◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ゴルフスイング


店長「上から打つコト や ハンドファーストにするコト
 を意識しているのは とても良いと思います。
けんたろう202404 - f
 その上で ゴルフクラブの普遍的なメカニズムを
 知っておいていただきたいのですが。」

KO「はい。」

店長「カラダが回り、グリップが移動する、
 そのグリップの移動分よりも
 ヘッドを動かすと
 元の グリップの移動はその分、必ず減ります。

 気分は ヘッドを動かしているので
 たくさん、もしくは 速く動いて感じますが、
 土台となるクラブの移動が滞る ので
 ヘッドの移動自体も減りますし、速度も下がります。 

 ハンドファーストを意識して
 それを利き腕の伸ばしや手の押しで
 作ろうとしてしまうと
 無意識とは言え ヘッドを不必要に動かすコトに
 なってしまうので ボールとの合流点となる
 インパクトは 中に入ってしまい
 結果、ハンドファーストの度合いは減ってしまいます。

 多くの人は イメージとして
 ハンドファーストでのインパクトポイントは
 からだの幅の中の 右打ちで言えば 一番左
松田202304 - frame at 0m42s
 左足や左靴の前位としていると思いますが、
 ハンドファーストで
 ヘッドが遅れ
 その遅れが フェースで言えば下向き〜外向き
 を同時に達成するには
縦横2 - frame at 0m32sもっと全然 先
インパクトポイントを
👈ここら辺にイメージしておかないと
出来ません。」


KO「ボールに届かなそうな場所 ですね。」


店長「ですです。
 シャフトやクラブが地面と平行位のイメージのタイミング
 でないと グリップはココに来れませんし、
 この場所ですと クラブ自体が飛球線の方向を指している
 …そうしてしまうと グリップはこの位置まで
 辿り着けません。

 多くの場合、真っ直ぐ飛ばしたい からなのか、
 ローテーション、ヘッドを返す『結果』でなのか、
 クラブが飛球線を向くタイミングが早過ぎるのです。
IMG_0662
 このクラブの姿勢で 『ボールの上を通過』するような
 そんなイメージになると思います。

 ボールに届くのは からだの向きがやってくれる✊
 のですから。

 この位極端な位置のイメージが無いと
 ロフトも締まった状態での
 ハンドファースト
 上から打つは達成できないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「一度 試してもらうと良いかも…ですが、
 フォロー側の 残りのターン、
 これを無理やり「制止」「制御」「抑制」
 する必要はありませんが、
 残りのターンは あくまでもオマケ。

 100m走での ゴール以降の「流し」
 に近いモノ と考えて下さい。

 それは 少し上方に逃がした方が
 距離を取り易いですし、安定度も上がります。

 右に前ナラエから 気を付け で
 止める訳では無く、
 からだの 180°ターンでは それが一杯なんです。

 そうイメージで スイング・ショットしてみると
 腕はからだの回転に遅れません。
 まあ からだの回転で造れる運動分、
 腕やクラブが移動していますから 当然なんですが…。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 逆に からだの180°〜腕もクラブも180°ターン
 をしようとすると
 切り返し 右打ちの右向き、右の前ナラエ から
 いきなり 腕やクラブの負荷が大きくかかります。
 腕やクラブを180°ターンさせるには 
 からだが 左を向いて終わりに近づかないと
 ターンが始まりません。
 からだ・腕… もしくは
 腰・肩 という順序でないと
 腕やクラブが180°ターンしてくれないんですね。
 無理なことをしていますから 当然、リキみます。

 特に インパクト以降の
 右打ちで言うと フォロー側の左90°で
 クラブや腕を振ろうとする行為は
 そこ箇所そのものでも リキミ ますが、
 それをするために それ以前も リキまなければなりません。
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 重い腕やクラブを振ろうとする、
 ボールは打たなければ、当てなければなりませんから
 先に腕やクラブを振る訳には行かないので
 まずは からだを廻し、
 それが行き着いた行き止まりの勢いを利用し、
 腕やクラブを振る。

 そういう順序でしか 動かせませんから
 必然的に クラブが外から入ってくる
 アウトサイドイン から ゴルフが始まってしまう
 んじゃないのかな って思いますね。


 テークアウェイ、トップで
 右への前ナラエ(右打ち)
 そこから からだを左に向けるのですが、
 重くなる腕を無理に「遅れないよう」するのではなく
 ある意味、遅れさせてしまえばいいのです。

 重さ・負荷があるから 振り遅れるのは自然です。
〇リリースの違い 三角形の向き - frame at 0m53s
 その後の 惰性もありますが、
 『気を付け』が終わりだとすれば
 〜遅れた腕を体に巻き付ける〜気持ちでいれば
 腕は落ちます。落っこちます。
 下がる、降りる と言っても良いかも、です。
 それは 気を付けの姿勢になり易い、でしょう。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
 遠心力・慣性・惰性 が掛かっていますから
 インパクト以降、フォローが続いていきます。

 振り遅れを恐れてしまう気持ち が
 振り遅れを生んでしまうパラドックスです。

 からだの向きが変わるから・・・
 左を向くコトがボールを打つコト なのに
 振り遅れてる意識✋ は
 手で振るを誘導してる可能性があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「重さのある、重さの増える棒を
 180°ターンさせるには 180°の向きの変更じゃ足らない、か
 根本的に からだは止め、先端を振るしかない
 それが 多くのゴルファーの悩み、苦しみじゃあ無いか
 と思うのです。
MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)



 腕を振らない、クラブを振らない人は
 トップで腕やクラブをロック、
 後は廻るだけ…でイイと思うんですが、

 とりあえず 両腕の長さに釣り合いが取り易いので
 骨盤ごと…と考えて下さい。

 右打ちで アドレスから 右を向きます。
 右に前ナラエ している感じですね。
 そこから ダウンスイング〜フォロー で
 左に前ナラエ をして ボールを打つ
 そう思っている人が多いと思うんですが、
 それって からだの回転180°じゃあ 運動が足らない、
 元の長さや重さでも十分、大きな負荷なのに
 ソレに移動・運動が加わるから
 動かし切れない筈…なんですね。
anika_Slomo_Momentanika_Slomo_Moment(2)anika_Slomo_Moment(3)










 このニュアンスが伝わり難くて
 誤解を生み易いんですが、
 右に前ナラエ した 腕は
 からだの 180° の回転で
 『気を付け』に戻るだけ
 です。

 ソコから先はオマケ、
 重要ではありますけれど
 ソコは打つ行為、ソノモノでは無い。

 腕やクラブを180°なり、ターンさせようとすると
 その重さで、
 その長さで、
 速く廻るコトが出来なくなり
 結果として 腕力で振らなきゃいけなくなる。
 そんな重たいモノ 速く振れない
 が 飛ばないのベースにあるような気がする。

 左の前ナラエは 惰性というか、慣性で
 拒否はしないけど、自分ではしない、
 動作として 『気を付け』で本当に止めてしまうと
 腕やクラブにかかっている慣性によって
 からだや腕に歪み、怪我の原因になっているので
 流しているだけで

 からだの 180°回転(度数・数値にはこだわらないで✋)
 で クラブを持った腕の付け根を移動させてるだけで
 腕は90° 気を付けに戻しているだけ
 位の感覚でOKです。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






 ややこしいですけど
 始めから からだの180°の回転で 腕も 180°回転させる
 を インパクトで止めて パンチショットにする、
 って言うモノとは大きく異なるんですけど
 多くの人が 『常識的に
 からだを 180°廻したら
 腕も、クラブも 180° 回転するモノ✊
 って 信じていますから ニュアンスが伝わり難い、です。

 クラブや腕の重さ、長さ、運動を考えると
 180°のからだの回転で動かせるのは
 いいところ 90°プラスアルファ
 って感じです。

 双方、180°ターンさせるには 物理的に無理があるんです。
 不可能に挑戦しているに等しい と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転はアウトサイドイン、
 クラブはインサイドイン?アウト? のスイング
 というのが アマチュアに一番多いタイプの手振りスイング
 だと思います。

 ある程度 ボールが打てるようになると
 母体である からだの回転方法って変えるのは大変。
2023-07-30_22-59-38 - frame at 2m32s
 推測ではありますけれど
 この位のゴルフ練度になってくると
 スイング軌道、ヘッド軌道、
 世にいうインサイドアウト、アウトサイドイン、
 上から入る、しゃくってくる 等のモノが
 気になるお年頃🙄になるでしょう。

 腕から先で クラブの動くルート〜ヘッド軌道を
 変える習慣がどんどん馴染んでしまいます。

 手で振る場合、多くはからだの回転とは切り離され
 からだの回転が先に動き、そして それを止め
 その反動を利用して  腕を振ります。
 右打ちであれば テークアウェイでからだの右外へ、
 フォロー側では からだの左外へ、
 からだを横断と言えば良いのか、からだをまたぎます。
20201120
 ですので テークアウェイでもその習慣は馴染んでいきます。
 親子対決の太朗くんも
 テークアウェイの初動、に
 左腕をロール、捩じって クラブを早い段階に
 からだの右外へ送ろうと…無意識でしています。
 
 〇話はちょっと逸れますが、
 ココの部分だけ お父さんに強く言われたそう…なので
 とっても 良い意味で不自然ですが、
 現時点では スイングに似つかわしくない
 とっても『綺麗なグリップ』をしていますが、
 放っておけば かならず 左右の密着がルーズになる
 フックグリップになって行くでしょう。
 ゴルフに熱中すればするほど グリップは緩みます。

