◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体のメカニズム


店長「課題になっている 切り返し〜ダウンスイングに
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52直結する話題かどうか、
微妙ではありますけれど
トップ・切り返しで
こんな感じだった腕やクラブを
体の向き・からだの回転で
〇見かた117
 この位置に持ってくる、
 腕やクラブは半ば固定で
 ココの位置に『向き』で持ってくる…イメージ

 …そういう話をすると ですね…。」

KO「はい。」

店長「その先はどうなるんですか❓
 って 質問を受けるんです。」

KO「あッ はい。」

店長「右打ちの人の話しで言うとですね、
(グリップの移動 〜先端
 アドレス時、 クラブや、特にヘッドの重さは
 からだの真ん中辺りにあるじゃないですか❓」

KO「ですね。」

店長「テークアウェイして行き、
 トップ近辺に来ると
 からだの右半身側、右側にあります。

 その重さが 大きくからだの右外 にあるのは
 あまりお薦めは出来ません。 

 ダウンスイングに入って、その重さは 運動で増しますね。
〇見かた53sクラブやヘッドの重さは
打ち終わるまで 常時、からだの右側にあります。


からだの真ん中を超えて
右打ちの人で言うと 左側にはイキマセン。

 自分のセンターを跨ぐ コトは無いんです。

〇見かた130JCorda - frame at 0m23s

 この先があるんじゃないか、
 ココからどう振るのか、って考えガチ なんですが、
 クラブはずっと からだの右側にあり、
 自分が向きを変えて それをまるごと
 左に行かせるんです。
会田20210701 - frame at 0m7s
 自分をまたいで 自分の左側に
 クラブを送るのが目指すべきスイングではありません。


 打ち終わった後、
 動作を終える為、慣性の付いたクラブを
 無理に止めてしまうと からだを傷めるので
 からだの左側に行くことは有っても
 それは 打撃のオマケ であって
 打つコトソノモノではない のです。
F2TuBf8W4AAJGlq〇見かた130JCorda - frame at 0m23s









 自分のからだ と クラブの相対関係は
 この状態のまま、ただ 左を向くコトがショットで

 自分をまたぐ、自分の右側から左側にクラブを
 クラブを行かせるコトがショットだと思っているのとは
 テークアウェイも切り返しもダウンも
 かなり大きく異なると思います。


 ですので このポジションへも、ですが
 へそから上の仕事は殆ど無いと言っても良いですし、
 このポジションから先も
 へそから上のアクションは無い😶
〇見かた21s
慣性で動いてしまうモノを
無理に引き留める必要は無いですが、
体とクラブの相対関係は固定したイメージのまま
からだ「」左を向いて
グリップの位置が高くなる、だけ
と考えても良いと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココで 注意が必要なんですけれど
 現代のスイング論って 総じて、ですが
 若者向け…プロがやっていることを真似るが
 主体になっていることが多いんですね。」
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
質問「あああ そう言えば、、、確かにね。」

店長「でも ゴルフを楽しんでいる殆どのアマチュア
 その平均年齢は 50代、
 若者と呼べる年代ではありません。

 👉からだを廻す、向きを変える
 の行為のメインエンジンは 脚やお尻周り、
 その 動作点、基準点は股関節になるんですが…

 遅れちゃうモノは デロデロに脱力して って
 意味じゃあ無いですけれど
 遅らせとけ なんですが、
 脚廻りを使って 骨盤を動かす と
 クラブや腕や遅れるから
 微妙にですけど 肩周りも遅れガチ になる。

 意識はしてなくても 胴体は捻じられる形 になります。

スクリーンショット 2023-04-23 202647今のスイング論の多くは
その胴体のねじれを 意図的に、
テークアウェイで 肩周りだけ捻じって
始めから『遅れ』を造ってしまうスイングが
とても多いです。

 このスイングは 関節にアブラのノッテいる世代、
 筋肉がしなやかな年代には 良いかも知れませんが
 アマチュアの平均年齢に近い、それ以上の世代にとっては
 かなり からだの負担の大きな動作になります。

 始めから体の中の遅れ、
 胴体のねじれを意図的に造ってしまうので
 捻じれの量も大きくなりますから
 動きにあそびと言うか、余裕、クッションが少なくなる
 動きになってしまいます。
 腰回りや首回りに負担のかかり易い動き ですので
 そのまんま それを真似るのは推奨出来ません。

at 0m1sダウンスイング以降、
クラブ自身の重さ、長さ、運動による負担分、
クラブ も  腕 も
その腕周りの生えている 肩周り も
骨盤に比べ 遅れ
捻じれが出来るのは自然ですが、
それは あまり多くしない方が
 始めから 捻じれの限界点からダウンスイングする、
 更にねじれを増やす ようなスイングは 危ない です。

 そういう意味で ハミングバードでは
 テークアウェイの時点ではねじれを造らない、
 胴体丸ごと 向きを変えて
 トップまでは 大きな胴体のねじれを造らない
 はっきりした遅れが生まれるのはダウンスイング以降、
 そういう動きの方が 痛める可能性は断然、低い。
(回転とフットワーク_Moment
 いつまでも 若いわけじゃないですからね…。」

質問「…ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長 「ダウンスイングからフォローまで
 仮に180°ターンするとすると
 自分自身は180°するけど
 先端は 重さ分、それよりずっと少ない。
001
 ダラダラ、デロデロにしている訳では無いけど
 重さ分、長さ分、速度加算分遅れるのは放って置く
 遅れたまま からだを廻し続ける。

 右打ちで言うと 左をしっかり向く。
 向ききる というのは とても大事。


 無理に遅れを取り戻す となると
 その基準になる からだの向きもおろそかになるし
 からだの向き以外で取り戻すコトになるから
 出来るだけしない。

 見た目の、単純な言葉の からだの回転
 を目指そうとすると 最終的には手で振るコトになると言う
 なんとも壮大な罠が仕掛けられている…
  そういう感じ。」

質問「クラブというか、ヘッドの遅れは放って置け と❓」
07cc3447
店長「はい。
 放って置いても ボールに当てる〜打つ には
 しっかり左(右打ち)を向かないと…。

 からだの正面で とか、
 左サイドの壁 とか、を
 意識し過ぎてしまうと
 正面で待って… つまり 左を向くコトを辞め、
 クラブが追い付くのを待ってしまう というコトになり易い。

 クラブだけでなく 腕にも重さがありますから
 腕も遅らせてしまってOK
 
 からだの回転は 腕を振るとか、クラブを振る、
 クラブをターンさせるではなく
 クラブを持った『腕の付け根の移動
 と考えるのが 一番良いかも 知れません。

 そういう目で スイングを見てみると
 今までとは別の見方・考え方が生まれてくるかもしれません。

 結果として  右打ち であれば
 テークアウェイ、トップの右向き、
 ダウンスイングの右向きの戻り、
 そして ボールと正対する『瞬間』がありますが
 感覚として その 右向きの戻り〜ボールと正対
 この時間の中に インパクト が有るように思えるので
 そこから 先の 左向きがおろそかになりがち です。

 振り遅れ の 取り戻し では
 ボールと正対する瞬間を意識しがち です。

 クラブや腕は重さ分、振り遅れてしまうモノ。
 その振り遅れが有っても ボールに当たるには
 その遅れ分、廻っておいてあげないとイケナイです。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 ボールと正対する瞬間のコトは忘れ、
 トップの位置から いきなり 左を向く位の意識で、
 左を向くコト そのものが 打撃
 という 感覚を刷り込んでいくのが良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スライスにも影響ありますが、
 スイング全般に おいて ですけれど
 すごく誤解や錯覚、
 その誤解が元の思い込みによって
 抜け出せない沼にハマり易い問題があります。」

質問「えええ なんです❓」

店長「まずは スライスの場面でも良く出てくると思いますし、
 かなりの人が ソレがスライスの原因 だと思っていると思うのですが
 『振り遅れ です。」

質問「❓❓ 振り遅れ はスライスの原因ですよね❓
 違うんですか❓❓」


店長「振り遅れがスライスの原因か?

 答えは NO です。
07cc3447

 教科書的な話しをすれば
 からだの回転 というのは
 クラブを廻す〜回転させる為、でも
 腕を振る為のモノ ではなく
 クラブを持った腕の『付け根』を移動させる為
 のモノです。

 腕を振る、クラブを振る、
 とはニュアンスがかなり異なります。

 違いが掴めます❓」

質問「イマイチ…🤒」

店長「ですよね😊

 他の記事でも書いていますが、
 クラブは長い棒で その先端に重さが付いています。
 そして 多くの人は忘れがち ですが、
 成人男性の両腕は勿論、長さもありますが、
 両方で10疏宛紊僚鼎気あり、かつ長さが積算、
 そして その腕でクラブを持っています。

 からだの向きを変える、回転すると
 移動するのは 腕も多少移動しますが、
 基本は 腕の付け根、
 非常に意味として紛らわしいですが 肩 の部分です。

 腕やクラブは 重さ × 長さ × 移動速度の二乗 分
 の負荷が運動にかかりますので
 どんどん遅れて行き、
 結果、としては 向きを変えた、廻したからだに
 巻きつくような形になり
 その続きとして 回転に伴い、移動します。

 つまり ゴルフショットは
 遅れっ放しのまま、ボールを打つモノ で
 遅れたモノを取り戻して打つ のであれば
 からだの回転、向きの変更が持続的であれば
 腕やクラブで それを追い越すこと…は不可能です。
振り4
 この話しの内容であれば
 遅れたモノを取り戻すには
 からだの回転を緩める、止める のいずれかが必要です。

 それは イコールで クラブを手で振れ
 と言っているに等しく
 振り遅れ の問題は
 振り遅れてしまっている、取り戻さなくては✋
 では無くて
 振り遅れた状態が フェースやロフトの開き、
 ヘッドの ボールを打つコトに対してはマイナス方向 に
 開いていて そのままでは打てないコト
 を指していますので
 問題が大きくすり替わってしまっています。

 教科書的には ゴルフショットは振り遅れたまま打つ
 であって、課題としては
 振り遅れるコトがイケナイ のでは無く
 振り遅れた状態で ちゃんと打てる状況を造る、
 『
振り遅れ方』が問題なのです。」

