◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:フェースの開き


店長「スイングの切り返し後、トップオブスイング以降
 ダウンスイングにおいて スライスをどうにかしよう😬
 というのは あまり実効性がありません。」

質問「!!!」

店長「スライス、右回転は 
 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか
 軌道のタイプにかかわらず『その
軌道に対して
 フェースが(右打ちの場合)右を向いているか、
 左を向いているか、
になる訳ですが、
 フェースターンをすると 軌道そのものがどんどん
 内に、内に逃げていく傾向が強く、
 フェースターンをすればするほど フェースの左向きの量
 必要になる と言う問題点がありますし、
 フェースの向きの変動、
 それに伴う 軌道の変化も激しいので
 打球の方向性の不安定さ
 が付いて回ります。
会田20210701_Moment(2)
 ダウンスイング以降 ヘッドが遅れるのを
 取り返そうとすると 問題は別なモノにすり替わります。」

質問「飛ばそうとすると スライスと背中合わせ、
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛距離はあきらめる、
 なんだか お約束のパターンですね。」


店長「メカニズムとして そうならざるを得ません。

 ですので スライスの実効的改善方法は
 『開いてテークアウェイを取らない』
 『出来るだけ 開きの量が少ないトップ(始まり)を造る』
 ダウンスイング以前の 事前準備
 と言う点がポイントになると思います。

 行き テークアウェイで開きの量
 〜フェースの上向きを抑えておく、減らしておけば
 遅れが発生しても なんとかなる で済むかもですが、
 始めから バックり開いて始まって(切り返し)しまうと
 たっぷりで、大急ぎのフェースターンが必要になってしまいます。」

質問「開かないで上げる・テークアウェイを取る って
 具体的にはどういうコトになるんでしょうか❓」


店長「両方の肘の高さ関係に着目下さい。
((フットワーク_Moment(2)
 右打ちの場合であれば、左ひじが右ひじよりも
 うんと高くなれば クラブは捻じられ、フェースは上を向きます。
 ですので 右ひじの高さ、高くすれば良いってモノじゃないですが 
 クラブが捩じられない、フェースが上を向かないような
 右ひじの高さの取り方は必要✊というコトになります。

 スライスで悩まれているとすれば
 それでなくとも ヘッドの遅れ は望んでいないのに
 左ひじが高く…とは その分、左腕も沢山移動しているので
 ヘッドだけでなく、腕自体も遅れてしまっているので
 ヘッドを返すにしても、その前に 腕の遅れを戻さないと
 ヘッドが返せないですから 更に手間も時間もかかります。
R (1)
 テークアウェイで 右にハンドルを切るように
 左手、左腕ばかりを動かしてしまうような やり方は
 スライス製造法みたいなモノです。」

質問「疲れて来て、ヒョイッと 手だけで上げちゃうような
 ラウンド後半で起こりがちなパターン って奴ですね。」


店長「はい。その通りです。
〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ







 普段から 左手だけ、左腕だけを動かす、上げる ような
 テークアウェイ、特に初動を取っている方は
 疲れてくると それは強くなってくる…
 すると フェースの上向きが増すので
 遅れによる フェースの開きが大きくなります。
 ラウンド後半の スライスやそれを防ぐための引っかけ は
 そう言うモノから生まれますね。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「シャフトが柔らかいからスライスする
 飽きるほど聞いた ゴルフトレンドワード ですね。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

店長「笑うに笑えません。

 打ち手 である自分が動いて、
 ゴルフクラブ、その先端にあるヘッドは動きます。

 シャフトがどうの、クラブの機能がどうの、
 であっても 何もしなければ クラブもシャフトも
 一切ナンの動きもしません。 当たり前ですけど…。

 ですので シャフトが硬かろうが、柔らかかろうが、
 先端の重さの部分であるヘッドは
 自分の動きに対し、その重さの分だけ、
 移動する、運動数量が減ります。

 例えば ですけれど
 車に 長い竿を付け、その先端に旗を付けた としましょう。
 車が走り出すと 空気抵抗を受け、
 ゴルフのスイングで言えば ヘッドの重さと運動になりますね、
 その竿、棒 は その掛かる負荷の分、後方にしなります。
 スピードを増すほど そのしなり は増えます。
 グラファイト素材であろうが、なんであろうが、
fca79257

