◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ヘッドの重さの働き

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は550gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

に阿にくい形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「けんたろうのビデオをご覧ください。
 Before~After で見て頂くと
 Afterの方が 左腕の遅れが少なく、
 かなり 早い段階で下がっています。

 で、その副産物というか、本題と言うか、
 左腕の取り残すが減った、無くなったので
 フェースが開かなくなり、
 フェースターンが必要なくなった が故に
 腕を変に伸ばす必要が無くなりました。

 腕を びよよ〜ん と伸ばす為には
 からだの回転も止めなくちゃならないですし、
 腕が伸びる分、体を起こして、
 その空間を確保しなきゃしけなかったんですが、
 それが かなり薄れ、
 からだが止まり難くなりましたよね。
けんたろう202404 - frame at 0m49s
 びよよ〜ん の動き自体が消えた訳じゃないですけど
 その方向が変わった為、
 あの変な、ボールの方に腕が伸びていく動きが
 目立たなくなりましたね。」

KO「スイングって
 全く別な感覚、感じで動かしているのに
 動画で比較すると ほとんど同じ…
 動画でココまでの違いがあるってコトは
 相当、変えたと思うんですが…
 同じ服なので 一日でこうなったんですよネ❓」


店長「ですね。
 次、来る時は戻っているかも…ですけど🙄」

KO「どうやったんです❓」

店長「まずは
 ダウンスイングでの左腕の行き先、行き方ですね。

 一般的なイメージは
 『からだの回転がある』から 左腕、特に左ひじでしょうか
 は ボールの方に出て行く、近づいていくイメージですよね❓」

KO「はい。」

店長「カラダが回るので 『結果』はそうなんですけど
 重さが掛かって、長さが増え 負担が増える左腕は
 先回りと言うか、最終合流地点に近道をしないと
 そうならないです。

 からだにはカラダの仕事をさせて
 左腕、特に左上腕、左ひじ は
 右を向いた状態のまま、背後、
 右を向いた状態ですので 飛球線の方向というか
 自分にとっての背後の方向に抜く んです。」

KO「背後に肘鉄❓」

店長「近い…ですかね🙄

 でも 多分、ポイントは次の△任后
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52
 KOさんもけんたろうも クラブを寝かしたトップの位置
 ではないので、トップの位置では
 クラブの重さは結構、左腕、左ひじに、
 左腕や左ひじが下がるように 掛かっていますよね❓」

KO「はい。」

店長「左腕が上がるように
 重さが掛っている場合には無効なんですが、
スクリーンショット 2023-12-24 225456
 全部ではないけど 左腕には結構、重さが掛っていて
 その方向、重さの方向は 下向き、
 アバウト インパクトでの行きたい方向、行かせたい方向
 に掛かっています。 勿論、アバウトでイイんですが。

 そしたら 切り返し ですね、
 廻る前に その左腕を『
脱力』するんです。」

KO「は⁈」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「発展系△任后

 トップの位置では 
 『グリップよりもヘッドの方が高い』ですよね❓」

質問「 はい。」

07cc3447
店長「では ダウンスイング で
 今度は インパクトって 視覚的には
 『グリップよりもヘッドの方が低く』なりますよね❓」

質問「ですね🙄」

店長「ソレって そうなるのを 待ってます❓
 それとも そうなるようにしています❓


質問「昔はそうしていましたが、
 今は 意図的にはしていません。
 とは言え その時が来るのを待っている と
 言えなくもありません。」

会田20210701_Moment(2)
店長「なるほど。

 では ゆっくりドリルの延長線上で
 スイングトップは最大の位置、フル。
 スイングスピードは 8番アイアンで30ヤード程度転がす
 ほどの感じで フォロー、フィニッシュは大きく取る、
 スイング中の加速は出来るだけ無し、等速のイメージで
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 トップの位置で高くなったヘッドが
 グリップの位置と同じ高さになるタイミングに
 クラブの長さ分 グリップがボールよりも先に行く。


✋その ヘッドが グリップの位置と同じ高さになる
 そこがインパクト(タイミング) です。

質問「え⁈」

店長「インパクトは イメージですが、
 ヘッドがグリップと同じ高さになる箇所、タイミング です。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m33s
 そのタイミングで ボールに触れるには
 クラブの長さ分 グリップが先に行っているイメージ
 で無いと ボールに触れません。」


 〜⏳〜⌛〜 loading 〜⏳〜⌛〜


質問「当たるんですね。」

店長「当たりますよ。

 あくまでもイメージですけど
 そこが 正規のインパクトタイミングポイント なんですから。」

質問「うわ、そう考えると
 ヘッドが下がる、グリップよりも低くなる のを
 待っていた のがよく分かりますね。

 昔は それを意図的に作っていた。」


店長「はい。

 ヘッドがたくさん動いていますから
 グリップの移動、進行が妨げられ
 その分、ヘッドの方が低くなってから
 右打ちで言うのなら 後ろにある右手を使って
 本来のグリップの移動分、ヘッドを振るコトになる。

 それが慣れちゃうと
 そうする為に その時間を確保するようになる。

 だいたいの場合の 手打ちへの道筋 ですね。
IMG_0484
 ところが ヘッドがグリップと同じ高さ
 シャフトが地面に垂直になるのではなく
 地面と平行になるトコロ・タイミング 
 ソコが インパクト! と考えて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「用品としての パターの命は
 引き易さ、動かし『出し』易さ だと思います。

 思いっきり手前味噌なんですけれど 
 L型ブリストルパターは かなり多くの方の
 パッティングが嫌い、苦手を解消した と思います。

 引き続き、手前味噌ですけれど
 ブリストルパターではイップスには成れない んです。」

質問「分かる気がします。」

店長「弊社のパター二種は あ、スピンオフ版もありますけれど
 ヘッド重量が強烈に重たい。 480gと520gです。」
IMG_1364
質問「ですね。」

店長「コレって 一般的な320gとか、330gのヘッド重量のパターと
 交互に打ち比べてみると 初めて分かるんですが、

 重いヘッドのパターだと
 グリップ』を動かそうとします
 ヘッドを直接ではなく、グリップを動かす、移動させるコトで
 特に、初動をスタートさせようとします。

 ところが…🙄🙄🙄
 軽いヘッドのパターは グリップを動かし難い。
 ヘッドが軽いから、ま、比較論ですけど、
 ヘッドが動いちゃうのか、動かしたくなっちゃうのか、
 兎も角、グリップが動かせないんですよ。
 打ち比べるとよく分かりますよ😵😵

 パターの苦手…とか、イップスって 実はソコなんです。

 ショットもそうですけれど、
 人間が関与しているのは グリップ です。
 手であっても、からだであっても
 グリップを動かさなきゃ始まらない
 でも パッティング不調や不振になると
 『兎も角、ヘッドを動かさなきゃ』って思うのに
 肝心のグリップが動かないので ヘッドが動かない、
 ヘッドだけ ぴょっと動かすと 良い感じのラインに乗らない。

 それが ブリストルパターは無いんです。
 ✊絶対 グリップが動きます。

 そして 視覚的にヘッドをどっちへ動かすか、
 かなりはっきりしたガイドが入ってます。
 迷わず 引ける んですね。
2595cdb2
 パッティングって 勢いで何とかする って言うのが
 通用しません。
 速さで解決できない。
 どんなストロークにしても 自分自身はジッとしています。

 感覚的なモノの割合が殆ど です。

 ですので あたかも 自分が機械、
 パッティングマシーンになって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す みたいなデザインは
 ヘッドの軽さも伴って
 一番大切な『感覚』を捨てなくちゃならない。

スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)
あのグリーン上で 突然、『ロボットになれ』って
パターに言われるんですよ。

335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 いつまで経っても パター苦手は解消しない です。


 良いパターって あんまり何も考えず
 ストロークも自分の繰り返せる 好きなような動かし方で
 子供みたいに ポンッ って打つのが一番良いと思います。

 よっぽど ポテトチップみたいなグリーンでない限り
 ラインなんて 自分で造れる みたいな感じで
 良いと思うんですね。
 距離が合って 寄ればいいんですから

 そう言うのを具現化したのが ブリストルパターで、
 ハミングバードなりに
 ピン型を極力シンプルに、迷いを生ませない
 そうアレンジしたのがデール9 です。

 ですので今度は 半マレットとL型のハイブリッド、
 その ハミングバードなりの完成型を目指しています。
IMG_0511IMG_0507






 特に マレットは欠点いっぱいなので
 自分なりに考えた その修正された 理想的なモノを
 造りたいと思っています。」

質問「楽しみです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は550gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

に阿にくい形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールに向けて、ヘッドを入れて来る
 入射角度の基本、基準は
 クラブを持った打ち手が
 それを 固定/半固定したまま
 からだの向きを変えることです。

