◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブの基本構造・メカニズム

先日のラウンド報告

 

スコアとしては 4ヶ月ぶりラウンドにしては大満足。

前後半共にパー発進するも8だの 9も有るドタバタ。

(元凶は、アイアンが以前より飛びすぎた事に起因するトラブル)

NSAJ17

何より変わったのが、ドライバー飛距離ですが平均で15ヤード程度伸びたかと。

あと、打音が一段デカくなりました。(けっこうビックリしますね)


そして困るのが、ボールが消える現象。

10ヤード以上伸びるってそういう事かな?って

思ったのがショットして目をやれば打球を追えたはずの空間に球が無い。

つまり初速アップでその先をすでに飛んでるんですよね?

何度も見失い、でも良いところに落ちてる。

後半少しずつ目が追いついて来ました。


ドライバー23発、

ボール位置ミスにより盛大にミスヒット有り、

その後修正出来た。ひさしぶりなのに出来すぎショット多し。


今まで飛距離勝ったり負けたりの人を

常にオーバードライブ出来ました。

その方は負けじと普段より振り回して自滅してくれました。


前回ご報告した様な「ナイスショットで右にかっ飛んで行く」事も無く

向きと球の位置の重要性を体感しました。

NSAJ 1

5W、一度だけの出番でしたが、活躍。

4UT&5UTコンビ、殊勲賞。ものすごく助けられました。

アイアンブラザーズ、8番大活躍。

飛距離が伸びて飛びすぎてしまう場面有り。

次回クラブ選択適正化でリベンジ。


ウェッジ三兄弟、練習の成果が最も出たクラブかもです。

トップとダフリは無かった。

単純な飛距離ミスのみで、打ち過ぎと不足が両方有った。


パターは、あまり見せ場が有りませんでした。

まだよく分かって無い感じです。


ひさしぶりの現場でしたが、

一月とは別次元のスイングが出来ていた実感が有りました。

今回のクラブで実感したのが、

やはり柔らかい方が圧倒的に打ちやすいしスイングが進化しますね。


※オマケ

父が「一回そのドライバー打たせてくれ」と

ラウンド中に言ってきたので貸しました。

素振りしながら「なるほど、タイミング合わせてしなり戻りで打つんだな」

言うので、改めて確認するとヘッドが重いのと柔らかいので

野澤さんのおっしゃる

「振り遅れスイングの傾向がいつも父より大きい」です。

いつもの父のスイングより正面でクラブが降りてくるのを待ってます。

(飛ばないなこりゃ)と思ったら感覚が鋭いのか
見事に打ちまして、まあまあ飛んでました。

ミスショットになる人は見たことあるけど、

こういうパターンは初めてだったのでご報告でした。

240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

本当に素晴らしいクラブをありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋弊社取り扱い品であれば
SYB EZ-05 〜ドライバー
SYB EZ-915 〜フェアウェイウッド・ユーティリティ
  をお使いのお客さま江

  また、他社製品のモノであっても 同じだと思います。
✅ロフト角度やライ角度、フェース角度などを調整する治具
IMG_1168
付属のレンチが付いていると思いますが、
調整し終わり、固定する時、
その 治具によって ヘッド側のネジを締めます。

✋このレンチには トルクレンチ機能を付いており
ネジを締め付ける場合、ある一定のチカラ以上が掛かると
空回りするようになっており、
   最後に

  
『ガッキーーーーン』

   かなり大きな音がします。

ですので 思いっきり締めて下さい✊』


初めてでは かなり怖い位、
壊れちゃう?位の強さで締めて下さい。
トルクレンチ機構が働きますので大丈夫です。

『かなり強い力』です。 
 ビックリするほど締めます。
EZ055
トルクレンチ機構が働く前の状態で
使ってしまいますと 緩んでしまい、
外れてしまう可能性があります。


 ✋一度、ご確認下さい。


EZ05
 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい
 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください
 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「発展系△任后

 トップの位置では 
 『グリップよりもヘッドの方が高い』ですよね❓」

質問「 はい。」

07cc3447
店長「では ダウンスイング で
 今度は インパクトって 視覚的には
 『グリップよりもヘッドの方が低く』なりますよね❓」

質問「ですね🙄」

店長「ソレって そうなるのを 待ってます❓
 それとも そうなるようにしています❓


質問「昔はそうしていましたが、
 今は 意図的にはしていません。
 とは言え その時が来るのを待っている と
 言えなくもありません。」

会田20210701_Moment(2)
店長「なるほど。

 では ゆっくりドリルの延長線上で
 スイングトップは最大の位置、フル。
 スイングスピードは 8番アイアンで30ヤード程度転がす
 ほどの感じで フォロー、フィニッシュは大きく取る、
 スイング中の加速は出来るだけ無し、等速のイメージで
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 トップの位置で高くなったヘッドが
 グリップの位置と同じ高さになるタイミングに
 クラブの長さ分 グリップがボールよりも先に行く。


✋その ヘッドが グリップの位置と同じ高さになる
 そこがインパクト(タイミング) です。

質問「え⁈」

店長「インパクトは イメージですが、
 ヘッドがグリップと同じ高さになる箇所、タイミング です。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m33s
 そのタイミングで ボールに触れるには
 クラブの長さ分 グリップが先に行っているイメージ
 で無いと ボールに触れません。」


 〜⏳〜⌛〜 loading 〜⏳〜⌛〜


質問「当たるんですね。」

店長「当たりますよ。

 あくまでもイメージですけど
 そこが 正規のインパクトタイミングポイント なんですから。」

質問「うわ、そう考えると
 ヘッドが下がる、グリップよりも低くなる のを
 待っていた のがよく分かりますね。

 昔は それを意図的に作っていた。」


店長「はい。

 ヘッドがたくさん動いていますから
 グリップの移動、進行が妨げられ
 その分、ヘッドの方が低くなってから
 右打ちで言うのなら 後ろにある右手を使って
 本来のグリップの移動分、ヘッドを振るコトになる。

 それが慣れちゃうと
 そうする為に その時間を確保するようになる。

 だいたいの場合の 手打ちへの道筋 ですね。
IMG_0484
 ところが ヘッドがグリップと同じ高さ
 シャフトが地面に垂直になるのではなく
 地面と平行になるトコロ・タイミング 
 ソコが インパクト! と考えて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「出来れば このドリルは
 家の中でも可能❓(保障は出来ませんが😵)な速度、
 3ヤード.5ヤード 位の距離から始めて貰いたい です。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
 練習場では 10ヤード…20ヤード…30ヤード と
 徐々に打つ距離を増やして頂く…。

 アプローチの距離感育成 と言う意味では
 今更…ですが、かなり 画期的だと思いますよ。



 妙な加速の無い 等速な動き
 自分のからだ、胴体という
 ん十キロを超える 肉の塊が動く訳ですから
 スピードが上がるにしても 緩やかな加速になるでしょう。
 途中にビュンという 加速は 『小さなモノ』が
 動いている証みたいなものですから😊」

質問「距離は ちょっと でも 等速って難しい です。」

店長「でしょうね😌

 一般的なイメージでは
 スイングの進行、からだの向きの進行 で
 △髪曚靴進佞蠅如.ラブをリリースする、
 ヘッドの重さをリリースする 感じ なんだと思います。

 それが 加減したアプローチであっても… です。 

 からだの回転に対して 物理法則的には
 遅れるはずの 棒の先の重さ〜ヘッド、
 それを持っている腕、
 それをリリースする、解き放つ ってコトは
 回転を止める必要がある と思いません❓」

質問「改めて 問われると その通りですね、、、。」
golf-inside-practice-to-shake
店長「からだの向きとクラブの運動が連携するには
 少なくともI婉瓩泙任蓮.▲ションはない、
 からだの向きを変えるという 単一アクションだけ

 △妊ラブをリリース…何かのアクションを入れてしまう は
 イコール からだの回転を止める と同じと考えて良いですし、

 よく言われる 『遠心力を利用しよう』 と考えるなら
 それは 
時期次第✋ とも言えます。
 遠心力を 真ん中から外に放り出されるチカラ なのですから
 ボールを打つ前◆銑に リリースが入ってしまうと
 ボールを円の中にかき込むコトになりますから
 遠心力とボールの飛びが結びつきません。
 単に 自分への負荷を増やすだけ になってしまいます。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 少々 極端ですが、
 ボールを打つ、当てる を無視して考えると
 ボールの地点に 柱・ポールを立てて
 それをクラブで叩かないように
 自分側・内側をすり抜ける、
 そういう感じに近いかも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「バンス角度は 程度はありますけれど
 多い方が 実質的に『飛ぶ』
 少ない方が 抜けてしまって『飛ばない』
 と考えて良いと思います。

 大雑把な話しですが
 ロフト50°であっても
 バンス角度10°であれば 50-10→40
 バンス角度6°であれば 50-6→44
 打ち出し角度とスピンがありますから
 それがそのまま 距離になる訳では無いですが
 そういう効果が有るのも確かです。

 バンスソールが始まった、普及した
 最も大きな効果は ヘッドが潜り込み過ぎない
 というのも 基本、似た話しと考えて良いと思います。 

 バンスの有効利用方法…となると。」

質問「バンスの有効活用法…🤩🤩」

店長「大雑把ではありますけれど
 ヘッドの入れ方って この二つのイメージだと思うんですね。
IMG_1142IMG_1144







✅前者,ヘッドを縦に回転させるか
✅後者△引き摺って使うか

 からだの回転の話しと結びつけると
 アドレスの状態の戻そう と言う意識が強いのが,任后

 △琉媼韻罵っても この進行の中には
 からだの向きが付いて来ますので
 微妙には ,蛤じったような感じになるのが現実です。

 ,倭瓩っ奮で バンスが張ります。
 場合によっては ボールとのコンタクト前に
 バンスが地面と強く接触してしまう可能性もかなりある。

 …,痢▲▲疋譽垢北瓩修Δ箸いΠ媼韻
 動作が 手、肩が主体になり易いですが、
 それには 足腰も付いてきてしまうので
 スイングのボトム、弧が想定よりも手前になり易い…ので。

