◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ボールの方向性




店長「とっても分かり難い話しになるんですが、
 ゴルファーの大きな勘違いを生んでいるテーマなので
 是非 聞いて頂きたいのですが…。」

質問「はい。」

店長「スイングの話しは ルールではありませんし
 それぞれの方が それぞれの考えで進むのも
 ゴルフの面白さのヒトツ なんですけれど
 その「勘違い」はクラブの扱いというか、スイングに
 結構、影響を及ぼします。

 多数決を取った訳では無いので
 推測に近いとは思いますが…
 『アウトサイドからという言葉がありますけど
 一般的には アドレス時の飛球線、
 それよりも 遠い側、外側、からヘッドが入ってきたモノを
 アウトサイドから と考え、
 飛球線よりも内側から 入ってきたモノを
 インサイド から と考えられている匂いが非常にします。」
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s





質問「違うんです❓」

店長「なにをどう表現しても自由ですし、
 その勘違いも、また ゴルフの楽しみなので
 良い悪い ではないんですが、
 スイングの教科書的には それは違うモノ です。」

質問「!!!!!!!

店長「スイングのトップの位置で出来た
 腕とクラブの形、関係を半ば固定して
 腕もクラブも振らず、
 腕を伸ばそうとせず、
 クラブをリリースしようとせず、
 …自然に伸ばされたり、解かれてしまうモノは
 仕方ないですけれど…

 半固定の状態で インパクトに入ってくる、
 のを基準とすると
001
 途中で 腕を伸ばしてしまう、
 クラブを解いてしまう、
 早めのリリース で入ってくるモノは
 それよりも 膨らんだ 大きな円で
 入って来ちゃいますよね❓」

質問「そうですね。」

店長「その 解かれた 緩い円で入ってきてしまうのを
 レッスン的には アウトサイドから✋
 クラブが解かれず、必要以上に腕やクラブが長くならず
 入ってくるモノを インサイドから✋
 と考えます。」

質問「!!!!!!

店長「ですので ややこしいですけど
 飛球線を基準と考えると
 飛球線の外から入ってくる インサイドアウト もあれば
 飛球線の内側から入ってくる アウトサイドイン もある

 二つは似ているようで 全く異なります。
FinfaZ7UAAAnu8v
 振り遅れたまま、半固定された腕とクラブを
 からだの向きで打つのは インサイドから になり易く、
 遅れたヘッドを 戻そう とすれば
 膨らんだ円になりますので レッスン的には アウトサイド
 からになり易い。
 それが 飛球線に対して 外からでも、内側から でも です。

 飛球線に対する ヘッドの軌道は
 単に『振った方向』、
 どの方向に振ったか』であって
 ボールがどういう球になるか、
 どういう弾道質・球質になるか、とは別なモノ 
 そこを 思い違い してしまうと
 何を目指して スイングを造ろう としているかの
 着地地点も想定とは違うトコロになるのでは😵 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023-12-28_23-05-51
2023-12-28_23-05-1

質問「確かに イメージとして
 曲げないようにする為、
 真っ直ぐ行かせようとする為、
 グリップを真っ直ぐ出すのが良さそう…
 って感じはありますね。」


店長「フォローが出る と言うのか、
 アマチュアは フォローで腕が縮こまる、
 (右打ち)左ひじが抜ける、みたいな部分に
 トラウマ的な悪印象が強い と思うんですね。」

質問「あります。あります。」

店長「結果、として フォロー側で
 グリップ、手が前に出て行くのは
 『からだが左を向いた』から と
 クラブの遠心力の複合技 で
 手そのものを出したモノではありません。

 フォローで(右打ち)左ひじが抜けるのも
 手を返した結果、右手が左手にかぶり
 左ひじが抜ける側に押されてしまった結果です。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m34s

 こういう言い方の方が効果が高い😧
 かも知れませんので 言いますが
 ドライバーショットの距離は
 頑張ってヘッドスピードを上げよう とするより
 適切に「絞った」少なめのスピンにする、
 適切にスピンを少なくした方が『飛びます
 勿論、振り方が効率良く改善されたり、
 体力が上がって ヘッドスピード、運動速度が上がる
 のは良いコトですが、
 ハイ 今日! 出来るの❓ となったら
 そうはイキマセンから。

 それには インパクト前後の穏やかなヘッドの動き、
 勿論、直線は無理ですけれど
 直線に近いような 緩やかな、穏やかな曲線
 にするには ちゃんとグリップが
 からだの(右打ち)左向きで ボールから遠ざかる、
 からだの向き通りに グリップが移動するコト
 なんですね。
スクリーンショット 2024-01-12 194827
 からだの向きに逆らって
 グリップを別の方向に出したりすると
 自分はグリップを動かしてるから
 真っ直ぐ行くような『雰囲気』は出ますが
 ヘッドは 元の動き、元々の移動が
 別なベクトルの移動に変わるので
 急激にターンしたり、内に切り込んだり、
 跳ね上がったり スピンが急増したり、急減したり
 する動きになってしまいます。

 例えば…ですが、ドライバーでのいっちょ噛み
 一度 地面に触れてボールを打つと
 だいたいのケース すごいフックになったり
 急激に落ちる フォークボールのような球に
 成ったりすると思うんですが、
 別なベクトルが加わった時に起こる、
 分かり易い例です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「例えば 良くアドバイスを受ける
 『
からだが開いている』はどうなんです❓」

店長「スイングの慣用句のようですが、
 大きな間違いでもあり、正しくもあります。

 手を返してショットを打つ、
 フェースローテーションでスライスを防ぐヒト
 にとっては ソレはその通り ですが、
 ゴルフの教科書的には
 からだを開くコト が イコール 打つコト
 ですので 間違いです。
スクリーンショット 2024-01-12 194631スクリーンショット 2024-01-12 194827










 問題なのは からだが開いているコト ではなく

開いているのに 『まだ』 打っていないコト
 
からだが開くコトが打つコトに繋がっていない人
 
 それで 開くことを辞めてしまったら

 必然✊ として 手で振る道に進むコトになります。
 多くはその道、交通量の多い幹線道路ですが、裏街道です。

 からだが開くコト、
 右打ちの人であれば 左を向くコトが打つコト
 になる練習をしないとイケナイんですけど
 その道を進む人はとても少ない、居ないに等しい位…。

 スイングのインパクト以降のクラブの円軌道、
 フォロー、インパクトまで 半円を描く訳ですが、
 それが体の向きで なのか
 手の返しで なのか、で スイングの流派は分かれます。」

質問「なるほど〜。」

店長「結構、多くの人が誤解していますが、
 ショットを真っ直ぐ行かせたい、
 スライスやフックを打ちたくない、
 故に 飛球線方向にグリップを真っ直ぐ出す、
 😧それは ヘッドは真っ直ぐ進みません。
20210701
 グリップを飛球線方向に出そうとすると
 ヘッドをソレを支点に 急激に内に切り込んだり、
 上に跳ね上がります。

 特にインパクト前後には
 運動スピードも、ヘッドスピードも高いですから
 想定以上の遠心力や慣性などの不可抗力が掛かっており
 その不可抗力によって スイングの動きの大方は
 作られてしまうほど です。
 
 手で振る(推奨外)んであっても
 からだの回転でクラブを移動させるんであっても
 出来るだけ早く、早い時間帯に
 グリップ グリップエンドは内に引き込まなくては
 ヘッドは真っ直ぐ(に近く)進みません。
   ✋急激に…ではないですよ。

 真っ直ぐ行かせたいから
 グリップを、フォローでは真っ直ぐ飛球線の方に出す😧
 は 全くの逆効果 です。

 牽引している車 で 考えてみて下さい。
 カーブの途中で 自分が真っ直ぐ進んだら
 引かれている、牽引されている車の遠心力で
 自分は引っ張られますし、
 結果、何らかの対処が必要になります。
 ゴルフスイングは 全般的にカーブの際中なのです。
 そのカーブの際中で 後ろの車を
 真っ直ぐは勿論、無理なんですが、
 緩やかな 穏やかな カーブ、コーナリング
 より直線に近いような移動を促す には
 自分は 持続して カーブを曲がり続けるコト です。
2016000004748_2
 スイングは円というか 曲線の中にあります。
 そして ゴルフクラブの先端には重さが掛かっている。
 それを 速い速度で、そして 穏やかに移動させるには
 今の運動を大きく変えず、
 変化が起こり難いように 持続し続ける
 つまり、グリップをイン側、
 アドレス時で言うと 背後側、
 ボールから離れていく方に 移動させ続けるコト です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スライスが多く出るのは 長物が多いと思いますが…。」

質問「そうですねー。」

店長「短いモノは 縦の回転が多い、
  1800rpm(横回転) / 5500(縦回転) ≒ 800 / 2500
 曲がりが表に現れる 分母(縦の回転数)が多いです。
 ドライバーだから 曲がる というのは嘘じゃないですが、
 それは長さと言うよりも ロフト角度が少なく
 分母になる 縦回転が少なくなるからです。
 
 ロフト角度の多いモノ
 大きな曲がりは当然、少なくなりますが、
 同時に 短いモノは 長いモノに比べ
 アドレス時の明確な目標が取り易い と言うのもあります。」

質問「そう言われれば そうですねー。」

店長「長いモノは 目標としての着弾点、距離が
 遠いですから アドレスの目標取りがぼんやりしている。
NSAJ 8
 ボールが曲がることを計算に入れると
 コースなりに立つ、地形なりに立つ、
 というコトが行い難く、目標が取り難い、
 風景に対して 斜に構える必要が多い と思います。」

質問「ソレは言えますねー。」

店長「引っかけやフック、スライスを含め
 アドレス、セットアップの向きに対しての
 曲がりや方向のズレ などを考慮に入れ
 目標を設定する訳ですが、
 スライスを考慮に入れ 少し左向きに構えた時、
 ボールは通常よりも 中に入り易くなります。

 フックや引っかけを考慮に入れ 少し右めに構えた時は
 その逆で ボールはやや外め、右打ちで言うと左め
 になり易い…。

 スライスが出易い人が
 ボールを中に入れた時、右打ちで言うと右めに置いた時、
 よりスライスし易く、
 ボールの飛び出る方向も右に行き易くなります。

003005







 コースなり や ティーグラウンドなり よりも
 左に目標を取る場合、
 『ボールを中心、軸に』
 自分が後ろに下がる✊ のですが、
 ついつい その場で 向きだけを変える、
 特に、一度アドレスに入ってから
 何気なく 左を向いてしまう場合など
 ミスが出易い環境を自分で造ってしまう、
 というのは 大変多い例です。

 練習場などで真っ直ぐ向いて
 ボールの位置を左右に動かすよりも
 向きによる ボールの位置ズレは
 遥かに大きく、気付き難いモノ😧 です。
 😧いつものボールの位置よりも
 ボール3個分ズレてしまっている なんてのは
 結構、よく起こってしまいます。
002001







 アドレス、セットアップのルーティンを決める、
 目標に対して いつも通りのボールの位置
 慣れたボールの位置で打てる手順を構築しておく✋
 は スライスなどのミスショット対策の
 一番の防止法と呼んでも 過言ではありません。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「質問です。
 スライスはどうやったら治せるのでしょうか❓」


店長「スライス…ですか…
 最近のゴルフクラブ事情では
 昔よりも とっても少なくなったと思いますが。。。
F2TuBf8W4AAJGlq
 先ず、スライスって どうすると『出せる』と思います❓」