 『上から打つ』の思い込みで
 手回り、腕周りで ヘッドを、クラブを、
 下に振ってしまうと
 それぞれのクラブの 長さによる違いが出難く、
 正しく クラブを動かしてくる に比べると
 必要以上に
〇打ち出し角度が高くなり
〇ロフトなりの回転(スピン)よりも少なくなります。

IMG_1137
 やり過ぎは勿論ダメなので、
 意図的にアッパーに打つのはお薦め出来ませんが
 そういうクラブ扱いの人が
 宙に浮いているボールを打つ
 ドライバーが得意だったり、します。

 しかし、この入れ方には
 かなり致命的な欠陥があります。

 アプローチショットもそうですが、
 ドライバーに至るまで
 スピンはある程度の数値、数が無いと
 安定配給し難くなります。

 ドライバーの飛び という点ではマイナスですが
 3500回転であれば 繰り返すのは簡単ですが
 1800回転という 0に近い方の数値は
 ものすごく微妙な差によって 大きく変わるので
 ある程度の訓練が必要です。
ボールを拾う
 弾道の 機械計測をたくさんすると
 距離と回転の関係が かなり比例関係にあることに
 気付くと思うのですが、
 これは アプローチショットにも当てはまります。

 ヘッドを振ってしまうと スピンが少なくなるので
 距離コントロールが難しくなります。

 また これは致命的 なのですが、
 ヘッドを丸く振ってしまうと
 ボールの下にヘッドを入れねばならず
 それは 食器の乗ったテーブルクロスを
 食器を倒さず 引き抜く に似ていて
 インパクト付近の速い速度が必要になり
 距離コントロールをしたいけれど
 遅く振るコトが出来ない

 という永遠の矛盾が付いて回ります。

 緩めにショットなのに
 インパクトはガツンと…
 急加速が必要になるのですから 怖いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの勘違い 思い違いって
 結構 根深いモノが有ると思うんですね。」

質問「どんな点ですか❓」

店長「今回の話しは 色々絡んでいるので
 ちょっとややこしいですから 出来れば
 何回か読み直して頂く、もしくは
 マークを入れて置いて
 頭に染み込むタイミングに読めるようにして頂くのが
 良いかな と思います。

 まず 一つ目に
 よくあるクラブを持った三角形を維持しよう
 みたいなモノが有ると思うんですが…」
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)
質問「ありますね。」

店長「多くの方は この三角形の形を維持して
 右打ちであれば 右向きから左向き
 アバウトですけれど 180°
 
三角形の頂点の指す向きも 180° ターンする。」

質問「コレって 思い違い なんですか❓」

店長「次の話しとかなり絡むんですけれど

 結果、としては向きは 180°とは言いませんが
 結構な量、アプローチ位の速度で有れば
 120〜150°位は ターンしますけれど
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 あくまでも 結果、として であって
 からだの向き通り、この場合ですと
 180° 三角形の頂点の向きを変えようとする を
 主題・主目的にしてしまうと
 ちゃんとした からだの回転からは逸脱します
。」

質問「えええええええ」

店長「三角形の頂点の向きは シャフトというか、
 クラブの向きに該当すると思うんですけれど
 その腕で作る三角形は クラブを持っていて
 そのクラブには長さもあって、
 先端に結構な重さのヘッド が付いています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




 仮にヘッドの無い シャフトだけのクラブ であれば
 からだの向き通りに 三角形の頂点の向き、
 クラブ/シャフトも 同時進行、同期し易いと思いますが
 長さがあり、先端に重さのある 実ゴルフクラブでは
 それと同じようには動きません
よね?」

質問「確かに…。」

店長「ちょっと ややこしいですけど
 先端に重さのある実ゴルフクラブと
 先端に重さの無い仮ゴルフクラブ

 同じ移動の仕方をする ってことは
 二つは結構、大きく異なる重量配分ですので
 それを動かす 打ち手は違う動きをせざる得ない。」

質問「そりゃ 確かにそうですね😌」

店長「三角形を維持しろ とは
(グリップの移動 〜先端は振りません_Momentトップの位置で向いている 三角形の頂点の向き、
ゴルフクラブ、シャフトの向き ですね
画像で言うと 向かって左を差していますけれど
あくまでも イメージですけれど
 それを インパクトまで その向きのまま、
 ボールに入って来なさい😌
 三角形の向きを変えず『そのまま』ボールに入りなさい
 画像で言うと 左を向けたまま、インパクトに入りなさい

 と言う意味の維持です。


別な画像サンプルで言えば
こういうことになります。
445
〇からだの向きは変る
〇それに伴って グリップの位置は移動していきます
〇しかし クラブの先端には重さが有り、
 クラブには長さもあり、運動が加わりますから
 その先端部はかなりの重さ が故に
 グリップの進行に対しは 遅れ、
 よく言う ひきずられるような状態で移動します。
413
 クラブがこう動いているのとは 異なりますよね❓」

質問「ですね。」

店長「コレに 打ち手が加わると かなり分かり易くなりますが、
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)からだが回り、グリップが移動する、
けれど 先端には重さがあるので
遅れて 引きずられてくる…

 で コレをよく見ると 三角形の頂点の向きは
 ボールをうつ間際、ほとんど インパクトまで
 トップの位置と大きく変わっていない。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スライドはしている けれど
このように 90度もターンを、
三角形の頂点の向きを回転
させている訳では無い。」

質問「!!!!!!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「無駄なスピンを出来るだけ掛けない、多くしない
 ショットはどうしたら良いのでしょうか?」


店長「理屈上で言えば、
 そのクラブの長さなりのアタックアングルで、
 そのクラブのロフト通りに打つコトですが
 ピンと来ないというか、
 みんな そう打っていると思ってますよね❓」

質問「ですね。」

店長「立体的に✊ですので
 把握し難いとは思うのですが、
 フェースの向いている向き 左右上下
 これが 出来るだけ変化が緩やか、穏やかなコト
 と言えます。

 このような入り方ですと
 無駄に多くの回転がボールに入り易くなります。
IMG_114267d2f002-s
 また 打つ度に 回転がバラつき易くなるので
 安定しないというか、
 アイアンで言えば 距離もばらついてしまいます。

 理想的に、ですが、このような
 スライドして入ってくるというか
IMG_1144
 ヘッドと移動距離、移動方向と
 グリップの移動距離、移動方向が 同じ、似ている
 ような クラブの使い方が良いと思います。

 コレ って 言ってしまえば
 クラブの長さの造り方 とも言えますが…。」

質問「長さの造り方❓」

店長「はい。
 最長の状態は 腕もクラブも一直線。
 この状態は アドレスよりもクラブが長くなった状態です。
casting
 腕も、肘も曲げられますし、
 クラブを上げたり、立てたり、
 お薦めはしませんが、コッキングを使ったりすると
 実質のクラブは短くなりますよね?」
20221025
質問「そうですね。」

店長「コレって 誤解されていると思うのですが、
 ドライバーは長いから 出来るだけ長く使う…と。」

質問「違うんです❓」


店長「おそらく スイングの中で
 実質、トップの位置がクラブが一番短い状態。
 自分のからだにヘッドが一番近い状態、ですね。

 遠心力や重さなどで 自然に解かれてしまうのは
 仕方が無いにしても
 その一番短い状態のまま、長さを変えず、
 ボールに入れて来る って意識で良いと思います。」

質問「え?!」

店長「全部のクラブを同じように使うならば
 それでも ドライバーが一番長い、大きな弧じゃないですか。」

質問「それはそうですけど…。」

〇見かた18s〇見かた21s








店長「自然な形での解けを別として
 意図的な 長さの変化 が
 一番 ヘッド姿勢、軌道を変えてしまい、
 安定しないショット、
 無駄なスピンの要因になります。

 どの道 ヘッドは重くて 引きずるのですから
 引きずったまま インパクトに入るのなら
 そういう結末になりますよね。
334151fd
 ヘッドスピード=距離 伝説は半分本当、半分毒です。
 からだが速く向きを変える、回転するから
 ヘッドもスピードが速くなるので
 長くなる方がヘッドスピードが上がると信じて
 意図的にクラブを長くしてしまうと
 走行中にブレーキを踏んでしまう、
 錨を下ろしてしまう のと同じです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーヘッドやボールの進化は
 より ボールがつぶれない方向
 スピンがかからない方向 へ進むと考えられます。」

質問「飛ぶ から ですか❓」

店長「そうですね。

 ボールをつぶさない、
 つぶれない訳ではないですけど
 その量が減り、ボールがつぶれてしまう力を
 ボールの初速、スピードに変える方向 です。
impactgolf
 それに伴い
 当然、なんですが より一層
 ボールとヘッドの接触時間は短く
 いずれ 平均的なアマチュアであっても
 ボールとヘッドの接触時間は 1/4000秒の世界に
 突入すると考えられています。
 
