◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 飛距離アップ


店長「ゴルフ用語での『ボールを上から打つ』は
 別な言葉ですと 『ボールをつぶす』 とか、
 ハンドファーストも 限りなくイコールに近いような
 用語と言って良いかも知れません😌
スクリーンショット 2024-06-07 170957
 そのクラブの、そのロフト角度で
 効率よく 遠くに飛ばす👉強い球を打つ

 最大のポイントと言っても良いと思います。

 他に適切な言葉が無いので 『上から打つ』 と言っていますが、
 ボールを打つまでの 入ってくる角度が
 上下、高低の 上から入ってくるコトがポイントなのでは無く
 ロフトが立った分、そのまま
 ボールを打つ抜くか・・・・・・・打ち終わるか

IMG_0526
 どちらかと言えば 打った後の抜け方
   salida de caceza …サリーダ・デ・カベッサ
 ヘッドの入り口 ではなく
 『ヘッドの出口』の方が問題
なのです。」
IMG_1144IMG_1142







ST「どうやって抜けたか がポイントになるんですね❓」


店長「はい。
 この動画 👇 のような入れ方をしてしまいますと

 見た目では「上から」入ってきています
 インパクト後、ヘッドは早い段階で高くなってしまい
*からだの回転で造られる以上の 円が
 ヘッドの動きに加わってしまい
 ボールの底をフェースで撫でるような形になってしまいます。
 一見すると 上から入っているように見えますが、
 効果としては 下からしゃくっている(すくっている)形になります。

スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





 それでは ロフト角度以上に
 ヘッドを丸く動かした分、打撃のチカラが
 ボールの前に進むチカラにならず ボールの回転や高さに
 なってしまい 効率よく飛びません。

 どの位かは個性があるので言い得ませんが
 少しオーバーには 右打ちの人であれば
 左靴を通過する辺りまでは
スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





 シャフトの角度・ハンドファーストの状態が維持されたまま
 抜けていく
 流行り言葉で言えば インパクトを『ゾーン』に
 してあげる と言う方法ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「上から打つ って 形式上と言うか、
 見た目の上からヘッドを入れるコト を指すのでは無いので
 ソコがポイントかも知れません。」 

ST「上から打つ のは
  😵上から打つんじゃない❓ ってコトですか?」


店長「一休さんの問答みたいですけど
 見た目で言えば そういうコトになります。
(こする つかまえる_Moment(2)(こする つかまえる_Moment(3)







 上から打つ『効果』のその効果の部分が重要で
 その言葉の意味合いは
 必要な分、ロフトを締めて 強い球にする✋
 遅めのヘッドスピードでも 前に進む強さを出す✋
 それが目的ですので
 見た目の 上から入れるにとらわれ過ぎてはダメです。

 例えば この動画…ですが

 見た目は 確かに ヘッドはボールに対し、
 上から入っています が
 ややこしいですけれど
 『効果』と言う面で見ると 上から入れる の
 全く反対の 下から『こする』効果になってしまいます。
 お薦めはしませんけれど、ショットとしての
 効果は 如何に『距離を出さない』『強い球にしない』で
 飛ばさずに 上げる 高さを出す、ロブショットなどに
 適用されます。

 アプローチなどでは 意図的にこうする…コトも
 ありますし、多くのアマチュアは これを
 アプローチのスタンダード と思っているフシが
 有る気がしますが、良い影響があるとは思えません。

 ショット全般に対しては 負の側面の方が多い、
 効率よく飛ばす とは 正反対のヘッドの入れ方
 を身に着けてしまう…可能性を秘めています。」

ST「強い球にする、とか 飛ばす為の方法なんですね。」

店長「基本はそうです。

 ですので 見た目の技術としては
 ハンドファースト が一番近い関係かも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

ST「今日はショットでよく言われる
 『上から打つ』って言うのを教えて下さい。」

店長「あああ よく使われますよね。
 アプローチやバンカーなんかでも
 その言葉が使われたりする訳ですが…。

 単純に 入射角度、
 ヘッドがボールに向かって
 ある程度の高さから 低くなって入ってくるサマ
 だったり、する訳ですが、
 実は "肝心な部分" が抜けていたりします。

 二つの写真をご覧ください。

IMG_1142IMG_1144







 左右とも 高さとしては
 ボールに対しては上から入って来ています。

 入射『角度』としては 左の方がキツイ、
 数値で言うと 大きな数値で入ってきていますが
 アプローチなどで言うと 特殊な場面などを除き、
 ショット全般で言われる 『上から入れる』は
 どちらが正解だと思います❓」

ST「う〜〜ん どちらもOKじゃないですか❓」

店長「正当な意味での上から打つ は
 イコール 強い球を打つ と言う意味も含みますので
 目指すべきは 右の写真だと思います。
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)







 左の写真は バンカーやラフなどでの
 脱出を優先した場合に使われる "上から打つ" で
 特殊、もしくは非常時と考えて良いと思います。

 そう言う意味では 正統な上から打つは
 入射角度はありますが、その角度はやや緩く(シャロー)で
 特殊な上から打つは 角度はキツく(スティープ) なりますね。

 同じような力加減で打つと仮定して、弾道としては
 左の画像のショットは やや遅い弾道で、高く飛び出て、
 一番高くなるトコロが手前で 全体として放物線を描くような
 そんな球になります。
スクリーンショット 2024-06-11 220258
 右の画像のショットは やや早い弾道で 低めにライナー目に飛び出て
 一番高くなるトコロは奥 直角三角形のような弾道になります。」



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「上から打つコト や ハンドファーストにするコト
 を意識しているのは とても良いと思います。
けんたろう202404 - f
 その上で ゴルフクラブの普遍的なメカニズムを
 知っておいていただきたいのですが。」

KO「はい。」

店長「カラダが回り、グリップが移動する、
 そのグリップの移動分よりも
 ヘッドを動かすと
 元の グリップの移動はその分、必ず減ります。

 気分は ヘッドを動かしているので
 たくさん、もしくは 速く動いて感じますが、
 土台となるクラブの移動が滞る ので
 ヘッドの移動自体も減りますし、速度も下がります。 

 ハンドファーストを意識して
 それを利き腕の伸ばしや手の押しで
 作ろうとしてしまうと
 無意識とは言え ヘッドを不必要に動かすコトに
 なってしまうので ボールとの合流点となる
 インパクトは 中に入ってしまい
 結果、ハンドファーストの度合いは減ってしまいます。

 多くの人は イメージとして
 ハンドファーストでのインパクトポイントは
 からだの幅の中の 右打ちで言えば 一番左
松田202304 - frame at 0m42s
 左足や左靴の前位としていると思いますが、
 ハンドファーストで
 ヘッドが遅れ
 その遅れが フェースで言えば下向き〜外向き
 を同時に達成するには
縦横2 - frame at 0m32sもっと全然 先
インパクトポイントを
👈ここら辺にイメージしておかないと
出来ません。」


KO「ボールに届かなそうな場所 ですね。」


店長「ですです。
 シャフトやクラブが地面と平行位のイメージのタイミング
 でないと グリップはココに来れませんし、
 この場所ですと クラブ自体が飛球線の方向を指している
 …そうしてしまうと グリップはこの位置まで
 辿り着けません。

 多くの場合、真っ直ぐ飛ばしたい からなのか、
 ローテーション、ヘッドを返す『結果』でなのか、
 クラブが飛球線を向くタイミングが早過ぎるのです。
IMG_0662
 このクラブの姿勢で 『ボールの上を通過』するような
 そんなイメージになると思います。

 ボールに届くのは からだの向きがやってくれる✊
 のですから。

 この位極端な位置のイメージが無いと
 ロフトも締まった状態での
 ハンドファースト
 上から打つは達成できないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問:右肩が下がる、突っ込むと言われています。
 ダウンスイング〜切り返し時での
 右サイド・右肩はどういう風にしたら良いんでしょう❓

⛳この部分、気にしている人も多いと思います。
 トッププロと比較しても仕方ありませんが、
 ココの部分は典型的なアマチュアの悩みです。

 少し脇道になりますが、
 かつて(30年位前でしょうか)は
 ボールの上がりの主体はスピンだったので
 ボールをしっかりつかまえる
 👉ヘッドが入射(上から入った分)してきた分、
 ロフトが立っていることが必要だったのですが、
 その点がアマチュアには苦手な部分なので
 ヘッドの入射角度が甘い、緩く、
 場合によっては しゃくって(下から入る)打っても
 ボールの上がりが確保出来るクラブが
 主流になって来ました。

 我々の娘や孫の年齢ですので
 その数値を 1割、2割減位で考えると
 ちょうど良いですが
 女子プロのデータをご覧ください。

クラブ別スペック

 実は アマチュアが一番気にしている
 ドライバーのデータは その正確性👉ソコが重要なんですが
 を除けば 大きな差はありません。

 差が出てくるのは 
 ロングミドルアイアンは総じて
 アマチュアは苦手ですが、
 差が大きく出てくるのは 7番8番アイアンから下 です。

 プロのショット は
 番手が増えると それと比例するように
 縦の回転数が増えてきます。
 ヘッドスピードによりますが、
 9番アイアンやピッチングウエッジでは
 5000〜7000回転 にもなります。

 ところが アマチュアの多くの方は
 7番アイアンから下の番手のショットの
 回転数が大きく変わらず、
 7番アイアンもウエッジも縦回転が同じ だったりします。

 勿論 プロは血の滲む訓練をして来た、している、
 と言うのもありますが、
 ✋ココが一番大きく違う、別物✊
 『正確性にもつながる 大きな違い』だと思います。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 番手が異なると
 ロフトが増え、クラブが短くなってくると
 それに応じて 縦回転が増える は
 その言葉の通り、
 ロフトが増え、
 クラブが短くなる 👉入射角度がキツクなる からで
 逆に ロフトが増え、クラブが短くなっても
 縦回転がの数値が変わらない は
 クラブの長さが変わっても
 入射角度に変化、差が無い というコトを示しています。

 ドライバーでは プロとアマチュアの 回転数に差が無い
 のは ドライバーはティーアップした
 空中にあるボールを打つので
 意図的に 入射角度を取る必要が無い、
 限度はありますが、逆に、
 程よくアッパーに打った方が
 つまり 下から入った方が『距離が出易い』…
 メカニズム上、都合が良いので
 上から打つコトが苦手なアマチュアにも有効なのです。
〇グリップを、クラブをどこへ動かしたいのか がからだの廻し方を決める - frame at 0m10s