質問「ヘッドの移動軌道に対して
 フェースの向きが開いている角度、度合いが
 大きいからですか⁈」


店長「そうですね。

 パターストロークで意図的にやってみると分かります。

 右打ちで言うと
 フェースを右に向けたまま打つ 
か❓
IMG_0548IMG_0549








 フェースの向きは同じ、開いていないけど
 ヘッドの移動軌道を よく言う『外から』にして
 フェースの向きが開いている
のと同じ状況を作ってやる。

 そのどちらか、その混合 のいずれか です。」

質問「一般的な アウトサイドイン ですか❓」

店長「そうとも言えますが、
 アウトサイドインと言う言葉に踊らされてしまうのは
 コトをより複雑にし易いので
 とりあえず 後の話しにしましょう。

 スライスの問題は
 ボールに右回転が入っているコト…
 結果、として ボールが右に曲がるコト よりも
 フェースの向きに『伴う』 ロフトの増え です。

 ボールに右回転が入っていても
 ロフトが増えず ボールの縦回転が
 そのクラブに対して 適切、程よければ
 問題は無いと思います。
ドライバー入射角度yoko
 ドライバーショットで言うと
 平均的なヘッドスピード 37ms前後で
 ボールの回転数が 2000回転台後半であれば、
 例えば 2900回転の縦回転 としましょう
 その 2900回転に対し 3割に当たる
 900回転位の右回転で有れば
 出球の方向は別として
 右に大きく曲がることはありません。

 満足できるか、どうかは別として
 距離も ほどほど です。

 おおよそ ですけれど
 目安となるのは 縦回転の3割を超えてくる…と
 ボールは目に見えて 曲がり始めます。
 コレは 左回転のフックもだいたい同じ です。
((((((((_Moment
 右回転のショットの場合、
 その分母に当たる 縦回転も増え易い ので
 意外なほど曲がっていない コト が多く
 それに伴う 出球の『右への飛び出し』が事故の原因
 だったりします。」

質問「多いですね。
 それはどう防げるでしょうか❓」


店長「まず 事故の原因 の 最大と言えるのが
 『不注意』によるもの です。」

質問「不注意❓」

店長「そうですね。
 交通事故や一般の事故、火災などと同じです。

 ゴルフのショットの最大の不注意は
 『アドレスの向き と ボールの置き位置』
 によるモノです。」

質問「ああああああ😧」
244eb714
店長「ボールも飛ばない、真っ直ぐ行かない、
 OBになっちゃう、コースの外に出ちゃう、
 そう言う球のかなり多くの要因は
 スライスを治す のではなく
 アドレスへの注意防げる』可能性があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング中の クラブのトゥダウン
 そもそも トゥダウンって 知ってます❓」

質問「イエ、知りません。」

店長「知らなくても問題はないのですが、
 知っておくと スイングを造る、治す 上でも
 結構、役に立ちますし、
 クラブ選びの材料にもなるかと思います。

 そもそも トゥダウン は
 ちゃんと運動する(しなる)柔らかさのクラブ であれば
 全く意識しなくとも 自動的に発生する仕組み
 になっています。
EG05_04
 ゴルフクラブは テニスのラケットや野球のバット と異なり、
 握っている部分の延長線上に打点・打撃部分がありません。
 ズレている と言えば良いのか、
 L字型、鎌首をもたげた形状になっていて
 運動をさせていない時は
 そのズレを計算して 打たなければいけない⁈
 ような形状をしていますが、
 ちゃんと柔らかいシャフトが装着されていれば
 運動させると 重さが直線状に揃う 働きを持っている為、
 握っているトコロの延長線上で打つ感覚で
 ヘッド部の そのズレを無視して
 ボールと打撃部分を当てることが可能
 です。

 逆を言えば、テニスのラケットであれば
 どんなに速く振ったとしても『トゥダウン』は発生しません。
 実際にはやりませんが、
 重心のズレの無い、重心距離の存在しない、
 フェースバランスのパター であれば
 シャフトの硬さ/柔らかさに関係なく、
 『トゥダウン』は発生しません。

 ちょっと 言葉で説明すると分かり難いかも知れませんが
 クラブを運動させると
 クラブの重さが 遠心力の掛かる直線状に揃う働き があるので
 本当は ネック部が内側にズレ込むような状態になる のが
 正規の『トゥダウン』

 ネック部分はそのまま で
   トゥ側だけが下がる✋訳ではない
 んです。
 とは言え ほんの少しですが、トゥ側が下がり、ライ角度が変わる、
 のは事実で それらをまとめて『トゥダウン』と呼ばれています。

EG05_04
質問「…となると
 ちゃんと 運動する柔らかさのシャフト と
 しならない 硬いシャフト では
 打つ感覚は異なるコトになるのでは ないです❓」


店長「そう思います。
 ちゃんと 運動する柔らかさのシャフト では
 棒の延長線上で打つ感覚で 球は当たりますが
 そのまま の感覚で 硬いシャフトを打つと
 そこには ネックが来てしまいますから シャンク です。
(キャスト_Moment

 逆に 硬いシャフトを使い慣れている人は
 重心位置のズレ分、シャフト(ネック)を
 ボールからズレたトコロに通そうとしていますので、
 柔らかいシャフトにすると 先っぽに当たったりします。」

質問「慣れてしまえば 棒の延長線上で打つ方が楽そう…ですね。」

店長「そう思います。
 シャフトの硬さ・柔らかさ を揃えて置けば
 機種や番手などによる 重心距離や重心位置の違いを
 気にする必要が無くなります。
IMG_0079
 重心距離の長い ドライバー 40丱ーバー
 重心距離の短い アイアン  35
 双方ともに しなりの無い硬いシャフトであった場合、
 では ボールの当て方、クラブの通し方も
 それぞれ 異なるように調整しなくてはなりません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「物理的に ボールって なんで曲がるんです❓」

質問「 ヘッドの軌道に対して(立体的な)フェースの向きが
 開いていたり、閉じていたり するから ですよね⁈」


店長「そうです。
IMG_0549IMG_0548







 右打ちの人であれば
 ヘッドの進んで来た、進んでいる道に対して
 フェースが『立体的に』右を向いていれば
 右回転が入り、
 フェースが『立体的に』左を向いてれば
 左回転が入ります。
 その度合いが増えれば 入る回転も増えます。 

 実際には 曲がるか、曲がらないか、
 そう言う類の回転は入っているけれど
 ボールが『曲がる』かどうか は
 分子/分母 の 横回転 / 縦回転 の関係があるので
 度合いは変って来ます。

 地面に置いたボールを
 引きずって動かす ヘッドで打ってみましょう。」

質問「はい。」

店長「スイングと考えず、動作とかを無視して
 どんな形、形式でも構いませんから
 ヘッドはひきずる、
 グリップだけを動かすコトで
 ボールとヘッドをコンタクトさせて下さい。」

質問「はい。」

店長「この場合の ヘッドの軌道は
 イコール グリップの軌道 と 位置は離れていますが、
 地面を引き摺る 感じなので 平行な〜同等の関係です。

 そのグリップ(ヘッド)の軌道に対し、
 フェースが開いていれば 右回転、
 フェースが閉じていれば 左回転、 が入ります。

 二通りありますが、
 同じグリップ(ヘッド)の軌道に対し、
 開いていたフェースを閉じる、または開きを減らす
 閉じていたフェースを開く、または閉じを減らす と
 ボールの横回転は反対になるか、その量が減ります。

 基本的には 動きが始まってから ソレ をするのでなく
 セットアップ 動きが始まる前に 準備しておく
 です✋

 難しくないですよね❓」

質問「ですね😃」

店長「もう一つの方法は
 フェースの向きは変えず、
 グリップの移動するライン〜軌道を変え
 結果として 開いていたモノを閉じるライン、
 もしくは その度合いが減るように 軌道を変えます。」

質問「あ、なるほど。」

店長「ま こちらは制御がちょっと面倒ですので
 実践向きではありませんが、理屈は理解出来ますよね❓」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m2s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m3s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m4s






質問「どちらが基準になるのか、の違いで
 スイングで実践できるか、どうかは別にして
 理屈は理解出来ます。」


店長「△箸海蹐 ヘッドを丸く、ヘッドを振ってしまうスイング
 の場合、その基準になる ヘッドの軌道とフェースの向きが
 いつも いつも 双方、動いてしまいます。

 閉じる、にしても 開く、にしても
 その基準になる軌道が 一定に成り難い のです。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m6s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m8s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s






 開いていたモノを閉じようとすると
 フェースは閉じますが、同時に軌道も
 イン側に切り込もうとします。
 開こうとする方が不規則感は少し薄いです。

 嫌われモノのスライスを防ぐには
 フェースを閉じなければなりませんが、
 閉じれば閉じるほど 軌道はインに入り込むので
 想定以上に ヘッドを閉じなければなりませんし、
 なかなか 程よいトコロが見つかりません。

 そして それを繰り返す為の 何かの基準が
 あまりにも 軌道とフェースの具合の関係が
 たくさんあり過ぎて 安定し難いのです。」

質問「
感覚的な 私の感想ですけれど
 ヘッドで円を描こうとする場合、
 目標方向を意識すると ボールは浮く、
 真っ直ぐ引きずる の方はライナー気味に
 ボールは飛び出るんですが、
 こちらは ポンと上に上がる感じです。
 一方、ライナーを打とうとすると
 左に飛ばさなくてはならない。
 スライスを打たない、こすらない と
 アドレス通りの目標方向に打つのが両立させられない
 そんな感じです。」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s
店長「ありますね、すごく。
 そして ソレも含め
 コレにはもう一つの問題が付いて回ります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「明日の朝、
 日本のあちこちで バケツで水を撒いているゴルファー
 がいるのかも❓」


店長「あははは🤩
 流石にもう寒いですから 打ち水は要らないかも‥😊

 それって 真面目に実践して頂けると
 遠心力の使い方の違いも感じることが出来るかも、です。」

質問「遠心力❓」

店長「からだの回転通り
 近場に 水を撒き散らす場合、
 どちらかと言うと ですが、
 腕を振るとか、からだを廻すとか で
 水(ヘッド重量)そのものに遠心力をかけて 撒く気がするんですが、
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 一方、遠くに撒く場合、
 水に遠心力がかけると 遠くに届かせられないですから
 バケツや持ち手(グリップ)に遠心力を掛けて
 水の質量、質量がソコ〜バケツの底に留まるよう
 バケツの底に水を張り付かせて移動させる。
 水そのものには大きく遠心力をかけません。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 その感覚って スイング、からだの回転での
 クラブヘッドの質量、重心を置き去りにして
 引きずって動かすか、
 ヘッドのそのモノに遠心力を掛けて
 クラブをほっぽり投げるように使うか、
 その二つにとても似ていると思うんですね。」

質問「ああああああ」 


店長「トップの位置から 一気に左を向く、
 をトライしてみて
 引っかけ、かも知れないし、
 スライスかも知れないですけど
 やってみて感じるのは
 トップの位置から インパクト、ボールに当たるまで
 殆ど『時間が無い』と思うんですね。
 本当に 直ぐに来てしまう。

 振り返ってみれば
 確かに 時間の区分 として
 ダウンスイングって言うのはあるんですけれど
 『アクション』としては ダウンスイングは無いかも❓
 って感じると思うんですね。」

質問「あぁ 確かに。」

店長「逆に今までは ソコが十分にあったし、
 その存在しない筈の時間が 自分の打撃の肝だった…🙄
 
 トップの位置から 間髪入れず左を向く、
 それで引っかけ が出たとしても、
 スライス が出たとしても、
 それを修正するような 時間は
 今までとは異なり、ほとんど無いと思います。

 どうするか❓

 まずは 右向き〜テークアウェイを考え、
 自分にとって 十分な右向き、
 時間と空間が確保出来ているのか❓

 右向きの確保 と共に
 どういう 左向きを造るのか
 周り方は 廻るコトそのものが重要なのではなく
 ボールを打ち為にする行為ですので
 クラブや腕をどう動かす 周り方、廻し方 が良いのか❓