 
0.0003秒以下 です。」

質問「うわッ😧」

店長「現実的には 真反対 なのですが、

 金属のヘッドに 金属のボールが衝突するような…
 フェースにボールが乗っている時間はほぼ皆無で
 当たった瞬間の ヘッドの姿勢、フェースのさま、
 ヘッドの入って来た角度、で決まってしまい、
 フェースを閉じて なんて暇は一切ないんですね。

 実際、ドライバーヘッドも年々
 慣性モーメントが数値が上がり、
 今や 左右の慣性モーメントだけでなく
 フェースの上下の慣性モーメントが 4000g2 を
 超えるものまで 出てきています。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
 慣性モーメントは 簡単には 芯が広い、
 どこに当たっても 大きな差は出ない、と考えて
 良いと思いますが、それと同時に
 ヘッドの姿勢、運動維持がし易い、継続し易い。
 裏を返せば ヘッド姿勢を、運動継続を 変え難い
 とも言える訳で ボールとの接触時間の短縮もあり、
 いよいよ フェースターンでボールを打つ
 から お別れする時代に入って来た
 と言えると思います。 

 20年前 は 回転数2500回転
 今は 2000回転弱。
 いずれ 1000回転強位でも
 十分、浮力が維持できる性能になってくる
 というのが 大方の予想ですね。

 1000回転強だと 今の練習場のボールでは
 確実に 失速しちゃいますけどね…😧」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パーシモン・木製ウッド(言葉が変)の話し…の続き
 になるけれど
 その時代にも ちゃんと 重心 って感覚があって
 言葉としては重心 じゃなくて 錘・おもり なんだけど
 パーシモンヘッドって
 ソールにプレート、あれ 真鍮なんだけど 付いてるじゃない⁈」

質問「そんな感じですね。」

店長「アレって ダふったりして
 ウッドが傷つかないようにするため ってのもあるんだけど
 ネジ打たれるてるでしょ❓」
1 (1)
質問「ですね。」

店長「あのネジ外すと ただ真鍮のプレートがはめ込まれてる
 んじゃなくて 中に空間があるのよね。

 アソコに 溶かした鉛流し込んだりして
 今で言うトコロの 重心の位置を変える訳。」

質問「へぇ〜😧」

店長「上がり難かったり、過度にスライスしちゃったり
 するのを その重心位置調整でするのよ、ね。

 あともう一つの目的は
 その頃の ウッドって強烈、高額なのよ。

 ほとんどが 舶来品(死語)😶😶😶 で
 1本25万円なんてのは ゴロゴロあった。」

質問「1本25万😧😧😧」

店長「うん。
 1番、3番、5番  3本買って80万なんてのは
 ちらほら耳にしたかな。

 で ヘッドが木製でしょ。
 ミスして 端っこにボール当たっちゃうと
 ヘッドが欠けたり、割れたりしちゃう訳ヨ。」

質問「1本25万が😧😧😧」

店長「普通に使っていても 傷入ったり
 乾いて ささくれ立ったり して来ちゃう。

 で まあ 使い込むと ヘッドが小さくなっていく…
 使い込んだ包丁みたいな感じに。

 そしたら 1番を3番に 3番を4番に、5番を6番に
 加工し直すことを考えている。
 
 ソールプレートは
 その時の重量調整出来る補助ペースなんだよね。」

質問「今よりも エコ なような…。」

店長「1本25万だからね😌

 プロやゴルフ好きな人は その傷の修正や
 ロフトの変更の為に せっせと ヘッドを削る訳ヨ。
 そうしている内に
 ああ こうすると構えやすいなぁ… とか
 あ! なんだか スライスし難い感じがするなぁ…とか
 だいぶ 座りがよくなったぞ って
 ヘッドの顔を気にするようになったのよね。
f141186665.2
 パーシモンの場合、目、年輪模様もあるから 余計、
 そうなったんだと思うけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフを初めて いきなりドライバーから打ち始める、
 と言う人は 多くはない、居ないに等しい と思うのですが…。」

質問「そうでしょうね😌」
BAQiEG0CAAE6a0Q
店長「アイアンをある程度打てて、ステップアップ的に
 ドライバー。。。となる訳ですが、
 ドライバーは
 その打撃力をボール速度に転化できる能力が高いが故に
 直ぐに夢中になっていきます。

〇ドライバーはゴルフ用品の長い歴史、進化、
 そして ゴルファーの飽くなき欲のお陰?で
 ゴルフクラブ全体のロフト角度推移 多い→少ない
 の中では 特出して クラブの長さが長くなりました。

 アイアンからの、そのままの流れ よりも
 見た目の印象も含め 長いですから
 上げる下げるの上下変化で打つ というよりも
 円運動も含めた ヨコ変化、横移動で打つイメージ
 強くなります。
2013-05-04 10-55-44.740_Moment
 特に始めの頃は 地面に、マットに置かれたボールよりも
 ティーによって 空中に浮いているボールを、
 一番自分から離れたヘッドで当てなければなりません から
 結構、不安だと思うんですね。」

質問「でしたね〜😵」

店長「そうなると まぁ 払って打つというか、
 あまり上下変化を付けず さらうように打つ
 のを選択される率が高いと思います。
 上からドスンとボールに入れるのは怖い。

 まあ 実際、ちゃんと打てるようになっても
 長いですから 入射角度は0°〜〜
 ティーアップされている分、3度位のアッパーに成ったりする
 んですけど 上下変化は存在しているので
 同じではない(特に抜き側)ですね。

 ヨコ払いに近い動作だと
 スイングの円の動きは フェースの開閉、
 クラブを移動させながらの クラブの捻じり
 になるので スライスの発生率は高くなります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
 当たったとしても
 右打ちの右へのプッシュスライスか、
 左への引っ掻けフック のいずれかの道に。

 そして そのいずれもが良い道じゃないんですけど
 スライスは悪、フックは正義 みたいな道に足を踏み入れる

 ドライバーを持っているのに 飛ばない のは
 スライスしているから✊ では無くて
 ドライバーのロフト角度通りに打てない から なんです。
 スライスはその副作用として付いてきているだけで
 問題の本質、悪の親玉ではないんです。」


質問「スライスって 副作用…なんですか❓」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストが上手く出来ない… は
 インパクトでスイングが終わってしまうような
 未来の『ぶっつけ打ち』につながっていく可能性は
 非常に濃い、と言えます。」

HNさん「そうならないように…回避したいですよね。」

店長「そう思います。
 ハンドファーストの話しと関係するのですけれど
 その発端は フェースを開いてしまう上げ方 に
 起因します。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)





 KKさんの話し で言うと
 以前のテークアウェイ、トップでは
 もっと 右ひじ(右打ち)が外目に張って
 両腕の中に クラブを立てめに上げてたんですね。

 たまに 来店された時、
 少しずつ 右ひじが絞られ始めて・・・
 以前より 大きくフェースが開かれている。

 多少は良いと思うんですけど、
 クラブ自体を 背後に倒すのはまだしも、
 フェースの開き、クラブの開きが大きくなれば
 どうしても それを元に戻す必要が生まれます。」

HNさん「ですよね。」

店長「スイングで言うトコロの
 アーリーリリースとか、アーリーエクステンションとか、
 ダウンスイングにおいて
 右腕を伸ばすことで 左手に対し クラブを振る、と言う行為は
 まあ リリースとも呼ばれてますけど、
 リリースするには 支点の左グリップが止まらない と
 出来ないですから、イコール からだの回転の止まり
 になるんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 事前… テークアウェイやトップ、ダウンスイングで
 フェースを開いていなければ
 その戻しは 特に必要ありませんから
 ハンドファーストに移行できる可能性はありますけれど
 大きく開いていれば そのままでは
 フェースでボールが打てません。
 フェースの閉じ加減が足りなければ スライスにも
 なっちゃいますから、

 そのリリースが ショットの生命線。

 からだの止まり、もしかしたら人によっては
 そのからだの止まりを『左サイドの壁』と言う認識
 の場合もあると思うんですけど、
 止まらなければ リリースが出来ない、甘くなりますから、
 当たりも悪いでしょう。

 クラブを開いて上げる、別な言い方ですと
 手で上げる、左腕だけ動かしてあげる テークアウェイ は
 からだ自体を廻さない…
 肩だけ回す…
 腕だけ動かす… というように
 上半身/胴体をひねる動きが強くなりますから
 年齢が行ってくると かなり苦しくなり、
 どんどん本来の右向きが浅くなり、手だけになります。
 ならざるを得ない。 

 そうなってくると 『ぶっつけ打ち』に到達するコトに…。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







HNさん「その KKさんはどうされたんですか❓」


店長「まずは こすり打ち と つかまえ の違いを説明して
 いま 行っている 肩も含めた、腕でのターンを全部無くし、
 トップで作った 腕とクラブはロック、
 あとは からだの向きに委ねる(ゆだねる)
 右腕が伸びるのは 回転の遠心力であって、
 無理してい 腕とクラブをロックして 届かない分 だけ
 伸ばされればよい というか
 それも 受動的に、からだの回転という
 ヒトツのモーターで行うように考える。


