◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ゴルフクラブの秘密


 店長「想像が出来るかと思いますが、
 ヘッドの抜け口でも .魯鵐疋侫 璽好箸里泙 と
 大袈裟ですが ▲悒奪匹跳ね上がる(早く高くなるでは
 ロフトの変化、ロフトの効果の変化、は勿論、
 アマチュアのミスの定番の ヘッドの高さ変化 も
 その見た目通り 激しく変わります。

 写真を比較しても ヘッドを丸く振った方が
 シャフトの角度の変化が大きいのが分かりますよね⁈
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)2021-04-07_06-01-34_Moment(3)
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)





 忘れられがちですが
 ヘッド・フェースは ロフト角度・ライ角度・フェース角度
 そして ヘッドの向き(角度)の複合体 なので
 ロフトが変化する、ロフトの効果が変化する は
 フェースの向きが変わる と同意語です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













 勿論 フェースの向きそのものが変わるよりも
 その向きの変化は やや少なく はありますが、
 例え アマチュアであったとしても
 フェース角度2~3°の違いは 弾道に大きく影響しますし、
 スイングのズレで2~3°の誤差は頻繁に起こります😫😵
 それが 2~3°で済むのと 4〜5°になってしまうのは
 大違いですが ヘッドに余計な 円を描かせてしまうと
 それは 簡単に起こってしまいます。

 ヘッドを『上から』入れようとして
 腕のリリース、
 右打ちの人であれば 右腕の伸ばし 右肘の伸ばしを主体に
 クラブを、ヘッドを 下に振ってしまえば
 必要以上に 遠心力が その振った方向に掛かり、
 ヘッドも、クラブも、自分自身にも膨らもうとする
 不可抗力が掛かります。
Q2023918Q20239180Q20239181





 それを止めないと ボールではなく、地面を打つコトになります。
 それを 調整する為に 伸び上がったり
 からだの動きを止めたり、
 前グリップ(右打ちの)を止めたりしまうが
 それらが ヘッドの抜けを急激な上方へと誘います。
IMG_1142
IMG_1144
 ヘッドの上への抜け が無いのであれば、
 ちゃんと「ボールをつぶす
 ゴルフ用語的な『ボールを上から打つ』が出来るのであれば、
 それを 手でしようが、カラダの回転で行おうが
 打たれるボールには関係が有りません。

 ただ 手や腕のリリースで 見た目のまんまの
 『上から』入れて来て
 その後の抜けの跳ね上がりを抑えるのは
 かなり 身体的負担、
 手首や肘、特に肘がスゴイですかね… 腰や首等への
 負担がすごいので からだの回転でした方が良いですよ
 楽ですよ って話しなのですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフ用語での『ボールを上から打つ』は
 別な言葉ですと 『ボールをつぶす』 とか、
 ハンドファーストも 限りなくイコールに近いような
 用語と言って良いかも知れません😌
スクリーンショット 2024-06-07 170957
 そのクラブの、そのロフト角度で
 効率よく 遠くに飛ばす👉強い球を打つ

 最大のポイントと言っても良いと思います。

 他に適切な言葉が無いので 『上から打つ』 と言っていますが、
 ボールを打つまでの 入ってくる角度が
 上下、高低の 上から入ってくるコトがポイントなのでは無く
 ロフトが立った分、そのまま
 ボールを打つ抜くか・・・・・・・打ち終わるか

IMG_0526
 どちらかと言えば 打った後の抜け方
   salida de caceza …サリーダ・デ・カベッサ
 ヘッドの入り口 ではなく
 『ヘッドの出口』の方が問題
なのです。」
IMG_1144IMG_1142







ST「どうやって抜けたか がポイントになるんですね❓」


店長「はい。
 この動画 👇 のような入れ方をしてしまいますと

 見た目では「上から」入ってきています
 インパクト後、ヘッドは早い段階で高くなってしまい
*からだの回転で造られる以上の 円が
 ヘッドの動きに加わってしまい
 ボールの底をフェースで撫でるような形になってしまいます。
 一見すると 上から入っているように見えますが、
 効果としては 下からしゃくっている(すくっている)形になります。

スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





 それでは ロフト角度以上に
 ヘッドを丸く動かした分、打撃のチカラが
 ボールの前に進むチカラにならず ボールの回転や高さに
 なってしまい 効率よく飛びません。

 どの位かは個性があるので言い得ませんが
 少しオーバーには 右打ちの人であれば
 左靴を通過する辺りまでは
スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





 シャフトの角度・ハンドファーストの状態が維持されたまま
 抜けていく
 流行り言葉で言えば インパクトを『ゾーン』に
 してあげる と言う方法ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問:右肩が下がる、突っ込むと言われています。
 ダウンスイング〜切り返し時での
 右サイド・右肩はどういう風にしたら良いんでしょう❓

⛳この部分、気にしている人も多いと思います。
 トッププロと比較しても仕方ありませんが、
 ココの部分は典型的なアマチュアの悩みです。

 少し脇道になりますが、
 かつて(30年位前でしょうか)は
 ボールの上がりの主体はスピンだったので
 ボールをしっかりつかまえる
 👉ヘッドが入射(上から入った分)してきた分、
 ロフトが立っていることが必要だったのですが、
 その点がアマチュアには苦手な部分なので
 ヘッドの入射角度が甘い、緩く、
 場合によっては しゃくって(下から入る)打っても
 ボールの上がりが確保出来るクラブが
 主流になって来ました。

 我々の娘や孫の年齢ですので
 その数値を 1割、2割減位で考えると
 ちょうど良いですが
 女子プロのデータをご覧ください。

クラブ別スペック

 実は アマチュアが一番気にしている
 ドライバーのデータは その正確性👉ソコが重要なんですが
 を除けば 大きな差はありません。

 差が出てくるのは 
 ロングミドルアイアンは総じて
 アマチュアは苦手ですが、
 差が大きく出てくるのは 7番8番アイアンから下 です。

 プロのショット は
 番手が増えると それと比例するように
 縦の回転数が増えてきます。
 ヘッドスピードによりますが、
 9番アイアンやピッチングウエッジでは
 5000〜7000回転 にもなります。

 ところが アマチュアの多くの方は
 7番アイアンから下の番手のショットの
 回転数が大きく変わらず、
 7番アイアンもウエッジも縦回転が同じ だったりします。

 勿論 プロは血の滲む訓練をして来た、している、
 と言うのもありますが、
 ✋ココが一番大きく違う、別物✊
 『正確性にもつながる 大きな違い』だと思います。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 番手が異なると
 ロフトが増え、クラブが短くなってくると
 それに応じて 縦回転が増える は
 その言葉の通り、
 ロフトが増え、
 クラブが短くなる 👉入射角度がキツクなる からで
 逆に ロフトが増え、クラブが短くなっても
 縦回転がの数値が変わらない は
 クラブの長さが変わっても
 入射角度に変化、差が無い というコトを示しています。

 ドライバーでは プロとアマチュアの 回転数に差が無い
 のは ドライバーはティーアップした
 空中にあるボールを打つので
 意図的に 入射角度を取る必要が無い、
 限度はありますが、逆に、
 程よくアッパーに打った方が
 つまり 下から入った方が『距離が出易い』…
 メカニズム上、都合が良いので
 上から打つコトが苦手なアマチュアにも有効なのです。
〇グリップを、クラブをどこへ動かしたいのか がからだの廻し方を決める - frame at 0m10s

                続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「外から振っちゃう は紛らわしいので
 該当するピッタリな用語はありませんが、
 まあ 解いてしまう振り方 と仮称しましょうか
2024-04-16_15-11-17 - frame at 0m2s
 ヘッドの円弧を解いてしまう振り方 の
 大きな欠点は そのまんま…ですけど
 入射が緩くなり過ぎてしまうコト だと思います。 

 入射が緩くなり過ぎてしまうと
 打ち出しは高くなりますが
 スピンが少なくなり
 ボール速度も遅くなります。


 打ち出しが高いから と言って
 一般的に言われる 『高い球』になるか と言うと
 そうとも言い切れません。
 中高年になってくると
 若い時のようなヘッドスピードを出せませんので
 打ち出しが取れていても
 ボールスピードが遅い + スピンが少な目 ですので
 浮力を維持しきれません から
 測定上、打ち出し角度は取れていても
 ドヨンと落ちてしまう 伸びの無い球になりガチ です。
会田20210701 - frame at 0m16s
 また アプローチショット や ショートアイアン、ウエッジ
 などでは 球は上がりますが、適切なスピンが入っていませんので
 着弾しても ボールは止まり難く、
 距離の計算がし辛い…
 強く振っても ボールの打ち出しが増え、
 道のりとしてのボールの移動は多くても距離は出ず
 距離感が難しくなる。
〇ボールの拾い方? - frame at 0m13s

 解いてしまいますので 下から入る、しゃくる、煽る
 そんなカタチになり易いですから
 スピードで解決でき切れない アプローチでは
 そのまんま ダフリ、トップのミスは増えてしまいます。

 ドライバーや長物の距離が伸びず、
 アプローチでの成功率も下がりますから
 出来るだけ 気が付いた段階で 少しずつ
 解かない 嫌な言い方になりますけど『溜め』の有る、
 自然な成り行きの『溜まり』のあるショットに移行したい、です。」

質問「はい。ホントに。」

店長「切り返しでも『溜まり』は自然な流れ です。
 自然な法則に逆らって 上手く打ててしまっていた というコトは
 自分なりの クラブ扱いのコツ を掴んでいるので
 ソコを脱するのは 感覚的にかなり差があるので
 少し大変かも知れません。

 解いてしまう方が クラブも、腕も長くなっているので
 重い…のですが、重いが故に その感触、
 リキミ感みたいなモノが スイングの目安になっている可能性も
 否定できませんので 頑張って 乗り越えて頂きたい、です。

 特に アプローチっぽい距離のショットの練習、
 クラブヘッドの重さを構わない、放って置く、
 もしくは出来るだけ上手に利用する、為に
 ダウンスイングでは ちょっと意図的に
 『インループ』 ヘッドの慣性分、帰りは
 小さな弧にして インパクトには行ってみるトライは
 何かを掴むきっかけになるかも知れません。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
2024-04-16_15-11-17 - frame at 0m1s

 行きも帰りも同じ弧の大きさ では
 からだの回転の時間進行 と ヘッドの移動 が
 合わなくなり 何かの調整や待ち が必要になる。
 シンプルに フットワークで骨盤を動かし、
 それによって『腕の付け根』が移動する
 その感覚を掴むには 時間進行のズレ は
 とても大きな障害、阻害要素になりますので
 『インループ』して 小さな弧 👉近道 を通すと
 時間が合いやすくなり、シンプルな
 フットワークでボールが当てられるようになると思います。

 また、この際 腕周り…
 『手先で』インループを造る のではなく
 どういう風にからだの向きを変えると
 自然なインループ、
 インループしても ボールに当てられるからだの廻し方
 を意識して下さい。
 そこを 腕さばき、腕を使ったグリップの移動 で
 覚えようとすると 似たことを別な形でやる だけ
 になってしまいます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ずっと…
 気になっているコトがあるんですけど…。」