 トップ、ダフリ が出易いですし
 ドライバーなど ティーアップしたショットで
 インパクト前に ソール、ヘッドが
 いっちょ噛み、ワンバウンドしてしまうと
 想定と全く異なる弾道、距離に
 なってしまうことが有ると思うのですが
 それが アプローチにも出てしまう、というコトですね。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m13s
 しゃくり気味、あおり気味の多い
 アマチュアには ヘッドがインパクト前後で
 跳ねてしまう状況は 有難くなりですから
 少なくとも イメージは △砲靴討きたいです。

 数度程度のバンスの張り であれば
 ロフトの支え インパクトロフトの安定にもなりますし、
 インパクト後の ヘッドの潜り込み防止にもなります。
IMG_1144

 この使い方は スコアに直結する部分でもあります。

 ですので バンス、ソール、バンス角度の
 活用法は△離ぅ瓠璽
です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「直接的に からだの回転とゴルフクラブ扱い方 では
 無いかも知れませんけれど、コメント等にもありましたが
 アプローチショットで多く利用される ウエッジの
 バンス、バンス角度、ソールについて考えてみたい
 と思います。

 お客様には かなりの頻度で
 『バンスの使い方』…バンスってどう使うのが
 良いんですか
❓ って聞かれるんですが。」

質問「ものすごく興味ありますね。」

店長「ウエッジの ソール(底)の部分は分かると思いますが、
 バンス、バンス角度と言うのは
 ボールを打つフェース側の角 は リーディングエッジと呼ばれ
 後ろの方、アイアンで言うと キャビティの方の角を
 トレーリングエッジ と呼びますが、
 アイアン、ウエッジのソールの多くは
 リーディングエッジからトレーリングエッジに掛けて
wedge-bounce

 後ろ側のトレーリングエッジの方が 下に張り出した
 後方が出っ張って構造をしています。

 それを バンス型ソール と言いまして、
 アイアン、ウエッジにはほとんど採用されませんが、
 フェース側、前側、とリーディングエッジの方が下に張り出して
 後ろ側、トレーリングエッジの方が引っこんでいるソールを
 スクープソールと言い
411BK-5ba
 ドライバー、フェアウェイウッド、機種によっては
 ユーティリティもそちらを採用しているモノがあります。

 スクープ角度と言うのはあまり話題にはなりませんが、
 バンス角度で言うと その後方への張り出した具合、
 を角度で示したモノが 『バンス角度』と呼ばれます。

 アイアンで言いますと
 5番アイアンでも この バンス角度はある程度、存在し、
 だいたい 4〜5°位でしょうか、
 ロフト角度が増えてくると ソレに比例するかのように
 バンス角度も増え、ウエッジのロフト 50°前後になると
 そのバンス角度は 10°を超えてきます。
IMG_0624
 フェアウェイウッドやユーティリティには
 バンス角度は無く、逆にスクープ角度 になる訳ですが、
 その分、ソール自体が大きい、ソール幅がありますので
 バンス としての機能は その長いソール幅が持っている
 と言えるでしょう。」

質問「ウエッジだけでなく、アイアンも
 そして バンス角度では無いですけど、
 そのソールの使い方 と言う意味での
 フェアウェイウッドなんかも含め
 そのソール、バンス、バンス角度の使い方が
 アマチュアは 苦手と言うか、不得手だと思うんですが…。」


店長「平均値 と言う意味ではそうでしょうね。

 ですので ウエッジの場合ですと 10〜12°とか
 バンカーを重視するのであれば 14°とか
 多めのモノが一般的なんですけれど
 バンスを使うのが苦手…
 バンスがあると 跳ねてしまって
 ダふったり、トップするのを避けたい場合は
 ローバンスウエッジと言って 6°とか 8°
 のウエッジを使っている人も居ます。
IMG_0591
 特殊なショットを望むのでなければ
 10°以上、最大18°位まで
 大きなバンス角度のウエッジ、
 もしくは それに代わる ソール幅の大きなモノ
 の方が 『お助け要素』は強いですので
 お薦めします。


 この ソール、バンスを上手く利用出来るか、どうかは
 からだの回転とかなり密接に関係があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「外から振っちゃう は紛らわしいので
 該当するピッタリな用語はありませんが、
 まあ 解いてしまう振り方 と仮称しましょうか
2024-04-16_15-11-17 - frame at 0m2s
 ヘッドの円弧を解いてしまう振り方 の
 大きな欠点は そのまんま…ですけど
 入射が緩くなり過ぎてしまうコト だと思います。 

 入射が緩くなり過ぎてしまうと
 打ち出しは高くなりますが
 スピンが少なくなり
 ボール速度も遅くなります。


 打ち出しが高いから と言って
 一般的に言われる 『高い球』になるか と言うと
 そうとも言い切れません。
 中高年になってくると
 若い時のようなヘッドスピードを出せませんので
 打ち出しが取れていても
 ボールスピードが遅い + スピンが少な目 ですので
 浮力を維持しきれません から
 測定上、打ち出し角度は取れていても
 ドヨンと落ちてしまう 伸びの無い球になりガチ です。
会田20210701 - frame at 0m16s
 また アプローチショット や ショートアイアン、ウエッジ
 などでは 球は上がりますが、適切なスピンが入っていませんので
 着弾しても ボールは止まり難く、
 距離の計算がし辛い…
 強く振っても ボールの打ち出しが増え、
 道のりとしてのボールの移動は多くても距離は出ず
 距離感が難しくなる。
〇ボールの拾い方? - frame at 0m13s

 解いてしまいますので 下から入る、しゃくる、煽る
 そんなカタチになり易いですから
 スピードで解決でき切れない アプローチでは
 そのまんま ダフリ、トップのミスは増えてしまいます。

 ドライバーや長物の距離が伸びず、
 アプローチでの成功率も下がりますから
 出来るだけ 気が付いた段階で 少しずつ
 解かない 嫌な言い方になりますけど『溜め』の有る、
 自然な成り行きの『溜まり』のあるショットに移行したい、です。」

質問「はい。ホントに。」

店長「切り返しでも『溜まり』は自然な流れ です。
 自然な法則に逆らって 上手く打ててしまっていた というコトは
 自分なりの クラブ扱いのコツ を掴んでいるので
 ソコを脱するのは 感覚的にかなり差があるので
 少し大変かも知れません。

 解いてしまう方が クラブも、腕も長くなっているので
 重い…のですが、重いが故に その感触、
 リキミ感みたいなモノが スイングの目安になっている可能性も
 否定できませんので 頑張って 乗り越えて頂きたい、です。

 特に アプローチっぽい距離のショットの練習、
 クラブヘッドの重さを構わない、放って置く、
 もしくは出来るだけ上手に利用する、為に
 ダウンスイングでは ちょっと意図的に
 『インループ』 ヘッドの慣性分、帰りは
 小さな弧にして インパクトには行ってみるトライは
 何かを掴むきっかけになるかも知れません。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
2024-04-16_15-11-17 - frame at 0m1s

 行きも帰りも同じ弧の大きさ では
 からだの回転の時間進行 と ヘッドの移動 が
 合わなくなり 何かの調整や待ち が必要になる。
 シンプルに フットワークで骨盤を動かし、
 それによって『腕の付け根』が移動する
 その感覚を掴むには 時間進行のズレ は
 とても大きな障害、阻害要素になりますので
 『インループ』して 小さな弧 👉近道 を通すと
 時間が合いやすくなり、シンプルな
 フットワークでボールが当てられるようになると思います。

 また、この際 腕周り…
 『手先で』インループを造る のではなく
 どういう風にからだの向きを変えると
 自然なインループ、
 インループしても ボールに当てられるからだの廻し方
 を意識して下さい。
 そこを 腕さばき、腕を使ったグリップの移動 で
 覚えようとすると 似たことを別な形でやる だけ
 になってしまいます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ずっと…
 気になっているコトがあるんですけど…。」

質問「なんです❓」


店長「ゴルフクラブって怖いんですね。

 どなたかがゴルフクラブを試打しに来る・・・。 

 いつも使っているクラブよりも
〇軽いクラブや軽いヘッドのモノ
〇シャフトが硬いのも ヘッドが軽くなってしまいますし、
 シャフトが硬いと 強く振りたくなります
… から
 球数を打っていると ヒトによって色々ですが、
 段々、トップの位置が深くなり過ぎてしまったり、
 リズムが早くなったり
 少なくない影響を受けるんですね。

 怖い言葉で言うと、静かなる侵略?洗脳?を受ける
 みたいな感じ。」

質問「怖いですね。」

店長「そうね。
 だから それを逆手にとって
無意識の内に、望むスイングの方に引っ張られる
そういうクラブを選ぶと良いんですけど…

 そういう観点でクラブを選ぶ人は稀ですからね。


 今回の話し は
 ネック調整付き カチャカチャ付きのクラブの話し…なんですけど
 例えば ドライバー で
 スライスしちゃってるから
 少し見た目フックにして固定する。

 確かに 見た目 はフックになりましたけど
 重心の位置も その分動いたんですね。
EZ055
 ヘッドに鉛を貼ったりして
 重心の位置を動かすのは 結構、大変 で
 今のヘッド、特にドライバーは慣性モーメント が
 高いので 5gを張った程度では 1mm
 重心の位置 動くかどうか 微妙です。

 ところが ネック調整 では
 1度角度をフック・スライスにすると
 重心の位置にもよりますけど
 2弌3mm 簡単に移動しちゃいます。
EG-05 sleeveカチャカチャでフック調整にすると
シャフトからの距離が少し離れます。
重心距離が長くなるような効果です。

総じて スライスに悩んでいる人は
重心距離が長くなるのを嫌いますし、
重心位置が遠くなるので
テークアウェイの初動が外にあがり易くなります。
 より スライスの可能性が増す んですね。
 
 カチャカチャでは無いですけれど
 スライス嫌いの人が アドレスで被らせて(左に向けて)
 構えを取る人がいますが、外にあがってしまう傾向が強くて
 なんで そうしてるんだろ〜なぁ っていつも思います。