 まあ 直ぐに全部はつながってこない と思いますけど
 一応 説明だけして、
 まずは 開いて上げないコトを重視しましょう、 と。」

HNさん「打撃の主として、腕のリリースで円を描かない、
 描いてはいけない ではなく、
 描かなくても当たる と言う道でしょうか。」


店長「そう思います。
 ハンドファーストの話し であれば
 ハンドファーストのまま 打ち終えても
 ボールに届く、当たる、打てるコトでしょうね。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)







 それらのコトが 掴めてくると
 色々な部分が つながってくる、
 本当の意味で理解出来てくるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分でやってみると こうはなりませんが、
 頭の中のイメージはこんな感じ・・・

 腕も曲げない、肘も曲げない、
 腕、特に右腕を出来るだけ上げ、
 下向きのフェースのまま、クラブは高くなるだけ。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 とりあえず ここが トップオブスイング です。

 無理に、ではないですけど
 右腕上腕を上げる と 右を向く
 を同時進行で行うと
 かなり 深い右向きが体感出来ます。
 自分自身のオリジナルのテークアウェイと比べ
 右腕の曲げ、右肘の曲げ での
 クラブの反転で 如何にからだの回転を奪っているか
 を感じられるのはとても良いと思います。


 えええええ こんなんじゃぁ 打てないよ。
 チカラも入らないよ。

  って思いますよね❓」

質問「はい。」

店長「それで正解です。

〇犯人はコイツ? - frame at 0mトップの位置 で
この位置で クラブを手放す と
位置もアレですが、当然、
クラブはボールよりもずっと手前に落っこちます。

 ちなみに…ですが、
 ヘッドに重さがあるから と言って
 ヘッドから先に落ちるコトはありません。
 離した時の姿勢のまま、地面に落ちます。
 ニュートン先生の教え です😌

 これでは ボールを打てませんので
 クラブを離して 落としたとしても
 ボールのトコロに行くように
 からだの向き〜回転で グリップを移動させて下さい。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s







 インパクトポイントは 単なる通過地点 ですので
 そこで止まるとか、待つとかは ありません。 
 ボールが当たるであろう ポイントを通過させる
 運動を持続させ続けるコトが重要です。

 自分が運動をして移動させられるのは
 接触している グリップ部 だけですので
 ヘッドの動きには意識的には関与してはイケマセン。

フェースが下向き
 ヘッドの重心がシャフトよりもボール側 にあると
 ヘッドの落ちるチカラが
 グリップを前に押すチカラに使えます。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s
〇また ヘッドが落ちて行こうとするチカラ を
 利用して グリップを下げる のではなく
 その力を『グリップを上げる』に利用する意識だと
 より一層 グリップの進行がハカドリます。 


👉そうすると からだの回転は
 動作としても、クラブの動きとしても
 結果として、傍目には円運動に見えますが、
 グリップを移動させるコト、
 その移動速度と移動距離を稼いでいるコト

 が重要であって、
 これはクラブだけでなく、腕も角度運動させているのではなく
 『単に移動させているだけ』と感じる人もいるか と思います。
 
 ✋正解です

 このドリルは色々な面で勉強になると思います。

 そして これはドリルではなく、自分のスイングそのもの
 にすることも可能です。

 基本、からだの向き以外 大きな動きはありません。
 強く振る、強く叩く と言った 腕の感覚は
 非常に希薄だと思います。

 そして コレは意外…真反対に感じると思うんですが、
 ドライバーも含め、全体の飛距離アップにつながっていきます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


悶絶クラブと呼ばれる弊社のクラブのヘッド重量は重い
アイアン(5番)で言うと
 一般的なスチールシャフト装着のモノが 240g前後
 弊社の悶絶アイアンのソレは 320gを楽々超えるので
 30%以上増しと言ったトコロ
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

とは言うモノの 3倍になった訳では無く
市販のモノでも 重量はある、ない訳では無い。

では そのヘッド重量はどう使う、どう利用したら
良いのだろう。
重いヘッド、重くなったヘッドはどう活用したら良いのだろうか…。


シャフト使い にもつながってしまう話なんだけれど
当然と言えば 当然なんだけれど
 ヘッドは自分ではボールを打ってくれない、
 自分では動かないと言ってもいいかもしれない、
あえて 言うとすれば 位置エネルギー〜高さを与えた時、
地面に向かって 落ちようとはするけれど、
ボールを打つのには少なくとも 横移動が必要で
その横移動にとって 重さは負荷 でしかない。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






シャフトがしなって、しなり戻る と言う反発で
あたかも ヘッドがボールを『打ってくれる』
勘違いしている人がいる?かも知れないけれど、
それには その反発を受け止め
グリップの移動を止める と言う人為的行為が必須で、
ヘッドがボールを自発的にボールを打ってくれている
のとは異なる。

ヘッドの重さの使い方 だけに限らないけれど、
例えば トップしたり、スライスしたり、シャンクしたり、
それは 確かに ヘッドとボールの衝突の結果 だから
ヘッドの位置や姿勢、通り道を修正したくなる、
その気持ちは痛い程判るけれど、
クラブが移動している原動力は
 手打ちであれ、からだの回転であれ
打ち手である自分が運動しているからで
 少々、まどろっこしいかも知れないけれど、
その運動によって クラブとの接点であるグリップが移動したから
ヘッドが移動したのであって
ヘッド単体を動かす事は出来ない。

ナニカのミスを修正したいのであれば
トップしないように ヘッド単体を修正するのではなく
トップしないようヘッド姿勢やヘッド軌道になるよう、
グリップを動かすしか方法は無い。

だって 動かすのは自分の運動で のみ可能なのだから。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)






そう考えていくと
ヘッドの重さで動かすべきモノは
グリップであって、
ヘッドの重さでヘッドを動かしては
本来、動かすはずの自分の運動とヘッドの移動が分断
されてしまう。
2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)







ショットにとっての 遅れ で
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに変換可能なので
その遅れは 遅らせたまま 打撃するモノ だけれど
グリップの遅れは ロフトの開き フェースの開きに
なってしまうので 都合が悪い
それを ヘッド重さで補助する、結構 大きな比重で
それを使って グリップの遅れを抑制するコトが出来る
確かに ボールをどかす と言う意味での
 ヘッドの重さの役割は最大のモノ ではあるけれど
コト それを使う打ち手にとっては
 その重さ で グリップ=クラブを動かす
 というのが 最善の利用方法。

 
 ✋ちなみに この文章の
 グリップは左手
 ヘッドは右手
 と変換しても
 その重さの利用と言う点で活用可能です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブの使い方で
 視覚要素で 間違ったイメージしてしまうのが
 インパクト付近、フォロー側での
 クラブのリリース です。
〇見かた山下
 インパクト後、スイング動作は終えなくてはなりませんから
 動作も減速、停止に向かっていきます。
 ところが クラブには 一時の間、運動の慣性が残っているので
 結果、自分を追い越すような動きになります。

 クラブをひきずって というのはありますが、
 そこそこの速度でショットした時、
 『最後』まで それをやってしまうのは
 関節などを痛めやすく、危ない ですから
 どこかでは クラブをリリース、慣性をフリーにします
 しかし、その行為は スイングの終わらせ方 に
 近いモノで 打撃ソノモノではないんですが、
 人間の動作が減速に入っているのもアリ、
 クラブがより高速に動いて見えます。」

質問「クラブを走らせる とか、
 フォローは両手を伸ばして など
 それを促してしまうようなゴルフ用語も沢山ありますね。」

店長「ですね。
 それは おまけ とまでは言わないですけれど
 スイングの終わらせ方、着地の仕方 であって
 『打撃のメイン部分では無い✊』
 そこ大事なトコロなんです
大森201904_Moment(2)
 例えば、ですけれど この画像の状態から
 左を向いてしまえば 良いんですけれど
大森201904_Moment(4) 20200621 編集済み_Moment(8)20200621 編集済み_Moment(7)
 からだを止め、リリースで
 右打ちの人で言うと、右腕を伸ばして
 ヘッド・クラブをボールの方に出す。
 コレって からだを止める、からだを軋ませて
 腕やクラブを振るコトになるので 実際には
 からだにかなりの負担がかかります。
 上下に体を伸ばすような、絞るような感じなりますが、
 その『辛さ』がスイングの、インパクトの目安
 になるので 覚えると ソコから抜けられない。

 クラブを引き摺って からだを左に向ける は
 それに対し、なんの『辛さ』もありませんし、
腕周りの はっきり
imagesとして動作もないですから
ボールをとらえる感触も 当然、曖昧になります。