質問「
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「初めてゴルフスイングを覚えていくのに
 〇からだを廻す は結構、大変ですよね⁈」 

店長「ここまで大きなと言うか、はっきりとした
 からだの回転 はあまり他のスポーツには少ないですからね。

 クラブが円を描くのは
 クラブが振られる
 ヘッドが振られるのではなく
 それを持った自分が 右を向いたり、左を向いたり、
 からだの向きを変えるから✊ とイメージとしては
 しっかり持った方が良いですね。」

質問「って言うのも大切ですか❓」

店長「背骨とか、背骨の外側とか、
 どこかの箇所と言うよりも
 からだを廻したら 『芯』 がある動き
 そういうイメージで良いと思います。
IMG700
 軸を意識する余り、からだの向きが不十分 より
 軸は二の次にして からだの向きをしっかり変える
 方が大切かと思います。

 よく耳にする 『肩を廻せ』 というゴルフ用語は
 間違ってはいないですけれど
ararara_Moment右打ちの人であれば 左手 が
クラブをガッチリ握っているが故に
テークアウェイで
左腕や左肩ばかり動かす習慣が付き易い😧
 
 へそよりも上の胸や肩を廻す
 胴体を捩じる って言うのは
 動きに「怖さ」の伴う行為です。
 中高年の私たちには その怖さ が
 そのまま 浅さ や 早さ、リズムの狂い になり易い
ので
 安全な 胴体ゴト、
 境目は『股関節』の方が 慣れさえすれば
 変化が起きにくい、衰えに強いので お薦めです。 

 肩を入れる、肩を廻せ、を意識し過ぎて
 左腕や左肩を中心にテークアウェイを取ると
 トップの位置では 上半身が縮んだ、丸まったような
 そういう感じになり易く、
 動きで言うと テークアウェイの進んでいく右向きの
 先頭箇所に当たる 右サイドの動きが滞り、
 左サイドばかりが動く、
 結果、として ボールの方向に寄る感じになり易い。

ararara_Moment 後から ちゃんと からだを廻す、
 大きな塊を右に向ける を学びなおすと
✅伸び上がっている
✅ボールから遠ざかる
 そういう感じになり 怖さが伴うようになります。

 遠ざかるように感じるのは
 視線が離れるからで
 実際に ボールから遠ざかっている訳ではありません。

 どの道 『ボールをよく見て』いても
 正確性や当たりが良くなる訳では無いので
 目線や顔ごと 右を向いちゃう というのは
 からだの硬くなりガチ、
 失敗や運動の「恐れ」の気持ちが強くなる
 中年ゴルファー、これから始めるのには有効と思います。

 細かい部分はこだわらず
 大きくからだを ひと塊として動かす。
 クラブやヘッドを動かしたいのなら
 その 塊ゴト動かしちゃう。
video_Moment(4)video_Moment










 ショットは 遠くに飛ばしたい けれど
 正確性というか、安定性、再現性、どちらも大切なので
 クラブを持った自分の大きな塊が動く、
 その一部にクラブやヘッドもある というコト は
 始めの内に掴んでしまいたい ですね😊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「一般的には 振り遅れる のって
 なんだか 悪い事のように感じガチ です。」

質問「ですね。」

店長「スイングには遠心力も取り入れた方が良い…
 とも思いますし。

 遊園地の遊具で 古い用語だと『回転ブランコ』
 ってのが あるじゃないですか❓」

質問「回転ブランコ❓」
waveswinger
店長「こんな感じのヤツ です。」

質問「ああああああ」

店長「コレって スタートする前は
 ブランコはぶる下がっていますけれど
 回転が始まると 遠心力によって
 椅子の位置が高くなって行きます。
 自分も含めたイスの重さと遠心力が等しくなると
 かなりの高さ、付け根の部分にまで上がります。

 腕を横に振ろう
 からだの回転で 腕を振る、
 180°ターンさせようとすると
 クラブやグリップの位置は上がりこそすれ
 下がりたがりません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(5)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)




 振り遅れをしないよう にするから余計でしょうね。

 冗談のようですが この遊具は
 『ウェーブ・スインガー』って呼ぶんだそうです。

 逆転の発想 で
 腕もクラブも振り遅れても良い
 からだの向きが変わることで
 その重さを 体に巻き付けるようにする と
 腕は下がります。 落ちやすくなります。

 自分で落とそう、下げよう としないですから
 リキミも少ないですし、
 巻きつける、落ちる コトによって
 からだの近いトコロを通りますので
 近道になって
 結果、として 腕はからだの回転に遅れにくい。

 
 ロフトの立ち …
 インパクト時のハンドファーストは
 ヘッドの遅れ によって作り出されますから
 ヘッドの遅れはクラブの開きにならないよう
 遅れ自身は放って置けばよい、だけ。
 
 まあ、からだの回転に対し
 腕やクラブを縦気味に転化する
 という発想は必要ですが。

からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 一方、からだの回転通り、
 180° 腕もクラブもターンする と考えると
 運動による 手遅れもヘッドの遅れも
 ヘッドの開きになり易いですから
 遅れを取り戻す というよりも
 開きを解消しなくてはならない

 というのが コトの顛末になって行くのだと思います。

 遅れさせないように努力するコトが
 より一層の遅れを生み易い という…
 なんだか 皮肉な結果になる訳です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「50歳位から上の年齢になったら
 からだを廻す は 肩を廻さない方が良いと思います。」

質問「肩を廻さない❓」

店長「誤解を生み易いですが、
 腰に対して 肩や胸を、
 胴体をひねらない方が良い
というコトです。

 これはまず一つに
 胴体をひねる行為は
 腰痛などの からだの故障につながり易い、というコト。
〇肩を廻せ_Moment
 年齢を取ってくると
 胴体をひねる行為 ソノモノが怖くなって来ます。

 肩を廻すは 腕を振る と
 かなり密接、親和性の高い関係にあるので
 疲れてきたり、緊張したりすると
 センサーが直ぐ働いて 浅くなり易いというコト。

 また、ボールを打つのに クラブを両手で持っていますが、
 肩を廻す〜胴体をひねる は
 両腕、薛茲力咾猟垢気釣り合わず、
 どちらかの腕が余ってしまい、邪魔になる、
 というコトが往々に発生しますし、
 元々、胴体をひねる行為には『無理』があるので
 肩を廻す為に腕を振る、
 深くからだを捻じる為に腕を振ってしまう、
 が起こり易く、それが転じて
 腕の振りだけが 肩の回転もどきにすり替わってしまう
 可能性が非常に高いです。」
((((((((_Moment
質問「超ありがち…ですね。」

店長「はい。ものすごく。

 若いときであれば無理も効きますし、
 ゴルフの胴体のひねり程度であれば
 簡単には痛めませんけれど、40代.50代…となると
 かなり危ない動きになりますね。

 ボールを飛ばす
 速くクラブを移動させる
 ヘッドスピードを上げる
 というのは 速く向きを変えるコト なんですが、
 それを腕周りに頼るよりも
 脚廻り、尻周りに頼った方が
 元々の筋力・筋肉の量が違いますし、
 どの道 胴体は少し捻じられるのですが、
 それは からだを守る為のクッション と言うか、
 遊び(余裕)という意味ですので
 積極的に、意図的に 胴体をひねる はお薦め出来ませんし
 これから始めるのであれば
 脚やお尻を使って 骨盤から上、
 胴体をひと塊として 動かした方が
 腕余りも起こり難く、からだには優しい
😊 です。

 胴体をひねっていた人が
 あとから 骨盤、股関節で回ろうとすると
 テークアウェイで ボールから離れるような
 そういう感覚に陥り、変え難い、踏み出し難くなりますから
 始めの内から 脚で胴体ゴト向きを変える で
 覚えることをお薦めします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「二人のスイング、
 特にダウンスイングの入り のトコロを見ると
 『どの方向にクラブを動かそう』
 としているか がはっきり分かれています。

 今、現在、お父さんの方のけんたろうも
 そこがスイングのテーマとなっているから
 余計なんですけれど
〇クラブを横に動かそう
〇クラブを回転させよう
〇ヘッドで円を描こう

 としている 太朗くん と
 腕もクラブも固定したまま、
 からだの回転で 縦に動かそう、
 としているけんたろう で
 かなり動きに差が、違いが有ると思うんですね。」

質問「かなり違いますねー。」

店長「スイングは 確かに からだの回転を使います。

 そして、その回転は 横の移動、横への移動
 になるんですが、
 ボールを打つ為に 持っているゴルフクラブ は
 長さ と言うモノが結構、はっきり付いています。
会田20210701_Moment(2)
 同じ遊びにならないと思いますが、
 単にボールを打つ、というコトで
 長さの無い 卓球のラケットであれば
 太朗くんの打ち方でも良いかも知れませんが、
 用具に長さがあり、
 自分の腕もその長さに加わります。
 また、その長さを強調するように
 先端部に 全体の6割を超える鉄の塊が
 付いているのが ゴルフクラブの特徴です。

 ですので からだの回転の横移動 に
 ちゃんと乗っかるには
 その長さを増やさず、縦に近道を通らないとイケマセン。
 ちょっと ややこしいですが、
 横に振るコト、横に移動させるコトが直接影響…
 と言うよりは
 横に動かすと 早い段階でクラブや腕が長くなり、
 負荷が増えてしまうコト が問題です。
 クラブを持った腕を縦めに動かす回転だと
 前傾もあるので フトコロを通過させられるから
 クラブの長さが長くなり難く(横に動かすのとの対比)
 結果、からだの向きの変化〜横方向の動き と
 経路、時間の同調がし易い というコトなのね。

 お薦めはしませんが 横に動かそう とした としても
 増えて行こうとする重さ、もしくは長さの増加を
 腕力でそれを支え切れる、
 抑えきれるのであれば なんとかなります。


