◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 刷毛塗りドリル


店長「上から打つ って 形式上と言うか、
 見た目の上からヘッドを入れるコト を指すのでは無いので
 ソコがポイントかも知れません。」 

ST「上から打つ のは
  😵上から打つんじゃない❓ ってコトですか?」


店長「一休さんの問答みたいですけど
 見た目で言えば そういうコトになります。
(こする つかまえる_Moment(2)(こする つかまえる_Moment(3)







 上から打つ『効果』のその効果の部分が重要で
 その言葉の意味合いは
 必要な分、ロフトを締めて 強い球にする✋
 遅めのヘッドスピードでも 前に進む強さを出す✋
 それが目的ですので
 見た目の 上から入れるにとらわれ過ぎてはダメです。

 例えば この動画…ですが

 見た目は 確かに ヘッドはボールに対し、
 上から入っています が
 ややこしいですけれど
 『効果』と言う面で見ると 上から入れる の
 全く反対の 下から『こする』効果になってしまいます。
 お薦めはしませんけれど、ショットとしての
 効果は 如何に『距離を出さない』『強い球にしない』で
 飛ばさずに 上げる 高さを出す、ロブショットなどに
 適用されます。

 アプローチなどでは 意図的にこうする…コトも
 ありますし、多くのアマチュアは これを
 アプローチのスタンダード と思っているフシが
 有る気がしますが、良い影響があるとは思えません。

 ショット全般に対しては 負の側面の方が多い、
 効率よく飛ばす とは 正反対のヘッドの入れ方
 を身に着けてしまう…可能性を秘めています。」

ST「強い球にする、とか 飛ばす為の方法なんですね。」

店長「基本はそうです。

 ですので 見た目の技術としては
 ハンドファースト が一番近い関係かも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフショットって
 ある程度、安定していて、繰り返せれば
 その手段は問わない、ヒトそれぞれで良い
20090801 2009_08_30_23_19_09-648フレームショットとは思うけれど…
やっぱり 飛ぶ と言うか、
強い球が打てる方法じゃあ無きゃ ダメでしょ❓」

KO「ですね。」

店長「重さ(ヘッド)は遅れる、クラブやヘッドは引きずる、
20090801 2009_09_02_14_54_45-564フレームショットクラブやヘッドは右側(右打ち)に残しっ放しにする、
…その遅れが フェースの開きになってしまっては
打撃の強さや速度は 高さや回転に
逃げてしまう🙄🙄🙄

 その開きを回避する為 からだを止めて
 フェースを元に戻すから 今度は安定しない、繰り返せない
 …という無限のループに入る訳です。」

KO「・・・・・」

店長「若い時は すごく高くなるとか、
 大きなスライスになるとか 勢いがあったけど
 だんだん ヘッドスピードが落ちてくる年齢では
 フェースの開き具合=ロフトの開き具合 と
 スピードとの兼ね合い
 になるけれど
 曲がらないけど 上がらない、勢いの無い球
 なってしまったりもします。」

KO「あるある😫ですね。」

店長「右打ちの場合、テークアウェイやダウンスイング、
 アドレスの時の場合と比較して 右を向いている時間って
 左が低く、右が高い関係 だから 机上の理論で有れば
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 ヘッドを遅らせる イコール
 フェースの下(外)向き〜ロフトの立ち は
 その関係を維持し易い筈 であり、
 その関係を維持するコトが からだの回転で打つ
 に直結するんだけど 実際にやってみる
 ダウンスイングで 左グリップの高さが右グリップよりも、
 左肘の高さが 右肘の高さよりも
 高くなっていることが、高くなっている人が
 非常に多い訳ですよね。
スクリーンショット 2023-12-24 225456
 重さの造り方のミス
 テークアウェイとか、トップでの
 『次の動作に対する重さのかけ方

 をミスっている っていうのも有ると思うけど…。

 どうやったら 左グリップや左ひじが
 右グリップ・右肘よりも低くなって
 侵入してくるか が肝になります✊


 一度 トライして貰いたいんですが…
 速度自体はゆっくり。。。
 ボールに当たらなくてもいいし、
 球筋とか、当たりとかは無視して貰う として…。」

KO「はい。」

店長「多分…だけれど
 ダウンスイングや切り返しのイメージ って
 からだの回転するから
 グリップエンドを ボールの方、ボール側に出してくる、
 グリップエンドをボールの方に向ける…ような
 イメージがあるんじゃないか と思うんだけど…。


 打てなそう、当たらなそう
 ってイメージになるとは思うんですが…。

 そうではなくて、
 切り返しから グリップエンドを
 自分の方に向ける というか、
 自分に近づけるような イメージ
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m
 ゆっくりとした動きでは
 実際に 自分に近づける、
 グリップエンドをボールの方に向けない
 そういうイメージでダウンスイングに入ってみて
 欲しいんですが・・・。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの回転運動の軸が背骨か、
 はたまた 背骨に沿った外側か、
 は どちらでも良いですし、
 箇所 の問題では無く
 軸の位置は それぞれ で良く、
 どこかに限定する必要は無いと思います。
o0361056812059034776
芯のある、軸が有るような運動になるコト、
の方が重要だと思いますけど
その話しはまた別な機会にしましょう。 

昨日の記事の続きになりますけど、
回転『運動の軸』、支点とヘッドやクラブの円軌道の支点
 が同じなんじゃないか
 と言う勘違いは アプローチで出て来易い と思うんですね。」

質問「ごくりッ😧」

店長「まあ 俗にいう 振り子のアプローチ ですが
.好ぅ鵐阿呂らだの回転
△らだの回転は円運動
よって ヘッド軌道も円軌道
げ鹽召砲麓瓦大切
ケ澣案擦世ら クラブの支点も意識する

 に至り易い と思うんですね。
607a83e4-s
 からだの回転は 円運動ではありますから
 その運動支点が 背骨なり、
 振り子のアプローチだと 首辺り にある
 というのは 運動としては
 まあ…好みやタイプにもよりますが、
 クラブの支点も 首辺り となると
 非常に安定し辛いアプローチになり易い ですし
 それがそのまま発展して
 ショットに繋がっていく可能性は極めて高い と
 思うんですね。

 ゴルフクラブの機能 で
 ウッドの特性、アイアンの特性 ってありますが
〇ウッドは 打ち出しは高いけど スピンが少ない
〇アイアンは 打ち出しは低いけど スピンは多い