                続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


KO「切り返しでは よく『腰から』とか
 『足から』と言われますが どうなんでしょう❓」 


店長「答えになってはいませんが、
✅素早く 向きを変えるコトが出来 👉スピードアップ
✅ヘッドの遅れがロフトの立ち フェースの外向き/下向き

 になっていれば からだの動かし方やその順序は
 それぞれの人の感覚で良いと思うんですね。
〇見かた18s〇見かた21s







 ただ からだの反応では
 足や腰は自然と その上の部分に追随して
 からだを守ろうとして、動いて行き易い。
 『肩を廻す
 腕やグリップの位置を移動させる為、
 肩を廻す と言う感覚でスタートしても
 クラブや腕の重さ、そして運動による積算によって
 足から、腰から 動いて見える んじゃないですか❓

 それを 足から、腰から と
 順序で動かそうとすると
 "必要以上に" 腰に対して肩、肩に対して腕、
 腕に対してクラブ が遅れてしまい 捻じれを生む。

 ゴルフクラブにとっての捻じれ は
 フェースやロフトの開き ですので
 結局、打撃の最後のトコロはでフェースターンが
 必要になっちゃうでは その順序は本末転倒になっちゃう。

 ショットはドライバーやアイアンショットだけでなく
 アプローチであっても、パターであっても
 ボールをしっかり上から打つ
 即ち ロフトでボールを『つかまえる』は
 絶対の条件、ショットの前提条件だと思います。
555
 フェースの向きでボールを『つかまえよう』とする人は
 つかまる時はあっても それはロフトの合致なのですが
 上下左右の安定性に欠けやすいですし、
 右打ちの人、そして若くはないゴルファーで言えば
 利き腕の右腕の曲げ伸ばし を主体に
 ボールを打っている人 の多くが苦労しています。

 ゴルフクラブって
 普通に持っていれば それが例え悶絶クラブであっても
a000874205_06たいして重たいモノじゃないですから
軽い棒 感覚で動かしていますが、
水の満載のバケツの、その水を
思った方向に(散らばせず) 遠くに撒く位の感覚

 足も肩も腰も動かすのが大切だと思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 そう言う場合の多くは
 水を自分がかぶりたくないですし、
 無駄にもしたくないですから
 持ったバケツの手の部分、腕の部分、肩の部分に
 意識が集中し易いと思うんですけれど
 それであっても 録画してみると
 『足から』動いているように見える と思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングのテークアウェイ、トップでの
 右向きが足りない、上手く出来ません。
 どのようにすれば良いでしょうか❓」


店長「ありがとうございます。
 大変良い、そして かなり多くの方の共通する悩み
 なんだと思います。

 右向き は
 スイングの最大のエネルギー源
と言えるほど、です。
 十分な右向きは 七難隠す と言われますから
 何度とか角度は気にせず、
 自分に出来る、タイミングの取れる、
 そして 繰り返せる 右向きを覚えたいモノです。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
 本当の、十分な右向き が深くて、たくさんあって
 困ることはありません。
 オーバースイングとは意味が異なります。


 改善策として色んなアプローチ(方法)があるとは思います。
 人それぞれなんだとは思いますが、
 素振りで出来ても、練習場で出来ても…
 というコトが少なくないのでは、とも思います。

 原理主義的(あくまでも)に言えば
 右向きの意味、意義と言うか、
 からだを廻すコト、右を向けるコト が
 打撃・ショットにとっての『必須』であれば
 当然ですが、せざるを得ません。

👉からだを廻すことが 打撃ソノモノであれば
 右を向かなければ、ボールが打てない、強く打てない、
 になりますから 嫌でも『右向き』をするようになります。

 言ってしまえば
 右向きが不十分、上手く行かない、
 でも ボールは打てている、故に
 『特に必要が無いので』右向きが少ない、しない です。
✅実験してみると良いですけれど
 からだの向きをほぼ全く変えずに
 アドレスの向きのまま、
  😵からだは固定したままボールが打てちゃうのか? か、
 そして その打撃は自分の普段のスイングと
 どれだけ似ているか、乖離しているのか でしょうね。」

質問「打てちゃいます…。」

店長「ですよね。
 右向き『だけ』と言うよりも
 からだの向きを変えることが打撃との直接関係に乏しい
 クラブが円を描くのですが、それとからだの向きが関連していない…
 必然性…と言う意味で 極めて薄いので
 なかなか刷り込まれないのだと思います。
 原理主義的…にはですね。
池田康二202520_Moment
 ソコの部分をある程度理解するコトが大切ですが、
 動きや形 結果論的ですが、
 そこからも改善、突破口はあると思います。」

質問「おおおお。」

店長「まずは 自分がどんな 回転をしているのか❓
 を見極めないといけないと思います。
 
 ものすごく大雑把ですが
 ]咾世韻撚鵑辰討い
 胴体を捩じって 肩 ではなく 肩部・胸部を回している
 ➂主に足をつかって 胴体、骨盤から上を回している

 だいたい 回転のタイプは3つ
 ,脇匹鵑濃のごとく ですが
 △廊,畔9腓薫廚、疲れてきたりすると
 その割合が,諒に寄ります。
 ➂も△畔9腓薫廚い任垢、私たちの年齢(50歳オーバー)では
 比較的 安定し易い傾向にあります。
((((((((_Moment
 処方箋として
 ,両豺隋▲淵鵑良塋悗盍兇犬討い覆い里任△譴
 何もアドバイスはありませんが、
 改善したい、治したいのであれば
 処方箋レベルではなく、手術をする位のつもりでいて下さい。

 △両豺隋↓ 弔猟磴😵に流れやすいので
 の要素を取り入れて 補助を入れた方が良いと思います。
 疲れてきた時に 肩部・胸部ではなく
 肩(ソレは腕の一部)を廻してしまい易い、
 回り難くなった時に 腕やクラブの重さ、その勢いで
 からだを捻じる傾向がありますから
 ソコを の脚に移してあげるのが良いと思います。
(_Moment
 若い人は別ですが、アマチュアにとって
 理想的なからだの廻しです。
 多少、胴体をひねる△混じって良いと思いますけど
 基本は脚に頼れますので、一番 長持ちします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「質問です。
 スライスはどうやったら治せるのでしょうか❓」


店長「スライス…ですか…
 最近のゴルフクラブ事情では
 昔よりも とっても少なくなったと思いますが。。。
F2TuBf8W4AAJGlq
 先ず、スライスって どうすると『出せる』と思います❓」

質問「ヘッドの移動軌道に対して
 フェースの向きが開いている角度、度合いが
 大きいからですか⁈」


店長「そうですね。

 パターストロークで意図的にやってみると分かります。

 右打ちで言うと
 フェースを右に向けたまま打つ 
か❓
IMG_0548IMG_0549








 フェースの向きは同じ、開いていないけど
 ヘッドの移動軌道を よく言う『外から』にして
 フェースの向きが開いている
のと同じ状況を作ってやる。

 そのどちらか、その混合 のいずれか です。」

質問「一般的な アウトサイドイン ですか❓」

店長「そうとも言えますが、
 アウトサイドインと言う言葉に踊らされてしまうのは
 コトをより複雑にし易いので
 とりあえず 後の話しにしましょう。

 スライスの問題は
 ボールに右回転が入っているコト…
 結果、として ボールが右に曲がるコト よりも
 フェースの向きに『伴う』 ロフトの増え です。

 ボールに右回転が入っていても
 ロフトが増えず ボールの縦回転が
 そのクラブに対して 適切、程よければ
 問題は無いと思います。
ドライバー入射角度yoko
 ドライバーショットで言うと
 平均的なヘッドスピード 37ms前後で
 ボールの回転数が 2000回転台後半であれば、
 例えば 2900回転の縦回転 としましょう
 その 2900回転に対し 3割に当たる
 900回転位の右回転で有れば
 出球の方向は別として
 右に大きく曲がることはありません。

 満足できるか、どうかは別として
 距離も ほどほど です。

 おおよそ ですけれど
 目安となるのは 縦回転の3割を超えてくる…と
 ボールは目に見えて 曲がり始めます。
 コレは 左回転のフックもだいたい同じ です。
((((((((_Moment
 右回転のショットの場合、
 その分母に当たる 縦回転も増え易い ので
 意外なほど曲がっていない コト が多く
 それに伴う 出球の『右への飛び出し』が事故の原因
 だったりします。」

質問「多いですね。
 それはどう防げるでしょうか❓」


店長「まず 事故の原因 の 最大と言えるのが
 『不注意』によるもの です。」

質問「不注意❓」

店長「そうですね。
 交通事故や一般の事故、火災などと同じです。

 ゴルフのショットの最大の不注意は
 『アドレスの向き と ボールの置き位置』
 によるモノです。」

質問「ああああああ😧」
244eb714
店長「ボールも飛ばない、真っ直ぐ行かない、
 OBになっちゃう、コースの外に出ちゃう、
 そう言う球のかなり多くの要因は
 スライスを治す のではなく
 アドレスへの注意防げる』可能性があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングを良くしていく、
 手先で振らず からだで振っていくのに
 たまに…ですけれど ドライバーの練習も有効です。

 表題に「最大飛距離に挑戦」と書きましたが
 クラブの扱い方、スイングを良くする、
 手で振らないようにする のがメインテーマで
 それによって 巡り巡ってドライバーの距離も…
 と言う感じになる、と思って下さい。」