 ダウンスイングの時点で 意志に反して
 クラブや腕が長くなり、重くなる。
 それによって 先頭にある筈の左腕(右打ちの場合)
 が遅れ 手遅れになります。
 回転の仕方、重さの掛かり方、
 そして 手遅れの状態で入るインパクトの為、
 早めに体を開き、回転を終わらせる…
 おそらく、自分的には『左の壁』なんだと思いますが、
 それが故に からだの回転の速度は
 ダイレクトにヘッドスピードとはつながりません。
 速く振るには 腕力、
 重い腕を速く 横に振る力が 必要です。
202302241
 年齢が高くなった時、腕力が落ちた時、
 ヘッドスピードが上げられなくなる要因 になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「手で振るコトの 問題点は分かります。

 で 最大の課題 なのですが…。」


店長「はい。」

質問「今、現在 手で振っちゃっている人が
 からだの回転を主に『移行』『スイング改造』するのは
 どうしたら良いんでしょうか❓」

0f978f79
店長「来ましたね。

 手で振っても 問題なくゴルフを楽しめている人は
 無理にソレに取り組む必要は無いかも知れません。
 ゴルフの結果や飛距離、スコア、
 もしくは からだの故障や痛み等が理由で
 自分が望む場合、本人の意志のみの、
 トライ と考えて良いと思います。
 世の中には プロゴルファーも含め、
 手振り、手打ちで上手にゴルフをしている、
 楽しんでいる人は沢山います。

 それでも治したい場合…ですが、
2023-12-28_23-05-1
2023-12-28_23-05-51
 手で振っちゃっている人の多くが、
 対象になるほとんどの人が
 わざと、意図的に手で振っている訳ではありません。
 多くの場合、ボールを打つ為に
 空振りしない為に、仕方なく手で振っています。

 おそらく…ですけれど
 よく言われる スイング改造 って言葉は
 手打ち、手で振る、クラブターンを主に手で行う を
 からだの回転で行う に移行することを指す、
 と言っても過言ではない気がします。」

質問「そう思います。」


店長「で、そのとても…参考になる例がありますので
 是非 その例を元にお話しをしてみたいと思います。

 まず コチラの動画をご覧ください。」

店長「コレ このお二人は親子なんですが…。
 息子さんの方、仮に太朗くんと仮称しますが、
 太朗くんは特にお父さんや他の誰かから
 マンツーマンでみっちりとゴルフを教わったりせずに、
 おそらく…ですけれど、お父さんの使わなくなったクラブ、
 数本を持って お友達と練習場…
 いわゆる 打ちっ放しに行って
 ゴルフショット、ゴルフスイング、ゴルフを始めた、
 若者の良くあるパターン…と思われます。

 そして 上手く行かない から
 YOUTUBEとか スイング動画を見たり…
 ま 今はスマホがありますから、
 視覚情報は昔よりも よりリアルタイムですし、リニアです。

 ですので 誰か…タイガーウッズとかのスイングを
 なんとなくイメージしながら ボールを打った、
 スイングしてみたんだと思います。

 また 何かの道具でボールを打つ というスポーツは
 他にも野球やテニスなどがありますから
 そういうイメージも働いたかも知れません。
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 お父さん〜けんたろうとの比較をすると
 より分かり易いですので この動画を造りました。

 ものすごく参考になると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「一方 左手打ち(からだの回転)の場合、
 右手は左手の通る軌道よりも 小さめの円になります。
 右手の円軌道が左手の円軌道 と同等の大きさになっても
 左手の円より外側の円になることは殆どありません。
IMG_0799
ですので 右手を使って
左手を円の外側、
自分から離れていく方に使います。

それを押していく のか
引いていく のか
微妙ですけれど
 基本的には 動かすモノも 動かす方向も
 ほぼ反対になります。

 藜蠡任繊兵蠡任繊砲両豺隋
 押すでも、引くでも 無い
 少し 大きめの掻き込む動き になります。
 引き込む とも言えますので どちらかと言えば
 自分の方に引く動きに近いかもしれません。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment一方、莠蠡任舛両豺隋
左グリップを外、自分から離れる方に押す、
厳密には からだの回転の遠心力が主に、
それをしますので 『押す』という感触は
ほとんどありませんが、あえて 言葉にするのなら
 押し出す動きが近いと思います。

 遠心力で自分から離される、
 グリップが腕の付け根から離される、
 その手伝い、案内を ほんの少し する程度 です。

 右手打ちの場合、
 遠心力で離れて行こうとする グリップやヘッド、
 クラブに対して、引き込む動きになりますから
 遠心力に逆らいますので
 より強いチカラが必要になる訳です。

 ですので 感触としては すごく残ります。 

 この感触の強さ…言葉を変えると
 『打ち応え』の違いが スイング改良の
 かなりのハードルになる と言えます。
IMG_0682_Slomo_Slomo_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(3)





IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(5)





 大雑把ですけれど
 右手で左手を 外に押し出しか
 右手で左手の外側から 掻き込むか
 この二つは 真逆とは言いませんが、
 かなり違う動きです。
 左手打ち は これが無くても打てますが
 この二つの動きで ボールをさばく、には
 当然、からだの姿勢、からだの向きは異なります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「大雑把ではありますけれど
 右手打ち(手打ち)VS 左手打ち(からだの回転)
 スイングは大別して こういう分類 です。
2023-12-28_23-05-51
2023-12-28_23-05-1

 多くの人は こう聞くんですね、
 折角 右利きの人が右打ちするんだから…
 強い右手を どう使ったらいいんです❓ って。」 

質問「あ、それ知りたい、です。」

店長「イメージ出来るか、伝わるか、
 微妙ではありますけれど

 スイングって 結果、として
 グリップであっても、ヘッドであっても
 それが左右の、横であっても、
 上下の、縦であっても、
 それが複合した斜めであっても、
 打ち手である自分自身は そうしようとしているか、
 全く意識していないか、どうかは別として
 傍目からは 円を描いているように見えます。」
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
質問「そうですね。」

店長「右手打ち(手打ち)の場合、
 あ 全部、右打ちでの話しになっちゃいますが、
 打撃、インパクト付近では
 右手の方が左手より 円の外側にある
 右手の移動する円が 途中で、
 ダウンスイングのどこかで、インパクト前に
 左手より大きくなります。
 右手の通る道が左手の通る道より大きくなります。
  …円の外側を通ります。
((スライスにさよならしよう_Moment(5)
 ですので 結果、として
 右手を使うと 左手は中側、
 自分に近い方にあって
 外側にある右手を使いますので
 左手を自分の方に動かす、
 悪く言うと 円が小さくなるように使うことになります。
 結果、として 引き込むような動きになりますので
 遠心力が利用し難いですし、
 フォロー側で 左ひじが抜けたりするのは
 右手が 左手よりも円の外側から
 自分の方に向かって使うことになるから、です。
会田20210701_Moment(2)
 ヒトによって ですが、
 その動きの支点になり易いのが 左手首であったり、
 左ひじ、左肩 になります。
 動いている右手に対しての 動かさない、
 半ば固定する箇所ですので 痛めるポイントになります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと 割り箸トレーニングは休憩して
 
 もう少しシンプルに
 からだの回転と手打ちの違いを説明しますね。」

質問「はい。 お願いします。」

店長「スイングは 両手、左手と右手でクラブを持ちますが、
 右打ちの人にとっての左腕、左手、
 左打ちの人にとっての右腕、右手、 は
 役割としては からだ
 です。
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0
 からだの一部 と考えるべき で
 腕、手のとしての役割はとても少なく、
 無いと考えても 良いと思います。

 ですので からだの回転で打つ の
 からだの回転は 左腕、左手、左グリップを
 移動(動かして)させて打つ コトを指します。 

 左手がボール地点を通過するコト、
 左手が位置しているであろう 左サイドが
 ボールを通過する時、ボールとコンタクトする
 と考えて良いと思います。

2023-12-28_23-05-51
 一方、手で打つ とは
 からだの回転で移動する左腕、左手で打つのではなく
 右腕、右手で打つコトを指します。
 ですので 右手で打つ為に
 先に体を開く必要があり、
 からだを開いた後、
 厳密には正確な表現ではありませんが、
 右手で自分に対して、掻き込むように打ちます。
2023-12-28_23-05-1
 コチラは 左手が位置しているであろう
 左サイドが ボール地点を通過しても
 まだ ボールは打っていません。
 ここから 打ち始める、振り始める、
 そういうタイミングになります。


 ゴルフ用語では
 ヘッドの軌道がどうであっても
 それを アウトサイドイン、
 もしくは 外から掻いてくる と呼んだりします。
 ここら辺を 結構、誤解している人が多いです。


 単純には
 左手で打つか、
 右手で打つか、 の違いです。

 ですので からだの回転で打つ(左手で打つ)は
 大きな塊を動かしている中での 打撃 ですので
 インパクトの時間も薄いですし、
 打撃ソノモノの感触が希薄になり、
 敏感で、からだに比べると繊細な 手で打つ、
 右手打ちの打撃は 打撃の実感が伴い易い です。

 どちらが良いか、では無く
 どちらが好きか、だと思います。
0f978f79
 双方、ある程度 打てるようになった時、
 ショットのメインテナンス としては
 左手打ち、からだの回転で打った方が少なくて、
 場合によっては 要らない で済みます。