 ウッドの方が 総飛行時間は長く、スピンが少ないですから
 着弾時に スピンが残っている可能性が低く、
 アイアンはその逆で スピンが残っている可能性が高い。
5d625fee
 アプローチショットの場合、
 特殊なショット、意図的なショットを除き
 打つべき距離と打った距離に差が少ないコトが重要ですので
 着弾地点と差の少ない総飛距離が望ましい。
 アイアン・ウエッジのヘッド特性になるのがベターですが
 振り子式に ヘッドを前に出すショットでは
 打ち出しは取れますが、スピン量は少なくなりますから
 着弾時 スピンが残っていないウッド型ショットになり易く、
 また 着弾する角度もやや緩め(直角よりも斜角)
 になるので 想定以上の足が出るコトになり易い。

 距離が合い難いですし、
 振り子式の重さに対するからだの反応によって
 最下点もぶれやすい(後ろになり易い) ですから
 アプローチショットにとって
 一番避けたい トップとダフリが出る 可能性が
 とても高くなり易いのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールを打ち始めた、スイングをし始めたトコロで
 からだを廻す、からだを回転させて
 ボールを打つんだ、と言う意識があったか、どうかは
 わかりませんが、
 ゴルフを始めた当初、ボールを打ち始めた時は
 ボールにヘッドが、フェースでボールが当たりません。
 空振りしたり、ソールに当たったり、
 テンプラ・クラウン、ヘッド上手に当たったり、
 結構、苦労しますよね🤒
impactgolf
 やはり ボールを打つイメージは
 ココに有るんだ〜こんな風⇑ と思います。
 ***コレには後々、記事にしますが、
 ***意外で、結構 重要な副作用…
 ***あまり良くない副作用が付いて来ます。

 ボールをフェースでとらえないと
 ゴルフは始まりませんから こういうインパクト、
 ボールとヘッド、ボールとフェースの接触、コンタクトは
 かなり想い描くと思うんですね。
image3
 長い棒、男性用の#7アイアンの時点で
 グリップエンドからヒールまで 95儖幣紂
 ヘッドの横面の長さも入れれば 1m超えます。

 そして 始めの構え、アドレスの時点で
 ボールを打つ打点、フェースはボールと横の関係にあります。

 からだの回転どうのこうの、よりも
 クラブって、ヘッドって、フェースって
 横に振らないと ボールは当たらない…
2023-12-28_23-05-2
 そういう風に感じる、思うんだと思います。
2023-12-28_23-05-1
 そして その長さもさることながら、
 クラブの構造、重量配分は先が特出して重い、ですから
 そういう風に動かしたくなる、のは自然な成り行き、
 太朗くんはごくごく普通の アマチュアゴルファーがくぐる
 ゴルフスイングの入門の扉を開いた と言う感じ
 だと思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの勘違い 思い違いって
 結構 根深いモノが有ると思うんですね。」

質問「どんな点ですか❓」

店長「今回の話しは 色々絡んでいるので
 ちょっとややこしいですから 出来れば
 何回か読み直して頂く、もしくは
 マークを入れて置いて
 頭に染み込むタイミングに読めるようにして頂くのが
 良いかな と思います。

 まず 一つ目に
 よくあるクラブを持った三角形を維持しよう
 みたいなモノが有ると思うんですが…」
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)
質問「ありますね。」

店長「多くの方は この三角形の形を維持して
 右打ちであれば 右向きから左向き
 アバウトですけれど 180°
 
三角形の頂点の指す向きも 180° ターンする。」

質問「コレって 思い違い なんですか❓」

店長「次の話しとかなり絡むんですけれど

 結果、としては向きは 180°とは言いませんが
 結構な量、アプローチ位の速度で有れば
 120〜150°位は ターンしますけれど
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 あくまでも 結果、として であって
 からだの向き通り、この場合ですと
 180° 三角形の頂点の向きを変えようとする を
 主題・主目的にしてしまうと
 ちゃんとした からだの回転からは逸脱します
。」

質問「えええええええ」

店長「三角形の頂点の向きは シャフトというか、
 クラブの向きに該当すると思うんですけれど
 その腕で作る三角形は クラブを持っていて
 そのクラブには長さもあって、
 先端に結構な重さのヘッド が付いています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




 仮にヘッドの無い シャフトだけのクラブ であれば
 からだの向き通りに 三角形の頂点の向き、
 クラブ/シャフトも 同時進行、同期し易いと思いますが
 長さがあり、先端に重さのある 実ゴルフクラブでは
 それと同じようには動きません
よね?」

質問「確かに…。」

店長「ちょっと ややこしいですけど
 先端に重さのある実ゴルフクラブと
 先端に重さの無い仮ゴルフクラブ

 同じ移動の仕方をする ってことは
 二つは結構、大きく異なる重量配分ですので
 それを動かす 打ち手は違う動きをせざる得ない。」

質問「そりゃ 確かにそうですね😌」

店長「三角形を維持しろ とは
(グリップの移動 〜先端は振りません_Momentトップの位置で向いている 三角形の頂点の向き、
ゴルフクラブ、シャフトの向き ですね
画像で言うと 向かって左を差していますけれど
あくまでも イメージですけれど
 それを インパクトまで その向きのまま、
 ボールに入って来なさい😌
 三角形の向きを変えず『そのまま』ボールに入りなさい
 画像で言うと 左を向けたまま、インパクトに入りなさい

 と言う意味の維持です。


別な画像サンプルで言えば
こういうことになります。
445
〇からだの向きは変る
〇それに伴って グリップの位置は移動していきます
〇しかし クラブの先端には重さが有り、
 クラブには長さもあり、運動が加わりますから
 その先端部はかなりの重さ が故に
 グリップの進行に対しは 遅れ、
 よく言う ひきずられるような状態で移動します。
413
 クラブがこう動いているのとは 異なりますよね❓」

質問「ですね。」

店長「コレに 打ち手が加わると かなり分かり易くなりますが、
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)からだが回り、グリップが移動する、
けれど 先端には重さがあるので
遅れて 引きずられてくる…

 で コレをよく見ると 三角形の頂点の向きは
 ボールをうつ間際、ほとんど インパクトまで
 トップの位置と大きく変わっていない。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スライドはしている けれど
このように 90度もターンを、
三角形の頂点の向きを回転
させている訳では無い。」

質問「!!!!!!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーは その飛距離がゴルフ最大の魅力
 そして 魔境への入り口 と言う楽しいモノです。」

質問「ですね。」

店長「つい先日も書いたと思いますが、 
 ドライバーを飛ばす方法でよく言われる
 『8分位の感じで振る、全力、マン振りしない』
 というのが 昔から言われますが
 それは基本、正解であり、正当な道です。
460TL-5-1
 ソレは何故か と言うと
 現代のドライバーは
 元々の球質やスピード、打ち出される角度等
 によっても多少異なりますが、
 基本、ボールの縦回転 この場合はバックスピンですね、
 これは 1500回転位に落ちても 浮力は維持出来ます。

 20年位前のドライバーですと 2500回転位は必要でしたから
 今は死語になった? 「高打ち出し 低スピン化」 が極まった…
 が故に 用語として使われなくなった とも言えます。