  二人のスイング、
 かなりスローな後半のモノを見て頂く
 と分かりますが、
 重さの付いた 長いモノを横に動かそう、
 もしくは 円軌道に振ろう
、とした
 太朗くんのスイングは
 ダウンスイングの、 かなり早い段階で
 からだが開いてしまいます。
👉からだが開いている ように見える形 になってしまう。
 話しは横道に逸れますが
 この部分で からだが開いている✊コトが問題なのではなく
 からだが開いているのに まだ打っていないコトが問題なのです。
 ココで『からだが開かないように 左向きを止める
 『左の壁だ と言って からだの回転を止めてしまう』のは
 典型的な、そして 本格的な『手打ちの王道』です😵
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 からだを開かせよう としたのではなく
 重さの付いた 長いモノを横に振ろう、動かそう、
 としたので 腕やクラブを遠心力に引っ張られ
 長くなってしまい、
 それ故、重くなってしまい、
 その反応、反射と言って良いでしょう。

 早い段階で 腕やクラブが長くなってしまう、
 ゴルフ用語的には『キャスティング』と言いますが、
 そのキャスティングをしよう✊ としたのではなく
 クラブを横に振ろう
 ボールとヘッドを横の関係で打とう
 とイメージしていることによる副産物と言うか、
 結果なのです。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 だから もしかすると、早い段階で
 からだの開くのは 長くなってしまうクラブで
 ボールを打つ為、空間を造り出した、
 そういう判断、反射の可能性もあります。

 インパクト付近での『伸び上がり』も
 同じ要因から発生している とも言えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「一方 左手打ち(からだの回転)の場合、
 右手は左手の通る軌道よりも 小さめの円になります。
 右手の円軌道が左手の円軌道 と同等の大きさになっても
 左手の円より外側の円になることは殆どありません。
IMG_0799
ですので 右手を使って
左手を円の外側、
自分から離れていく方に使います。

それを押していく のか
引いていく のか
微妙ですけれど
 基本的には 動かすモノも 動かす方向も
 ほぼ反対になります。

 藜蠡任繊兵蠡任繊砲両豺隋
 押すでも、引くでも 無い
 少し 大きめの掻き込む動き になります。
 引き込む とも言えますので どちらかと言えば
 自分の方に引く動きに近いかもしれません。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment一方、莠蠡任舛両豺隋
左グリップを外、自分から離れる方に押す、
厳密には からだの回転の遠心力が主に、
それをしますので 『押す』という感触は
ほとんどありませんが、あえて 言葉にするのなら
 押し出す動きが近いと思います。

 遠心力で自分から離される、
 グリップが腕の付け根から離される、
 その手伝い、案内を ほんの少し する程度 です。

 右手打ちの場合、
 遠心力で離れて行こうとする グリップやヘッド、
 クラブに対して、引き込む動きになりますから
 遠心力に逆らいますので
 より強いチカラが必要になる訳です。

 ですので 感触としては すごく残ります。 

 この感触の強さ…言葉を変えると
 『打ち応え』の違いが スイング改良の
 かなりのハードルになる と言えます。
IMG_0682_Slomo_Slomo_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(3)





IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(5)





 大雑把ですけれど
 右手で左手を 外に押し出しか
 右手で左手の外側から 掻き込むか
 この二つは 真逆とは言いませんが、
 かなり違う動きです。
 左手打ち は これが無くても打てますが
 この二つの動きで ボールをさばく、には
 当然、からだの姿勢、からだの向きは異なります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「下半身の回転を終わっているのに
 まだ ボールを打っていない。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
で あれば 腕で、
もしくは 肩付近の回転は残しておいて
そこを動力源にしてボールを打つしかない。

おそらく 大半の人のショット って
 そうだと思うんですね。」

質問「そうかも知れません。」

店長「下半身と肩、コレを別々に廻す とか
 その捻じれ差で飛ばす って
 若い時は可能だと思うんですけど
 年々 出来なくなるというか
 年々 怖くなるんですね。

down_swing若い時は腕力や肩周りのチカラ、
背筋なんかもあります。
胴体を捩じっても大丈夫な柔軟性もありますし
なにより それに対する恐怖心は無い。

 ヒトによって異なるとは思いますけれど
 胴体を捩じるコト自体 怖くなりますから
 肩の回転で… が どんどん 腕さばきだけになる。
 若い時のように 腕力がありませんから
 そうなると 急激に飛距離が落ちる。

 典型的な ゴルファーの加齢による事例 だと思います。 

 そういう意味でも
 まずは 回転を 胴体を一つのユニットとして
 脚で骨盤、股関節の向きを変える

 っていうのに移行して欲しいのです。

 胴体をひねって 『からだを傷めない』は
 40歳前後が限界です。」

質問「脚でからだの向きを変える ですね。」

店長「はい。
 骨盤と言うか、両股関節の向きを変える
 それらは 脚というか、お尻というか、
 背中やお腹の筋肉も使います。

 股関節を動かす、可動域を広げる は
 ゴルフだけでなく 普段の生活にも
 ものすごく良い効果があります。

 ただ それを有効にするには
 ちゃんと 向きを変えることがイコール打つコト、
 右打ちの人であれば 左を向くコトが打つコト、
 左を向いて『から』 ボールを打つのではなく
 左を向いたら ボールは打っちゃってる🥎

 にしておかないと 胴体の捻り、手打ちが必要になります。

 それを避けるために その三角形の頂点の向き、
 両腕で作る三角形の向き、
 クラブ/シャフトの向きのイメージを修正して下さい。」

質問「はい。」

店長「それと…ですね…
 コッチのテーマは もっと根深い上に とても重要✋
 あまり ゴルファーの意識はない部分です。

 そして 前段の三角形の向きとも絡んでいます。」

質問「なんなんです❓」

店長「ものすごく説明が難しく 伝わり難い…と思いますが…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「実際のアプローチのコマ撮りがコチラ です。
 スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)




 インパクト付近での グリップ部は
 からだの陰に隠れて見にくい ですが
 からだの向きを変えたほど
 シャフト、腕で作る三角形の向きにターンはありません。」

質問「確かに。」

店長「イメージ、感覚的には
 トップの位置の三角形の向きの『まま
 上の写真であれば シャフトは写真右に向けた『まま
 のつもりでインパクトに入ってくる、
 その向きを『意識的』に維持したまま
 からだの向きを変えているだけ に近い と思います。

 ボールが打てない、ボールに届かない、
 そう感じる方も少なくない…のではないか、と…。」

質問「ですね。」

店長「そこが からだの向きでボールを打つ感覚 と
 手でボールをさばく感覚の違い かも知れません。 
〇支部 昼連物語
 当たり前 ですけれど
 ヘッドには重さが有り、それに長さ、
 そして 運動が加わりますから
 想像以上の 質量 になります。

 それを積極的に 90°、180°ターンさせるのと
 イメージはターンさせない 消極的なターン とでは
 動きは全く異なってしまいます。


 この写真は おそらくプロ、もしくはレッスンプロの
 ドライバーの振りざまを上から撮ったモノ ですが
343565693_758697259247695_4696648991514922266_n (1)
 トップの位置から インパクトまで
 からだの向きの変更に比べると
 ヘッドの重さによる遅れ分、引きずり分、
 クラブ・シャフトは向きを変更していません。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
基本 この動かし方と同じ だと思います。


スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)コチラではないのが
割と明白に分かると思いますが…。」

質問「ですね。」

店長「では からだの回転通り、
 三角形の頂点の向き、クラブ・シャフトの向きを
 コチラのイメージで変えようとすると
 どうなるのか・・・ と言うと

 先端に重さの有るモノを 廻しますので
 直ぐに からだを開くコトになります。

 先端の重さによる遠心力も相殺する意味でも
 その反対に引く動きも必要になります。

 また クラブ・シャフトをターンさせると
 必要以上に クラブが長くなる、
 ヘッドが遠いところを通りますし、
 その分、遠心力も強く働きますので
 空間が必要になり、起きる、伸び上がる動きを
 せざるを得ません。」

質問「伸び上がりの動きも このイメージから❓」

店長「全員じゃあないでしょうけれど
 かなりの確率、要因のヒトツだと思います。

 そして からだは早めに開くコト になります。

 インパクトまでのヘッドの通る道のりも
 長くなりますから 時間もかかります。
 が・・・まだ ボールは打てていない。

 からだの回転はもう終わりに来ちゃっている、
 近づいちゃってますから 役に立たない。
 他に打つ方法がないので 手でクラブを振る。

 コレって 意外なほど 該当者、多い気がするんですね。」

質問「・・・・・。」

店長「やってみるとわかりますけれど
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38sからだの回転とイコールのクラブの回転、
アドレスの状態まで クラブをターンさせるには
かなりの左向きが必要です。

この場合は 下半身、脚廻り、腰回りと言う意味ですが。

からだがボールと対峙、正対した状態では
 まだ ターンは半ば。

 このイメージが原因で 手打ちが定着してしまった人って
 全世界で 何万人もいる気がするんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
0f978f79
質問「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

質問「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

質問「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

質問「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

質問「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「このドリルでは
 テークアウェイの右向き(右打ちの場合)の感じ
 が掴み易いと思います。

〇左腕でクラブを送る/押す
〇右ひじの曲げでクラブを反転させる

〇犯人はコイツ? - frame at 0m(0m34s






 は 思っている以上に
 からだの回転を「盗ってしまう」「奪ってしまう」
 というのが掴めると良いですね

 特に 左腕ではなく
 右腕上腕を上げる、バンザイする感覚は
 結構、きっちりとした 右向き感覚を養いま
す。」

質問「以前のテークアウェイでは 背中、
 主に左側の『背中の張り』が回転の目安 でしたが、
 こうすると 辛い箇所は 右のお尻や股関節廻り に
 なりますね。」


店長「正解です。

 廻っている箇所と廻っていない箇所の境目が
 どこか というコトなんだと思います。

 腕を上げない として
 姿勢で造った やや下向きのフェース
 それが 全体として高くなったのが
 トップ と考えて良いと思います。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m33s
 意識をしていなくても 動画や写真を取れば
 必要十分 右肘は曲がっています
 意識としては 伸ばしたまま。。。だとしても、です。