質問「なんです❓」


店長「ゴルフクラブって怖いんですね。

 どなたかがゴルフクラブを試打しに来る・・・。 

 いつも使っているクラブよりも
〇軽いクラブや軽いヘッドのモノ
〇シャフトが硬いのも ヘッドが軽くなってしまいますし、
 シャフトが硬いと 強く振りたくなります
… から
 球数を打っていると ヒトによって色々ですが、
 段々、トップの位置が深くなり過ぎてしまったり、
 リズムが早くなったり
 少なくない影響を受けるんですね。

 怖い言葉で言うと、静かなる侵略?洗脳?を受ける
 みたいな感じ。」

質問「怖いですね。」

店長「そうね。
 だから それを逆手にとって
無意識の内に、望むスイングの方に引っ張られる
そういうクラブを選ぶと良いんですけど…

 そういう観点でクラブを選ぶ人は稀ですからね。


 今回の話し は
 ネック調整付き カチャカチャ付きのクラブの話し…なんですけど
 例えば ドライバー で
 スライスしちゃってるから
 少し見た目フックにして固定する。

 確かに 見た目 はフックになりましたけど
 重心の位置も その分動いたんですね。
EZ055
 ヘッドに鉛を貼ったりして
 重心の位置を動かすのは 結構、大変 で
 今のヘッド、特にドライバーは慣性モーメント が
 高いので 5gを張った程度では 1mm
 重心の位置 動くかどうか 微妙です。

 ところが ネック調整 では
 1度角度をフック・スライスにすると
 重心の位置にもよりますけど
 2弌3mm 簡単に移動しちゃいます。
EG-05 sleeveカチャカチャでフック調整にすると
シャフトからの距離が少し離れます。
重心距離が長くなるような効果です。

総じて スライスに悩んでいる人は
重心距離が長くなるのを嫌いますし、
重心位置が遠くなるので
テークアウェイの初動が外にあがり易くなります。
 より スライスの可能性が増す んですね。
 
 カチャカチャでは無いですけれど
 スライス嫌いの人が アドレスで被らせて(左に向けて)
 構えを取る人がいますが、外にあがってしまう傾向が強くて
 なんで そうしてるんだろ〜なぁ っていつも思います。

 一度フックフェースになったのと
 重心の位置がスライス要素に傾いたのと
 どちらが強いかは 分からない…

 フックフェースのドライバーって
 視覚効果的にも外に上がり易いですし…。
ドライバー入射角度yoko

 フック・引っ掛け の人のカチャカチャを開く効果も
 その全く反対で 逆効果の可能性もあります。

 オリジナルのスタンダードに近い状態で
 使うのが一番 無難だと思います。

 業者である私からすると
 ドライバーのヘッド重量を
 220g〜230g〜240g と直ぐに変えてテスト出来るし
 シャフトも違うモノを直ぐに装着出来るので
 有難いは有難いんですけど…。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「カチャカチャ付きのドライバー、
 ネックでの調整機能付きドライバーの話し
 ソノモノじゃないんですけど
 思いの他、多くの方がフェアウェイウッドが嫌いとか、
 苦手、あまり良い印象がないのが
 アマチュアの現状だと思うんですけど、
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n
 シャフトの長さ、実寸、実際に使われたシャフトの長さ
 に対して シャフトの硬さ って
 ものすごく フェアウェイウッドの使い勝手に
 反映するんですね。
 ドライバーよりも かなり柔らかい位 で
 フェアウェイウッドとしては良い✊使い易い
んです。

 調整式であっても、ノーマルなモノであっても
 ドライバーに比べ、フェアウェイウッドは
 地面にあるボールを打つ関係から
 当然ですが ヘッドの厚み、高さ方向ですね、
 コレは薄くなっています。

 平均的なドライバーで 厚みは60mm 6造任垢諭
 一方フェアウェイウッドは40亢 4センチ位です。
 2センチも薄っぺたいんです。

 2センチは1インチ弱ですけれど
 43インチの3番ウッドは
 ややこしいですけど ドライバーに比べると
 約1インチ分、シャフトが長いのと同じなんです。
IMG_0828
 ですので それを計算に入れて
 シャフトの硬さを選ばないと
 地面から打つ 緊張感の高い
 フェアウェイウッドの方が硬いになり易い。
 良くある話し ですけれど
 シャフトが硬いとリズムも早くなり易かったりして
 ミスの原因になり得る
んですね。」

質問「わかる、わかる、あるあるですね。」


店長「はい。
 一般的なメーカーは
 シャフトのバラつき なんかは 無い✊
 と言わざるを得ませんから
 シャフトを振動数で管理することは避けます。
 同じフレックスでも 250cpm位のシャフトなら
 プラスマイナス4〜5cpm 硬かったり、
 柔らかかったり シャフトはばらつくモノなんですが、
 それは意図的に無視します。
 ヘッドにも重量のばらつきがありますから
〇微妙に重いモノに 柔らかいバラつきのモノ
〇微妙に軽いモノに 硬いバラつきのモノ

 この二つは 同じモノ って
 言わざるを得ませんので…🤒🤒🤒

 そういう経緯もあって
 フェアウェイウッドだからと言って
 長さに応じて 振動数で確認して組む訳では無く
 同じシャフトを 指定の長さで裁断するだけ…。

 フェアウェイウッドの方が ヘッドが薄くて
 その分、クラブの全長よりも シャフト実寸が長いから
 数値をやや落としめにしよう なんて
 発想そのものが存在しない と思います。

 その上に…。」

質問「まだ あるんです❓」


店長「ありますねー😧
 ウエッジなんかでもそうですけれど
 クラブの全長が短いから と
 ドライバーよりも 重いシャフトを採用
 なんてのが 結構、横行していて…
332093543_725242885732572_9021207906674425025_n

 なんとなく 短いクラブの方が重いシャフトが良い❓
 んじゃないか って思うでしょうけど
〇ちゃんと 硬さが流れになっている✊
〇使い易い 柔らかさ(硬さ)である✊

 のなら その発想は間違いじゃないですけど
 形状に制約のあるシャフトは 重量が重い場合、
 身が詰まっていますから 必ず、硬く、強くなる。
 例外は非常〜〜〜に少ない。 ホント、例外です。

 シャフトの実寸が ドライバーよりも長い、
 フェアウェイウッドに
 重い方が良いから より硬いシャフトを入れる。

 よほど チカラでねじ伏せない限り、
 フェアウェイウッドの失敗確率は上がる✊
 は 保証致します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく考えれば 当たり前なんですけれど
 ネック付きのドライバーの45インチのシャフト を
 そのまんま キャロウェイ に挿すと 43インチにしかならない

 長さ毎のヘッド重量の差を考慮しても
 2インチもシャフトの長いモノが
 同じ振動数で組まれていれば 硬い に決まっています。
IMG_0828
 ですので 最終的に
 キャロウエイのヘッドを43インチ用に臨時に増やし
 その出た数値から 2インチ分、長さを逆算していく。。。
 ですので 45インチのキャロウェイ は
 振動数 205cpm 位にしないと
 元のネック有りのクラブ(45インチ) 220cpm とは
 同じ感じにならないんですね。 


 ソレに関しては
 フェアウェイウッドとの比較の話し でも書きましたが、
 45inのネック調整式-ドライバー
 43inのネック非調整式-3番ウッド
 クラブの長さは 2インチ FW の方が短いですが、
 場合によっては 装着されているシャフト寸 は
 フェアウェイウッドの方が長い場合があります。 
 硬さの数値で言うと
 ドライバーと全く同じ振動数で良い、
 もしくは ドライバーより微妙に低くても良い、
 が使い易いんですね。
EZ055
 で ネック調整式、カチャカチャ付きのドライバーに
 話しは戻るんですけれど
 シャフト自体も全体的に硬さがかなり落ちた✊
 上に カチャカチャ付きのドライバーだと
 シャフトの実寸が短い。
 以前使っていたドライバーが  250cpm
 カチャカチャ付きのドライバー 220cpm
 なんだけれど シャフト実寸が短い ので
 実際のシャフトの感じ 硬さ感は 205cpm位
 の感じなんですよ。

 慣れるのには時間が少し必要かも知れないですけど
 慣れてしまえば 楽だし、からだにも良いし、
 圧倒的に『飛距離は伸びる✊✊


 これが 実は一番の「調整式ドライバー」のメリットで
 売ってるメーカーには 予想外のおまけ ですが
 
 ヘッドの低重心化の進み 以上に
 予定外の シャフトの軟化(柔らか化) が
 カチャカチャ付きのドライバーが好まれる要因に
 なっていると確信しています。」

店長「と同時に フェアウェイウッドの
 シャフトの『硬さ』には注意を払わないと
 「フェアウェイウッドが苦手」から脱するのは
 難しいという事実もあるのを忘れずに。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「現在のドライバーヘッドの殆どが
 ネック調整式〜カチャカチャの付いたドライバーです。
EZ055
 先日も書きましたが、
 調整式が発売された経緯は…
 実は ユーザーの為、では無くて
 販売側の『かなり革新的な』コストカット案 だったんですね。」

質問「!!!!!
 それは どこがコストカットになるんですか❓」


店長「日本には 大手販売店だけで1000軒位
 ゴルフショップがあるんですが、
 メーカーがドライバーとかを新発売すると
 それを打って貰うための 試打クラブが必要になります。

 例えば ですけれど
 ドライバーで 9°/10.5°/12°の3種類のロフトがあり
 シャフトの硬さに S.SR.R と3種類あると
 9°のドライバーにR、12°のドライバーにS、
 を除外するとしても 7本の試打クラブが必要になります。 
 7個のヘッドと7本のシャフトです。

 ところが カチャカチャ付のドライバーは
 その場でヘッドとシャフトを取り外せますから
 この 3×3 のバリエーションを
 3個のヘッドと3本のシャフトで済ませられます。

 販売店さんとの販売契約によって異なりますけれど
 無償提供や貸出であるのなら 半分以下に
 コストが削減出来ます。
 店舗数が数百店ある訳ですからね。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
 始まりの時点では ソコが最大のポイントだったのです。」

質問「うわ〜〜〜。」

店長「普及当初は ネック廻りの不備、破損…、
 また 安全の為にも ネック廻りに重さが集中するコト
 によって 飛ばない など 不評続きだったんですが、
 メーカーの努力による ヘッドの低重心化策 と
 思いがけない組み合わせによって
 現在、ドライバーヘッドの主流になっています。」

質問「思いがけない組み合わせとは❓」

店長「現在のドライバーというか、ウッドシャフトは
 20年前のソレに比べ かなり柔らかくなり、
 振動数で言うと20〜30cpm、
 20年前の レディースの硬さ相当が
 現在の ごく普通の SR の硬さになっています。

 昔より ドライバーが飛ぶようになった は
 ヘッドの低重心化 と シャフトの硬さ下がり
 が 主要因です。
EZ05
 そして その柔らかくなったシャフトの話し
 なのですが、
 カチャカチャ付きのヘッドは
 その調整シロ を取る必要があるので
 どうしても ネックが長くなり、
 その結果、シャフト自体は短くなっている のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレ 全員に該当するとは思いませんし、
 少し願望も入りますが、
 いやいや そんなことは無いヨ と言われる方が
 ホッとしますが、
 立て続けに ある事例(結構、驚き)が有ったので
 ご報告しておきます。
video_Slomo_Moment