 まあ 1500回転は少々、危険が伴いますから
 1800回転位としましょう。

 コレを上回る 縦回転、 そして 横回転は
 飛距離の妨げ となります。

 よく言われる スライスは飛ばない、フックは飛ぶ は
 スライス回転の場合、
 ロフト効果も大きくなり、縦回転が増えるから
 飛距離が伸びないのであって
 それを フックに変えて、フックだから飛ぶのではなく
 縦回転が減った分が伸びた に過ぎません。
445TL-2
 究極には そのフックの横回転も
 飛距離に対しては妨げ です。

 だから 真っ直ぐを打ちましょう は
 実現できる、続けることの出来る目標としては
 あまりに 機械的、マシン化なので現実的ではありませんが
〇40㎳のヘッドスピードの人が 38㎳
〇37㎳のヘッドスピード人が 35ms
 位になる感じの
 微妙に落とした位のヘッドスピードで ドライバーを打つと
 無駄な 縦回転、横回転も きっちり減ります。

 勿論、身体的にも、精神的にも負荷が増えはしないので
 継続性、再現性を期待することも出来ます。
 それが 飛距離アップ の 正しい道 です。

 飛距離をアップしようと思って
 より速く振ろうとすると
 多くの場合、インパクト付近を強く入れよう と
 腕周りの、手回りの感覚が強くなると思います。

 H/S 40→41.5㎳になったとしても
 回転が 1800→2400rpm になれば
 ボールスピードが多少増えたとしても

 飛距離としては変らない、場合によっては
 落ちてしまう も多々発生しますし、
 継続する、続ける、再現性からはどんどん離れていきます。
祝開幕戦東建出場 高橋賢選手 スイング集サウンド有_Moment
 で、話しをスライスを防止する、に戻すと
 方向として 開いていたフェースを閉じようとする は
 回転数全般を減らす ではなく
 回転数を 右回転を左回転にすり替えるだけ なので
 まあ それに伴う ロフト減少の効果はあっても
 ヘッド姿勢も変わる、スイング軌道も変わる、
 という 再現性の低い挑戦 に変わりはないので
 ちゃんとした技術として 定着させるには
 常識を超えた練習量やメインテナンス量は必要になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ショット全般をもっと安定させたいんですが、
 どうしたら良いでしょうか❓」

〇見かた116
店長「なんとも漠然とした質問ですが…わかりました。

 スイングを造る
 スイングを覚える
 スイングを変える(良くする) の
 目指すべきトコロ、モノ
 はどういうものなのか
 と言うお話をさせて頂きます。」

質問「はい。お願いします。」


店長「よく耳にする、目にするゴルフの有名な練習器具
 があります。
20231203
 ショットマーカーです。」

質問「はい。使ったことあります。」

店長「練習器具ではありませんが、これと似たような
 ゴルフ用語、スイング用語に
 ヘッドの『芯に当てる』というのがあります。」

質問「大切ですよね❓」

店長「うーーーん なんとも答えようがないです…。」

質問「えええええええええええ

店長「本当になんとも言えないんです。

 ちょっと遠回りなお話ですけれど
 ゴルフ用語・ゴルフクラブ用語には 慣性モーメント
 を表示する場合があります。

 現在流通している 450ccオーバーの ドライバーヘッド ですと
 数値的には 4500g2とか、5000g2 辺りの数値
 になります。
👉これは15年前のドライバーヘッドの 約20%増し
 20年前のドライバーの 約40%増し になっています。

 この慣性モーメントは 大雑把に言えば
〇ヘッドの芯の大きさ、

〇ミスに対する寛容性、
〇ボールに対する打撃のエネルギー、
〇ヘッドが運動を持続、継続するエネルギー

 と考えて良いと思います。」

質問「やさしくなった と考えて良いのですね。」

店長「はい。やさしくなった、だけでなく
 ボールを飛ばし易くなった と考えて良いと思います。

 考え方を変えれば
 ヘッドの芯と言うモノが無くなった、
 芯が点ではなく、面になった、
 ものすごく アバウトになった というコトでもあります。」

質問「素晴らしい🤩🤩🤩」

店長「コレは ドライバーだけでなく、フェアウェイウッドでも
 ユーティリティであっても アイアンでもそうです。

 弊社の悶絶クラブであれば
 慣性モーメントに大きく影響を与える
 ヘッド重量が重いですから、アイアンヘッドで
 20年前のドライバーヘッドよりも数値は上です。
345251407_2010008172692761_8058080070139781244_n (1)
 ところが。。。 ですね…
 クラブをどう動かすか、
 ヘッドをどう動かすか、
 ボールとどのようにコンタクトさせるか、
 によっては
 その慣性モーメントはもろ刃の剣になってしまうのです。」

質問「😵 😵 😵 😵」

店長「ボールが飛んだり、上がったり、曲がったり
 するには ヘッドの立体での軌道、
 水平方向にどう動くか、
 垂直方向にどう動くか、
 どんな姿勢なのか、
 ロフト角度は❓ ライ角度は❓ フェースの向きは❓
 というのが アリ
 ボールの飛び に関しては
 フェース面のどこに当たるかよりも
 大きな影響を与えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「確かに トップの位置から フォロー・フィニッシュまで
 180度位 からだの向きは変ります。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s
 でも・・・・・・・・・

 是非、自分でやって貰いたいんですけど😳」

質問「はい。」

店長「クラブを持ってても、もって無くてもいいですけど…
 自分なりの右向き(右打ち) トップの状態。

 その状態って 脚が中心で
 お腹なり、骨盤、秀二が右を向いていて
 ヘッドは兎も角、
 グリップは自分の両肘の間に位置していて、
 からだ全体では 右側の方が高くなっている。

 そんな状態から始めて頂くと…。」

質問「はい。」

店長「からだの回転は グリップを移動させる為で
 からだの回転の為の からだの回転じゃあないですけれど
 感覚的に からだってどう動くのかな? は
 知っていて損はないから やって欲しいんですけど…。
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0s
その状態から 左肩を上げる、
右肩を下げる でも構いません。

からだの回転、向きを変えることをすべて忘れて
右を向いた状態で
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0左肩を上げる、右肩を下げる、
回転では無く、上下の動きをすると
からだの向きって 変わっちゃいます。

概ね、正面を向いちゃう…
向きかかっちゃう…んですね。」
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0sk
質問「・・・ あれ?・・・・😧」

店長「はい。
 からだの構造ですね。

 からだの回転って
 右向きであっても、左向きであっても
 向きを変えるのって
 1/3 胸椎・胸郭周りの動き で
 2/3 は 股関節廻りの動き です。

 荼なり、藐を上下に動かしてしまうと
 同時に胸郭・胸椎って動いちゃうんですね。
 からだを守ろうとする動きだと思います。

 右打ちの人で 右肩を上げる、
 右側がひっつられて 高くなっちゃうと
 右向きになり易い。
〇見かた18s
 その状態で 左側をあげる、右側を下げると
 元の姿勢に戻ろうとします。