単に からだを左向けるだけ。

それに慣れてきたら 遠心力に伸ばされる腕に
多少にチカラを加えても良いとは思いますが、
 それを打撃のメインにしてしまうと
 必ず からだの回転は止まりますので
 そのさじ加減はとても重要です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


素振りでいいんですけど
是非 背面万歳振り トライしてみて下さい。

本当に出来ちゃったら 痛めるかもしれないから
おっかなびっくりお願いします。

トップの位置から 右を向いている内に
クラブの重さで グリップの下げ 👉左上腕を下げ
向きはそのまま 背後 に万歳するイメージで・・・・
M20191011suburi_Moment(5)M20191011suburi_Moment(6)M20191011suburi_Moment(7)M20191011suburi_Moment(8)









おそらく その時点でからだは自然に向きを変えます。

ここら辺までは ずっと右向きのまま トップのからだの向きのまま です。
M20191011suburi_Moment(8)M20191011suburi_Moment(9)M20191011suburi_Moment(10)M20191011suburi_Moment(11)









背面万歳 をするには
一ミリでも シャフトを振ったら シャフトを動かした瞬間
出来なくなります。

スローな状態で 体験してみると分かりますが、
左グリップ、クラブを持った左グリップを
右手で押す形 を維持していないと
からだが逃げます。 もしくは 痛めます。

右グリップが左グリップ・左手首を支点に
シャフトを押し始めた時点で からだは開き始めるので
背面に万歳するイメージは消えてしまいます。

グリップを両腕で作った 枠の中で動かさない限り
その枠の外へ出そうとした瞬間 からだは開きます。

ここのイメージはとても大切です。

始めの段階はゆっくり スローモーションで
背面万歳をイメージしましょう。
IMG_0838_MomentIMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





このイメージ
ヘッドは重さとして
グリップ、莨縅咾魏爾欧 ための 重さとして
使うだけにしないとイケマセン。
溜め と言いませんが
クラブのリリースをして クラブを長くしてしまえば
その方向に重さがかかります。

『最終的に どの方向にグリップを送りたいのか
 それを考えて 切り返さないと重さは味方になりません』

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(6)



ヘッドを振って このような円弧を描くイメージを持つと
からだは開き 背面万歳はイメージとしても
不可能になります。

この位の順序で覚えて
初めて 今までのからだを開いて 手で振る
を矯正できるのです。

実際馴染んだ状態で ボールを打ってみる
このイメージを残したままボールを打ってみると

ものすごく 右を向きっぱなし…に見えるか というと
ごくごく普通に見えるのです。

その位 いままで開いて からだのボールの通過と逃し
手で振っている というコトなのです。
それが実感できれば かなりの進歩です。

これで、このイメージでボールが打てるか というと
そうそう簡単ではないです。
多少の慣れは必要です。

ですが、これが出来ない人は
 素振りの時点で出来ないと思います。
厳しい言い方ですが、
スイングの大きな問題は からだと腕をどの順序で使うか
が問題で どう使うか は二の次です。

その時間 にからだの姿勢がどうなっているのか

M20191011suburi_Moment(7)M2019810L!_Moment(7)










それによって 腕の付け根の位置や空間が異なりますから
当然 腕の使い方も変わります。

どちらか『だけ』を治すことで改善するようならば
スイングやショットに悩んでいないでしょう。
全く反対位の動作順序にして
✋ この程度の変化なのです。

頭痛薬をちょっと飲んで 頭痛が治る程度の悩みならば
自分のスイングを良くも悪くも熟成させるしか方法はありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



素振りでも、スイングでも 重さを感じて振りなさい
というのがあるのですが、
大いなる勘違いを起こしやすいので その点をちょっと✋
katate_Moment
スイング中の遠心力 というのは
クラブで言うと グリップからヘッド方向に
外へ外へと膨らもうとするチカラです。

手にも、クラブのグリップにも油をたっぷり付けて
素振りをしたら 練習場なら
テークバックで後ろにすっ飛ぶか
ダウンスイングなら前の打席の人に飛んで行ったり
インパクトまで耐えられても 自分から遠ざかる方向に
飛ぶわけですよね。

当たり前ですが ゴルフクラブは
 先端、遠いところに重さの付いた長い棒 です。
わざと重さを感じようとした時、
遠心力を作ってしまったのでは
単なる握力との戦いですし、
遠心力はスイングの進行の方向、ベクトルに対しては
常に 90度違う方向にかかります。
(ヘッド3
まず 重さを感じて欲しい と 同時に考えて欲しいのは
 これから動いていきたい方向
 これから動かしていきたい方向
ベクトルです。
重さは自分に都合の良いベクトルに使わないと
単なる重さ、負荷、邪魔になってしまいます。

テークアウェイでは重力に逆らいますから
利用するという意味とは遠いかも知れませんが
これからショットに入る、トップや切り返し
ここが「望む場所」に行かないと 芳しくありません。

スイングで言うところの「力む」なんていうのは
想定以上に クラブが重くなる
・・・つまり 自分のこれから動きたい、動かしたい方向と
その重さの方向にギャップがあるから
「りきまざる」を得ないから 力むのであって
安直に「力むな」って言われても 無責任です。
力まないと打てないから力んでいるんですから…。

そのクラブの重さの方向と自分の運動の方向
それが出来るだけに通っていた方がベターな訳です。

ですので 重力に逆らうテークアウェイでは
どの道重い、重力に逆らってる訳ですから
その重さを感じ取り
🔴グリップとヘッドの位置関係
🔴フェースの向き
を確認するのに 重さを使うと良いでしょう。

ここでダメダメ なのは
テークバックで重さを使うから と言って
動き出しのきっかけだけ作って
遠心力で手抜きをして クラブを上げるのは最悪です。
当たり前ですが、無造作にクラブの遠心力に任せると
クラブには『不必要な』遠心力が発生します。
重くなります。
IMG703

そうなると 人間はグリップをしっかり握って
位置を固定するようになるので
どんどんヘッドだけが動き、しまいには
クラブが倒れ(寝てしまい) 振り遅れ、手遅れのスタンバイ
になってしまいます。

トップ・切り返し というボールを打つのに大切なポイント
を創り出すために テークバックは取るのであって
動きの勢い を創り出すのは避けましょう。

トップ・切り返しでは
クラブの重さが より自分の動きたい方向
動かしたい方向にマッチしている位置取り、姿勢
が欲しいです。
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)
自分の動きたい方向、動かした方向と
クラブの重さのかかる方向 がマッチしていれば
クラブの重さ感は「無い」ということ。
クラブは軽く感じる、まるで無いように感じる

というコトなのです。


クラブの重さを感じろ といって
本当にクラブが重くなるようにスイングしたら
その重さは そのまんま スイングの負荷 スイングの抵抗 です。
重さを利用して 自分がその重さで
より動きやすい、そういう重さの使い方をすれば
重さは感じない、 そこ、勘違いしていませんか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「テークアウェイを取らないドリルでは
 ,泙此.哀螢奪廚前に出て ハンドファーストを造る
 ここから 始まる訳ですが…。」


店長「そうですね。良い着眼点です。
 アプローチに限らず、通常のショットでもそうですが
 それが トップオブスイングでの切り返し と
 考えて良いと思います。

 このドリルに テークアウェイを加えた…ならば
 切り返し時に ヘッドの自然な居残りが出来る
 無理な動きで ヘッドレイトを造るのはダメですが、

 自分は進む〜向きを変える、
 👉ほんのちょっと ヘッドは居残る、
 そう言う感じです。

 特に悶絶クラブでは そのヘッドの居残りは
 非常に分かり易い、はっきり表れます。
 非常に大きな特徴、メリットと言えます。
 ココは市販の硬いシャフトは不利でしょうね。
   … まあ…  それはさておき・・・


 それを 右手で『咥えてたまま』
 👉あとは向きを変える。
 そんな感じですね。
〇左向け左 - frame at 0m2s
 アプローチに限らず、ショット全般において
 トップオブスイング〜切り返しは
 からだにとっては 打つ為の助走の入り、ですが、
 腕にとっては インパクトの形 と考えて良いと思います。」

質問「ボールの位置が…。」

店長「そうですね。
 アドレス時に比べると
 ハンドファーストになって 腕とクラブが
 く の字になっている分、短くなり
 普通のボールの位置だと 届かない…。

 ボールの位置を やや右寄りにする、
 というよりも
 通常のショットのボールと自分の関係は変えず
 自分が その場で オープンスタンス、
 左向きにスタンスを変え、
 ボールと自分との位置関係を変えてあげる
 結果として 中めに入れてあげる・・・
 そんな感じが良いと思います。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47










