◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: スコアメイク


店長「練習量や慣れなどによって
 どういう選択をするか、は変って来ます。

 一番 安定するのは
 『いつもやっている』『一番慣れている』コト
 をすることでしょう。
スクリーンショット 2024-06-07 170957
 ですので 例えば いつも PS~AWでしている✊
 ので あれば その選択がベターでしょう。

 傾斜は距離に影響を及ぼしますので
 登りのアプローチで大きなロフトを使う場合、
 ピンまでのダイレクトな距離、
 もしくは グリーンセンターまでの距離
 など 高さに距離が化けてしまい易い分、
 やや大きめの距離の目標設定が良いと思います。

 状況や本人の慣れ に応じて、ですが
 使えるのであれば PW.9番.8番などの転がし が
 安全性は高いです。」

ST「場面にもよりますが、転がしの方が良さそうですね。」

店長「ロフトの大きなクラブは
 ヘッド姿勢や入れ方の微妙な違いによって
 高さやスピンに距離が喰われ易いので
 慣れていれば ロフトの少ないクラブでの
 転がしの方が 距離感は合いやすい と思います。

 自分の通常のショットを
 『上げる』専門にせず
 ピッチ&ランの 半々の球にしておいた方が
 良いと思います。
 半々の球の方が 色々な場面での応用が可能です。

 登りのアプローチショットは
 芝目も逆目になっていることが多く
 ヘッドの上下変化の大きい『上げる』アプローチには
 手前に入ってしまうも含め 危険性が高くなります。
 ピッチ&ランや転がしのショットは
 ヘッドの上下変化が少なく、緩い入射になりますが、
 逆に 緩くても上から入ってくる可能性が高いと思います。

 ✋上から入れるは後日、ご説明します。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)IMG_0736_Slomo_Moment(3)





✋どちらの選択でも ちょっとしたポイントですが
 登りのショットは 傾斜なりに立つ
 とは言っても 右に体が残り易く
 手前に入り易くなる 👉入射が緩くなり易い
013ので その分、
クラブを『短め』に持ち
入射角度が緩くなり過ぎないようにする
のは 役に立つ と思います。

 思い違いをしていることが有るか と思いますが、
 通常のショットをする場合でもそうですが、
 クラブの長さを持ち変えると 距離が変わる
 😌長さ→→ ヘッドスピードの差  →→ 距離
 が正解とは言えません。

 1インチ程度の長さの違い~持ち替えでは
 ヘッドスピードは殆ど変わらない と言って良いでしょう。
 変化したとしても 誤差程度と考えて良いです。 


 長さを持ち変えることによって
 その場面での ヘッドの入り方を補正してあげる
 と考える方が良いかも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ST「こんにちは。」

店長「こんにちは✋ どうしました❓」

ST「ショットはだいぶ良くなって来て
 あと少しで ベストスコア更新しそうなのですが…
 アプローチについて 教えて下さい。」


店長「スコアにおいては 確かにアプローチ次第🙄
 と言っても 過言ではありませんからね😌

 『アプローチが大事✊』って ほぼ誰もが分かっていても
 練習場行くと ドライバーとか、フルショットの練習
 しちゃいますからね。」
〇からだの回転〜ク
ST「うへへへ」

店長「バンカーも含めて ですけれど
 アプローチって フックとか、スライスのミスで
 痛い思いするコトないじゃないですか❓」

ST「ほとんど無いっスね。」

店長「問題になるのは
 トップ、ダフり、くぐり、チョロなどの

ボールとヘッドの縦・上下のミス

 😵シャンクもその類い… と考えて良いと思います。」

ST「シャンクもですか❓」


店長「全部が全部じゃないですけど  ハイ✋

 正直🙄『アプローチの』練習は
 あんまりやってないんだけれど🙄
 ミスを減らしたい! ミスの確率を下げたい!
 んですよね❓」

ST「はい✋」
golf-2158897_1280
店長「OK✊  では 場面別に…。

 まずは
 ‥个蠎侈(右打ちの左足上がり)です」

ST「なんとなく…ですが、左足上がり、登り斜面って
 アプローチショットの中では やさしそうな
 そんな気がすると思うのですが…。」


店長「ですよね。

 ミドルホールのセカンドが届かず…とか
 ロングホールの3打目なんか、この場面多いと思います。

 通常、グリーンの水はけ などを考えると
 残り100ヤードを切るような場面、
 30ヤード、50ヤードなどは登り傾斜はかなり多く
 その傾斜も立っていられない程 ではないので
 やさしそうな気がしますが…。

・・✅その緩やかな傾斜に騙されないように😌・・

 グリーン周りの直ぐソコ、
 パターでもいけるかも みたいな距離を除き
 この傾斜では 斜面なりに立つコトが多いです。
013
 傾斜通りに立ち 傾斜なりにクラブを動かすのなら
 ロフトは「傾斜分」増えます。
 それを計算に入れた 選択が必要 です。

 3ⅿ先で20臓々發なっていたら約4度
 番手で言うと 一番手分 ロフトは寝る んです。
       (少々大袈裟ではありますが…)
 **3ⅿ先で40臓ヽ段二段分だと 二番手分です

😌20造蓮^貳姪な階段の 一段分の高さです

ST「3ⅿで20造辰董〃梗个箸靴討蓮"緩め" ですよね。」

店長「はい。砲台グリーンの花道だったりすると
 もう少し 斜度は有るかも知れません。

 残り30ヤード
 練習でも体験している SWでの30ヤード ですが、
 この斜度では SW、例えば56度のクラブが
 60°のLWに化けてしまっています。

 ゴルフクラブは ロフトが増えれば増えるほど
 適切なフェース上のヒットゾーンは狭くなりますし、
 リーディングエッジも前に張り出します。
 打撃力は
.棔璽襪両紊る角度 回転 A阿某覆爛船ラ
 に分散しますが、その分配は
 ロフトが増えれば増えるほど
 ものすごく微妙な差で 大きな違いを生んでしまい、
 違いの幅も ロフト角度の二乗に比例するほど、です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そのクラブの長さなりに上から入れて来る は
 フェアウェイウッドに限らず、ドライバーでも重要です。
(グリップの移動 〜先端は振りません

 『スイングは出来るだけ大きな弧で

 コレ 間違っていないんですけど… 間違ってるんです。」

KO「❓ ❓ 🙄 ❓ ❓」

店長「大きな弧にした方が 安定度も上がりますし、
 同じ速度で回れるのなら お得と言えばお得ですが、
 この大きな弧 の意味合いは
 からだの回転『で』
 クラブのターンの軸点は からだのどこか ですよ🙅
 と言う意味で
 手を、腕を伸ばして 遠くまで届くように
 腕やクラブの長さを 長くする と言う意味ではありません。」

KO「あああああ」

店長「フェアウェイウッドを上手く打つには。。。の問いに
 スイングの弧を出来るだけ 大きなモノにする✋
 と言うのは よく出てくる解答だと思うのですが、
 
2013-04-06 12-19-18.455_Moment

 グリップを支点に クラブをターンさせてしまう。
 けれども 出来るだけ腕は伸ばして 遠くに届かせる と
 からだの回転で 軸点はヘッドから遠ざける は
 大きな弧でも フォロー側の弧がかなり異なるモノになります。

 腕やクラブを長くして ヘッドの道のりを長くしてしまうと
 インパクトまでに時間が掛かってしまいますから
 前サイド(右打ちで言えば左、左打ちで言えば右)が上がってしまい
 アッパーブローになる確率が高くなります。

 ご存知のように フェアウェイウッドは
 トレーリングエッジ(フェースと反対側・奥側)の方が
 高くなっている スクープソールではありますが、
 アイアンやユーティリティに比べ、
 ソールに奥行きがありますので
 アッパー2度位までは大丈夫ですが
 アッパーが5度位になってしまうと
 ソールが尻もちを突いてしまいます。

 シャローに入れる というのはちょっとトレンドではあるのですが、
 シャロー 緩く
 その反対後は
 スティープ きつく で
 元々 アマチュアは総じて シャロー過ぎてしまう傾向が高く、
 ヘッドスピードも高くない。
 ヘッドスピードの高い プロにとっては
 シャロー気味に入れた方が 無駄なスピンを距離に出来ますが、
 私達 アマチュアは かなりきついスティープを意識する位で
 やっと 通常の入れ方になるのではないかと思います。
ドライバーの入射角度114

 おそらく…なんですけれど
 アプローチと同じく フェアウェイウッドって
 一番届かせたくなるクラブだと思うんですね。

 そう言う意識を出来るだけ抑え
 からだを廻して からだの向きを変え
 グリップの位置を前に、左に(右打ち)持って行く。

 (上下の入れ具合)では 前述のアプローチと
 フェアウェイウッドの練習が一番分かり易いですので
 是非、トライしてみて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「バンス角度は 程度はありますけれど
 多い方が 実質的に『飛ぶ』
 少ない方が 抜けてしまって『飛ばない』
 と考えて良いと思います。

 大雑把な話しですが
 ロフト50°であっても
 バンス角度10°であれば 50-10→40
 バンス角度6°であれば 50-6→44
 打ち出し角度とスピンがありますから
 それがそのまま 距離になる訳では無いですが
 そういう効果が有るのも確かです。

 バンスソールが始まった、普及した
 最も大きな効果は ヘッドが潜り込み過ぎない
 というのも 基本、似た話しと考えて良いと思います。 

 バンスの有効利用方法…となると。」

質問「バンスの有効活用法…🤩🤩」

店長「大雑把ではありますけれど
 ヘッドの入れ方って この二つのイメージだと思うんですね。
IMG_1142IMG_1144







✅前者,ヘッドを縦に回転させるか
✅後者△引き摺って使うか

 からだの回転の話しと結びつけると
 アドレスの状態の戻そう と言う意識が強いのが,任后

 △琉媼韻罵っても この進行の中には
 からだの向きが付いて来ますので
 微妙には ,蛤じったような感じになるのが現実です。

 ,倭瓩っ奮で バンスが張ります。
 場合によっては ボールとのコンタクト前に
 バンスが地面と強く接触してしまう可能性もかなりある。

 …,痢▲▲疋譽垢北瓩修Δ箸いΠ媼韻
 動作が 手、肩が主体になり易いですが、
 それには 足腰も付いてきてしまうので
 スイングのボトム、弧が想定よりも手前になり易い…ので。

 トップ、ダフリ が出易いですし
 ドライバーなど ティーアップしたショットで
 インパクト前に ソール、ヘッドが
 いっちょ噛み、ワンバウンドしてしまうと
 想定と全く異なる弾道、距離に
 なってしまうことが有ると思うのですが
 それが アプローチにも出てしまう、というコトですね。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m13s
 しゃくり気味、あおり気味の多い
 アマチュアには ヘッドがインパクト前後で
 跳ねてしまう状況は 有難くなりですから
 少なくとも イメージは △砲靴討きたいです。

 数度程度のバンスの張り であれば
 ロフトの支え インパクトロフトの安定にもなりますし、
 インパクト後の ヘッドの潜り込み防止にもなります。
IMG_1144

 この使い方は スコアに直結する部分でもあります。

 ですので バンス、ソール、バンス角度の
 活用法は△離ぅ瓠璽
です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「用品としての パターの命は
 引き易さ、動かし『出し』易さ だと思います。