 その逆って 無理をしないと出来ません。」

質問「なんだか不思議な感じ…😶」

店長「その状態で お腹を左に向けると

 結果✋ としては
 右向きが左向きに… 180°向きを変えるんですが、
 『向きを変える』という
 それに準じた回転させる運動は
 90°〜100°分位しか していないんです。

 それを同時にやってるのが 回転です😶」


質問「 ! ! ! ! ! ! 」
質問「 ! ! ! ! ! ! 」
質問「 ! ! ! ! ! ! 」

2023-06-01_15-15-06 - frame at 0m3s

店長「特に へそから上は
 回転する動きに あまり 関与していない、
 ヨコへの動きは 殆どしていない んですね。

 にもかかわらず 胸やお腹の向きは
 右から左に 180度 回転してしまっています。

 クラブを振る、振らない 以前に
 からだの向きを変える動作は
 こんな仕組みが基本です。


 確かに結果は 180度ターンしていますが、
 回転に準じた積極的な動作は
 90度 お腹の向きを変える だけ。

 クラブを持っている が属している
 腕、肩周りは 回転と同じ方向の横の動きは
 ほとんどしていません。」


質問「 ! ! ! ! ! ! 」

店長「トップの位置から
   180度回転するモノ✊
       肩は回すモノ


 回転はそう言うモノ と思っているのと

 肩周りは 上下に動かして
 下半身での お腹の向きは90度位しか換えない。
 それを同時、連動して行うだけ…。
 特に 肩周りに 廻すという感覚はない
 
 は どうクラブを動かすかにも
 かなり違いが有る と思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「時系列の流れを少し変え
 ボールのさばき方、
 クラブと言うモノを使って どうボールをさばく
 のかを追いかけてみたいと思います。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
多くの悩めるゴルファーのイメージは
インパクトは アドレスの再現 です。

 つまり ボールと自分に対して
 このような形、
 ボールと自分との間に対して
 飛球線に約 垂直、
 自分とボールを結ぶ線に似た姿勢に
 クラブを戻そうとする意識が有ると思います。

 これは平面上の水平方向、横の動きだけでなく
 からだの正面から見た時の
 上下方向、高さ方向にも言える動きで
 また、元の話しに戻ってしまうのですが、
 ダウンスイングと言う時間の中で
 ダウンスイングと言うアクションをして
 水平方向の横の動きも
 垂直方向の縦・上下の動きも
 アドレスの形に戻そう とする意識です。

 ソレを 90° 変えます。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
 自分とボールとの空間を
 飛球線、アドレス方向に向かって垂直にするのではなく
 平行にして グリップエンドを抜きます(移動させます)。

 これは アドレス時のからだの正面から見た
 上下方向、高さ方向でも同じで
 シャフト・クラブは 地面と水平な角度 のまま
 それ以上 下の角度に クラブを、ヘッドを入れない
 が限界ラインとして下さい。
3
 ショットは 最後までグリップの移動通りの
 ヘッドの移動でも 打つコトが可能です。
 ヘッドを行かせない で 打つコトも可能です。
 ただし ある程度の速度や距離を越えると
 それを無理やり止めるのは からだに負担が大きいですから
 打った後、インパクト付近で
 それを『許容』するのは有りです。
 インパクト以降、スイングを終えるまで
 自分の動作は減速〜停止に向かいますが
 ヘッドには 運動慣性が残ってしまいますし、
 遠心力も加わってしまいます。
 そのヘッドに残って勢いを
 グリップの逃がし、移動でおさめられる範囲を越えたら
 ヘッドはフリーにしても良いと思いますが、
 それは あくまでも打撃のおまけ、
 からだへの負担の軽減、バッファー的な要素なので
 それを 打撃行為ソノモノにする意識は
 今までの 動かす、止める、反動系の手打ち、
 ヘッドを丸く振るに回帰してしまうので非常に危険です。

 前置きが長くなりましたが、
 アドレスに対し、シャフトが垂直、
 飛球線に対し シャフトが垂直となるのは
 ヘッドの移動をグリップと同期させ、
 ヘッドをフリーにしない とすると
 インパクトではなく フォローのここら辺、
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 あたかも ボールの位置に 柱、棒、ポールを立てて
 そのポールを叩かないように 内側を振る感じに似ています。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドを振る、ヘッドで円弧を描く、手を返す、
 手で振る に関連する話の中で
 地面の上で ヘッドをひきずる と言う話をしたと思います。

 それらのスイングが元になっている方は
 グリップの移動、その移動速度がヘッドスピード 、
 継続してグリップを移動させ続けるコトが打撃
 というのが苦手、というか不得手です。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s







 ゴルフでの打撃動作が基本、
 動く、止める、その反動、
 と言うのが基準になっているので
 トップオブスイングもその一環になっています。
 
 テークアウェイは
 打撃をする為、助走を取る為、
 助走地点に行く行為、準備ですが、
 ヘッドを振るタイプの人にとっては
 からだを動かし、止め、その勢い・反動で腕を振る、
 腕を動かし、止め、その勢い・反動でクラブを振る、
 ヘッドを振る・・・ 手順はヒトによって異なれど
 スイングの動きが概ね 動かす、止める、その反動、
 棒の先に備わった重さ(ヘッド) を動かす為の行動原則が
 慣性を作る、止める、反動を利用する

 トップの位置も からだは廻っていないことが多いですが…
 腕が止まり、ヘッドの重さには運動慣性が残っている…
 グリップの動きは止まったので シャフトはしなり、
 そのしなり戻りがダウンスイングの始まり、切り返し と
 なっているコトが多いコトもあり、
 止まっている、止まったトップから
 速度はゆっくり にしても 打ち始める、
 ボールを打つコトがとても苦手です。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 動く、止める、その勢い・反動の連続なので
 何かがいつも動いている 中で動作を覚えています。
 動き自体がスムースで無く、ギクシャク見えるのは
 そのせい…なのですが。

 ですので ちゃんと からだの向きを替える、
 体を廻す練習として、
 グリップの移動 イコール ヘッドの移動、
 運動を止めず、グリップを移動させ続ける、
 新たなスイングとして
 止まった、動いているモノの無い
 トップの位置から練習するのはとても効果的です。

 まず 動いているモノが無いので
 動き出せないと思います。

 別の記事で 動作を変える、違うモノにする場合、
 その動作速度、運動速度もリセットしよう
 新しい動きをするのに 速い、元の運動速度にしたら
 元に動きに戻り易いよ、回路がまだ無いヨ😶
 にも関連する話し だと思いますが、
 スイング動作の姿見、格好、形の真似 で
 スイングを造るのではなく、
 運動の原則を変える必要があると思います。