 一度フックフェースになったのと
 重心の位置がスライス要素に傾いたのと
 どちらが強いかは 分からない…

 フックフェースのドライバーって
 視覚効果的にも外に上がり易いですし…。
ドライバー入射角度yoko

 フック・引っ掛け の人のカチャカチャを開く効果も
 その全く反対で 逆効果の可能性もあります。

 オリジナルのスタンダードに近い状態で
 使うのが一番 無難だと思います。

 業者である私からすると
 ドライバーのヘッド重量を
 220g〜230g〜240g と直ぐに変えてテスト出来るし
 シャフトも違うモノを直ぐに装着出来るので
 有難いは有難いんですけど…。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「重さのある、重さの増える棒を
 180°ターンさせるには 180°の向きの変更じゃ足らない、か
 根本的に からだは止め、先端を振るしかない
 それが 多くのゴルファーの悩み、苦しみじゃあ無いか
 と思うのです。
MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)



 腕を振らない、クラブを振らない人は
 トップで腕やクラブをロック、
 後は廻るだけ…でイイと思うんですが、

 とりあえず 両腕の長さに釣り合いが取り易いので
 骨盤ごと…と考えて下さい。

 右打ちで アドレスから 右を向きます。
 右に前ナラエ している感じですね。
 そこから ダウンスイング〜フォロー で
 左に前ナラエ をして ボールを打つ
 そう思っている人が多いと思うんですが、
 それって からだの回転180°じゃあ 運動が足らない、
 元の長さや重さでも十分、大きな負荷なのに
 ソレに移動・運動が加わるから
 動かし切れない筈…なんですね。
anika_Slomo_Momentanika_Slomo_Moment(2)anika_Slomo_Moment(3)










 このニュアンスが伝わり難くて
 誤解を生み易いんですが、
 右に前ナラエ した 腕は
 からだの 180° の回転で
 『気を付け』に戻るだけ
 です。

 ソコから先はオマケ、
 重要ではありますけれど
 ソコは打つ行為、ソノモノでは無い。

 腕やクラブを180°なり、ターンさせようとすると
 その重さで、
 その長さで、
 速く廻るコトが出来なくなり
 結果として 腕力で振らなきゃいけなくなる。
 そんな重たいモノ 速く振れない
 が 飛ばないのベースにあるような気がする。

 左の前ナラエは 惰性というか、慣性で
 拒否はしないけど、自分ではしない、
 動作として 『気を付け』で本当に止めてしまうと
 腕やクラブにかかっている慣性によって
 からだや腕に歪み、怪我の原因になっているので
 流しているだけで

 からだの 180°回転(度数・数値にはこだわらないで✋)
 で クラブを持った腕の付け根を移動させてるだけで
 腕は90° 気を付けに戻しているだけ
 位の感覚でOKです。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






 ややこしいですけど
 始めから からだの180°の回転で 腕も 180°回転させる
 を インパクトで止めて パンチショットにする、
 って言うモノとは大きく異なるんですけど
 多くの人が 『常識的に
 からだを 180°廻したら
 腕も、クラブも 180° 回転するモノ✊
 って 信じていますから ニュアンスが伝わり難い、です。

 クラブや腕の重さ、長さ、運動を考えると
 180°のからだの回転で動かせるのは
 いいところ 90°プラスアルファ
 って感じです。

 双方、180°ターンさせるには 物理的に無理があるんです。
 不可能に挑戦しているに等しい と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アプローチショットについての酒飲み話で
 ヘッドはこう入れて来る…みたいなモノを見かけます。
スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)
 たしかに アプローチショットは
 ロフトの大きなクラブですることが多いので
 『結果』 としてはこうなりますけれど
 ショットのイメージとしてはあまりよろしくありません。
IMG_0727
 もしも…ですが、
 ロフト0° のクラブでアプローチした時、
 リーディングエッジが ボールの下に入る、
 ボールの下側を打つ のではなく
 フェースはかなり ボールの上面に当たります。
 ウエッジクラブ 35〜35.5inの長さでは
 特殊なショットを狙わない限り、
 通常、4〜5°位 上方からヘッドは入りますので
 ロフト0°のクラブであれば
 打面である・フェースはボールの
 赤道より上側に当たることになります。
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)
 笑ってしまうかも知れませんが、
 ロフト0°である限り、例えウエッジの長さであっても
 よく言うミート率は 1.4を越えます。

 そこで ゴルフクラブに ロフト角度と言う「逃げ」
 があると ボールの推進力・ボールスピードは
 打ち出し角度と回転に分散して行きます。

 お使いのアイアンのボールの打った跡、
 打痕を見ると ロフトの小さな番手では
 ボールのディンプルの跡が見られ易いが、
 ロフトが大きくなってくる番手になると
 フェースの上方に ボールが逃げる跡、
 その割合が大きくなって来ます。
 これが ロフトの役割ですね。
IMG_0489IMG_0486





 ボールの下にフェースを入れるイメージが強いと
 ダウンスイングを必要以上の丸く振るコトに
 なり易く、アタックアングルがどんどん無くなります。

 入射角度が緩くなると
 実質ロフトも増えてしまいます。
 
 理屈上、20ヤードや30ヤードを距離を
 フルショットで打つ方が簡単そう…? な訳は無く
 実際、ウエッジのロフトは60°位が限界で
 70°や80°のロフトや巷に無いのは
 危険性が有るのと ものすごく使い勝手が悪いからです。
 ヘッドスピードが高くなく、練習量が多く無い
 アマチュアにとって 55°前後が
 ちゃんと打撃出来る最大のロフトと言えるでしょう。

 それ以上のロフトになってしまうと
 打ち加減と距離が非常にブレ易く、
 ミスの頻度も跳ね上がります。
IMG_0481IMG_0482







 クラブを丸く振ろうとすると
 当然ですが、グリップの進みが滞り、
 からだが後方、右打ちの人であれば右に 残り易くなります。
 ダフリやトップの要因です。
 どんどん ロフトが増えてしまう…
 イコール難易度が上がってしまうのです。

 昔から言われますが、ボールの上りと回転は
 物質的な ロフト角度に任せる
 は
 アプローチに限らず とても大切なコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールに向けて、ヘッドを入れて来る
 入射角度の基本、基準は
 クラブを持った打ち手が
 それを 固定/半固定したまま
 からだの向きを変えることです。

 『上から打つ』の思い込みで
 手回り、腕周りで ヘッドを、クラブを、
 下に振ってしまうと
 それぞれのクラブの 長さによる違いが出難く、
 正しく クラブを動かしてくる に比べると
 必要以上に
〇打ち出し角度が高くなり
〇ロフトなりの回転(スピン)よりも少なくなります。

IMG_1137
 やり過ぎは勿論ダメなので、
 意図的にアッパーに打つのはお薦め出来ませんが
 そういうクラブ扱いの人が
 宙に浮いているボールを打つ
 ドライバーが得意だったり、します。

 しかし、この入れ方には
 かなり致命的な欠陥があります。

 アプローチショットもそうですが、
 ドライバーに至るまで
 スピンはある程度の数値、数が無いと
 安定配給し難くなります。

 ドライバーの飛び という点ではマイナスですが
 3500回転であれば 繰り返すのは簡単ですが
 1800回転という 0に近い方の数値は
 ものすごく微妙な差によって 大きく変わるので
 ある程度の訓練が必要です。
ボールを拾う
 弾道の 機械計測をたくさんすると
 距離と回転の関係が かなり比例関係にあることに
 気付くと思うのですが、
 これは アプローチショットにも当てはまります。

 ヘッドを振ってしまうと スピンが少なくなるので
 距離コントロールが難しくなります。

 また これは致命的 なのですが、
 ヘッドを丸く振ってしまうと
 ボールの下にヘッドを入れねばならず
 それは 食器の乗ったテーブルクロスを
 食器を倒さず 引き抜く に似ていて
 インパクト付近の速い速度が必要になり
 距離コントロールをしたいけれど
 遅く振るコトが出来ない

 という永遠の矛盾が付いて回ります。

 緩めにショットなのに
 インパクトはガツンと…
 急加速が必要になるのですから 怖いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブって その見た目から
 長い棒なので その長い棒を振り回したくなる、
 ついで ヘッドスピードってのも段々、気になって来ます。
2643_TW-U_3_toe
 ゴルフクラブの長さって言うのは
 確かに ヘッドスピードを生み出す
 長くなれば その数値・速度数値も高くなるのですが
 クラブの長さは
 ロフトの一部と言えば良いのか
 そのロフトを活かす機能の一部でもあります。

 クラブを速く振りたい
 その気持ちは痛いほど分かるのですが、
 クラブを丸く振ってしまうと
 ロフトの効果が無くなるというか
 薄くなるというか、
 番手や機種によって ロフトが異なる、その意味が
 活かされなくなってしまいます。

 クラブセットの中で
 長いドライバーから短いウエッジまでありますが
 真ん中辺りのクラブはまだ良いのですが
 長いモノはその振り方が スライスの要因になりますし、
 ボールの浮力不足にもなり得ます。
 短いモノは ヘッドをボールの真下に入れる必要があるので
 遅い速度で振るのが難しくなりますし、
 必要なスピンが得られなくなるので
 距離の打ち分け、距離感が身に付き難くなります。
 
 長きに渡って 苦しむ原因、
 場合によっては 終生苦しむ原因になる。

 その大元になるのが ロフトの使い方・活かし方の
 勘違いだったり、します。
IMG_1142

 ゴルフで言うトコロの
 上から打つ とは
 高い低いの 高いトコロから打ってくる
 インパクトに向けての『下へ 下へ』
 という意味合いでは無く
 そのクラブの長さなりの入射
 その入射に対する ロフト角度 を作るコトです。

 数値で言うと
 例えば 30度ロフトのクラブ
 可能性としては フェアウェイウッドの場合もありますし
 ユーティリティ、アイアン 3種類があると思います。
 フェアウェイウッドは一番緩い角度で
 入射して来ます。番手で言うと9番ウッドとか11番ですので
 入射角度は 1度とか、2度です。
 長さ順に ユーティリティでは 3.4°
 アイアンもほぼ同じですが、若干多めで 仮に5°とします。

 地面基準にインパクト状態を見ると
 フェアウェイウッドは 28°  30(ロフト角度)-2(入射角度)
 ユーティリティでは 26° 30-4
 アイアンでは 25° 30-5 という具合です。
IMG_1144

 ドライバーはクラブ長が長いですから
 入射角度は 0°であったり、
 ティーアップしていますから
 アッパー 2°であったり 3°であったりしますが、
 (意図的にする必要はありません)
 それも 上から打つの延長線上 です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「やはり ゴルフスイングの一番の謎 というか
 問題は…
 『スイングは円運動』なんだ と思います。」