 思いっきり手前味噌なんですけれど 
 L型ブリストルパターは かなり多くの方の
 パッティングが嫌い、苦手を解消した と思います。

 引き続き、手前味噌ですけれど
 ブリストルパターではイップスには成れない んです。」

質問「分かる気がします。」

店長「弊社のパター二種は あ、スピンオフ版もありますけれど
 ヘッド重量が強烈に重たい。 480gと520gです。」
IMG_1364
質問「ですね。」

店長「コレって 一般的な320gとか、330gのヘッド重量のパターと
 交互に打ち比べてみると 初めて分かるんですが、

 重いヘッドのパターだと
 グリップ』を動かそうとします
 ヘッドを直接ではなく、グリップを動かす、移動させるコトで
 特に、初動をスタートさせようとします。

 ところが…🙄🙄🙄
 軽いヘッドのパターは グリップを動かし難い。
 ヘッドが軽いから、ま、比較論ですけど、
 ヘッドが動いちゃうのか、動かしたくなっちゃうのか、
 兎も角、グリップが動かせないんですよ。
 打ち比べるとよく分かりますよ😵😵

 パターの苦手…とか、イップスって 実はソコなんです。

 ショットもそうですけれど、
 人間が関与しているのは グリップ です。
 手であっても、からだであっても
 グリップを動かさなきゃ始まらない
 でも パッティング不調や不振になると
 『兎も角、ヘッドを動かさなきゃ』って思うのに
 肝心のグリップが動かないので ヘッドが動かない、
 ヘッドだけ ぴょっと動かすと 良い感じのラインに乗らない。

 それが ブリストルパターは無いんです。
 ✊絶対 グリップが動きます。

 そして 視覚的にヘッドをどっちへ動かすか、
 かなりはっきりしたガイドが入ってます。
 迷わず 引ける んですね。
2595cdb2
 パッティングって 勢いで何とかする って言うのが
 通用しません。
 速さで解決できない。
 どんなストロークにしても 自分自身はジッとしています。

 感覚的なモノの割合が殆ど です。

 ですので あたかも 自分が機械、
 パッティングマシーンになって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す みたいなデザインは
 ヘッドの軽さも伴って
 一番大切な『感覚』を捨てなくちゃならない。

スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)
あのグリーン上で 突然、『ロボットになれ』って
パターに言われるんですよ。

335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 いつまで経っても パター苦手は解消しない です。


 良いパターって あんまり何も考えず
 ストロークも自分の繰り返せる 好きなような動かし方で
 子供みたいに ポンッ って打つのが一番良いと思います。

 よっぽど ポテトチップみたいなグリーンでない限り
 ラインなんて 自分で造れる みたいな感じで
 良いと思うんですね。
 距離が合って 寄ればいいんですから

 そう言うのを具現化したのが ブリストルパターで、
 ハミングバードなりに
 ピン型を極力シンプルに、迷いを生ませない
 そうアレンジしたのがデール9 です。

 ですので今度は 半マレットとL型のハイブリッド、
 その ハミングバードなりの完成型を目指しています。
IMG_0511IMG_0507






 特に マレットは欠点いっぱいなので
 自分なりに考えた その修正された 理想的なモノを
 造りたいと思っています。」

質問「楽しみです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングをあんまり得意としていない方 の
 ストロークというか、方法を見ていると
 勿論、全員じゃあないですけれど
 ヘッドを動かそう、動かそう としている。
IMG_0031_Moment
 そりゃ ヘッドを動かさなくては ボールは打てない ですけど
 じゃあ そのヘッドを『何で❓』『どこで動かしているか❓』
 は 深くは考えていないように思うんですね。

 ヘッドを動かすには
 ざっくりと 3つ 方法があるんですね。
.ラブごと、₍自分₎まるごと動かす
▲ラブを回転させる
グリップを移動させる


 ,魯乾襯佞離僖奪謄ングにおいては
 ちょっと非現実的です。
 感覚としては に近いとは…思いますが…。
IMG_0030_Moment(2)
 △一番多いように思うんです。
 クラブを回転させるって言っても
 パターですので フェースターンみたいのではなく
 クラブの針を縦回転させる…と言えば良いのか…。

 クラブの部位では無く、握り の方のグリップって
 右打ちであっても、左打ちであっても
 少し違う場所、ズレたところを握っています。
 ですので その両方の腕の長さ関係を変えて上げれば
 右打ちであれば 左腕に対して
 右腕を長くしてあげれば
 クラブは薄っすら 縦に回転するような
 時計の針で言えば 10秒分弱…8秒位かな
 角度で言うと 40度も動かせば 大抵の距離は打てる。

 見た目には 手首を使っているように見えるけれど
 実際には だいたい
 右打ちの利き腕、右手の長さを伸ばしている
 大袈裟に言えば 右腕の伸ばして
 クラブヘッドを跳ね上げているような動き…

 『タッチ』って言う言葉からも
 そういう動かし方になるコトが多いと思うんですね。
 右腕を伸ばすから、結果、として 左手首が折れる
 😧でも 手首の曲げ で打っている訳じゃない。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s








 これで 距離感が合っているのなら
 別に何も言うことは無いですけれど
 距離によって クラブと言うか、シャフトの振る
 角度や速度がかなり増します。
 中長距離になれば 40°では足らないので
 時計の針 12〜13秒分
 …角度で言うと 70°や80°も振ると
 フェースがボールに当たる場所もズレるし、
 アッパーなのか、レベルなのか、もズレる。
振り子
そうなるとタッチ』が距離と合わなくなる
✋これが一番多いと思うんですね。

 だから クラブから離れた 肩を動かしましょう…
 って なるんだと思うんですね。
 ショルダーストロークで有れば
 "両腕の長さは固定”ですから
 振り子ではあるけれど その変化は穏やかになる…
 そういうコトなんだと思います。

 ハミングバード的にはをお薦めします
 パッティングの場合はカラダを回す訳に行かないので
 腕さばきにはなってしまいますけど
 左右の腕の長さの関係を変えない
 右打ちであれば 右腕を伸ばすんでしょうけれど
 クラブを縦に回転する為に伸ばすのではなく
 グリップを移動させる為に 伸ばす。
 故に その分、左腕を逃がす と言うか、
 左腕の長さも 長くする感じになりますね。
IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)





 『タッチ』と言う意味では 一番合いやすい と思いますけど…
 勿論、コレはお好み次第 です。

 ただ パターの縦回転(移動)は
 出来るだけ避けた方が、出来るだけ穏やかにした方が
 距離感が、タッチが からだに馴染み易い と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングで距離感の安定しない
 ストローク
というのがありますね。 

 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す
 転がしたい方向に直線的な意識が強いあまり
 ヘッドの上下、高さの動きが
 結構な曲線 弧になってしまっているケースです。
006009







 パッティングは極端な話
 勿論 薄っすらではありますけれど
 ダウンブローであっても
 レベルであっても
 アッパーブローであっても
 問題はありません。
 繰り返しますが 薄っすら ですけれど。

 しかし 打つ度に アッパーになったり
 レベルになったり、ダウンブローになったり
 変わってしまっては
 ヘッドスピードがボールスピードと
 つながりを持てません。

 同じヘッドスピードでショットで言うと
 ダウンブローで打つと
 打ち出しは低く、スピンは多めです。
 アッパーブローで打つと
 打ち出しは高く、スピンは少な目です。

 パッティングの場合、順目や逆目、
 傾斜やボールの沈み具合などによって
 その二つの差は狭くなったり、
 広がったりしますので
 一概には言い切れませんが
 同じスピードで、同じ強さでボールに当てた、
 としても 転がる距離 は異なります。
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)
 また 振り子式の『真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す』
 の場合、アッパーがかなり極端になり
 ボールの芯 ではなく
 ボールの上っ面を打つような状態になる のを
 結構、見かけます。
 
 ショットで言えば トップしたのと同じ です。

 パッティングでのトップは
 ショットの場合と大きく異なり、
 ショットの場合のトップは
 大抵の場合、想定の距離よりも飛んでしまう、
 行ってしまうケースが殆どですが、
 パッティングの場合、
 普通のパットでは 回転数は距離にもよりますが
 数百回転…1000回転まで到達することは少ないですが、
 トップになると いきなり 2000〜3000回転
 ホイルスピンするような形になり
 摩擦が一気に増え、推進力を一気に失ってしまいます。

 トップと…まで行かなくても
 アッパーがきついと ボールが伸びにくい
 惰性での転がりになり
 接地時間が長くなり、芝目や傾斜に影響を
 大きく受けることになります。

 それが『いつもの』自分の球質 であれば
 慣れれば良いだけですが、
 振り子式の『真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す』
 の意識が強いストロークの方は
 ソレが出たり、レベルで打てたり…と
 微妙な距離感が掴めないまま
 ラウンドが終わってしまったりします。
4c9a0689
 パターの苦手な方は
 このパターンが多いんじゃないかな と思うんです。

✋自分の目線から パターヘッドを真っ直ぐ動かす
 それはそれで 目標にしているのは良いと思いますけど
 ヘッドの高さ変化、ロフトの様変わりは
 自分の目で確認し辛いですけれど
 動かす『シャフト』の角度変化
 
 自分の目 👀 でも確認出来ますので
 それを より少なく すれば ヘッドの高さ変化、
 ロフトの様変わりは穏やかになりますので
 距離感が安定し易くなると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「10人の人に 3ⅿ距離を打って頂いて
 5球カップインしたデータを取るとですね…。」 

質問「はい。」

店長「同じ距離を 同じ場所から打っていて
 カップインまでは同じなんですけど
 意外にもそのデータは 結構、バラバラで
Desktop 2022.05.08 - 06.28.43.01_Moment
打ち出し時に 左₍フック₎回転が入っている人もいれば
右₍スライス₎回転が入っている人
も居るんですね。

また ボールの打ち出し速度も結構、違いが有って
速い球で ラインを消し気味の人もいれば
遅い球で 流し込むような人
も居るんです。」

質問「だから 登り/下り フック/スライス
 得手不得手があったりするんですね。」


店長「おそらく そうだと思います。

 ショットと同じで 同じ距離・同じ場所から
 打つんであっても ヒトそれぞれ 弾道が異なります。

 ですので 打ち方と言う意味での
 パッティングストロークは
 繰り返せるのならば 自分のストロークで良い
 というコトになるんだと思います。
((パッティングストローク - frame at 0m27s
 ボールの転がるラインは
 ボールが接地した箇所や回数によって
 芝などの外的影響も異なるので
 中・短距離のラインも 決して一本では無く
 自分の感じたまま 打つ方が良いと思いますね。

 距離感と言うか、タッチって言うんですか、
 これは 本当に自分独自のモノ で
 誰からも教われないし、誰にも教えられない…
 その距離を転がるボールのスピード感 と
 自分の動かすヘッド・グリップ・自分の動作速度
 そういうのは ある程度、掴んでおいた方が良いですし
 パッティングだけじゃなく、ショットもですけど
 『ボールの転がる・飛ぶスピードの感覚』は
 毎回ちゃんとイメージしておいた方が良いと思います。

 そういう意味でも
 中・長距離のパッティングでに
 かなり強く打たなくてはイケナイ パター
 飛ばない〜ちゃんと距離が出ない パター だと
 距離感が出し難い…
 微妙な短めの距離を打つのにも
 ある程度 振らなくてはいけない パター は
 タッチとボールスピードが一致し難いので
 使い難いんだと思いますね。

 弊社のパターではソレはあり得ない…ですけどね😧
IMG_1302


 あえて言うのなら 緊張した場面、
 大切な場面で いつも以上に時間をかけたり
 逆に その緊張感から急いでしまったり、
 慎重になり過ぎて 構えが小さくなったり…
 そう言うのを 気を付けた方が良いと思います
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「パッティングについて 質問があるんですが…。」