 トップの位置から スイングの練習を始めるのも
 苦手だと思いますが、
 それと同じく 静から動に移る、
 テークアウェイの初動も苦手だと思います。

 ヘッドをたくさん動かす、速く動かす、
 ヘッドを振る動きを作る為
 からだを先に動かし、止め、その勢いで腕を動かす。
 腕を動かし、止め、その勢いで
 先端のヘッドを動かす。
 それが スイングを丸く振る 発想から始まっている
 可能性も匂いますが…。
 そう言う手順に慣れているので
 全部のモノが同じ分量、同期して
 自分の動作の管理下の中、移動させるのが苦手です。

 ✋コレは パッティングでも全く同じです。
 パッティングを打つ距離を パッティングマット(グリーン)
 の上で スイングの動作としてではなく
 クラブの動かしの『慣れ』として
 形や動きにこだわらず
 グリップを移動させ、それと同期してヘッドを動かす訓練、
 グリップの移動方向、移動速度通りに
 ヘッドをひきずる訓練を みっちりやって下さい。
 グリップを止め、その勢いでヘッドを動かす、
 今までの感覚だと 家の中でやるのは危険😶
 止める反動でヘッドを動かし、ボールを弾いては
 距離をコントロールするコトが難しいです。
 パッティングマットの上で、絨毯の上で、
 壊れるモノがたくさんある 家の中で
 そのボールの距離、ボールの移動速度、
 その加減をグリップの移動速度で覚える練習にもなります。
 グリップを引きずる速度が ボールが行く距離、距離感になる✊
 言葉で言うのは簡単ですが、
 地味ですが、ものすごく大事な『慣れ』👉『意識改革』です。
 姿・恰好がどう動くか、どういう風に『見える』かは
 二の次、三の次、スイング動作として意識する必要はありません。
 【推奨 ずりずり練習】

 動作原則 は理解の深まり と 訓練次第だと思いますが、
 止まったトップの位置から どう動くのか、動かすのか、
 それに関連して それを始めるトップの位置での
 からだとクラブ、腕とクラブ、からだと腕の関係は
 どう❓ どんな❓ が良いのか も導き出せるかと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「また ココの部分 意外に重要 かつ
 多くの人は気付いていない、考えてもいない と思うんですが、
 伝わるかどうか非常に微妙ですけれど
 こと ゴルフの打撃って
 ヘッドをボールにぶつけるコト ではなく、
 ボール地点を通過させるコト なんです。

 厳密に言うと からだの回転でグリップを移動させ
 その結果、ヘッドも移動し、ボール地点も通過する
 ですが…。」

質問「 ❓ ❓ ❓ ❓ ❓ 」


店長「伝わり難いですよね…感覚的な部分ではあるので…。

 ヘッドを円弧に振るタイプの人を見ていると
 先にからだなり、グリップなりを
 打撃の目標地点に入れ、減速、停止をして
Q2023918Q20239180Q20239181






 その反動で ヘッドをボールにぶつける、
 支点の急停止による フリーになった、慣性の残ったヘッドを
 ボールにぶつけている感じが強くする
んですね。

 これ 地面に置いたボールを
 スイングとか、動作とか無視して
 グリップをひきずる で ヘッドを動かして
 ボールを打って貰うと分かるんですけれど
 ヘッドを円弧に腕さばきなりで振るタイプの人は
 どうしても グリップの移動を
 ジャスト インパクト直前に 止めよう、減速し、
 ヘッドを行かせようとします。 多いです。

 インパクトは出来るだけ 速くしたいモノ です。
 ですので グリップのその地点の通過も
 出来るだけ最大移動速度を『継続
 その速度が 当然、ヘッドスピードに反映します。
20231180m220231180m420231180m8






 そして 多くの人が ヘッドをどう動かしたらよいのか❓
 そう聞くんですけど
 『グリップを動かし続けるだけ』と言うしかありません。
 そのグリップの移動速度、からだの回転が主、
 からだの左向きが主になりますけれど
 それが 打撃のエンジンそのもの ですので。

 私たちの年齢になって
 その 何かを止めて ヘッドをぶつける感覚は
 非常に危険です。
 どこかの年齢で ガクンと距離を失うコトになります。
会田20210701 - frame at 0m16s

 その移動するグリップがヘッドスピードです。

 おんなじと言っちゃあ おんなじ なんですけれど
 インパクトにぶつけるヘッドのチカラ がパワーではなく、
 ボールを打ち抜く、移動し続けるグリップの速度がパワーです。

 スイングは結果としては 円弧になるんで、
 その外周にあたる ヘッドはグリップよりも その分、
 多くを 移動 は します。
 ですが その移動感覚、移動の速度感覚は
 グリップの移動速度 イコール ヘッドの移動速度 です。

 感覚としては ヘッドの移動速度の方が速い訳 ではないのです。

 ヘッドをぶつける感覚のショットの方が
 インパクトの時の からだの回転なり、
 左サイドなり、
 左腕なり、
 グリップなりを 止める感覚、
 からだを絞る感覚、締める感覚
として
 覚えやすいのかも知れませんけれど
 その覚えやすい感覚は いずれ 痛みや故障、
 そして 本能的な打撃強度の減少につながります。

 ものすご〜〜〜く 伝わり難い とは思いますが、
 とても 大きな突破口になり得ます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングを変えよう、よくしようとする時、
 多くは テークアウェイ、トップを『違うモノ』にする必要が
 生まれたりするのですが、
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
 多くの方は 今、変える前の オリジナルのモノに
 何か足したり、アレンジして 作り直そう と
 思っているフシが多い
 と思います。」

質問「私もその口でした😵」

店長「その 自分の変えようと思っている
 好きじゃないそのテークアウェイもトップも
 理由があって そこに行き着いた訳ですね。

 ですので その『理由』『原因』の部分が変わらない限り、
 必ず ソコに戻ります。 一瞬で戻ります。

 その理由の大きな比率になっているのが
 ✋ヘッドの入れ方、振り方、ボールのとらえ方 で
 この話は テークアウェイやトップだけに限らず
 スイング全体に繋がっていくと思います。

 よくある『手打ち』も、結果としての『手打ち』も
 手で打ちたい、手で振りたい訳じゃないのに
 結果として 手で振っちゃう、クラブを動かしてしまう
 理由〜原因があるんですね。 
katate_Moment
そして その元、元の発想になっているのが
スイングは円、円弧を描く だったりするコトが
少なくありません。