 腕さばきで作ってしまう
 気付いていない シャフトの振り〜ヘッドの振り
 クラブの反転、 多くは縦っぽいの振り ですね。
 これが後々…ダウンスイング以降、
 クラブを振るコトにつながって来ます

 トップの位置に行くのに
 腕、特に右腕上腕 があがれば
 クラブ全体が 高さ、この場合は上方にですが、
 スライドして高くなれば 打つのに十分 で
 俗にいうコッキングやトゥ方向に角度運動をする必要は
 ありません。

 インパクトの通過をズリズリ
 を少し立体で行う そういうイメージになると思います。
〇犯人はコイツ? - frame at 0m
3







 本当に落としちゃう訳じゃないですけど
 トップの位置で クラブを落としちゃうと
 ボールの位置に行き着かない。
 が故に からだの向きを変え
 グリップの位置を『移動させ
 イメージですけれど クラブが落っこちても
 ボールを拾っていけるようにしてあげる、
 そういう感じです。

 アプローチ程度の運動速度なら
 このまま 打つコトが可能と思います。

 
 速い速度で動作をする場合、
 トップの位置で クラブが重くなるような姿勢
 長くなっているような状態だと
 ヘッドが落ちてしまって
 インパクト付近の ズリズリがし辛くなりますよね。」

質問「ですね。」

店長「グリップの上にヘッドがあるような、
 アバウトで良いですけれど
 重さでグリップが移動されやすいような姿勢に
 なっていれば より次の動きがスムースになる。
 そんなところに来てくれればいいでしょうね。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 イメージはあくまでも
 地面とシャフトは 平行な感じで
 フェースは下向きのまま

 そのまんま 高さが加わっただけで
〇犯人はコイツ? - frame at 0m20s〇犯人はコイツ? - frame at 0m






 そこに クラブの反転を入れちゃうと
 ダウンスイング以降 時間のつじつまが合わなくなります。

 また その運動によって起こる
 重さや不可抗力の方向は複雑で
 それを処理するのに たくさんの補正が必要になります。
 クラブの機能が悪い方向に働いてしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと手伝って欲しいんですけど…。」

質問「はいはい。」

店長「クラブを持って アドレスして…
 アドレス時のクラブの向きを 12時 として
 ヘッド上げない、グリップ上げない、
 腕使わない(つもり) で
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m8s
 クラブを 3時とか、4時に向けて 欲しいんですね。」

質問「はいはい。」

店長「自分の目で見て頂いて
 フェースって どうなってます❓」

質問「真横……やや上向き になってますかね⁈」

店長「ヘッドも上げない、グリップも上げない、
 出来るだけ意識的に腕は使わない(つもり)で
 フェースが横…やや上向きですか❓」

質問「はい… 若干ですが…。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m29s
店長「ソレ… すご〜〜く マズい ッスね🙄🙄🙄🙄」

質問「え😫え😫え そうなんです❓」

店長「はい。

 ヘッドは上げない、グリップも上げない、
 出来るだけ腕は使わず
 からだの向き で 右打ちであれば 右を向けば
 スイングには前傾姿勢がありますので
 右手が左手より上、左手が右手より下 になりますので
 少しオーバーにやれば
 フェースは地面を、下方を向いた姿勢になる筈…です。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
店長「カラダ 脚さばきで 右を向いている筈🙄……ですが
 この状態、クラブやシャフトが3時や4時を向いている際、
 フェースが横、もしくは上向き って は
 腕さばき クラブを捻じる事によって
 その からだの向き、脚さばきの仕事を奪ってしまっています。」

質問「!!!!!
 ココって 重要なんじゃないです❓」


店長「そう思います。

 グリップも上げない、ヘッドも上げない で
 右向きを造る   と
 かなり ガッチリ フェースは下を向く😌
 ✊地面を向いてしまっても良いと思います。

 その感じが からだの向き、右向きの基本 になりますし、
 上向き / 下向き では
 からだの左サイド、右サイドの縦関係も
 かなり違う感じになると思うんですね。
👉👉👉右向き時は かなりガッツリ 右サイドの方が高い。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s








 手のひら、手の甲であれば
 左手の甲が地面を向いて
 その真上に 右手がある位のイメージです


 この感覚って からだの回転の感覚の基礎 になりますし、
 短いアプローチは この感じがボールを打つ感じに なります。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
質問「
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「左肩を上げる & お腹を左に向ける
 から切り返しを始めると
 思っている以上に 早く インパクトが来ます。
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0s2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0







 回り道をしている余裕はありませんので
 腕での何かのアクションをする暇がありません。

 腕でのアクションと言うのは
 右打ちの人は右腕が利き腕と言うケースが多く、
 その曲がった利き腕を伸ばす
 と言ったことになりますが、
 早い段階で それを行ってしまうと
 想像通り ヘッドの振り→手打ち の流れになってしまいます。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)






 イメージで腕とクラブはロックしているけど
 からだの回転による遠心力などによって
 それが自然に、少しずつ 解かれてしまうのは
 構わないと思いますが、
 トップの位置で出来ているような
 クラブが起きて、短くなって
 腕の中にある重さが
 キャストするように 腕の外に出てしまうと
 からだの回転で移動するグリップ
 それによって 引きずられるヘッド のラインより
 多い道のりになって クラブが寝てしまう、
 フェースが開いてしまう、
 からだの回転との関係が途切れる、
 そう言う流れになってしまいます。

 ソコから紐解くと
 トップの位置、テークアウェイの取り方は
 徐々に答えが見えてくると思うんですね。

]咾涼罅⇔章咾涼罎縫ラブの重さがあるコト。
▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿悩幻を上げた時、
 お腹を左に向けた時、
 無意識でも 左グリップが打てる『低さ』まで下がる
 そういう重さが左グリップに掛かっているコト。
切り返しの初動に 左肩が上げられる トップの姿勢、
 テークアウェイの取り方をしているコト。


 ここら辺は 手打ち派の方が慣れて行くのには
 勢いをつけて 切り返すのを辞めるために
 トップの位置、静止したトップの位置から
 軽く流す程度で 打ってみる というのは
 結構、有効だと思います。

 あくまでもイメージですが、
 トップで出来た 腕の中側に有るクラブ、
 利き腕のリリースのされていないクラブが
 ボールが打てる 低さまで 下がり、
 かつ それが体の回転主導 となると
 左肩を上げ、おなかを左に向ける
 が一番良いと思います。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment
 そうなると ボールを打てる低さ、
 グリップエンドはボールを越えますから
 ここからは 腕のリリースが入っても
 からだの回転とクラブが途切れることが少なく、
 問題が少なくなります。
 よほど 速い速度で振らない限り、
 通常のアイアンショット程度であれば
 そのリリース要らないと言えば 要らないですけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレって ゴルフのスイングにおける
 からだの回転の 最大のパラドックスだ と思うんですね。
a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2
 からだの構造って
 よく言う 腰回りって
 腰椎に該当しますけど
 骨盤、腰椎は殆ど 回転できません。
 幾つかの合計で 5度程度 です。
 からだが壊れないようにするための遊び、余裕程度です。

 スイングで言う からだの回転は
 1/3は胸椎、胸郭
 2/3は股関節
です。

 多くの人は 肩周り、
 そのまた 多くが 胸椎を動かすんでは無く
 両腕の長さの入れ替え で
 胴体の上部を 下部に対して『無理に』回そうとするが故に
 本来の回転の主…なる筈の『股関節』が動かせなくなります。
股関節
 嘘ではないから 余計、困るんですが、
 肩を廻す と信じているから
 運動の主では無い筈の 肩を廻そう とするが故に
 腕を ヨコに 回転の方向に準じた方向に振ろうとしがち。


 それをしようとすると
 股関節が使えなくなる というパラドックスです。


 胸椎でも似ているんですが、
 両腕の長さ の入れ替え を 回転の主としてしまうので
 当然、と言えば当然なのですが、
 長くなっている腕が 邪魔 になります。

 テークアウェイで長くしてしまった 右打ちの左腕が
 短くしたいダウンスイング以降で その長さが邪魔になるのが
 スライスの原因で有ったり します。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
 回転しようとすれば するほど
 今度は ダウンスイングで右腕が長くなってしまう、
 本来の意味の 体のアウトサイドイン ですが
 望ましい 軌道で クラブを入れてこれません。

 運動としては
 胸郭、肩周りは上下に動かして
 右向きでは お腹を足で右に向ける。

 ダウンスイングも
 肩周りは上下に動かして
 お腹を足で左に向ける。

 その量は 実際のモノは 合算のモノなので
 実働は その半分で良いのです。

 肩周りは上下に使いますから
 両腕の長さの差も少なくなります。
 よく言うトコロの 腕の三角形が維持し易い でしょう。

 回転に伴って グリップの位置の高さを変えるのに
 上下の動きは非常に融合し易いと思います。

 脚を使うのも トップからフィニッシュへ、
 180度廻る必要はなく その半分で良い訳です。」

質問「不思議…です😵」
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
店長「でしょ😶
 コレって 知識として かなり革新✊だと思うんですね。」

質問「そう思います。」

店長「からだの回転の仕組みを知って
 それに準じた クラブの動かし方 をした方が
 絶対 スムースになると思いますよ。 Ⓡさん
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング造りで結構、怖い部分ですけど

 ハンドファーストを間違えてはイケナイ   …です。」

質問「 ウッ…。 」
F5sjEuZbUAACM4a
店長「ズリズリドリル
 ドリルと言えない ズリズリ遊びで
 グリップを引き摺って ヘッドを動かす
 スイング動作と全く関係ない、
 歩いてグリップを引き摺って貰う
  をやって貰っても
 思いの他、多くの人が
 シンプルに グリップを移動させて
 移動させ続けた その過程でヘッドとボールを
 コンタクトさせる というコトが出来ず、
 👉ボールを打つ って行為を意識し過ぎるから なのか
 そのボールを打つ為の 任意のポイント に
 グリップを動かし、そこで止めて、
 その反動も利用しながら ヘッドでボールを当てる
 と言う、似ているけれど 全然、違う 打撃感覚を
 持っています。 