店長「どうぞ どうぞ。」

質問「漠然とした質問で 申し訳ないですが、
 パターは短い方がいいんですか❓ 長い方がいいですか❓

店長「うお ホント、漠然としていますね。
IMG_1207
 勿論、そのゴルファーの身長や構え方 によっても
 コレだ! と言うのは言い切れませんけれど
 総じて…ですが、短めのパターは
 構えも苦しくなりますし、視野も狭くなります。
 緊張感も伴い易い、
ですから 出来れば…ですが
 やや長め の方が良いと思います。

 アドレスの時の構えが 縮こまっていると
 見えるモノも見えませんし、
 パッティングにとって大切な『タッチ』、
 距離感を失うというか、忘れてしまい易いので
 短めはお薦めしていません。
 雨の日に雨具を着て 引っ掛からない程度の範囲で
 長めが良いと思います。」


質問「なるほど。
 では 自分からボールまでの距離も含めて
 ボールの位置はどこら辺が良いでしょうか❓


店長「コレもまた 漠然😧としていますが、
 ボールと自分との遠近、距離もそうですが
 右左、どこら辺にボールを置くか は
 どちらかと言うと ボール有りき ではなく
 パッティングストローク有りき
 の話しです。
putting
 これは 通常のクラブのショットも同じですが、
 手で振っている人が 前め、右打ちで言うと左め、
 左足かかと付近にボールを置くのは 厳しいでしょう。
 真ん中あたりのボールを置かないと 届かないですから…。

 パッティングの場合も
 よく言われる 遠近感で言うと
 構えた時の 目の真下 とか
 ボールの位置はからだの真ん中 って言うのは
 振り子式、というか 肩を揺さぶった
 ショルダーストロークにおいて 有効なボールの位置です。
MVI_0878(2)_Moment
 私、で言うと 肩やからだを動かさず
 両方の肘さばきで打つ感じに近いですから
 ボールの位置はそれよりも遠め、離れめ、
 からだも出来るだけ起こしています。
 グリーン周りで ウエッジで転がしをするのと
 非常に似たボールの位置 になりますけれど
 それが 良いとか、悪いとか、 では無く
 まず ストロークの様式次第 になりますので
 遠近・左右共に ボールの位置 を
 大きく変える というのは
 ストロークの様式を変える というコトに等しい
ので
 注意が必要です。

 どちらが良い、悪い ではないですが、
 『
タッチ』『距離感』の出し易い ストローク
 を最優先にすると 良いと思います。

 縮んで構え、ボールも目の下、近め…ですね、
 左右の位置も真ん中 で打つ
 パッティングストロークは ヘッドの動かすラインや
 動かし方を最優先にしていますので
 月1コースで 久しぶりにパットをする…
  のであれば 
 パッティングストロークから
 『距離感〜タッチ』がすっぽり
 抜けてしまうことが多いのでご注意ください。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの回転運動の軸が背骨か、
 はたまた 背骨に沿った外側か、
 は どちらでも良いですし、
 箇所 の問題では無く
 軸の位置は それぞれ で良く、
 どこかに限定する必要は無いと思います。
o0361056812059034776
芯のある、軸が有るような運動になるコト、
の方が重要だと思いますけど
その話しはまた別な機会にしましょう。 

昨日の記事の続きになりますけど、
回転『運動の軸』、支点とヘッドやクラブの円軌道の支点
 が同じなんじゃないか
 と言う勘違いは アプローチで出て来易い と思うんですね。」

質問「ごくりッ😧」

店長「まあ 俗にいう 振り子のアプローチ ですが
.好ぅ鵐阿呂らだの回転
△らだの回転は円運動
よって ヘッド軌道も円軌道
げ鹽召砲麓瓦大切
ケ澣案擦世ら クラブの支点も意識する

 に至り易い と思うんですね。
607a83e4-s
 からだの回転は 円運動ではありますから
 その運動支点が 背骨なり、
 振り子のアプローチだと 首辺り にある
 というのは 運動としては
 まあ…好みやタイプにもよりますが、
 クラブの支点も 首辺り となると
 非常に安定し辛いアプローチになり易い ですし
 それがそのまま発展して
 ショットに繋がっていく可能性は極めて高い と
 思うんですね。

 ゴルフクラブの機能 で
 ウッドの特性、アイアンの特性 ってありますが
〇ウッドは 打ち出しは高いけど スピンが少ない
〇アイアンは 打ち出しは低いけど スピンは多い

 ウッドの方が 総飛行時間は長く、スピンが少ないですから
 着弾時に スピンが残っている可能性が低く、
 アイアンはその逆で スピンが残っている可能性が高い。
5d625fee
 アプローチショットの場合、
 特殊なショット、意図的なショットを除き
 打つべき距離と打った距離に差が少ないコトが重要ですので
 着弾地点と差の少ない総飛距離が望ましい。
 アイアン・ウエッジのヘッド特性になるのがベターですが
 振り子式に ヘッドを前に出すショットでは
 打ち出しは取れますが、スピン量は少なくなりますから
 着弾時 スピンが残っていないウッド型ショットになり易く、
 また 着弾する角度もやや緩め(直角よりも斜角)
 になるので 想定以上の足が出るコトになり易い。

 距離が合い難いですし、
 振り子式の重さに対するからだの反応によって
 最下点もぶれやすい(後ろになり易い) ですから
 アプローチショットにとって
 一番避けたい トップとダフリが出る 可能性が
 とても高くなり易いのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ピン型デール9』
で ヘッド重量 520g
『L型ブリストルパター』で 470g と
平均的なパターヘッド重量の 1.6~1.7倍 有ります。
IMG_1370

こう考えてみましょう。
成人男性の平均体重は 70措 です。
1.6倍で110繊1.7倍で120 ですので
ちょっと小柄なお相撲さんサイズ、
同じ速度でぶつかられれば お相撲さんサイズの方が
当然、ダメージは大きい訳で、パッティングストロークにおいて
 同じ距離を打つのであれば 遅めの速度で十分でしょう。

遅めのヘッドスピード、となれば
小さめのストロークで済む…かも、ですので
慣れは必要であれど、当然、簡単さは増します。

IMG_1366

ヘッド重量とヘッドスピード その掛け算が
ボールを打つ「打撃力」になる訳ですが、
それが ロフトと軌道によって
 素直に距離になれば良いですが、
無駄なボールの上がり、や 回転になれば
 ヘッド重量のメリットが生きてきません。 

多くの人が 「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す」
そればかりを気にしているように 思えるのですが、
ヘッドの移動軌道だけでなく
 ボールとヘッドがどうコンタクトするか、
 意外と無視されていますが、かなり重要です。

これは 一般的に知られていないコト ですが、
平均的な ピンタイプのパターの重心高さ は 約13mm です。
マレットタイプ…になれば それより低い可能性もあります。
『ピン型 デール9』は特出した高重心 で 重心高さ 約17mm 有ります。
・・・L型ブリストルとほぼ同等です✊

重心位置、重心高さの作用は
 運動させた時、ヘッド姿勢に働くので
重心の低いものは ロフトが増え易く、
重心の高いモノは ロフトが立ち易く、
なります。
アイアン…で、同じロフトであれば
 重心の低いモノの方が 総じて易しい…上がり易い ので
 重心の低いものは だいたいストロングロフト…です。

当たり場所と重心の関係!とは言い切れませんが、
ミドル〜ショートアイアンで ティーアップしてショットし、
 ボールがフェースの上めに当たって、上がるけど 飛ばない、
 勢いのない球になってしまう
 と言う経験を
 している方も少なくないか、と思いますが、
種明かしをすれば、当たった箇所…の問題では無く
ロフトが付いていて、それが故に 緩い入射になった為、
くぐり抜けたような、勢いの付かない球になるのですが、
パッティングにおいても それに類似した球は かなり頻繁に出ます
IMG_1389IMG_1387











ですので
 ボールの赤道部を打つ
もしくは 少しオーバーですが、
 ボールを赤道で切って、南半球にティーアップされた
 北半球だけを打つ…位のつもりで ストロークしてみて下さい。

😓パターの歯でボールの赤道付近…は多少オーバーではありますが
少なくとも 下側、南半球を打とうとすると
 ロフトも付く(リーディングエッジが前に出る)ので
 予想以上にボールの下目に当たる…それよりはマシです✋
 それでは ボールに良い回転は入りません。
IMG_1386IMG_1385









ボールとヘッド(ピン型デール9)の関係です。
10円玉6枚で1cm弱、7枚で1儷の厚さがあります。

地面に沿って 動かすよりも
1cm高いラインを通った方が
 ボールは良い転がりになり易いですし、
 故に ボールも伸びます。
 ヘッド重量が活きます
また、そういうイメージの方がロフトも立ち易く
 シャフトの柔らかさの効果も有効です。

是非 プロのトーナメント…
トーナメントの中継って パターばかりで退屈ですので
どの高さ を打っていて、
どの高さ を打っている人が ボールの転がりが良いか
確認してみて下さい。
適切な高さ(ボールとのコンタクト)では無いと
想定よりボールは伸びません……切れる…というコトです。
距離を合わそうと 強く打つと
下目 で打っていますから
ロフトが付いている👉フェースが左を向いている ので
ひっかっかる…というのがカラクリなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「もうお気づきの方も居ると思うのですが…」

質問「?????」

店長「アマチュアのゴルファーの かなりの割合の方が
 つま先基準なのか、スライス防止の為なのか、
 クローズスタンスに構えている人が多い…と。」

質問「はい。」

店長「クローズスタンスは オープンスタンスやスクエア と
 比較すると ボールの位置 としては
 やや外目、右打ちで言えば 左に置かれている…と。」
001
質問「はい。」

店長「そして、総じて ですけれど
 本番…コースへ行くと ボールは近づく、
 中に入ってくる のが 
 ミスの原因に、主要因になり得る…と。」

質問「はい。」

店長「ですので ココにアプローチをミスする、
 アプローチが得意でない 原因があったりするんです。
 シャンクなんか 特にその顕著な例だと思うんですけど …。」

質問「!!!!!!」

店長「スタンスの向きって言うのは
 自分に対しての ボールの置き位置を変えない✊とすると
 向きを変えると ボールを中心に、右打ちですけれど
 右を向くと 自分が前に、
 左を向くと 自分が後ろに下がる のと似ています。

 その場で 開いたり(右を向いたり)
 その場で 閉じていては
 ボールの位置が 想定以上に動いてしまいます。
002
 普段、クローズスタンスに慣れている人が
 アプローチの時だけ オープンに構える って言うのを
 よく見かけるのですが、
 もし、その場でオープンに構えてしまったら
 ボールは かなり中に入ってしまいます。
 オープンに構えることに慣れていないですから
 適切なボールの位置が掴めないですしね。

 その場でオープンにしただけでも
 ボールの位置は かなり ボールは中に入るのに
 アプローチだから…って
 意識的に より中、より右に置く場合も…。
 場合によっては からだよりも右にボールがある、
 そんなことも起こりうるわけですよ。
 慣れてませんから…。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47











 まあ シャンク出易いでしょうね…。」

質問「!!!!  確かに…。」

店長「気温が下がってくると シャンクは出易いですけど、
 それは 寒くなって より近づいている、
 ボールを中に置いている可能性って高いと思います。
 統計を取った訳では無いので、断言出来ませんけれど
 かなり高い割合で コレがシャンクの大きな原因じゃないですかね。