 理想論で言えば スイングが円を描くのは
 クラブを持った打ち手が体の向きを変える からであって
 もしも クラブを持ったまま、
 飛球線後方にステップして、飛球線方向にステップし直す、
 横移動の方が素早く出来るのであれば
 回転をする必要はないです。
 ルール的にどうなのかは別ですけど。

 その横ステップでは 回転するよりも
 素早くクラブを移動させるコトが出来ない、
 スピードを上げたくても上げられない、
 フィールドでの横ステップ打ちは安定し難い などの理由から
 回転しているに過ぎない、と考えて下さい。

 どこかの軸点、支点、支柱に対して
 からだの向きを変える、
 『クラブ・ヘッド単体を円に振るんじゃなく
 クラブを持った自分が向きを変えるから
 その一番外にある、外周部にあるヘッドが
 より多く移動しているように見えるのであって
 動いている 角度運動は同一
 です。
 ヘッドの重みがある分、からだの回転よりも少ない
 可能性すらあります。
334151fd
 ここからが ゴルフスイングの陥り易い、
 罠にはまり易い『トリック』なんですが、
 円運動だから ヘッドはたくさん動く
 ヘッドは速く、多く動かすモノ
✊ って
 思っている人が少なくない気がするんですが…。」

質問「思ってますね。」

店長「それは からだの向きを変えるから そうなるのであって
クラブ単体、ヘッド単体は動かさず、
クラブを持った自分が回転するから そうなるのであって
クラブ単体、ヘッド単体を動かして
その『ヘッドが速く、たくさん動く』を実践すると
元のモノとはまるで違うモノになってしまいま

 ソコに気付いていない人が多いと思うんですね。」
スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)







質問「アマチュアの場合、ほぼ全員…って言っても
 いいんじゃありません❓」


店長「全員ッテコトは無いと思いますけど
 間違いなく多いでしょうね。
 プロでも居るように思えます。

 ゴルフクラブの構造は 長い棒で先に重りが付いています。

 先をたくさん、多く動かせば
 クラブやヘッドの遠心力が強くなって行きますが、
 その遠心力は 打つ前であれば ボールに対して、
 打つ前後であれば ボールの飛ばしたい方向に対して、
 全く違う方向/角度の負荷ですから
 ボールに当てるコト、打つコト、飛ばすコト
 に対し なんの良い影響もありません。

 遠心力は使わない訳じゃないけど
 その使い方では 遠心力はマイナス😵
 ヘッドを多く、速く動かしたいからの
 無理やりの肯定論でしかありません。

Q2023918Q20239180Q20239181







 単に クラブが吹っ飛ばないように強く握る とか
 遠心力の対語である 求心力が必要になるだけ、
 遠心力によって握力だけでなく、
 からだの軸や姿勢までぶらされる原因になり得ます。

 しかも その先端の重りの部分が打撃部分となる訳ですが、
 そこには 角度があって
 ヘッドの入ってくる角度もその一部ですが、
 クラブやヘッドを単体で多く動かせば動かすほど
 👉スイング的にはクラブの角角度運動と言いますが…。
 ヘッドのロフト角度やヘッドの入ってくる入射角度が
 インパクト時にバラバラになり易く、
 繰り返し 似た球、似た距離、似た方向に打つのが
 難しくなって来ます。

 スイングは確かに円運動に見えますが、
 ヘッドの方を たくさん動かしている のではなく、
 クラブやヘッド単体を動かさず、
 クラブを持っている自分が向きを変えているに過ぎない
 そこの部分の1個目の ボタンの掛け違え から
 始まっていることがすごく多く思えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの謎のヒトツ だと思うんですが、
 よく ハンドファーストにしろ って言われる。

 でも ハンドファーストにすると スライスになっちゃう。」

質問「あるある ですね。」
スクリーンショット 2023-08-11 140458
店長「スイングは溜めを作れ と言われる。

 でも 溜めを造ろうとすると スライスになっちゃう。
 溜めって『一般的には』 遅れと近似値だから。

 コレも同じだと思います。

 ハミングバードでも ヘッドは引き摺れ って言う、
 ヘッドの重さによる負荷は そのまま。
 それを無理やり解消しようとしない方がイイよ✋ って。

 どれもこれもが ヘッドの遅れ につながる話し、
 だと思うんですけど、ヘッドの遅れは
 ヘッドの移動が ヨコ主体だと
 ヘッドは重心位置って言って ヘッドの重量の中心点(重心)が
 握っている、動かそうとしている棒の延長線上に無い為、
 ヘッドの遅れ  フェースの開き になっちゃう。
【Rさん 20210604】_Moment(2)
このまま当たったら スライス、
ロフトも開いているからこすりも入る。

閉じないと ボールがまともに飛ばないよね。」

質問「ですです。初心者の殻を破る
 が その関所かも知れないです。」


店長「本当は ロフトが締まる、
 ヘッドが地面と平行よりも 上気味、
 上から入ってくる分、ロフトが『見た目上』立たないと
 その クラブのロフトが活かされない。
 これを こする コトを指すんだけど、
 結果、として シャフト(グリップ側)が前に倒れた分、
 ハンドファーストになってる分 と ヘッドの入射角度、
 アタックアングルは近似値、相関関係があるんだけど、ね。
IMG_052493443e97







 短いクラブは その短さ分、アタックアングルがきつくなるから
 ハンドファーストのその角度もややきつめになり、
 長いクラブ、例えば ドライバーの場合、
 入射角度が緩い、ほぼ無い もしくはアッパーになるので
 見た目の上の ハンドファーストは少ない、か 無いもある。

 アイアンのバンス角度が分かり易いけど
 5番アイアンだと バンス角度は5度前後
 ウエッジだと 15前後。
 それが そのまま ハンドファースト角度につながる。
 逆に フェアウェイウッドは スクープソール、
 逆バンス角度になってる訳だよね。
 バンス有ったら 使い難いでしょう。
IMG_0624
 それだけの違いで
 ウエッジとドライバーで 何か打ち方が違う訳じゃない。

 コレを つかまえる って言うんだけど  ね。

😵😵でも 一般的な 酒飲み話での ゴルフスイングは
 フェースが開いてる〜閉じてる が つかまえる。

 そこに フェースの閉じ/開き って言う 不要 なモノが
 入ると その角度は ロフトとは立体的に90度違うようなモノだし、
 動かし方、造り方もまるっきり違う。

 ロフトは からだごとクラブが動いているけど、
 フェースの閉じ開きって フェースって言うか
 シャフトが軸回転じゃないけど 廻っているのだから
 混乱するし、全く違うモノ なんだ。