 ある方はスライス、別の方は引っかけ に
 悩んでいるというコトで相談を受けました。


 二人とも 回転ががぶっている、
 クラブを横に移動させたいタイプの回転でした。

 そこで 色々話を聞いている…と

 なんとなく…なんですが、
 『ボールのどこを打とうとしていますか❓』
 に辿り着きました。 

 二人ともが
 『真っ直ぐ行かせたいから 真後ろ』
impactgolf
 つまり ボールを真っ直ぐ行かせたいから
 行かせたい方向〜飛球線の方向の裏側、真後ろに ヘッドを入れる、
 アドレスと同じ状態の戻す、

 と意識している と仰います。

 えええええ っと驚いたのですが、
 例えば…ですけれど 悪くないドライバーショットでは
 飛球線を基準にして
 だいたいですけれど 3〜5°位 内側、インサイド側
 自分側から ヘッドは入って来ます。
 その場合、サイドスピンが無い(少ない)球 を打つには
 その入ってくる角度に応じて
 同じ角度分 開いていないと
 (軌道に対してスクエア〜真っ直ぐが基準)
 右打ちであれば フェースが右を向いていないとイケマセン。
 仮に 5°インサイドから入るとして
 5°未満のフェースの右向きで有れば 左・フック回転
 5°以上のフェースの右向きで有れば 右・スライス回転

Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
 6° 
7°程度の開きで有れば 回転は右が入りますが
 弾道が蕕剖覆るというコトは無いと思います。

 つまり ボールの真後ろよりも
 若干ですが 自分側、内側を打っている 訳です。

 ゴルフスイングの少し厄介なトコロは
 からだの向きを変えるので 自分にとっての正面が
 常時、移動し続けることで
 結果✋として ボールのだいたい真後ろに
 フェースが接するのは からだの向きによるモノで
 それは 放って置いてもよい類の意識なんですが、
意識的にボールの真後ろに当てる
 アドレスと同じ状態にする となると
 からだの回転と腕さばき、クラブさばきの
 二重の動作になる可能性があります。
bbd8de35-s
67d2f002-s







 ちょっと怖い、危ないかも知れないので
 新聞紙を丸めたモノやラバーボールで
 試してみると良いですけれど
 ボールにとっての飛球線真後ろではなく
 自分側、内側の部分を
 飛球線の方にフェースを向けるのではなく
 ボールの方に…90°右を向けて
 ボールの内側をこする…位の意識で 打とうとしても
 ボールは概ね アドレス方向の方へ飛びます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「先日の記事の補足…になりますが、

 (右打ちの場合で話をすすめますが)
 トップの位置でからだは右向き、
 そこから フィニッシュでは左向き、
 からだの向き、お腹の向き、秀二の向きは
 都合 180°位 向きを変えます。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)
 が故に 腕で作る 三角形、その頂点の向き、
 モノで言えば クラブやシャフトも
 からだの向きと同じように 180°ターンさせよう、とすると
 クラブヘッドの重さや長さのせいで
 結果、手で振るコトになります。


 どうして そうなるのか は
 先日の記事を読み返してください


 本来の打撃は
 からだを廻すコト、
 からだの向き、お腹の向きを左に向けるコト、
 ・・・・・・
 トップの位置では 右を向いていますが、
 からだの向き、秀二の向きをボールに向ける、
 右向きからの戻り がメインタイムでは無く、
 ボールから左に向ける動きが
  打撃のメインイベント期間・ピークタイム です。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
 ここがしっかり廻るか、左を向けるか、
  で 飛距離や力強さ も変わって来ます。

 ✅その為のドリルもいずれご紹介します😊

 右向きからの戻り は その序章 とも言えます。

 そこがピークタイムではないのです✋

 正面、ボールと正対する箇所や向きを
 特段、意識する必要はありませんが、
 ボールと正対するであろう箇所、向きから
 左を向く そのチカラが打撃の強さ です


 ところが かなり、少なくないゴルファーが
 からだの左を向きを積極的にはしません。
 逆に嫌っているゴルファーも多い。

 ショットの一番の 動力源 を 使おうとしていません。

 『左の壁』なんて言葉に踊らされて
 からだの左向きは意図的に止め、
 からだがボールと正対するトコロで意図的に止め
 ソコまでの勢いを 止まる反動で
 腕やクラブだけで振ろう としています。
【スイングの終わらせ方_Moment(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)







 からだの左向きを動力源にせず、
 腰は廻るけど、肩の廻りを止め
 腕やクラブを振る振り方は
 胴体を非常に捻じります。
 左の手首や肘、場合によっては首にも
 かなり大きな負担がかかります。
 年齢を重ねた時に、
 振るコトが出来なくなる原因にもなります。

 また、この振り方は
 インパクト以降、ヘッドが急激に内に切り込む、
 もしくは跳ね上がるので
 安定して、繰り替えせる打撃になり難く、
 スピン過多、フックやスライスの原因、
 歳を取った時のスピン不足、高さ不足 の
 原因にもなり、良いことが殆どありません。

 スイングの技術的な問題よりも
 自分が 左向きでボールを打っているか、否か、
 ソコに気付けるかどうかが 分かれ目
 だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あと 折角だから…
 パーシモンヘッドのフェースって
 諸々の事情によって 木製じゃない
 鉄だったり、一番多いの真鍮、
 そして プラスチック、
 晩年には カーボンが、
 そう言うモノがハメられて来たのね。
f141186665.2
 特に カーボンは
 カーボンにすると飛ぶ 
ら・し・い
 で 猫も杓子もカーボンフェースの時代が来たんだけど
 そこって どう思う❓」

質問「いや、なんか、言い難いけど
 あんまり変わんないんじゃね❓ って思いますけど。」


店長「そうだよね。
 クラブ買い替えるのはお金かかるから
 ちょっと 気分を変えて リフレッシュ 程度のモノ。

 それと同じことが
 アイアンの チタンフェースだったり
 ウエッジの ノーメッキ だったり するんだよね。

 アイアンのチタンフェース は
 チタンだから 弾く って
 どこから来るんだから分かんないんだけど
 ダイヤモンドは貴重な素材扱い にするため
 永遠の愛を ってプロモートしたのととっても似ていて
 確かに強度はあって 薄く出来るけど
 ヤング率そのものに大きな違いはなくて
 弱い軟鉄は厚くて
 強いチタンは薄い
 でも 強度、張度に大きな差はない、
 あるのは 軽くできるから
 打面の重量を落とせて その分、周りに配するコトが
 出来るコト位だけど それも めっちゃ違いが出るほど
 じゃあない。

 パーシモンのフェース素材の話しと同じ。
 ウッドのバルジ・ロールの話しと同じ。


 ウエッジのノーメッキ は 打感が良い って
 ゴム製のボールと金属製のフェースの
 歪み率は 200倍前後違う。

 わずか 10〜20/1000弌10〜20ミクロン
 かなり厚めのモノであっても 50ミクロンの被膜
 であるメッキが
 そのボールと金属の差を変えてしまうほど影響がある
 と信じる気持ちは素晴らしいけど

 ハミングバードでも採用しているけど
 メッキの下地に 銅下と言って 銅を入れるんだけど
 あれは 使い込んで行った時、ピンク色が見えて来て
 ちょっとカッコイイ から と
 単に 重量upを狙っている(いいトコロ4g位だけど)
 に過ぎなくて あれで打感が変わるのが分かる人 は
 是非 100円玉 と 10円玉 を 二つ並べて
 目をつぶり 指で押して
 どちらがどちらか 判別してみて欲しい。
110zeikin318_TP_V1
 実際にヤング率 柔らかさと言える 歪み率 は
 数値として 倍違い、
 ニッケル素材の100円玉の方が硬い。
 表面に傷をつけやすいかの 指標では
 銅とニッケルでは あまり大きな差は無く
 若干、程度 ニッケルが硬い。


 それが触って判別出来たら 仕事引く手あまた じゃない❓」

質問「でしょうねー。」

店長「あえて言うのなら
 机の上とかに置いて
 硬いモノ、金属質のモノで叩くと打音は違う。

 想像通り 100円玉の方が 微妙に硬質な
 やや高めの音になる …って程度で
 おそらく ココが感覚的な硬さ・柔らかさの差に
 なるような気がしてなりません。
 ですので 否定は出来ません。

 ですが 物事の本質から離れない程度…にね😌
 って感じです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
.疋薀ぅ弌爾離蹈侫箸筌侫А璽垢慮きを半ば固定、
 トップの姿勢のまま半固定、
 そのドライバーを持った自分が回転する、
 ヘッドの重さの分、ヘッド自体は遅れますが、
 引きずられる形で付いてくる・・・・ のと
2023-12-28_23-05-51
2023-12-28_23-05-1

▲侫А璽垢髻▲悒奪匹魏鹽召気擦襪燭
 グリップよりもヘッドの方を意図的にたくさん動かす
 ヘッドがグリップを追い越して打つ… では

 の二つで
    (…答えは知っているとは思いますが)
 ゴルフクラブの効能・機能って同じになると思います❓」 

質問「ならない、 なり得ない ですよね⁈」

店長「はい。

 クラブの効能、ヘッドの機能、など
 ほぼ 真反対 になると考えて良いと思います。

 一番分かり易い のが シャフトの硬さ じゃないですか❓

,任△譴弌.悒奪匹遅れますが、使用しているシャフトの
 柔らかさで起こる しなりの最大値 の状態で
 固定されたまま、ボールを打つコトになります。


△任垢函.侫А璽垢魍いて閉じる そういう動きが
 スイングの主体 になりますので
 シャフトのしなり幅は ヘッドの重さ分であったり、
 重量点のズレ(重心位置)で有ったり、
 捻じれ、よじれの要素が入ってしまうので
 増幅されてしまいます。
会田20210701_Moment(2)
 しかし、シャフトがねじれたまま、しなったまま、
 別な言い方をすると クラブが最短、一番短くなった
 状態は フェースが一番開いている状態 ですので
 それを閉じるには ゴルファーの大好きな言葉
 『シャフトをしなり戻し』をしなくてはならず、
 それは クラブの長さを元の状態、
 この使い方では アドレスよりもより長い状態
 にしなければ スライス…ミッション失敗 です。

,歪垢気諒儔宿が最小値
△歪垢気諒儔宿が最大値


 クラブの長さ変化だけで ものすごい違い です。

 当然、長さの変化幅が大きければ
 スライス、引っかけ、テンプラ、トップ など
 ミスショットの可能性はかなり高くなります。
 同じショットを繰り返せる可能性はとても低い…
 になりますので
△瞭擦鮨覆爐函ーずと「必要以上に硬いシャフト」
 を選択していくゴルフ人生になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ごくごく平均的な…
そうですね 60歳前後の
 身長170cm前後、 体重70キロ前後
 やや運動不足気味の男性
 
 『これからゴルフを始める設定』であれば
 もしくは 貰ったクラブで始めて
 自分で購入する『初めてのクラブ』
👉ドライバー45インチで 硬さ 200(〜160)cpm
👉アイアン38インチで  硬さ 220(〜180)cpm