 右手打ちの場合は 筋力低下、
 特に腕周り、肩周りの筋力低下 が
 かなり響きますので、秘かな筋トレも含め、
 こまめな練習は必須です。

 オジサンおばさんゴルファー向きでは無い
 ッテコトですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「普通の割り箸サイズ 20造任垢
 少しゆっくりの素振りでも辛いですか❓」

質問「辛い…ですね。
 インパクト周りで 棒のお尻というか、先が
 服の袖か、お腹の服に絡みそうで 怖いです。」
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m35s
店長「えぇッと です、
 このトレーニング、ドリルは昔からある初歩的な奴、
 なんですけれど
 スイングを、テークアウェイを始めると
 棒の先(右打ちの人ですが) その向き は
 自分より左を差しますよね❓
 上とか、下とか、上下の向きは抜きに。」

質問「はい。」

店長「そのグリップの向きを
 スイングが終わるまで
 少なくとも ボールが打ち終わるまで
 ずっと 左を向けたまま にして下さい。
 …勿論、ゆっくりで構いません。」

質問「はい。」

店長「これをやって ハイ。直ぐに
 からだの回転で打てるようになる のではなく

〇自分が如何に 左を向いていないか、
〇インパクト以降、腕とクラブだけ左に振っているか、
〇からだの回転で打とうとすると
 今までと比べ物にならない位、かなりはっきりと
 からだなり、お腹なり、骨盤なり、秀二なりを
 左に向けないと ボールが打てないのか

 というコトを体験して頂ければ良いと思います。

 短い割り箸を挿した ゆっくりでも良いですが、
 素振りは 自分が調子を崩した時の回復とかに、
 とても 役に立つと思いますよ。


 じゃあ 今度は 短い方で良いですから
 グリップエンドに挿して頂いて 実際に、
 ボールを打ってみましょう😊」

質問「うわッ😧」

店長「勿論、スイングの大きさはフルサイズ ですが、
 ゆっくり ゆっくり
 ボールの当たり、ミスとかは無視しましょう。
 お家でやるなら 紙をまるめた新聞紙のボールでも良いですよ。」

質問「うおおおお 切腹しちゃいます。」

店長「あはははは」

 それを 手で振る って言うんですね。
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m
 じゃあ 空振りでも、当たらなくても良いですから
           多分 届かない筈ですが…
 上向き、下向きは除外して
 トップの位置で 自分のからだの左を指している棒の向き
 その関係のまま
 それを維持したまま
 固定、
 自然に解けるのはいいですけど
 その関係、棒の左右の向きを 半ば固定したまま
 からだの向きを変えて下さい。

 どうです❓」

質問「かなり 強烈に
 左を向かないとイケナイ ですね。

 当たらない というか、
 届かない ですけれど…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で打つ  …って どういうコト❓
 どういう感じなんだろう❓
 ってのは 結構、簡単に『体験』出来ます。」

質問「😧 ええ〜 そうなんですか❓」

店長「はい。
 これが すべて って訳じゃあないですけど
 少なくとも 手で振る、ヘッドを振る
 では ないスイング、打撃は体験出来ます。」
2023-12-28_23-05-51
質問「どうすれば 良いんですか❓」

店長「結構 昔から有る、いにしえの方法なんですけど
 割り箸 を ご用意ください😊」

質問「へ⁈ わりばし❓」

店長「はい。チョップスティック です。

 ただ 注意が必要です。
 この実験で ボールを打つ は ヒトによっては危険。
 ケガ、自分を切ったり、服を破いてしまう可能性があります。

 ですので 10属未涼擦瓩離皀
 一般的な割り箸を少し割った(切った)モノ で
 素振りから始めてみましょう。」

質問「はい。」

店長「クラブのグリップのエンド、お尻の部分に
 装着する時の 空気抜きの穴 が存在します。」

質問「ありますねー。」

店長「パターであれば マーカーを刺したりする穴 です。
 先が鋭い、細い方をその穴に差し込んでください。
2024-02-02_16-50-47 - frame at 0m3s
 まず 始めは 危険ですので ゆっくり…😊 と。」

質問「はい。」

店長「10造涼擦瓩遼世任△譴弌.▲疋譽垢任亮挧發
 無いと思いますが、20(普通割り箸サイズ)近くになると
 ちょっと アドレスでは邪魔になりますので
 ちょっと 斜にクラブを、少しハンドファースト強めの
 アドレスになってしまいますので
 それは ご容赦下さい。
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m35s
 あと 一応、危険防止の為、
 差し込んだ割り箸の反対側、
 アドレス時に自分の方を指してる側に
 危険防止のガムテープとかを巻いておくと安全かもしれません。」

質問「はい。」

店長「素振りをしてみて……   どうです❓」

質問「🤒🤒🤒ものすご〜く邪魔 です。」

店長「テークアウェイ、トップ、ダウンスイング、
 インパクト、フォロー、フィニッシュ・・・
 どの辺り、どのタイミングで
 『あ! 邪魔😧 ちょっと怖い😵』
 って 感じます❓」

質問「えぇッと ダウンスイングの…
 インパクト間際から フォロー
 フィニッシュの間 まで ですね。」


店長「この状態で スローで、でもボール打てそうですか❓」

質問「微妙ですね…。」
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m
店長「じゃあ 普通の割り箸 ~平均的には20造鯀泙靴
 素振り…ゆっくりでいいですけど してみましょう。」

質問「うわ〜〜 コレは厳しい😵😵😵」
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングで言うと
円弧5ここのコマ辺りまでは
腕は何もしていない
トップの位置の 腕、そしてクラブ
腕とクラブの関係はほぼ固定されたまま
からだの回転で
グリップというか、クラブを移動させてるだけ
グリップを移動させ
 ヘッドを引きずっているだけ です。

 全く動きがない訳では無いですが
 それは からだの向きを変えたコトによる
 遠心力や重力等の外的要因で
 非常に受け身な動作です。

 ココの間に 腕さばきでクラブを動かすと
 クラブは長くなり、重くなり、
 不必要な遠心力や重量が加速度合いなりに増えます。

 ヘッドの通る道のりも長くなり
 横の移動と同じように 時間がかかりますから
 当然、からだの向きに対し
 ヘッドではなく
 グリップの移動が滞るようになります。

 本来、スイングやショットは
 からだの向きに対し 重さで遅れる
 ヘッドを引きずり続けるモノ ですが、
 グリップまでもが遅れてしまうと
 腕自体も遅れ、腕を引きずることになります。

 当然、リキミも強くなるでしょう。

 横の回転と同じで
 カラダがボールと正対する時間では
 到底、インパクトはやって来ませんし
 腕もひきずるので 重いですから
 からだは引っ張る〜早めに開くコトになりますが、
 ボールはまだ打てていません。

 ですので 手で打たざるを得ない
 というのが 悪い意味での正解 になる訳です。」

質問「😧 😧 😧 😧 😧」


店長「よく有る例なのですが
2021-05-01_17-19-18_Momentダウンスイング、
インパクトのちょっと手前、
こんな箇所、場面ですね。

レッスンプロによっては
なんとか って名称を
付けていたりしますが
 ここは トップの位置の腕やクラブは
 意識としては固定で
 ココの位置に クラブが来るように
 『からだを廻しているだけ』 なのです。」

質問「!!!!!!」


店長「ココに腕で降ろしてくる、
 持ってきてしまっては
 からだの回転で打つコトは出来ない というか
 からだの回転と打撃が結びつかなくなります

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)

 ですから からだの回転でボールを打ちたい
 のであれば
 トップの位置から 腕、クラブ、その関係は固定。
 言うなれば トップの形がそのまま
 インパクトの形 と言うモノの形成

円弧5 そして 行きも帰りもですけれど
 腕は直接的に関与せず
 この行き帰りを からだの向きで造れる
 からだを廻すと グリップの位置の高さが変わる
 からだの回転を造っておく必要があります。」

質問「からだの回転の意識がかなり変わります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブの変遷
 今回の場合 ドライバーに注目ってトコロなんだけど
 200yd飛ぶか、飛ばないかの時代が 今につながる、
 飛距離の歴史って言うのは 如何にスピンを減らすか、
 飛距離ってリニアに スピンの減り具合 とつながっている。

 ドライバーの場合、それは 飛距離と密接につながっているけど
 スイング全般で言うと ショットって言うのは
 スピンコントロール、如何にスピンをコントロールするか
 と考えても 間違いでは無いと思います。」

質問「スピンコントロール❓」
スマッシュファクター
店長「これは 数年前の 全米の女子プロのデータですけれど
 飛距離とスピンの量〜縦回転は
 比例と言えば良いのか、つながった関係にあるのが
 分かるでしょ❓」

質問「そうですね〜。」


店長「製品のロフト角度も 少なくなれば
 スピン〜縦回転の量も減る。
 製品のクラブ長が長くなれば
 アタックアングルが緩くなるから
 これも 縦回転の量が減る。
Desktop 2022.02.13 - 21.34.58.01_Moment(2)
 ドライバーをもっと飛ばしたい という
 万人に共通の願望の 答えは
 この スピンの量をどう管理するか にあるんですね。」

質問「飛距離の❓」

店長「そうですね。
 勿論 スピンを減らす と言っても
 最低限 この位まで って下限はあるけど
 何度も言っていますが、
 アバウトですが
 その下限に向けて 500回転減らせば10ヤード
 それは縦回転でも、横回転でも
 500回転減らすことが出来ればヤード飛距離は伸ばせます。」