 そう言う意味では 余程 特殊なショットを除いて
 アプローチのスタンスもいつも通り の方が
 いいんじゃないですかね❓

 勿論、練習による慣れで解決は出来ると思いますけど。

 振り加減にもよりますけれど
 シフトが少ない分、若干、中に入る程度、
 ボールの位置のみを変える位が妥当だと思います。

 
 同時に 二つのコト、スタンスの向きとボールの位置 は
 傾斜や状況がいつも違うコースで
 より複雑にしちゃうんじゃないですかね。

 
 また、ほどほど 上げる、高さを取るアプローチ、
 強く打たないけど、一応ショットのようにする のであれば
 尚更 ボールを中に、右に置く必要は無いと思います。
004
 アプローチの構え を見ていると
 これから どんなショットを望んでいるのか
 判別できない場合がとても多いと感じます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




質問「店長! コースでのミスを減らす方法
 なにかありませんか❓
 遠方で頻繁にソチラに伺うコトが出来ませんが…。」


店長「コースでミス😵😵 まあ ゴルフに付きモノですけど…、
 そうですねぇ あえて言えば
 アドレスとボールの位置 なんじゃないです❓」

質問「スイングでは無くて❓」

店長「コースへ行って スイングのコト、考えても
 致し方ないじゃないですか

 試験受けに行って、勉強内容とか、勉強方法とか考えても
 もう既に遅し、と言うか、腹くくってやるしかないでしょう。

 アドレス。。。とは言いましたけど
 スタンスの向き が正しいかも知れません。」
BlogPaint
質問「スタンスの向き???」

店長「望んだ方向、自分なりの正しい方に向きを取るコト
 それはそれで正しいですけど
 今回はそこでは無くて『ボールの位置との絡み』です。

 その前に…

 スタンスって つま先を基準にしないコト が第一。
IMG_0001 (2)
 右打ちの人の場合ですが、
 多くの場合、左つま先は 右つま先よりも
 やや開き気味に構えてる人が多いです。

 スタンスの向きは 両方の足、靴の
『かかと』
 基準になります。
 そこ間違えていると クローズに構えることになります。
 
 両つま先の開き具合は 自分の形で
 とりあえずは良いと思うんですけれど
 スタンス〜からだの向きの基準は かかとラインです。」

質問「ああああ ナントは無く ですが
 両つま先を結んだ線を 向き って決めていました。」


店長「その方、その方の 両つま先の開き具合、閉じ具合
 によって異なりますけど…異なるが故に
 向きの基準は つま先 ではなく 👉かかとライン です。
IMG_0001
 その上で なんですけれど
 コース、まあ、本番と言えば良いんでしょうか、
 家での素振りや練習場 と比較すると
 コースでは 総じて ですけれど
 ボールが近い、ボールとの距離が近い、
 もしくは ボールを中に、
 右打ちの人で言えば薺ぬになりガチ
 です。

 興奮していたり、落胆していたり、疲れていたり、
 緊張していて ボールの位置が遠くなる、
 ボールとの間合いが離れる、 って言う人は
 ほとんどいません。 まず 居ないと断言して良いでしょう。

 必ず ボールが近くなります。
IMG_0003
 これは ボールと自分との間合い だけでなく
 ボールを右に置く(右打ち) って言うのも
 ボールとの間合いが近くなるの近似値というか、
 亜流な形でのボールと近くなる と考えて下さい。
ケースとしては ボールとの間合い よりも
ボールの位置が中に入る方が多い かと思います。



 ですので アマチュアのゴルフにとっての『平常心』とは
 心をいつも通りにするコト ではなく、
 ボールの位置、ボールとの間合い が
 いつも通りであるコトを指します

 こころ・気持ちは 一喜一憂、自分に期待しちゃったり、
 がっかりしたり、腹が立ったり、
 そう言うのが楽しいんですから 放っておけばいいんです。
 そっちではなく
 『平常心』とは
 いつも通りの スタンスの向き
 いつも通りの ボールとの間合い
 いつも通りの ボールの位置 
  のコトを指します。
IMG_0001
 これが出来るだけで
 かなりの確率で 大きなミスは回避出来ます
 それも 事前に😊😊😊 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレは 前にも記事で書きましたが…
 よくあるゴルフ業界の妙な流れのヒトツでして…
332093543_725242885732572_9021207906674425025_n
🙄ドライバーよりも フェアウェイウッドの方が
 重いシャフトが良い、
    もしくは 長さが短いのに同じ重さ
🙄アイアンよりも ウエッジの方が 重いシャフトが良い、

 そう言う風潮が高く、メーカーも
 フェアウェイウッドには FW専用の重さを合わせた
 シャフトを採用していることが多いですが…、

 コレは良いトコロが殆どありません。

 例えば ドライバーが50gのシャフトだったら
 それより 短いフェアウェイウッドは 60gのシャフトの方が
 いいんじゃないか⁈ と思いガチ ですが、
 その発想は卓上では良さそうに感じますが、
 実際の商品化した場合、悪いトコロばかりになります。

 カーボンで有ったとしても スチールであったとしても
 重さを増やすには 内容物を増やす方法が当然、採用されます。

 基本は同じコンセプトのシャフトの増量版ですので
 元の50gのシャフトに対して
 10g分、割合で言うと『20%前後』
 内容物が増える、繊維が増える、シートが増える…
 元の重量にもよりますけれど
 10〜20%も内容物が増えるって
 元のシャフトとは別物になります✊
 当然、強度が増す、つまり 硬くなり易い訳ですが、
 ドライバーに比べ 数の売れないフェアウェイウッドの為に
 ソコを 更なる工夫をして同じ硬さ(軟化)に、
 柔らかくすることは まず 行われません。

 また 性質・特性に大きく影響を与えず
 10%、20% 内容物を増やすとなると
 手元を中心にシャフトの肉厚を厚くする可能性が
 非常に高くなります。
 すると シャフトソノモノのバランスが手元寄り、
 になり易く、ヘッドが効きが薄くなります。
 シャフトの強度〜硬さと共に
 より ヘッドが感じ難くなる方向です。
332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n
 これは ウエッヂでも同じ です。

 重量が増えた分、きっちり 硬くなり、
 ヘッドの重量感は薄れるので
 結果として、振り難さゆえに重く感じるコトを
 除けば、重く感じるというよりも
 クラブ自体が軽く感じてしまう可能性も秘めています。

 ドライバーよりも強く振り難い、
 使用環境上 プレッシャーの大きい
 フェアウェイウッドの方が 
 硬くて 良いことは 1个發△蠅泙擦鵝


 試しに ですね。

 同じヘッド、同じ仕様で
 ドライバーと同じ振動数のフェアウェイウッド、
 本来であれば、短いフェアウェイウッドの方が
 その短さ分 数値の高い
 例えば 45in〜220cpm であれば 42in〜225cpm
 のようなモノが 『同じ流れ』 の硬さなのですが、
 ソコをあえて 同じ振動数 42in〜220cpm にして使ってみると
 断然 ソチラの方が楽に使えます。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
 そう言う意味では
 ドライバーとフェアウェイウッドを同時に買う場合、
 フェアウェイウッドの方を 1フレックス 下 のモノを
 購入した方が 
 雰囲気だけで 短いクラブは『重いシャフト』仕様よりも
 遥かに 使い勝手は良い と思います。」

質問「なるほど😌」

店長「コレはウエッジにも言えますね。
 確かに 卓上、気持ちの上では
 遠くに飛ばす必要のない ウエッジのシャフトを
 アイアンのソレよりも重くした方が
 なんだか 安定するような… 良いような…
 そんな気持ち、『雰囲気』にはなりますけれど

 フルショットで使う頻度の少ない
 スコアに直結するアプローチショットが
 フルショットで使う頻度の高い通常のアイアンよりも
 硬くなっていて 良いことは ほとんど無いです。
 イエ 『何一つない✊』と言えます。

 10g…20g… シャフトが重くなったとしても
 それは 棒状のシャフトに分散していますし、
 シャフトが硬くなったコト によって
 ヘッドの重さが感じ難く😵 なっていますから
 逆に 体感的には軽くなっている可能性 すらあります。

 硬く ヘッドの感じ難い クラブで
 小さなショット、短い距離を打つ となると
 リズムもゆったり出来にくいでしょうし、
 手でピュッと動かしたくなる可能性もあります。

 卓上の『雰囲気』を優先する余り、
 実践の、現場でのミスを誘発してしまう、
 なんて 面白くありませんから
 フェアウェイウッドと同様、ウエッジも
 アイアンの流れの同等、もしくは
 それよりも 柔らかいシャフトセッティングにするコトを
 強く推奨いたします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「 ロングホールとか、長いミドルで
 たまたま😊ドライバーが会心の当たりをして
 フェアウェイに行って 残りを
2023-06-01_15-15-06 - frame at 0m3s
 フェアウェイウッドで打つと チョロが
 すっごく多いんですけど どうしたら良いでしょう❓」


店長「それが良い意味でも、残念な意味でも
 ゴルフの醍醐味ですので そのまま…でも😊
 というのはナシにして…。
411BK-5

,泙◆,泙困魯瓮鵐織訶に
 すごく自分に期待をしていて
 傾斜とか、ボールのライとか、
 構え、ボールの位置なんかが見落としガチ に
 なるのが多いんじゃないですかね。

 コースの中で 目標に真っ直ぐ構える って
 思っている以上に簡単じゃあないですから
 それに伴う ボールの置き位置 の問題は大きいと思います。

▲札奪謄ングの問題は大きいと思います。
 弊社のセットで有れば 問題ないと思いますけど
 一般的な普通のクラブで言うと
 昨今、特にここ5年位で
 ドライバーを飛ばせるようにする為、
 ドライバーシャフトのシャフトの硬さ、
 柔らかさというのは かなり進みました。
IMG_0361
 振動数、シャフトの硬さを表す数値がありますが、
 20年前の SRシャフトの平均値が 250cpm
 10年前で 240cpm でしたが
 今では 普通に SRで 230cpmを切るモノ
 220cpm台、場合によっては 210cpm台 のモノは
 決して少なくありません。

 シャフトは R→SR SR→Sシャフト、
 だいたい、ですけれど 1フレックスの差 が
 10cpm位ですので
 表記されている シャフトの硬さは同じSRだけれど
 20年前のモノであれば レディースの硬さ よりも
 柔らかいシャフトになっている場合も少なくありません。

 シャフトが柔らかくなったことは
 飛距離にも、スイングにも、からだにも
 とても 良いコトで どんどん進めて貰いたい ですが、
 ヒトツ 問題があります。

 フェアウェイウッドは ドライバーに比べると
 購入頻度が緩やかで ドライバーは最近のモノ であっても
 あまり使用頻度の高くない フェアウェイウッド は
 5年前、10年前 もっと古いモノを使っている人も
 かなりいると思います。
重心のかかり方 (3)
 同じ機種、同じシャフト、同じブランド、
 同じシャフトの硬さ『表記』であったとしても
 多くの場合、ドライバーよりもフェアウェイウッドの方が
 必要以上に『硬め』に仕上がっているコトがほとんどで、
 フェアウェイウッドの方が『柔らかめ』に仕上がっているモノ
 を 私の経験で見たことがありません。

 その上で、同じシャフトの硬さ『表記』 SRであっても
 10年前のモノは フレックス位硬い、
 会心の当たりをした 今のドライバー が SR とすると
✅地面にあるボールを打つ
✅ティーショットよりも傾斜やライなどが絡む
✅自分への期待度が高い  条件の中で

 XXシャフト、ダブルエックスと同等の硬さの
 フェアウェイウッドを打つんですから
 届かず 頭を叩いて チョロ は
 想像が難しくないと思うんですね。」

質問「😵 😵 😵 😵 😵」


店長「フェアウェイウッドを買い替えなさい、
 シャフトを入れ替えなさい と言う話しではないですけれど
 双方の シャフトの硬さの互換性 は
 確認しておいた方が良いと思います。」
IMG_0590
質問「なにか 対処法は無いんですか❓」

