き難くなります。

 Kさんのスイングは どちらかと言うと
 手で振る、ローテーションのあるスイングです。
 からだの回転 の円弧 に沿って、
 クラブを横に振るタイプ ですので
 弊社の重いヘッド、柔らかいシャフト から
 軽いヘッド、硬いシャフト に移行すると
 いっとき 強く、速く振れるようになるのは 分かります。

 ただ 軽いヘッド、硬いシャフト、しかも 長いモノ
 となると 飛ばすには そのまんま 振るスピード、
 ヘッドを動かす速度が重要になります から
 どうしても 大きな、しかも 速いテークアウェイになりがち…。

 ですので オーバースイングになってしまう、
 なんてことも副作用で付いて来ます。」

Kさん「はい・・・ そのまんま です。」
down under_Moment(2)

店長「これ パターで実験すると面白い んですけど
 弊社の重いヘッドの柔らかいシャフトのパター と
 とびっきり 軽いヘッドの硬いシャフトのパター を用意して
 それぞれ 5球交互に打ってみる を繰り返すと
 全員じゃないですけど、かなり多くの方が
 軽いヘッドの 硬いシャフトのパター の
 テークアウェイ、テークバックの初動、
 動き出し、一番始めのスタートが切り難く、
 場合によっては 半イップスみたいになるのです。

 やってみて下さい。」

Kさん「ああああ 動いてしまえば ヘッドが軽い方が
 動かし易いですが、スタートはすごくし難いですね。」


店長「そうですね。
 ヘッドが軽い、シャフトが硬い 方が
 ヘッドが軽いんだから 動かし易い と思いガチ ですが、
 逆に ヘッドが軽いので ヘッドだけを動かし易い、
 手でヒョイッと動かし易い ですよね。
 逆に ヘッドの重い、シャフトの柔らかいモノは
 グリップを動かす、正式には グリップを移動させないと
 ヘッドが動いてくれません。手でヒョイッと動かし難い・・・。
201812_Moment(2)

 単にヘッドを動かす だけであれば 前者、
 ヘッドが軽く、シャフトが硬いモノの方が簡単ですが、
 それを そのまま 手で動かすと
 想定とは違うトコロに上がってしまう・・・
 
video_Moment

 そりゃ そうですよね、
 本来で言えば からだが向きを変え、グリップが動き、
 ヘッドが動く モノ を
 手先、右手左手の入れ替えとか、ひねり とかで動かせば
 外目 というか、脹らみ目に動いたり、
 必要以上にインに動いたり、
 想定と違うように動いちゃいますし、
 テークアウェイの初動は目に見えてしまいますから
 気にするな と言っても難しい・・・。

 イップスって そこら辺から始まる訳です。」