 そりゃ ハンドファースト = ヘッドの開き  で
 フェースターンでボールを『代替え的に』つかまえるしか無い。
 
 ヘッドの遅れ〜ヘッドの重さの引き摺りを
 ヨコ気味じゃなくて タテ気味にすれば

 その遅れは ロフトの立ち、ヘッドの入射になり易いから
 クラブを廻す、ヘッドを回転させる は無用。

 入射角度とハンドファースト角度は 自動的に似てくる。
F5sjEuZbUAACM4a

 ヘッドの遅れ👉👉👉フェースの開きとロフトの立ち は

 二つは 水と油の関係だから 永遠に平行線のまま。

 ソコの思い違いによる到達点は かなり大きく分かれるちゃう。

 ゴルフスイングに関する頭の中身を一度 漂白したい位。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


股関節を稼働させる
前傾姿勢を意識する
この二つを強く意識すると
テークアウェイで 右を向くのでなく
ボール側、前側に倒れてしまう人が
居ると思いますが、
これらは 理想的にはオマケで付いてきて欲しいコトで
本来の目的は
素早くからだを廻すため
 骨盤を、秀二を右に向けるコト
』です。
〇見かた117
50歳を越えたような年齢では
前傾姿勢が深いのは大変です。
前傾姿勢は『あれば』良いです。

a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2極端ですが、
骨盤と大腿骨が真っ直ぐ(前傾無し)だと180°ですが
179°よりも有れば 良いので
その基本姿勢になる アドレスは
出来るだけ 立った姿勢に近い
靴の上に 体重が全部収まるようなモノが 楽 です。


左の足が 左股関節を右股関節の下に潜り込ませる、
すると 右股関節は背後(アドレス時の背後、ボールから離れる方)
後ろに逃げるのですが、それでは前により深く倒れてしまうのを
予防する為に 右肩なり、右肘は背後に やや高めに
引いて置く 連動する動作が要ると思います。
右手のリリース感とからだの向き - frame at 0m9s

Ⓡさんもそうかな、と思いますが、

〇クラブがない、クラブを持っていない 時は出来る、
 しかし
 ×クラブを持つ と出来ない

というのが このケースだけでなく
ものすごく 多くあると思います。
スイング改造 が 上手く行かないケース の代表例です。


それは この場合であれば
股関節や肩も 右打ちのテークアウェイ、
右向きの場合であれば
前傾姿勢だけでなく それ以上の意識で
右の股関節や右肩が 左の股関節や左肩よりも
上げる、もしくは 高くする、
左側を潜り込ませるか、
右側は引き上げるか、 そのいずれかになると思いますが、
 
 クラブを 持ってしまう、動かしてしまうと

そのクラブの重さ・負荷によって その姿勢を
スクリーンショット 2023-09-21 231606 『させて貰えない』
自分の動きたい、なりたい姿勢、
動作としての 自分のからだ と
自分の『動かしたいクラブ』に
 ギャップがあるから、です。


この場合ですと 自分のからだとして
右を高く、左を低くしたい と思っているのに
テークアウェイ、おそらく その初期段階で
ヘッドやシャフトを振ってしまうので
クラブが背後に倒れ気味になり、
その重さが 右にかかります。
そうなれば 右肩は高くし辛い です。
テークアウェイで クラブを振ってしまうと
その慣性や重さによって 莽咾楼っ張られますので
それに釣られ、左股関節も上がり易くなる。

スイングが変わって行かない
 大きな理由として やりたい動き、姿勢があるのに
それとは別の からだに染み込まれた クラブの動かし方
が ぶつかってしまうから です。


クラブの構造を考えると
長くて 先端に重さがあり、
それを速く、大きく動かせば かなりの重さになります。
そのヘッドに頭をぶつければ 陥没してしまうほど です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
その重さ と 自分のなりたい姿勢、行きたいトコロが
バッティングしてしまう、 のですから
その逆で考えれば良いのです。

クラブの重さで その自分の成りたい姿勢、
行きたいトコロに誘われるようにする、
と考えれば 自分の行きたい方向とクラブの行きたい方向が
近づいてい行きます。
クラブの重さを『利用する』はそういうコトだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




〇見かた128
〇見かた130












スイングを傍目から見た時、
円に動かして見えるのは
腕でクラブを『移動させている
両腕の交互の曲げ伸ばしで『クラブ自身を回転させている
手で振っている場合、『動かしている』とも言えますが
クラブが動いている、クラブが回転しているのではなく、

クラブを持った 自分が向きを変えています。

クラブ自身が円を描いているのではなく
 クラブ単体は動かさず、それを持った向きを変えています。

8658a3e6-se00bf7e6
それが結果、スイングを…
そう呼んで良いか微妙ですが…「円運動
おそらく 正しくは『円状の移動』をさせています。

ショットの良し悪し は
飛ばすコトも重要な、魅力的なモノではありますが、
同時に、飛ばす球の距離や方向が出来るだけ繰り返せる、
似た球を繰り返し打てるコトが大切で
ゴルフと言うゲームを考えると
その二つは出来る限り、両立したいトコロ、望みです。

それを考えると、クラブを持った『自分が』向きを変える
そうやって『円状の移動』をクラブにさせるのは
主に 足 であって、
それに対し、肩も含む 腕 は
その向きの変更、からだの回転に対し、
重さなどの負荷を受けても 大きな変化、
望ましくなり変化を生まない ように『固定』
 クラブや腕を『半ロック』するコトが役割 です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
Ⓡさんの動きを見ていると
ちょうど からだに線を引いた肋骨の辺りですが、
ここから紂∀咾盍泙瓩拭‐緘梢箸両綢Α,
クラブを動かそう、円を描こう としている動きが
とても強く感じられます。

クラブを移動させるエンジンが反対な気がします。

回転する事に この腕も含めた上半身の上側 を使うのは
胴体をひねることになり易いので 大変危険です。



理想的には クラブをターン『円状の移動』をさせるのは
足を使って、骨盤の向きを変える。

からだの回転の境目 は 股関節 で

そのからだの回転に腕が遅れないよう、
からだが向きを変えた時、倒れそうな、寝てしまいそうな、
フェースが上を向いてしまいそうな重さが掛かり易いのを
からだと腕が同期しているように見える、
固定されて全体が動いているように見えるよう、
半ば 腕はまるで動かしていないように見えるよう、
 『動かしておく』必要があります。

動かしていないように見えるよう動かす って言うんですけど…

クラブの移動、動かしの主力が
 腕、上半身の上部になると
腕は廻ることに囚われてしまうので 低くなり難い です。
それが 腕やクラブの横振り、
インパクト直前の急激な降下につながっているような気がします。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これはⓇさんに、と言う話しではなく
派生する話し…なのですが、

よく 
クラブはからだの前に✋
クラブはからだの幅の中に

 というスイング用語を耳にしますが…。


からだの回転で 腕を横に振っている限り、
この 準備運動、ラヂオ体操のように
OIP
グリップも、クラブもからだの幅から外れてしまいます。


そう考えると『クラブはからだの前に
と言う言葉は からだの回転での腕の振り方、
ヘッド・クラブをどの方向に振るのか
 を指す
スイング用語なのではないか と思います。