 アプローチの場合では
 やや オープンスタンスを取る、
オープンスタンスを利用して ボールを中めに寄せる

 テークアウェイ始動時のクラブを動かす方向が
 限定され易いので 決まった動かしになり易い という
 ポイントも付いてきます。


 その量、度合いは打ちながら、練習しながら
 覚えていくコトに
なるとは思いますが…。」

 質問「今までの 振り子式、
 ヘッドを前に出すモノに比べると
 断然、ボールの出る方向が安定します。」

〇支部 昼連物語
店長「ですです。断然、違います。
 からだの回転でグリップが移動し、
 それによって 動いたヘッドの方向にボールは出ます。
 振り子式だと ロフトの変化、立体的なフェース面の変化が
 激しい分、ボールはばらけます。


 そうですね。ここでもう一つ覚えて頂きたい のは
 アプローチでは 運動が少ない、遅いですので
 シャフトへのヘッドの重さの負荷が少なく、
 トゥダウンの量が多くありません。

 ロフトの立ったクラブでは問題ないですが
 ロフト45度を超えるような ピッチングウエッジ以下のクラブは
 ロフトとライ角度の複合体であるフェースが
 トゥダウンが少ないので左を向き易い

 思っている以上に 左に飛び出し易い ですので
〇『立体的な』フェース面を 目標に向けておく
 👉リーディングエッジで言えば やや開いておく方が
 良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✅もっこ〇君の脱「右を向いている内に」

〇熊モッコ

ブログ後にまだ打ってはいませんが

内容を読んで頭の中で整理が出来つつあり、

感覚でも徐々にイメージ変化が動き出しつつある感じがしています。

上体の捻れないとまあシンプル化しますね。そのイメージは湧いてきました。

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









正直、現在のスイングの形からは肩と下半身が同調すると、

グリップやヘッドの落ちが遅い可能性があり、

最初は余計にスライスが強まる感覚は、

イメージ上ではどうしてもまだ残ってしまいます。

ドリルをやって、そのイメージ払しょくへ進撃します!


✅もっこ〇君のあなたのからだはどれですか❓

〇1769ps(p)

あおむけに寝て、立て膝、の状態で、

足、腰(骨盤)、肩の連動を確認したりしてます。

 

膝を左右に倒す:腰も肩もついて来ない。

(骨盤)を左右に倒す(尻を回す) (足裏の補助は入る)

:膝も肩もついて来る。

肩を左右に倒す

:肩を倒そうとするだけでなかなか大変。

腰も足もついて来ない。

足裏で蹴って左右に倒す:腰も肩もスライドはすれども、回りはしない。

 

結果として(以下立って確認)

回転方向(の先頭)にある尻の重量を使い(右回りは右尻、左回りは左尻)

(骨盤)を回すのが一番簡単そう?ではあります。

 

尻を回せ、ですね(笑)


✅もっこ〇君のからだが開いてる❓

〇熊モッコ

捩じるから遅れる。 なるほど

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s

 そうだ、すべて捩じっていたのかも!

 頭の感覚も捻じらず、どう体に伝えるか、

そうすれば打撃インパクトも伝導インパクトも直ぐなんでしょうね。


✅もっこ〇君の途中下車

〇ハミングバード教団長崎支部

昨日 「一気に左を向く」で 打ちっ放し 練習へ。

クラブは 7W

 

最初は 十分に届かず トップ。

トップと言えども フェース下部には 当たっている。

 

「一気に左を向く」が 未だ不完全なのか

 と思いながら 打ち続けていると 当たる様になり

狙い点へ向かって 飛び始め、徐々に いい感じ。

 

飛び方が これまでと 変わった様です。

 

Dr に 持ち替え。

 

明らかに 飛び方が変わっています。1番手ほど 飛んでいます。

 

悶絶度を増した PS SW アプローチショットも

かなり いい感じで 今までとは違っている様な・・・

 今週のラウンドで早速 トライします。

 

なお、グリップの進め方 を ある程度習得しておいた方が良いと

 思った次第です。早く回る為にも、ゆっくり回る為にも。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはその構造上、
スイングの動作中 その重さは数キロ〜十数キロ にもなります。
クラブを放り投げる訳にはイキマセンが、
その重さと年がら年中戦っていては
風や傾斜の伴う 実践のコースでは上手く行きません。

その重さを味方にするのと、その重さと闘うのでは
かなりの違いになるでしょう。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット







スイングは 前傾して始める ので
グリップとヘッドの関係で ヘッドの方が下に感じますが、
実際には グリップ方がヘッドよりも高い位置関係にあり、
テークアウェイしていくと その位置関係が強調されるに過ぎません。
決して 腕の作業によって
ヘッドとグリップの上下関係が反転するのではありません。
BlogPaintlesson 2009_10_31







傍目に 上下が反転して見えるのは
体が回転するからであって 腕の作業ではないのです。

ダウンスイングであっても

ヘッドの方が グリップよりも低い「位置関係」にはしないのです。

グリップの方が低く ヘッドの方が高い 相対関係である
スナップショット 4 (2013-10-05 11-49)スナップショット 1 (2013-10-05 12-08)
トップオブスイングで クラブを離すと
当然! ヘッドでは無く グリップの方が地面に先に到達します。
何度やっても! どこでやっても! です。
ヘッドの方が先に地面に達することはありえません。

傍目に ヘッドとグリップの上下関係が反転して見えるのは
体が回転するからであって、腕の作業ではない
 のです。

ヘッドの重さを使って グリップを下げてあげれば クラブ全体が下がり易く
かつ ダウンスイングの動作の進行もスムーズになりますが、
ヘッドの重さを使って ヘッド自身を下げようとすると
それ以外の動きは 止める必要が生まれてしまいますし
無駄に下にかかる不可抗力を どこかで相殺しなくてはなりません。

折角 トップ付近で クラブ全体の重さがグリップを下方向に
打撃方向に掛かっているのですから
それを利用しない手はありません。
その方が 「断然!」 楽ちん です。

スイングのメカニズムを理解しておく必要もありますが、
クラブと、重さと格闘するスイングでは
現場、コースへ出た時 の精度、再現性に大きな差が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「打つ前の『イメージ』として
 ボールを打つ、インパクトって
 どこら辺で、クラブはどんな感じ だと思います❓」

Yさん「アドレスの再現ですか❓」
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)
店長「とすると ここら辺ですか❓」

Yさん「ですかねぇ…。」

店長「結果、としては悪くないんですけど
 事前のイメージとしては 中過ぎます。
IMG_1632_Moment
 これは 右打ちの場合ですが、
 もっと 左でも良いかも知れません。
 イメージですけどね。

 グリップエンドや左グリップでは無く
 右グリップがはっきりと ボールを追い越した辺り、
 そこら辺が インパクトの箇所 です。」

Yさん「滅茶苦茶 前…、左ですねー。」

店長「はい。 このイメージで やっと
 かすかに ハンドファーストになる感じ
 と言えば良いでしょうか。
snap-lock_Momentsnap-lock_Moment(2)snap-lock_Moment(3)snap-lock_Moment(5)
 ですので 切り返しで
 からだが回転、向きを変えた時、
 左腕を置いてくる暇はないんです。
 どんどん 進んでくれないと困ります。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 また、縦であっても、横であっても
 クラブ自体に円を描かせると グリップの進行が滞ります。
 逆に言うと、左腕を遅らせるのって
 円を描くことが前提の可能性も否めません。

 両手を離して クラブを持って
 シャドースイングすると良いかも知れません。
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
 イメージですけれど
 トップの位置から、切り返しから
 右の手のひらは ボールよりも50儖盟亜
 右打ちの 左足よりも前辺りをゴールにするイメージです。

 右の手のひらは 地面に向けるのですが。。。

 この場合、離して握っている 左グリップを
 どんどん先に送るコトが主目的
で✋
 その結果、右の手のひらは地面を向いている
 と言う感じです。

 左腕は 腕単体では動かせない、動かし切れない、
 意識としては動かす意識を持っても良いかも知れませんが、
 からだの向きでしか 大きくは動けません。
 それでも クラブや腕の重さは重いですから
 それを助けてあげるのが 右手の役割 です。
 フェースを上に向けてしまっては 右手も死んでしまいます。
 ヘッドの重さも シャフトの動きも死んじゃいます。

at 0m8s
手作業としては 多くは無いのですが、
手でフルスイングに比べると
非常に 近回り、からだの近くを移動させるので
 時間がありません。
右の手のひらは どんどん下を向いて行かないと…、
横を向いて、よく有る
スイング軌道を撫でて来るような暇はないんです。」
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