質問「円運動❓」

店長「『スイングは円運動』に間違いはないですけど
 それは 打ち手がそういう『運動』をするんであって
 クラブを『円を描くように動かす』を指してはいません。」

質問 「あああ 言われればそうですね。」

店長「はい。 初めてのゴルフであれば
 やはり教えてくれる人や周りの人、
 誰か プロの動き、動かし方を真似する
 イメージするコトになると思うんですけど
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)
 その「視覚情報」が問題をより一層複雑に
 そして 解決不可能な迷路に誘います。」

質問「解決不可能なんですか❓」

店長「ですね。よほどの身体能力とか、
 常人では考えられない練習量、訓練があれば
 不可能を可能にすることは出来る❓かも…
 ですが、かなり辛いです。

 遠くに飛ばす
 方向を安定させる
 距離を安定させる
 繰り返す

 と言う ゴルフスイングには難題が課される
 のですが、それを目指すには
 からだの円運動〜向きを変える動きをして
 動かすのは クラブではなく
 それを持った自分自身、
 クラブや腕は半ば固定して
 大きな塊の自分が動くコト
 です。
IMG_0175(2)_Moment
 間違えてしまい易いのは
 クラブを、 特にヘッドで円を描いてしまうコト で
 それを目指してしまうと
 ロフトの安定を失うコト
 そして、各クラブ、番手の長さの意味を失うコトになります。

 ゴルフショットにおいて
 速く振る〜遠くに飛ばす は
 最大の魅力とも言えるのですが🤒
 ロフト角度という その距離を確定する最大の要素
 それには 「クラブの長さ」も含まれますが、
 その安定を捨ててしまうのは
 ショットにとって やはり 片手落ち と
 言わざるを得ません。
 どちらも等しく大切です。

 傍目からは 円を描いて見えるゴルフスイング、
〇クラブとか、ヘッドを振って それを造るのか
〇クラブを固定して それを持っている自分が
 大きな塊で動いて使うのか
katate_Moment
 ゴルフを始める人にとって
 この 第一ボタン を掛け違えてしまうのは
 ものすごく大きく、重たい部分ですので
 そこは是非、注意して頂きたいです。

 この課題はゆくゆく からだの回転で振るか
 手で振っちゃうのか の違いに直結します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋弊社取り扱い品であれば
SYB EZ-05 〜ドライバー
176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n














SYB EZ-915 〜フェアウェイウッド・ユーティリティ
332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n332220353_579546073824652_4442760800244387208_n













  をお使いのお客さま江
 
  また、他社製品のモノであっても 同じだと思います。
✅ロフト角度やライ角度、フェース角度などを調整する治具
IMG_1168
付属のレンチが付いていると思いますが、
調整し終わり、固定する時、
その 治具によって ヘッド側のネジを締めます。

✋このレンチには トルクレンチ機能を付いており
ネジを締め付ける場合、ある一定のチカラ以上が掛かると
空回りするようになっています。

ですので 思いっきり締めて下さい✊』


初めてでは かなり怖い位、
壊れちゃう?位の強さで締めて下さい。
トルクレンチ機構が働きますので大丈夫です。

『かなり強い力』です。 
 ビックリするほど締めます。
EZ055
トルクレンチ機構が働く前の状態で
使ってしまいますと 緩んでしまい、
外れてしまう可能性があります。


 ✋一度、ご確認下さい。






【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05
 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい
 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください
 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「多くの人は
 当然ではありますが、
 ボールを真っ直ぐ行かせたいから
 インパクト時の
 ヘッド、フェースとボールの関係を
 真っ直ぐ… アドレスのように戻したがります。

 勿論、気持ちはわかります。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
 しかし、スイングは個々で異なりますけれど
 正しく からだの向きでクラブを動かせば
 ほんの少し ですが、ボールの内側、
 よく言う インサイドから入って来ます。

 度数で言うと クラブの番手や長さなどによっても
 その人のタイプによっても異なりますが、
 仮に ドライバーでの 平均的な横のアタックアングル
  インサイドから 2°〜4°
 分かり易いですので 5° としましょう。

 ライ角度等はちょっと除外しますけれど
 シンプルに この横のアタックアングル 5°に対して
 横の回転を生まない フェースの向きは
 『アドレス時の飛球線』 俗にいう真っ直ぐ に対しては
 5° 開いた、右打ちの人で言うと右を向いた状態です。

 5° のインサイドからの入射 に対し
 6° 7°(飛球線に対し)位のフェースの向きでは
 ボールに右回転は入りますが、
 弾道としてスライスになるコト殆どありませんが、
 流石に 9° 10°(軌道では無く飛球線に対し)
 開いてしまっては 横回転も増え
 弾道もスライスします。

 逆に 5°のインサイドからのアタックアングルに対し
 フェースが 4° 3° の向きで有れば
 ボールに左回転は入りますが、
 弾道としてはフックにはなりませんが、
 0°、つまり 飛球線に対してのスクエア、
 軌道に対しては 5°の左向き であれば
 かなりの横回転になりますし、
 弾道も左に曲がります。

 真っ直ぐ飛ばしたいから
 フェースを『アドレス時の飛球線に対し』
 『スクエア』に戻す は 聞こえは良いですが、
 ヘッドを、フェースの向きを操作する事になり、
 この場合は かなりのフックになります。
413445



 フェースの向きを操作すると
 軌道も影響を受け、変化してしまうので
 こんなシンプルな話し(故にもっと大変)にはなりませんが
 たって 5度の角度 であっても
 ヘッドを、フェースの向きを操作する意識、
 操作と言うよりは 修正、戻す
 と言う意識だと思いますが、ソレをしてしまうと
 ゴルフクラブは 1度であっても 動かしてしまうと
 その動作は 継続的に行われることになります。
 つまり ヘッドがどんどん回転していく というコトです。

 特にフックや引っかけに悩んでいる方は
 インパクトの ヘッドとボールの関係、
 そのイメージを今一度、確認してみて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「カチャカチャ付きのドライバー、
 ネックでの調整機能付きドライバーの話し
 ソノモノじゃないんですけど
 思いの他、多くの方がフェアウェイウッドが嫌いとか、
 苦手、あまり良い印象がないのが
 アマチュアの現状だと思うんですけど、
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n
 シャフトの長さ、実寸、実際に使われたシャフトの長さ
 に対して シャフトの硬さ って
 ものすごく フェアウェイウッドの使い勝手に
 反映するんですね。
 ドライバーよりも かなり柔らかい位 で
 フェアウェイウッドとしては良い✊使い易い
んです。

 調整式であっても、ノーマルなモノであっても
 ドライバーに比べ、フェアウェイウッドは
 地面にあるボールを打つ関係から
 当然ですが ヘッドの厚み、高さ方向ですね、
 コレは薄くなっています。

 平均的なドライバーで 厚みは60mm 6造任垢諭
 一方フェアウェイウッドは40亢 4センチ位です。
 2センチも薄っぺたいんです。

 2センチは1インチ弱ですけれど
 43インチの3番ウッドは
 ややこしいですけど ドライバーに比べると
 約1インチ分、シャフトが長いのと同じなんです。
IMG_0828
 ですので それを計算に入れて
 シャフトの硬さを選ばないと
 地面から打つ 緊張感の高い
 フェアウェイウッドの方が硬いになり易い。
 良くある話し ですけれど
 シャフトが硬いとリズムも早くなり易かったりして
 ミスの原因になり得る
んですね。」

質問「わかる、わかる、あるあるですね。」


店長「はい。
 一般的なメーカーは
 シャフトのバラつき なんかは 無い✊
 と言わざるを得ませんから
 シャフトを振動数で管理することは避けます。
 同じフレックスでも 250cpm位のシャフトなら
 プラスマイナス4〜5cpm 硬かったり、
 柔らかかったり シャフトはばらつくモノなんですが、
 それは意図的に無視します。
 ヘッドにも重量のばらつきがありますから
〇微妙に重いモノに 柔らかいバラつきのモノ
〇微妙に軽いモノに 硬いバラつきのモノ

 この二つは 同じモノ って
 言わざるを得ませんので…🤒🤒🤒

 そういう経緯もあって
 フェアウェイウッドだからと言って
 長さに応じて 振動数で確認して組む訳では無く
 同じシャフトを 指定の長さで裁断するだけ…。

 フェアウェイウッドの方が ヘッドが薄くて
 その分、クラブの全長よりも シャフト実寸が長いから
 数値をやや落としめにしよう なんて
 発想そのものが存在しない と思います。

 その上に…。」

質問「まだ あるんです❓」


店長「ありますねー😧
 ウエッジなんかでもそうですけれど
 クラブの全長が短いから と
 ドライバーよりも 重いシャフトを採用
 なんてのが 結構、横行していて…
332093543_725242885732572_9021207906674425025_n

 なんとなく 短いクラブの方が重いシャフトが良い❓
 んじゃないか って思うでしょうけど
〇ちゃんと 硬さが流れになっている✊
〇使い易い 柔らかさ(硬さ)である✊

 のなら その発想は間違いじゃないですけど
 形状に制約のあるシャフトは 重量が重い場合、
 身が詰まっていますから 必ず、硬く、強くなる。
 例外は非常〜〜〜に少ない。 ホント、例外です。

 シャフトの実寸が ドライバーよりも長い、
 フェアウェイウッドに
 重い方が良いから より硬いシャフトを入れる。

 よほど チカラでねじ伏せない限り、
 フェアウェイウッドの失敗確率は上がる✊
 は 保証致します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレには実体験がありまして…
 ちょっと古い話になるのですが…。」

質問「はい。」

店長「1990年代後半 キャロウェイのビックバーサ
 のドライバーだけでなく ウッドシリーズも
 ものすごく人気になりまして…
 ドライバーは ビックバーサ、グレートビックバーサ、
 ビゲストビックバーサ、ERC、ERC-2 と
 そのシリーズが結構続いたんですね。

 このシリーズが無ければ
 キャロウェイ社は元々ワインメーカー、ワイナリーで
 その延長線上で お飾り用のクラシッククラブを造る
 そういうメーカーのまま だったかも知れません。