店長「硬いシャフト 長いクラブ 地面から打つ
 の組み合わせに対処方法は非常に少ない、
 かなりの確率でミスは確定していると言っても良い程…。

 あえて言うのならば
 8割とかではなく
 5割位の感じで使うのが対処法と言えるかも…。
 力加減とか振り加減、スピードでは無く
 半分の距離を打つ『つもり』で使う感じです。」

質問「😵 😵・・・・」

 
店長「あと もう一つ なんですけれど…。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この ズリズリドリル…
 なんだか意味深な言葉ですけれど、

 この感覚が掴めると
 それを土台にして👉アプローチに繋がっていく訳ですよね。

 あくまでもイメージですけれど
 ビー玉とか おはじきとかを 爪で弾く感じ
 では 弾道や距離は安定しません。
adpDSC_4052-
 ショットは 強いショットであったとしても
 ほうきでごみと塵取りに入れるような
 ごみを弾かない
 運ぶだけが スピードが上がったに過ぎません。

 アプローチの距離感も
 グリップの移動速度です。

 ズリズリの基本は
 その言葉の通り、ヘッドはひきずるだけで
 ヘッドの動きには直接関与しない です。

 ヘッドに関与しない のは
 どの場面、どのタイミングで有っても
 グリップの移動に引きずられるヘッドは
 その姿勢を大きく変えず、いつも同じような状態
 これが非常に大きなポイントです。

 ですので インパクトのポイントが多少ずれても、
 現実的には 多少ズレるモノ ですので、
 問題が発生し辛い というコトになります。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s







 故に グリップの移動には あまり腕周りは関与しない。
 腕周りが関与すると 左右の腕の長さ関係に変化が起き、
 グリップにひきずられて姿勢変化の少ないヘッドに
 姿勢変化が起き易くなります。
 これでは意味が無い。
 だから 主にはからだの向きで引き摺りましょう。
 になる訳です。

 そう言った動きを
 ゴルフショットとして
 実践向きのショット、この場合はアプローチですが、
 にしていくには
 からだの向きの変化による
 グリップの移動、グリップの移動のさせ方 を
 知っておく方が良いですね。

 からだの向きは 前傾はあっても
 概ね 地面に水平に近い横の動き になっちゃいますけど
 それによって 移動させるグリップは
 出来るだけ 立った ヨコの動きを排除した
 タテの動き、縦の移動、
 からだの回転ですから どの道、円になるんですが
 そのグリップの移動の円は 
 地面に垂直に近い タテの円 です。
 アプローチですので 1/3円とか 中途な円 です。

 この動きが スイング、
 特にアプローチを『振り子』に見せるのですが、
 振り子は 先端をたくさん動かす作用、
 軸点に近いトコロが動きが少ない というのと
 スイング動作の立体を 映像として 平面に写し込んでる
 錯覚、錯視の部分が非常に大きいので
 『振り子』と勘違いしない方が良いと思います。
〇支部 昼連物語

 実際のズリズリ遊びをしてみると分かりますが、
 目標の方向にボールを転がす には
 それと平行したラインでグリップをひきずる方が
 断然 成功率は高い。
 ヘッドを振らない までも
 グリップの移動ラインを強い円に、
 円弧の小さな円にしていくと
 どの方に ボールが飛び出るのか読みにくい のと
 強い円の作用が ヘッド姿勢を変えさせようとして
 思わぬところにボールが当たったりします。
(シャンク❓ ソケット❓)

 同じ方向にボールが転がっても
 極力 グリップを目標に平行に
 直線に近い形で移動させている方が
 強い曲線、円状で動かしているよりも
 距離感が一定し易く、その移動速度も掴み取り易い。
 ココが ショットの原点 なんじゃないかと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「思ったように行かないのはストレスにもなり得ます。

 ヘッドを振ってしまう、ヘッドで円弧を描いてしまう人が
 一番ストレスに感じてしまうのは
 ドライバーよりも アプローチだと思います。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m6s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m8s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s






 ドライバーの場合、近年のドライバーは
 スピン総量が少なく、昔のようにスライスが顕著になる、
 は少なくなっていますし、
 空中にあるボールを打つという点もあり、
 今のドライバーヘッドの慣性モーメント、寛容性では
 本当はミスなんだけど それが目に見えるミスになるのは
 かなり減ってきています。

 ところが アプローチではそうは行きません。

質問「😵 😵 😵 😵」

店長「 まず、ヘッドで円を描く、ヘッドを振ってしまう人 の
 ショットのイメージは
 ボールと地面の間に ヘッドを入れるイメージを
 強く持っているコト です。」

質問「😵 😵 😵 😵 😵」

店長「いくら ウエッジで フェースの厚みが薄い とは言え
 ボールと地面の間に入れるには
 ゆっくりしたヘッドスピードでは
 球体が弾かれてしまう(トップ)、フェースに乗りませんから
 インパクト付近で 加速が必要になります。
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 ゆる〜い遅めの😵加速の無いショットがとっても苦手😵

 その加速は 全体の運動の速度にプラスアルファ―
 二次加速 と言う形になります。

 インパクト付近での二次加速があるので
 自分の動作感、動作の速度感と距離感に
 結びつきが非常に薄くなります。

 その上で ヘッドのアタックアングル、
 実ロフトが安定しないので 上手く当たっても
 同じ、似た弾道になり難く
 距離が一定し辛いので より距離感が刷り込まれません。
 ウエッジショットの場合、フェースターン意識が薄いので
 だいたいの場合、想定よりも大きなロフト、
 そして 上手く当たる時はゆるい、緩めの入射、
 アタックアングルになるので 距離にならない😵
 つまり ショートするショットが多くなり易い です。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 ヘッドの高さ変化も激しく
 ドライバーショットよりも より一層の『点』の
 インパクトポイントが必要なので
 ゴルフ歴で アプローチミスの確率に成熟が生まれ難い。
 最適なボールの置き位置を見つけられた
 と感じても 軌道が前後、左右、上下に動き易い
 ヘッドの丸く振る が有る限り、
 祈り以外成功の事前約束がありません。


 これ 一番痛いポイントだと言えるかもしれません。



 傷口に塩を塗るような話し になっちゃいますが、
 からだの向きでクラブを、ヘッドを動かす のが
 円弧の軌道を描くのが ゴルフショットの正道です。
 それを基準に アプローチでの構え方 や
 ボールの位置、フェースの開き方 などの
 アドバイスがされることが多いのですが、
 それらのアドバイスは ヘッドを手さばきで
 円弧に振ってしまう人にとっては 逆効果はあれど、
 宣伝通りの効果は ほぼ 無い と言って良いでしょう。
 

 また 最近では ヘッドを振る、ヘッドで円を描く人の
 レッスン、アドバイスも多く目にしますが、
 その瞬間芸は 誰からも、誰にも 教わるコトも
 教えるコトも 不可能です。
 『こうすれば スライスは治る』
 『真っ直ぐ行くトップはコレだ✋』

 耳障りの良い 売り文句に 飛びついて
 ゴルフ業界を潤わせて下さい😃
 宜しくお願い致します。
〇支部 昼連物語


 問題はソコじゃない って気付くか、どうか です。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


005店長「クラブの長さ と ヘッドの重さの関係
知識として 知っておいた方が良いです。
コース、ラウンドで 結構、便利かも、です。」

質問「コースで❓ ですか❓」

店長「はい。

 例えば、ですが、
 ラフからショットを打つとしましょう。

 打つ距離やラフの状態などによっても
 異なりますが、 兎も角、前進、
 ロングホールとか、長いミドルホールで
 ティーショットを曲げちゃって ラフに。。。
 グリーンまでは まだ、たっぷりあって
 もう一回 ドライバーを打たないと、位の残り。

 そんなシチュエーションで
 フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、
 ラフに有効なのは 勿論、アイアン です。

 これは単純に その3種の中で
 ヘッド重量が一番重たくなりますから
 『ラフ』のような ボール以外の負荷がかかるのに強い
090804_01090726_01








 ヘッドの重さは そのまま慣性モーメントにつながります。
 ヘッドの 慣性モーメント はミスに対する寛容性、
 スウィートエリアの広さ と言うイメージが強いですが、
 慣性モーメントのその言葉通り、
 運動を持続しようとするチカラ、
 姿勢を保とうとするチカラ、が強いという事です。
 ラフに喰われても ヘッド重量があれば
 当たる、打てる、ではなく 打ち抜ける可能性があがります。
 ラフの芝草具合と相談ではありますが、
 夏なんかの深いラフであれば 出来るだけ重いモノ、
 イコール ロフトの大きいモノ ですが、
 ロフトは大きくなり過ぎるとシビア になりますから
 (打点の上下にシビアです)
 9番とかピッチングが良いかも、ですね。

 また、当然ですが、アイアンは一番短いので
 FW、UT、に比べると 入射角度が取り易い ですから
 長いモノより ボールへのコンタクトが固いです。

 ラフの深さや打ちたい距離にもよりますけれど
 安全最優先ならば ヘッドの重いモノ、重いモノ 
 選ぶと良いと思います。


 逆に フェアウェイバンカーで
 とても良い状況・ライであったら
 前の「あご」の高さや打つ距離にもよりますけれど
 アイアンよりも ソールの幅の有るクラブ、
 FW、UT、は有効です。
 9番とか、11番のショートウッドとか良いですね😃

 クラブの長さが長いですから
 入射が緩く、ソールがあるから ダフリにも強い。
 足場が緩い場合もありますから
 無難に ユーティリティなのかも知れません.
2388c2a5
 長さとヘッドの重さにアンマリ関係ないですけど
 ガードバンカー、グリーン周りのバンカーは
 意外ですけど P/S の方が良かったり しますよ。
 ハミングバードのモノであれば
 ヘッド重量もしっかりあります(360g以上)し
 バンス角度、バンス幅ともに 十分あります。

 グリーン周りのバンカーでありがち なのが
 出るは出たけど 距離足らず…
 PSなら SWと同じ使い方で
 ◆銑3笋蠢し程度の距離が期待できます。

 ロフトの大きなクラブ ってシビアですからね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


以下は
 あるシャフトメーカーが工房向けにだけ公表しているデータ です 

 察札轡礇侫函50g -246cpm
◆察札轡礇侫函60g -254cpm
〇〇シャフト 70g -259cpm


 同じ長さ45インチ、同じヘッド(重量)によって計測されています。
 それぞれの シャフトのⓇシャフト の数値 です。

 この3本のシャフトは 基本的に同じ銘柄(ブランド)
 おそらく…ですが、表面の色柄も統一されたモノ と思われます。

332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n

✅ことグラファイトシャフトを造る場合、
 それがウッド用であっても、アイアン用であっても
 繊維を巻く、シートを巻く、その金型
 芯金の形状が シャフトの特性に影響を与える、
 芯金の形状でシャフトの性格が決まるとも言えます。

 どこをどういう風に太くする、
 どのサイズにする、
 太さ、細さの推移をどこに、どのような具合にする、
 で シャフトの特性、性質はかなり大きく変わります。

 その基本シャフト、その芯金が有ったうえで
 シャフトの硬さ(L.A.R.S.X…)の場合は
 使う繊維の量、繊維の弾性(強度)を変え、
 シャフトの重量(50.60.70g)を変える場合は、
 芯金の形状性質はあまり変えず、細いモノ(縮小)を用意し
 巻ける繊維の量を増やす と言う形を多く取ります。