牽引ロープ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


店長「ものすごく昔に記事にした気がするのですが、
 自分のからだ と ヘッドの関係は
 牽引する車にとても似ています。」

Yさん「牽引する車❓」

店長「現代では そういう事態はとても少ないと思うんですけれど、
 まあ 脱線しますが、
 余計な知識として知っておくと良いかも…です。

 牽引する場合ですね、
 出来れば 牽引用の伸び縮みするロープがベターです。
 無ければ かなり強いロープやワイヤーになりますけど…
 伸び縮みするロープの方が
 引く人、引かれる人 双方に衝撃が少ないですね。
kenin-rope
 走行中は勿論ですけれど
 停止時、ロープはある程度 張った状態になるよう、
 基本、アクセルは引く人が踏みます(勿論、壊れているでしょうから)が、
 ブレーキは引く方では無く、引かれる人のみが使います。
 ブレーキが作動するならば…ですけれど。
 そう言う意味では 前の車が大き過ぎると 前方の視認性が悪くて怖いです。
 
 引かれる後ろの車がブレーキを使って
 常時、ロープを張った状態を維持していないと
 ロープが切れる可能性が高くなります。
 後方のクルマに対する ブレーキの点灯もありますしね。

 ✋ゴルフで考えると ヘッドの動きは
 自分のからだに対する ブレーキにしかなり得ない のです。

 また 引く方のクルマは大回り気味にして、
 引かれる方のクルマは 許せる限り、
 カーブの内側を小回りするようにする必要があります。
 引かれる車が 大回りしてしまうと…
 😵ゴルフスイングでありがち なんですけれど…
 前の車がそれによって 外に引っ張られるので
 かなり 操作性が悪くなり、
 【大回り】の度合いにもよるんですけれど
 ブレーキをかけているのと同じように
 引いている前の車が 前に進めなくなり、

 最悪の場合、横転ナンテコトになりかねません。
スクリーンショット 2023-04-23 202551
 引く方・引かれる方の息が合っていると
 牽引していることが 周りに分らず、
 間に入ってこようとする車も出てきたり…、
 たまには 牽引らしく 尺取り虫しても良いかも…。
16145

 引かれている車 は 自走出来ない、
 自分で進めないのですから
 それは ゴルフにおける ヘッドと同じです。
 出力である 自分のからだの向きを邪魔しない、
 無駄に負荷をかけない為にも
 出力分しか動かさない、
 カーブは出来るだけ小回りする

 ゴルフスイングにとても似ていると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「用品としての パターの命は
 引き易さ、動かし『出し』易さ だと思います。

 思いっきり手前味噌なんですけれど 
 L型ブリストルパターは かなり多くの方の
 パッティングが嫌い、苦手を解消した と思います。

 引き続き、手前味噌ですけれど
 ブリストルパターではイップスには成れない んです。」

質問「分かる気がします。」

店長「弊社のパター二種は あ、スピンオフ版もありますけれど
 ヘッド重量が強烈に重たい。 480gと520gです。」
IMG_1364
質問「ですね。」

店長「コレって 一般的な320gとか、330gのヘッド重量のパターと
 交互に打ち比べてみると 初めて分かるんですが、

 重いヘッドのパターだと
 グリップ』を動かそうとします
 ヘッドを直接ではなく、グリップを動かす、移動させるコトで
 特に、初動をスタートさせようとします。

 ところが…🙄🙄🙄
 軽いヘッドのパターは グリップを動かし難い。
 ヘッドが軽いから、ま、比較論ですけど、
 ヘッドが動いちゃうのか、動かしたくなっちゃうのか、
 兎も角、グリップが動かせないんですよ。
 打ち比べるとよく分かりますよ😵😵

 パターの苦手…とか、イップスって 実はソコなんです。

 ショットもそうですけれど、
 人間が関与しているのは グリップ です。
 手であっても、からだであっても
 グリップを動かさなきゃ始まらない
 でも パッティング不調や不振になると
 『兎も角、ヘッドを動かさなきゃ』って思うのに
 肝心のグリップが動かないので ヘッドが動かない、
 ヘッドだけ ぴょっと動かすと 良い感じのラインに乗らない。

 それが ブリストルパターは無いんです。
 ✊絶対 グリップが動きます。

 そして 視覚的にヘッドをどっちへ動かすか、
 かなりはっきりしたガイドが入ってます。
 迷わず 引ける んですね。
2595cdb2
 パッティングって 勢いで何とかする って言うのが
 通用しません。
 速さで解決できない。
 どんなストロークにしても 自分自身はジッとしています。

 感覚的なモノの割合が殆ど です。

 ですので あたかも 自分が機械、
 パッティングマシーンになって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す みたいなデザインは
 ヘッドの軽さも伴って
 一番大切な『感覚』を捨てなくちゃならない。

スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)
あのグリーン上で 突然、『ロボットになれ』って
パターに言われるんですよ。

335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 いつまで経っても パター苦手は解消しない です。


 良いパターって あんまり何も考えず
 ストロークも自分の繰り返せる 好きなような動かし方で
 子供みたいに ポンッ って打つのが一番良いと思います。

 よっぽど ポテトチップみたいなグリーンでない限り
 ラインなんて 自分で造れる みたいな感じで
 良いと思うんですね。
 距離が合って 寄ればいいんですから

 そう言うのを具現化したのが ブリストルパターで、
 ハミングバードなりに
 ピン型を極力シンプルに、迷いを生ませない
 そうアレンジしたのがデール9 です。

 ですので今度は 半マレットとL型のハイブリッド、
 その ハミングバードなりの完成型を目指しています。
IMG_0511IMG_0507






 特に マレットは欠点いっぱいなので
 自分なりに考えた その修正された 理想的なモノを
 造りたいと思っています。」

質問「楽しみです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「多くの方は…たぶん…ですね、
 からだの回転で打つ のは悪いコトじゃない
 手で振っちゃ芳しくない とは思ってると
 思うんですね。 」

質問「思っていますね。
 もう なんだか心理的圧力に近いモノがあります。」


店長「手で振っても 問題がなければ 好きにしていいんですよ。
 別にゴルフは スイングの品評会ではないんですから😊

 まあ 正直なところ 手で振っても上手く行くのは
 若い方か、腕力の有る方に限られちゃいますけどね。
 歳とってくると結構、苦しい…。」

質問「分かります…。」
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s






店長「でもね、からだで振ると
 チカラの有る 右手の使うトコロ が無い って言うか
 『右手の手持ち無沙汰感』がぬぐえ無い んじゃないか
 って思うんです。
katate_Moment
 グリップを進めましょう。
 そうなると 右打ちの人の場合、
 左腕で降ろすか、
 からだを廻すか、そのいずれか。

 じゃあ 右手はイツ使うんですか❓ って

 右手は使わないんですか❓ って。」

質問「なんだか 右手で打つ、右手で叩くのって
 悪いことのような印象がありますね。
 右手を使っちゃイカン✋ みたいな…。」

katate_Moment
店長「😊それじゃあ 右打ちしてる意味ないでしょう。
 切り返してから
 上から見ると 反時計回りの動きになりますけど
 この時 左腕って無力に近いですね。
 脱力してるって訳じゃないでしょうけど。
 クラブの重さを支えて
 からだの向き通りに移動するのが一杯一杯🤓🤓

 切り返し、ダウンスイング以降の左腕って
 からだの一部になります。
 その時の 左腕は イコール からだの向き です。
 左腕単体を動かすのは からだの向きでしか難しいでしょう。

 そこで必要になるのが 右手 です。
 このドリルであっても
 グリップを進ませるのは 基本、からだの向き です。
 力の弱い 左腕・左手で グリップの進ませるのは
 無理とまで言いませんが、結構、辛い。

 からだの回転 であったとしても
 クラブの重さ、腕の重さ、
 テークアウェイでの慣性も残ってますから
 かなりの重さ です。

 ここで グリップを進めるのは右手の仕事 です。
 切り返し と言う時期では
 方向はやや下向きになるのかも知れませんが
 スイングの流れに沿って でしょうか。

 このタイミングで 右手を使わないから
 クラブや腕の重さで クラブが寝たり、
 その重さで右サイドが下がってしまう、
 そして それでは十分力強くインパクト出来ないから
 あとから からだの、左サイドの、グリップの進行を止めて
 右手で叩くってコトになる訳です。

 切り返したら 右手でグリップを先に進ませる。
 右手を伸ばすことで グリップの進行を助ける、

 と言う方が良いのかも知れませんが、
 私個人は 右手主体のイメージは強い です。

 タイミングとしては
 心の中では 右手が先行。
 でも 重さもありますし、見た目や結果論では
 からだの回転、左腕の進行の方が先に見えるでしょう。
 でも 右手が先『気分』
5a0eeaec
 右手、右腕を伸ばし始めるが先 で
 あとは 後発のからだの回転との追いかけっこ です。
 右手には追いつかれたくない、
 せめて 打ち終わるまでは からだの回転で逃げ続けたい。
 そう言うイメージです。