 それと同じ、
 打撃の手順がそう言う感覚なのだと思います。」

質問「分かります…😌。」

店長「手の返し、ヘッドターンやフェースローテーション と
 ハンドファースト というのは
 実際には 流派の違う、対極に近い、別なモノ。

 二つを共存させるのは易しくないです。

 ズリズリ遊びと同じ感覚なんだと思いますが、
 ハンドファーストの位置、
 ボールより前、飛球線側の 自分なりの仮想ポイントに
 まず グリップを先に入れ、
 ソコから クラブのリリースで ボールを打つ。
 左手、右手 って手順ですね。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s





 それがかなり多くの人の
 ハンドファーストを取り入れた 自分の打ち方
 だと思います。

 そのままを表した言葉は
 しならせたシャフトをしなり戻す とか、
 遅れたヘッドを待つ とか、
 場合によっては 左サイドの壁も該当するかもしれません。

 しかし ハンドファーストの意味は
 そのまんま 引きずる ですけれど
 ボールは ヘッドの重さ によって 遅れて来る分、
 そのまんま 打ち抜く、打ち終わる で
 決して その遅れを取り戻すコト ではありません。」

質問「そこが理解出来ないと 永遠の謎というか、
 なんか自分のショット、スイングとの矛盾は解消されない のですね❓」


店長「恰好だけのハンドファーストを取り入れても
 その本質が見えていないと
 良いことは起こり難いと思います。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 スイングの打撃、インパクト以降の
 動作の終わり、終末に向けて 減速し始める
 フォロー以降は 運動慣性の残っているヘッドに
 グリップや自分が追い越されることは有りますし、
 それを無理やり止める必要はないですけれど
 それは 打撃ソノモノよりも惰性、おまけに近い部分です。

 ハンドファーストの原理は
 ハンドファーストを『形として』一度作り、
 その遅れを取り戻す、ヘッドファーストにする
 前準備ではなく、
 ショットは ハンドファースト状態のまま、打ち終えるコトで
 二つは 似ているようで かなり違います。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 ココの部分に 多くのゴルファーは惑わされていますし、
 正しい理解が成されないまま
 恰好、形だけ追い求めてしまうのは
 ダウンスイング後半、インパクト付近の
 その煩雑な 忙しい作業は
 一番大事な からだの回転を置き去り、
 かなりのケース 止めるコト につなげてしまうので
 思っている以上に 深刻なのです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの廻し方、だけではありませんが、
 カタチだけ真似て それが効果を成さない、
 自分に馴染まない、からだに刷り込まれない、
 そういった理由が見えて来るんじゃないでしょうか❓」

質問「ですね。」

店長「ですので 今まで ヘッドを振っていた、
 まあ それが打撃と思っているのですから
 それが『問題の原因』とも思っていませんし、
 からだの回転を形だけ真似ても
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 腕の長さが入れ替えられない打撃で
 『打てない』『どうしていいかわからない』
 になるのは 当然と言えば、当然です。」

質問「。。。。。。」

店長「スイングを変える、違うモノにする って
 
 
打てない…(ハンドリリースサンプル集_Moment(3) 
どうすれば良いか分からない…


から 始まるモノ です。

打てない…
どうすれば良いか分からない…
 と嘆いているのは
 悩んでいた、問題があった
 今までの打撃が通用しない、
 今までの打撃のアレンジがしたい、
 と言っているのと同じ。

 ここまで説明していますが、
 二つは全く異なる、
 見た目は似ているからもしれないけれど
 中身、駆動する部位の役割は真反対 なのですから
 初めてスイングを覚えるより性質は悪い のです。

 ですので 繰り返しますが
 打てない…
 どうすれば良いか分からない…
  から 始まるのです。

 初めて 練習場でボールを打つ時と同じ。」

質問「なるほど。」

店長「真反対の駆動を知っているのですから
 より一層、中身のメカニズムを理解しようと努めないと
 無駄に時間ばかりが掛かってしまいガチ です。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)





 ですので からだの回転でクラブを動かす  為の
 からだの回転を説明しますが、
 その理由、仕組みも同時進行で理解を深めず、
 カタチの真似、格好、動きのなぞり では
 身に付く可能性はグンと下がります。

 初めてゴルフを覚える人はそれでも何とかなりますが、
 真反対の駆動で打っていた マイナスから始まっているのですから
 カタチの追いかけを優先してはイケマセン。
 
 馴染みのある
 (右打ち)テークアウェイ・右向きの時の 左腕の伸ばし、
 切り返し、トップ以降、左向きの時の右腕の伸ばし、

 につながる 腕でのクラブの動かし に
 異様に反応や執着する傾向があります。
 今までの動きを活かしたい本能なんでしょうね。
(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment
 理解は出来ますが、ソコは切り替えて行きましょう😊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「手で振らない、ヘッドを円弧に振らない方法 って
 あるんでしょうか❓」

2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
店長「申し訳ないんですけれど
 こうすれば こうなる、
 例えば スライスはアウトサイドイン だから起こる とか
 からだが開くから、だとか
 そういうのは まるごと 嘘 とは言いませんが、
 単なる キャッチコピーに過ぎません。

 アウトサイドインでも スライスも、フックも出るし、
 それを形式上、インサイドアウトに治しても
 よりスライスがキツク成るコトも往々にして起こりますし、
 それで ドローボールにならないことも当然、あります。
 からだが開いても フックも、スライスも打てますし、
 根本的に からだが開くことが打つコト なのに
 あたかも からだが開くことが悪いように誘導するのは
 害悪の方が多いです。

 そう言うのに飛びついて 治そうとする、
 上辺や表面上の恰好で なんとかしようとする、
 その スイングへの取り組み の方が問題で
 もう少し メカニズムに探求心を持った方が良いと思います。


 まあ 質問頂きましたので
 一応 回答させて頂きますと
 思い込みも含め(こちらが多分に強いですけど)
 今やっていることを 捨てる、辞められるか、 です

 ボールをさばくイメージで かなり変わると思います。

 と同時に からだの廻し方 は直した方が良いでしょうね。」

質問「からだの廻し方 ですね。」

店長「コレは 昔から何度も言っていますが、
 アマチュアで オジサンおばさんの領域、
 運動性能や身体能力に自信のない方は
 『肩を廻さないコト』です。」

質問「肩を廻さない❓」

店長「まあ この時点で 世の中のアマチュアゴルファーの
 大半は 忌避感を強く持つでしょう。

 私たちの年齢であっても
 腕や肩周りに比べ 足廻りの衰え は やや穏やかです。
 立って、歩いている限り、ソレもトレーニングになります。

 その足腰、足廻りを使って
 骨盤、胴体丸ごと 向きを替えるコト。
 その結果、骨盤の上に乗っている 肩の向きが変わる
 に移行することはとても大きなポイントになると思います。」

質問「足を使って 廻れ ッテコトですね。」

店長「肩を廻すことの最大のダメな点は
 その行為そのものが 手打ちに直結し易いから✊ です。」

質問「😧 😧 😧 😧 😧」

店長「若い時に出来る  肩 を廻す  は
 胴体をひねって、捩じって
 肩のついている 胴体上部、胸や背中を捻じるコト ですが、
 ソレって すぐそこに 手振りが控えています。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 総じて ソコをたくさん捻じろうとすると
 肩のついている 胴体の方が動かそうとせず、
 肩ソノモノや腕、クラブの重さなどを使って 無理やり、
 勢いや反動を使って からだをねじる癖が付きます。

 また   (右打ち)
 右向きの時、その誘導には 左腕を長く使い、
 左向きの時、その誘導には 右腕を長く使う、
  "腕の長さの入れ替え" が
 からだの回転にすり替わり易い というか、
 肩で回っている『つもり』のアマチュアの大半、
 私の肌感では 高確率で アマチュアの回転は

 『腕の長さの入れ替え』がとても多いです。
R
 右打ちで 右を向く疑似行為 として
 左腕を長くしようとすると
 それによって 肩甲骨が引っ張られ、
 左腕、左肩が からだの前(胸側)に入ります。
 この きつさ が からだを廻す、右を向いている と
 独自に判断しています。
〇肩を廻せ〇肩を廻せ_Moment2
 ソレって 全くもって 右向きとは異なります。

テークアウェイの初動で グリップ、グリップエンドが
からだから遠くなる、離れる、
左腕を突っ張るかのように まっすぐ伸ばそうとする
 その手の傾向が強い人のヒトツの確認ポイントです。

 左腕を長くして、右腕の短くする と
 その動きは クラブを振る、ヘッドを上げる、
 実際には クラブは横に倒れ、寝ただけ なのですが、、、
 テークアウェイで クラブがピュッと動くので
 より一層スイングっぽくなる訳です。

 左腕を長くするのは 身体的にもキツイですから
 ヘッドの重さに勢いを与え それで促進する場合も
 多く見られるので テークアウェイはかなり速いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

通信講座ですね


おそらく、察しの良いKさんは
最近の記事を見て 気付いている と思うのですが、
当面のポイントとなるのが
🔴フェース面を円の外に向けたまま インパクトへ
だと思います。



トップで、ダウンスイングで、インパクトで
どこかの箇所をどう動かす…どう動かしたい…どう治す
それらは今は捨て置きましょう。

これは練習場ですが、
ボールを地面から、マットからこそぎとろう
円の中に掻き込もう
 ロフトを増やす形でボールを拾おう
 とするボールさばきが垣間見えます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

🔴立ったロフト→戻す→寝たロフト
こういう経緯で ボールをさばく のではなく
時計で表すのなら トップやダウンスイングで
スナップさばきやヘッドの重み(〜遅れ)によって
時計文字盤アドレス基準 6時の針が7時になる感じです。
時計の針を振る、回転させるのではなく
時計自体を廻す 👉体の向きを変える
トップからダウンスイングで作られた7時の針
それを固定して カラダの向きで ボールをさばいてください


アドレス時の 時計の針6時(アバウトですが…)
比べると 時計の針7時
(これもアバウトですが…)では
例えば 自分の鼻からヘッドまでの距離が短くなっています。
それでは届きません。