 芯金の形状、形状の推移を大きく変えてしまうと
 繊維を変えるよりも シャフトの特性の変化には
 非常に大きく影響を及ぼす為、
 同じ銘柄のシャフトである限りは 同じ芯金、
 または 似た形状の芯金を使います。

332484291_873455530430060_8730494155856601148_n

 現在、クラブメーカーもシャフトメーカーも
 同じブランドのシャフトの
 ドライバー版、フェアウェイウッド版、ユーティリティ版、
 アイアン版、ウエッジ版 などを
 【重量を揃えて造るケース】がかなり多い
 と思うのですが、それにはとても、とても注意が必要です。


 例えば 65g-45inのドライバーシャフトを基本とした場合、
 そのシャフトを 42inのFWにすると
 ドライバーよりも 3インチ 余計に切るコトになり、
 シャフト単品の重量は 1インチ辺り約1.5gになるので
 5g軽い 実装で60g軽いシャフト という事になります。

 多くの方が 短くなるFWやウエッジには
 短くなっても 同じ重さ、もしくは より重いシャフト
 が 良いのでは…🙄🙄🙄🙄 と考える方が
 かなりの割合いらっしゃるのでは…と思うのですが、

 逆の計算になりますが、
 42inで 実装が同じ65gのシャフトを造るには
 45in換算で 70gのシャフトを造る必要が生まれます。
 シャフトの場合、重さを増やすには
 それがグラファイトであっても、スチールであっても
 シャフトの素材、繊維の量に比例する形になりますので
 65gのしゃふとよりも 70gのシャフトは
 5g分繊維や素材が『必ず』増えます。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m56s
 その5g分は 重さだけでなく、
 重さ分、強度、即ち 硬さも増す ので
 同じ銘柄のシャフトで 重量が増えた場合、
 察札轡礇侫函50g -246cpm
◆察札轡礇侫函60g -254cpm
〇〇シャフト 70g -262cpm

 必ず 硬いシャフトに仕上がることになります。
〇この場合⇑ では 10g増えたシャフトは
 同じⓇシャフト表記であっても
 数値上 1フレックス硬いモノに仕上がっています。


 シャフトは ウッドの場合 1m近い長さです。
 その1mの棒が 5g軽いの と 5g重い、
 大きな違いではない…
 人によって 感じられるかどうか微妙な違いと思いますが、
 それによって 変わる硬さ、硬くなってしまうシャフト
 その影響はとても大きいと思います。

 ご自分で想像してみて下さい。
 傾斜の少ない 概ね平らのトコロから打つドライバー、
 ラフや場合によっては ドライバーをチョロしてしまい
 方向的には真ん中なのにフェアウェイに届いていない
 ラフから打つ状況と心理状態、、、
 多くの方が ナン%とは言えませんが、
 フェアウェイウッドの方がドライバーよりも
 強く、速く振るコトが難しい…のではと想像しますが、
 そのフェアウェイウッドのシャフトが
 たった 5g軽くなることを嫌がった雰囲気 によって
 ドライバーよりも 硬くなっている のです。

DRIYbXDU8AEUY3o
 これはウエッジでも言えます。
 普通のアイアンに比べると
 フルショット、速いスピードを使うコトの少ない、
 加減の必要な場面で
 なんの実証も無い 『重いシャフトの方が良い』という
 雰囲気によって 重くなり、
 その大きな副作用によって 硬くなっています。

それって 本当に使い易いんです❓ 🙄🙄🙄🙄



私は 重さって 過去に実験したことがあるんですが、
シャフトが重い/軽い
ヘッドが重い/軽い
シャフトが硬い/柔らかい
などなど 実は人によって『重いと感じる』のは
かなりバラバラ、ほぼ統一性がありません。
ましてや、5g位のシャフトの重さは
1mの棒全寸に分かれてしまうので、
局所的な ヘッドの5g違いほど差が出ず
殆どの人が実感するコトが出来ません。

経験的になんですが、シャフトの重さは
ラウンドを通しての 疲労感の差 程度の差で
シャフトが重いから ラフに強い とか、
バンカーに強い は 一種の都市伝説に近く、
それ(重さの増量)によって シャフトが硬くなってしまう、
デメリットを乗り越えるほどの メリットは無い、と断言できます。
(軽量スチールは その軽量さ ではなく 軽量になったことで 重いモノより柔らかくなった のが
 支持される最も大きなポイントと思います。重いモノは硬い、軽いモノは柔らかい のです。)



どうしても ドライバーの50gシャフトに対し
フェアウェイウッドのシャフトの方を重くした方が良い、と信じているのなら
(個人的には 同じ感覚、同じタイミングになり易い
 同じシャフト、同量のシャフトを推奨します)
重くする方のシャフトを その度合いにもよりますが、1フレックス落とす
ウエッジのシャフトの方を 1フレックス落とす 〜柔らかくする 方が
使い勝手は、断然良くなると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ショットも同じですが、パターストロークの基本は
ボールという重量物を
自分の望む通りの方向や距離に
 移動させてあげること
』です。
特に距離が重要です。
IMG_0619
ボールというのが球体であるがゆえに
 回転という転がりが発生するのであって
その転がり/回転にばかり意識を持って行ってはいけません。

よって
パターヘッドを真っ直ぐ動かす というのは
打ち手の目線から見て
ヘッドが真っ直ぐ動くことを優先させるのではなく、
やや上から下方向の斜め直線になりますが
パターヘッドが 地面に対して概ね平行に
同じ姿勢のまま インパクトを迎えられる区域と作ること です。
003

打ち手の目線で
ボールの打ち出す方向ばかりを気にして
パターヘッドを真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出した としても
そのストロークでは
ヘッドが上下に円を描いてしまうため

 ☆インパクトロフトが均一性が生まれません
 ☆ヘッドとボールの当たり所が毎回上下にズレます
 ☆必要以上の回転がかかるため ブレーキがかかりやすくなります


一般的なショルダーストロークがこれに該当するのですが
この打撃方法では 基本 ショート します。
ショットもそうですが、ショットもパッティングも
方向は距離と一体のものです。
その方向に打ち出すのには 打つ距離が設定されており
それよりも 毎度 ショート
 しかも そのショート具合が毎回バラバラ なのでは
思った方向に打てたとしても、
その方向の意味はなくなってしまいます。
006009








人間ですから ミス、ミスヒットは生まれますが
始めから 距離が安定しない方法、打撃法を採用しては
方向の概念もおかしくなり
 距離と方向ともにガタガタに狂ってしまいます。
adc717b3-s

確かに 昨今の見た目は大きいが 中身はスカスカの
軽いヘッドを使うと 弾いて打ちたくなる気持ちは分かりますが、
しっかり重たいヘッドのパター(L型ブリストルとか)を
使っているのなら まずは安定したロフト
安定したヘッドの高さ変化を追い求めるべきです。

その上で動作論として どうすればいいのか
という事になると
刷毛塗…を誤解している方もいるとは思いますが、
体重移動を主にして打たない方が良いと思います。
体重移動は 体の構造上
体の身の部分が背骨を軸として向きを変えた時に
発生する、体の回転の派生効果 と言うか
体の回転そのものともいえる行為です。

パターには体の回転は必要が無いので
体の回転の無い 体重移動だけ という行為は
スイングを行う時に
体の回転 と 体重移動 が分離した別なモノ
になる可能性があります。

ですので ショットへの悪影響を考え
体重移動でするべきではありません。


では どうするか?

ショットの中である部分だけを抽出して
行うことをお勧めします。

ここは かなり色々な波及効果が期待できます。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)
まず グリップです。
グリップは構えた時、左右の手が上下に重なっています。
野球のタイカップグリップのように離れて持ってはいません。
ここがまずポイントです。
つまり 利き腕である右手は
クラブを持った左手を横から押す形になっている訳です。
スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)








グリップの移動量 = ヘッドの移動量
これを心がければ
距離感のコントロール(管理)がずっと楽になります。

それは直線の移動スピードで済むからです。

多くの人が苦労するのは
肩を揺さぶるとか 『振り子』のストロークは
グリップの移動量 移動方向や移動速度 ではなく
『シャフトの角速度』
シャフトの角度が変える速度で距離感をコントロール
しようとするから難しいのです。
と 同時に シャフトの角速度運動は
その角度とイコール分 ロフト角度も変化するので
出る球が ロフトによって微妙に異なります。

角速度 → ボールの直線移動速度
角速度運動 → ロフトの変化

5322-21-2015-1

という二重の曲芸で
パッティングをコントロールしようとしているのですから
そりゃあ イップスになります。
運動のベクトルが似ていない と言うだけで
難しいのに、 それに円運動を加えるのですから
殆ど奇術に近い方法なのです。

✌ 自分の目にだけ ヘッドが直線に動いているので
 錯覚してしまいますが、そのパターヘッドを真っ直ぐ
 動かすのに 円運動を取り入れてしまったのでは
 本末転倒だと…気づくといいのですが…。


スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
出来るだけ 肩を揺さぶらず
腕〜上腕をフリーにして
利き肘の曲げで  クラブを持った左手を引いて
利き肘の伸ばしで クラブを持った左手を押してあげる
というのが ずっとずっと簡単です。

ヘッドを動かそうとせず
グリップが動いたから その分ヘッドが動いた
という形を グリップというもので具現化しているのです。

刷毛塗の腕の部分だけを抽出する形ですが
このストロークだと
まず パターヘッドを動かす方向と
自分が動作する方向が一致していますので
(グリップを動かす方向)
本当の意味での 『方向性』を自分で管理できます。
  同じ方向に動くからです。

そして グリップを動かす速度がイコールヘッドの動く速度です。

ロフトやパターヘッドの上下変化がとても少ないので
慣れてくれば そのグリップ速度がそのまま
距離感として身に付きやすくなる訳です。


振り子に振って 円の角度速度を距離感として
身に着けるよりも格段に簡単に思えるでしょ?

c534b357


市販のパターだと辛いでしょうね(*_*;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ブリストルパターを使っているので
 距離感、タッチに不安は無いのですが、
 真っ直ぐ というより
 自分の想い描いたラインと言うか
 出球を出したい、ラインに乗せるには
 どうしたら良いのでしょうか
❓」

IMG_1414
店長「パターのスイング、パッティングストロークを
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出しても
 フェースが過度に上を向いてしまえば
 若干、度合いとしては薄いだけで
  フェースを左に向けたのと変わりありません。
L型ブリストルパター_Moment(2)

 自分の思っている方向に出したい、
 思い描いたラインに乗せるには
 右打ちの人であれば
 左ひじを アバウト その方向に抜く、出す、のが
 良い
と思いますよ。
((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 ヘッドの「上がり」、
 フェースの上向きも抑えられますから
 ボールとのコンタクトも よりソリッドになります

 フォローを出す、
 フォローを長く取って 真っ直ぐ行かせようとしても
 ヘッドの上がり、高さが急に上がってしまえば
 フォローを出す本当の意味合いが薄れます。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 コレは パッティングストロークに限らず、
 ショット全般に言えると思うのですが、
 悩んでいる人の多くが
 左ひじが止まってしまっている。
 パターの場合だと それによってグリップが止まって
 引っ掻いてしまったり、
 薄い当たりになってしまったり…。

 フォローを出すには
 左ひじの移動を止めない。

 アバウト 打ち出したい方向に 左ひじを出してあげる
 パターの場合は からだの回転は薄い、
 無いに等しいですから
 その代わりに 左上腕、左ひじを動かして
 ヘッドでは無く、パターを動かしてあげる。
((パッティングストローク 比較映像_Moment
 そうすると 今までよりも
 低く長いフォローが出て
 自分のイメージしているラインに出し易くなると思います。」