この範囲位が理想的、
 コレに慣れさえすれば 癖のない、
 からだを傷め難いスイングに行き着き
 「楽しめるゴルフ」が出来る と思います
IMG_0624

と・こ・ろ・が 市販の一般的組み合わせ
予算の都合上…中古のセットなんかを買うと…
 ここらへんから スタート…というコトになります。

ドライバーでスイングを覚える、というのは
ちょっと無理がありますから 当然、短めのアイアン
で 練習を始めることになります。
IMG_0662

この硬さ は 一般男性 にとって
地面に置いてあるボールを
フェースで こそぎ取る のが難しいスペックです。
ボールが拾えない…

フェースを下に向けたまま
  からだの回転で! なんてことをしたら
見事に空振りするだけ です。


ですので フェース、ロフトを開いて
ボールとマットの隙間に
 フェースを入れるコト
 を強要されます。
それ以外の方法では かなり難しい…。
20090801 2009_09_02_14_54_45-564フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショット




8番アイアン以降の 元々大きめのロフト のクラブ
であれば 曲がりの元になる 縦のスピン量が多いですから
方向は兎も角、それでも大きな曲がり にはなりません。
ところが 6番よりも上の 長い、ロフトの立ったモノ
 になると そう打とうとすると ダフリ、トップ か
飛ばない 緩い右曲がりの球 
になります。

ロフトを開いて 地面のボールをこそぎ取る
 そして そこそこの当たりになる
この二つを両立させるには
 俗に言う ハンドファーストは厳しく
 ヘッドでグリップを追い越す
 開いて入れて、閉じて抜く
そういう感じにならざるを得ません。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment

✋バンカーはなんとかなりますが…
 アプローチショットはものすごく苦労するコトになります。
 開いて入れて…ボールとマットの下を刷り抜くショットは
 そこそこの インパクト加速が必要です。
 緩いインパクト加速では ダフリか、トップは必至。

 しかし、アプローチはその加速加減が距離加減です。
 果たして どう距離を調整するんでしょう❓


練習場でのアイアンショットには マットと言う強い味方 がいます
 ですので 慣れてくれば、ミドルアイアンでも 
 ロフトを開いて 少しダふらせて
 と言う打法が 自然と身についていきますが、
ところが そのまま ドライバーに行くと
 本来、打つべきスペックよりも硬いドライバーですが、
 比較対象になる アイアンよりは柔らかく
 シャフトがしなる分、開きが増大し
 強烈なスライス を味わうことになります。

開いて入れて と言う打法は
 既にこの時点で 「自分の当たり前」になっていますから
 フェースターン が 次の課題 になって行きます。
 アイアンに比べ 大型のドライバーは重心距離も長く、
 アイアンよりもシャフトも柔らかい 
 しならせて しなり戻して を続けていくと
 本来の 自分の『使うべきスペック』よりも
 少し硬い筈の ドライバーシャフトが 柔らかく感じる…

『そうだ!』

  もっと シャフトを硬くすれば スライスしないで
  もっと 飛ぶはず!

この経験するゴルファーは かなり多い と思います。

 スチールシャフトの
 インパクトやダフリ、トップなどの衝撃の減衰率は
 カーボンのそれに比べ 半分以下、
 つまり 衝撃がかなりからだに響く上に
 腕のロールを激しく使い、
 インパクトでは左腕の止め、絞り、
 ヘッドターンするのですから
 肘や手首などの関節への負担も
 少なくないスイングを要求されます。

リリース の勘違い❓_Moment(2)

確かに 自分の本当の体力に合ったシャフトの硬さ
  には コストがかかります。
硬いシャフトの墓場 の中古品 から比べると
  文字通り 桁違い になるコトもありますが…
体の故障を生んでしまう運動性能頼りなスイングを強要され、
  のちのち かかる整体や医療費 を考えると
どっちが『高い』のか疑問です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードが『柔らかいシャフト』に至った
思い出があります。 30年位前(1990年代前半)…でしょうか
2f69dcd8.jpg

 オーダーメイドゴルフショップ とは言っても
当時は まだ グリップ交換や修理、リシャフトが主軸の商いでした。 
リシャフトを依頼され
 お客様指定のシャフト、指定の硬さ を装着する訳ですが、
 数週間、数か月後、そのお客様に練習場で出会うと
そのリシャフトしたクラブを使っていない、
もしくは また 別なシャフトに入れ替えている、

 と言う場面に かなり頻繁に遭遇する…のです。

20代の私にとっては
 高額なゴルフシャフト、
 壊れても居ないシャフトを交換するコト は
商売を除けば、羨ましい限り でした。
  にもかかわらず また、クラブを換える、シャフトを換える…
商売上はとても有難いですが、
 頭の中は「????」で一杯でした。



そんな商売の中で あるシャフトに出会いました。
 昔、日本のピンゴルフの代理店のキーストンと言う会社が
 プロデュースした 三菱製のシャフトで名称を
 ケンズチャンプ をいう、当時、人気の有ったシャフトです。

今でもそうですが、シャフトの硬さの分類は
 レディース、
 ●稀ですが A (アベレージなのか アマチュアなのか不明)
 R、SR、S、X、XX、 こんな感じ
その「ケンズチャンプ」の特徴は
 レディースから始まって A.AR.R.SR.S.SX.X.XX...
 と細かく分類され ✋それが 振動数によって管理されていました。

製品には誤差がありますので
✊同じ振動数であっても Rで作った時と、SRで作った時は
 どう違うのか❓
✊硬さを伏せて、目隠しで打って頂くと 一体どう感じるのか❓


 すべてのフレックスを 同じヘッド、同じヘッド重量、同じ長さ、
 同じグリップで ランダムに番号を振って
 かなり多くの人に、かなりの球数、かなりの期間、
 テストして貰いました。

すると 今までの 自分の漠然とした思い込み とは全く反対の
 そして 矛盾に感じていたことの答え が有ったのです。
01_b

延べ延べで 200人を超える人に打って頂きました。
 ほぼ全員が…
 スイングや、年齢、ヘッドスピードに関係なく
  一番下のフレックス の レディース(フレックス)が
  …振動数 で言うと 45インチ/ヘッド重量195g 👉225cpm前後です

 距離も✋ 安定度も✋ 振り易さも✋ 断然に良いのです。
 一番 柔らかいシャフトが 真っ直ぐ飛んで 振り易い という
 回答なのです。

そして、更に 硬さを『感覚で』判定して頂くと
 概ね…ですが、製品の表記とは 真逆の結果 になるのです。

 その頃のお客様は全国区というよりも
 やはり 地元のお客様が多かった…のですが
 その位の硬さをリシャフトに採用すると
 『飛ぶ』 ケンズは飛ぶ と評判になりました。
 年間で 200本以上リシャフトした記憶があります。



ゴルフクラブは構造上、上下左右、前後に偏重した形で
 方向も高さも、距離も
 数度という 上下左右の角度に司られています。

 安定して、効率よく、繰り返し 打つコトを望まれるスポーツで
 出来るだけ 捻じれ をクラブに造らないで打つ方が良い筈…
 …なのに 多くの人は『意図的』にねじれを造って打っている
 と言う答えもそこに合った訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ボールをつかまえる、つかまえない に
 直接関係ないのかも知れないですけど
 どうしても 前がつっかえちゃう、
 前方が渋滞しちゃう んですよね…。
202302241f1418f09202011201







 逆に そこが つかまえる/つかまえない と
 関係しています❓」

店長「
あります。
Nさん「インパクト以降、フォロー側の問題もあると❓」

店長「あるでしょうねぇ。
 出来れば 右腕の、みたいな話し にしたかったのですが
 それも 左腕のたたみ方、
 インパクト以降の 左腕の行き所次第
 だったりしますからね。
(ヘッド1

 追いかけっこをして 逃げ続ける左腕が逃げきれないと、
 追いつかれちゃうと 便秘みたいになっちゃいますからね。」 

Nさん「ですよね。」

店長「…結局、ソコの話しになっちゃいますよね…。

 インパクトでからだの回転、
 特に左サイドが止まってしまって
 それゆえに 左腕の逃がす場所がない から
 前が詰まって フェースターンするのか、
 はたまた フェースターンをする為に
 『左の壁』と思っている 左サイドを止めるのか、
 は それぞれの方の経緯によって異なるとは思いますが…。
スクリーンショット 2023-05-22 200858
 多くの人が フォローでは
 アバウトな方向ですが 飛球線の方に両手が伸び
 と言う風にイメージしていると思います。
 また インサイドアウト に毒されている場合もあるでしょう。

 両手が伸びるのは 意図的、意識して行うモノではなく
 遠心力などの不可抗力によって起こるモノで
 意図したインパクト以降〜フォローで 『両手を伸ばす』
 『飛球線の方にクラブ・ヘッドを出す』

 からだの回転の止まり/左サイドの止まり と
 パックになる動きです。

 ヘッドターンやフェースローテーション、
 手の返しもそうですが
 今更…ですけど
 腕はカラダを追い抜かない、
 腕はカラダより左(右打ち)には振らない です。

 あきひこ先生のコレもそうですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

          
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 (弊社オリジナル仕様は 重心率50%を切る可能性も…)
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド

当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 9~12.5度   調整により 8.0〜13.5
 基準ライ角  59.0度  調整により 58.0〜60.0
 重心距離 36mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/27mm  👈
 重心率  51%   👈
 重心深度 38.1mm  👈
 重心角度 24.5度   👈

今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブをデザインする、造る、組む、セッティングする、
 調整する そう言う立場を長くやって来た私には
 ゴルフ全般に対し とても不満に思っていることがあります。
FinfaZ7UAAAnu8v
 よく言われる
 アウトサイドイン とか
 インサイドアウト とか
 スイングの軌道 とか で
 ヘッドの移動(ヘッドの道のり)とボールの関係で
 それを 上から見たような
 水平方向のコトばかりが取り沙汰され
 ヘッドが上下方向、高さ方向に対し、
 どのような姿勢で、
 どのような角度から入ってくる 部分が
 非常に軽くというか、半ば無視されているような
 気がしてなりません。
((((ハンドポジション_Moment
 ゴルフクラブの機能にとって
 ロフトは 一番大事 とも言える機能で
 それが有るが故に クラブの本数が有る訳です。

 一番顕著な例が
golfutikata233パターを練習するのに
機材や練習器具を使って
真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、
 パターヘッドを 水平方向にどう動かす、
 この場合は 真っ直ぐを説いています…けれど
 水平方向、上下方向の真っ直ぐ をレッスンする人や
 解説する人はゼロでは無いにしても 
 探すのはとても大変です。

 ゴルフクラブは その打撃部分のフェースにある
 ロフト角度 と ライ角度、
 ウッド系の場合 フェース角度、
 そして ヘッドの向きもある
 大変 複合した角度構成 です。

 ですので 見た目上、
 リーディングエッジが目標を向いているから
 と言って ロフトとライ角度などの複合によって
 立体的なフェースが 目標を向いているとは限りません。