質問「で、ドライバーの練習ですか❓」

店長「そうですね。

 出来れば データを取りながら が良いと思います。

 まず 
最大飛距離に挑戦 して頂きます。」

質問「うわッ😵」
202312110m52202312110m53s






店長「一般論ですけれど
 最大飛距離に挑戦✊ を 何の前提も無く行って頂くと

 ヘッドスピードアップ🚀🚀 = 飛距離アップ⛳⛳

 という感覚から 如何に『頑張って』振ろうとする…
 がむしゃらにヘッドスピードアップを狙うと思うんですけれど…。」

質問「えッ😧😧😧 違うんですか❓」

店長「違う と考えて良いと思います。

 よほど ショットやスイングを煮詰めている人を除いて
 その方法が 最大飛距離アップ、飛距離アップ の方法ではありません。」

質問「えッ 😧😧😧」

店長「全員では無いと思いますけれど
 特に手で振っちゃってる、
 フェースターン強し、
 スライス気味の人には有効です。

 よほど 元々の弾道が低い、低スピンでない限り
 飛距離アップは反映されると思います。

スクリーンショット 2023-05-03 151622
 例えば 思いっきり振って ヘッドスピード40㎳ だとします。

 きっと その時、ヘッドスピードやボールスピード『ばかり』に
 着目していると思うんですが…
 注意して貰いたいのは 
ボールの『回転数』
 この場合は 縦回転 ですね。

 多少、ヘッドスピードが下がっても良いですから
 平均の ボール回転数が 500回転位下がるようにするには
 どうしたら良いか、を考えるのは
 スイング造りにも とても良いことだと思います。



 今、自分のヘッドスピード 40㎳ だと
 キャリーボールの距離は 200yd強 だと思うのですが
 今の ボールの回転数を 平均で 500rpm 減るように
 打ってみて貰います。 500回転ですね。

 アバウトですけれど
 500回転 減らせられれば 飛距離は10ヤード増えます。


 計算上ですが、ヘッドスピードを5%位
 この場合は 40→38㎳、数値として落としたとしても
 がむしゃらにヘッドスピードアップを狙って
 打っている時よりも 飛ぶ可能性も高いです。
 
 元々の球筋にもよりますが
 回転数を 1000回転 低くすることが出来れば
 20ヤードアップすることも十分可能です。」

質問「🤩 🤩 🤩 🤩」

店長「どうするか は・・・・・後ほど(別記事)で
 お話ししますが、元々の球質が 右回転系(右打ち)
 スライス回転系の場合は 割と簡単に左回転
 ドロー系に転じることも可能です。」
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
質問「散々苦労していた スライス対策も出来るんですか❓」

店長「絶対、とは言い切れませんが、
 割と簡単に ドローボールを打つコトも可能だ と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく考えれば 当たり前なんですけれど
 ネック付きのドライバーの45インチのシャフト を
 そのまんま キャロウェイ に挿すと 43インチにしかならない

 長さ毎のヘッド重量の差を考慮しても
 2インチもシャフトの長いモノが
 同じ振動数で組まれていれば 硬い に決まっています。
IMG_0828
 ですので 最終的に
 キャロウエイのヘッドを43インチ用に臨時に増やし
 その出た数値から 2インチ分、長さを逆算していく。。。
 ですので 45インチのキャロウェイ は
 振動数 205cpm 位にしないと
 元のネック有りのクラブ(45インチ) 220cpm とは
 同じ感じにならないんですね。 


 ソレに関しては
 フェアウェイウッドとの比較の話し でも書きましたが、
 45inのネック調整式-ドライバー
 43inのネック非調整式-3番ウッド
 クラブの長さは 2インチ FW の方が短いですが、
 場合によっては 装着されているシャフト寸 は
 フェアウェイウッドの方が長い場合があります。 
 硬さの数値で言うと
 ドライバーと全く同じ振動数で良い、
 もしくは ドライバーより微妙に低くても良い、
 が使い易いんですね。
EZ055
 で ネック調整式、カチャカチャ付きのドライバーに
 話しは戻るんですけれど
 シャフト自体も全体的に硬さがかなり落ちた✊
 上に カチャカチャ付きのドライバーだと
 シャフトの実寸が短い。
 以前使っていたドライバーが  250cpm
 カチャカチャ付きのドライバー 220cpm
 なんだけれど シャフト実寸が短い ので
 実際のシャフトの感じ 硬さ感は 205cpm位
 の感じなんですよ。

 慣れるのには時間が少し必要かも知れないですけど
 慣れてしまえば 楽だし、からだにも良いし、
 圧倒的に『飛距離は伸びる✊✊


 これが 実は一番の「調整式ドライバー」のメリットで
 売ってるメーカーには 予想外のおまけ ですが
 
 ヘッドの低重心化の進み 以上に
 予定外の シャフトの軟化(柔らか化) が
 カチャカチャ付きのドライバーが好まれる要因に
 なっていると確信しています。」

店長「と同時に フェアウェイウッドの
 シャフトの『硬さ』には注意を払わないと
 「フェアウェイウッドが苦手」から脱するのは
 難しいという事実もあるのを忘れずに。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この話には まだ続きがあるんですが……。」

質問「まだ あるんです❓」

店長「あまり 気にする人は居ないと思うのですが、
😵アドレスの向きにヘッドを修正する
😵ボールの真後ろを打とう
 も原因のヒトツですが
 ヘッドを閉じる、トゥを廻す 動きは
 当然 なのですが、ハンドファーストを維持出来ません。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)




 維持していたら トゥを廻すことが出来ないから です。」

質問「……確かに……。」

店長「手で振るスイングにおいて
 ヘッドがグリップを追い抜かないと
 フェースが真っ直ぐか、右打ちで言うと左を向きませんから
 当たり前ですが、ハンドレイトの状態になります。

 がぶっている、アウトサイドインのからだの回転
 も起因していますが、
 その状態は ボールに当たる かなり前の状態から
 よく言う『開いた状態』になりますが、
😵からだが開いているのに まだボールは打っていない状態…
 右打ちの人 で言うと
 左を向いた状態 とは
 イコール 上に向かって進む状態 です。
IMG_0640
 フェースを閉じよう 閉じよう とするほど
 ヘッドの軌道も内に切り込み易い ので
 開いた状態、上を向いた状態は深くなります。

 アマチュアのドライバーで よくある
 ボールの手前を一回バウンドして ボールを打つ
 最下点がかなり手前になる『いっちょ噛み』の
 スイングを自ら作っている可能性があります。

 本来のクラブ扱いでは
 からだの向きがクラブの進行 ですので
 インパクト、インパクト直前、インパクト以降 は
 自然な形で 上に振るモノ ですが
 手でクラブターンをするスイングでは
 上向きがかなり早くに訪れてしまう為、
 上に振ったのでは 届かない、当たらない、
 になります。
 ですので アマチュアのスイングのフォローは
 妙に低く、左に出すケースが多くなります。

 フォローは惰性、慣性が強く働きますので
 形としてフォローを「繕う❓造ろう」とするのは
 良いとは言えませんが、
 フォローで判別・識別するコトも可能です。
スナップショット 1 (2017-05-16 22-34)
 クラブを上に振れる
 そういうからだの廻し方、
 クラブの行かせ先 であることが条件になりますが、
 スイング造り、目標の目安にもなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この 始めに覚えた からだの廻し方、
 どの方向にグリップを行かせるのか
 大雑把ですけど 横と縦、
 その違いは あとあと スイングを苦労する
 大きな原因になり得ます。なります。

 非常に典型的な例が Rさん になるでしょう。
 ☆動画では スイング例,砲覆蠅泙后

 ネリーコルダ選手との比較で ちょっと酷ですが…。

 からだの回転は横の運動、だから なのか❓
 クラブは丸く振るモノ と思っていたのか❓
 割と顕著に ダウンスイング初期で
 グリップを、クラブを 下方向ではなく、
 ボール方向の方に出そうとしています。

 このスタート、ダウンスイングの入り方 ですと
 太朗くんと同じように、
 クラブや腕の長さが早い段階で 長くなり、
 俗にいう キャスティングが始まり易い…。
 自分では嫌がっていても
 重くなったクラブ、腕のせいで
 からだが回っても それに伴う 左腕の移動が少なく、
 左腕の手遅れ が行ってしまいます。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(5)
 症状で言えば 不必要な『クラブの寝』ですね。

 からだの回転で✋✋✋
 と言う意識が強いから なのか
 真面目に からだの回転通りにグリップを動かそう
 からだの回転の方向と同じ方向に
 グリップを動かそう、移動させよう😧

 とし続けているので 
 インパクトに近づき 『低さ』が足らなくなり
 最後、手で下に振らざるを得なくなっています

 自分が一番脱却したい ボールさばき を
 しないコトには ボールを打つコトが出来ない
 『ダウンスイングの入り
 からだの回転で どの方向にグリップを移動させるのか、
 回転方法を変えて行かないと これから抜け出せません。
会田20210701_Moment
 スイング例-2 16秒〜 の場合も似たケースと言えます。
 ダウンスイングからのからだの回転は
 アウトサイドイン に状態、
 からだががぶった状態に始まるのですが、
 おそらく…なんですが、過去のゴルフの個人史の中で
 そのからだの回転通りに 腕を振ると
 見たマンマのアウトサイドインになり、スライスが横行…
 その結果、クラブを寝かせ 『見た目』の
 インサイドから入れるスイングになったのだと思います。

 ダウンスイングのクラブの移動させる方向は
 ボールの位置や飛球線と一致し難い方向であるのは
 確かです。
 それは断続的にからだの向きが変わる を
 静止画的な『感覚』で理解しようとしているので
 もう少し 機械的な理解をした方が良いのですが…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「素振りで短くした割り箸だからと言って
 速く振ったりするのはご注意ください。
 ボールを打とうとしている場合は特に😧
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0
 切腹とはならないまでも
 割り箸の先が服に引っかかったり
 服が破けたり、自分の前腕に切り傷、擦り傷を
 作ってしまう可能性がありますから…。

 短い割り箸で
 ゆっくりでも ボールを打とうとする と
 ボールに届かないでしょ❓」

質問「届きませんね。」

店長「クラブのターンを 手で行う には
〇本当に手先で行う、
〇左右の腕の入れ替えで行う、 の他に
〇からだの回転を 肩だけのターンで行う
 もありますが、いずれにしても
 しっかりした 骨盤やお腹、秀二の左向きで
 行わない限り、棒が怖くて ボールに届かない
 が 多いと思います。」
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m10
質問「どうして です❓」

店長「トップの位置、そこでのクラブ位置や姿勢も
 問題がある可能性はありますが、そこはとりあえず除外して
 動きの中での話し。。。ですが、からだの回転は
 クラブを横に移動させるコト に利用するだけで
 クラブなり、ヘッドなりの高さの変化、
 上下に動かす事は 手さばきでやっているから です。