((((((((_Moment
 トップの位置での クラブのからだに対する位置、
 クラブの姿勢、腕とクラブの関係が
 インパクト時、打撃に直結する、
 トップの位置関係が そのまま インパクト、
 クラブと腕は殆ど動かず、
 回転の遠心力によって 伸ばされた腕 程度ですので
 どういうインパクトを造りたいのか は
 トップの位置ソノモノと 考えても良いと思います。


 手で振ってしまう、フェースローテーション、
 ヘッドの返しでインパクトを造るのって
 冷静に、客観的に考えてみると
 そのワンショットに全力投球する 系のショットであって
 ゴルフのゲーム性は 再現性・復元性・反復性 が
 重要ですので あまり適していません。


 ボールを打つコトは 左を向くコト だけ と
 シンプルで繰り返し易い動作が基本にして
 望む弾道の修正は その事前準備で決めていく。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)
 腕力のある人や運動性能の高い人を除き、
 トップの位置から 一気に、間髪入れず 左を向く、
 は必ず 飛距離アップの基 になります。
 回転速度、動作時間の短縮、ヘッドスピードアップ に
 必ずつながります。
 トライして見ると 如何に からだの回転と
 クラブやヘッドの移動につながりが無かった かも
 実感できる人も少なくないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「水を張ったバケツ
 それで水を撒く場合の 水とバケツ、
 そして遠心力の関係は クラブヘッドの
 重心位置の関係にとても似ていると思います。

 水をまき散らす場合、
 横に水を撒く感じになる訳ですが、
 遠心力で水を撒きますので
 クラブで言うと シャフトをしならせて、しなり戻して・・・
 ショットのインパクト以降は 重心である水が
 自分を追い抜くことになります。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m







 一方、ある一方向に、そして出来るだけ遠くに、となると
 遠心力に対し、水は出来るだけ遅れたまま
 バケツの底に張り付けたまま(遅れたまま)を維持しますので
 自分のアクションを重心が追い抜くことはありません。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s







 重心が遅れ、追いつき、追い抜く は
 スイングで言うトコロの 手の返し と言うか、
 ヘッドターンに相当するのでしょう。 

 前傾姿勢のコトはとりあえず除外して、
 からだの回転に沿って 遠心力でクラブを振る、
 ヘッドと言う重量物に遠心力を掛け ボールを打つ のと
 からだの回転は 向きを変える円運動ですが、
 それを 打ちたい方向への直線的な慣性 に変え
 ボールを打つのか
 では
 ボールの飛ぶ方向も、かかるボールの回転、その量も
 かなり違うモノ、異質なモノになる と思えます。」

質問「横振り、縦振り の違いですか❓」

店長「正直 横振りの定義、縦振りの定義 が分かり難い、
 曖昧と言うか、ヒトによって異なりますので
 一概に そうです、とは言えませんが、
 ニュアンスは似ているかも知れません。

 からだの回転を使って
 クラブを持った腕をどう振るか、
 からだの回転通りの円にするのか、〜横の円にするか、
 ボールを打ちたい方向に沿った 縦の円にするのか、

 後者の方が 安定して 似たボールを打ち易い と思います。
〇見かた128〇見かた130









 バケツで水を撒くのと似ていて
 水を撒き散らす場合、
 水の重さが自分の動きを追い越して撒くコト になりますから
 スイングでのからだの回転は 運動の勢い付けで、
 リリースの際には からだの回転を止める動き が
 入ってしまうと思います。
 それを左サイドの壁と勘違いされている方も多いか、と。

 また、その動きを 前傾姿勢の有るゴルフスイングで行うと
 腕やクラブの重さが 遠心力で外に引っ張られるので
 必然として からだが起きる、前傾姿勢を失う、
 今風な動きですと 地面反力で伸び上がる、
 というのも 自動的に付いてきてしまうと思います。

 ゴルフのスイングでは 上手く行かない、悩むと
 兎角 からだの回転、からだの回転と言う言葉が出てきますが、
 そのからだの回転で 腕をからだの回転通りに
 横に振ってしまう と
 ゴルフクラブの 長いトコロに打点があり、
 その打撃部分であるヘッド、フェースには重心と言う
 棒の延長線上に無いズレがある為、
 遅れが開きになり、それだけでは ちゃんとボールが打てない。
 ダフリ、トップ、シャンク、スライス、
 それらを解消するために 最終的に
 手で修正、手で打つコトに行き着く
のでしょう。

 からだの回転で 腕を縦に移動させる、
 腕を縦に振る は 誤解を生み易い ですけれど
 動き で考えるのではなく
 ボールを出来るだけ 思った方向に
  思ったように飛ばしたいのですから
 打つ方向に沿って クラブも、腕も 移動させるって
 ごく 普通なアイディア だと思うんですね。
 その方が 上手く行きそうじゃないですか❓
5d625fee




 また、この部分も面白い研究テーマなのですが、
 コト パッティングやアプローチになると
 からだの回転、おそらく それは肩周りだけを指す動き
 だと思うんですけれど
 からだの回転そのものも縦回転、
 それに合わせて 腕の振り、クラブの移動も縦移動、
 になって 本来の回転とは全くの別物になってしまう。
 この延長線上で 普通のショットは難しいですが、
 なぜ パターやアプローチだけ 横に振ろうとしないのか
 にも ヒントが隠されているのだと思うんですね。

 からだの回転で バケツを立体的にどう振るのか、
607a83e4-s

 それは 大きなヒントになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:手持ちのクラブでボールを捕まえる方法を
 ずっと模索してきました。
 ブログも何度も繰り返し読みました。

 個人的な結論はクラブのライ角を維持して
 体の向きを変えるというところにいたりました。

 アドレス時のライ角を維持したいので、
 アドレスの時に両肘を少し外に張るようにするとクラブが捻れにくい…
 支えやすいと思っています。

 後学のため、ブログで改めてライ角について
 触れていただけたらと思っています。
 機会がありましたらよろしくお願いします。


A:【店長】質問、コメント 有難うございます。
6a874f9f-s
 ライ角度 について でございますが、
 この場合ですと ディッシュアングル に相当する、
 と考えて良いのでしょうか❓

 ディッシュアングル とは
 アドレス時で言いますと
 後方の視線から クラブと腕は一直線になっているのではなく
 数字として気にする必要はありませんが、
 腕に対し クラブは120度位の角度が付いています。

 まず その角度は 手のひら で言いますと
 スクエアグリップと仮定して 親指〜小指の
 よく言う コッキングのアングル と思われガチ🤒 ですが、
IMG_0534
 コッキングの… クラブのライ角度方向を
 腕のチカラや何かで 制御、
 行きすぎないようにするのは かなり『辛い』と思います。
 ほぼ無理でしょうか…。

 
実際には クラブをグリップした時の
 手のひら、左手とクラブの関係です。
IMG_1065IMG_0772









 グリップは動作中、緩みさえしなければ
 その角度は維持されます。

 ディッシュアングル、ライ角度の意識が強すぎると
 ヘッドをボールの方に出す癖が付き易く ⇒クラブを振ってしまう
 それらの問題はより立体的に複雑化します。

 同時に ヘッドの遅れが ライ角度維持の邪魔になり易く、
 遅れを取り戻そうとする動きになる可能性もあります。


 確かに ライ角度は打球の方向を決める要素の一つ、ではあるのですが、
 根源的なライ角度そのものが存在している理由は
〇地面、低いトコロのあるボールを打つ と
〇ロフトの変わる、変えることが出来る
 の複合体です。

 ヘッドは重さがあり、スイングすれば
 その運動の速度も加わり、より一層重くなります。
 アドレス時の視覚イメージでは
 トゥダウン方向に引っ張られそうですが
 ヘッドの重さを ロフトの立ち、
 からだの部位で言うと
 トゥダウン、トゥアップのコッキング、キャスティングの方向 では無く、

 手のひらのビンタの方向、左右方向の…スナップアングルと言いますが、
 その方向に変換してしまえば、
 遅れはロフトの立ち 〜フェースのより一層の下向き になり
 それは 必ず ディッシュアングルの維持 になります。
frame at 1m10s
 アドレス時、左手とクラブの関係がディッシュアングル であったのが
 インパクト時は 右手とクラブの関係になる と言えば
 良いでしょうか❓

 意識としては ロフトの立ち の副産物に近いですかね。

 ディッシュアングルを失ってしまう、大きく変えてしまう のは
 クラブの重さを 不必要に増やしてしまい、それによって
 姿勢が大きく変わってしまうことに起因しています。
 ヘッドの、クラブの重さと喧嘩してしまったら
 同時に ディッシュアングル、ライ角度の維持 は失敗します。

 クラブの重さを出来るだけ増やさない、長くしない、留まらせない、
 この三か条って感じでしょうか。
 トライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「地面を引き摺ってアプローチする
 この話が長くなっちゃって申し訳ないんですけど、
 勘違いして頂きたくないのは
 ×地面を引き摺るように 緩い角度で、
 ボールに対して 地面と平行に ヘッドを入れてこい、とか
 抜き方の面で言うと、×アッパー気味に抜く、とか
 そういうコトではありません。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 グリップを移動させた分しか、ヘッドを動かさない、
 距離感の基本はそこですよ、 というコトと
 ヘッドが、フェースが上を向いていくような抜き方は
 ミスの原因にも、距離のバラつきにもなるので
 ヘッドが高くなっていく にしても
 出来るだけ インパクトのままのようなロフト姿勢で
 抜いていくイメージを持つと良いですよ、
 というコトです。」

質問「自分でやってみると
 パッティングに応用して 自宅の絨毯とか、マットの上で
 地面の上を引き摺って パッティング・ドリル するのは
 結構、革命的な感じがするんですが…。」


店長「ナイスなご指摘ですね✋

 パットが得意でない、好きでない方は
 地面の上で ヘッドを引きずって パッティングする は
 ものすごく違和感あるんじゃないですかね😬

 距離感は勿論ですが、打つコトそのものが出来ない、
 えらくやり難い と感じるんじゃないか と思うんですが、
 このドリルの意味・意義として 100点満点✊✊✊ です。」

質問「ヘッドを引き摺ってパッティングするのには
 パターですけど トップの位置で出来ているような
 ヘッドとグリップの位置関係をそのまま維持して
 ハンドファースト気味にインパクトしないと…、
 ヘッドの方をグリップよりも前に出そうとすると
 ヘッドが地面に突っかかってしまいます。」

20231180m0
店長「それを 自分のパッティングでやっている、
 ってことになりますよね。 
 その言葉の通り、ヘッドを前にしようとする は
 ロフト姿勢を変化させるコト になりますし、
 ヘッドが地面に突っかかる は ヘッド自体が低くなる、
 下がるってコトになりますから
 ボールとのコンタクト点がフェース上部になってしまったり、
 ロフト・フェースが上を向くから歯が当たってしまったり、
 地面の上でヘッドを引き摺る に比べると
 ボールとの接触の仕方にバリエーションが多過ぎます。
〇からだの回転〜ク
 これでは 安定した『打ちたい距離』になり難いですし、
 良く言う 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出しても
 真っ直ぐ転がり難くなっちゃいます。

 パッティングへの効果はかなり大きい、
 本当の意味での距離感が理解出来るんじゃないでしょうか❓
 名手とまではイカナクても、パッティング嫌いは解消出来る
 非常に簡単にドリルなんじゃないですかね。」