 どんなロフトで
 どのような上下、高さ方向の経路(アタックアングル)で
 入って来るかは ボールの距離だけでなく
 球筋や ボールの打ち出される方向にも 当然、
 影響を及ぼすのに、 概ね ソレは無視され
 ヘッドを平面上、真っ直ぐ動かすのを
 半ば 取りつかれたようにやっている気がしてなりません。
ドライバー入射角度

 これは パターの話しですが、
 ボールの飛び、飛距離に大きく影響する
 ロフトの作り方、そしてヘッドの進入経路 を
 どうする と言う話は 同じように少なく、
 飛距離の話しになると 何はなくても
 速いヘッドスピード信仰ばかり です。 

 だから それを気にした方が良いよ、
 と言う話では無く、
 ダウンスイングと言う 0.1秒程度の時間で
 左右の軌道もそうですが、フェース面の向き、
 ロフトの作り方を なんとかする、
 なんて方法論に取りつかれているのは
 不可能に挑戦するも同じ だと思います。

 ダウンスイングの何かのアクションで
 その調整をするんだとしたら
 それが一度 上手く行っても
 そこには もう一度、もしくは繰り返し
 それが出来る方法は 存在しない のです。
池田康二202520_Moment
 一番忙しく、短い時間のダウンスイング『では』
 出来るだけ何もせず、
 速い速度で廻る、右打ちなら左を向く、
 短い時間で左を向く、
 そのアクションのみでこと足りる、
 そういう方法論でない限り、
 ゴルフを職業としていない人の成功確率を
 上げる方法は無い と言えるのではないでしょうか」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「やっぱり 気になるトコロ はですね。

 ゴルフスイング、正直、その見た目とか格好とか、
 形なんかはどうでもいいんですけど
 少し荒っぽい言い方をするとすれば
 『角度のあるモノで ボールをぶっ叩く』
 って言うのを理解出来ているか、どうか
 だと思うんですね。」

質問「😵 😵 😵」
IMG_1137

店長「角度の付いていないモノでぶっ叩く

 のであれば 平均的なアマチュアのクラブ扱いで
 良いと思うんですけれど、

 ボールと言う 丸い球、球体を
 角度の付いている面で 打つには不都合と言うか
 適してないんですよ。

 ドライバーの距離測定や
 どうやったら ボールを飛ばせるようになるのか
 なんて言うのを 長いコト、多くの人とやって来ましたけど

👉振り応え と ヘッドスピード は
 ほぼ全く一致しません。


 強く、速く 振ったつもり が
 ヘッドスピードのアップにつながっていません。

 ましてや ボールが飛ぶ/飛ばない は
 バスケやサッカー、野球などのチームのバランス、
 車の全体性能と同じで
 ボールスピードが速ければ 飛ぶ とも一概に言えず
 ‖度と飛び出る角度、そしてボールの回転 
 良いマッチング・組み合わせで無いとダメですし、
 それぞれは数値で表記できるのですが、
 その3つの数値のそれぞれの 目指すべきベストはコレ✊
 なんてモノは無いんですね。
 その数値、組み合わせは
 ヒトそれぞれによって 皆、微妙に異なります。


 普通に打って 200yd位のドライバーの方が
 無理に速く振ろうとせず、ヘッドスピードも意識せず、
 その方にとって 良い数値の組み合わせ を作れれば
 ほぼ似たようなヘッドスピードで
 いきなり 20ヤードも30ヤードも飛距離をアップするコト が
 可能なモノです。

 それを決めるのが
インパクト時のヘッド姿勢〜ロフト角度と
ヘッドの入れ方/入射角度/アタックアングル です。
IMG_0607

 多くのアマチュアの方は
 その 角度の有るモノ、角度の付いた打面、
 そして クラブの長さの意味 
 を 『ほぼ完全に無視して』
 先をどう 速く、多く 動かすか
 そこばかりに 意識が行き過ぎ

 角度の付いた打面 で
 球体のボール を
 効率よく、遠くに飛ばし、
 かつ 出来るだけ繰り返せるよう
 と考えたら そう多くの種類
 クラブの扱い方というか、動かし方って
 無いような気がするんですけどねぇ。」

質問「😵 😵 😵 😵 😵」

店長「コメントにも頂きましたが、
 ヘッドを速く振る、速いヘッドスピードが
 ボールを遠くに飛ばすの『ヒトツ』の要因であるのに
 嘘はありません… が

 からだの回転で造れるヘッドスピードを
 手で振って 上回ることは ほぼ不可能。


 若い時の腕力が有る時だけ、のモノです。

 からだの動きよりも ヘッドが速く動く😶
 速いヘッドスピードは
 自分の運動、動作速度との 差 では無いです。
 からだの動きよりも 速くヘッドが動く感じが
 ヘッドが走った とか、
 ヘッドスピードが上がった は 大いなる誤解です、が

 そう感じている人が多いような気がします。

 今、現在の自分に出せる
 最高のヘッドスピードは
 からだの回転で造れるモノのみ です。
IMG_2813Trim(2)_Moment
 どのような方法をとっても それを上回れませんし、
 繰り返す という ゴルフにとっての重要なポイントも
 加味すると 選択の余地は多くありません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングを変えよう、よくしようとする時、
 多くは テークアウェイ、トップを『違うモノ』にする必要が
 生まれたりするのですが、
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
 多くの方は 今、変える前の オリジナルのモノに
 何か足したり、アレンジして 作り直そう と
 思っているフシが多い
 と思います。」

質問「私もその口でした😵」

店長「その 自分の変えようと思っている
 好きじゃないそのテークアウェイもトップも
 理由があって そこに行き着いた訳ですね。

 ですので その『理由』『原因』の部分が変わらない限り、
 必ず ソコに戻ります。 一瞬で戻ります。

 その理由の大きな比率になっているのが
 ✋ヘッドの入れ方、振り方、ボールのとらえ方 で
 この話は テークアウェイやトップだけに限らず
 スイング全体に繋がっていくと思います。

 よくある『手打ち』も、結果としての『手打ち』も
 手で打ちたい、手で振りたい訳じゃないのに
 結果として 手で振っちゃう、クラブを動かしてしまう
 理由〜原因があるんですね。 
katate_Moment
そして その元、元の発想になっているのが
スイングは円、円弧を描く だったりするコトが
少なくありません。

 理想論で言えば スイングが円を描くのは
 クラブを持った打ち手が体の向きを変える からであって
 もしも クラブを持ったまま、
 飛球線後方にステップして、飛球線方向にステップし直す、
 横移動の方が素早く出来るのであれば
 回転をする必要はないです。
 ルール的にどうなのかは別ですけど。

 その横ステップでは 回転するよりも
 素早くクラブを移動させるコトが出来ない、
 スピードを上げたくても上げられない、
 フィールドでの横ステップ打ちは安定し難い などの理由から
 回転しているに過ぎない、と考えて下さい。

 どこかの軸点、支点、支柱に対して
 からだの向きを変える、
 『クラブ・ヘッド単体を円に振るんじゃなく
 クラブを持った自分が向きを変えるから
 その一番外にある、外周部にあるヘッドが
 より多く移動しているように見えるのであって
 動いている 角度運動は同一
 です。
 ヘッドの重みがある分、からだの回転よりも少ない
 可能性すらあります。
334151fd
 ここからが ゴルフスイングの陥り易い、
 罠にはまり易い『トリック』なんですが、
 円運動だから ヘッドはたくさん動く
 ヘッドは速く、多く動かすモノ
✊ って
 思っている人が少なくない気がするんですが…。」

質問「思ってますね。」

店長「それは からだの向きを変えるから そうなるのであって
クラブ単体、ヘッド単体は動かさず、
クラブを持った自分が回転するから そうなるのであって
クラブ単体、ヘッド単体を動かして
その『ヘッドが速く、たくさん動く』を実践すると
元のモノとはまるで違うモノになってしまいま

 ソコに気付いていない人が多いと思うんですね。」
スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)







質問「アマチュアの場合、ほぼ全員…って言っても
 いいんじゃありません❓」


店長「全員ッテコトは無いと思いますけど
 間違いなく多いでしょうね。
 プロでも居るように思えます。

 ゴルフクラブの構造は 長い棒で先に重りが付いています。

 先をたくさん、多く動かせば
 クラブやヘッドの遠心力が強くなって行きますが、
 その遠心力は 打つ前であれば ボールに対して、
 打つ前後であれば ボールの飛ばしたい方向に対して、
 全く違う方向/角度の負荷ですから
 ボールに当てるコト、打つコト、飛ばすコト
 に対し なんの良い影響もありません。

 遠心力は使わない訳じゃないけど
 その使い方では 遠心力はマイナス😵
 ヘッドを多く、速く動かしたいからの
 無理やりの肯定論でしかありません。

Q2023918Q20239180Q20239181







 単に クラブが吹っ飛ばないように強く握る とか
 遠心力の対語である 求心力が必要になるだけ、
 遠心力によって握力だけでなく、
 からだの軸や姿勢までぶらされる原因になり得ます。

 しかも その先端の重りの部分が打撃部分となる訳ですが、
 そこには 角度があって
 ヘッドの入ってくる角度もその一部ですが、
 クラブやヘッドを単体で多く動かせば動かすほど
 👉スイング的にはクラブの角角度運動と言いますが…。
 ヘッドのロフト角度やヘッドの入ってくる入射角度が
 インパクト時にバラバラになり易く、
 繰り返し 似た球、似た距離、似た方向に打つのが
 難しくなって来ます。

 スイングは確かに円運動に見えますが、
 ヘッドの方を たくさん動かしている のではなく、
 クラブやヘッド単体を動かさず、
 クラブを持っている自分が向きを変えているに過ぎない
 そこの部分の1個目の ボタンの掛け違え から
 始まっていることがすごく多く思えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブを選び際 の
いくつかの注意点を挙げたい と思います。

ゴルフクラブはパターからドライバーまで
ルール上 14本 携帯することが出来ます。
IMG_0361
その構成は 年齢や飛距離、コースや得手不得手など
いろいろあるので 今回は割愛しますが、
クラブを選ぶ際、最も注意しなければならないのは
「シャフトの硬さ」です。

平均的なオジサンゴルファーであれば
ラウンドを通じて ヘッドスピードは40msを維持することは
簡単ではなく、シャフトの硬さを選ぶ際
ベストの状態よりも、夕方の靴のサイズのように
゛ボトム゛の状態を基準にするのがお勧めです。

暑い日、寒い日、雨の中…
後半へばってきた時に無理をするスペック〜シャフトの硬さ で
良いことは何一つありません。

車や家でもそうですが、
自分の経済状態よりも 背伸びして 高額なものを買っても
あまり良いことは多くありません。
見栄のために、以降 維持することにくたびれてしまうケースは
少なくないのです。 ご注意ください。

また ゴルフクラブはその長さ…が故に
先端に打撃物がある! ということよりも
その長さそのものを振り回す特性が強いです。
シャフトの硬さによって
 硬いモノをしならせて使うのか
 柔らかいモノををしならせないで使うのか
クラブの扱いそのものを 教育 されてしまう部分が否めません。