質問「500回転10ヤード

店長「ですです。
 故に ヘッドスピードを伸ばそう とすると
 強く打とうとすると 回転が増える。
 逆に言えば 500回転増えればヤード飛距離は減ります

 よく言う 軽く振った方が飛ぶよ、
 って言うのは そういう仕組み ってコトですね。


 ハミングバードの取り扱いのドライバーであれば
 SYB の EZ-05改のドライバー は
 普通の方、ヘッドスピード35ms位であっても
 1000台の回転数でも 浮力は維持出来ます。

 1000台の回転数って 20年前のドライバーであれば
 必ず失速〜落下していたのに…です。
Desktop 2023.01.13 - 12.48.08.01 - frame at 0m7s
 だから 常時、1000台はよっぽど 曲げない人でないと
 怖いけれど 2000回転ちょぼちょぼで十分、ボールは浮く。
 それに対して 3000回転もかかっちゃったら
 1000回転分〜20ヤードは無駄にしている。
 回転が多い分、パラシュートを開きながら飛んでる
 って状態になる訳ですね。」  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分でやってみると こうはなりませんが、
 頭の中のイメージはこんな感じ・・・

 腕も曲げない、肘も曲げない、
 腕、特に右腕を出来るだけ上げ、
 下向きのフェースのまま、クラブは高くなるだけ。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 とりあえず ここが トップオブスイング です。

 無理に、ではないですけど
 右腕上腕を上げる と 右を向く
 を同時進行で行うと
 かなり 深い右向きが体感出来ます。
 自分自身のオリジナルのテークアウェイと比べ
 右腕の曲げ、右肘の曲げ での
 クラブの反転で 如何にからだの回転を奪っているか
 を感じられるのはとても良いと思います。


 えええええ こんなんじゃぁ 打てないよ。
 チカラも入らないよ。

  って思いますよね❓」

質問「はい。」

店長「それで正解です。

〇犯人はコイツ? - frame at 0mトップの位置 で
この位置で クラブを手放す と
位置もアレですが、当然、
クラブはボールよりもずっと手前に落っこちます。

 ちなみに…ですが、
 ヘッドに重さがあるから と言って
 ヘッドから先に落ちるコトはありません。
 離した時の姿勢のまま、地面に落ちます。
 ニュートン先生の教え です😌

 これでは ボールを打てませんので
 クラブを離して 落としたとしても
 ボールのトコロに行くように
 からだの向き〜回転で グリップを移動させて下さい。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s







 インパクトポイントは 単なる通過地点 ですので
 そこで止まるとか、待つとかは ありません。 
 ボールが当たるであろう ポイントを通過させる
 運動を持続させ続けるコトが重要です。

 自分が運動をして移動させられるのは
 接触している グリップ部 だけですので
 ヘッドの動きには意識的には関与してはイケマセン。

フェースが下向き
 ヘッドの重心がシャフトよりもボール側 にあると
 ヘッドの落ちるチカラが
 グリップを前に押すチカラに使えます。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s
〇また ヘッドが落ちて行こうとするチカラ を
 利用して グリップを下げる のではなく
 その力を『グリップを上げる』に利用する意識だと
 より一層 グリップの進行がハカドリます。 


👉そうすると からだの回転は
 動作としても、クラブの動きとしても
 結果として、傍目には円運動に見えますが、
 グリップを移動させるコト、
 その移動速度と移動距離を稼いでいるコト

 が重要であって、
 これはクラブだけでなく、腕も角度運動させているのではなく
 『単に移動させているだけ』と感じる人もいるか と思います。
 
 ✋正解です

 このドリルは色々な面で勉強になると思います。

 そして これはドリルではなく、自分のスイングそのもの
 にすることも可能です。

 基本、からだの向き以外 大きな動きはありません。
 強く振る、強く叩く と言った 腕の感覚は
 非常に希薄だと思います。

 そして コレは意外…真反対に感じると思うんですが、
 ドライバーも含め、全体の飛距離アップにつながっていきます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブを持った自分が
 クラブ単体を振らず、向きを変えれば
 当たり前ですが、フェースやロフトは開いたり、
 閉じたりは殆ど行われません。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s






 ところが 右打ちの人の場合、多くの場合の利き手
 である 右腕の曲げ伸ばしを使っての クラブの振り、
 円の描き には 必ず フェース/ロフトの開閉が
 付いてきてしまいます。 特にダウンスイング👿

 ほぼ 全く要らない フェース/ロフトの開閉
 そのクラブのロフト通り、
 スライスもしないように打つのには
 相当の『訓練』が必要になるのは想像が難しくありません。
 ‥‥本当は要らないモノなのにね…😌

 右腕の曲げ伸ばしでの クラブの振り は
 当然、からだの回転の役割を奪ってしまいますし、
 この場合での からだの回転は 余計な仕事になってしまったり、
 右腕の伸ばし、打撃方向へのクラブのリリースのきっかけ
 であったり、リリースする為のポジション確保であったり、
 本来のからだの回転の役割とは かなり異なる仕事になってしまいます。
〇犯人はコイツ? - frame at 0m20s〇犯人はコイツ? - frame at 0m





 
 動作としては 左腕の押しでテークアウェイを取るのですが、
 右腕の曲げ伸ばしが ヘッドの円描き 
 と強く結びついてしまうと
 ヘッド、クラブ、場合によってはグリップまでも
 からだの正面から外れ、
 からだの右にズレてしまいます。
Q2023918
 ココから 振りだしてしまえば
 クラブの遅れ、ヘッドの遅れは イコール
 フェースの開き、ロフトの開き になってしまうので
 ヘッドの遅れ は スライスと同じように
 悪者になってしまう場合も大変多いです。

 ダウンスイング以降、
 からだは左を向いていく動きになりますから
 一番遠くにある クラブヘッドは一番最後尾 になります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 ガッツリと開いて上げてしまっていますから
 このまま では ソールがボールに有ってしまう位
 より一層開くことになるので フェースを閉じる、
 寝ているフェースを起こす必要があります。

 当然、ショットは 望むのであれば
 200メートル近く、それ以上 ボールを飛ばしたい、
 その時の ヘッドスピードは時速にすると 130繊140
 を越える訳ですから スイングやクラブの構造上、
 ヘッドレイト(グリップファースト)〜ヘッドの遅れ
 は 起こって然るべきモノなのですが
 それすらも ヘッドがグリップを追い越す
 という 物理法則を超越した打法が必要になる訳です。

 飛ばそうとすれば 開きますから スライス、
 スライスさせないようにすると 引っかけフック、
 飛ばすをあきらめるか、
 真っ直ぐイカセルをあきらめるか、
 多くの人が悩み続けていると思います。
会田20210701_Moment(2)
 多くのゴルファーに触れてきた経験から
 だいたいの方が 右打ちの場合ですが
 目標よりも やや 右にアドレスの向きを造り、
 微妙に引っかけ気味に振る と言うトコロに落ち着きます。

 グリップは何が良い とかではなく
 テークアウェイで 右腕の曲げで クラブを振れる、
 ヘッドで円を描ける方法が楽に出来る
 フックグリップに落ち着きます。
 😧当然、左右のグリップは離れます。


 そのどこかの妥協点・落ち着きどころを見つける が
 ごくごく信じられている スイングの上達 です。


 たった一つの
 始めの一歩、一番始めのボタンの掛け違いから
 それを修正する為の どんどん本来、必要の無い
 難しい技を加えていきます。
 どんどん 本来の姿から離れていき
 余計なモノ、要らないモノばかりが付いて来ます。


 かなりの練習量、練習頻度に加え
 日々のメインテナンスも必要でしょうし、
 運動性能、運動感覚の落ちる 年齢では
 どんどん困難になるでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「いろんな人が色んな経緯や理由で
 ゴルフをスタートするから 全員がこう✊なんてことは
 当然 無いんだけれど
 ゴルフって 一人で始めて、一人で進められるし、
 止まったボールを打つモノで
 練習するトコロも結構、存在する。」

質問「そうですね」

店長「故に 始めから手取り足取り教わったり するより
 見よう見真似で 練習場に行く ってのが
 多いと思うんですよね。」

質問「良いトコロ 友達とか、先輩にアドバイスされながら
 って感じですかね。」


店長「だと思います。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 で、止まっているボールを打つのに
 思っている程 上手く行かない…
 で 雑誌を見たり、動画を見たり、
 今だと ネット環境がポケットの中にあって持ち歩ける訳で…。」

質問「ですね。」 

店長「で どうやら クラブは円を描くらしい。。。
 からだも回転させるらしい。。。

 そういうのを 見よう見真似で進めていくと
 どうしても 器用で、チカラの強い 右腕・右手で
 クラブを動かすのを覚えちゃう。

 こんな感じにね。」

質問「正にそうです。」

店長「コレ 意外なんですけど
 チカラの無い女性は こう振らないで始まるコトが多いんですね。
 
 男性がこう振って、スイングを覚えちゃうのは
 手で振っても そこそこ 強く振れる、強く打てる からで
 女性だと 手だけだと 強く振るコトが出来ないので
 からだの回転に依存するケースが多いんですね。

 手で、腕で振るのが悪いとは思わないですけど、
 年齢が行ってくると 腕力ってかなり落ちますし、
 腕とか手って 持久力が無いので 結構、持たない。
 強く振れなくなってくる。

 クラブを丸く振る
 それの一番の欠点は
 絵を見て貰うと分かると思うんですけど
 テークアウェイ、で
 かなり 大胆に フェースやロフトが開いちゃうコト。
〇犯人はコイツ? - frame at 0m20s〇犯人はコイツ? - frame at 0m21〇犯人はコイツ? - frame at 0m