 からだの向きを変えるコト は
 トップの位置 での 棒の先の向き、
 その状態では 下向きですが、
 自分からだのより左、
 ダウンスイングの進行方向で言えば
 進行方向側を向いている。
 (自分の右側は向いていません)

 しかし、ボールを打つところ、
 インパクト周りで 切腹する、
 というコトは 棒の先が自分の右側、
 進行方向の後ろ側に向きを変えるコトになりますが、
 それは クラブを『腕さばき』で
 上下、下に振る、
 『腕さばき』でクラブを縦に回転、反転、
 させているから です。
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m35s
 今回の体験で 重要なのは
 こんなにも 左を向かないとボールを打つコトが出来ない、
 自分は 全然、からだを左に向けようとしていない、

 というのを実感して頂ければ良いので
 ここから先は おまけ、
 蛇足だと思って頂いて良いのですが、

 からだの回転でどうクラブを動かすか、
 からだの回転の役割と仕方を変えないと
 割り箸を挿した状態のまま、ゆっくりであっても
 ボールを打つコトが出来ません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「例えば 同じ打ち手の二つ のデータですが
image0
image3







 片方のヘッドスピードは 35.2
 もう一方は 36.2
 同じ打ち手ですから 大きな違いは無いですけれど
 35.2 の方が 回転2389rpm
 36.2 の方が 回転3441rpm で
 キャリーボールはほぼ同じ、
 ランを含めると ヘッドスピードの低い35.2 の方が
 総飛距離は出ています。

 よし✊ 飛ばしてやろう✊
 ドラコン勝負だ✋ って言われたら
 どうされます❓」

質問「やっぱり 速く振ろう としますよね…。」

店長「それはそうでしょうけれど 思い出してみて下さい。

 速く振ろうとする時、その『速く
 もしくは 『強く』 …… それは
 からだのどこかの部位・箇所ですか
 それとも ゴルフクラブのヘッド でしょうか❓」
impactgolf
質問「ヘッド…だと思います。」

店長「ヘッドスピードを上げよう とすれば
 やっぱり 活躍するのは
 ヘッドに近い 腕、手作業 に圧倒的になり易い。
 最悪 からだを止めて 手を振る、動かす コトになります。

 やる必要はないですけれど
 本当は 飛ばすぞ、速く振ってやる は
 からだを『速く』『早く』回すことですが
 そう考える人は 多く無い。」

質問「ですね😵」

店長「球筋、球質って
 どちらか というと
 インサイドからとか、上から、
 という どう入れて来るか よりも
 打った後、どう抜けるか、どう出て行くか、
 の方が 影響は大きいです。

 からだが止まって、腕だけで振った方が、
 フォローが大きく取り難いですから
 結果、ヘッドの行き先、抜け先は
 急激に上がったり、急激に内に切り込んだりします。
 それが スピン過多 を生みます。


 ですので 無駄なスピンを減らそう とするのであれば
 普段のヘッドスピードよりも
 5% 少な目 位の感覚で動くと
 インパクトまでに 特に何もしない、何も出来ない、
 特に 手では何もしようとしない。
 結果として スピンが無駄に入らず、
 普段よりも 飛距離が出たり します。
292e5d27
 誰もが 計測器を用いて ドライバーを打つコトは
 出来ませんし、
 もし使えたとしても そう頻繁ではないですから
 自分のスピン量なんて把握し辛い・・・。

 飛距離を伸ばす/落とさない為、
 無駄なスピンをかけない は
 出来るだけ インパクト付近で何もせず、
 出来るだけ 緩やかに(変化少なく)
 遅くと言う意味じゃあないですけれど
 穏やかに(何かをしようとしない)
 ボールをさばいて上げるコト
 です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーショットの 具体的な例を頂きましたので
 その 数値を見ながら お話ししましょう。」
image4
質問「お願いします。」

店長「計測器等を利用出来るのであれば
 まずは 自分の弾道がどういう傾向にあるのか
 確認しておきましょう。

 有りがち なのですが
 数値の出る 計測器を使う場合、
 ヘッドスピードに目が行きがちですが
 それは 出来るだけ避けて下さい。

 注目すべきは ボールの縦回転が どうなのか?
 ボールの横回転との 比率は どうなのか?
 です。

 多くの計測器は 着弾の、地面に落下する時の
 角度まで 考慮されていません。
 主に キャリーボール(着弾点)と
 係数による アバウトな総飛距離 です。

 飛距離は 着弾して ラン して 止まったトコロ、
 どの位 ランするのか とても重要ですので
 そういう意味でも ボールの縦回転 に注目下さい。」

質問「ラン ですね。」

店長「はい。
 飛距離は 銀座の花屋さん で😌」

質問「🙄🙄🙄❓❓❓」


店長「蘭(ラン)で稼ぐんですね。」

質問「あああああああ」

店長「別な記事でも書きましたが、
 ボールの速度や打ち出しなどに寄りますけれど
 少しアバウトですが、
 現代の道具、現代のボールであれば
 縦回転は 2000回転 まで 落としても大丈夫です。

 その2000回転を基準に
 500回転 で 10ヤード
 増えれば ロス、 減れば ゲイン 出来ます。
292e5d27
 スピンが抑えられれば ボールの飛びザマ が
 頂点のはっきりしない 緩やかな飛び になりますので
 落下時、着弾時の角度が緩く ランが稼ぎやすくなります。
 総飛距離においては ソコは重要な部分です。

 当たり前 ですが、 ドライバーは
 グリーンに向かって打つ 止める必要の無いショットですので
 勿論、自然に伸びれば嬉しい ですけれど
 目指すべきは ランも含めた総飛距離で
 キャリー距離にこだわる必要は特にはありません。


 ただ 何球か打って頂き
 自分の 今度は 横回転 の方ですけれど
 これが 結構 大きい場合、
 ボールの曲がり は
 分子/分母 横回転/縦回転 ですので
 横回転が 1000回転の場合
 縦回転が 3000回転であれば 1000/3000 👉0.33
 縦回転が 2000回転であれば 1000/2000 👉0.5
 状況に寄りますが、実数値が 0.3 を越えてしまうと
 弾道に 曲がり として 表れ易い ですので
 自分が 横回転の数値の大きいタイプなのか❓
 横回転は少ないのか❓ は 把握しておく必要があります。

 横回転の多い方が 縦回転を落とし『過ぎて』しまうと
 より ボールが曲がりが顕在化しちゃいますから
 注意が必要です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブヘッドの中でも
 ドライバーヘッドの この30年での進化は
 とても 革新的、驚くほどの進化です。

 その最大のポイントは
 ハミングバードの記事ではたびたび登場しますが、
  『慣性モーメント』 です。」

質問「慣性モーメント❓」

店長「はい。

 慣性モーメント にも幾つかあります。

 ヘッドの場合は 縦のもありますけれど
 数値としてよく登場するのは
 ヘッドの横の慣性モーメント です。

445TL-2
〇30年前のドライバーの体積は 200cc
 慣性モーメントは 2500gcm2前後
〇20年前のドライバーの体積は 370cc
 慣性モーメントは 3600g2
〇現代主流のドライバーの体積は 460cc
 慣性モーメントは 4750g2

 30年前のモーメントとは おおよそ倍違います。」

質問「倍はかなりの違いですね。」

店長「はい。ものすごい違いです。

 では、慣性モーメントは何に働くか というと
 主に二つ。

〇ヒトツは スウィートエリアの拡大 ですね。
 俗にいう 芯、良い当たりの場所が 非常に拡大した。
 50円玉のサイズが 500円玉になった、そんな感じです。

 この数値は厳密にはヘッドの左右の慣性モーメントですので
 左右方向に ものすごく広がった。
 打点が左右のズレても 弾道や距離がブレにくくなった。
 ミスに強くなった と言って良いでしょうね。
460TL-2
〇そして、もうヒトツ。コチラはあまり意識されていないのですが
 慣性モーメントの役割としては コチラの方が強い、のですが
 運動性、エネルギーの伝達性です。

同じ姿勢を維持しようとするチカラ
✅同じ運動を持続しようとするチカラ
✅相手、この場合はボールですが、その力を伝達するチカラ

 と言えば良いでしょうか❓

 ですので 20年前、30年前に比べ
 かなりミスヒットに強くなり、
 ヘッドの持っている破壊力をボールに伝えやすくなった。
 と同時に
 『ヘッドがその運動や姿勢を維持し易くなった。』
 特に この部分は
 ゴルフクラブを、クラブヘッドをどう扱うのか、
 どう動かしたらよいのか、 を示唆している部分でもあり、

 出来るだけ ヘッドは 緩やかに、穏やかに、
 👉そうし難い機能が増している訳ですから
 ヘッドの急激な回転などを与えない。
455T-2
 ぶっつけ打ちの元になる 手打ちや手振り は
 意図的かどうかは別にして
 ヘッドを回転させる、先端を激しく動かすクラブ扱い ですが、
 この30年のドライバーヘッドの進化は
 それを嫌がる、それと対極にある機能と言って良く
 ヘッドの回転を嫌う機能が増しているのに
 それを無理やりするのは 上手く行き難い原因になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーショットだけじゃないですけど
 ある程度の年齢になってくると
 特に ドライバーでは問題になるのが
 
『ぶっつけ打ち』になってしまう… ですね。」

質問「ぶっつけ打ち❓」

店長「なにか 定義が有る訳じゃないですけど
 手打ちショットの行き着く先 って感じで
 言葉の通り インパクトでヘッドをボールに
 ぶっつけてショットが終わってしまう…
 そういう打ち方ですね。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m34s
 コメントにもありましたけれど
 ドライバーショットは ティーアップしてますから
 打つボールは空中に浮いています。
 ボールの位置も 地面のボールを打つよりも
 右打ちで言うと左側、前寄りにあります。
 それに すべてのクラブで一番長さが長い事による
 ボールに対して入ってくるヘッドのアタックの緩さ、
 その両方が相まって 自然な形でアッパー気味、
 度数で言うと 1〜2°
 最大で言うと 3°位のアッパー になるんですね。」

質問「自然な形で✋ですね。」

店長「はい。
 2°のアッパーって
 傾斜〜勾配で言うと 3.5%の勾配
👉100m進むと 3.5m高くなる
👉10ⅿ進むと 35cm高くなる ですから
 結構、急なような…急で無いような…
 微妙な角度です。