☞あまり筋力・体力に頼らず 遠くに飛ばしたい
 という側面と
☞安定して 似たような球を、似たような方向に飛ばしたい
☞スコアをよくしたい

 という力側面があるのですから
どちらを選ぶのが良いかは簡単だと思います…けどね。

シャフトには 工業製品安全規格…以外
性能や特性に統一基準がありませんので、注意が必要です。
Rとか、Sとか
メーカーや機種によって まるでバラバラですので
基本 振動数 という数値で把握することをお勧めします。
IMG_0590
平均的なオジサンゴルファーであれば
ドライバー(45インチ)を基準に
 
硬くても 振動数 220cpm(十分硬いけどね で抑えると
スイングにも悪影響は少なく、体の故障にもなりにくいでしょう。

その硬さあたりですと
1インチの長さでのちがいは 2〜4cpm位、
シャフトの機種によっても違いはありますが
1インチで5cpmの差だと 短いモノが
 硬くて「使い難い」と言えるでしょう。

👉46in-220cpm 45-223 44-226 43-229 42-232

それを目安にフェアウェイウッドなど選ぶと良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ロフト角度は
 地面からのフェースの角度ではなく
 シャフトに対する フェース面の傾きです。

 5番アイアンは ロフト120度ではなく👉30度です。 
CVL-2
 ゴルフクラブの そのL字の形状の使い方 を
 誤ってしまうと 30度で有る筈のその角度が
 120度になってしまう と思うのです。」

質問「確かに ロフト120度とは言いませんね。」

店長「あくまでも イメージでの話し なんですが、
 この円の 下半分の領域には クラブを入れない。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment
 勿論、結果としては この下半分の領域にも
 クラブは『入ってしまう』のですが、
 それは からだの向きが変わる為 であって
 クラブの L字型をアドレスの姿勢のように戻す為、
 クラブを下に振る為、
 トゥダウンを促すようにする為に、
 意識としては この下半分の領域には入れない。

 人によって その高さは異なる とは思いますが、
 腰やベルトの高さ位の
 仮想のテーブルの上を 引きずって動かすような
 そういうイメージですね。

 テーブルの上にクラブがありますから
 フェースをターンさせたり、
 ヘッドを下に、クラブを下には動かさない。
(こする つかまえる_Moment(2)
 意識として 速く、強く動かしたいのなら
 早く向きを変えるしかない。

 ボールに当たった後、打った後は
 クラブにも、ヘッドの重さにも慣性が付きますから
 その慣性はフリーにして良いと思いますけれど、
 打つ人からの目線でも
 クラブのL型の形状が ずっとそのまま
 目に見えるクラブの長さが変わらない、
 と言った感じになると思います。

images
 この仮想のテーブル、
 その下の空間に 腕さばき、
 右打ちの人であれば 右腕の伸ばしで入れてしまうのを
 こすり打ち、即ち ロフト120度、
 からだの向きが変わるから「入ってしまう」のを
 上から打つ、ボールをつかまえると呼びます。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブについて
 あまり語られていない、知られていないコトが
 あるんですね。」

質問「な、なんです。」

店長「ものすごく 単純なコトなんですけれど🤗
スクリーンショット 2023-05-08 003101
例えば、ですね。
シャフトには 『キックポイント』
調子って言葉で言うと 先調子とか、元調子とか、
ありますよね。」

質問「ありますね。中身はよく分からないんですけど…。」

店長「まあ あまり気にしなくてもいいですし、
 大抵の人は 硬い、動かないシャフトを使っているから
 キックポイント自体効果を発揮してません。

 本題はキックポイントではないんですけど。」

質問「はい。」
スクリーンショット 2023-04-17 145020
店長「クラブメーカーやシャフトメーカーに聞いてみると
 答えてくれますけれど、その調子・キックポイントで
 先調子〜ヘッド寄り と 元調子〜グリップ寄り
 その差って ドライバーのシャフト であっても
 1in〜2.5センチ程度しかないんですね。」

質問「ドライバーシャフトの全長ってどの位ですか❓」


店長「45inのモノで 110儖未任靴腓Δ。」

質問「その長さにすると 先調子でも元調子でも
 殆ど差が無い ッテコトなんですか❓」


店長「ないですね。
 メーカーによっては その差は1cm位と言っているトコロもあります。
 シャフトの全長の1%、多くても2%前後です。
 シャフトにも製品誤差がありますから、
 その範囲と考えても良い程度の差です。

 実はそれよりもですね。

 ヘッドのネック長の差の方が大きいんです
 今回はソッチが本題です。
EZ05
 現在、ドライバーは ネック調整式のモノが多い、主流です。」

質問「カチャカチャ って奴ですね。」

店長「はい。

 ネック調整のヘッドって どうしてもネック長が長くなってしまうんです。」

質問「調整しろを取らなくてはならないでしょうからね。」

店長「ですので 薄べったい(シャロー) 非調整式のヘッド と
 厚め(ディープ)目の 調整式のヘッドでは
 同じ 45inのドライバーであっても
 装着される シャフトの実寸 が かなり違うんです。

 機種にもよりますけれど
 シャフトの調子・キックポイント以上の差があるケースも
 たくさんあります。

 初期の頃の ネック調整式のドライバー って
 壊れやすい と言うのもあったんですが、
 それを防止する為も有って ネック側に重量が集まり過ぎて
 飛ばなかったんですね。

 それが何度も改良されて 今に至っているんですが、
 各機種ともに ドライバーが低重心化がかなり進んだ
 って言うのも勿論、有りますし、
 ドライバーシャフトの硬さ『基準』がかなり柔らかく、
 振動数で言うと 20〜30cpm柔らかくなったってのも
 あるんですけれど、
 実はネック調整式のドライバー は
 そのネックの長さから シャフト自体は『短い
 同じ45インチであっても 従来のタイプの
 ドライバーヘッドに比べ 使っているシャフトが少ない、
 短いって言うのも ポイントのヒトツ なんですよ。」 
EG05_04

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


私にとってはよくある、ごく日常的な

一般的なゴルファーの皆さんにとっては 信じ難い、

出来れば起こって欲しくない


セッティングから始まる悩み の実例を 紹介いたします。




 【年齢63歳】某有名チェーンストアにおいて 試打(ドライバー)もしながら
 最新のクラブ数本を選ばれたそうです(購入)。
IMG_0590
 某メーカーA社のドライバーに
 試打した結果 社外品B社の S シャフト(オプション選択)
  が装着されているモノをお選ばれました。

 ヘッドスピードは 平均で【40㎳】ですので
 年齢から言うと 決して低い訳ではありませんが

 ドライバー【45in】 シャフトの硬さ【振動数 250cpm】

 は 
かなり硬い と思います。

 そのお客様のスイング との相性で言うと
 スライスが多い というコトで
 ヘッドが重たい 〜ヘッドが効いてる 👉ヘッドが遅れる
 シャフトが柔らかい 〜ヘッドが効いてる 👉ヘッドが遅れる

 ヘッドが遅れる👉👉フェースが開く👉👉スライスになる
 それを防止する為、フェースターンを要るので
 方向、弾道がバラつき 安定しない…😢
✅故に 遅れの少ない、フェースターンのし易いクラブ選択
 というのが理解出来ます。

 しかし、年齢、体力から考えると
 動かし易い、ヘッドの軽さ、シャフトの硬さ が故に
 疲れてきたり、OBやスコアなど他に意識が強く言った場合、
 動かし易い…ですから、テークアウェイも 手でヒョイと上げる、
 右向き不足・準備不足を誘発し易く、
 手で上げますので 準備段階として
 ヘッドが、フェースが開いている量が増えますので
 自分の運動性能が下がってくると その修正が効かず、ミスが出易く、
 疲れてきた時に飛距離ダウンにつながり易いスペック です。

 しかし、今まで 硬いシャフトを使い慣れたこともアリ、
 おそらくですが、比較試打の中で一番シャフトの硬い、
 一番バラつかない
 一番真っ直ぐ行き易い、飛距離重視ではなく、
 安定性、方向性重視で 選んだ結果、
 この硬さに行き着いたのだ
と思います。

 …しかし 段々キツク成って来た。
 または 思っているよりも 安定しない。。。など

 ソレが故にご来店なのですが、
 問題は ソコから先 に
ありました。
 
 ドライバー、ウッド、ユーティリティ
 を同時に購入された のだそうですが、
 試打は ドライバーしかされていないそう です。
 
まあ 一般的には全部打たない人の方が多そうです。
332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n
 常識的なゴルファーの考え では
 同じメーカーの 同じ機種の
 シャフトの銘柄も一緒、表記の硬さも一緒 
 …ならば
 ちゃんとセットになっている、
 クラブとして
『流れ』になっている、
 同じ硬さになっている
 と思います。
 ユーザー、購買者としては当然、そう思いますよね。


 ところが
 今回のケースで
 同じメーカーの、同じ機種、
 シャフトの銘柄も同じ、表記の硬さも一緒
なのに
 1W  45in 250cpm
 5W  42in 264cpm
  UT#4 41in 281cpm
 と 非常に数値が『飛んで』しまっています。
      特にUTが酷いですね…🤪

 全体が硬い と言う話は棚に上げて
 同じ機種、同じシャフト銘柄、同じ硬さ表記 であれば
 1W 45in であれば 42inのモノは 258cpm が上限、
 ドライバーよりも ボールのライや打つシチュエーション、
 一般的にはドライバーよりも ほのかに「振れない」
 フェアウェイウッドの方が
 ほんの微妙にヘッド軽め気味/シャフトは柔らかめ の方が
 圧倒的に使い易いです
例外は非常に少ないです。

 ドライバーと同じ流れ、同じ硬さ の数値よりも
 1フレックス位 硬い フェアウェイウッド。
 ドライバーと違い 傾斜のある場所、
 フェアウェイウッドを使う場面は緊張感が高く、
 ボールの置き位置も ドライバーよりも中め、
 それを ドライバーよりも1フレックス硬い、ヘッドの感じにくい、
 このフェアウェイウッドで打とうとすると…
 チョロ、頭打ち、ダフリ、スライスなど
 流れが整っているモノと比べ、かなりミスが出易くなります。
〇アマチュアにフェアウェイウッド好きが少ない理由のヒトツです。
332220353_579546073824652_4442760800244387208_n
 そして 👉ユーティリティ は
 41in と言う長さからして 硬くても 265cpm前後 が
 ドライバーとはだいたい同じ流れ、適切でしょう。

〇元々 硬いシャフト好みのお客様 から考えると
 ユーティリティが3本の中で断トツの硬い ですから
 一番使い易い、好きなクラブになる可能性 があります。

 …となると それよりも
 2〜3フレックス柔らかい
 肝心要のドライバー が
 上手く行かない可能性がかなり高くなります。
 スライスが出易い〜対処療法で引っかけが出る…など…。



 そして かなり根深い問題・後遺症になりそうなのが
 ユーティリティやフェアウェイウッドの方が
 地面にあるボールを打つクラブ とは言え
 ドライバーと比較すると かなり硬い(同じ硬さ表記なのに)です。

 その硬さ分、ボールは中に置くことになる可能性が高いです。

 ティーアップしたドライバーと比較すると

 ボールの置き位置は ボール5個分位、
 人によってはそれ以上…中に入る可能性があります。


 ゴルフクラブは 概ね そのシャフトの硬さ分
 ヘッド重量に応じた硬さ相応分、
 感覚的にボールは『中に入り易いモノ』です。
 練習での 成功体験からも そうなって行きます。