 ま、結果としては わざとやってるんですけどね😵

 で このまま打ったら どスライス、
 ハイボールスライス + こすり球 になるので
 それの対策が必要になる。

 悪く言えば 始めの一歩の部分で
 悪い扱い(手振り)のロブショットからゴルフをスタートしている ので
 難易度高いわけなんですよ。」

質問「😧 😧 😧」

店長「が故に がっつり開いたフェースを閉じない と
 スライスが消えない

 そして そのフェースターンが
 手で振るコトを決定付けてしまうんですけど
 スライスが出無くなるコト イコール 上達
 って思っているから ずんずん邁進する訳ですね。」

質問「😧 😧 😧」

店長「スライス(右回転)は球筋のヒトツ なので
 悪者にするのは 可哀そう です。

 初期の段階で 問題なのは
 ロフト(フェース)が開いてしまったいるコト で
 自分で わざと 開いて『上げてしまっているコト』
 コレを解決しないで 進んでいるコトなんですね。

 クラブがターンする 👉 円を描く のは
 それを持った 自分が向きを変える から であって
 それを 全部 右腕の曲げ伸ばし で処理していては
 その仕事をカラダの向きに移譲出来ない、
 一方を無くし、一方に預けないと
 そのまんまで からだの回転を有効には出来ません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ズリズリドリル で気持ちよくなったところで
 これを ショットを結び付けていきたい ですね。

 ショットの醍醐味は飛距離 なんですけれど
 コレは ヘッドを速く動かすコト なんですが、
 ヘッドソノモノを速く動かそうとすると
 からだの回転は鈍ります。
202312110m52s202312110m53s






 ヘッドを速く動かそうとする は
 イコール 速く周る、早く向きを変える
 からだの回転速度 如何ですので
 スイングの基礎は
 如何に 速く周れるよう、早く向きを変えられるよう
 腕やクラブなどの長物をどうするか
 だと思います。

 スイング 速く周れなくなる動き
 右打ちの人であれば 直ぐに左を向けなくなる要素 は
 概ね ほとんど よろしくない動き
 と考えて良いと思います。
202252_Moment
 多くのスイングで言われる動きが
 からだの向きを速く変えさせない
 向きを変える事よりも それを中座して
 途中に何かをする寄り道の動きがとても多いです。
 飛距離に悩んでいる人ほど
 その スイングの途中に、特にダウンスイングに
 回転を阻害する何かのアクションをしたがりますが、
 あまり良い方法とは言えませんし、
 現実的では無い と目覚めた方が良いと思います。

 以前も言いましたが
 ダウンスイングは スイングを区切るのに
 使われる 時間帯 を示す言葉で
 何かのアクションを指す言葉では無く、
 からだの回転以外、
 ダウンスイングと言うアクションを
 入れるのは 回転速度の低下につながり易い、
 悪手が非常に多いです。

.好ぅ鵐阿鮨焚修気擦襦,
 自分の体力や年齢、運動性能で
 出来る限り 速く、早く 廻るコト。
 その出来る限りは 継続して
 繰り返せる範囲で✋ です。

△らだの回す 目的は
 グリップを移動させることです。
 自分のからだの向きの変更で
 どう グリップが移動しているのか
 どう グリップを移動させたいのか
 速く周れない要素を避け
 それを見つめ直す。

それらを行った時、スライスやフック
 自分の望んでいないショットやミスが出る、
 のであれば 動作の途中では無く
 そのスタートにあたる トップでのクラブと自分の関係、
 クラブの姿勢など
 出来得る限り 静の状態 を疑うべきで
 動作の途中・動の状態でどうにかする、なんてのは
 本当は 夢物語に過ぎないのですから。


 からだを廻すと 腕やクラブには遠心力や
 運動により重さの加算が起こります。
 自分のイメージの中では
 トップの位置で クラブと腕、
 特に肘から先はロックしますが、
 それらの不可抗力によって
 大きくは腕が、腕の付け根である肩から
 離されようとしますので
 結果、として 腕が伸ばされる形になります。
 それを拒否しない程度で
 腕を伸ばすのはソレにやらせれば良いのです。

 腕を強く、速く伸ばしたい …のなら
 速く周って より遠心力をグリップに掛ければ
 良いので、(良い不可抗力を作る)
 自分の意志で 強く、速く 腕を伸ばそうとすると
 結果、からだの回転を遅くするコトになります。

 例えば スライスを是正する際、
 ズリズリ遊びでは 動かすグリップの軌道
 に対しての ヘッド、フェースの向き ですので
 動かし始めてから 動の修正 ではなく、
 動かし始める前の 静の修正 です。
 ヘッドの上下、縦の入射角度に対しても同じです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)
 トップも含め、アドレスやボールの位置、
 グリップの見直し、静の状態の修正、それを実現し
 自分に刷り込んでいく方が 圧倒的に現実的で
 スピードの速い、短時間でのアクションの修正は
 本当に自分に実現可能か、
 継続、繰り返せることが出来るのか、
 本当に自分に刷り込ませることが出来るのか、
 よく考えた方が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「遠心力で飛ばす ってのはどうなんでしょう❓」

店長「 😌 😌 😌 
 
 多くのゴルファーを惑わせる ゴルフ用語 ですね。」

質問「遠心力は使うんですか❓」
IMG_0699_Slomo (3)_MomentIMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)




店長「使いますけれど…

 今更…ですけれど 少し単純化しますけれど…

 遠心力って 支点が有るモノの円運動  に伴う
 重量が 外にはらもうとするチカラ 
ですよね❓」

質問「そう思います。」

店長「長い棒で 先端に重さの集中するゴルフクラブは
 確かに 遠心力が生まれ易い、
 例えば 市販の一般的な45インチのドライバーで
〇ヘッド重量190g グリップ重量50g
 ヘッドの重さと部品としてのグリップの重さが
〇ヘッド重量50g グリップ重量190g
 反対である構造よりも 遠心力が強くなるでしょう。」

質問「確かに。」

店長「でも その遠心力が増える、増やす構造、配分を使って
 より遠心力を増すように使用して
 チカラは増えたとしても
 それがこすり球になったり、どスライスしたり、
 引っかけフックになっちゃったら 意味がありませんよね❓」

質問「そりゃ そうですね。」

店長「遠心力をよりヘッドの掛かるように動かすと
 インパクト時のヘッドが姿勢が安定し辛い、
 同じ状態でインパクトを迎え辛いコトになり易い、
 毎回毎回バラバラになる可能性が非常に高い😫

 言ってみれば ヘッドに遠心力を最大に掛けて
 インパクト前にクラブを手放して 放っぽったクラブで
 ボールを打とうとしているのと 非常に似ています

 フェースに当たるかも怪しい状態です。」

質問「うわ〜。」
漆畑2018_Moment

店長「からだを廻すコトによって
 掛からないとは言えませんけれど
 必要以上にヘッドに遠心力を掛けるのは
 『クラブを遠くに投げる』別なスポーツ、
 遠心力を掛けるのは 部位としては
 ヘッドでは無く 『グリップに掛けるのが理想的』です。

 ヘッドに遠心力を強くかけてしまいますと
 遠心力とは 外にはらもう とするチカラ ですので
 からだを廻していく、廻したい方向とは異なりますから
 廻るコトそのものの抵抗、負荷になる可能性が高いです。
anika_Slomo_Moment(3)
 グリップに掛ければ その外にはらもうとするチカラ
 を利用して 短くなっていた〜曲がっていた腕が伸び、
 流れの中で 自然に、少ない力で
 元の長さ(腕)が戻し易いですし、
 その結果、スイングの弧が大きくなって 遠心力が増す、
 その程度と考えて頂けると良いと思います。」

質問「なるほど。」

店長「ゴルフスイングにおける遠心力の話しは
 イコール スイングは円! や クラブは丸く振る に繋がり易く
 本来、それはからだの向きが変わるから、
 クラブが では無く、
 クラブを持った自分が からだの向きを変えるから、
 なのですが、
 全員とは言いませんが、スイングにおける
 『遠心力』と言う単語を用いる人の多く、かなりの割合で
 丸く振るコト、円に振るコト、手で振るコト、
 そちらに進み易く、
 クラブを持った自分が からだの向きを変える ではなく
 単に クラブやヘッドを振るコト ばかりにイキガチ です。
katate_Moment

 悪く言えば 非常に 手振り を誘う用語とも言えます。
 嘘ではないから一層性質が悪いですが、
 それを使わないと飛ばない
 みたいなニュアンスはあまりに過大広告ですので
 注意が必要です。」

質問「はい。」

店長「円を描く、ハンドターンでクラブ・ヘッドを振る
 と言う意味では 圧倒的に害悪の多い 遠心力話し ですが
 ある一点においては
 スイングの理解を深めるきっかけになるとは思います。」

質問「どんな点…ですか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そのハンドファーストと同じく
 多くのゴルファーのスイングを決定づけてしまうのに

 インパクトは体の正面で✊

 と言うのがあります。

 まあ Ⓡさんなんかは典型的な例です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 この状態、グリップ、左腕が必要以上に
 からだがから離れてしまっている、
 ボール側に出てしまっているのは
 からだが回っていない、
 左サイドが ボールから離れる後方、背後側に
 逃げていないからです。

 左サイドがもっと動いていれば
 自然に 左腕はカラダに呼ばれますので
 もっと近いトコロを通ります。

 インパクトは体の正面で✊
 からだは開いちゃいけない😵

 の意味は 開く前に打ってしまえ
 と同時に 開くことが打つコト なので
 開くコト イコール からだを廻す、左を向くコト
 を是正、否定、遅らせる、我慢するコト
 なので 打つ為の原動力がないから
 仕方が無いので 手で打ってしまっている
 のが現状なんだと思います。