 そのビックバーサシリーズの一番の特徴は
 『ネック』が無い コト なんですね。
0202110200_63db1998c733d
 当時のゴルフクラブの話しではありますが、
 これによって より低重心化、大慣性モーメント が
 実現出来、結果も伴うようになった…。

 その『ネック』が無いドライバー・ウッドを
 キャロウェイが作るコトが出来るようになった経緯は
 ちょっと エグいんですけれど その話は割愛して…。

 人気が出て バカ売れしましたから
 当然、リシャフトや修理などの仕事が入って来ます。

 当時は 44inから45inへの移行期でしたが、
 リシャフトの仕事で 新品のシャフトを仕入れ、
 それを グレートビックバーサ(45in)に装着すると
 場合によっては シャフト寸が足らないのです。
 新品のシャフトなのに…ですよ。

 通常は 45inを造っても 硬さを測り、長さを測り
 2インチ位は『切って』45inを完成させる のに
 キャロウエイに関しては 長さが『足りない』のです。
 
 長さが満たされた リシャフトの様のモノで
 45inを造る。
 ご依頼の方は
 今、ネックの有る45インチで 振動数220cpmを使っているので
 キャロウェイの そのシリーズに お気に入りのシャフト、
 たまたま 新品の状態で 十分長さが取れるモノであった
 と言うのもアリ、 220cpmの硬さ で仕上げると
😵全然 上手く行かない、飛ばない、当たらない😵

 😵😵😵正直、ものすごく硬くて振り辛いんですね。」 

IMG_0828
 ソレに関しては
 フェアウェイウッドとの比較の話し でも書きましたが、
〇45inのネック調整式-ドライバー
〇43inのネック非調整式-3番ウッド

 クラブの長さは 2インチ FW の方が短いですが、
 場合によっては 装着されているシャフト寸 は
 フェアウェイウッドの方が長い場合があります。 

 ヘッドのある無しに関係なく
 45インチの長さのシャフト と
 43インチの長さのシャフト が
 同じ硬さ、同じ数値、同じ振動数で有れば
 43inのモノの方が シャフトは柔らかい です。

 ウッド製作も シャフトの実寸合わせて造るべき なのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「現在のドライバーヘッドの殆どが
 ネック調整式〜カチャカチャの付いたドライバーです。
EZ055
 先日も書きましたが、
 調整式が発売された経緯は…
 実は ユーザーの為、では無くて
 販売側の『かなり革新的な』コストカット案 だったんですね。」

質問「!!!!!
 それは どこがコストカットになるんですか❓」


店長「日本には 大手販売店だけで1000軒位
 ゴルフショップがあるんですが、
 メーカーがドライバーとかを新発売すると
 それを打って貰うための 試打クラブが必要になります。

 例えば ですけれど
 ドライバーで 9°/10.5°/12°の3種類のロフトがあり
 シャフトの硬さに S.SR.R と3種類あると
 9°のドライバーにR、12°のドライバーにS、
 を除外するとしても 7本の試打クラブが必要になります。 
 7個のヘッドと7本のシャフトです。

 ところが カチャカチャ付のドライバーは
 その場でヘッドとシャフトを取り外せますから
 この 3×3 のバリエーションを
 3個のヘッドと3本のシャフトで済ませられます。

 販売店さんとの販売契約によって異なりますけれど
 無償提供や貸出であるのなら 半分以下に
 コストが削減出来ます。
 店舗数が数百店ある訳ですからね。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
 始まりの時点では ソコが最大のポイントだったのです。」

質問「うわ〜〜〜。」

店長「普及当初は ネック廻りの不備、破損…、
 また 安全の為にも ネック廻りに重さが集中するコト
 によって 飛ばない など 不評続きだったんですが、
 メーカーの努力による ヘッドの低重心化策 と
 思いがけない組み合わせによって
 現在、ドライバーヘッドの主流になっています。」

質問「思いがけない組み合わせとは❓」

店長「現在のドライバーというか、ウッドシャフトは
 20年前のソレに比べ かなり柔らかくなり、
 振動数で言うと20〜30cpm、
 20年前の レディースの硬さ相当が
 現在の ごく普通の SR の硬さになっています。

 昔より ドライバーが飛ぶようになった は
 ヘッドの低重心化 と シャフトの硬さ下がり
 が 主要因です。
EZ05
 そして その柔らかくなったシャフトの話し
 なのですが、
 カチャカチャ付きのヘッドは
 その調整シロ を取る必要があるので
 どうしても ネックが長くなり、
 その結果、シャフト自体は短くなっている のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブを振りたい、手を使いたい …
 その気持ちを満たしたいのであれば
 右打ちの人であれば、左側の空間で それを行ってください。

 ボールを打つ前の 右側の空間で
 クラブが長くなってしまうと
 その重さは管理出来る限度を越えてしまい
 振りたいのに 振らされてしまう、振り回されてしまう、
 になりガチ です。

 トップの位置 での
 自分の 左腋の下辺りには 空間、
 その懐は 早い段階で 通過したい。。。
 ので その空間までは 腕もクラブも
 トップで造った 一番短い状態のまま 入る
 位の意識で良いと思います。

2024-02-19_12-58-53 - frame at 0m0sイメージですけれど
トップの位置では
出来るだけ右上腕は上げ
クラブが体と平行になった状態位、
その状態、そのからだとの関係を保ったまま、
腕やクラブでなく、からだを使って
グリップを下げてあげる…
その関係は グリップが左腋の下の空間を
 通過するまでは維持する… そんな感じ、と思います。

 ソコから先は クラブを振ろうが、腕を振ろうが
 お好きでどうぞ と思います。

 ボールを打つのは 一気にお腹を左に向けるコト
 が行いますので
 左側の空間で クラブを振っても、腕を振っても
 問題は起こり難くなります。
乱にんぐアプローチどりる - frame at 0m4s
 また 少し意識として
 右打ちの人であれば右手、
 左打ちの人であれば左手で
 横ビンタするように 手首のスナップ方向、
 スナップを解かず、
 スナップはロックするよう 〜スナップロック
 ヘッドの重さで ヘッドは遅れるのですから
 意図的にスナップを解いて
 横ビンタして使うのは 不自然です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「二人のスイング、
 特にダウンスイングの入り のトコロを見ると
 『どの方向にクラブを動かそう』
 としているか がはっきり分かれています。

 今、現在、お父さんの方のけんたろうも
 そこがスイングのテーマとなっているから
 余計なんですけれど
〇クラブを横に動かそう
〇クラブを回転させよう
〇ヘッドで円を描こう

 としている 太朗くん と
 腕もクラブも固定したまま、
 からだの回転で 縦に動かそう、
 としているけんたろう で
 かなり動きに差が、違いが有ると思うんですね。」

質問「かなり違いますねー。」

店長「スイングは 確かに からだの回転を使います。

 そして、その回転は 横の移動、横への移動
 になるんですが、
 ボールを打つ為に 持っているゴルフクラブ は
 長さ と言うモノが結構、はっきり付いています。
会田20210701_Moment(2)
 同じ遊びにならないと思いますが、
 単にボールを打つ、というコトで
 長さの無い 卓球のラケットであれば
 太朗くんの打ち方でも良いかも知れませんが、
 用具に長さがあり、
 自分の腕もその長さに加わります。
 また、その長さを強調するように
 先端部に 全体の6割を超える鉄の塊が
 付いているのが ゴルフクラブの特徴です。

 ですので からだの回転の横移動 に
 ちゃんと乗っかるには
 その長さを増やさず、縦に近道を通らないとイケマセン。
 ちょっと ややこしいですが、
 横に振るコト、横に移動させるコトが直接影響…
 と言うよりは
 横に動かすと 早い段階でクラブや腕が長くなり、
 負荷が増えてしまうコト が問題です。
 クラブを持った腕を縦めに動かす回転だと
 前傾もあるので フトコロを通過させられるから
 クラブの長さが長くなり難く(横に動かすのとの対比)
 結果、からだの向きの変化〜横方向の動き と
 経路、時間の同調がし易い というコトなのね。

 お薦めはしませんが 横に動かそう とした としても
 増えて行こうとする重さ、もしくは長さの増加を
 腕力でそれを支え切れる、
 抑えきれるのであれば なんとかなります。


  二人のスイング、
 かなりスローな後半のモノを見て頂く
 と分かりますが、
 重さの付いた 長いモノを横に動かそう、
 もしくは 円軌道に振ろう
、とした
 太朗くんのスイングは
 ダウンスイングの、 かなり早い段階で
 からだが開いてしまいます。
👉からだが開いている ように見える形 になってしまう。
 話しは横道に逸れますが
 この部分で からだが開いている✊コトが問題なのではなく
 からだが開いているのに まだ打っていないコトが問題なのです。
 ココで『からだが開かないように 左向きを止める
 『左の壁だ と言って からだの回転を止めてしまう』のは
 典型的な、そして 本格的な『手打ちの王道』です😵
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 からだを開かせよう としたのではなく
 重さの付いた 長いモノを横に振ろう、動かそう、
 としたので 腕やクラブを遠心力に引っ張られ
 長くなってしまい、
 それ故、重くなってしまい、
 その反応、反射と言って良いでしょう。

 早い段階で 腕やクラブが長くなってしまう、
 ゴルフ用語的には『キャスティング』と言いますが、
 そのキャスティングをしよう✊ としたのではなく
 クラブを横に振ろう
 ボールとヘッドを横の関係で打とう
 とイメージしていることによる副産物と言うか、
 結果なのです。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 だから もしかすると、早い段階で
 からだの開くのは 長くなってしまうクラブで
 ボールを打つ為、空間を造り出した、
 そういう判断、反射の可能性もあります。

 インパクト付近での『伸び上がり』も
 同じ要因から発生している とも言えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング中の クラブのトゥダウン
 そもそも トゥダウンって 知ってます❓」