質問「やってみます🤩」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「昔から言い続けているのですが、
 振り子のパターストロークやアプローチは
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
 ヘッド『単体』を先に出し易い、
 インパクトで左サイドや左グリップが止まる習慣が付き易いので
 それで悩みの無い人を除けば
 変えてしまうか、マイナーチェンジをした方が良いと思います。

6e87384eパッティングで使用するパターは
元々 少ないロフト 2〜5度程度のロフトです。
ですので 普通のクラブと異なり、
ちょっとしたロフトでも大きな変化になってしまいますし、
振り子のストロークは その名前の通り、
 ロフトの変化だけでなく、ヘッドの高さ変化も激しいです。

 弊社で推奨している『刷毛塗ストローク』の場合、
 完全に肩が動かない訳ではないですが、
 右腕の人であれば 右腕がグリップ移動のエンジンになります。

 右腕が伸びたら、その分、
 左ひじが逃げる、
((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)








 もしくは 甲側に折れていた左手首が手のひらが折れていく。
 フェース面、ロフトをジャイロのように使う感じです。
(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 これは 振り子のストロークにも応用可能 です。

 フェース、ロフトが似た方向も向き続け易いですし、
 コレは インパクト前後で左サイド、左グリップが止まる
 アプローチやショットへのドリルにもなります。
スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)





スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)






 シャフト・クラブの角度の変化が少ないですよね⁈」

質問「ですね。」

店長「パッティングにおいて
 かなり長い距離を、強く打つ場合に
 ヘッド「だけ」を送る 弾くようなストロークでは
 当たりも安定し辛いですから
 ボールを「打ちたい距離分」だけ 押す
 運ぶストロークに変えて行ける

 ロングパットで 超オーバーや超ショートを防げると思います。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 振り子のパッティングストロークやアプローチは
 ものすごく 通常のショットに悪い影響を及ぼします。
 概ね その動きがショットの基礎になる。

 パッティングストロークは ショットの基礎なので
 通常のショットにおいても
 『こすり打ち』防止のとても良いドリルになると思いますよ。
 必ず ショットに良い影響を与えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Iさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。今日はどうしました❓」
IMG_0520
Iさん「パッティングにちょっと悩んでいて…
 なにか よいアドバイスありませんか❓」

店長「パッティングね〜。
 ミドル(距離)パットがダメなんですか
 それとも ショートパットでしょうか❓」

Iさん「ショートパットでしょうかね〜。
 パッティング全体ではあるんですけれど…
 ラウンドのパット数が 40切らないんです…。」


店長「ああああ・・・。
 良くある話し なんですけれど
 ショットの精度が少し良くなってくると
 以前は乗らなかったトコロで
 乗るようになって、ロングパットから始まるので
 数値としての パット数は増えちゃうモノなんですけど…。」

Iさん「それはあるかも…しれません。」

店長「そう言う意味では
 やっぱり 距離感が重要になるんだと思います。

 ちなみに… グリップ、用品の方のパターグリップでは無く
 握り方の方のグリップはどう握ってます❓」

Iさん「普通の… 他のクラブと同じ握り方✊です。」

店長「パターの握り方は コレ✋ じゃないとダメ  って
 言うのはないんですけど
 距離感を良くしてしたいのなら
 『逆オーバーラッピング』 なんて 試してみても
 いいんじゃないですかね⁈」

気気鵝峙侫ーバーラッピング❓」
2023-05-12_20-11-17 - frame at 0m27s2023-05-12_20-11-17 - frame at 0m52s






店長「ええ。
 アイアンとか 普通のクラブを握るのは
 オーバーラップでも、インターロックでも
 まず 左手を握ってから  次に右手
 左手の外側、上に右手がかぶるじゃないですか?」

気気鵝屬修任垢諭」

店長「逆オーバーラッピングは その言葉の通り、
 右手を先に握ってから
 その上から、外側の左手が乗っかる、逆順序の握り です。

 普通のグリップですと
 左手がたくさん クラブに触れていますが、
 逆オーバーラップ だと
 右手がたくさん クラブに触れている。

 おそらく…ですけれど
 フルショットのような 強いショットには適さない、
 んじゃないか、と思うんですが、
 利き手の『タッチ』が重要な場合は
 とても有効だと思うんですね。
2023-05-12_20-11-17 - frame at 1m44s2023-05-12_20-11-17 - frame at 1m53s







 また 通常のグリップに比べ、
 右と左の密着感、上下の密着感が非常に高いので
 不必要に前傾が深くなり難いです。
 前傾が深すぎると緊張感が高まり易いですから…。

 あとは ショートパットなんか でもあると思うんですが、
 右手で打った場合、手首が折れて
 引っかかってしまうような時、
 両グリップの密着感が高いので
 それを防ぎ易い効果もあります。」
2023-05-12_20-49-13 - frame at 0m34s
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「もうお気づきの方も居ると思うのですが…」

質問「?????」

店長「アマチュアのゴルファーの かなりの割合の方が
 つま先基準なのか、スライス防止の為なのか、
 クローズスタンスに構えている人が多い…と。」

質問「はい。」

店長「クローズスタンスは オープンスタンスやスクエア と
 比較すると ボールの位置 としては
 やや外目、右打ちで言えば 左に置かれている…と。」
001
質問「はい。」

店長「そして、総じて ですけれど
 本番…コースへ行くと ボールは近づく、
 中に入ってくる のが 
 ミスの原因に、主要因になり得る…と。」

質問「はい。」

店長「ですので ココにアプローチをミスする、
 アプローチが得意でない 原因があったりするんです。
 シャンクなんか 特にその顕著な例だと思うんですけど …。」

質問「!!!!!!」

店長「スタンスの向きって言うのは
 自分に対しての ボールの置き位置を変えない✊とすると
 向きを変えると ボールを中心に、右打ちですけれど
 右を向くと 自分が前に、
 左を向くと 自分が後ろに下がる のと似ています。

 その場で 開いたり(右を向いたり)
 その場で 閉じていては
 ボールの位置が 想定以上に動いてしまいます。
002
 普段、クローズスタンスに慣れている人が
 アプローチの時だけ オープンに構える って言うのを
 よく見かけるのですが、
 もし、その場でオープンに構えてしまったら
 ボールは かなり中に入ってしまいます。
 オープンに構えることに慣れていないですから
 適切なボールの位置が掴めないですしね。

 その場でオープンにしただけでも
 ボールの位置は かなり ボールは中に入るのに
 アプローチだから…って
 意識的に より中、より右に置く場合も…。
 場合によっては からだよりも右にボールがある、
 そんなことも起こりうるわけですよ。
 慣れてませんから…。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47











 まあ シャンク出易いでしょうね…。」

質問「!!!!  確かに…。」

店長「気温が下がってくると シャンクは出易いですけど、
 それは 寒くなって より近づいている、
 ボールを中に置いている可能性って高いと思います。
 統計を取った訳では無いので、断言出来ませんけれど
 かなり高い割合で コレがシャンクの大きな原因じゃないですかね。

 そう言う意味では 余程 特殊なショットを除いて
 アプローチのスタンスもいつも通り の方が
 いいんじゃないですかね❓

 勿論、練習による慣れで解決は出来ると思いますけど。

 振り加減にもよりますけれど
 シフトが少ない分、若干、中に入る程度、
 ボールの位置のみを変える位が妥当だと思います。

 
 同時に 二つのコト、スタンスの向きとボールの位置 は
 傾斜や状況がいつも違うコースで
 より複雑にしちゃうんじゃないですかね。

 
 また、ほどほど 上げる、高さを取るアプローチ、
 強く打たないけど、一応ショットのようにする のであれば
 尚更 ボールを中に、右に置く必要は無いと思います。
004
 アプローチの構え を見ていると
 これから どんなショットを望んでいるのか
 判別できない場合がとても多いと感じます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「次に…ですね、
 アマチュアの場合 このパターンが一番多い と思うんですが…


 先日の記事の通り
 スタンスの向きを つまさき基準 にしている人が非常に多いです。
スクリーンショット 2023-04-17 145020
 その上で 左のつま先をやや開き気味 にしていたり、
 微妙にスライス防止を意識していたり、
 過去にスライス対策を強く意識した時期がある、とか
 スタンスの向き と言えば良いのか、
 ややクローズに構えている人がとても多いと思います。

 また、全員では無いですけれど
 フェースローテーション、
 ヘッドターン、ヘッドの返しをしている人も
 クローズ気味に構えている人が多い。


 コースに行くと ボールが近くなる、
 だいたいのパターン 間合いが近くなるというよりも
 ボールが中に入るですね。
 右打ちの人であれば 右寄りになってくる。

 コレ 堂々巡りみたいなんですけど
 クローズに構えている人が
 ボールを中に入れると
 右を向く度合い、クローズになる度合いが
 増していくんですね。
 感覚的なモノかも知れません。

 また、スタンスの向きは変らず
 上半身だけ 右向きが強くなったりする。
 ややこしいですよね。

 アドレスの向きが怪しくなる、
 ボールの位置も怪しい、
 上半身だけ さらに捻じれているかも…。

 こんな状況で 良いショットが出るのは奇跡、
 とも言える訳で
 だいたい 多くの方がここから崩れていく手順 って感じです。」

質問「うわ〜。」

店長「ちょっと分かり難いかも知れませんが、
 スクエアに構えた状態に比べ
 (…別にスクエアに構えなさい って言ってるんではないですけど)
 同じボールの位置だった場合、
 ボールが 右打ちの人であれば 左に置かれている状態に
 なり易いのがクローズです。
003001
 フェースローテーションをする人にとって
 ヘッドを返す時間や空間が欲しいですし、
 ややひっかけ のような状態で
 イメージの『真っ直ぐ方向・目標方向』が出易いので
 都合がいいんですね。

 クローズにスタンスを取っている人は
 疲れたり、緊張したり すると
 ボールが中に入ったり、
 クローズ度合いが強くなり易かったり
 より右を向き易くなっちゃうんですね。

 そう言うタイプの方にとって
 ボールが中に入る、
 右向きが強くなる
って
 どう言うコトか というと
 切り返してから ボールとコンタクトするまでの
 時間と空間が少なくなっちゃう。。。
 フェースローテーション、ヘッドの返しをしている人
 にとっては
 それをするだけの時間や空間が足らなくなったら………
 まあ お約束のスライス、
 プッシュスライスになっちゃう んです。
スクリーンショット 2023-04-17 151306
 そのショットが特段 悪いスイングだから…🙄
 では無くて、
 ショットをする条件が悪かった から
 ミス、大きなミスになったんですけど
 だいたいの人が スイングが原因…って思っちゃう…
 骨折を治すのに 耳鼻科を行くような……
 になって よりこんがらがっちゃう んですね。」

質問「。。。。。。。。。。」

店長「まあ 練習場を見てると
 殆ど…全員と言っても良いかな。
スクリーンショット 2023-04-17 220839
 市販のクラブの場合、
 例外は殆どないでしょう、
 そこそこ 今どきのゴルフクラブであれば
 相対比較ですけど、ドライバーは柔らかくて
 アイアンはかなり硬い

 それに応じて ドライバーは普通の位置に
 ボールを置いているけれど、
 アイアンはそれに比べ かなり中、右ですね、
 真ん中よりも右に置いている人もいます。

 じゃあ コースへ出るとどうなるか、
 って言うと、
 ドライバーのボールの置き位置に引っ張られて
 左、外寄りになって行くか って言うと
 それは まあ あり得ません。
 段々と アイアンの置き位置に引っ張られ
 ドライバーやウッド系も 中に入っていきます。
 