 ボール1〜2個なら まだ良いですが
 ボール5個分、中に… となると
 アドレス姿勢は そのボールの違い分、変わります。

 スイングの練習は 大概の場合、
 ユーティリティと言いませんが、

 シャフトの硬い軽量スチール系アイアンですることが多い。
 ボールの置き位置が中に入り、それが右向きのスタンスを誘発する。
 アマチュアのアドレスが右向き気味な原因のヒトツです。
4c546cb7
 ご自分でやると分かりますが、
 ドライバーを 左足のかかと、もしくは それよりつま先寄り、
 ソレで構えた後、
 ユーティリティで ボールを5個分 中に入れて下さい。
 必ず 右を向き気味に、、、
 もしくは 上半身上部だけが右を向いた 捻じれた、
 違和感のあるアドレスになります。

 本来 ここら辺を使うと良いよ、と言う硬さよりも
 硬いシャフトを使ってしまうコトは
 スイングを間違えさせてしまう原因、元になりますが、
 アドレス、スタンスの向きをごちゃごちゃにさせてしまう、
 のは スイングそのものもそうですし、
 コースでの上手く行かないを かなりの確率で誘発します。
 そのアドレスと向きを壊してしまう
  シャフトの硬さのばらつきはかなり深刻です。


 そう言う 知らず知らずの セッティングのバラつき
 同じ銘柄の、同じシャフトの、同じ硬さ表記の
 その ものすごい製品誤差、
 『工業製品』であれば 当然、弾かれるであろう
 そのバラつき は
 ゴルフクラブでは ごくごく普通に無視され 販売されます。

 

 バラつきの全くないとまでは言いませんが
 セットの硬さや本当の意味の重さが流れている、
 多少の揺れはあったとしても許容範囲の中に収まっている、
 似たようなフィーリングで使える 流れになった 
 セットになっている市販品 は

 私の長いゴルフ生活、ゴルフの仕事の中で
 万を超えるセットを見たり、数値測定してきましたが
 未だ 2セットしか 見たことが有りません。
 それは どのメーカーの、どの機種、人気度、知名度、
 価格など関係ありません。
 バッグ付きで セットで2万円のセット と
 バッグ無し 13本で100万円のセット に
 そのバラつきの差は殆ど無く、双方、驚くほどバラバラ です。

 30年の営業の歴史で 15年に一回 です。
 見た目だけ 名目上だけ セットになっているのが
 一般的な ゴルフ『セット』です。

 流れが許容範囲に収まっているモノが『例外』なのです。
 ホールインワン級の出来事なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「最近ですね、大手メーカー各社の
 『フィッティング』、間もないお客様の来店が
 少なくないんですね。」

質問「フィッティング なんか良い響き ですけど、、、
 『フィッティング』して 間もない…ってナンででしょうか❓」


店長「20年前と比べ
 各メーカー共に『フィッティング』を行っている
 ところが増えたから❓❓❓とも思いますが、
 なんとも 不可解なコトが多いですね…。

IMG_0624


 クラブの フィッティング と言うか、
 クラブ セッティング、『クラブ選び』 は
 突き詰めると  シャフトの硬さ選び
 と言っても過言ではないです。

 自分に取って、自分の体力にとって 適切な『硬さ』を選ぶ
 そして それは 今日! から 使うのですから
 年齢を重ねていく 未来に対してのモノ になりますので
 その点も考慮しておかなくてはイケマセン。

 スイングの動き、作法 なんて言うのは
 こう動きたい、こう動かしたい という自分の意志 よりも
 使っているクラブ、使ってきたクラブ で
 良い球って言うか、ミスにならないで当たる方法なので
 ゴルフクラブ全体の機能として 比重の重い シャフトの硬さは
 スイング形成に非常に大きく影響します。

 シャフトを運動する、しなるのが 前提であれば
 シャフトをしならせて しなり戻す なんてスイング用語は
 生まれないですから
 今も含め、過去に 多くの方は 硬いシャフト を使いこなす
 スイングのメインテーマ と言って過言ではないでしょう。

 アプローチショットの悩みや
 こすり打ちになってしまう悩みの多く、ほとんどは
 硬いシャフトを無理に使うコト、使ってきたコト による弊害で
 程よく 柔らかいシャフトのモノに慣れて行けば
 かなりの部分、レッスン抜きでも解決出来る?のではないでしょうか」

質問「確かにそうですね。」

IMG_1150


店長「そこで✋ フィッティングの話しに戻りますが、
 悶絶クラブを持っていらっしゃれば 分かると思いますが、
 例えば アイアン(5番)で言えば
 硬いモノであれば   振動数330cpm から
 柔らかいモノであれば 振動数130cpm
 まで 作れます。
 その幅は 200cpm もある訳ですが、
 柔らかければ柔らかい程 良い! なんて言いませんが、
 その幅の中で 一番気持ち良いモノ、上手く行くモノ、
 もしくは シャフトの運動性やヘッドの重さの使い方、
 そう言うモノを学べる教材、先生として適切なモノ、

 を チョイスする、考えるのが フィッティング だと思うのです。

 ほとんどのゴルファーは 5番アイアンの数値ですが
 振動数 200cpm を下回るモノは 触ったこともありません。
 存在すら知りません。

 初めて持つと えええええ ナニコレ! と言い、
 こんなの打てそうもない、当たりそうもない、 とも言いますが、
 ほとんどの方は ものすごく個性的なスイングでない限り、
 振動数 200cpm のアイアンは 普通に当たります

 半分程度の方は『アレ? なんかいい感じ…』とも言われます。」

質問「正に私です。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)

店長「今の スイング、クラブの扱いを考慮すれば
 この位の硬さ、
 将来、シャフトやヘッドの重さを より活用できるスイングに
 重きを置くのなら この位の硬さ、
 と 振動数 130cpm〜330cpm の中で選んだ結果、
 250cpmかも知れないし、180cpmかも知れない。
 これを フィッティング と呼ぶと思う
のですが、

 一般的な フィッティングでは
 アイアンシャフトに選択の幅が狭く、
 柔らかくすることの出来るグラファイトは採用され辛く、
 軽量系のスチール では 振動数 270〜330cpm
 程度しか 硬さの選択幅がありません。

 先ほども言いましたが、平均的なヘッドスピード の
 成人男性が 初めてであっても 振動数200cpm を打っても
 特に違和感は感じない、のに
 それに比べ 遥かに硬い 270〜330cpm は
 どれを選んでも べらぼうに硬い、
 硬い は動かない と似た意味ですので どれも 
動かない棒
 でしか ありません。

スナップショット 2 (2018-04-02 11-36)

 そういうのを フィッティング って言葉が適切❓
 と思うのです
。」

質問「確かに。
 私の(現在の)5番アイアンは 振動数162cpm ですけれど
 それと比較すると 280cpm も 290cpm も
 十羽ヒトカラゲに 硬い でしかないですし、
 それを使うには こねくり回して シャフトを動かさない と
 当たりませんし、当たった感触も痛い です。

 そして 兎にも角にも
 軽く振ったら まるで飛ばない…。
 全力投球しないと望みの距離は打てません。


店長「ですよね…。
 いや 硬いシャフトが全員にダメ と言う意味ではなく
 130〜330cpm を打ち比べた結果、300cpmのシャフトを選ぶ
 のはアリだと思いますが、その周辺、どれも硬いシャフトしかない中で
 どれかを選べ は なんか違うような気がします。

✋まして 現在のドライバーは かなりシャフト硬度が落ちていて
 シャフトメーカーの Ⓢシャフトであっても
 振動数230cpm なんてのは ザラに合って
 それは アイアン(5番)では 250cpm相当のモノ です。


 逆に アイアン(5番)を300cpmにするのだとしたら
 ドライバーであれば 280cpmとか、290cpm です。
 その硬さのシャフトは プロでも使っている人は稀、
 飛ばないし、我々の年齢では関節が壊れますよ…。
 それ って どういうコト❓ って思いませんか。」

質問「むうううう ですよね。」
811-6

店長「仮にも フィッティング  と言う言葉を使っていて、
 おそらく その場では 『合っている』『私に合っている』
 『お客様に合っています』みたいな言葉が 頻繁に使われているのに
 そのドライバーの数値は無視して、
 アイアンはアイアン、別なモノ を推奨するのは大丈夫なの?
 
 ドライバーは230cpm
 アイアンは300cpm
 ゴルフ歴やスコア、上手下手に関係なく
 交互に打ち比べれば 多くの人は その差は認識するほど
 かなり大きな違い です。

✋で、どっちが フィット してるんです❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


進化版L型ブリストルパター(G2-550g) と
一般的な市販のパター
(300g強)  の
最大の違いは その数値通り『ヘッド重量』です。
010
パターは飛ばさない道具
 と認識されているゴルファーは少なくありませんが、
少ない力で飛ぶのなら
✌小さなストローク、
✌ゆっくりしたストローク、
✌小さなストローク幅で

十分な距離を打てる方が より簡単 です。
008
軽いヘッド・硬いシャフトの市販のパターで
弾いて打ってしまうのは 仕方ないかも知れませんが、
L型ブリストルパターの持つ その打撃力・破壊力を
弾いて 無駄なスピンにしてしまっては勿体無いです。


パターストロークは
ボールが地面を転がって進むので
ショットと異なり 順回転・オーバースピンになりますが、
パターにおいての 良い転がり とは
オーバースピンが沢山かかることではなく
逆に 同じ距離を進むのなら 少ない回転 の方が
地面との接触も少なく、
よりブレーキが掛かり難い上
芝目などの影響も少なくなります。
(曲がりにくい・直進性が高い ということです)

006
多い回転になると ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も受けやすくなりますから、
意図的に オーバースピンをかけるような弾くストロークは
実は サイドブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるように
良いことは何一つありません。

ボールは自重により 始め少し沈んでいますから
そのくぼみから 飛ばしてあげてから 転がり始める方がよく
いきなり オーバースピンをかけてしまうのは
くぼみの壁に当たり、エネルギーをロスする上に
跳ねてスタートするのでラインに乗りにくくなります。

パターにおいて 一番悪いパターンは
歯で打ってしまう事で
特に
ロフトが、フェース面がどんどん上に向きながら
加えて、ヘッドも上昇、上り傾向が絡むと
歯がボールに入ってしまいます。
006009





距離にもよりますが、
パターでの自然なボールの回転数は 数百回転 なのですが、
歯が入ってしまうと 途端に5倍〜10倍の 2000〜4000回転
が初期に入ってしまいます。
お分かりになるとは思いますが、
同じ打撃力で 500回転で済む回転数が2000回転(4倍)
になるということは それだけ推進力を取られてしまうだけでなく
その回転数の増幅が当然地面との摩擦として働きます。
出だしはピュッと早く出ても、すぐに減速して伸びない ばかりか
摩擦として芝目を多く受けてしまいますから
その回転力が曲がりをさらに増やしてしまい
切れが大きくなってしまうのです。