質問「イエ、知りません。」

店長「知らなくても問題はないのですが、
 知っておくと スイングを造る、治す 上でも
 結構、役に立ちますし、
 クラブ選びの材料にもなるかと思います。

 そもそも トゥダウン は
 ちゃんと運動する(しなる)柔らかさのクラブ であれば
 全く意識しなくとも 自動的に発生する仕組み
 になっています。
EG05_04
 ゴルフクラブは テニスのラケットや野球のバット と異なり、
 握っている部分の延長線上に打点・打撃部分がありません。
 ズレている と言えば良いのか、
 L字型、鎌首をもたげた形状になっていて
 運動をさせていない時は
 そのズレを計算して 打たなければいけない⁈
 ような形状をしていますが、
 ちゃんと柔らかいシャフトが装着されていれば
 運動させると 重さが直線状に揃う 働きを持っている為、
 握っているトコロの延長線上で打つ感覚で
 ヘッド部の そのズレを無視して
 ボールと打撃部分を当てることが可能
 です。

 逆を言えば、テニスのラケットであれば
 どんなに速く振ったとしても『トゥダウン』は発生しません。
 実際にはやりませんが、
 重心のズレの無い、重心距離の存在しない、
 フェースバランスのパター であれば
 シャフトの硬さ/柔らかさに関係なく、
 『トゥダウン』は発生しません。

 ちょっと 言葉で説明すると分かり難いかも知れませんが
 クラブを運動させると
 クラブの重さが 遠心力の掛かる直線状に揃う働き があるので
 本当は ネック部が内側にズレ込むような状態になる のが
 正規の『トゥダウン』

 ネック部分はそのまま で
   トゥ側だけが下がる✋訳ではない
 んです。
 とは言え ほんの少しですが、トゥ側が下がり、ライ角度が変わる、
 のは事実で それらをまとめて『トゥダウン』と呼ばれています。

EG05_04
質問「…となると
 ちゃんと 運動する柔らかさのシャフト と
 しならない 硬いシャフト では
 打つ感覚は異なるコトになるのでは ないです❓」


店長「そう思います。
 ちゃんと 運動する柔らかさのシャフト では
 棒の延長線上で打つ感覚で 球は当たりますが
 そのまま の感覚で 硬いシャフトを打つと
 そこには ネックが来てしまいますから シャンク です。
(キャスト_Moment

 逆に 硬いシャフトを使い慣れている人は
 重心位置のズレ分、シャフト(ネック)を
 ボールからズレたトコロに通そうとしていますので、
 柔らかいシャフトにすると 先っぽに当たったりします。」

質問「慣れてしまえば 棒の延長線上で打つ方が楽そう…ですね。」

店長「そう思います。
 シャフトの硬さ・柔らかさ を揃えて置けば
 機種や番手などによる 重心距離や重心位置の違いを
 気にする必要が無くなります。
IMG_0079
 重心距離の長い ドライバー 40丱ーバー
 重心距離の短い アイアン  35
 双方ともに しなりの無い硬いシャフトであった場合、
 では ボールの当て方、クラブの通し方も
 それぞれ 異なるように調整しなくてはなりません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この話題はドライバーに限らず
 ゴルフクラブでのショット全般に関係するんですけど
 この観点からも ヘッドを振らない と言うか
 手で振らない、その割合を減らすコトは大切だと思うんです。」


質問「大事なコト…なんです❓」

店長「と思うんですけどね…。
445TL-2
 ゴルフクラブ、クラブヘッドって
 野球のバットやテニスのラケットみたいに
 打点がシャフトの延長線上にないじゃないですか
 打点ソノモノではないですけれど
 重心位置(ヘッドの重量の中心点)って言うのがあって
 フェース面状であれば 重心距離と呼べば良いのか
 その重心、打点 と 握っている棒のズレ を
 どう処理しているのか❓❓ って思うんです。


 静止状態はズレていますけれど
 シャフトが柔らかければ
 クラブが運動状態になれば 自然に揃います。
 遠心力の掛かる点と打点が揃っていた方が
 力学的に チカラは逃げにくいと思います。
 ズレたままでは 打撃時にヘッドやクラブに回転(ヨジレテ)して
 チカラが逃げてしまうと思うんです。
 俗に言う トルクの掛かった状態 って奴ですね。

 ですので 悶絶クラブは捻じって使わないように
 シャフトを振らない、ヘッドを振らない よう 薦めています。」

質問「確かに 握っている棒、そのもので
 ボールを打つ方が、数センチ ずらして 打つよりも簡単、
 って思えますよね。」
EG05_041
店長「はい。クラブや機種、番手によって そのズレが
 3センチだったり、4センチだったりするのですから
 その調節をしなくていい に越したことは無いと思います。

 ボールの大きさ(直径)って 42.6个任靴隋
 1cm(10弌砲困譴燭蕁〃觜渋腓なミスになります。

 クラブを替える度に コッチは32弌◆帖.灰奪舛44
 なんて 無理だと思うんですよね。
445TL-4
 ヘッドのソノモノの構造として
 重心がズレていないと 番手ごとのロフトが設定出来る、

 クラブの場所やヘッドの姿勢なんかが把握し易い、
 ゴルフと言うスポーツ、娯楽の安全面を考えても
 重心位置〜ズレは『絶対に』必要なんですが、
 ボールとの激突時は 出来れば無い方が良い✋
 柔らかいシャフト…と言うと誤解を生み易いですが、
 ちゃんと運動する硬さ、動く柔らかさを使うと
 その 二重構造 というか、
 二面性を両立出来るんですが、
 硬いシャフトだと そのズレはずっと維持されてしまう。。。

 それって どうやって解決してるんでしょう❓
 ものすごく 謎 です😵

 おそらく 多くの方、もしくは その手の知識がうっすらと有る方は
 その トゥダウンと言う現象は 悪 と言う認識なんだと思うのですが
 じゃあ その重心位置とシャフトのズレ
 機種によるその違いをどうされているのか、
 どう処理するのか 公表して貰いたいのですよ。」


質問「友達に無理やり 硬いシャフトを打たされる と
 始めの数発 シャンクが出るのは ソレ が原因ですか⁈」

店長「はい。柔らかければ インパクト付近では
 シャフト、グリップ、棒の延長線上に 重心位置が来ますから
 棒そのもので打つ感覚で良いんですけど、
 硬いシャフトで  それやったら そこは棒、
 ヘッドで言えば ネック部になりますから シャンクですね。
IMG_0103
 この問題はもう少し複雑で、
 実はアマチュアゴルファーを悩ませている課題だと思うのですが、

 一般的なゴルファーの場合、
△大きなヘッド(重心距離の長い)のドライバー は
  シャフトが柔らかくて(アイアンに比べると) 👉振動数230cpm
△小さなヘッド(重心距離の短い)のアイアンは
  シャフトが硬い(ドライバーに比べると) 👉振動数300cpm

✅シャフトが硬い 重心距離が残るクラブは
 運動させると フェースが開くので フェースターン必須
 な 打撃方法になると思うのですが、
 その打撃方法で ドライバー(重心距離大/シャフト柔)を打つと
 ハイ-プッシュ-スライス になると思うんですけど…。

✅逆に ドライバーを基準にして スイングを造ると
 まあ十分な柔らかさはないですけど それでも
 シャフトの延長線上近くに 重心来るスイングになりますが、
 それで アイアン打つと シャフト硬いですから シャンクです。

✋平均的なゴルファーですと
 ボールの置き位置は アイアンはうんと中、
 ドライバーは左かかととか かなり外ですので
 インパクトタイミングがかなり奥、後になりますから
 ハイプッシュスライスの逆球、ひっかけ フック に
 なっちゃうんじゃないですかね❓

 どう考えても 同じスイング、同じスイングタイミングで
 双方を同じように打つのは不可能に近い芸当です。

 スイングの練習って 主にアイアンでされるコトが多い
 でしょうから、ドライバーに持ち替えても
 上手く当たるのに 数球かかるんじゃないです❓

 コースで どっちかは良いけど、どっちかはダメ🙄
 😵ドライバー、アイアン が 両方 良い😊 って
 日はなかなか来ない、年に一度 とか なるのは
 仕方が無いと思うんですよね。
 気付かない内に 自分自身でそう仕向けている のですから…。

 そう考えると ゴルフの技量として
 メカニズムをちゃんと考えて ゴルフクラブ
 特に セットのシャフトの硬さの流れを把握する、
 そういう ゴルフクラブをセットして選ぶ は
 大変 大きな ゴルフの技術、技量の一部だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「低スピン = 低い弾道
   高スピン = 高い弾道 
 なのですか❓」


店長「イコールではないトコロが少々、厄介なんですね。
292e5d27
 弾道が低いのと低スピン、高いのと高スピン は
 一概にはイコールではありません。

 ボールの速度との絡みにもなりますが
 ボールの高さ 〜最高到達点 や ボールの上がり具合、
 に ボールの回転はドライバーショット程度の
 回転量の場合、直接的ではなく、
 ボールの高くなって行くサマ は 打ち出された角度
 の方が要素としては大きいです。

 すごく ざっくりとですが
 ボールスピードで言うと 60㎳未満
 ヘッドスピードで言うと 40㎳未満

 ほとんどの人が この数値に該当すると思いますが、
 その前提で ボールの回転が多いから と言って
 坂を上るように 吹きあがる より弾道が高くなる
 コトは 非常に少なく、高い、高すぎる弾道 は
 やはり ボールの打ち出された角度の方が
 影響は大きいです。

 ボールの回転は
 高さを増やす というよりも
 浮力の維持 の役割が多く
 飛行機にとっての 羽根(翼) のようなモノで
 推進力の少ないセスナ機は より大きな羽根(翼)
 〜面積の大きな翼が必要で
 推進力の多い戦闘機は 最低限の羽根 と言った感じ、
 ですので 推進力(ボールの速度)
 そして 打ち出された角度 によって
 適切な 回転数の幅 は異なって来ます。
golf-2158897_1280
 この場合ですと アバウトですけれど
 ボールの回転が少ないと 失速、
 ボールの回転が多いと 高くなるのではなく ブレーキ、

 弾道の高さの変化ではなく
 ボールの勢い〜推進力のブレーキ、
 パラシュートを開くような そんな効果になります。
〇ボールの拾い方? - frame at 0m13s
低スピンだからすべてOK ではなく
 ボールスピードが高くないケースや
 打ち出し角度が低いケース などでは
 浮力が維持しきれないので 失速してしまうケースもあり
 どう クラブを振るか によっては
 ドライバーよりもロフトの有る3番ウッドの方が
(ロフト角度 プラス クラブが短いコトによる入射角度の確保)
 飛んでしまう場合もあります。
 アッパー度合いが強い方、
 同じ意味合いですが 入射角度が緩すぎる方 は
 注意が必要だと思います。