質問「そんな感じがしますね。」

店長「違和感があるのは仕方無いかも知れませんが、
 地面の上でヘッドを引き摺ると
 パッティングの場合は からだの回転は無いですけど、
 グリップの移動速度=ヘッドの移動速度
 強いては地面の動作(運動)速度 と
 ヒトツの動作、ひとつの速度 です。
((パッティングストローク - frame at 0m27s
 ところが どこかの時点で ヘッドを前に出そうとすると、
 この場合は 地面があってヘッドが突っかかっちゃうんですが、
 その全体の速度 よりも 速い 別の運動が必要になります。
 コレって どちらが距離感、速度感、運動速度なのか…。
 距離感として動作速度が馴染みにくい と思います。
  
 それが改善、掴めるだけでも パッティング、
 特に 安定した距離感 と言う意味では良くなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングは 上げて降ろすだけ みたいなニュアンスも
 誤解を生み易いんですかね❓」
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)
店長「あり得ますね。

 からだを廻すことは分かっているけれど
 視覚として 地面にあるボールを
 トップの位置ですと 2mの高さから…
 となると 下に振りたくなるのは一般的 でしょうね。

 下に振るとなると
 早い段階で 右手のグリップが左手よりも外周、
 大きな円を描くコトになります。
 そうじゃないと 届かないですからね。
 そして それをするには からだの回転から
 腕とクラブを切り離して…
 カラダは待っていないとイケナイですね。
大森20211028_Moment

 そうなると 持っているクラブのその番手、
 そのクラブの長さよりも 緩い入射角度になる、
 場合によっては しゃくり、あおり、上がり軌道になったり…。

 下に振る方、右手グリップの軌道が大きくなってしまう方
 の軌道、ボールへのアタックアングルは
 番手による長さの違いが殆どないんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)






 余談になりますけれど、
 これもまた それを助長する、誤解を生み易いワードですけど
 『上から打つ』
 は 動作の技 として見られますけれど
 砕けた言い方をすれば、『その番手長さ通りの入射にしろ』
 と言っているに過ぎません。 」

質問「あああ そうなんですね。」

店長「ですです。技術と言えば技術なのかも知れませんけど、
 6番アイアンとピッチングでは 長さが5センチも違うので
 その長さ通りの入射にするのは
 ものすごく難しい訳では無いと思います。

 話は元に戻りますが、
 下に振ってしまうケースでは
 イコール スライス ではないですけれど
 番手なりの入射が取れず 番手なりのスピンが得られない
 『こすり球』になってしまいます。
 スライスが大きく曲がってしまうのは 飛距離ロスですが、
 スライスの方の距離不足は だいたいのケース
 こちらの副作用?の方が大きいんですね。」

質問「開いている方 閉じなくては…にすると
 余計 軌道が大きく、右グリップの軌道が外周に
 なる必要がありますよね…。」

93e9da7e-s6423ac38-s81b16761-s




店長「ソコ難しい問題ですね。

 多くの方は 練習の中で得る経験則で
 若干、右を向いて ややひっかけを打つ
 結構、ややこしいトコロにソフトランディングしてます。

 スライス イコール 手打ち ではありませんけれど
 からだの回転が使えて 右回転の方は
 そう大きくも曲がり難いですし、
 飛距離も体力、ヘッドスピードなり が多いです。
 手で振ってのスライスの場合、
 スライスの問題そのものよりも
 それに伴う こすり打ち が更なる飛距離ロスを生みます。
会田20210701_Moment

 下に振る となると
 からだを先に正面で止めて 待っていなければならず、
 それによる 腰や肘などへの負担は大きいのは確かです。

 どこまで治すか、改善するか、は
 その方の気持ち次第と言ったトコロになるのでしょうか。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの切り返し後、トップオブスイング以降
 ダウンスイングにおいて スライスをどうにかしよう😬
 というのは あまり実効性がありません。」

質問「!!!」

店長「スライス、右回転は 
 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか
 軌道のタイプにかかわらず『その
軌道に対して
 フェースが(右打ちの場合)右を向いているか、
 左を向いているか、
になる訳ですが、
 フェースターンをすると 軌道そのものがどんどん
 内に、内に逃げていく傾向が強く、
 フェースターンをすればするほど フェースの左向きの量
 必要になる と言う問題点がありますし、
 フェースの向きの変動、
 それに伴う 軌道の変化も激しいので
 打球の方向性の不安定さ
 が付いて回ります。
会田20210701_Moment(2)
 ダウンスイング以降 ヘッドが遅れるのを
 取り返そうとすると 問題は別なモノにすり替わります。」

質問「飛ばそうとすると スライスと背中合わせ、
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛距離はあきらめる、
 なんだか お約束のパターンですね。」


店長「メカニズムとして そうならざるを得ません。

 ですので スライスの実効的改善方法は
 『開いてテークアウェイを取らない』
 『出来るだけ 開きの量が少ないトップ(始まり)を造る』
 ダウンスイング以前の 事前準備
 と言う点がポイントになると思います。

 行き テークアウェイで開きの量
 〜フェースの上向きを抑えておく、減らしておけば
 遅れが発生しても なんとかなる で済むかもですが、
 始めから バックり開いて始まって(切り返し)しまうと
 たっぷりで、大急ぎのフェースターンが必要になってしまいます。」

質問「開かないで上げる・テークアウェイを取る って
 具体的にはどういうコトになるんでしょうか❓」


店長「両方の肘の高さ関係に着目下さい。
((フットワーク_Moment(2)
 右打ちの場合であれば、左ひじが右ひじよりも
 うんと高くなれば クラブは捻じられ、フェースは上を向きます。
 ですので 右ひじの高さ、高くすれば良いってモノじゃないですが 
 クラブが捩じられない、フェースが上を向かないような
 右ひじの高さの取り方は必要✊というコトになります。

 スライスで悩まれているとすれば
 それでなくとも ヘッドの遅れ は望んでいないのに
 左ひじが高く…とは その分、左腕も沢山移動しているので
 ヘッドだけでなく、腕自体も遅れてしまっているので
 ヘッドを返すにしても、その前に 腕の遅れを戻さないと
 ヘッドが返せないですから 更に手間も時間もかかります。
R (1)
 テークアウェイで 右にハンドルを切るように
 左手、左腕ばかりを動かしてしまうような やり方は
 スライス製造法みたいなモノです。」

質問「疲れて来て、ヒョイッと 手だけで上げちゃうような
 ラウンド後半で起こりがちなパターン って奴ですね。」


店長「はい。その通りです。
〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ







 普段から 左手だけ、左腕だけを動かす、上げる ような
 テークアウェイ、特に初動を取っている方は
 疲れてくると それは強くなってくる…
 すると フェースの上向きが増すので
 遅れによる フェースの開きが大きくなります。
 ラウンド後半の スライスやそれを防ぐための引っかけ は
 そう言うモノから生まれますね。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アタックアングルは ドライバーなどで
 ボールを効率よく飛ばす と言うコトに関しても
 大事な要素の一つなんですけれど
 👉アプローチショットの反復性、再現性に
 置いても とても大切な要素です。」

質問「うわ…苦手です😵」

店長「こちらの表をご覧ください。 
fd1ebad8
 ピンまで70y
 1パット圏内とされる 5m位に着いたモノ ですが
 色々な種類の球筋を打って貰っているので
 見ての通り、回転数は最小のモノと最大のモノでは
 3倍以上の開きがあります。
 打ち出し角度も 15度以上の開きがあります。」

質問「随分違いますねー。

店長「横回転としては 左回転中心ですが、
 この 球の種類は入射角度の差、アタックアングルの差
 によって生まれます。

 高めの球を打つのには
 速めのヘッドスピードが必要になりますし、
 低めの球であれば 高めの球に比べると
 遅めのヘッドスピードでこと足ります。

 どれが良い悪い ではなく
 アタックアングル〜入射角度が一定とは言わないまでも
 似たような感じにならないと
 似たようなスイングスピード感(距離感)やスイングの大きさ
 であっても 似たような距離(結果)にならない、、、
 ココの部分が アプローチの距離感習得の大きな部分 だと思います。」

質問「なるほど。

店長「アタックアングル〜入射角度 と言う言葉を使うと
 ついつい ヘッドがボールに対して、地面に対して
 どの角度で入ってくるか…
 『ヘッド』のコトばかりを考えてしまいガチ ですが、
 実は アタックアングル〜入射角度を左右する
 最大の要素は ソレではありません。」

質問「えええええ

店長「アタックアングルを左右する最大の要素は
 インパクト時のからだの姿勢 です。

 クラブを長くしてしまうと その重さ・遠心力によって
 必要以上に 右打ちであれば左が上がり、
 その結果、より一層の 緩いアタックアングルになる。

 逆に クラブを引きずる、出来るだけ長くならないようにすれば
 その負荷は少ない上に、早いタイミングでインパクトに到達出来るので
 緩いアタックアングルにならない。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 どちらが✋✋ と言えば、
 振ってみないと 遠心力などの影響や負荷がかかるか、それがどの位か、
 うかがい知れない クラブを長くしてしまう振り方の方が
 再現性は低くなります。

 また クラブを長くしてしまうスイングの場合、
 手前をダふり易かったりするので
 途中、再加速  インパクト手前で 更なる加速、
 二重加速が必要になりますので
 スイングの大きさとヘッドスピードに規則性を
 持ちにくくなります


 アプローチに悩むアマチュアゴルファーが
 アプローチショットの距離感を掴みきれない原因は
 主に『クラブの長さの造り方』と思われています。
 …自分で長さを造ってしまう と言う意味です。

〇コレも補足になりますが、
 からだの姿勢がアタックアングルに影響が大きい、から
 と言って 踏ん張って からだを止める、姿勢を維持する、
 と言う意味では無いので 誤解されませんように😬
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「今日はハーフショット、アプローチの
 練習に来ました。」


店長「はい。 まずはこちらの動画からご覧ください。」


 アプローチ や ハーフスイング において
 終わり、フィニッシュは
 こういう風なイメージがとても多いと思います。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 インパクトはアドレスの場所、に戻る
 と言うイメージなんじゃないでしょうか❓」

質問「ですね。」

店長「ソレを実現するには
 ココをインパクトのイメージとして
 持っていないと 出来ないのです。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment
 
.悒奪匹瞭擦里蠅篭疇擦鯆未

 スイングって 円を描く というのは 間違いではないですが、
ヘッドの実移動量 と言えば良いのか クラブの運動の角度 は
 = からだの向きの変更角度 -(マイナス) 運動での積算も含めたヘッドの重さ

 です。

 構えた時のヘッドの長さ、と言えば良いのか
 ヘッドの位置する外周と言えば良いのか、
 その半径の弧をなぞってしまったのでは
 ヘッド、クラブが運動で重くなる分も含め 道のりが長過ぎ、
 からだの向きで移動させられる 
  グリップの移動量を超えてしまう為、どこかで
 グリップの移動なり、からだの回転を止めて、
 クラブを』『ヘッドを』振るコトになってしまう、
 
手打ちの始まり です。」

店長「アプローチショットなどで
 この写真より もう少しからだを廻す、左を向ける、
 そして それを アドレス時の正面から写真を撮ると
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 ヘッドがグリップを追い抜いた『ように』見えるのですが、
 それは からだが左を向いたから であって
 ヘッドとグリップの関係性は変わっていないのです。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
質問「二つは大きく違いますね。」

店長「そして この二つの違いが
 ショットの最大の差
 打撃の原動力を何にするか の 分かれ道 になります。

 プロゴルファーのように 飛距離も飛ぶけれど、
 アプローチも上手 なのと
 飛ばせるけど曲がる、安定しない、
 アプローチはイマイチ なのは この差 と言っても過言ではありません。