ですので 左へのシフト
 時計の絵で言うと 右方向、3時方向への時計自体のスライド
が必須(からだの回すのにも必須です)になります。

シフトは シフトしてから廻る
(見かけ上はそう見えたりします)
     と言う順序が在るのでは無く
カラダの向きの変更、からだの廻りと混じりあったモノ です。

足を主として 左サイドを積極的に動かしましょう。
カラダが開くのを恐れず
 途中で止まることなく 一気に向きを変える

それをするには 莠澗 が必要になりますので
 ある程度のシフト意識は必要ですが、自然と混ざり合います。


軸足は トップの位置からダウンスイング中に
右から左へと移行するのですが、
股関節の離れ分、どちらにも乗っていない曖昧な時間が存在します。
ですので その時間に、シフトしていく方向と別なチカラ、
外的要因、この場合は腕とクラブですが、
それを動かすと妙な遠心力や重さが掛かり
左に移行するのを本能的に中断するモノです。
ですので 少なくともグリップエンドがボールを超えるまで
(その時には概ね 左シフトは出来ているか、出来掛かっています)
腕、クラブは意識としては固定、
 ロックの状態を保ってください


グリップ、グリップエンドがボールを超えたら
クラブの慣性、腕の慣性もリリースして良いと思います。
 ✊短いクラブはリリースは要りません。

✋ここの注意点ですが(特にRさん 傾注❕
 からだを止めて 腕・クラブの慣性をリリースするのではなく
 あくまでも からだの回転の流れの中 です。
 曖昧な言葉ですが、打ってから放り投げる 位の感じです。

 からだの回転が止まってしまうリリースは✖ ですし
 リリースする為のからだの回転はもっと✖ です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






✋リリースが打撃のチカラ ではなく、
 スイングを、クラブに備わった慣性を収束させる為のモノ
 軌道の急激な変化をやや抑えるためのモノ です。
 くれぐれも リリースを打撃のエネルギーと捉えないで下さい。Rさん❕

打った後のリリース によって
自然とフォローは出ていきます。
おそらく そこも懸念材料だったと思うのですが、
打つまでは トップで出来た腕とクラブの関係はロック、
打ってからは リリース可、の状態がフォローを生みます。
小堀2020_Moment(6)小堀2020_Moment(4)小堀2020_Moment(5)







その際…ですが、
腕を無理に降ろしたり、振った訳 ではありませんが、
からだの回転によって 移動した左グリップ
回転の軌道に沿って、高いトコロから低いトコロへ
移動させられて ボールを打った 
と思います。
ですので それを継続、
止まることなく、左を向いていく力を使って
同じ流れ、そこまでの流れ通り、そこまでの移動通り、
左グリップを高いトコロ に移動 させてください。

フォローを出そうとして からだを止める
左グリップを移動を止める
(まぁ、ボールを円の中に掻き込むさばきでは
 フォローが出る要素は無いのですが)
が逆に クラブや腕を体に巻きつかせ
 フォローを出させません。
からだの回転で移動させることは絶対 ですが、
その流れを止めず、高いトコロから低いトコロへ来たなら
その流れで高いトコロへ抜く 
のがポイントです。

とは言え まず フェースの外向きのまま
からだの回転で から 始めて下さい✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


動作として スイングをとらえる場合、
主に動かすのは 『 四肢 』 が良いと思います。
a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2
腕で言えば 肘から肩までの上腕
脚で言えば 膝かた股関節まの大腿


左右合計ですと 4か所 になると思います。

自分の意志で積極的に動かすのは その『四肢

股関節から腕の生えている肩までの胴体部分は
それに対し 防衛本能が強く働く場所 になりますので
自然に任せ、胴体内を積極的に動かさない方が良いでしょう。

Ⓡさんの動きを見ていると
『肩を廻そう』と言う動きが
機能として腕の一部である肩部 ではなく
肩の生えた 両肩のライン・胴体部分
 を横に廻そう〜向きを変えよう とする

そう言う風に見えます。

足との連携』にはなりますが、
肩部は 肩の位置している胴体上部ではなく
機能として腕の方の 肩部 を
右打ちであれば 左肩ですね、 これを
水平ではなく 上げる✋下げるじゃなく上げる です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 😧😧ダウンスイング、切り返しの初っ端から❓

😃😃そう。

そこで 肩部〜腕の付け根 を上げると 上腕は下がります。
下がる と言えば良いのか、低くなると言えば良いのか…

上腕を、肘を、上腕を下げる でも良いと思います。
その人、その人による感覚の違いもありますから。

その動きを 必ず 脚と連動させるよう トライしてみて下さい。
そこは そう簡単ではないかも、ですが。


胴体側、両肩を結んだ胴体の上部 ではなく
肩を上に 『縦に』回転させようとした方が
足での 骨盤上部〜胴体の回転との連携が良くなります。
あきひこ先生1あきひこ先生







腕の一部である肩部を『縦に』回しても
結果、として 水平に廻って「見える」でしょう。
腕の、肘の、グリップの下がり(低くなる)は
良くなりますので 無駄なフェースターンも減る、無くなる
可能性も高いと思うんです。


大きなからだ全体、
骨盤から上の向きを変えるのは 脚の仕事です。

肩を、腕の一部としての肩部を『縦に』動かすのは
その 向きの変化に対し、胴体の上部の遅れを作らず
それを負荷にしないため、同期させる為のモノ で
回転そのものの 主力エンジン にしない方が良いと思います。

からだの向きで グリップが移動して、
重さの有るヘッドを引き摺る のと同じように
脚を使った からだの向きを変える動きには
股関節から離れたところが 重さによる 遅れ になりガチ、
ですが、クラブは両手で持っていますので
必要以上の遅れは クラブを捻じる姿勢、開く姿勢に
つながってしまうので それを造らない為の
同時進行の 肩部の縦の動き です。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
ですので 肩部の動きと脚の動きの 連携は不可欠になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


どれが Ⓡさんにヒントになり得るかは分かりませんが
とりあえず 実験してみました。 

Ⓡさんのダウンスイング 腕の振り出し
からだの回転での 腕の動かし方はとても気になります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
からだの回転は 言葉遊び じゃありませんが、
からだの回転の為に体を廻している、向きを変えてる訳じゃない。

ボールを打つ為、ヘッドを動かす為、クラブを動かす為、
そのクラブを振る為に からだを廻してるんですが…
じゃあ そのクラブを持った腕って
からだの回転で どう『振れば…』『動かせば』良いんでしょう❓

真水平、真垂直 なんてことはないけれど
すこし 極端にやってみると…

前傾姿勢をちょっと除外して
からだの回転、水平に向きを右/左と変える
その 回転通りに 腕を、クラブを移動させてみます。

その動きの基本『源動力(回転)に対する ひきずり』で。

からだの回転に似た水平っぽく 腕やクラブを動かすと
からだの向きでは クラブが『ターン』しきれません。
グリップやヘッドの移動する距離が長く、
からだの回転で動かせるグリップの移動量だと
ヘッドがターンしきれない。
右打ちで言うと ヘッドやフェースが左を向ききりません。
2023-09-16_20-27-14 - frame at 0m59s2023-09-16_20-27-14 - frame at 1m0s







そして コレは 遅いスイング演技でのコト で
ボールを打つほどの スピードに上げると
遠心力がかかり グリップやヘッドがより大きく膨らもうとする、
より長い道のりを取るようになるので 尚更、でしょう。


また、からだの回転通りの方向に、この場合は 水平に、
クラブや腕を移動、もしくは振ろうとすると
ヘッドの重さ、その『そこに留まろう』とする重さが
よりヘッドを遅らせ、水平に動かしているので
ヘッドの開き、フェースの開きになってしまいます。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
〇これでは どこかの時点で 想定外の
かなり強い『フェースのターン』が必要になり
それには からだの回転の停止、
左サイドの止まり が
不可欠になります。

そして、この 水平な腕の振り、クラブの振り には
下、地面にあるボールに届かせる、下への動きが少な過ぎます。
スピードを上げれば グリップも、ヘッドも、
浮こうとするでしょうから 余計です。
Ⓡさんの あの急激な下降はココに有りそうですし、
少し真似をして 打ってみると 非常にボールに届き難い。
ヘッドの遅れ〜シャフトのしなり が
 そのまま クラブの短さ になっているのもあります。

〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5sが、故にⓇさんが 
グリップをスプリット気味の
ベースボールグリップにしているのは
そのグリップが先で、
スイングがこうなった のではなく、
スイングが先で、
届かせる為 右手をヘッドに近い方に
と言う風に考えられます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久しぶりの Ⓡさん登場ですが…

なんだか 夏休みの宿題 やり残している感じがしますね。 
既に行かれたか、どうかは伺っていないですが
あきひこ先生のトコロに行かれたかも、なので
今は こうではないかも…ですが…。

🙄🙄🙄動画からご覧ください。



,泙此^貳峪呂瓩北椶砲弔点が
 なぜ『ベースボールグリップにしたのか』です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5s
 グリップを離す〜スプリットグリップに近い形になっていますが
 おそらく…なんですが、
 右で叩くのが大好きなⓇさんは
 それによって 左グリップが先に行く んじゃないか
 という願望の元、かな って思うんですが、
 それは ものすごく裏目に出ていて
 右での叩き、右腕の伸ばしが強すぎて
 今まで以上に 左腕の『浮き』が顕著になり、
 スローだと分かると思いますが、
 インパクト前、ダウンスイングの後半に
 極端に、そして急激に グリップ軌道が変わっています。

 それが故に インパクト以降が
 インに切り込み過ぎていますし
 急激なグリップの下がりは
 それを補うための 急激な伸び、
 空間の確保が必要になり
 かなり しゃくり気味の入り になってしまっています。

 今の状態では ボールが浮き難い だけでなく
 空中にあるボールを打つドライバーは良いかも、ですが、
 地面から 長物を打つのはかなり苦労する

 と共に 急激なグリップの下がり、その空間の確保 は
 急いで 直ぐにくぐり抜けなくてはならない ですから
 フルスピードで駆け抜けるショットは良いかも、ですが
 距離調節の必要な アプローチが上手く行き難い
 と思います。