L型ブリストルの良さを引き出すのには
単に ヘッド・フェースでボールを押してあげれば
いいのですが、逆に弾いてしまうと
破壊力があるために 逆効果になってしまう場合も…。

ショルダーストロークはパターだけでなく
ゴルフショット(ストローク)にとって
良いことは何一つないのですが、それはさておき
自分のストロークをガラスや鏡で見て頂きたい。

注目するのは 自分の動きではなく
パターの動きです。
特にヘッドではなく、シャフトに注目して貰いたいのです。

パターストロークは
ショルダーを使った 振り子で振らなくとも
多少ヘッドは上下に動きます。
理想的には やや高い位置から低い位置に
高低差という意味では斜め直線に動きたいのですが、
そうも行きません。
高いところから 低いところ
 そして打ち終わると 高いところへと移動します。
009
ロフトは シャフトとの角度差 を指しますから、
ボールに対し、地面に対し
シャフトを振ってしまうと それだけ大きなロフトのクラブ
で打つことを意味します。
ゴルフクラブは構造上、ロフトが寝て来れば
フェース面の下部、歯の部分が前に出るような形に
なりますので トップになりやすいですね。
ボールが下に飛び出た上に スピンが多くかかるのですから
ブレーキも掛かりやすいでしょう。
IMG_0538IMG_0539









インパクトもそうですが、
それ以降(フォロー)に対し
シャフトが ロフトを増やさず
シャフトの角度、姿勢がそのまま
ボールを打つ抜いてあげる という事が重要です。


同じような位置で、同じようなヘッドの高さでも
シャフトの角度によって
これだけ フェースの姿勢は違うのです。

そして これは必ず撃つ方の人間の姿勢にも影響します。
特に 肩の振り子で振る人にとっては
このシャフトの延長線上に頭があるわけで、
ヘッドが前に出るストロークでは
撃つ人の頭は右にズレ易く
 その分、最下点は右にずれます。
より一層 歯で打つ確率が高くなるわけです。

意識がヘッドに行ってしまいがちですが、
人間が操作できるのは グリップの動かし方 ですから
同時にシャフト姿勢の意識も持って貰えると
L型ブリストルパターはあなたのパッティングを
インチキのように向上させます。保証します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ボールをつかまえる、つかまえない に
 直接関係ないのかも知れないですけど
 どうしても 前がつっかえちゃう、
 前方が渋滞しちゃう んですよね…。
202302241f1418f09202011201







 逆に そこが つかまえる/つかまえない と
 関係しています❓」

店長「
あります。
Nさん「インパクト以降、フォロー側の問題もあると❓」

店長「あるでしょうねぇ。
 出来れば 右腕の、みたいな話し にしたかったのですが
 それも 左腕のたたみ方、
 インパクト以降の 左腕の行き所次第
 だったりしますからね。
(ヘッド1

 追いかけっこをして 逃げ続ける左腕が逃げきれないと、
 追いつかれちゃうと 便秘みたいになっちゃいますからね。」 

Nさん「ですよね。」

店長「…結局、ソコの話しになっちゃいますよね…。

 インパクトでからだの回転、
 特に左サイドが止まってしまって
 それゆえに 左腕の逃がす場所がない から
 前が詰まって フェースターンするのか、
 はたまた フェースターンをする為に
 『左の壁』と思っている 左サイドを止めるのか、
 は それぞれの方の経緯によって異なるとは思いますが…。
スクリーンショット 2023-05-22 200858
 多くの人が フォローでは
 アバウトな方向ですが 飛球線の方に両手が伸び
 と言う風にイメージしていると思います。
 また インサイドアウト に毒されている場合もあるでしょう。

 両手が伸びるのは 意図的、意識して行うモノではなく
 遠心力などの不可抗力によって起こるモノで
 意図したインパクト以降〜フォローで 『両手を伸ばす』
 『飛球線の方にクラブ・ヘッドを出す』

 からだの回転の止まり/左サイドの止まり と
 パックになる動きです。

 ヘッドターンやフェースローテーション、
 手の返しもそうですが
 今更…ですけど
 腕はカラダを追い抜かない、
 腕はカラダより左(右打ち)には振らない です。

 あきひこ先生のコレもそうですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ものすごく誤解も生み易いですし、
 先走って 勝手に進めて行っちゃうと
 より迷路に入ったりしますから
 あんまり 書いたり、言ったりしたくないのですが…。

 あらかじめ言って置きますが、
 つかまえるコトが出来ている人には今更必要ありませんし、
 ちゃんとつかまっていなくとも
 今のスイングやショット、距離や弾道に不満のない方は
 無理やりトライする必要もありません。
 
 また 分かり難いと思いますので、
 勝手な、都合の良い解釈で進もうとせず、分からないコトは
 ちゃんと質問して下さい。」

Nさん「了解です。」
93443e97IMG_0524






店長「ボールがつかまる・つかまらない は
 ゴルフショット、ゴルフクラブの構造上、
 そのクラブのロフト そのクラブの長さ から
 上から入ってくる角度分、ロフトが立っている、
 30度のロフトのクラブが 5度の角度で進入してきた場合、
 地面に対しては 25度以下 になっているか、どうか、
 ヘッドの回転など左右の問題では無く、
 時間が伴う ヘッドの縦・上下の問題です。」

Nさん「はい。頭では分かります。」

Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 0m53s
店長「ボールをつかまえるのには
 ダウンスイングの かなり早い段階、
 少なくとも インパクトの直前では無く、
 それよりも かなり前の時点。
 はっきりココってのはないですけれど
 イメージとしては ダウンスイングの中間辺り、
 この時点で フェースが下を向いていないと
 ボールをつかまえる術を失います。 」

Nさん「!!!!

Nさん「かなり 早い 時期 ですね。」

店長「そう感じると思います。」

店長「あくまでも 事前のイメージですから、
 実際には もう少し インパクト寄り だとは思いますが、
 繰り返しますが、ボールをつかまえる を実践したいなら
 ダウンスイング中ごろにはフェースが地面、下を
 向いているイメージで無いとダメです。
 かなり早い段階です✋

 そこで いつも感じるのですが。。。」
(ヘッドは振らな
Nさん「はい。」

店長「トップの位置 あるじゃないですか❓」

Nさん「はい。」

店長「だいたい 👈こんな感じ ですよね❓」

Nさん「そうですねぇ…。」

店長「手で振る訳でも
 ヘッドを振れ、下に振れ、ヘッドを落とせ
 と言っている訳でもないですが、
 クラブって 棒ですけれど
 どこに出そうとしています❓」

Nさん「どこ…って言われても…。」
(ヘッドは振らな2
店長「具体的に言うと
 左腕の延長線上に、
 最終的には 左腕とクラブが一直線になるよう
 そう言う方向に振ろうとしてません❓」

Nさん「してるかもしれない…🙄
はっきり 考えたコトないけれど
してるような気がします。」


店長「それだと…
 ボールを打つまで フェースは下を向きません。
 ずっと 上を向いたまま・横を向いたまま です。」

Nさん「😧😧😧😧😧😧😧

店長「そして フェースがボールにも向きませんから
 その先に もうひと手間、もう一つ作業が必要になります。」

Nさん「😵😵😵😵😵😵😵

Nさん「じゃ どこに向かって クラブは動かすんです❓」


店長「左腕の延長になるのは 『結果論』 です。
 最終的には 傍目にはそう見えますが、
 ボールをつかまえるには……。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パターって カップにボールを入れる
 『入るのか?!』ってコトばかり気にされガチ ですけれど
 原則としては どのパターであっても
 『入らない』んですよ。当たり前ですけど
 『絶対入るパター』なんてのは存在しないんです。
IMG_0501
 一番 重要なのは 距離が合うか、
 いつも 同じ距離、同じタッチになり易いか、 どうか で
 距離が合っていれば パターの総数は 多くはならない、
 パッティングはストレスにならなくなります。

 『自分のイメージした距離が ちゃんと転がるのか』
 自分なりの『気持ち良い転がりをするか
 ここがポイントだと思うんですね。

 ✋その点において
 フォローは出易い…のかも知れませんが
 アッパーになり易く、それによって
 打点がズレてしまい易い 深すぎる重心は
 ことパターに関しては ✖ だと思います。

 数値で言うのなら パターの重心深度は
 👉10弌15舒未砲覆襪隼廚い泙后

 ✋また、重心の高さ は
 高すぎるのもなんでしょうけれど
 間違っているのなら 高すぎる方がマシ。
 ボールの直径が45
 ボールが自重で芝に少し沈んでいるとして
 20〜22弌^未赤道になります。
IMG_0502IMG_0503IMG_0505





 パターストロークも ある程度の空中、
 地面を引き摺って…ではありませんので
 適度な空中を動かす、として
 重心の高さは 18〜22佇佞蠅良いんじゃないですかね。

 今回 仮称:TPA18のハミングバードバージョンを造る
 に当たって そう言う感じになってくると思います。
 
 弊社のパターは ヘッド重量がありますので
 ボールは伸びます。
 ゆっくりした出だしのスピードでも減速しにくい
 それは 既にブリストルやデール9で実証済み ですので
 ヘッド重量は しっかり確保したい。」

質問「確かに ボールが止まりそうで 止まらない独特の
 転がりをしますよね。」


店長「重心がある程度高く、ヘッド重量のあるパターの特徴
 と言ったトコロだと思います。

 
 今回は マレットに近い形状 になりますので
 とても重要になるポイントがあるんですね。
IMG_0496
 パターって 構えやすい のも重要だと思うんですけど
 引き易さ、テークバックの取り易さ
 動かし出し易さ、静から動への動き出し易さ、

 どの方向に どういう風に動かし出せば良いのか、
 そういうのがイメージし易い 形状、シルエット、
 それがとても大切だと思うんです。

 何にも考えなくても スッと引ける と言うか、
 どこにどう上げたら良いのか迷わせるような
 そう言うデザインは とってもマズイ と思うんです。


 
 パターの重心、深重心や低重心のコト が気になったので
 主要メーカーのサイトを見てみたんですね。
335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 そうすると 各所揃って
 目標に向けての『構え』
 真っ直ぐ構えられる ようなコト
 を
 非常に強調しているんですけれど…。」

質問「ですけれど…❓」


店長「構えやすい、目標に向けやすい は重要と思いますけど
 それって 静 の状態であって
 それが 動 に移るコトは一言も触れられていない。

 多分 パターストロークにおいて
 その
静から動に移る瞬間が一番難しい…
 ソレに迷いがうまれるのが 俗に言うイップスです。


 まるで 構えるコトで完結している ような表現で
 動かして打つコト には触れていない んです。」

質問「どこも❓ ですか。」

店長「はい。日本語で読めるサイトでは どこも、です。

 ハミングバードで パターだけでなく クラブヘッド全般を
 デザインする場合、引き易さ、
 どの方向に、どんな感じで 動かせば良いのか、
 ぼんやり ではありますけれど ガイドする、
 動き出しの迷いを生ませない、
 ソコって かなり重要課題、
 クラブデザイン、シルエットの命 と言える部分です。
IMG_0472IMG_1224












 奥行きの有るマレットの場合、ソコはとっても重要になります。
 ソコの造り込み で クラブの明暗を分ける ほどに。」

IMG_1208


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