 軽いアプローチショットを
 からだの回転で グリップを移動させ
 ヘッドは意識的には動かさず、そのグリップの移動に任せて
 ヘッドを引きずる、
 そうやって 少し打って貰いたいのです。

MVI_0878(2)_Moment(5),亮命
そして インパクトポジションは
アドレスのこのポジションでは無く
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment△亮命
からだをしっかり 左に向けた
このポジション、
おそらく 多くの人が
インパクトポジションを,亮命
だと思っていると思うのですが
 それよりも 50儖盟安Α∋間で言うと『もっと奥』
 飛球線側のグリップ位置が インパクトポジションのイメージ です。

 そうやって 打ってみると 自分が今ままで
〇如何に左を向いていないか、
〇からだを止めているか、
〇左サイドを止めているか、
〇ヘッドを振ってしまっているか、
〇クラブと体の一体感が無いか、
  を実感し易い と思いますし、
 『引きずる』がからだに根付いてくると
 ショット全般 飛距離も、再現性も、球質も
 かなり大きく変わってくると思います。

 脳内革命になりますが… レッツ トライ✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング中の クラブのトゥダウン
 そもそも トゥダウンって 知ってます❓」

質問「イエ、知りません。」

店長「知らなくても問題はないのですが、
 知っておくと スイングを造る、治す 上でも
 結構、役に立ちますし、
 クラブ選びの材料にもなるかと思います。

 そもそも トゥダウン は
 ちゃんと運動する(しなる)柔らかさのクラブ であれば
 全く意識しなくとも 自動的に発生する仕組み
 になっています。
EG05_04
 ゴルフクラブは テニスのラケットや野球のバット と異なり、
 握っている部分の延長線上に打点・打撃部分がありません。
 ズレている と言えば良いのか、
 L字型、鎌首をもたげた形状になっていて
 運動をさせていない時は
 そのズレを計算して 打たなければいけない⁈
 ような形状をしていますが、
 ちゃんと柔らかいシャフトが装着されていれば
 運動させると 重さが直線状に揃う 働きを持っている為、
 握っているトコロの延長線上で打つ感覚で
 ヘッド部の そのズレを無視して
 ボールと打撃部分を当てることが可能
 です。

 逆を言えば、テニスのラケットであれば
 どんなに速く振ったとしても『トゥダウン』は発生しません。
 実際にはやりませんが、
 重心のズレの無い、重心距離の存在しない、
 フェースバランスのパター であれば
 シャフトの硬さ/柔らかさに関係なく、
 『トゥダウン』は発生しません。

 ちょっと 言葉で説明すると分かり難いかも知れませんが
 クラブを運動させると
 クラブの重さが 遠心力の掛かる直線状に揃う働き があるので
 本当は ネック部が内側にズレ込むような状態になる のが
 正規の『トゥダウン』

 ネック部分はそのまま で
   トゥ側だけが下がる✋訳ではない
 んです。
 とは言え ほんの少しですが、トゥ側が下がり、ライ角度が変わる、
 のは事実で それらをまとめて『トゥダウン』と呼ばれています。

EG05_04
質問「…となると
 ちゃんと 運動する柔らかさのシャフト と
 しならない 硬いシャフト では
 打つ感覚は異なるコトになるのでは ないです❓」


店長「そう思います。
 ちゃんと 運動する柔らかさのシャフト では
 棒の延長線上で打つ感覚で 球は当たりますが
 そのまま の感覚で 硬いシャフトを打つと
 そこには ネックが来てしまいますから シャンク です。
(キャスト_Moment

 逆に 硬いシャフトを使い慣れている人は
 重心位置のズレ分、シャフト(ネック)を
 ボールからズレたトコロに通そうとしていますので、
 柔らかいシャフトにすると 先っぽに当たったりします。」

質問「慣れてしまえば 棒の延長線上で打つ方が楽そう…ですね。」

店長「そう思います。
 シャフトの硬さ・柔らかさ を揃えて置けば
 機種や番手などによる 重心距離や重心位置の違いを
 気にする必要が無くなります。
IMG_0079
 重心距離の長い ドライバー 40丱ーバー
 重心距離の短い アイアン  35
 双方ともに しなりの無い硬いシャフトであった場合、
 では ボールの当て方、クラブの通し方も
 それぞれ 異なるように調整しなくてはなりません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あらかじめ言っておきますが、
 フェースターン、手の返し、ローテーションを
 推奨するつもりはありません

 一時を除けば 長いゴルフ人生で苦労が多くなりますから。
BAUoIFgCcAA1GTf

 とは言うモノの、今の今までそう打ってきたのに
 はい 今日変わりましょう✋って訳には行かないので
 知恵として知っておいて貰いたい だけです。

 スライスに悩む、困っている人の多くが
 『フェースターン』『ヘッドの返し』の仕損じ です。」

YSさん「そうですね…。」

店長「以前も説明しましたが、
 ゴルフクラブは その構造上、
 フェースターン 開いた・右を向いたフェースを
 閉じよう・左に向けようとするほど
 …その フェースターンを主に ハンドターンにする場合ですが…
 ヘッドの軌跡は 内側に切れようとします。

 軌跡が内側に入り込めば、想定より
 フェースの閉じは強くしなければならない、
 という 追いかけっこ
 になります。
IMG_0491
 スライスが出てしまう…と
 もっとフェースターンを… と思いがちですが、
 始めの発想に戻って
 フェースを閉じたい 『開いている』フェースを
 閉じなければならない から始まっている
のですから
 閉じるコト を 考えるのではなく
 開かないコト、開かないは無理であっても
 開く量を抑えるコト、に意識を持って行くのが良いでしょう。」

YSさん「なるほど。」

店長「閉じなければならない量は
 必ず 開いている量に応じています。
((((((((_Moment

 ラウンド中、疲労してくると
 クラブに近いトコロ・からだの部位、
 特に 左腕だけでテークアウェイを取ろう、
 クラブを動かそうとすることが増えます。

 そうなると フェースの開く量は増え
 閉じきれない、と言う状態になり易いです。
 
 ダウンスイング〜インパクトは 高速ですし、
 やらなければいけないコトが一杯ですから
 『閉じるコト』で解決するのではなく
 『開く量』を抑制、少なくする方が
 とりあえずの解決方法としては 良いと思います。」

YSさん「何処を気にすれば良いのですか❓」
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment

店長「ラウンドで✋ は難しいですが、
 普段の練習で クラブを(右打ち)右に倒す量を減らす、
 からだの幅の中 と言う意識は少々オーバーですが、
 背後にヘッドを行かせる量、
 クラブも倒す量を出来るだけ抑える、

 というのが有効だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アプローチにおいての振り子 
 も 疑似』肩を廻す の一例です。」

Nさん「練習場で見かける ビギナーへのレッスンでは
 とても多く見かけますね。」


店長「はい…困ったモノ…ですが。 
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)








 先日の記事と重複する内容になってしまいますが、
 テークアウェイの初期段階で
 グリップエンドが自分から離れる、
 からだから離れるのは 極力、避けるべき
だと思います。

 両腕と胸で作る三角形を維持、
 それは それで間違ってはいないですが、
〇ボールに当たる、
〇ボールを打つ、
〇的確なロフトで、そのクラブなりの入射で、
〇そして それを繰り返せる

 それらが目的で、三角形の維持はその工程に過ぎません。」

Nさん「確かにね…。」

店長「からだの向きを変える、からだを廻す、は
 動きとしては 横へのモノ です。
 ですので テークアウェイは 始まれば
 動いた分、ボールから、
 方向としては アドレス時の背後方向へ
 離れていくのが自然です。

 インサイドへ✊ というのは そう言う意味合いです。」

店長「スイングの練習に
 ドライバーなどの長いクラブを使い、
 そのクラブの中途な部分を握り、
 グリップエンドをお腹、おへそ辺りにくっつけ
 テークアウェイを始める、 というのがありますが、
 それは ✋クラブを自分から離さない、
 ✋手で上げない
 ✋上げない を示唆しています。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 からだから離れ、手の返しで上げたい方は
 ボールを打つのに クラブを下に振りたい、
 その準備動作として 行いますので
 長い距離を打たないアプローチなどで
 ボールを下に振らなくても当たる、届く、を体感して
 徐々に クラブを上げなくても ボールは打てる、
 テークアウェイで上げる ≠ 遠くに飛ばす のと関係ない
 を経て、テークアウェイ、
 その初動をつくっていかないとイケナイかも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こちらをご覧ください。
店長「少し大袈裟ではありますが、
 ボールをつかまえるイメージを通常のスイングと
 重ねて創ったモノです。

受講生「思っている以上に 似ているんですね。」


店長「ですね。
 ここで着眼して頂きたいのは
 トップの位置、テークアウェイの取り方 です。
e00bf7e6一般的に テークアウェイは『上げる』と言われますが、
ボールをつかまえていく のに
クラブを こう 流していく
からだの向きで
クラブを こう 引きづっていく訳ですが、
 よく言われる テークアウェイでのコッキング というか
 クラブの起こし、ヘッドを高くする行為 は
 まったく それを取り入れないと
 必要以上に ヘッドが重くなってしまい
 ヘッドが落ちてしまいます。
(逮捕術 2022夏期講座_Moment
 そうならないように クラブを起こして
 クラブの重さが グリップの移動に使えるようにしているのです。」

受講生「なるほど。」

002店長「ですが、少なくないゴルファーは
ヘッドを縦に回転、反転させる、
クラブ自身を下に振る為に 上げています。

その方にとっては
 そのクラブさばき が 打撃の肝 ですので
 どうしても そうなるのは分かります。

 絶対 ダメ って 訳じゃないですけど
 せめて 支点になるグリップエンドが
 ボールを追い抜いてから 行って欲しい です。

 ですので 上げるって行為を少し抑えめに
 出来る/出来ないは別として
 からだの向きで グリップは引き摺って行くんだ、
 そのための テークアウェイ、トップと
 考えて頂くと良いと思います。
大森2019_Slomo_Moment(2)(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)









 昨日の記事 でも書きましたが、
 つかまえるコトの 基本になるのは
 インパクト、impact以降で 間断なく
 グリップが上がるコト
 大袈裟ですが、インパクト前から上げる位のつもり
 でも良い位です。」

受講生「実際に ショットしてみると
 インパクト後 グリップを上げる って
 かなり難しいです。」

店長「はい。
 インパクトが上がらない というのは
 そのまま からだ、特に左サイドが止まっているコトを指します。
 そこで ヘッドを返す、手を返している、
 ので グリップの高さを替えられない のです。

 それは からだの向きがしてくれますから
 グリップを上げる、高くする、
 出来れば グリップエンドを上に向けたまま 位の
 イメージで フィニッシュに向かって下さい。

 始めは ゆったりとした 50ヤード位の距離でも良いです。

 おそらく ですが、低いライナー、
 場合によっては 低いフックになる可能性もあります。

 そうすると それをする為のテークアウェイ、
 クラブの『上げ方』を考えるようになります。

 ボールの掴まえは 左右のフェースの向き ではなく
 上下、縦、ロフトの作り方 なんだと
 理解して貰えれば シメタもの です。

 この動きを主に、
 もしくは この動きを自分のスイングの中に
 取り込めると良いです。
 弾道はグンと低くなると思います。
 特に練習場のボールでは スピンの維持が難しいので
 失速してしまう可能性もあります。

 普通のスイングの中に取り込んでも
 弾道が低すぎる場合、
 フェースの左向き が入ってしまっている可能性があります。
 ですので 少しプッシュのイメージが良いでしょう。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