 アドレスにも悪影響が大きいですし、
 ベースボールグリップ、ドリルなら兎も角、
 スプリットになるようなグリップは 即刻、中止✊
 する方が良いと思います。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
▲哀螢奪廚留洞舛ない とは言えませんが、
 二人の ダウンスイング初期での
 左腕の下がり方 は かなり極端に違います。

 Ⓡさんで無い方の方(仮称Aさん)は
 現在、ダウンスイングの初期、切り返しで
 左肩を縦に『上げる』… 下げるでは無く上げる で
 両腕を自然に低くする 〜下げると言うより下がる
 を スイングに馴染ませている途中なので
 余計にその差は大きく見えるのでしょう。

 肩周りは 縦に動かす意識を強く持って貰っています。

 Ⓡさんの場合、ダウンスイングで
 腕が下がる気配が薄く、
 からだの回転で 腕をそれと同方向、
 ヨコに、ボール方向に引っ張ってしまっているので
 インパクト直前で
 急激に下がる、右腕の伸ばしで
 左グリップを押さえ込んでいる ようにも見えます。
OIP

 バケツの水撒き の話し で言うと
 水を撒き散らかそう、広い範囲に水を撒こう、
 から始まって、途中、突然、目標に対し
 この場合は ボールの飛ばす方向では無く
 ボールに向かって 目標を取るような動きになって見えます。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 背筋が強いのは伺えるのですが、
 早めに グリップが、もしくは腕が低くなる動作に
 変えないと 痛めるトコロが出てしまうと思います。
 怖くて真似られないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「肩は縦に廻した方が良いんですか❓」

店主「実際にトライして見ると 分かると思いますが、
 トップオブスイング、切り返しから
 肩を『縦』に廻そうとしても
 『縦に』廻っては見えません。

 一方、『肩を』横に廻そうとすると
 人間のからだには 確固たる肩を横に動かす機構が
 ありませんから 脚廻りを使って骨盤なり、
 胴体をねじって上半身を動かそうとする一部になります。
 土台たる足場、骨盤が動いていたら、
 順番として 肩を廻すのは後になる、
 骨盤の動きがおさまってからになるのは
 仕方がないコトです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4






 それを避けるため 肩は縦に ってことだと思います。」

質問「なるほど。」

店主「肩を縦に廻せ というのは
 腕をおろせ、グリップを下げろ、
 からだの回転より『意識の中では』腕を動かせ、

 と言っているのと 同意語だと思うんですね。

 腰や骨盤を廻すのも良いけど
 腕の生えてる 肩周り〜腕を『遅らせるな』
 真意なんだと思います。
会田20210701 - frame at 0m15s
 それを言う人の感覚や感性の違いなんだと…。

 肩を縦✋の意識ですと
 切り返しから 肩は下、下方、低い方 ではなく
 いきなり と言う感じになります。
 肩…腕の付け根として肩が上方に逃げれば
 腕としては、
 ま この場合は主に右打ちの左腕を指しますけど、
 グリップの位置は低くなりますし、
 そう言う慣性や重さも加わってくるので
 腕自身は下がる

 そういうコトを言ってるんだと思います。

 ドライバーのように からだが起きていて
 前傾の少ないモノではなく ウエッジとか
 短めのアイアンで その感覚と掴み、
 脚廻りの骨盤の動きに遅れない、
 意識としては 先に肩回り、腕が動く
 そう言うのに慣れるのは重要だと思うんですね。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s






 右打ちで 右腕を伸ばすことでヘッドを振ったり、
 クラブを下に振って ボールを打つ、
 と抱き合わせにそれをやれば
 痛い程『ダフる』コトになりますから
 どっちを辞めるんだ ッテコトになるでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「リキミを生まない為にも
 切り返し や ダウンスイングは
 肩を落としてしまって良いんです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 無理に 両方の肩を高く保つ必要はなく
 右打ちで言えば 右肩を高く保つ必要もない。
 右肩は低くなってしまって良いんです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 廻ってしまえば…
 左を向いてしまえば良いんで
 それは 肩ではなく、脚の役割で
 肩で 水平に廻ろう とすると
 腕遅れを生んで、りきむコトになり易い。」

質問「なるほど。」

店長「肩を落としてあげる、
 きっかけはクラブの重さでもいいですし
 自分の動作意志でもいいですが、
 右肩を下げる、
 左肩を上げる、 が上腕を下げる、

 近道を通る〜近回りする、
 からだの回転に同期する
 につながると思います。

 そう言う意味では
 あきひこ先生のレッスンの中で
 テークアウェイで ちゃんと右肩を上げておく、

 下げられなくなりますからね、
 左肩が上がって 上下にかぶるようにしない、
 って結構、頻繁に出てくるテーマですね。

 ダウンスイングで 肩を落とす、上腕を下げる、
 クラブ(グリップ)を低くするには
 右打ちで右肩が高くなっていないと難しい…。
 
 軸ブレして 前に倒れちゃうのは拙いですけど
 右ひじが外に張る、高くなる、
 右肩の高さを造る のはとても大切と思います。
〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ総じて テークアウェイでは
『左肩を入れろ』
『左サイドで』って言うのが多くて
間違って意味での『腋をしめろ』〜腋の下を空けない
ってのがあって
こういう右肩が下がり気味で
 左肩が上がり気味の姿勢を造ってしまう場合が多い
 と思うんですけど、コレだと クラブは下がり難く、
 からだの回転に追随しにくい。

 根本に 肩を水平に回そう が有るとは思うんですが、
 肩って 思ったよりも 縦に動かす 感じなので
 肩が縦に動かせる姿勢を造っておいた方がよいですね。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 テークアウェイでも肩を水平に回す ではなく
 水平な動作を造るのは 脚 で
 上げる、高くする量は好き好きだと思いますが、
 そっちの役割は 機能として腕の肩の仕事です。
 ソコ、混同しちゃうとやり難いですよね。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






店長「悩み多きゴルファーを見てきた感想からすると

 かなり多い割合で
 『肩を水平に回そう』とするのが
 スイングの『りきみ』の原因なんじゃないか、と思うんですね。」


OIP
質問「!!!!!!」

店長「切り返しからダウンスイング
 肩って意識したら

 どうでしょう、
 両肩を結ぶ胴体部、
 背中の上の方 や 胸を意識するでしょうか❓

 それとも 本当は腕の一部の
 尖った先端部にあたる 肩を意識するでしょうか❓」

質問「肩…でしょうね。」
あきひこ先生1あきひこ先生







店長「ですよね。
 
 トップの位置や切り返し時には
 クラブを高くしていたり、
 腕も上げていたり、しますから
 その付け根の 肩には 重さが掛かっています。

 当たり前ですけれど 重さって
 重力方向に働いているます。
 それを下げないよう 平行に、水平に回転させようとしたら
 その重さに逆らわなくてはなりません。

 両肩を結び肩ラインが
 最終的には 水平っぽく廻っているのは
 それの乗っかっている 骨盤が水平っぽく向きを変えている ので
 そこで 肩にかかっている『重さ』に逆らって
 肩部を意識的に水平に廻ろうとしたら、
 腕は下がらない、クラブは降りない、
 肩は水平に廻るけど、からだ全体がギッタンバッコン
 って結果になり易いと思うんですね。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 重さが縦にかかっている上に
 回転などの動作も入っていますから
 ソレはかなりの重さになると思います。
 その重さに逆らったら リキマざるを得ませんし、
 リキミって動作としては『止まり』ですから
 腕遅れになります、ならざるを得ない。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 脚をつかって 直ぐに左を向く んですけど
 肩にかかる重さ通りに
 肩は動かせばいいんじゃないですか❓

 積極的に 肩周りを動かす事はないかも、ですが
 肩は重さに任せて落としてしまう、
 縦に行かしてしまって良いんじゃないです❓

 ソコ、逆らっても良いことは少ないと思います。」

質問「なーるほどー。」

店長「肩って 腕なんだけど
 からだ、胴体の中に属しているってのが
 話をややこしくしていると思うんですね。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 胴体、骨盤が横に動けば
 その上に乗ってる 肩部もそう動きます。
 だからって 重さに逆らう必要は無いと思います。
 その方が 近回りもし易いし、
 重さの負荷も少ない、止まりも少なくなるから
 より素早く左を向けます。

 グリップを下げるとか、左上腕を下げる、
 肘を動かすって 肩を重さ通りに落とす
 と
 考えて良いんじゃないでしょうか❓」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「仮想インパクトのクラブの位置、
 グリップの位置が アドレスと比べ
 少々オーバーですけれど 1m
 とします。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)
ソコに行くには
かなりの近道 が必要です。

からだのものすごく近くを通すのですが
 それだけでは不十分で
 『ちゃんと』右を向いて
 それを通せる空間が確保されている必要があります。
 2021-12-06_22-21-54_Moment(2)
空間のために ゴルフスイングには
前傾姿勢がある と考えても良いです。

 手だけで上げてしまっている、
 テークアウェイを取ってしまっていると
 始めから 通り道、近道と言えば良いのか、
 グリップエンドを通す空間~近道が存在しません。

 ダウンスイングで 腰だけが先に回ってしまうと
 やはり その空間が塞がれてしまいます。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 からだの回転で 腕を、クラブを横に振ってしまうと
 道のりが長過ぎて 時間が足らず、そこへ到達出来ませんし、
 腕やクラブを横に移動させたコトによって
 腰だけを回したのと同じ状態になり
 グリップエンドを入れる、通す空間が無くなってしまいます。

 『間髪入れず』左を向くのに追随と言うか、
 遅れさせたくないですから
 右向き、そして 前傾姿勢で出来る軒下
 の近道を利用いしたいトコロ です。

 右向きが造らない
 前傾姿勢を利用しないは
 クラブの機能の利用を放棄しているのと同じ です。


 今まで 腰を先に廻し、
 後から手で振っていた人、
 フェースローテーション、手の返し、
 それを打撃のメインにしていた人が
 からだの回転に移行できた🌸 とすると
 トップからインパクトまでの 感覚的な時間は1/5位な感じ、
 今までの打撃は 3倍も.5倍も長い時間をかけて
 インパクトに来ていた感じがすると思います。