 からだの正面で、 や 開いてはイケナイ は
 我慢して からだの正面で、そして 開かないようにする
 よう 何かのアクションや我慢(これも動作のヒトツ)ではなく
 その時間を与えず、
 インパクトまでの時間を短時間に、瞬時にするコト
 なのですが、
 今、もしくは過去に対処した その方法は
 その反対の インパクトまでに より時間をかける方法です。」

質問「ゴルフスイングって奥深い ですねー。」

店長「ソコが面白いトコロなんだと思います。

 からだの向きを変えるって
 同じ向きをしている時間が無い、
 常時、移り変わっている中で
 長い棒の先端で ボールを打つ訳ですから
 その行為の意味が掴めず 見た目の格好とか
 巷にあふれるゴルフ用語を追いかけてしまうと
 自分独自の対処方法をあみ出す必要が生まれます。

 Ⓡさんの場合、ダウンスイング初期に
 からだを一気に左を向ける意識が薄く、
 出来るだけソレを我慢してしまっている為、
 からだの回転で左腕が移動してくれず、
 低くなるのが少ない、前が渋滞している為に
 起こっています。

 ですので 切り返しから
 無理に腕を降ろそうとせず、
〇左肩を上げる
〇お腹を一気に左に向ける

 けんたろうのケースと同じく、
 腕は半ば固定して、左を向くだけで
 ボールを打てる感覚を刷り込むのが有効です。
F5sjEuZbUAACM4a

 今までのからだの我慢や
 無理やりの 腕の降ろし
 やりたくないけれど 手の返し
 腕の疲労 などを含めた動作の充実感 を
 捨てられるかどうか はⓇさん次第ですが、
 今 悩んでいる部分はかなり解消出来ますし、
 技術で対処する、何かをして問題を解消する は
 気づきませんが、その動作をする為の時間を増やす、
 イコール それは どんどん クラブの動きと
 からだの回転の結びつきを薄くし、
 そうして 二人は離婚する と
 気付けるのであれば 離婚に至らないと思います😌」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Ⓡさんの場合(右打ち)もそうですけれど
 四肢の中で一番弱いであろう
 ✋左腕に何かをさせよう とするコト自体
 あまり正しい選択とは言えない と思います。」
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
質問「言われてみれば そうですねぇ。」

店長「左腕の役割は からだとのリンクマンであり、
 クラブを握ってはいますが、
 それを動かすのは 脚 です。

 行きも帰りも、特に『行き』ですね、
 この場合は テークアウェイ、 特に初期、
 左腕に何かさせて
 左腕を長くするような動きをしては
 出来るだけ避ける必要があります。

 テークアウェイで何かさせれば
 ダウンスイング以降 左腕で何かするか、
 それを補う別な行為が必要ですし、
 多くの人が 左腕の長さが邪魔で
 インパクト前後で困っているコトが多いのに
 準備である テークアウェイで 左腕を長くするような
 動きは不要な筈です。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s

 テークアウェイで 肩を廻したいから
 左腕を ぐッ〜 と伸ばす行為は
 その言葉のまんま、左腕を伸ばしているだけで
 気分の 右向きを造っているだけ。
 逆に からだの向きを阻害しています。

 それをすれば ダウンスイング以降
 からだを廻す、左を向く ではなく
 左腕を短くする 〜右腕を長くするための
 上半身の処理になってしまいガチ です。
〇見かた18s〇見かた21s









 小さなアプローチから慣れて行く方が良いですが
 左腕は出来るだけ脚で動かす。

 唯一、左腕に仕事がある としたら
 インパクト以降、からだの回転を邪魔せず
 腕やクラブの慣性を 終焉処理する為
 その慣性を上に逃がす 逃げ道を作ってあげる位
 と考える方が良いです。


〇左腕は 腕だけど からだの一部。
〇そして その左腕を移動させたい時は 脚を使う。
〇唯一の仕事は インパクト以降、上に力を逃がす 。


 コレは技術として 今までの動きを軽減するモノが
 多いですから、他の色々な流れが出来上がれば
 単独の動きとしては難しくは無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「胴体の方の肩で廻るコトの出来る方は
 私たちの年齢向きでも、アマチュア向きでもないので
 話としては触れません。

 からだの向きを替えるは脚の動きが中心で
 それ以外の部分は あくまでも補助的な
 多少の促進効果はあっても あくまでも脇役です。
334151fd
 そして 意外に思うかも知れませんが
 傾きはあった(前傾姿勢)はあったとしても
 からだの向きの変更は
 胴体に対しては横の動き、
 重力に対して真っ直ぐな動きを垂直とすると
  重力に対し 平行に近い、
 水平方向に近い動き なんですけれど・・・



 コト ゴルフのからだの向きの変更は
 部位の動作としては 上下の動き、
 左右の腕の長さの入れ替え ではなく
 上下の動きにとても近い です。」

質問「 は? ( ゚д゚ )」

店長「右打ちの人の右向き…テークアウェイでは
 ポイントになる 腕の付け根〜肩部
 そして 右の股関節を高くする のと
 お腹なり、秀二なり、骨盤を右に向ける動きが
 合体したような感じです。」

質問「 は? ( ゚д゚ )」

店長「少しオーバーに言えば
 クラブ無しのからだの感覚的には
 右肩部、右股関節が上にひっ吊れたような動き に
 近いと言えるでしょうか。
 それには 右肘、右上腕の誘導が良いかも知れないです。」
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40

質問「 は? ( ゚д゚ )」


店長「クラブ無しで実際にやってみると 分かり易い😶
 分かり易いけど馴染みにくい動きでしょうね。

 でも、そうすると 綺麗に右を向けます。

 
 コレ 腕の長さの入れ替え をからだの回転と
 間違った思い違いをしていた方の 問題になる部分でもあるんですが、
 テークアウェイを右サイド、右腕、右肘主体で
 行った経験がありません。
 伸ばして押し込まれた左腕のせいで
 脱力された右腕が曲がり〜短くなっただけ 程度の存在ですから。

 それを右腕が主体となりクラブを持って行う
 難行苦行がひとつ。

 今までは 伸ばした左腕に右腕がかぶられていたので
 右サイド、右肩、右股関節が高くなる感じの体験がありません。
 この感じも初体験になる訳です。

スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s

 それとね ちょっと 気になるんですけれど…

質問「ナニを ですか❓」

店長「右打ちの人で言うと 右向き、
 左打ちの人で言うと 左向き、
 テークアウェイ、トップへの 準備としての
 からだの向きって言うか、回転 よりは
 やはり ダウンスイング〜フォロー側 の
 回転をどうしたら良いのか という方が
 注目されると思うんですけど…。」

質問「そうですねー。」

店長「右打ちで言いますと
 トップで、自分なりの右を向いている状態から
 ボールを打つ と言う過程を経て 左を向く って…

 
やっぱり 180° 向きを変える んだ✊✊✊

 って感覚なんですかね❓」

質問「は? 😶」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分なりのインパクト って
 どういう印象、イメージですか❓」

質問「アドレスと同じ ではないですけれど
 クラブが こういう感じ❓ で当たる感じですかね…。」

F5sjEuZbUAACM4a
店長「地面を引き摺ったヘッドで
 ボールとヘッドをコンタクトさせる場合
 を想定して頂くと良いと思いますけど、

 当たり前ですけれど
 ボールとヘッドをコンタクトさせるには
 ああ グリップはここら辺を通過しないといけないな
 ってのは あると思います。

 どういう道のりで ってのもありますね。

 スイングで言うトコロのトップから
 腕やクラブを積極的に動かすと… 特にこの場合はヘッドですね。
 理想的には固定、半固定ですけれど
 トップの位置から ヘッドを動かせば
 その動かしたことによって グリップを移動させたい道のりも
 ボールを当てるのに 通過させるポイントも
 必ず 影響を受けます。

 引きずる場合は グリップですが、
 スイング動作でも同じで
 グリップを引き摺った分、 以上に ヘッドを動かすには
 絶対に グリップ自身の進行の低下、移動不足が起こります。
 ですので ショットでの ダフリ は
 絶対に ボールの手前で
 ボールの先をダふることは 余程、特殊なことをするか、
 思いっきり それを意識しない と中々出来ません。

 遠くへ飛ばす、
 思った通りの方向へ飛ばす、
 似たような弾道にする、
 そして それを繰り返す、
 それらを出来るだけ同時に達成するには
  ボールとヘッドをコンタクトさせる為の
 グリップの通過ポイント、
 前後の道のり それを意識するべきで
 その通過ポイントの時には
 グリップがどうなっているのか、
 思った通りのポイント、道のり を作るには
 出来るだけ 多くのモノを動かさない、
 からだの向きだけが変わるとか、
 大きいモノがひと塊で動くけれど
 細かいモノがたくさん動かせば
Q2023918Q20239180Q20239181






 その影響は 必ず グリップに至るので
 思い描いたポイントを通過できない、
 思い描いた移動ラインから外れてしまう のです。

 クラブ全体の姿勢は多少あるかも ですけど
 ヘッドがどういう風に って考えると
 多くのケース、グリップの移動は滞り
 インパクトと思っている時に 望んでいるグリップの
 到達地点に辿り着けません。