禁忌なクラブチューニング…ついでに
 昨今、やはり 絶滅しつつあるチューニング

「シャフトカット」

若い人は 誰か分からないかも…と思いますが、
50年位前の ゲーリープレイヤーが長尺44のドライバー、
その走りだったのではないか と思います。
ドライバーがメタルに変わり始めた 当時で 44インチ
45インチになり始めたのは 時計のセイコーの出した Sヤード、
キャロウエイ グレートビックバーサがヒットした 90年代後半
 それから 20年余 46インチが当たり前 になりつつあります。
45インチの長尺が出始めた頃、46インチが出始めた頃、
 大袈裟ですが、毎日、シャフトを切りたい と言うお客様が
 来店された、と言う記憶があります。


これも お約束な会話。。。になりますが、お付き合いください。 

Kさん「うわ〜 ダメだ、ドライバーが飛ばない、当たらない、
 スライスばっかりだ。 46インチは合わないのかな⁈」

店長「そうなんです?
 ま、確かに 46インチは長いと言えば、長いですね。」
Image20201006185024 (002)
*⁑リシャフトを除き、弊社では 最長で44.75インチ
 46インチのドライバーを造った記憶は…
 この10年は無いと思います。

Kさん「短くした方がいいのかな?」
店長「あら、良からぬコトを考えています?
 それとも 新しいドライバー造られます??」

Kさん「少し切ろうかな。」
店長「いやいやいや
 それは 辞めた方が良いですね。」
Kさん「えええぇぇ〜 なんで?」
店長「合わない、飛ばない、当たらない
 とりあえず ドライバー単品ではありますが、
 その原因はかなり多岐に渡ります。
 複合している要素もあり得ます。
 切ったら 元に戻らない のですから
 選択としては除外項目ですよー。」

Kさん「えー でも 短くなれば振り易い じゃん。」
店長「ええ 短くなれば振り易い のは確かです。
 ですが、振り易い がイコール 飛ぶ、当たる、
 とは限りませんし、 ゴルフクラブの根本的な構造を
 無視しちゃいますよ。
 例えば 総重量ですが、
 よくユーザーは 軽量 と言って「騙されています」が
 46インチ で 280g の超軽量!
 って これ 全然 軽量じゃないんです。」
Kさん「280gって 軽いじゃん。」
店長「いやいやいや
 ヘッドやシャフトなどが似たようなスペックであれば
 46-280g は 45インチ‐300g とほぼ同じモノ です。
 1インチ長くするには 12〜15g位ヘッドを軽くしないと
 いけない訳で、そう言うことからも
 ドライバーより 3番ウッドの方が総重量重いのです。」

Kさん「ってことは もし 1インチ長さを切ると
 ヘッドの重さが 15g足りなくなると❓」
店長「そうです。
 短くなっただけ でなく
 思いっきり ヘッドが軽くなる感じ、
 15gで スイングウエイト相当で 約7ポイント
 D‐0 のクラブが C-3 になっちゃうんですね。
 一般論ではあるんですが、
 シャフトの硬さがレディースであれば
 ヘッドの効きが C-3 で シャフトは動くかも、ですが、
 今のシャフトは SR ですので
 SRを C-3 で打つのは ヘッド効かな過ぎ、
 シャフトが より一層 機能しなくなるでしょう。」

Kさん「軽くて振り易そうじゃん。」
店長「振り易い だけ のクラブになります。
 1インチ切った その日は軽いから振り易い…気がする、
 でも 二日目、三日目 になると ボールが伸びない、
 しまいには ヘッド重量が足らず、
 シャフトの運動が足らず、
 打撃の衝撃を緩衝する能力が落ちているので
 手首や肘に痛みを感じるようになり、
 軽いから振り回したせいで 腰も痛くなり。。。
 それで 飛ぶ とか 良くなれば良いですけど
 まず 間違いなく 今より更に悪くなります。
 そして その影響はドライバーに留まりません。
 ショット全般が狂い始める例もとても多いです。」
445TL-2

Kさん「いいコト何もないじゃん。」
店長「です。
 半年も使わずに 倉庫か、中古行き です。
 ホント 何もないです。」

Kさん「じゃあ どうすれば良いの?」
店長「まず ドライバーが上手く行かない原因を見つけないと…
◉ヘッドの特性が合わない のか❓
◉シャフトが硬いのか❓ 柔らかいのか❓
◉他のクラブとの流れはどうなのか❓
◉また その複合であるのか❓

 病気が特定出来ないのに 治療は出来ません。
 特定していないのに 切断 と言う外科治療は
 あまりに無謀過ぎるでしょ❓」
Kさん「そだね…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


開いたフェースを閉じて振る(打つ)
 俗に言われるフェースターン、ローテーション、手の返し
 悪く言えば 手打ち、手振り… ですが、
 それを 望んでやっている人は多くないと思います。

 そうしたくないのに。。。開いて、スライスは嫌だし…
 そうせざるを得ない 人が大半だと思います。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
一番根っこの部分、根本は、解決の糸口は
 スイングで作る円弧 と からだの回転 の関係
 からだの回転のその目的の誤解!だと思います

 そうせざるを得ない状態を説明したい と思います。

スイングは円弧に見える、のは確かですが

 その外周にあたる ヘッド部は
 グリップを動かせば
 そのグリップを動かす のが カラダであったとしても
 手であったとしても
 円弧の進行…その『角度分』動くモノ と考えていませんか❓


よく考えてみましょう。
 クラブは先に重さが付いており
 静止状態であれば その重さは重力方向にかかる
 ソコに留まろうとするエネルギー
です。
 運動状態になると 長さと先端の重さのミックスが
 円弧の進行とは違う方向に遠心力として働きます。
 その複合ですので
 ヘッドから見た グリップの先にあるからだ(打ち手)と
 ヘッドがつながって動く には
 グリップを動かし続ける必要が生まれます。


(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

ダウンスイング中、
 人の迷惑をかえりみず、誰もいない鳥かご で
 クラブを離したら クラブはどこに飛ぶと思います❓
 ボールの方に行くと思います❓
 それとも飛球線の方…ですか❓


クラブを手放しタイミングにもよりますが
 右の足の前あたり 地面か…
 それこそ 遠心力の方向にすっ飛びますよね

それを ボールの方向に…
 飛球線の方向に… するのには
 糸の先に重さの付いたようなモノ…のイメージ であれば
 👉当然、根本、支点になる部分は止まっています。

手を返す人の多くが 左サイドを、左グリップを、
 茲諒鼻,里茲Δ淵ぅ瓠璽犬濃澆瓩覺恭个鮖っている?のでは?
大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)









そして そのイメージが そのまま 手打ちソノモノ なのでは❓



クラブを、ヘッドを円に振るコトが最優先ですか❓
効率よく 遠くに安定して飛ばすことは 二の次 ですか❓



    それでは Asta manana✋✋✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『ロフト角度、ライ角度、フェース角度を調整できる
 
スリーブ付き ドライバー を使っています。
 練習場球、コース球で相当数の球数を打って試してみたのですが、
 マイナス1度、プラス1度にしても
 体感できるほどの違いが出ず、差が無い気がします。
 
何故 なのでしょうか❓』 
EZ05
【店主】毎日、メールやお電話でたくさんの質問を受けますが、
上の内容に類似した質問も多数あります。

現在、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティまで
ネック部のスリーブの調整によって 事後、
ロフトやライ角度を調整出来るものが増えています。
2021-03-19_16-46-28_Moment
ロフト角度で言うと 1度ロフト角度が変わると
ボールの打ち出し角度だけでなく
スピン量も同時に 変わる
ため
角度の数値としては 「1度」ですが、
弾道質はかなり変わると考えて良いと思います。

が しかし…。。。
フェースローテーションの多いスイングであると
ロフト姿勢、ヘッドの進入角度 が
 かなり大きく動いている 中にインパクトが訪れます。
ひとりひとり 異なりますから 正確に何度 とは言えませんが
フェースローテーションの無い、もしくは少ない
スイングに比べると 30度近く 動いている 中にある
インパクトなので 1度、2度の差が出にくい…
つまり スイングタイプが ヘッドの返し、フェースローテーション
 である、
というのが答えなのだと思います。

そうですね
トランポリンの高さを 5センチ変える とします。
その上を歩いているだけ と
その上で飛び跳ねている
 では
トランポリンの土台の 5センチの高さ差を体感し難い
その差がわかりにくい に近いと思います。
(フェースローテーション なし〜あり_Moment
弊社でも良くあるコト なのですが、
ヘッドを重くして、柔らかいシャフトにする、
フェースローテーションスイングでは
重い、柔らかい は ヘッドの遅れ → ヘッドの開き
になりますから、上手く当たらないやスライスから始まるのですが、
いままで 遅れるのが悪いコト、遅れるのを取り戻す から
遅れを 開きではなく、ロフトの立ち、フェースの下向き に
変えられると 今まで その調整(スリーブ)カチャカチャ で
差が分かり難かったのが かなりはっきりと差が出るようになる、のです。

言ってしまえば フェースローテーションとは
自分なりのタイミングで ロフトを造っている、
製品ロフトとは直接関係ない 任意のロフトで打っていたのを
製品のロフトで打てるようになる というコトでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


個人的な意見ではありますが、
安定していれば インサイドから、だろうが、
アウトサイドから、だろうが、どちらでも良いと思いますし、
それであれば 左右の軌道よりも
上下の軌道 そして、ロフト姿勢に
 注意を払った方が スイングの改善や
  自分の課題克服にもつながっていくと思います。



 目標があり、それに向かって
 アドレスを取り、その目標線〜ターゲットライン
 に対し、線の内側から、線の外側から
 と言う理論は
 ヘッドの軌道…ヘッドをどの主エンジンで動かすか
 を無視してしまっては議論の外
 です。
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment

 ヘッドの返し、手の返し、フェースローテーションで
けんだま左右(インサイドアウトやアウトサイドイン)の軌道を
作ろうとするのであれば、それはあまりに刹那のタイミングや
具合、加減によるモノなので
個々の人がココで掴み取るしかありません。
けん玉本体を回転させながら とめけん(尖ったところに入れる)
のと同じでしょう。

 スイング動作の学ぶべき、シンプルなモノとは異なります。

 インサイドから 入れる を 言語化すると
 トップの位置で スナップロックをし、
 それを維持したまま からだの向き「だけ」で
 ボールを打つ。

 スナップロックを保持したまま、で。
 インパクトでハンドファーストを作るのではなく
 トップの位置で ハンドファースト=スナップロックを作り
 それを維持したまま、からだの向きだけでボールを打てば
 からだの回転通り インサイドから入って来ます。
 ハンドファーストはインパクト付近で造るのではなく
 元々作っておいたものを 維持し続けるに過ぎません。

 ヘッドの返し、手の返し、フェースローテーションで
 打った人のからだの回転は
 それを行うために 先に体を空き空間を作るとか、
 動いて反動で 腕やクラブを振る という
 元々の目的が異なっています。
 ですので 回転の方法を変える必要も生まれますが、
 インサイドアウト❓ は兎も角、
 インサイドからボールに進入 は
 それで成り立ちます。

 ドライバーなどの 運動速度が速くなるものでは
 スナップロック〜ハンドファーストを維持し続けるのは
 身体的に危ない、傷める可能性があるので
 インパクト付近でそれを解く、
 もしくは インパクト以降で解く
 と言うだけのモノです。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 スナップロック〜ハンドファーストを維持したまま
 からだの向きでボールを打つ  →プロショット
 締まったロフトでインパクトし易いですし、
 重さの付いた長い棒を振らない ので
 それによって造られてしまう不可抗力も一定、
 管理し易いと思います。

 インパクトロフトや軌道も管理しやすいですし、
 それを一定に出来る可能性も
 先端を振って、リリースを打撃ソノモノ にするよりも
 遥かに高くなります。

 同時に色んな、ゴルファーのメジャーな悩みを
 解決する方法でもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