IMG_0799
 右手の話しで注意点は一箇所。
 右手が、右腕が伸びて グリップを先に行かせるんで
 右手でシャフトを押すんじゃない。
 クラブを持った左手を押す感じになるでしょう。
 手で言うと掌底って言えば良いのでしょうか、
 トップの位置では 左グリップにかぶっている部分を押す。
 決して 指先側ではないですね。
 ここで シャフトの方を押したら…
 クラブ自身が回転しちゃいますから
 それではクラブが長くなって、重くなってしまうし、
 ヘッドの道のりも増えてしまう…
  🙄インパクトに間に合わない。
ダウンスイング〜左上腕_Moment(3)
 右グリップの方が 左グリップよりも
 からだに近い時期が右手を使う機会で
 左グリップよりも外になったら
 もう 右手を使う機会を失っています。
 そのタイミングで無いと クラブの重さが利用出来ない

 からだを廻して から 右手 ではなく
 右手を使い始めてから からだを廻す
 と言うイメージです。

 ここって 握り方のグリップが問題になって来るかも⁈」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Pin型デール9/L型ブリストルパターの最大の特徴は
そのヘッド重量にあります。
市販の平均的なパターのヘッド重量は300〜330
 Pin型デール9の  ヘッド重量は520g
L型ブリストルパターの
ヘッド重量は480
749d4652

このヘッド重量を活かすのには...
まあ これは普通のパターでもそうなんですけどね

パターヘッドを真っ直ぐ動かす
という事を勘違いしないことだと思います。

ショットやアプローチも同じですが、
一番大切なことは 希望の距離を打つ⇒距離感です
一定した距離を打ち続ける
という事の基本は 同じロフトで打てるようにする
という事です。
IMG_0129
パターストロークでいうところ
アドレスした目線(上から)で パターヘッドを
真っ直ぐ動かすことが重要ではありません。

IMG_0130

このラインから見た時
パターが「出来るだけ」真っ直ぐ
まあ やや斜め上からのラインになる感じですが
この パターヘッドを横から見たラインで
出来るだけ「円」を描かないように
パターヘッドを動かすことが肝心です。

それをするために
第2のこのパターの特徴を利用するべきです。
このパターは市販の平均的なパターに比べると
異様に「シャフトが柔らかく」なっています。
スチールの装着された市販のパターの平均的シャフトの硬さは
 振動数300cpm オーバーです。
Pin型デール9・L型ブリストルの振動数は 170cp170cpm以下 です。
bf312f18

多くのゴルファーが勘違いしている
シャフトのしなりでヘッドを弾く(ボールを弾く)
と言う使い方では このシャフトの柔らかさは
より弾きやすく、同時にヘッドがより円を描きやすく
ロフトが一定して打つことがし難くなります。

ゴルフクラブの使い方の基本は
グリップを移動させることです。
そして その結果、でヘッドを移動させる ことです。
シャフトの役割は ヘッドの重さ、その形状によって
グリップを動かすことにあります。
L字パター修正図面 (002)

ヘッドの重さでグリップを動かす
ヘッドを出来るだけ地面に平行、もしくは
横から見たヘッドの状態で直線に動かす
と言う意識をすると
Pin型デール9・L型ブリストルパターの良さは発揮されると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「逆に言うと ですね、
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s









 縦横 この赤い線よりも先の
 ボールをとらえるトコロ
 この線より ボール側、下側に振る部分、
 ココを 曲がった腕の伸ばし、リリース
 180度振るトコロを自分のショットの心臓部
 にしているんじゃありません❓❓
 ボールの方にヘッドを出す、だけでなく
 リリースで 下に振る部分も、です。」

質問「はい……。」

店長「うーーーーむ… って感じです。
 肝心要の部分が 意識的に手で振っている訳ですから
 ソコは残したいけど からだ回転で打ちたい は
 ミステリーゾーンの世界でw 不可能かもしれません。」
(イメージスイング
店長「よく聞かれる~言われるんですけど、
固定はしてないですけど
半ば半固定のような腕とクラブの状態で
からだの回転でボールを当てる、拾う、打つ ので
ソコを 手さばきで行うよりも
当然、感触は薄い です。
インパクトも ボヤッとした感じになります。

 インパクトの箇所、場所、時機もボヤッとしています。
 手さばきの方は 『インパクトはココだ!』 って感じが
 強いのでは無いか と思いますが、その感じ よく分かりません。

 ハンドリリースは ヘッドやクラブをフリーにするので
 ソレがボールという負荷・重さに当たれば
 その衝撃は結構なモノになると思います。」
002001







店長「想像して頂きたいんですが
 同じボールをとらえるにしても
〇クラブは固定して からだの回転でスライドして当てる のと
〇腕さばきで 回転させて打つ 
のでは
 衝撃の受け方も同じになりません。」

質問「でしょうね…。」
MVI_0581_Moment(5)MVI_0581_Moment(4)




店長「右打ちの人ですが、右腕を伸ばした時、右腕が伸ばされた時、
〇クラブ・シャフトを押してしまっているのか、
〇クラブを握った左グリップを押しているのか、

 実際、押しているか/押されているか
 どうかは微妙ですけれど
 結果として そう言う風な形になる。
 
 その差 と言ってもよく、
 自分でトライしてみると分かって来るかも知れませんが、
 当然、それによって グリップの関係、
 左右のグリップの密着度も変わって来ます。
 そこも 必然なんですね。

 ですので テークアウェイも完璧、トップもOK、
 ダウンスイングの半分まではOK
 であっても 肝心要の インパクトに入るリリース、
 腕を伸ばす で クラブをどうするのか
 で スイングの全体像は決まってしまう と言えます。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
 これは からだの回転で打てている人も
 スランプというか、不調に陥る大きな原因の一つで
 からだの回転そのものが足りない からなのか、
 リリースでクラブを振ってしまう、この場合は出してしまう、
 からなのか は場面や人によって異なりますけれど
 ものすごく簡単に 手振り の世界に足を踏み入れてしまいます。

 で、それはだいたいの場合、グリップに表れたり します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今は 訓練中ではありますけれど
 このお二人は その部分をトライされています。」



店長「昔から言ってはいるんですけれど
 右打ちですが 右腕を伸ばす、まあ 伸ばされるが理想ですが、
 左手を押す というか、
 腕が短くなっていると グリップの通る軌道は小さいですよね❓
 ✋ヘッドの軌道じゃないですよ。
 その軌道を 出来るだけ大きくする為、
 そして からだの回転の流れ(時間進行)から外れない為、
 右手を使っている のであって

 右手を伸ばすことで クラブを押してしまう、
 シャフトを廻してしまう、ヘッドを振ってしまう、
 まあ そうなると『ガチッとグリップした左手』が支点となって
 右腕のさばきだけでクラブを回転させるコト になってしまうので
 スイングの中の 回転 は それで終わり、
 からだの回転は スイングっぽく見せるための飾り
 になってしまいます。

 からだの回転に 動作としての役割が薄い ですので
 疲れてきたり、面倒になって来たりすると
 省かれてしまうのは当然ですし、
 打つコトの主エンジンじゃあないですから
 スイングとして身につかないのも 致し方ないですね。」

質問「・・・・ なるほど・・・・。」

店長「アバウトですけれど このポジジョンのまま
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m(イメージスイング
(イメージスイン







 からだを廻していく、
 腕は自然に伸びて グリップの描く弧が大きくなる、
 となると
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)インパクト前のクラブは
引きずるような、ヘッドは重たいですからね、
引きずられるような スライドして
インパクトに入ってくるわけです。

 それに比べると 右腕を伸ばすことで
413ヘッドをボールの方に出してしまう方は
クラブ半径の円を描いてしまうので
スライドして入ってくるモノに比べると
大きな弧。。。。 外から入ってくるコトになります。

 👉コレを 本来の意味での
 『アウトサイドから〜外から入ってくる』と言います。


 ですので ハンドリリースで 円弧を描いてしまう、
 その軌道そのものが 見た目として
 インから入ってこようが、そのまんま アウトから入ってこようが
 ハンドリリースで インパクト前に円弧を描いてしまうモノ
 それを 『アウトサイドから』 と言うんです。
445
 繰り返しになりますが、ハンドリリースで
 円弧を描いてしまっているモノを
 見た目、軌道として ボールの手前(自分側)から入れて来ても
 基本的な 問題の解決にはならないのです。」

質問「見た目の軌道じゃあ ないんですね?」


店長「はい。

 別な要素も入り込んでくるのですが、
 スライドして、引きずって からだの向きで入ってくる方は
 その言葉の通り からだの向きで入って来ますが、
 途中から 腕さばきで クラブを、ヘッドを、ボールの方に
 出してしまう ハンドリリースは前者に比べると
 その時機、タイミングが遅くなります。
 ハンドリリースはその特性上、からだの向き、リリースと
 順序が必要になるから、です。
 故に 全体の見た目としても
 『アウトサイドから』『アウトサイドイン』になり易いですが、
 本質的な問題としては
 その見た目の軌道は その方法に振った✋に過ぎず
 問題なのは 不要な『膨らみ』を造ってしまうコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