 ヘッドの最下点が手前に…
 ロフトも増えている、 というコトになります。


 私の個人的な感覚ではあるんで
 参考になるかは分かりませんが、
 切り返し、ダウンスイングが始まってから
 ボールを打ち終わる、フォロー辺りまで
 クラブの重さ、ヘッドの重さって 全く感じない です。
 無い に等しい感じ
です。」

質問「無いんですか❓」

店長「
無い ですね
334151fd
 振り返ってみれば インパクト時、
 まあ 正直にどの辺りかは よく分からないんですが、
 ボールを受けた その重さは余韻みたいな感じで
 存在はしていますけれど
 ヘッドの重さは 弊社の悶絶クラブの重たさ でも
 感覚的には ほぼ 『無い』 ですね。
 
 切り返しから 重くなるとか は全く無く、
 ダウンでは クラブの重さは 消えてしまっている… ような感じ。
 トップの位置でのクラブの重さのまま、
 なんだとは思うんですけれど
 ボールを当たり終え、フォロー辺りで
 その重さが 忽然と 戻って来る… そんな感じ です。」

質問「😶 😶 😶」

店長「上手く動かせていない時、
 上手に動かせていない時 は  あります。

 切り返し〜ダウンスイング〜フォロー の中で
 ヘッドを感じる、ヘッドの重さを感じるのって
 グリップの移動分以上にヘッドが動いている、
 ヘッド姿勢が ボールを打てる状態で無い、
 と言う時に やって来ます。

 インパクトも ココ と言うのは無いです。
 ここら辺、通過する ここら辺かな 位のかなりアバウトな、
 点、ポイントとしても
 スイングの中での タイミングとしても
 インパクトはココ✊
 というのは感じませんし、分かりません。
 意識したことも無いです。」

質問「そ、そうなんですか❓
 インパクトはココ、クラブはこんな感じ って
 言うのは 結構、はっきりあります。」

3
店長「感覚的なコトなので 是非は無いんですけれど
 それって やっぱり グリップの移動に対し、
 ヘッドの方がたくさん動いている、
 ヘッド、クラブの重さを『動かしている』から
 ヘッド、クラブを『動かそう』としているから
 のような気がしてならないんですが…。」

質問「そうなんだと思います。」

店長「なので シャフトの剛性や材質、耐久性の問題で
 実現は出来ない、実行はしないと思いますけど
 昔、北の某所で誰かが言っていたと思うんですが
 1キロのヘッドでも 普通に打つコトは可能だと思います。

 そう言う意味合いでも
 ヘッドの重さ って言うか
 ヘッドの重さを使え って
 真逆なんじゃないかな
 って思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この ズリズリドリル…
 なんだか意味深な言葉ですけれど、

 この感覚が掴めると
 それを土台にして👉アプローチに繋がっていく訳ですよね。

 あくまでもイメージですけれど
 ビー玉とか おはじきとかを 爪で弾く感じ
 では 弾道や距離は安定しません。
adpDSC_4052-
 ショットは 強いショットであったとしても
 ほうきでごみと塵取りに入れるような
 ごみを弾かない
 運ぶだけが スピードが上がったに過ぎません。

 アプローチの距離感も
 グリップの移動速度です。

 ズリズリの基本は
 その言葉の通り、ヘッドはひきずるだけで
 ヘッドの動きには直接関与しない です。

 ヘッドに関与しない のは
 どの場面、どのタイミングで有っても
 グリップの移動に引きずられるヘッドは
 その姿勢を大きく変えず、いつも同じような状態
 これが非常に大きなポイントです。

 ですので インパクトのポイントが多少ずれても、
 現実的には 多少ズレるモノ ですので、
 問題が発生し辛い というコトになります。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s







 故に グリップの移動には あまり腕周りは関与しない。
 腕周りが関与すると 左右の腕の長さ関係に変化が起き、
 グリップにひきずられて姿勢変化の少ないヘッドに
 姿勢変化が起き易くなります。
 これでは意味が無い。
 だから 主にはからだの向きで引き摺りましょう。
 になる訳です。

 そう言った動きを
 ゴルフショットとして
 実践向きのショット、この場合はアプローチですが、
 にしていくには
 からだの向きの変化による
 グリップの移動、グリップの移動のさせ方 を
 知っておく方が良いですね。

 からだの向きは 前傾はあっても
 概ね 地面に水平に近い横の動き になっちゃいますけど
 それによって 移動させるグリップは
 出来るだけ 立った ヨコの動きを排除した
 タテの動き、縦の移動、
 からだの回転ですから どの道、円になるんですが
 そのグリップの移動の円は 
 地面に垂直に近い タテの円 です。
 アプローチですので 1/3円とか 中途な円 です。

 この動きが スイング、
 特にアプローチを『振り子』に見せるのですが、
 振り子は 先端をたくさん動かす作用、
 軸点に近いトコロが動きが少ない というのと
 スイング動作の立体を 映像として 平面に写し込んでる
 錯覚、錯視の部分が非常に大きいので
 『振り子』と勘違いしない方が良いと思います。
〇支部 昼連物語

 実際のズリズリ遊びをしてみると分かりますが、
 目標の方向にボールを転がす には
 それと平行したラインでグリップをひきずる方が
 断然 成功率は高い。
 ヘッドを振らない までも
 グリップの移動ラインを強い円に、
 円弧の小さな円にしていくと
 どの方に ボールが飛び出るのか読みにくい のと
 強い円の作用が ヘッド姿勢を変えさせようとして
 思わぬところにボールが当たったりします。
(シャンク❓ ソケット❓)

 同じ方向にボールが転がっても
 極力 グリップを目標に平行に
 直線に近い形で移動させている方が
 強い曲線、円状で動かしているよりも
 距離感が一定し易く、その移動速度も掴み取り易い。
 ココが ショットの原点 なんじゃないかと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ものすごく長い寄り道を経て…
 まあ 内容の濃い寄り道でしたから
 楽しんで頂けたとは思いますけれど

 やっと トップの位置 の話しに到達しました。」

質問「とても 面白い寄り道 でした😄」

店長「ボールは 立体的に ヘッドを引き摺って
 ボールをさばく感じ、
 どの位の高さ とは言えませんが、
 股関節とか、ベルト当たりの高さの
 台、テーブルの上を 引きずってくるような感じ です。
3
 トップの位置は それがし易い場所。

 まあ 正直、格好とか、形は
 その人の感覚も有りますから
 ココ✋ コレ✋ じゃあなければいけない は有りませんが、
 人間の、クラブの構造上、だいたい似たようなモノになるのでは
 ないでしょうか⁈」

質問「だと思いますね。」

店長「クラブにはヘッドの重さ、クラブの重さ とありますけれど
 その重さには 運動の掛け算 と
 長さによる掛け算 が 付いて回ります。

 1mの長さのクラブで
 クラブが、シャフトが地面と平行の状態だと
 ヘッドの重さ ×1m がクラブの重さになりますが、
 クラブが、シャフトが地面に垂直、重量に平行、
 よく言う立ったシャフトの状態になっていると
 重さ としての クラブの長さはゼロ ですので
 平行な状態よりも軽くなります。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
 まあ この場合は トップの位置、
 時間帯としての ダウンスイングの始まり ですが、
 からだの回転、いきなりの左向き、
 このシンプルな ヒトツのアクションに
 出来るだけ 動きを集約したい です。
 アレして、コレして、次はソレ なんて
 0.1秒の時間でやりきれませんし、
 修正することも神業の世界です。

 腕とクラブの関係、小さな筋肉である肘から先、クラブまで
 は 半ばロック、動かさない。
 からだとの相関関係を固定するようなイメージで
 ロックする、動作・アクションは無い✋
 シンプルのからだを 右打ちであれば左に向けるだけ。

 左に向けてから 何かする。
 左を向いて『から』 打つ なんて言うのは論外で
 左を向くコトが 打撃ソノモノ です。

 ですので からだ と言うよりも
 クラブの重さが、特にヘッドの重さが落ちてしまう、
 ヘッドの運動が、シャフトの角角度運動が始まってしまう、
 そんなポジションは出来るだけ避けたい。
〇見かた18s
 クラブの重さが グリップに集約されていれば
 その重さも手伝いに使えて からだの左向き との繋がり、
 回転との途切れの可能性は薄いですが、
 ヘッドを動いてしまう クラブが重さとして長くなった状態では
 意図せず ヘッドを振る動作が始まってしまい、
 クラブは構造上、一度でもシャフトやクラブの角角度運動が
 始まってしまうと それを止めるのは困難、
 ヘッドを振って ボールを打つほか 手立てが無くなります。

 そうならないクラブ姿勢、位置、
 からだを左に向けるコト、
 ソレに集約できる場所、クラブ姿勢、
 腕、特に肘から先に『ダウンスイングと言うアクション』が
 生まれない場所やクラブ姿勢を造るのが
 トップの位置の目安です
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「おそらく ですけれど
 このボール付近の
 円弧で言うと 多少、大袈裟ですけれど
3
 下半分の円、
 ボール側への横半分の円、
 この領域にクラブを入れてしまうか、
 意識して入れてしまうか、どうか😶

 勿論、からだの回転と連携していれば
 傍目からは 入るんですけれど、
 入れるの と 入っちゃう のは
 ゴルフスイングの場合、かなり大きな違いです。」
会田20210701 - frame at 0m15s会田20210701 - frame at 0m16s







質問「分かってくると なんだか恐ろしい と言うか、
 入れてはいけない領域があって
 そこに 自分で、手さばきで入れてしまう人は
 その 存在しない筈の領域のコトばかりを
 過去の自分も含めて、ですが、考えてしまうような気がします。」