 これは 先ほども説明した通り、
 ティーアップ、ボールの位置、クラブの長さ(弧の大きさ)、
 プラスαで ドライバーヘッドの重心の深さ など
 ほぼ全部が 意図的なモノでなく外的な要因 です。

 ですので わざとアッパーに振る必要も全くありませんし、
 結果として 「へぇ〜 そうなんだ😌」程度 で
 意識する必要もないとも言えます。

 スイングの問題も含め、
 これを意図的… アッパーに 3°以上のアッパーにしてしまうと
 ボールの打ち出し 飛び出しは ほどほど高め、
 低くない程度の高さに飛び出るのですが、
 非常にスピンが少ない上に、ボール速度も出にくいので
 ボールが伸びず 飛ばない球の典型 になってしまいます。

 飛行機の翼、速度、浮力もそうだと思いますが、
 速度に対し ある一定の浮力が無いと
 浮力に対し ある一定の速度が無いと
 失速してしまい 落下/墜落します。

 数か月ぶりにラウンドしたら 30ヤードも
 飛距離が落ちてしまった というコトが起こり得ます。

 ぶっつけ打ち、
 からだを左に向ける(右打ち)コトが打つコト ではなく
 からだはボールに向けたまま、
 腕やクラブだけを振る、フォローを出す 打ち方では
 ヘッドが急激に、小さな弧で上昇しますので
 かなりのアッパースイングになる可能性があります。
〇支部 昼連物語
 割合を正確に言うことは出来ませんが、
 50歳以上の年齢のゴルファーでの割合は結構いると思いますし、
 加齢とともに 手打ちの人が
 そのぶっつけ打ちに行き着いてしまう例はものすごく多いと思います。


 この映像はアプローチで、ですが
 片方は 肩も含め腕とクラブだけ 前に出し、
 一方は からだを左に向けることでそれを行っている「違い
 を確認できると思います。

 クラブの長さの弧で 急激に上がるか、
 からだの厚みや腕の長さ、クラブの長さの弧でヘッドが上がるのか、
 3.5%の勾配を考えつつ 見てみて下さい。

 歳をとって ぶっつけ打ちになるのを避けるため
 手打ちを辞めましょう。
 若いうちは良くても ある年齢になると
 ぶっつけ打ちへの道になっちゃいますから
 行き先を変えましょう というのが私の考えです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「低スピン = 低い弾道
   高スピン = 高い弾道 
 なのですか❓」


店長「イコールではないトコロが少々、厄介なんですね。
292e5d27
 弾道が低いのと低スピン、高いのと高スピン は
 一概にはイコールではありません。

 ボールの速度との絡みにもなりますが
 ボールの高さ 〜最高到達点 や ボールの上がり具合、
 に ボールの回転はドライバーショット程度の
 回転量の場合、直接的ではなく、
 ボールの高くなって行くサマ は 打ち出された角度
 の方が要素としては大きいです。

 すごく ざっくりとですが
 ボールスピードで言うと 60㎳未満
 ヘッドスピードで言うと 40㎳未満

 ほとんどの人が この数値に該当すると思いますが、
 その前提で ボールの回転が多いから と言って
 坂を上るように 吹きあがる より弾道が高くなる
 コトは 非常に少なく、高い、高すぎる弾道 は
 やはり ボールの打ち出された角度の方が
 影響は大きいです。

 ボールの回転は
 高さを増やす というよりも
 浮力の維持 の役割が多く
 飛行機にとっての 羽根(翼) のようなモノで
 推進力の少ないセスナ機は より大きな羽根(翼)
 〜面積の大きな翼が必要で
 推進力の多い戦闘機は 最低限の羽根 と言った感じ、
 ですので 推進力(ボールの速度)
 そして 打ち出された角度 によって
 適切な 回転数の幅 は異なって来ます。
golf-2158897_1280
 この場合ですと アバウトですけれど
 ボールの回転が少ないと 失速、
 ボールの回転が多いと 高くなるのではなく ブレーキ、

 弾道の高さの変化ではなく
 ボールの勢い〜推進力のブレーキ、
 パラシュートを開くような そんな効果になります。
〇ボールの拾い方? - frame at 0m13s
低スピンだからすべてOK ではなく
 ボールスピードが高くないケースや
 打ち出し角度が低いケース などでは
 浮力が維持しきれないので 失速してしまうケースもあり
 どう クラブを振るか によっては
 ドライバーよりもロフトの有る3番ウッドの方が
(ロフト角度 プラス クラブが短いコトによる入射角度の確保)
 飛んでしまう場合もあります。
 アッパー度合いが強い方、
 同じ意味合いですが 入射角度が緩すぎる方 は
 注意が必要だと思います。

 そういう意味では
 やはり 計測器、
 特に 回転数がちゃんと出るモノ を使って
 計測しながらトライする が有効です。
 ✊✊ご来店お待ちしております。
 ボールの回転が不確かな 練習場のボールだと
 ソコを見極めるのが難しい…かも知れないですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「無駄なスピンを出来るだけ掛けない、多くしない
 ショットはどうしたら良いのでしょうか?」


店長「理屈上で言えば、
 そのクラブの長さなりのアタックアングルで、
 そのクラブのロフト通りに打つコトですが
 ピンと来ないというか、
 みんな そう打っていると思ってますよね❓」

質問「ですね。」

店長「立体的に✊ですので
 把握し難いとは思うのですが、
 フェースの向いている向き 左右上下
 これが 出来るだけ変化が緩やか、穏やかなコト
 と言えます。

 このような入り方ですと
 無駄に多くの回転がボールに入り易くなります。
IMG_114267d2f002-s
 また 打つ度に 回転がバラつき易くなるので
 安定しないというか、
 アイアンで言えば 距離もばらついてしまいます。

 理想的に、ですが、このような
 スライドして入ってくるというか
IMG_1144
 ヘッドと移動距離、移動方向と
 グリップの移動距離、移動方向が 同じ、似ている
 ような クラブの使い方が良いと思います。

 コレ って 言ってしまえば
 クラブの長さの造り方 とも言えますが…。」

質問「長さの造り方❓」

店長「はい。
 最長の状態は 腕もクラブも一直線。
 この状態は アドレスよりもクラブが長くなった状態です。
casting
 腕も、肘も曲げられますし、
 クラブを上げたり、立てたり、
 お薦めはしませんが、コッキングを使ったりすると
 実質のクラブは短くなりますよね?」
20221025
質問「そうですね。」

店長「コレって 誤解されていると思うのですが、
 ドライバーは長いから 出来るだけ長く使う…と。」

質問「違うんです❓」


店長「おそらく スイングの中で
 実質、トップの位置がクラブが一番短い状態。
 自分のからだにヘッドが一番近い状態、ですね。

 遠心力や重さなどで 自然に解かれてしまうのは
 仕方が無いにしても
 その一番短い状態のまま、長さを変えず、
 ボールに入れて来る って意識で良いと思います。」

質問「え?!」

店長「全部のクラブを同じように使うならば
 それでも ドライバーが一番長い、大きな弧じゃないですか。」

質問「それはそうですけど…。」

〇見かた18s〇見かた21s








店長「自然な形での解けを別として
 意図的な 長さの変化 が
 一番 ヘッド姿勢、軌道を変えてしまい、
 安定しないショット、
 無駄なスピンの要因になります。

 どの道 ヘッドは重くて 引きずるのですから
 引きずったまま インパクトに入るのなら
 そういう結末になりますよね。
334151fd
 ヘッドスピード=距離 伝説は半分本当、半分毒です。
 からだが速く向きを変える、回転するから
 ヘッドもスピードが速くなるので
 長くなる方がヘッドスピードが上がると信じて
 意図的にクラブを長くしてしまうと
 走行中にブレーキを踏んでしまう、
 錨を下ろしてしまう のと同じです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーはクラブセットの中で
 一番ロフトが少ない。
 長さはヘッド速度の為と言う側面よりも
 その『ロフト角度』を有効活用する為に
 ヘッドの入射角度を作るためのモノ

 そのロフトを増やしてしまう が
 一番 ボールの回転数を増やしてしまいます。

 10度のロフトのクラブを
 13度として使えば 他を何も変えなくても
 簡単に 1000〜2000回転近く回転は増えます。 
 500回転=ヤード ですので 20〜30ヤードのロス です。」

質問「大きいですねぇ…。」

店長「はい。

 ボールの回転を絞る、少なくするのは
 出来るだけ 穏やかに、緩やかに、インパクトを作るコト
 何か 急激な動きは 必ず 回転数を増やします
ドライバーの入射角度114
 穏やかに、緩やかに インパクトを迎える は
 決して「スピードを遅くする」というコトではありません


 開いたロフトを インパクト間際に 閉じる は
 インパクト前後の 急激な動き ですので
 例え ロフトは閉じられたとしても 必ずと言って良い程
 別の、無駄な回転が生じます。

 また ドライバーのインパクト時間、
 ボールとヘッドの接触時間は 1/3500秒 程度 です。
 0.0002〜3 コンマゼロ3個です。
 再現性を考えると その周りで急激なコトをして
 例え 上手く行った としても 繰り返す目安がありません。
 その一回こっきりになってしまいます。

 手で振るな とよく言いますが
 そういう意味合いです。
 手で振ると からだの回転で振るよりも
 例え 多少スピードは上がったとしても、円弧は小さくなり
 その 上がったスピードの分、必ず 回転が増えます。
 ドライバーを大きく振りなさい というのは
 からだごと、大きな塊ごと クラブを動かしなさい
 と言う意味です。


 ロフトが開いているな と考えるのなら
 ロフトを閉じる修正をするのではなく
 ロフトが開かない準備を作るコト。
 それはボールの置く位置であったり、
 アドレスで有ったり、
 場合によっては テークアウェイの取り方かも知れません。
会田20210701_Moment(2)
 スライスを封じるために インパクト前後でヘッドを
 回転させる〜急激に動かす のではなく
 スライスに伴う ロフトを開かない準備をしておくコト。
 ボールを打つ限り、横回転は縦回転よりも少な目、
 横回転が大幅に縦回転を上回ることは稀です。
 ですので この場合のスライス・右回転は目をつぶり
 それに伴う ロフトの増えを減らせば
 自ずと 縦回転ばかりでなく、スライス回転も減ります。