 そういう意味では
 やはり 計測器、
 特に 回転数がちゃんと出るモノ を使って
 計測しながらトライする が有効です。
 ✊✊ご来店お待ちしております。
 ボールの回転が不確かな 練習場のボールだと
 ソコを見極めるのが難しい…かも知れないですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーはクラブセットの中で
 一番ロフトが少ない。
 長さはヘッド速度の為と言う側面よりも
 その『ロフト角度』を有効活用する為に
 ヘッドの入射角度を作るためのモノ

 そのロフトを増やしてしまう が
 一番 ボールの回転数を増やしてしまいます。

 10度のロフトのクラブを
 13度として使えば 他を何も変えなくても
 簡単に 1000〜2000回転近く回転は増えます。 
 500回転=ヤード ですので 20〜30ヤードのロス です。」

質問「大きいですねぇ…。」

店長「はい。

 ボールの回転を絞る、少なくするのは
 出来るだけ 穏やかに、緩やかに、インパクトを作るコト
 何か 急激な動きは 必ず 回転数を増やします
ドライバーの入射角度114
 穏やかに、緩やかに インパクトを迎える は
 決して「スピードを遅くする」というコトではありません


 開いたロフトを インパクト間際に 閉じる は
 インパクト前後の 急激な動き ですので
 例え ロフトは閉じられたとしても 必ずと言って良い程
 別の、無駄な回転が生じます。

 また ドライバーのインパクト時間、
 ボールとヘッドの接触時間は 1/3500秒 程度 です。
 0.0002〜3 コンマゼロ3個です。
 再現性を考えると その周りで急激なコトをして
 例え 上手く行った としても 繰り返す目安がありません。
 その一回こっきりになってしまいます。

 手で振るな とよく言いますが
 そういう意味合いです。
 手で振ると からだの回転で振るよりも
 例え 多少スピードは上がったとしても、円弧は小さくなり
 その 上がったスピードの分、必ず 回転が増えます。
 ドライバーを大きく振りなさい というのは
 からだごと、大きな塊ごと クラブを動かしなさい
 と言う意味です。


 ロフトが開いているな と考えるのなら
 ロフトを閉じる修正をするのではなく
 ロフトが開かない準備を作るコト。
 それはボールの置く位置であったり、
 アドレスで有ったり、
 場合によっては テークアウェイの取り方かも知れません。
会田20210701_Moment(2)
 スライスを封じるために インパクト前後でヘッドを
 回転させる〜急激に動かす のではなく
 スライスに伴う ロフトを開かない準備をしておくコト。
 ボールを打つ限り、横回転は縦回転よりも少な目、
 横回転が大幅に縦回転を上回ることは稀です。
 ですので この場合のスライス・右回転は目をつぶり
 それに伴う ロフトの増えを減らせば
 自ずと 縦回転ばかりでなく、スライス回転も減ります。

 出来るだけ インパクトの前後で『
何かをしない
 その何かをすれば 必ず 回転が増え、距離にはなりません。
 スイングの練習、ショットの練習とは
 その インパクト間際の何かの成功率を上げるコト でなく、
 インパクト間際で何かをしなくても打てるようにするコト です。
((つかまえのイメージ_Moment
 自分に出来るコト、現実的な、
 繰り返すコトの可能な、
 方法を構築しておかないと 刷り込まれてイキマセン。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「練習場のボールでは 失速してしまう
 というのは どういうコトですか❓」


店長「練習場のボールは 皆さんの想像を上回るほど
 毎日強烈に洗われて 表面が摩耗しています。
 経年変化も伴い ディンプルが浅くなり、
 表面積が減ってしまっているので
 想定よりも 少なめの回転になり易い というのがあります。
 仕方がないんですが…。
 また それによって質量も少し減り気味だったりします。」
2019-12-13
質問「コースで使用される ボールとの最大の差は
 なんでしょうか❓」 


店長「現在の多くのボールが多層構造になっているのですが
 この最大のメリットは
 比重、質量の違う層で構成出来る というコトです。
 ボールの最大質量はルールで制限がかかっていますが、
 重い素材を外側の層に、
 軽い素材を中側、中心側の層に配置すると
 ボールソノモノの慣性モーメントが上がり、
 回転数の増減に影響は少ないですが
 回転と言う運動を持続する能力は高くなる
 いわゆる 回転が解けにくく なります。

 練習場のボールは単層構造ですので
 ソレに関しては かなりの差が有ると思いますね。

 また ボールソノモノの歪み も
 かなり スピンや初速に影響します。
 形状も より真円、真球に近いモノほど初速は上がり、
 歪みの有る センターの出ていないモノほど
 初速は上がり難くなりますし、
 運動・速度の持続もし難くなります。

 コース用のボールは工夫されているので
 昔のボールや練習場のボールに比べると
 ボールの初速が出易くなっています。

 失速〜ボールのドロップ は
 ボールの速度と回転数の絡みですので
コースボール
 〜ボールの回転も少なくなり難い
 〜ボールの初速が速くなり易い
 〜回転が維持され易い

練習場のボール 
 〜ボールの回転も少なくなり易い
 〜ボールの初速がやや遅め
 〜回転が解けやすい

 ですので 3000回転を下回るようなショットでは
 その差はかなり出ると思います。
201902_078_00
 UT〜FW〜ドライバーでは
 軽〜く失速、少しドロップする位のショットが
 コースでは 良い球 になる、なり易い、

 と言う認識で無いと
 練習場で力みまくった結果、
 コースでは伸びない球、
 スピンばかり増える球の練習をしてしまう

 になりますので 注意が必要です。」

質問「なるほど。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あと コレも笑い話だけど
 ウッドって フェース面が膨らんでいる曲面 でしょ❓

 アイアンは平らと ルールで制限されているのに。」

質問「そう言われればそうですねー。」

店長「ルールでも 左右(バルジと呼びます)はこの位
 上下(ロールと呼びます)はこの位
 って箱型形状に限り 許されているけど
 それって 何故だと思う❓」

質問「ギア効果で 先に当たるとこう…とか
 ヒールに当たると こう…とか
 そんなのがあったような…。」

233243店長「コレ?」

質問「あッ そうそう。」

店長「コレね…
 言って良いのかな…

 まるっきり 無いわけじゃないけど
 スライスとか、フックとか、
 そう言うモノを是正出来るほどの効果は・・・

 
ゼロよ。」

質問「ええええええ😧
 だって プロとかも言ってますよ。」


店長「そういう働きはない訳じゃない…嘘じゃあないからね…。
 でも ま 無いの方に限りなく近い んだけどねぇ…。
 特に 現代の超強烈慣性モーメントのヘッド では
 その話が 矛と盾 そのものでしょ⁈」

質問「ま、確かに。」

店長「それ信じているのも スイング造りに超悪影響。
 それを考えて スイングしてるなんて
 ✋百害、千害、億害あって コンマ.1利も無い

 だって フェースのふくらみの理由はもっとシンプル。
 あっけない程に幼稚な話だもん。」

質問「理由があるんですか❓」

店長「そのバルジとかロールの膨らみッて
 パーシモン製ヘッドだったことが由来しているのよね。

 木製ヘッドは打っていると
 ソコが摩耗してくるの
 すり減ってきたり、へこんでしまったり、
 だから フェース・打面には
 ソールのプレートと同じく、
 木製で無い別の素材(eye-o-maticとか)がはめ込まれていて
 取り換えられるようになっていたり、するんだけど
f141186665.2
 工業製品であった メタル の場合、
 そこのふくらみを調整するのは 当時、難しかったの。
 あるには有ったけど ほんの少し。

 そうすると
 『フェースが凹んでる』『歪んでる』
 って言われて 売れないのよ😌」

質問「へ?」

店長「ヘッドの剛性が高く出来無くて
 割れ頻発もあったから、結果的には
 売る方にも、都合が良かったんだけど
 パーシモン製のモノよりも もっと強い膨らみ
 をフェースに施すようになりました、チャンチャン👐

 つまり パーシモンの時は
 使ってると フェースが凹んでいくから
 あらかじめ 膨らましてあった✋ と言うだけのコト。
 まあ パーシモン時代は そのふくらみの効果
 ボールに対する影響は無かったわけじゃないけど
 メタルヘッドの場合、その効果はプラシーボでしかない。


 って言うのが 本当のお話し で

 フェースの膨らみ(メタルヘッドの)によって
 ボールの回転が是正される は あとから湧いてきた
 かなり セールストーク色の強いお話し です、
 というコト。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パーシモン・木製ウッド(言葉が変)の話し…の続き
 になるけれど
 その時代にも ちゃんと 重心 って感覚があって
 言葉としては重心 じゃなくて 錘・おもり なんだけど
 パーシモンヘッドって
 ソールにプレート、あれ 真鍮なんだけど 付いてるじゃない⁈」

質問「そんな感じですね。」

店長「アレって ダふったりして
 ウッドが傷つかないようにするため ってのもあるんだけど
 ネジ打たれるてるでしょ❓」
1 (1)
質問「ですね。」

店長「あのネジ外すと ただ真鍮のプレートがはめ込まれてる
 んじゃなくて 中に空間があるのよね。

 アソコに 溶かした鉛流し込んだりして
 今で言うトコロの 重心の位置を変える訳。」

質問「へぇ〜😧」

店長「上がり難かったり、過度にスライスしちゃったり
 するのを その重心位置調整でするのよ、ね。

 あともう一つの目的は
 その頃の ウッドって強烈、高額なのよ。

 ほとんどが 舶来品(死語)😶😶😶 で
 1本25万円なんてのは ゴロゴロあった。」

質問「1本25万😧😧😧」

店長「うん。
 1番、3番、5番  3本買って80万なんてのは
 ちらほら耳にしたかな。

 で ヘッドが木製でしょ。
 ミスして 端っこにボール当たっちゃうと
 ヘッドが欠けたり、割れたりしちゃう訳ヨ。」

質問「1本25万が😧😧😧」

店長「普通に使っていても 傷入ったり
 乾いて ささくれ立ったり して来ちゃう。

 で まあ 使い込むと ヘッドが小さくなっていく…
 使い込んだ包丁みたいな感じに。

 そしたら 1番を3番に 3番を4番に、5番を6番に
 加工し直すことを考えている。
 
 ソールプレートは
 その時の重量調整出来る補助ペースなんだよね。」

質問「今よりも エコ なような…。」

店長「1本25万だからね😌

 プロやゴルフ好きな人は その傷の修正や
 ロフトの変更の為に せっせと ヘッドを削る訳ヨ。
 そうしている内に
 ああ こうすると構えやすいなぁ… とか
 あ! なんだか スライスし難い感じがするなぁ…とか
 だいぶ 座りがよくなったぞ って
 ヘッドの顔を気にするようになったのよね。
f141186665.2
 パーシモンの場合、目、年輪模様もあるから 余計、
 そうなったんだと思うけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コメント(もっちゃん₎にもありましたが、
 パーシモン…ドライバーやフェアウェイウッドの材質が
 言葉通り、そのまんま ウッド・木製だった時代
 特にシャフトがスチール時代
1
 江戸時代? っていうほど 昔の感覚だけど、
 パーシモンって
 反発係数が強烈、高い😫」