 からだの回転で✋
 トップの位置から一気に、間髪入れず、
 からだ全体を左に、飛球線方向に向ける、が実現すると 
 トップからインパクトまで
 本当に時間がありません。

 手を返す、フェースをターンさせる、
 インから入れるとか、アウトから入れるとか、
 何もする暇が『まったく』ありません。

 自分でボールを打った実感が湧かない程、短い時間です。

 兎も角、時間がありません。

 速く周りたい、ヘッドスピードを上げたい
 のですから当然なんですが…、
 目標とする インパクトの通過点、
 アドレスよりも 1mも茵△發靴は前のグリップエンドの位置
 に行くには 重力のチカラも手伝って貰うべきでしょう。
 そこへ行くような、行き易い重さのかかる
 トップの場所なり、位置を造るのが
💮💮💮です。
 
 その通る経路は
 トップの位置〜アドレス時の左「腋の下」あたり、
 アドレス時の左腕とからだの間 位 です。
 アドレス時の左腕よりも かなり自分寄り です。
 おそらく ですが、
 その通り道を体感したことのない方にとって
 強烈に『自分側』に近い です。
 右向きが無い、足りないと 存在しない空間でもあります。

 グリップの移動 という事であれば
 非常に小さな半径の弧 という事になりますが、
 からだの回転が主エンジンになりますから
 結果、として 円軌道〜曲線ですが、
 意識としては その目標地点まで
 直線でグリップエンドを移動させる方が良いでしょう。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「おそらく ですけれど
 からだの動かし方やクラブの使い方など
 前情報なしに 初めての人に
 ゴルフクラブでボールを打って貰う と
 ボールとヘッドを当てたいですから
 からだの向きは勿論、グリップも出来るだけ
 たくさん動かさず、『小手先で』
 ヘッドを送ろうとすると思います。

〇ヘッドには遠心力が掛かる
〇スイングは丸く振る
〇(打った後?)ヘッドがグリップを追い越す
 などなど
 それを肯定するかのような ゴルフ用語が巷には溢れていますので
 その動きを成熟させていくのが
 ゴルフスイングの進化になって行く可能性があります。」

質問「結構・・・ 少なくないと思います。」

店長「だと思うんですね。
 腕の三角形を保ったまま…とか
 アプローチで言えば 『振り子のアプローチ』の延長線上で
 ショット・フルショットに至ってしまう例も多いと思います。
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 ただ ある時点に来ると
〇からだの回転で✊・・・ とか
〇インパクトはハンドファースト✊・・・ とか
 それと相反する用語も耳にするようになりますから
 そこら辺に葛藤するんじゃないか、とも思いますね。

 からだの回転の伴わない』ヘッドを前に出す 動きでは
 小手先でのグリップを押し出し、の結果、どうしても
 左手を右手が追い越す、
 右手が左手の前、そして腓棒り込む形になりますから
 その反射、反応として 回転とは異なる
 左腰を引く形にもなりますし、
 ボールを打つ為、ヘッドを前に出す には
 ヘッドファースト、グリップレイト にさぜるを得ません。

 ここら辺が成熟、確定していくと
 からだの回転の動きとクラブの動きが分離、乖離してしまい
 良く耳にする からだの回転でボールを打つ …が
 謎のワード、理解不能な用語になってしまったりする訳です。」

質問「ですです。」

店長「ココでヒトツ 実験して頂きたい、ドリル…、
 ドリルとは言っても とても簡単で
 頭が整理されていれば 直ぐに出来るドリルなのですが、
 以前 パッティングストロークの話し でもしましたが
 クラブで 『テークアウェイを取らず』
 アドレスのまま、 ソコからボールを打って頂きます。
〇支部 昼連物語
 前提として テークアウェイがありませんので
 助走、勢いが無いですから 番手にかからわず
 ボールは前に数メートル、いいトコロ 10mも行かない程度
 ゆる〜く前進〜〜〜転がるだけです。
 ロフトのあるクラブであっても ボールは殆ど『浮かない』
 単に前に数メートル転がる…程度 になります。

.▲疋譽垢ら
 実際のスイングでは ヘッドは遅れてきます。
 その遅れはそのまま、遅れっ放しのまま、ボールは打ちますので
 ハンドファースト、少しグリップだけ進ませます。

▲▲疋譽垢任垢里如.悒奪票体はボールの直ぐ後ろにありますが、
 そこから 『からだの回転の伴わない』
 『回転とは異なる肩部分も含まれた腕、小手先の動き』
 『右手の押し出し』などで ヘッドを出そうとすると
 地面が干渉して ヘッドが動かせません。
20231180m420231180m8






➂ですので そのハンドファーストは維持したまま、固定したまま、
 グリップを動かすのが目的ですが、からだを左に向けて下さい。
 グリップが移動した分、ヘッドが動きますので
 フェースとボールが接触し、
 ボールがゆっくりですが、前に転がります。

 テークアウェイがありませんが、
 プロがアイアンでターフを取るような動き は
 ココから生まれたりします。

 また、ヘッド単体を下にも、上にも振っていない、振らない、
 そう言う実感も湧くかもしれませんし、

 からだの回転の役割を理解出来るかも知れません。

〇からだの回転〜
 また よく言われる
 『自分でボールをあげようとするな✋』
 このドリルでは 使っているクラブにロフトが有ろうが、無かろうが、
 勢いも助走もありませんので ボールは浮きません。
 『からだの回転の伴わない 小手先でのヘッドの押し出し』では
 (ロフトのあるクラブの場合)ボールがぴょこんと浮くと思うのですが
 それはダメなのです。
 インパクトまでに助走がある、
 ヘッドが落ちてくる、
 ヘッドの進入に高さが伴っている、 から
 ボールが浮く、ロフトが活きる、
 厳密に言うと
 ゴルフクラブの長さが造るアタックアングル(入射角度)
 そして ヘッドの重さも含めた勢い があるから
 フェースの上にボールが乗る、ロフトが活きる のであって
 テークアウェイの無い、勢い・助走の無いこの場合、
 ボールは浮かず、前に転がるだけ が基本です。
345251407_2010008172692761_8058080070139781244_n (1)
 まあ ドリルと呼ぶほどのモノではありませんが

 一度 体感して頂くと良いかと思います。」

質問「やってみます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✅もっこ〇君の脱「右を向いている内に」

〇熊モッコ

ブログ後にまだ打ってはいませんが

内容を読んで頭の中で整理が出来つつあり、

感覚でも徐々にイメージ変化が動き出しつつある感じがしています。

上体の捻れないとまあシンプル化しますね。そのイメージは湧いてきました。

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









正直、現在のスイングの形からは肩と下半身が同調すると、

グリップやヘッドの落ちが遅い可能性があり、

最初は余計にスライスが強まる感覚は、

イメージ上ではどうしてもまだ残ってしまいます。

ドリルをやって、そのイメージ払しょくへ進撃します!


✅もっこ〇君のあなたのからだはどれですか❓

〇1769ps(p)

あおむけに寝て、立て膝、の状態で、

足、腰(骨盤)、肩の連動を確認したりしてます。

 

膝を左右に倒す:腰も肩もついて来ない。

(骨盤)を左右に倒す(尻を回す) (足裏の補助は入る)

:膝も肩もついて来る。

肩を左右に倒す

:肩を倒そうとするだけでなかなか大変。

腰も足もついて来ない。

足裏で蹴って左右に倒す:腰も肩もスライドはすれども、回りはしない。

 

結果として(以下立って確認)

回転方向(の先頭)にある尻の重量を使い(右回りは右尻、左回りは左尻)

(骨盤)を回すのが一番簡単そう?ではあります。

 

尻を回せ、ですね(笑)


✅もっこ〇君のからだが開いてる❓

〇熊モッコ

捩じるから遅れる。 なるほど

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s

 そうだ、すべて捩じっていたのかも!

 頭の感覚も捻じらず、どう体に伝えるか、

そうすれば打撃インパクトも伝導インパクトも直ぐなんでしょうね。


✅もっこ〇君の途中下車

〇ハミングバード教団長崎支部

昨日 「一気に左を向く」で 打ちっ放し 練習へ。

クラブは 7W

 

最初は 十分に届かず トップ。

トップと言えども フェース下部には 当たっている。

 

「一気に左を向く」が 未だ不完全なのか

 と思いながら 打ち続けていると 当たる様になり

狙い点へ向かって 飛び始め、徐々に いい感じ。

 

飛び方が これまでと 変わった様です。

 

Dr に 持ち替え。

 

明らかに 飛び方が変わっています。1番手ほど 飛んでいます。

 

悶絶度を増した PS SW アプローチショットも

かなり いい感じで 今までとは違っている様な・・・

 今週のラウンドで早速 トライします。

 

なお、グリップの進め方 を ある程度習得しておいた方が良いと

 思った次第です。早く回る為にも、ゆっくり回る為にも。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック







上から見たこのアングル
V字を維持してみよう 上編_Moment
トップの位置で形成される
 👉右前腕とクラブ(シャフト)の角度
厳密には 校ではないですが、
 このV字を維持したまま、打ってみましょう。

ウエッヂショットで 30〜40ヤードの距離位でしょうか
V字を維持してみよう_Moment
ショットのドリルにもなりますし
アプローチの改善にもなります。


V字を維持することによって
クラブと腕の長さが短いままです
(からだとヘッドまでの距離)

ボールでヘッドを探らず
からだの回転、左サイドの移動を持続しないと
ボールには届きません。
からだの回転で打つための周り方のドリルになります。

校を維持し、その頂点であるグリップを
いつも 回転の先頭 に置いておく感じです。
フェース面の作り方 というか
ボールへのアプローチ(進入)の仕方 を
 考えないと シャンクの佃煮になっちゃいます。
 ロフト(フェース)の開き癖も治せるかも・・・。

✋特に インパクト直前のリリースでボールを打つ人は
 ●からだの回転の仕方(左サイドを止めない)
 ●ロフトを開いて入れない

を同時に達成するための良いドリルになると思います。

アプローチにおいて
インパクト前後での 急なロフトの変化がなく
一定のロフト
一定の入射

になり易いです。
距離感は 自分の回る速度次第。
とても良い練習になると思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