これが「アプローチから始まる」のか、
ショットで「フォローを大きく取る」のか、
「クラブはからだの向き通り 180度ターンするモノ
 と言う思い込み」
から始まるのか は
それぞれ だと思います。


適当な距離…のアプローチで考えてみましょう。

アプローチであれば
クラブには 不可抗力、大きな遠心力は発生しません。
その距離、速度にもよりますが、
ヘッドの重さ、クラブ、シャフトを
ある程度、管理できる可能性があります。
2021-07-03_01-20-29_Moment
上の この写真を見ると
インパクト以降、フォローで
手を伸ばした、もしくは
ボールの飛ぶ方向に手を伸ばした、
 手を出した「ように」見えます…が
ふたつを比較してみて下さい。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)2021-07-03_01-20-29_Moment








実際には
手を出した訳でも、手を伸ばした訳でも なく
⚠カラダの向きを左にしただけ
⚠カラダを廻した、向きを変えただけ
 です。

スイングによって 発生した遠心力によって
グリップが「その方向」に引っ張られている のは
あるとは思いますが、
それを拒否していないだけで、
手を伸ばしたのでも、手を出したのでもありません

フォローを出そう、大きくしよう、
手を無理に伸ばそう、飛球線の方に出そう、

と 自分の意志でグリップを送り出してしまうには
からだの回転の止まり、向きの変更の抑止 が必要になります。
✋クラブの動きとからだの回転の切り離しが必要です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうなると フェースの回転も伴ってしまう 為、
ロフト姿勢や入射角度だけでなく フェースの向きも
安定し辛くなります。

また スイングの特性上、
 意図的にフォローを出す
 グリップを飛球線の方に出す というのは
右打ちの人の場合、右手を伸ばすコトになりますので
その結果、左腕は不自然にたたまれ、
写真や動画で 妙に縮こまったフォローの腕(左腕)を
 目にすることになる訳です。
意図的にするのは  ですが
あえて 言語化するのであれば
フォローを出す は からだの向きを変え
 左腕が飛球線の方に伸びた、伸ばしたではなく
 不可抗力によって伸ばされた というコトを指すのでしょう。



実際には 振っていない腕 を
振らなければならなくなりますから
その前準備として からだの回転に対する
腕、グリップの「意図的な遅れ」が必要になります。
これがそのまま フルショットとなれば、
手を返す為に ロフトやフェースを開く、
本来の意図とは全く反対の……🙀🙀🙀
言うなれば 『スライスにならないように手を返す為に
スライスになるように ロフトやフェースを開かなくてならない』

と言う意味不明な動作を覚えることになります。
    …火を消すために 自分で放火するような…。

遠心力を含めた 不可抗力 とは
その言葉の通り、ヒトには逆らい切れないチカラ。
そして ゴルフクラブはいざ運動させる と
その不可抗力を多く生み出してしまう構造 です。
故に クラブを持っていない時 の 素振り と
クラブを持った素振り、
そして 実際の打撃が同じになり難い のです。

フォローの大きさを含め
インパクト以降、はその不可抗力が最大になる部分です。
自分でやらなくて良いコト、
それは 必ず発生する上に
逆らい切れないのですから
それに任せた方が当然、 簡単✋

確かに…フォローは 俗に言われる
「低く、長く、大きく出た(出したでは無く出た)」方が
 弾道は安定し易く、飛距離も出し易くなります。
その為に からだの向きを変え続け、
 逆らい切れない遠心力、不可抗力を利用して、
 左腕を飛球線の方に引っ張らせる、のであって、
遠心力そのモノで打とうとしたり、
遠心力の解釈を間違えてしまったり、
フォローを自分で出す、大きく取ろう としてしまうと
 自分で放火した火事に苦しむ可能性が…十分あります🥶
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

『球体である ボールをつかまえる』 のが
ショットの基本中の基本❕
 ですが、
✋「ボールをつかまえる」 と
 スライス、フック は ほぼ無関係です。

 つまり 
 つかまらないフック、もしくは つかまらないスライスもあれば
 つかまったスライス もあるし つかまったフック も有ります。
ドライバー入射角度

ショットの第一歩 は
🔴まず つかまえるコト ですが、
 それに 弾道(出球)の 右/左
 回転の 右(スライス)/ 左(フック)
 出球の 高い/低い
 回転の 多い/少ない

 が混じりあいます。 当然 すべての組み合わせがあります。

クラブの構造上、
 スライス と 出球の右 出球の高い 回転の多い は
 親和性が高いですが、同一のモノではありません、
 各各にはそれぞれ それを構成する要因があります。



スイングを迷わせてしまう、間違わせてしまう 大きな原因
もしかしたら ヒトによっては諸悪の根源 になるのが
つかまって「いない」球 は
 開いたフェース(右向き)から生まれる 
と思っているコトかも知れません。
別な言い方をすると インパクト時のフェースの向き が
 つかまる、つかまらない を左右する…
 です。

👉つかまる、つかまらない の差 は
 フェースの左右、フェースの向き ではなく ロフトの造り方
 ヘッドの左右の問題 では無く、ヘッドの上下、縦の問題 です。


445TL-5-1411BK-5

10度のロフトのドライバー と
15度のロフトのスプーン で考えてみましょう。

スプーンは 5度ロフトが多い分、ドライバーよりつかまりません。
 (㊟…長さによる 入射角度のの差は割愛しています)
15度のロフトのモノは その15度のロフト効果分 つかまれば良いのです。
逆に ドライバーは 5度ロフトが多い分、スプーンよりもつかまりますが、
今度は掴まりが良すぎて ボールが上がらない、浮力が維持できない、
そうならないよう そのロフト分、長さが長くなり、
打ち出し角度が取れ、浮力が維持できるよう配慮されています。
単に つかまり と言う点だけで言うと
 ゴルフクラブの中では ドライバーが一番つかまるよう出来ており、
 ウエッジはそのロフト分、他のクラブと比べるとつかまりません。
 そして そのつかまりが悪い分は クラブが短く、
 入射がきつく成るコトで補っています。


スイングを覚える、造っていく過程で
その「つかまる」「つかまえ方」 の元 を
フェースの向き、回転、横の動き と ロフトの向き、縦の動き、
言うなれば 90度縦横を取り違えてしまうのは致命的、
全く別なモノ、互換性のない ふたつの動きに分かれてしまいます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


仮にヘッドスピードは同じ 
似たような体力、練習量、練習頻度の
 👨Aさんは フェースを円の外に向けたまま打ち
 👩Bさんは フェースを円の中に向けて打つ
 いるとします。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











ヘッドスピードが速い は
 ボールの飛び の原動力になりますが イコールではありません。
その代表例が正にコレ
 飛ばない、
 ヘッドスピードなり、ロフト角度なり に 飛距離が出ない

 それを解決する糸口 でもあると思います。

ドライバーの入射角度114
 このデータは単なるサンプルなので気にせずに】

ヘッドスピードにも左右されますが、
仮に、似たヘッドスピードの場合、ボールのスピン量 とは
 主に、動いてきた上下の軌跡 に対しての
 フェースの上下角度(ロフト)の差異 から生まれます。
スライスやフックの出る仕組みの縦版です

 地面とヘッド(ロフト)の姿勢の関係 ではありません。

ドライバーの場合、
ボールの飛び、その人にとっての飛距離アップ を考えるにあたり
打ち出しの上下角度、そして回転、ボール速度 
という 飛びのM彖任あるのですが
○○度の打ち出し角度なら、だいたい スピン量 この位
◌◌◌◌のスピン量なら この位の打ち出し角度
組み合わせ によって 望ましい数値は常時、動きます。

これは 飛ばし だけでなく 方向や距離の安定度、
反復性にもつながってきます。

ゴルフクラブは ボールを打つ、
ボールをアバウトに目標の方向に打つ 絶対条件があるため、
フェースが上向きになると 軌道も上方向に変わり易く、
フェースが下を向いていると 軌道は下方向に行き易くなります。


フェースが上向き(円の中を向こうとする) ということは
ヘッドがグリップを追い抜いていますから
フェースが円の外向きの状態
(ロフトが立った)と比べると
グリップは蕕砲△蝓△らだ自体が上向きになり易い、
打つボールの場所は決まってますから、当然 そうなります。

 👨Aさんは フェースを円の外に向けたまま打ち
 👩Bさんは フェースを円の中に向けて打つ

フェースを円の外に向けたままの Aさんと
フェースを円の中に向けてくる Bさんでは
ヘッドの上下軌道、高さの変化具合、円弧の大きさなど
かなり異なり、
Aさんの方が大きめの円弧で緩やかな変化(上下)
Bさんの方が小さめの円弧できつめの変化 になり易い
 というコトです。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













安定して 良いドライバーショット(不満で無い距離、方向)
を打つための基準になる
打ち出しの角度 や スピン量 が
Bさんの方がバラツキが出易く、
 いろいろな組み合わせが発生しやす
いのです。

この場合は 上下方向の、ロフト面での面の 造り具合によって
上下の軌道が常時、変化してしまうため、変化が激しいため
Bさんの場合、Aさんに比べると
こう振ればこうなる、こう打てばこうなる という目安が作れず、
安定した自分のショットが創り難くなる のです。
video_Slomo_Moment
Aさんの場合、腕とクラブはトップでロックして
カラダの向きだけで クラブを動かすので
傾きがあるとは言え、クラブは横に移動させています。
ところが Bさんの場合、軌道自体は似てはいますが、
その軌道の中には からだの回転で行うAさんに比べ、
腕や手、クラブと 円弧の半径は小さくなりますし、
ヘッドを上下に動かすコト(下に膨らませる)になるのですから
当然、その分はボールスピードにならず、打ち出しの角度や
スピン量に化けやすくなります。


【Point】アッパーで打つ角度・確率は
 Bさんの方が強くなり易いので
たまーに Aさんと似た距離を打つコトは可能、
その たまに飛ぶ のが問題だったりしますが…
平均飛距離や安定度は理屈上、かなりの差に成り得ます。


練習量や運動神経でなんとかなる、のも否定はしませんが
イチから始める、将来を考えて改善するコトを考慮すると
どちらを取れば良いのか かなり明白だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
柔らかいシャフトはしなって遅れるって言う
で、硬いシャフトを結局、しならせてしなり戻す って
どういう展開だよ!
 そこから始まっている人も多い筈。


言葉で伝えるのは難しい…んですが…
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment振り子のアプローチ_Moment(3)




この話しの始まりである
🥎こすり打ち
🥎ボールをつかまえる
 は
 イコール
🥎手で振る、手打ち、手振り
🥎 からだの回転で
 とも言えますし

ココが理解出来ると
⚠からだが開く
⚠からだが突っ込む
⚠からだが起き上がる
⚠前傾姿勢やディッシュアングルが保てない
⚠右サイドがさがる
   などなど
非常に多くの ゴルフスイング動作における
改善したい箇所は 解決する、と言えば良いのか、
「技術的な部分だけで解決しようとするのは無理、無駄だ」
 理解出来るようになります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)(つかまった球 VS こすった球_Moment





その差、その違いは何か というと
同じことを違う表現で幾つか挙げると
🔴フェースでボールの 底 を打とう とするのか
🔴フェースでボールの 上面 を打とう とするのか

🔴ボールを円弧の中に掻き入れよう とするのか
🔴ボールを円弧の外に弾き出そう とするのか

🔴インパクト付近で フェースを円弧の中に向けよう とするか
🔴インパクトまでは フェースを円弧の外に向け続けよう とするのか
を言うコトです。


動画 で表してみました。
例として 見てみて下さい。

【ケース1】では
お子さん(もしくは女性)がボールを打っています。
お子さんのチカラ、お子さんの振る速度 では
一般成人男性が使う ドライバーのロフト は絶壁(゚д゚)!
ボールを浮かせることは不可能…とは言いませんが
かなり難しいと思います。