質問「え😧 反発係数 高いんですか❓
 チタンは硬い
 パーシモンは柔らかい
 …から 弾かないんじゃないの❓」


店長「まあ 反発 って言葉で言うとそうだけど
 アレは インピーダンス理論 で
 衝突する二つの物体のヤング率、歪み率が近いと
 双方が変形し難い、
 ゴルフで言うと ボールも変形し難い、
 ヘッドの歪みが少ないと その分、ボールは沢山歪み、
 ヘッドの歪みが多いと ボールの変形は少なく済む、
 と言う科学的なモノで
 パーシモン製ヘッドは歪むから ボールが変形しない、
 変形しないので スピンが入らない、入り難い、
 ボールの初速は出るけど、回転足らずになっちゃう
 そういうことなのね。

 だから パーシモンのドライバーの
 平均的なロフトは 12° 位
 10°とかを使えるのは プロの中でも
 かなりのマッチョな 力持ちの人だけ だった。


 そして パーシモン時代と今の時代の最大の違い は
 パーシモン時代は ゴルフクラブヘッドのその形状の
 フェースの向きとロフト角度
 は 非常に近しい関係のモノで、
 両方をまぜこぜにして使う必要があったのよね。
 そうじゃないと ボールに必要十分な回転が入りきらない から

 今は フェースの向きはフェースの向き、
 ロフト角度はロフト角度、
って別で利用出来るコト。

 分かり難い、イメージし難いんだと思うけど
 ロフトじゃなくて フェースを少し開いた分、
 位の プラスアルファ―のロフト増加 の状態で
 かつ しっかり入射をとって 入れてこないと
 ボールが空中を飛んでくれない。
 ボールが空中浮遊の時間が取れない。
 アタックアングルが無いと ボールが浮かない。
ドライバー入射角度
 パーシモンはボールがつぶれにくいのに
 球離れは遅い…どの位遅いかは忘れちゃったけど…
 その球離れの時間の間に フェースを閉じない と
 回転は入るけど どどどどどスライスになっちゃう。

 ボールがフェースをスライド、
 ハイドロプレーン現象みたいに
 ボールがつぶれず スキッドしている刹那の時間の間に
 フェースを閉じないとイケナイ。

 と言う 超絶技巧の遊びだった のよね。

 だから 普通のアマチュアは

〇開いて入れて来る ⇔ 上から入れられない
〇上から入る ⇔ ボールが上がらない
〇ボールを上げようとする ⇔ スライスしか出ない

 と言う無限ループの中に 囚われちゃうので
 結構、チカラのある人であっても
 キャリー170yd 行くか、行かないか、
 スライスしないで ボールが宙を飛ぶ だけ で
 📯📯拍手喝さい👏👏のスポーツ だったのよね

 12°以上のロフト & 43in以下のモノが
 ドライバー ドライビングクラブ なんだから
 そりゃあ そうなるのよね❓」

質問「まあ 確かに…。」

店長「昔は フェースの向きもロフトの一部、
 数ミリ程度の出し入れが必要な遊び。

 それと比べると 今は遥かに簡単。
 欲さえなければ、ね😌

 放っておいても ボールは浮くし、
 ボールを浮かせるのと スライスは関係ないし
 必要以上にアタックしなければいけない アタックアングルを
 意識する必要もない。
video_Slomo_Moment
 昔は 命を懸けた争い だった 刀の世界 が
 今は楽しいスポーツになった剣道…ッテ位
 の差はあるんじゃないかな🙄

 ホンの50年位前の話し だけどね😌」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
.疋薀ぅ弌爾離蹈侫箸筌侫А璽垢慮きを半ば固定、
 トップの姿勢のまま半固定、
 そのドライバーを持った自分が回転する、
 ヘッドの重さの分、ヘッド自体は遅れますが、
 引きずられる形で付いてくる・・・・ のと
2023-12-28_23-05-51
2023-12-28_23-05-1

▲侫А璽垢髻▲悒奪匹魏鹽召気擦襪燭
 グリップよりもヘッドの方を意図的にたくさん動かす
 ヘッドがグリップを追い越して打つ… では

 の二つで
    (…答えは知っているとは思いますが)
 ゴルフクラブの効能・機能って同じになると思います❓」 

質問「ならない、 なり得ない ですよね⁈」

店長「はい。

 クラブの効能、ヘッドの機能、など
 ほぼ 真反対 になると考えて良いと思います。

 一番分かり易い のが シャフトの硬さ じゃないですか❓

,任△譴弌.悒奪匹遅れますが、使用しているシャフトの
 柔らかさで起こる しなりの最大値 の状態で
 固定されたまま、ボールを打つコトになります。


△任垢函.侫А璽垢魍いて閉じる そういう動きが
 スイングの主体 になりますので
 シャフトのしなり幅は ヘッドの重さ分であったり、
 重量点のズレ(重心位置)で有ったり、
 捻じれ、よじれの要素が入ってしまうので
 増幅されてしまいます。
会田20210701_Moment(2)
 しかし、シャフトがねじれたまま、しなったまま、
 別な言い方をすると クラブが最短、一番短くなった
 状態は フェースが一番開いている状態 ですので
 それを閉じるには ゴルファーの大好きな言葉
 『シャフトをしなり戻し』をしなくてはならず、
 それは クラブの長さを元の状態、
 この使い方では アドレスよりもより長い状態
 にしなければ スライス…ミッション失敗 です。

,歪垢気諒儔宿が最小値
△歪垢気諒儔宿が最大値


 クラブの長さ変化だけで ものすごい違い です。

 当然、長さの変化幅が大きければ
 スライス、引っかけ、テンプラ、トップ など
 ミスショットの可能性はかなり高くなります。
 同じショットを繰り返せる可能性はとても低い…
 になりますので
△瞭擦鮨覆爐函ーずと「必要以上に硬いシャフト」
 を選択していくゴルフ人生になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「用品も含めて ドライバー、
 ドライバーショットについて 教えて下さい。」
005
店長「はい。やっぱり 皆気になる、
 皆悩むドライバー ですよね😊

 ウッドは番手によって名称が付いていますが、
 昔用語では 2番ウッド ブラッシー
 これが消えてしまいましたので
 ルール上 ロフト角度15°未満 のクラブ、
 15度未満の ドライビングクラブを ドライバー
と呼びます。」

質問「形状として 箱型 というコトでは無くて❓」

店長「無いですね。
IMG_0126
 一般的なドライバーに適用されるルール
 例えば 反発係数などは
 それが例え アイアン形状〜板状のモノ であって
 ロフトが 15度未満であれば 対象になります。

 そんなモノ好きが沢山いる、とは思えませんが…😊

 まあ 良い機会ですので
 結構、スイング造りのあまり良くない影響 がある
 『ボールのつかまり』について説明しますが、

 こと ボールのつかまりにおいては
 ドライバーは 一番つかまえるのが簡単なクラブ
 ボール速度を得やすい クラブ です。」

質問「えええええ!」

店長「ボールのつかまえは
 そのクラブのロフトに対して のモノで
 スライスし易いか、し難いか とは別なモノ なので
 
 一般的な ロフト10°前後のドライバーは
 ボールをつかまえる ボールがつぶれる
 というコトに対しては 物理的な条件を十分、
 満たしているので 特別な「技」は必要ありません。

 一般的に言われる ミート率。
 1.40 とか 1.45 とか
 1.50 を目指そう とか
 機械などでの 測定で利用される用語 スマッシュファクター
 これは ボールの打ち出しの速度 を
 ヘッドスピードで割ったモノ ですが
 この数値は 実はミート率 は誤訳と言って良く
 用語としては 存在していませんが
 『つかまえ率』と言っても良いかも知れません。

 一番 つかまりの良い 数値の良いクラブは
 ロフト0度 もしくは マイナス のモノになりますが、
 ボールを飛ばす為の『浮力』と言う点で
 なんの助力もしてくれませんので 使えません。
 数値的には 1.70 位にはなると思います。
スマッシュファクター
 それが ロフトが付き 10°前後になってくると1.40〜1.50 位になり
 更にFW…UT…アイアンと 用品のロフト角度が 
 増えてくると その「仮称つかまえ率」は 1.30〜1.20と下がって来ます。

 ドライバーを打っているにもかかわらず、
 勿論、その用具のロフト角度にもよりますが、
 数値が 1.30や1.20になってしまう とは
 その数値の ロフト角度で ドライバーを使っている
 と考えて良いと思います。

 打ち方の良し悪し、ショットのミスを別とすれば
 ウエッジクラブのロフト では 当たり前と言えば そうですが
 二度打ち は ボールの速度が ヘッドスピードを
 下回ったから 発生する訳

 どう ミスをしても ドライバークラブのようなロフト角度では
 二度打ちは発生させられません。

 ドライビングクラブは
 ボールのつかまり
 ヘッドスピードを含めた打撃のエネルギーを
 ボールの速度に転化し易いクラブなのは
 ロフトが少ないから ですので
 特別なコトをしない方が良い、
 してはいけない というコトになります。

 似ているようですが 根元の部分はかなり異なる
 つかまえる 👉 スライスさせない
 は ドライビングクラブの その利点を殺してしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