 出来るだけ インパクトの前後で『
何かをしない
 その何かをすれば 必ず 回転が増え、距離にはなりません。
 スイングの練習、ショットの練習とは
 その インパクト間際の何かの成功率を上げるコト でなく、
 インパクト間際で何かをしなくても打てるようにするコト です。
((つかまえのイメージ_Moment
 自分に出来るコト、現実的な、
 繰り返すコトの可能な、
 方法を構築しておかないと 刷り込まれてイキマセン。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーヘッドやボールの進化は
 より ボールがつぶれない方向
 スピンがかからない方向 へ進むと考えられます。」

質問「飛ぶ から ですか❓」

店長「そうですね。

 ボールをつぶさない、
 つぶれない訳ではないですけど
 その量が減り、ボールがつぶれてしまう力を
 ボールの初速、スピードに変える方向 です。
impactgolf
 それに伴い
 当然、なんですが より一層
 ボールとヘッドの接触時間は短く
 いずれ 平均的なアマチュアであっても
 ボールとヘッドの接触時間は 1/4000秒の世界に
 突入すると考えられています。
 
 
0.0003秒以下 です。」

質問「うわッ😧」

店長「現実的には 真反対 なのですが、

 金属のヘッドに 金属のボールが衝突するような…
 フェースにボールが乗っている時間はほぼ皆無で
 当たった瞬間の ヘッドの姿勢、フェースのさま、
 ヘッドの入って来た角度、で決まってしまい、
 フェースを閉じて なんて暇は一切ないんですね。

 実際、ドライバーヘッドも年々
 慣性モーメントが数値が上がり、
 今や 左右の慣性モーメントだけでなく
 フェースの上下の慣性モーメントが 4000g2 を
 超えるものまで 出てきています。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
 慣性モーメントは 簡単には 芯が広い、
 どこに当たっても 大きな差は出ない、と考えて
 良いと思いますが、それと同時に
 ヘッドの姿勢、運動維持がし易い、継続し易い。
 裏を返せば ヘッド姿勢を、運動継続を 変え難い
 とも言える訳で ボールとの接触時間の短縮もあり、
 いよいよ フェースターンでボールを打つ
 から お別れする時代に入って来た
 と言えると思います。 

 20年前 は 回転数2500回転
 今は 2000回転弱。
 いずれ 1000回転強位でも
 十分、浮力が維持できる性能になってくる
 というのが 大方の予想ですね。

 1000回転強だと 今の練習場のボールでは
 確実に 失速しちゃいますけどね…😧」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーは その飛距離がゴルフ最大の魅力
 そして 魔境への入り口 と言う楽しいモノです。」

質問「ですね。」

店長「つい先日も書いたと思いますが、 
 ドライバーを飛ばす方法でよく言われる
 『8分位の感じで振る、全力、マン振りしない』
 というのが 昔から言われますが
 それは基本、正解であり、正当な道です。
460TL-5-1
 ソレは何故か と言うと
 現代のドライバーは
 元々の球質やスピード、打ち出される角度等
 によっても多少異なりますが、
 基本、ボールの縦回転 この場合はバックスピンですね、
 これは 1500回転位に落ちても 浮力は維持出来ます。

 20年位前のドライバーですと 2500回転位は必要でしたから
 今は死語になった? 「高打ち出し 低スピン化」 が極まった…
 が故に 用語として使われなくなった とも言えます。

 まあ 1500回転は少々、危険が伴いますから
 1800回転位としましょう。

 コレを上回る 縦回転、 そして 横回転は
 飛距離の妨げ となります。

 よく言われる スライスは飛ばない、フックは飛ぶ は
 スライス回転の場合、
 ロフト効果も大きくなり、縦回転が増えるから
 飛距離が伸びないのであって
 それを フックに変えて、フックだから飛ぶのではなく
 縦回転が減った分が伸びた に過ぎません。
445TL-2
 究極には そのフックの横回転も
 飛距離に対しては妨げ です。

 だから 真っ直ぐを打ちましょう は
 実現できる、続けることの出来る目標としては
 あまりに 機械的、マシン化なので現実的ではありませんが
〇40㎳のヘッドスピードの人が 38㎳
〇37㎳のヘッドスピード人が 35ms
 位になる感じの
 微妙に落とした位のヘッドスピードで ドライバーを打つと
 無駄な 縦回転、横回転も きっちり減ります。

 勿論、身体的にも、精神的にも負荷が増えはしないので
 継続性、再現性を期待することも出来ます。
 それが 飛距離アップ の 正しい道 です。

 飛距離をアップしようと思って
 より速く振ろうとすると
 多くの場合、インパクト付近を強く入れよう と
 腕周りの、手回りの感覚が強くなると思います。

 H/S 40→41.5㎳になったとしても
 回転が 1800→2400rpm になれば
 ボールスピードが多少増えたとしても

 飛距離としては変らない、場合によっては
 落ちてしまう も多々発生しますし、
 継続する、続ける、再現性からはどんどん離れていきます。
祝開幕戦東建出場 高橋賢選手 スイング集サウンド有_Moment
 で、話しをスライスを防止する、に戻すと
 方向として 開いていたフェースを閉じようとする は
 回転数全般を減らす ではなく
 回転数を 右回転を左回転にすり替えるだけ なので
 まあ それに伴う ロフト減少の効果はあっても
 ヘッド姿勢も変わる、スイング軌道も変わる、
 という 再現性の低い挑戦 に変わりはないので
 ちゃんとした技術として 定着させるには
 常識を超えた練習量やメインテナンス量は必要になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブの変遷
 今回の場合 ドライバーに注目ってトコロなんだけど
 200yd飛ぶか、飛ばないかの時代が 今につながる、
 飛距離の歴史って言うのは 如何にスピンを減らすか、
 飛距離ってリニアに スピンの減り具合 とつながっている。

 ドライバーの場合、それは 飛距離と密接につながっているけど
 スイング全般で言うと ショットって言うのは
 スピンコントロール、如何にスピンをコントロールするか
 と考えても 間違いでは無いと思います。」

質問「スピンコントロール❓」
スマッシュファクター
店長「これは 数年前の 全米の女子プロのデータですけれど
 飛距離とスピンの量〜縦回転は
 比例と言えば良いのか、つながった関係にあるのが
 分かるでしょ❓」

質問「そうですね〜。」


店長「製品のロフト角度も 少なくなれば
 スピン〜縦回転の量も減る。
 製品のクラブ長が長くなれば
 アタックアングルが緩くなるから
 これも 縦回転の量が減る。
Desktop 2022.02.13 - 21.34.58.01_Moment(2)
 ドライバーをもっと飛ばしたい という
 万人に共通の願望の 答えは
 この スピンの量をどう管理するか にあるんですね。」

質問「飛距離の❓」

店長「そうですね。
 勿論 スピンを減らす と言っても
 最低限 この位まで って下限はあるけど
 何度も言っていますが、
 アバウトですが
 その下限に向けて 500回転減らせば10ヤード
 それは縦回転でも、横回転でも
 500回転減らすことが出来ればヤード飛距離は伸ばせます。」

質問「500回転10ヤード

店長「ですです。
 故に ヘッドスピードを伸ばそう とすると
 強く打とうとすると 回転が増える。
 逆に言えば 500回転増えればヤード飛距離は減ります

 よく言う 軽く振った方が飛ぶよ、
 って言うのは そういう仕組み ってコトですね。


 ハミングバードの取り扱いのドライバーであれば
 SYB の EZ-05改のドライバー は
 普通の方、ヘッドスピード35ms位であっても
 1000台の回転数でも 浮力は維持出来ます。

 1000台の回転数って 20年前のドライバーであれば
 必ず失速〜落下していたのに…です。
Desktop 2023.01.13 - 12.48.08.01 - frame at 0m7s
 だから 常時、1000台はよっぽど 曲げない人でないと
 怖いけれど 2000回転ちょぼちょぼで十分、ボールは浮く。
 それに対して 3000回転もかかっちゃったら
 1000回転分〜20ヤードは無駄にしている。
 回転が多い分、パラシュートを開きながら飛んでる
 って状態になる訳ですね。」  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コメント(もっちゃん₎にもありましたが、
 パーシモン…ドライバーやフェアウェイウッドの材質が
 言葉通り、そのまんま ウッド・木製だった時代
 特にシャフトがスチール時代
1
 江戸時代? っていうほど 昔の感覚だけど、
 パーシモンって
 反発係数が強烈、高い😫」

質問「え😧 反発係数 高いんですか❓
 チタンは硬い
 パーシモンは柔らかい
 …から 弾かないんじゃないの❓」


店長「まあ 反発 って言葉で言うとそうだけど
 アレは インピーダンス理論 で
 衝突する二つの物体のヤング率、歪み率が近いと
 双方が変形し難い、
 ゴルフで言うと ボールも変形し難い、
 ヘッドの歪みが少ないと その分、ボールは沢山歪み、
 ヘッドの歪みが多いと ボールの変形は少なく済む、
 と言う科学的なモノで
 パーシモン製ヘッドは歪むから ボールが変形しない、
 変形しないので スピンが入らない、入り難い、
 ボールの初速は出るけど、回転足らずになっちゃう
 そういうことなのね。

 だから パーシモンのドライバーの
 平均的なロフトは 12° 位
 10°とかを使えるのは プロの中でも
 かなりのマッチョな 力持ちの人だけ だった。


 そして パーシモン時代と今の時代の最大の違い は
 パーシモン時代は ゴルフクラブヘッドのその形状の
 フェースの向きとロフト角度
 は 非常に近しい関係のモノで、
 両方をまぜこぜにして使う必要があったのよね。
 そうじゃないと ボールに必要十分な回転が入りきらない から

 今は フェースの向きはフェースの向き、
 ロフト角度はロフト角度、
って別で利用出来るコト。

 分かり難い、イメージし難いんだと思うけど
 ロフトじゃなくて フェースを少し開いた分、
 位の プラスアルファ―のロフト増加 の状態で
 かつ しっかり入射をとって 入れてこないと
 ボールが空中を飛んでくれない。
 ボールが空中浮遊の時間が取れない。
 アタックアングルが無いと ボールが浮かない。
ドライバー入射角度
 パーシモンはボールがつぶれにくいのに
 球離れは遅い…どの位遅いかは忘れちゃったけど…
 その球離れの時間の間に フェースを閉じない と
 回転は入るけど どどどどどスライスになっちゃう。