店長「そうですね。
 まるで 幽霊のような話です

 関連する 似ている話があります😿
 ヘッドの重さばかりじゃありませんが、
 重さは『そこに留まろうとするチカラ』
 目方、数量の1舛箸200gとかは
 そこに 留まろう とするエネルギーの単位 です。

 ところが ヘッドは速く、たくさん動かすモノ
 と考えると 途端に その真逆、
 自然の摂理に逆らって動かそう とするのですから
 そこばかりを考えるようになる、のは仕方ない
 んじゃないですかね。」

質問「むむむむむ…ですね。」
Q2023918Q20239180Q20239181






店長「😌 ソコがゴルフの面白さ でもありますから
 その ショットの、スイングの根幹になる部分の仕組みは
 知らない方が良いのかも知れませんね。

 ボールを打つ付近で
 クラブを自分の垂直、アドレスの方に戻す方が
 動作の技術としても明らかに難しい、
 スイングの中で一番速い動きの時間帯の中で
 1/1000秒単位で ミリ単位の動きをするコトになります。
 
 コレは 重要なポイントなので
 ゴルフをやる際も覚えておくと良いのですが、
 ゴルフはミスが連続するゲーム、
 ほぼ すべてがミスで構成されるゲームです。
 その行為ソノモノの難易度が高いのも良くありませんが、
 その修正、改善方法に規則性がないのは
 そのゲーム性にとっては 致命的 なのです。

 話がしつこくて申し訳ないのですが、
 グリップを引き摺って その分だけ、リニアにヘッドを動かすのなら
 グリップの通り道、行き先、その速度 も
 規則性の伴う修正が可能です。
 曲がりを治したいのなら グリップの進み道を基準に
 それに対し、フェースの開き加減、閉じ加減を調整…
 というよりは セットアップの時点で変えて置けば良い だけです。
〇見かた18s〇見かた21s









 始めの一歩を理解してしまえば、身に着けてしまえば
 修正には規則があり、それはちゃんと反映されますので
 自分自身、誰に頼らなくても修正が可能ですが、
 ヘッドを積極的に動かしてしまう、
 グリップの移動で、では無く、ヘッドを単独で動かしてしまう場合、
 そこに規則の有る修正は有りませんし、
 それがどう反映するかは やってみないと分かりません。

 大袈裟言えば 毎回、イチかバチか のショットに挑戦する
 に等しいのですが… それもまた楽しいですから
 それがゴルフじゃない、スイングじゃあ無い、間違ってる
 とは思いません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「このイメージを実現、具現化、
 ボールを打つ、打たないは別にして
 クラブをもって イメージを作ってみると
 肩の回転 〜腕の長さの入れ替え を
 からだの回転
✊ と思っていた人は
 ある異変、ショック、この場合は良いショックですが、
 感じる可能性があります。
Q2023918Q20239180Q20239181






 腕の長さの入れ替えで 体をよじる場合、
 右打ちですが、切り返し、ダウンスイング以降は
 右腕を伸ばす為、右サイド、右肩がボールの方に寄ります。

 腕を伸ばすための空間を確保する為、
 その対になる 左サイド、左肩をボールから離しますが、
 インパクト周りの 両グリップもそれに伴い
 右グリップの方がボールに近づき、
 左グリップの方が ボールから離れ気味です。
 両グリップの位置関係ですね。

 *インパクト付近でからだが起き上がったり、
  からだをすぐに、大胆に左に向けることは良いですが、
  最近の 変な意味での 靴、足の踏み変えによる
  からだの開き、飛球線向きは
  その 空間確保によるモノ ですので
  お薦め出来る代物ではありません。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s






 ところが😶😶
 ボールのあるトコロのポールの内側を通過する、
 インパクト付近での
 自分とボールの空間に 自分のからだに平行のような
 飛球線に垂直、
 地面に平行 のような状態で
 グリップエンド、クラブを抜くには
 右手の方をボールに近づけたら
 ソレは達成できません。

 感覚としては 左グリップの方がボールに近いまま、
 インパクトを過ぎ去る、そう言う感じです。

 腕の長さの入れ替え、肩を廻す そう言う系列で
 ダウンスイングで右サイドが突っ込む、
 右グリップの方がボールに近づく のを
 正しい意味での『アウトサイドイン』と言います。
(回転でのアウトサイドインは良くないモノですが
 正しい意味で と言うと誤解を生み易いですね)
 ヘッドがどういう経路になるか に関係なく。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 その動きで ヘッドがどこを、どう通ろうが
 ベースの『アウトサイドイン動作』は抜けませんし、
 その修正は付け焼刃で、ヘッドの通り道での
 見た目のアウトサイドインの解消は付け焼刃
 でしかありませんので
 スライスが解消した✊と思っても
 何度でも、永遠にカードの裏として控えています。

 右サイドがボールに近づくので
 アプローチの苦労は恒久的に続くと思います。


 ✋からだが廻る ✋からだの向きが変わる
 と言う動作が加わるので
 結果として、傍目からは右手の方がボールに近い、
 左グリップの方が自分側なんですが、
 それを実現する🤩には 左手の方がボールに近い、
 右手の方が自分側、と言う意識😶
3
 ✊右グリップを『意識的に』ボールの方に近づけると
 からだの回転との連携は解けてしまいます…
    😳 と言うもどかしい現実が待っています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「運動速度を徐々にでも上げてくると
 からだに対する防衛本能も働くから
 回路の構築されている 元の動きに引っ張られ易い。

 故に 新しい動き、今までと別な動きは
 ビックリするほど オーバーにしておく方が良いでしょう。
スクリーンショット 2023-05-03 151622
 東京から大阪に行くのに ゴール地点は鹿児島位に🤩
 鹿児島に行くつもりで 結局、大阪になっちゃった😶
 って感じに 落ち着きますね。
 始めから 大阪を目標にしている と
 横浜(隣町)辺りで寄り道始めちゃう感じ。
 (上手く行かない時よりも つかまりを覚え始めた時、変なところに行っちゃうケース多し)
 一応 都道府県は跨いだのでそれで満足しちゃう感じ。
 余計な知識が今までの動きに入る分、より混乱します。 

 今は ネット時代ですので
 自分のスイング動画や画像だけでなく
 比較対象や目標になる
 別なヒトの映像も手に入り易いですから
 昔より スイング迷子は多い気がしますね。

 テークアウェイやトップオブスイングの恰好、姿…
 カタチを真似ても その姿勢や位置は
 何故そうするのか を理解してないと
 その形が定着することはあり得ません。
スクリーンショット 2023-08-11 140458

 そのテークアウェイやトップの位置って
 アイアンでの練習が多くなると思うんですね。

 ドライバーショットの練習はあるでしょうけれど
 スイングを変えて行く、違うモノにするのに
 あまりドライバーでは練習しないコトが多い。」

質問「だと思いますね。」

店長「私も書いてしまったりしますけれど
 アイアンって 上から打て だとか、
 上から打ち込むダウンブロー って
 言葉が更に輪をかけて、ヘッドで円弧を描かせる。
会田20210701 - frame at 0m16s
 ダウンスイングからインパクトへ。
 ダウンスイングの後半に ヘッドをボールに入れたくなる。
 当たり前だけど ボールにヘッドを届かせたくなる。
 そこの部分の クラブというか、シャフトの振り が
 スイングの全般に影響を与えている…
 スイング像を作ってしまっている…と言っても過言ではないです。

 ゴルフスイングの、ゴルフショットのおぼろげな印象では
 インパクト、ボールに向けて
 ヘッドが円弧を描いて降りて来て…
 右打ちの人が右腕を曲げて、たたんだ腕とクラブを
 その右腕を伸ばすことで ヘッドをボールに届かせる。
 そんな感じだと思うんですね。

 スイング用語には インサイドアウトとか、
 ダウンブローとか、ダウンスイング後半からインパクトにかけて
 の円弧を想起させるモノがたくさんあって、
 調子が悪くなってくると その箇所に意識がイキガチ。

 入れ方がどうだ✊ とか そう言う問題では無く、
 そこの部分の 動作そのものが スイングには存在しない。
 ダメだよ みたいな言葉で言うと
 ソコをキャスティングとか、アーリーエクステンションとか、
 呼んだりもする。

 その 主にダウンスイング後半の 1/4円、
 動作をすれば インパクト以降にも 1/4円以上 生まれるので
 都合 1/2〜半円の 腕の曲げ伸ばしでのクラブリリース、
 ヘッドで円弧を描く動きが からだの動きを奪ってしまい、
 自分で自発的にやっているのに 手打ちだと嫌がる。
 そんなのが多いんじゃないかな⁈」

質問「 😵 😵 😵 😵 😵  」

店長「手を伸ばして ヘッドで円弧を描いて ボールに届かせる、
 その動きは まるごと からだの回転の役割を取ってしまうので
 からだの回転は   …伝わり難いだろうけれど
 グリップを移動させ、ヘッドを移動させるモノ ではなく
 その腕のリリースをするための
 姿勢造り 位置造り だけのモノになって
 自分にとっての 打撃、ボールどらえの主軸になる

会田20210701 - frame at 0m15s
 となると それが出来るだけの準備が必要で
 手を伸ばして 腕とクラブを長くする、円弧を描くための
 準備として、右打ちの人であれば 右腕をたたんで
 クラブと腕を短くする必要、のちのちクラブをリリース、
 ヘッドを放り投げる準備が テークアウェイやトップに
 なって行きます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