 左、外にボールを置くって
 遠くなりますから 不安になり易いので
 どうしても 安心感のある 中、右になっちゃう。

 普段、同じクラブを続けて打つ、
 一球ごとでクラブを替える習慣がないですから、余計ね。」

質問「そりゃあ ミス出ますわね。」

店長「はい。厳しい言い方になりますけれど
 ミスが出て『当然』の環境を 事前に、
 そして 自分自身で造っちゃってるんですからね。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「用品としての パターの命は
 引き易さ、動かし『出し』易さ だと思います。

 思いっきり手前味噌なんですけれど 
 L型ブリストルパターは かなり多くの方の
 パッティングが嫌い、苦手を解消した と思います。

 引き続き、手前味噌ですけれど
 ブリストルパターではイップスには成れない んです。」

質問「分かる気がします。」

店長「弊社のパター二種は あ、スピンオフ版もありますけれど
 ヘッド重量が強烈に重たい。 480gと520gです。」
IMG_1364
質問「ですね。」

店長「コレって 一般的な320gとか、330gのヘッド重量のパターと
 交互に打ち比べてみると 初めて分かるんですが、

 重いヘッドのパターだと
 グリップ』を動かそうとします
 ヘッドを直接ではなく、グリップを動かす、移動させるコトで
 特に、初動をスタートさせようとします。

 ところが…🙄🙄🙄
 軽いヘッドのパターは グリップを動かし難い。
 ヘッドが軽いから、ま、比較論ですけど、
 ヘッドが動いちゃうのか、動かしたくなっちゃうのか、
 兎も角、グリップが動かせないんですよ。
 打ち比べるとよく分かりますよ😵😵

 パターの苦手…とか、イップスって 実はソコなんです。

 ショットもそうですけれど、
 人間が関与しているのは グリップ です。
 手であっても、からだであっても
 グリップを動かさなきゃ始まらない
 でも パッティング不調や不振になると
 『兎も角、ヘッドを動かさなきゃ』って思うのに
 肝心のグリップが動かないので ヘッドが動かない、
 ヘッドだけ ぴょっと動かすと 良い感じのラインに乗らない。

 それが ブリストルパターは無いんです。
 ✊絶対 グリップが動きます。

 そして 視覚的にヘッドをどっちへ動かすか、
 かなりはっきりしたガイドが入ってます。
 迷わず 引ける んですね。
2595cdb2
 パッティングって 勢いで何とかする って言うのが
 通用しません。
 速さで解決できない。
 どんなストロークにしても 自分自身はジッとしています。

 感覚的なモノの割合が殆ど です。

 ですので あたかも 自分が機械、
 パッティングマシーンになって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す みたいなデザインは
 ヘッドの軽さも伴って
 一番大切な『感覚』を捨てなくちゃならない。

スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)
あのグリーン上で 突然、『ロボットになれ』って
パターに言われるんですよ。

335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 いつまで経っても パター苦手は解消しない です。


 良いパターって あんまり何も考えず
 ストロークも自分の繰り返せる 好きなような動かし方で
 子供みたいに ポンッ って打つのが一番良いと思います。

 よっぽど ポテトチップみたいなグリーンでない限り
 ラインなんて 自分で造れる みたいな感じで
 良いと思うんですね。
 距離が合って 寄ればいいんですから

 そう言うのを具現化したのが ブリストルパターで、
 ハミングバードなりに
 ピン型を極力シンプルに、迷いを生ませない
 そうアレンジしたのがデール9 です。

 ですので今度は 半マレットとL型のハイブリッド、
 その ハミングバードなりの完成型を目指しています。
IMG_0511IMG_0507






 特に マレットは欠点いっぱいなので
 自分なりに考えた その修正された 理想的なモノを
 造りたいと思っています。」

質問「楽しみです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あくまでもイメージではあるんですが、
 フェースの穏やかな縦の回転の中で
 ボールをとらえていく感じ。
 
 この動画からご覧ください。

 ,了点では アドレス通り、
 からだの前、グリップ通りにヘッドがありますが
 △砲覆襪函.悒奪匹遅れ…
 これは悶絶クラブ、シャフトがしなってくれるクラブだと
 普通にしていると起こることなので
 『背屈』などの手首で特に操作するモノではありません。
 ヘッドが遅れると フェースは円の外を向きます。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m9s
 クラブですと 番手、ロフトによって
 イメージが付き難いかもしれないので
 シャフトの角度 と言ったら良いでしょうか。

 右打ちの この角度から見た場合ですが、
 アバウトですけど
 円の左側、インパクトよりも前の状態では
 当然、フェースは円の外を向いています。
 円の左側で フェースが円の中を向くのは無理があります。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m28s
 円の右側、インパクト以降になれば
 人間の動きは減速・停止に向かいますので
 フェースが円の中を向くコトもあるでしょう。
 しかし、アプローチのような
 スピード・勢いのないショット・スイングであれば
 終始、フェースが円の外を向いたまま、
 ヘッドが遅れ、ロフトが立った状態のまま、になるコトも
 少なくありません。

 練習と言う意味ではコチラが良いでしょう。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 動画の後半で
 ヘッドが遅れ・ロフトが立ったまま、
 その状態を維持したまま、向きを変えて振るのと
 途中から ヘッドを出し、
 ロフトの立ちを戻してしまう振り方 の比較をしています。

 アプローチで悩んでいる人、
 アプローチだけでなくショットで悩んでいる人の多くが
 ヘッドを出してしまう方だと思います。

 二つは当然、ヘッドの入り方も違います。
 ロフトを立てたまま、からだの向きで入れば
 ヘッドの入射角度はキツクなります。
 インパクト以前で ロフトの立ち、ヘッドの遅れ、
 よく言われる 溜めを解いてしまう(アーリーエクステンション)
 クラブの使い方では ヘッドの入射は緩くなります。

 今どき シャロースイング と言って
 入射を緩くする振り方がもてはやされていますが、
 元々 入射が緩い多くのアマチュアには
 それを より緩く入射するコトになるので
 害はあっても 良いコトは多くありません。
 入射がちゃんと取れる人に有効な方法です。


 二つのスイングを比較すると
 当たり前…なんですが、
 クラブを出してしまう、解いてしまう方は
 からだの回転が止まります。
 左向きがしっかり取れていない形になります。
 アマチュアの多くは
 この左サイドの絞りと言えば良いのか、
 左腕が突っ張って感じがインパクトの感触
 なのかも知れません。
 それは 単に左サイドが止まって衝突する感じなんですが…。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 また、クラブをロックする方は
 自然な形で 左に体重が移ります。
 まぁ 回転が止まらず 左を向くからなんですが…。
 クラブを出してしまう方は それをする為、仕方ないのですが
 からだの回転が止まり、体重が右に残ったまま、になります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スコアの伸び悩みに苦しんでいるのですが
 なにか 良い手立てはありませんか❓」


店長「漠然としていますが、
 やはり アプローチ なんじゃあないですかね⁈」

質問「やはり そこですか…。」

店長「一般的な 100を切る、90を切る、
 安定して90台で廻る 
 そこら辺が目標ですと やっぱり
 アプローチとパッティングの比重が大きいと思うんですね。」

質問「そうですよねー。」


店長「スコアがすべてでは無いですけど
 やっぱり 点数付いちゃうと ストレスになりますからね。」

質問「どうすれば良いんです❓」

店長「アプローチ…
 まずは グリーン周り から考えてみましょう。

 ショットをロフトの大きなクラブでする となると
 ロフトの少ないクラブでする よりも
 ふり幅、スイング自体が大きく、速くなります。
 ですので
.僖拭爾六箸┐覆い里❓
8番・9番・PWは使えないのか❓
➂PS、SWを使う場合、やむなし
 他に選択肢がない と言う思考順序を持っていた方が良いと思います。

 アプローチは なんでもかんでも PS、SW というのは
 あまり スコアには良い影響はないですね。

 W…ウエッジですが、Wの付いたクラブは
 それ以外に選択がないから使う と考えて下さい。

 8番、9番辺りの転がし
 まあ すこし宙を浮くパッティングみたいなモノですが、
 50ヤードで となるとちょっと大変ですけれど
 グリーン周り、
 パターで打っても距離感の掴める範囲であれば
 振り上げて振り下ろす みたいなスイングの大きさになりませんし、
 転がし であれば 当たりのミスの 影響を受けにくいので
 そのショットのミスによる 大叩きにはなり難い と思います。


 あと 考え方 ですけれど、
 バンカー越えとか、傾斜に止まったボールとか、
 そう簡単では無いシチュエーションでは
 次のショット、パッティングのコトを 考え過ぎないコトも大切です。
 『ああ アソコに乗ったら下りのパッティングだ。』 とか
 そんなコトを考えて コース攻略が出来るのなら
 そこからアプローチはしない筈…なのですから
 まずは 確実に乗せる、近づける、寄せる、
 そして 『ちゃんと当たる』 を優先して下さい。


 そして これはスイング造りにも発展しますが
 30ヤード以上 ある程度 ボールを『打つ』場合、
 特殊な場面を除いて ボールをこすらない
 ボールをしっかりとらえる打ち方をマスターしたい✊ですね。」

質問「そこ…ですよね…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まず コチラの動画からご覧ください。

 薄い紫がかった画像での
 テークアウェイをご覧ください。

 テークアウェイには 確かに右向きがあります。
 からだも右を向いている。

 しかし、
 その右向きに 意味と言えば良いのか、
 役割がありません。
 言葉悪く言えば ただ右を向いているだけ。

 右を向くコトで クラブが動かなければ、
 クラブを動かす為に右を向く 筈なのに
 ただ 形として右を向いただけ…。

 動きに役割が無ければ 無意識の中では、
 また 疲れた時、当然 その動きは省かれます。


 要は 『からだの向きが無ければ 打てない から
 からだを回転させる、向きを変える』
 のであって
 スイングっぽい形に見せるための
 アリバイ右向き、アリバイ回転 は 意味を成しません。

 これはダウンスイングでも同じです。

 左を向くコト が 打つコト に成っておらず
 腕を振る為、その位置を確保する為の回転では
 手打ちの位置を造る為や
 その勢いを増す為 だけの 回転ですので
 本来の意味の 『からだの回転で打つ』に成れない
 と言うか、始めからゴールが違う気がします。

 からだの向きを変える
 その向きを変えることでボールを打つ

  には ちょっと発想の転換が必要です。

酒巻202301 - frame at 0m54s

 なんと言えば良いのでしょうか、
 例えば バスケットやサッカーで
 動いている味方にパスをする場合と
 止まっている味方にパスをする場合のような…。
 動いている味方であれば
 パスを出すタイミングやそのパスの速度・距離、
 その選手の走る方向やスピードに応じて
 未来の流れを予測して行動しなくてはなりません。

 からだの向きを変える は
 どんどん方向が変わって行きます。
 例えば アドレスでの左右は そのまま左右ですが、
 からだの向きが変わる時間を加えると
 アドレス時の 右 は
 テークアウェイ時では 背後、
 ボールから離れていく方向になります。

 からだの回転は
 その向きの変化を使って グリップを移動させ、
 その結果、ヘッドを移動させ、ボールを打つコトが目的です。

 ですので テークアウェイでは
 右を向くコトで
 グリップを右に動かすのではなく、
 時間進行を考慮して、
 グリップを ややこしいですが、アドレス時での背後、
 ボールから離れていく方向に動かすコト が目的です。
〇からだの回転〜

 アドレス時の右 に動かすコトではありません。

 ココの部分、動きが小さくなるアプローチなどで
 間違えている人が多いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