 ボールがフェースをスライド、
 ハイドロプレーン現象みたいに
 ボールがつぶれず スキッドしている刹那の時間の間に
 フェースを閉じないとイケナイ。

 と言う 超絶技巧の遊びだった のよね。

 だから 普通のアマチュアは

〇開いて入れて来る ⇔ 上から入れられない
〇上から入る ⇔ ボールが上がらない
〇ボールを上げようとする ⇔ スライスしか出ない

 と言う無限ループの中に 囚われちゃうので
 結構、チカラのある人であっても
 キャリー170yd 行くか、行かないか、
 スライスしないで ボールが宙を飛ぶ だけ で
 📯📯拍手喝さい👏👏のスポーツ だったのよね

 12°以上のロフト & 43in以下のモノが
 ドライバー ドライビングクラブ なんだから
 そりゃあ そうなるのよね❓」

質問「まあ 確かに…。」

店長「昔は フェースの向きもロフトの一部、
 数ミリ程度の出し入れが必要な遊び。

 それと比べると 今は遥かに簡単。
 欲さえなければ、ね😌

 放っておいても ボールは浮くし、
 ボールを浮かせるのと スライスは関係ないし
 必要以上にアタックしなければいけない アタックアングルを
 意識する必要もない。
video_Slomo_Moment
 昔は 命を懸けた争い だった 刀の世界 が
 今は楽しいスポーツになった剣道…ッテ位
 の差はあるんじゃないかな🙄

 ホンの50年位前の話し だけどね😌」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフを初めて いきなりドライバーから打ち始める、
 と言う人は 多くはない、居ないに等しい と思うのですが…。」

質問「そうでしょうね😌」
BAQiEG0CAAE6a0Q
店長「アイアンをある程度打てて、ステップアップ的に
 ドライバー。。。となる訳ですが、
 ドライバーは
 その打撃力をボール速度に転化できる能力が高いが故に
 直ぐに夢中になっていきます。

〇ドライバーはゴルフ用品の長い歴史、進化、
 そして ゴルファーの飽くなき欲のお陰?で
 ゴルフクラブ全体のロフト角度推移 多い→少ない
 の中では 特出して クラブの長さが長くなりました。

 アイアンからの、そのままの流れ よりも
 見た目の印象も含め 長いですから
 上げる下げるの上下変化で打つ というよりも
 円運動も含めた ヨコ変化、横移動で打つイメージ
 強くなります。
2013-05-04 10-55-44.740_Moment
 特に始めの頃は 地面に、マットに置かれたボールよりも
 ティーによって 空中に浮いているボールを、
 一番自分から離れたヘッドで当てなければなりません から
 結構、不安だと思うんですね。」

質問「でしたね〜😵」

店長「そうなると まぁ 払って打つというか、
 あまり上下変化を付けず さらうように打つ
 のを選択される率が高いと思います。
 上からドスンとボールに入れるのは怖い。

 まあ 実際、ちゃんと打てるようになっても
 長いですから 入射角度は0°〜〜
 ティーアップされている分、3度位のアッパーに成ったりする
 んですけど 上下変化は存在しているので
 同じではない(特に抜き側)ですね。

 ヨコ払いに近い動作だと
 スイングの円の動きは フェースの開閉、
 クラブを移動させながらの クラブの捻じり
 になるので スライスの発生率は高くなります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
 当たったとしても
 右打ちの右へのプッシュスライスか、
 左への引っ掻けフック のいずれかの道に。

 そして そのいずれもが良い道じゃないんですけど
 スライスは悪、フックは正義 みたいな道に足を踏み入れる

 ドライバーを持っているのに 飛ばない のは
 スライスしているから✊ では無くて
 ドライバーのロフト角度通りに打てない から なんです。
 スライスはその副作用として付いてきているだけで
 問題の本質、悪の親玉ではないんです。」


質問「スライスって 副作用…なんですか❓」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「用品も含めて ドライバー、
 ドライバーショットについて 教えて下さい。」
005
店長「はい。やっぱり 皆気になる、
 皆悩むドライバー ですよね😊

 ウッドは番手によって名称が付いていますが、
 昔用語では 2番ウッド ブラッシー
 これが消えてしまいましたので
 ルール上 ロフト角度15°未満 のクラブ、
 15度未満の ドライビングクラブを ドライバー
と呼びます。」

質問「形状として 箱型 というコトでは無くて❓」

店長「無いですね。
IMG_0126
 一般的なドライバーに適用されるルール
 例えば 反発係数などは
 それが例え アイアン形状〜板状のモノ であって
 ロフトが 15度未満であれば 対象になります。

 そんなモノ好きが沢山いる、とは思えませんが…😊

 まあ 良い機会ですので
 結構、スイング造りのあまり良くない影響 がある
 『ボールのつかまり』について説明しますが、

 こと ボールのつかまりにおいては
 ドライバーは 一番つかまえるのが簡単なクラブ
 ボール速度を得やすい クラブ です。」

質問「えええええ!」

店長「ボールのつかまえは
 そのクラブのロフトに対して のモノで
 スライスし易いか、し難いか とは別なモノ なので
 
 一般的な ロフト10°前後のドライバーは
 ボールをつかまえる ボールがつぶれる
 というコトに対しては 物理的な条件を十分、
 満たしているので 特別な「技」は必要ありません。

 一般的に言われる ミート率。
 1.40 とか 1.45 とか
 1.50 を目指そう とか
 機械などでの 測定で利用される用語 スマッシュファクター
 これは ボールの打ち出しの速度 を
 ヘッドスピードで割ったモノ ですが
 この数値は 実はミート率 は誤訳と言って良く
 用語としては 存在していませんが
 『つかまえ率』と言っても良いかも知れません。

 一番 つかまりの良い 数値の良いクラブは
 ロフト0度 もしくは マイナス のモノになりますが、
 ボールを飛ばす為の『浮力』と言う点で
 なんの助力もしてくれませんので 使えません。
 数値的には 1.70 位にはなると思います。
スマッシュファクター
 それが ロフトが付き 10°前後になってくると1.40〜1.50 位になり
 更にFW…UT…アイアンと 用品のロフト角度が 
 増えてくると その「仮称つかまえ率」は 1.30〜1.20と下がって来ます。

 ドライバーを打っているにもかかわらず、
 勿論、その用具のロフト角度にもよりますが、
 数値が 1.30や1.20になってしまう とは
 その数値の ロフト角度で ドライバーを使っている
 と考えて良いと思います。

 打ち方の良し悪し、ショットのミスを別とすれば
 ウエッジクラブのロフト では 当たり前と言えば そうですが
 二度打ち は ボールの速度が ヘッドスピードを
 下回ったから 発生する訳

 どう ミスをしても ドライバークラブのようなロフト角度では
 二度打ちは発生させられません。

 ドライビングクラブは
 ボールのつかまり
 ヘッドスピードを含めた打撃のエネルギーを
 ボールの速度に転化し易いクラブなのは
 ロフトが少ないから ですので
 特別なコトをしない方が良い、
 してはいけない というコトになります。

 似ているようですが 根元の部分はかなり異なる
 つかまえる 👉 スライスさせない
 は ドライビングクラブの その利点を殺してしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフ練習場で 長くたくさんボールを打ってくると
 ボールを強く叩く感じと
 右打ちの人で言うと 右腕、利き腕の曲げ伸ばし
 右手で叩く感じって つながって来ちゃうと思うんですね。」
スクリーンショット 2023-12-24 225456
質問「ですねぇ…。」

店長「やり過ぎると リキミ になっちゃいますけど
 力む一歩手前 みたいな ところに
 スイングの落としどころを造るコトが少なくない😌
 と思うんですね。

 強く振る は イコール 速く振る ではないんですが、
 ボールを打つ、ボールに当てますから
 先端部の ヘッドを速く動かすのは
 右腕の曲げ伸ばしとリンクし易いんですが、
 それによって 腕も含めたクラブの長さ変化が
 激しくなっちゃうんですね。

 テークアウェイで クラブを強く反転しちゃうと
 フェースが開いたり…
 逆に 伸ばしていくと 腕もクラブも一気に
 長くなっちゃいますから
 より開いたりすることになります。

(0m22当然、フェースターンが絡んできちゃうんですが、
フェースターンが絡むと
短くなる時は 掛け算で短くなって
長くなる時、リリースする時は
 掛け算で長くなっちゃいますから
 そのさまが 一定に成り辛い、 弾道が安定し辛い。

 実はコレって アマチュアの球が安定しない
 大きな要素だと思うんですね。」

質問「はい。」

店長「腕も曲げず、クラブも短くせず
 長いまんま 振るのは クラブが重くなり過ぎて
 辛いですけれど  クラブの長さ は
 トップの位置で出来る長さが基準になる、
 と考えて良いと思います。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 意識は藺Δ痢,芭匹い隼廚Δ鵑任垢韻
 本当に 藺Δらスタートしちゃうと
 ボールのところまでたどり着くまでに
 ヘッドが落っこちちゃう。
 クラブの重さも利用して グリップを進行させる、
 からだを廻すのに 腕やクラブが付いていき易くする、
 そういう位置で良いと思うんですね。

 腕やクラブは 回転による遠心力に
 自然な形で伸ばされる、
 伸ばされることは拒否しないんだけど
 その原動力はからだの向き としておくと
 腕の動きとからだの回転がリンクし易いですから
 腕やクラブの長さはトップの状態のまま
 みたいな意識で良いと思います。

 強く振る 👉速く振る は 速く周るコトなので
 からだの回転とつながりを切ってしまい易い
 腕の作業、手作業は出来るだけ省く方がベターです。

 ボールをつかまえるのは
 姿勢による 手さばきでは無い フェースの下向きで十分。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 軌道が安定し易く、
 フェースの操作が無い、
 飛ばすと安定を両立させる方法 だと思いますね。
 実は スライス防止の手立て にもなるんじゃないかな。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「万歳ドリル の目的は
 手で振るコトを出来るだけからだの回転、
 結果、として 円が描かれるスイングの
 その動力源を 出来るだけからだの向きに任せよう、
 というコトなのですが。。。