前に進ませる とは言っても "ゴロ" では楽しくありません。
従って お子さん
(非力な女性にも言えます)にとっては
前進させるコト ではなく、
ボールを空中に浮かせるコト が 打つコト になります。
空中に浮いている球を打つドライバーだから
出来るコトではあるのですが、
アイスクリームアイスクリームスプーンで アイスをこそぎ取るように
 フェースを円弧の中に向けて、
ボールをすくい取るように打ちます。

ボールの底を打とうとしてる とも言えます。

遊び としては、それはそれで良いのですが、
コト 正しくボールを扱う、正しくクラブを扱う
教材においては 良い参考ではありません。
 👉反面教師に相当します。

この ボールのとらえ方 で
地面に置いたボールを打つ のはどうするのでしょう❓



✋大人であっても
 長い棒の先に鉄の塊の付いた棒を上手くさばけない、
 地面を打ったりするのが怖い、
 ボールを浮かせられる速度が
 まだ得られていない人は沢山います。
 小さな子供と同じ道を辿る可能性が十分あります。

ドライバーのように ロフト角度の少ない
ある程度の速度が無いと
 ボールを浮かせるコトの出来ないクラブで
フェースを常時、円弧の外に向けて振る、打つのは
ショットはそう言うモノだ と理解していないと
恐くて出来ないかも知れません。

 
ボールはロフト(クラブ)が上げる、古くから言われる言葉です。



打撃面(フェース)でボールを その円弧の外に弾き出すモノ
であって、
打撃面(フェース)でボールを 円弧の中に掻き入れるモノ
ではありません。

おそらく…ではありますが、ソコがショットの始まり で
円弧の中に掻き入れる、ボールの底を打つ そうして
ショットを覚えた人の発展形(進化版)が
 フェースローテーション になっていくのだと思います。
クラブは構造的に ロフトを増やして使う は
 フェースを開く(右打ちの人の右に向ける) と
親和性が非常に高く、同じモノ ではありませんが、
非常に似たモノ です。
445TL-2

故に 振れるよう、浮かせられる速度が得られると
△逆にボールが上がり過ぎたり、
△副産物のフェースの開きでスライスになったり、
△ソールの奥行きのあるフェアウェイウッドがずっと苦手だったり、
△アプローチでは上げるショットばかり になる…

(出すだけのバンカーは上手…かも知れませんが)
 思い当たるトコロは少なくないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コース、練習場で
アプローチをしている人を見ると
かなり頻繁に 間違ったセットアップ を
している人を見ます。

バンカーショットでもよくある「間違い」です。


コースで
⚠下りのグリーン面に向かって打ったり、
⚠バンカー越えであったり
⚠バンカーのあごが高かったり
⚠目の前に障害物があって 高い球 が必要な時

ウエッジを『開いて』 構えられる方 がいますが、
その 
『開き方』が問題、間違い なのです。 


これは 振り子のアプローチ の悪い例の写真 ですが
アドレスの構え方 として
IMG_0093_Moment(3)← このように シャフトが後ろ(飛球線)IMG_0093_Moment(4)
に傾いた状態が 『ロフトを開いている』 
→ このように シャフトが前(飛球線)→
に傾いた状態が 『ロフトが立っている』

樹木を避け 意図的に 低いボールを打つ場合、
ボールはどこに置きますか❓
通常のショットやアプローチをするより中め、
右打ちの人で言えば 右に置きますよね❓
ロフトを開いて構えるは 完全なる反対
 とは行きませんが、基本はその反対になります。
2021-04-07_06-01-34_Moment

コース、バンカーや練習場で見かける
球を上げようとしている、ロブショットを打とうとしているサマ
を見ると ロフトを開いている のではなく
多くの、ほとんど人が フェースを右に向けている だけ
 です。

✋その反対に ロフトを立てて構える として
 フェースを反対に閉じ、自分の方にフェースを向けます❓
 それを ロフトを立てる とは言わないですよね⁈

出来れば やらないで済む方が良いですし、
知っていなくとも ゴルフは十分楽しめますが、
自分が間違えて セットアップ してしまっている
ということを知るため ロフトを開いて構える正当な方法
を記しておきます。
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)









打ち出したい方向 にヘッド、フェースを向けます。
リーディングエッジなりを そのまま にして
自分が ボールを中心にして、反時計回りに後ろに下がります。
自分の体の向きは 打ち出したい方向よりも
 ロフトを開きたい分、左を向いていきます。
繰り返しますが、
  その場でからだを開くのではなく
ボールを中心にして、反時計回りに後ろに下がります。

もう聞いているだけで ややこしいですよね。


 正直、プロゴルファーであっても
多少、セットアップを変え、ロフトを寝かして構えるコト は
ありますが、出来るだけ少な目 にしたいでしょうし、
開けば 開くほど 倍々に成功率は下がります。
🔴ロフトを開けば その分、バンスも増えます。
 
 そして、ミスの一番の原因は
その場 でからだを開いて構えても
からだに対してのボールの位置がズレやすい ですが、
ボールを中心に、反時計回りに下がる なんてコト をすると
ボールの位置、だけでなく、ボールとの距離感も狂います。
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(2)









そういう弾道を打ちたくなる、
打たなくてはイケナイ状況の場所 には 傾斜もあるでしょう。
対象になる 障害物、ハザードもあります。


🔴どの位開くのか
🔴ボールの位置/間合いは 打てるセットアップになったか
🔴その開きだと どんな距離になるのか
相当、慣れていないと…
アマチュアなら セミプロクラスで無いと
本当に成功率は「ゼロ」に近いと思います。

奇蹟が起きて うまく 打てたとしても
距離が合わず 目の前のバンカーに落ちたりするのが
最高の出来 と言ったトコロでしょう。


挑戦 するのは楽しいですから、構いませんけれど…

過度にロフトを開くのを避け
ウエッジでごく普通に打って その一打も含め
4回でカップイン出来る方法を探す のが ベター(*^^)v
それが 3回で済んだら 満塁ホームランだと思いますけどねー。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


深く考えている人が少ない…のかも知れませんが…




アイアンショット だけでなく ショット全般が
➀『ハンドファーストに』
と言うのがあると思います。

クラブの長さ や ボールの置き位置によって
異なりますが、アイアンショット であれば
➁『ダウンブローで』
そして アプローチショットあたりでは…
  願わくば プロのように
➂『ターフを取る』

これらは同じような感じもしますし、
違うような、混乱してしまうような
掴みドコロのない ゴルフ用語であり、
とは言え 気にしている方も少なくないかも、です。


➀のハンドファースト
 スイングの原動力、主エンジンの体の向きの変更に対し、
 クラブやヘッドの重さ分、グリップよりもヘッドが遅れる
 ⚠自然現象⚠ であり、
 上手にボールを打つのには その遅れが
 ✖フェースやロフトの開き ではなく
 〇遅れ分、ロフトが立つような状態

 になるのが望ましい と言えます。
スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)

 ハンドファーストは自然現象で、
 技術 と言う面で言うと
 その遅れを ロフトの立ち にするコトと言えます。

 そして それは 『どのように作るのか❓』 の前に
 『いつ❓』作る方が簡単で、
 『いつ❓』作るのが再現性があり、
 『いつ❓』作るのが番手や長さなどに左右されないか と
 考える方が良いでしょう。

からだの回転、向きの変更 によって
腕の付け根が移動し、グリップが移動する、
自発的に動かないクラブ、その中で重さの特出したヘッドは
その移動に対し、重さ分、遅れる訳ですが、
それが ロフトの立ち、フェースの下向きになるように
『仕向ける』には どうしておいた方がよいのか❓


それを決める、それを作る、それを仕込む、のは
 切り返しやダウンスイングではなく
    テークアウェイ です。
     それを忘れずに✋✋✋

 テークアウェイでなら、他の箇所で作るより
 より簡単に作るコトが可能です。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)(東西アプローチ対決_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3)





そして その ハンドファースト
 からだの向きの変更に対する
 クラブヘッドのグリップよりもズレ、遅れ は
 スイングが終了するまで ずっと続きます
 ハンドファーストは『人為的』に解消されることは
 スイングが終わるまで無い のです。

つまり 一度遅れが発生したヘッドが
グリップを追い越すコト、追い越す作業 は打撃終了まで
スイングが終わりかかるまで 無い というコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



●ボールを上から抑える
●ヘッドを回転させ ロフトを閉じる

この二つには 決定的な違い があります。


多くのゴルファーは ボールをつかまえるコト、
スライスにならないコト が ボールがつかまってる
と信じて疑いません。

ヘッドの開閉 がつかまえるコト だと信じていれば、
 インパクトは
「閉じている」必要があります。
・・・言葉の通り、ヘッドの開閉 ですので
ヘッドが閉じている というコトは
『左を向いている』というコトです。

(こする つかまえる)_Moment(3)

ロフトや入射角度などにもよりますが、
アドレス時よりも
フェースが茲鮓いていないと つかまらない、
のであれば スタンスの向きと方向の関係
 は何だったのでしょう❓



その打撃法でボールを打っているゴルファーの殆どが

スタンスをクローズ、スタンスの向きをやや右に取って
ヘッドを閉じて 左に打っています。

ボールの方向性を決める要素 としては
1.からだの向き
2.フェースの向き
3.ライ角度
4.ライ角度に付帯するロフト角度
 があります。

からだの向きには左右だけでなく、
上向き、下向きも含まれ
単純に からだの回転 での 左向き5度 よりも
手を返しての 左向き5度は
左向き ソノモノによる骨盤の上向き だけでなく
手を返したことによる 肩ラインの上向き も加わるので
実際の 量も多く 複雑、組み合わせが複雑になります。


ドライバーで
フェアウェイセンター 200ヤード地点
 を狙うとします。

a5b965fdその角度が 薛茲箸發法5度ずれると
 その幅は約18ヤードずつ
左右5度のズレ の中におさめるとすると
 40ヤードの幅のフェアウェイが必要 というコトです。

時計の分・秒針の1分秒は 6度の角度です。
 つまり、12:00 (センター)を狙うとして
 11:59 と 12:01 の幅に打って 40ヤードの幅 なのです。

ドライバーであれば
方向も大切ですが、飛ばしたい と言う気持ちも
強く働きます、


11:59〜12:01 という 針の穴 とまで言いませんが

広くはない その幅に ボールを収める のに

スタンスの向きに対しての フェースの左向き度合い はどうでしょう?

手を返したことによって 肩ラインが上を向いてしまう度合い はどうでしょう?
スイングしたことによる からだのそのものの向きもあります。

つかまえるコト を フェースの開閉 にしていると
正直、これだけ無謀なコトをしているのです。
IMG_0662

ニュアンスが伝わるか どうか 分りませんが…、
ロフトの立ったクラブの方が分かり易いかも知れませんが
ボールの飛び出る方向 は
フェースの向き」 ではなく
『トップブレード』 の向き です。

ボールはフェースからではなく トップブレードから
飛び出すのです。 シャフトに沿ったように、ボールは飛び出ます。

c33a9ae1


からだの向きの変更で打てたとしても 当然、ミスは出ます。
正しくボールをつかまえるコトを覚えたとしても 数度の角度 は
どうしようもありません。
しかし、なんでもかんでも 常時、動いていて 基準点になるもの
基準になる向きすらない ヘッドの開閉
これに ショットを任せているコトが あまりに危うい と
理解していないコト が スイング改善が進まない理由
 だったりします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