 加速、等速移動状態であれば
 そのしなりが戻ることはありません。
 それは誰にも分ると思うんですが、
 ことゴルフになっちゃうと
  その理屈は超越されちゃうんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 ヘッドの重さ シャフトのしなり〜柔らかさ は
 普通に発生することですし、
 出来れば インパクトは最大速度や最大加速時 に迎えたい、
 のですから そのヘッドの遅れ のまま
 打つ のが ごく自然な流れ
 です。

 
 ヘッドの遅れを取り戻す はそれをする為、
 『必ずどこか』の部分を減速、停止させる必要があり、
 それが肘であったり、手首であったり するので
 手打ち・手振りの故障につながって来ます。」

質問「ヘッドの遅れを嫌いますよね❓」

店長「遅れ = ヘッドの開き、ロフトの開き になり、
 シャフトが柔らかければ その量も増える、
 そして それを戻す量も増えますから
 スライス = 柔らかいシャフト になりますね。
 手で振っているか どうか、の踏み絵 とも言えます。」

質問「柔らかいシャフトに慣れてくると
 ああ 遅れをロフトの立ち にしさえすれば
 遅れは放っておけばいいんだなぁ って思えてきます。」


店長「そうですね。
 自分にとって 一番遠い存在のヘッドに構い過ぎ は
 良くないですよ。すごく間接的な関係なんですから😄

 その遅れを 放っておけるのが からだの回転でのクラブターンで
 その遅れを 放っておけず戻そうとする のが手でのクラブターン

 判断することも可能です。」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社の「悶絶」と呼ばれているゴルフクラブ は
 アイアン(5番)であれば 通常 240g のヘッド重量が
 30%アップの 310g以上  70g以上 重くなっています。
 シャフトの硬さ、であれば これも 通常
 軽量のスチールシャフト SR 相当の硬さ で
 振動数表記 290〜300cpm
 ヘッドの重さもありますが、悶絶クラブの硬さは
 その半分 150〜160cpm だったりします。
004

 重い/軽いのヘッド重量 と
 硬い/柔らかいのシャフト
  組み合わせ としては 4種類出来る訳ですが
 軽いヘッドに硬いシャフト と
 重いヘッドに柔らかいシャフト と
 両極端な組み合わせ です。

重いヘッドと柔らかいシャフト のクラブだと
どうなるのか❓ というと
 特に シャフトのしなり は
 当たり前ですが、ヘッドの重さ と シャフトの柔らかさ の
 複合です。

そのシャフトのしなり、グリップに対するヘッドのズレ(遅れ)は
単純に考えて 横 と 縦 のズレ があるのですが、
横に遅れさせると ヘッドの構造上、
ロフトだけでなく、フェースも開きます。
 悶絶クラブ であれば それも倍増します。

一般的なアマチュアゴルファーは
しならないシャフトをしならせるモノ と考えていますが、
それは クラブの捻じり であり、
 そう考えた時点で フェースターンは必須になります。
それを 悶絶クラブ で行う とすると
 その「しなり」=「遅れ」👉捻じれ は
想像を超えた量になりますから まず 戻し切れません。
 おそらく シャンク か どダフリ、どトップ の
 いずれかになります。

本当は双方、同じ、なのですが、
しならないシャフトをしならせる習慣の強い方 と
しなるシャフトをしならせないようにする とでは
カラダを廻す と 手を動かす(上げる/下げる)
の順番が反対になりガチ です。

実際には 入り混じった ほぼ同時のモノ であり、
腕はカラダから生えているので
 からだの廻り(回転)が本格化してしまうと
 動かす事が出来なくなってしまいます。
ですので カラダの回転で考えるよりも
 どう腕を動かすと、どう腕を振ると
 からだの回転を促す とか、
 からだの回転と同期する と考えた方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)









これは あくまでも素振りやイメージ ですが、
 テークアウェイを取る時、まず 腕をあげてみる
 グリップを高くしてみる
 そして 向きを変える
不自然ではありますが、動作を二つに分けたとすると
そういう手順です。

ダウンスイングでは グリップを下げる
そして からだを廻す
 と言う手順の素振り、イメージ は
 ヘッドの遅れ=ロフトの立ち と言う意味で 
 結構、効果的です。

一般的には 先に回って。。。
 となると ヘッドの遅れは捻じれ になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