 手で振るスイングのデメリットは
 円弧が小さくなる。。。のとは微妙にニュアンスが違うのですが、
 腕を使って円弧を描く場合、
 右打ちの人で言えば
 右腕(肘)が曲がる、たたまれる、短くなる ので
 クラブを反転させ、

 右腕(肘)を伸ばす、長くなる によって
 逆方向にクラブを反転(返し)させますから
 腕も含めたクラブの長さ変化が
 非常に急激になります。
Q2023918Q20239180




 特に問題なのは、加速や遠心力の加わった
 フォロー側 でして…。
 
 ヘッドが急上昇したり、急にインに切り込んだり
 これが 縦も、横も 回転数を増やしてしまい
 飛距離アップの妨げ になっています。

 縦の回転ほど 劇的ではないですが、
 横の回転も
〇500回転減らせば 5ヤード
〇1000回転減らせられれば 10ヤード

 そのエネルギーは距離になると考えて良いと思います。

 
 クラブを腕で反転させるスイングは
 1回の円で良いゴルフスイングに
 円を2回造っているのと同じですから
 理想的な状態で インパクトを迎えるのも難しいですし
 同じ球を繰り返すことも当然、難しくなります。

 ですので 今のヘッドスピードよりも
 5〜10% 数値として低くなったとしても
 回転数を抑えられれば 以前より飛ぶようになりますし、
 万歳ドリルで からだを廻すコトを掴めれば
 いずれ その方法でもヘッドスピードは上がります。

 クラブの反転が無くなる とは言い切れませんが、
 少なくなりますから ショットは安定し易い ですし、
 ドライバーであれば ボールが曲がり難くなる、
 曲がりの幅が抑えられる、
 逆球が出ない は より安心して振れるようになるので
 以前より ヘッドスピードが出せるようになる可能性があります。」

質問「!!!!!

店長「一般的な 『よ〜〜し 飛ばしてやる
 と腕まくりして ヘッドスピードを上げる
 ドラコントライ は
 単に 回転数を増やして 空回り するような
 縦の回転が 1000回転増えれば 20ヤード減。
 横回転が 1000回転増えれば 10ヤード減、

 両方、同時に起こったら 30ヤードも損するんです。
スクリーンショット 2023-04-23 202457
 ですので わざと 飛ばさないようにしているトライ、
 エンジン全開🚀 でも パラシュートも開きます、
 アクセルは踏むけど サイドブレーキも引く、

 と言っているのと同じ なんですね。

 ここが ゴルフの面白いトコロで
 脳筋で解決せずに 知識で闘える部分です。
 大人の飛ばし方 って奴ですね。

 故に 万歳ドリル で なんだか チカラ入れられない
 チカラで解決出来ない っていうのは
 もうそろそろ卒業してもいいんじゃないか
 という お年頃ってことなんですね😌」


 今、ちまたで シャロースイング というのが
 流行っているんですけれど
〇シャロー  〜緩やかな   その反意語で
〇スティープ  〜急激な
 立体的な円弧を緩やかにしてあげるコト によって
 飛距離を伸ばせるようになる だけでなく
 急激な 軌道変化やヘッド姿勢変化を防ぐコト
 によって 飛んで、曲がらないスイングを というコト、
 それを てさばき(手の返し)〜ローテーションスイング に
 組み込もうとしているから こんがらがっちゃうんですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「飛距離アップにつながるんですか❓ これが❓」


店長「はい。
 勿論、全員!ってわけじゃあないですけど
 かなり 効果的な方法になると思います。 
 話は少々長いですから 今日はそこまで辿り着かない…とは思いますが。

スクリーンショット 2023-05-08 003101
 お遊び感覚で よし!✊ドライバーの飛距離対決🌞
 って なったら どうします❓」

質問「一般的かもしれませんけれど
 速く振ろう🚀🚀 とすると思います。」・・・


店長「ですよね😌

 と同時に すごくよく飛んだ時の記憶 って
 意外と 軽く振っている
 七分とか、八分 みたいな思い出ってありません❓❓」

質問「あるある です。
 思いっきり✊ 速く振ろうとして
 ちゃんと飛んだ と言う記憶は殆どない😵ですね。」


店長「そうなりますよね。

 それは結構、科学的に証明されているんです。」

質問「😧 😧 😧」

店長「現在のドライバー、まあフェアウェイウッドとか
 アイアンなんかもそうなんですけれど
    (ボールの性能もあるとは思いますが…。)
 20年前、30年前のそれらと比べると
 非常に 少ない回転数でも「飛翔」するようになりました。

 一昔前 のドライバーであれば
 1000回転台の回転数では 失速してしまって
 飛ばなかったんですけれど
 今のドライバーとボールであれば
 1000回転はちょっと低すぎですが
 1500回転以上であれば 十分、ボールは空を飛びます。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
 昔は 2500回転位が理想 と言っていましたが、
 今では 2500回転では ちょっと多めに属する。。。
 可能性が高くなりました。」

質問「そうなんです❓」

店長「ですね。
 ドライバーの 回転数を2500回転 が良い、
 と言われていた(過去形)理由は
 ボールの曲がりは 縦の回転が分母、横の回転が分子 での
 実数によって決まってくるので
 あまりに 縦の回転を減らすと
 ボールの曲がりが出易い、隠せない というコトだと思います。

 でも、現代のドライバーとボールであれば
 昔ほど ボールに横回転が入らなくなったので
 もっと 縦回転を減らしても大丈夫 というコトなんだと思います。 


 なんだか ドライバーの飛びの話しになると
 多くの方が余りに関心が高い話題なので
 話が飛んでしまいそうですが、、、
 続けます。

 ヘッドスピード 36㎳以上 あれば
 回転数2000でも十分 ボールは浮かせられます。
中村2022612_Moment
 元々の球質にもよりますから
 全員に該当する訳じゃあ ないですけれど…

✋少し大雑把な数値になりますが、
 現在 2500回転を超すようなドライバーショットであれば
 余計な回転、特に縦回転の場合、
500回転 減らすことが出来れば 10ヤード
1000回転 減らすことが出来れば 20ヤード
 トータルの距離を増やすことも可能
です。」

質問「😧 😧 😧 😧 😧」

店長「ヘッドスピードで換算すると
 10ヤード伸ばすのには 2㎳以上
 20ヤード伸ばすのには 5ms前後
 増やさないとイケナイ。

 遊びや練習場でやっている時は良いけれど
 疲労の伴うラウンドで ソレにトライするのは
 かなり無理があります。

 しかし、逆に 回転数を減らす のは
 体力としては 決して難しくない😌😌

 だから 例えば、ですが ヘッドスピードの数値を
 5〜10%落としたとしても  だいたいの場合、
 ヘッドスピードと回転は比例な関係にあるので
 回転数が 5〜10%落ちる、低くなる、
 より飛距離になり易い 数値におさまる ので
 飛距離は その方が伸びる と言う現象が発生します。

 まあ 勿論 回転数が多い、少し多い人 にのみ
 有効な話し なのですが、
 これには ものすごく多くの人が該当すると思います。
 ドライバーの平均回転数が 2500回転以下
 と言うゴルファーは 全体の15%以下じゃないですかね…。



 で、万歳ドリル…とのつながりなんですが…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右打ちの人で どの位蕕鮓く
 その角度に特にこだわる必要はありませんが、
 仮に あくまでも仮に 90度位蕕鮓く として
 意識的な 腕の曲げ伸ばし、肘や手首の曲げなど無しで
 本当に『向き』だけを意識した時、
 フェースはかなり下を向いています。 
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s








 多少、大袈裟ですが、
 地面を向いている意識位でも良いでしょう。

 これがテークアウェイでの『右向きの感じ』です。

 距離を打つ必要のない アプローチであれば
 この動きだけで 打つコトも可能ですし、
 ショットにとっても アプローチにとっても
 すごく『基礎的な』動作になると思います。

 この形からスタートすれば
 ヘッドの遅れはロフトの立ちにし易いですし、
 フルショット、スタートの位置がもう少し高くなった時、
 ヘッドの、クラブの重さでグリップが推進する、
 前に押され易くなります。

 一方、フェースが上向き になってしまうと
 ヘッドの遅れは より一層のフェースの開き
 になってしまいますし、
 ヘッドやクラブの重さは
 スイング動作を先に進めてはくれません。

 フェースを下向きにしていれば
 からだの向き『だけ』でボールを打つコトが可能ですが、
 フェースの上向きでは それ以外の
 腕によるクラブ操作が必要になり、
 からだの回転が距離感とつながり難くなります。」

質問「なるほどー😌」

店長「フルショット、ある程度のスピードのショットになると

 このトップの位置
 シャフト、クラブが地面と平行…のような状態
 から始めると
 ヘッドが自身の重さで ボールよりも手前に
 落ちてしまい易くなるので
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52








 少しだけ両腕の上腕を上げ、クラブ全体を高くして
 
『立体的なズリズリ』がし易いよう にしているだけ😌

 ヘッドやクラブの重さがグリップに掛かり、
 グリップの推進がし易いようにしているだけ で、
 ヘッドを上げている、クラブを起こして
 コッキングしている は見た目そう見える副産物であって
 本当に、単に クラブを持った腕を少しだけ上げている だけ です。」

質問「!!!!!
 そんな意識でイイんですか❓」


店長「だって 動きを極力減らし、
 シンプルにした方が繰り返せる可能性が高くなりますし、
 ボールを遠くに飛ばすのは
 からだの回転の素早さ
 なんで
 腕作業が入れば入るほど その速度は阻害されます。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 1m1s2023-11-24_20-15-45 - frame at 1m3







 アプローチと同じで
 フェースを上に向けて テークアウェイを取る方法では
 一番肝心な 打撃付近で
 手作業が絶対に必要になるので 速度が上げられません。

 速い速度で同じことを繰り返すのにはあまりに複雑、
 からだの回転が ボールを打つコトと
 直接な関連を持てなくなってしまいます。

 腕さばき無しで
 フェースを下に向け アプローチをする、 のを
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
 高速で行う為、ヘッドが自身の重さで
 落ちてしまわないように 腕を上げてるだけ で
 ナンの違いも無いですよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