クラブは1mを超えるような長さ で
その先端には クラブの総重量の6割を超える鉄の塊 が
付いており、ソレでボールを打つ訳ですが、
その鉄の塊には ボールの飛び、当たり、曲がり を決める
角度が付いています。
ドライバー入射角度
からだの回転で腕を横〜水平気味、
からだの回転通りの方向に振ってしまうと
テークアウェイでも、フォローでも、行きも帰りも

クラブの慣性や遠心力によって
その源動力である からだの向きの変化 よりも
多く、大きく、道のりで言うと長く、移動します。
会田20210701_Moment
また 水平方向にとって 重さは抵抗、
負荷でしかないですから 進行方向に対する遅れ は
必ずと言ってよい程 付いてきて
その遅れは ゴルフクラブの、ヘッドの構造上
開きなどの ヘッドの回転・フェースの回転になってしまいますから
角度が鍵になるヘッドにとっては 結構、問題です。


肩を廻すイメージを持つのなら
🙄肩は『縦に廻すイメージ』の方が良いんじゃない❓
🙄ダウンスイングは 右打ちの人であれば
 先に 左腕が下がり始める から始めても良いんじゃない❓
🙄あきひこ先生が言っている『グリップのすゝめ』も
似たようなニュアンスで



 腕は水平方向ではなく、垂直に近い 縦方向に、
からだの回転で どう 縦に腕を振るか、

そういう 腕の動かし方、クラブの動かし方を
 🙄どう からだの回転で造るか❓❓


が クラブはいつもからだの前に というコト
 なんだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブの使い方で
 視覚要素で 間違ったイメージしてしまうのが
 インパクト付近、フォロー側での
 クラブのリリース です。
〇見かた山下
 インパクト後、スイング動作は終えなくてはなりませんから
 動作も減速、停止に向かっていきます。
 ところが クラブには 一時の間、運動の慣性が残っているので
 結果、自分を追い越すような動きになります。

 クラブをひきずって というのはありますが、
 そこそこの速度でショットした時、
 『最後』まで それをやってしまうのは
 関節などを痛めやすく、危ない ですから
 どこかでは クラブをリリース、慣性をフリーにします
 しかし、その行為は スイングの終わらせ方 に
 近いモノで 打撃ソノモノではないんですが、
 人間の動作が減速に入っているのもアリ、
 クラブがより高速に動いて見えます。」

質問「クラブを走らせる とか、
 フォローは両手を伸ばして など
 それを促してしまうようなゴルフ用語も沢山ありますね。」

店長「ですね。
 それは おまけ とまでは言わないですけれど
 スイングの終わらせ方、着地の仕方 であって
 『打撃のメイン部分では無い✊』
 そこ大事なトコロなんです
大森201904_Moment(2)
 例えば、ですけれど この画像の状態から
 左を向いてしまえば 良いんですけれど
大森201904_Moment(4) 20200621 編集済み_Moment(8)20200621 編集済み_Moment(7)
 からだを止め、リリースで
 右打ちの人で言うと、右腕を伸ばして
 ヘッド・クラブをボールの方に出す。
 コレって からだを止める、からだを軋ませて
 腕やクラブを振るコトになるので 実際には
 からだにかなりの負担がかかります。
 上下に体を伸ばすような、絞るような感じなりますが、
 その『辛さ』がスイングの、インパクトの目安
 になるので 覚えると ソコから抜けられない。

 クラブを引き摺って からだを左に向ける は
 それに対し、なんの『辛さ』もありませんし、
腕周りの はっきり
imagesとして動作もないですから
ボールをとらえる感触も 当然、曖昧になります。

単に からだを左向けるだけ。

それに慣れてきたら 遠心力に伸ばされる腕に
多少にチカラを加えても良いとは思いますが、
 それを打撃のメインにしてしまうと
 必ず からだの回転は止まりますので
 そのさじ加減はとても重要です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で ダイレクトにクラブを動かす
 一般的な言葉で言うと『からだの回転で打つ』ですが、
 その最も大きな障害は 引っかけ〜スライス であり、
 アウトサイドイン だと思うんですね。

 外国のゴルファーがどうなのかは 分かりませんが
 日本のゴルファーにとって
 スライス ・ アウトサイドイン って
 やってはイケナイ 呪い のようになっていますよね。
 
 からだの回転を主 にクラブを動かすと
 クラブの動かし方次第ですけれど
 回転は 横😶 水平方向の動き ですので
 クラブも横に😊 水平方向に😊
 と考えるのが ごく普通の流れ だと思うんですね。
 そうすると 外から引っ掻いてくる、アウトサイドイン
 になり易い。引っかけショットってのもありますけど…。

 そこからさかのぼって
 からだの回転の仕方が形成される可能性って
 すごく高いと思うんですね。

 腰は回すけど アウトサイドにならないよう
 クラブを持った腕の生えてる 肩は遅らせて
 インから入れられるようにする。

 このパターンって 結構、多いと思うんですね。」

質問「そう思います。」
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
店長「からだの構造上、向きを変える、
 からだを廻すと 前傾姿勢を除くと
 水平方向の動きになるのは仕方がないけれど
 それを 同じアングル、同じ方向に
 クラブも 水平方向に振れ とは
 誰も言ってないと思うんです⁈

 言われてませんよね❓」

質問「そう言えばそうですね。」

店長「現代の人も、過去の著名なプロゴルファーも
 おそらく ベタにからだの回転と同じ面、
 同じアングルにクラブを振っている人は居ないと思うのです。

 それぞれ 微妙に個性がありますけれど
 絶対にからだの回転のアングル、傾きよりも
 よりアップライト気味な 立ったアングルでクラブを振っていて、
 からだの回転の傾きよりも フラットに
 クラブを振っている人 見たことありません。
スクリーンショット 2023-03-12 213807
 からだを水平方向に動かしても
 クラブはそれと違うアングルで動かす事も可能で
 
 水の入ったバケツ の話しでも立ち寄りましたが、
〇水を撒くにしても 近場に散らばして撒くような方法と
〇ある箇所に、そして 出来るだけ遠くに撒くような、

 厳密にでは無いですけれど 違いがあると思うんですが、
 その二つの違いって とても参考になると思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 水を撒くような場合は どちらも 前傾はありませんけど
 近場に 水を散らすような場合、
 自分のからだの回転に沿って、
 同じ角度というか、似た関係でバケツを動かし易いと思うんですね。
 
 一方、ある箇所に遠くに届かせる場合は
 自分のからだの回転で出来る円に対し、
 若干、アップライト気味、縦気味にバケツを動かすと思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 水を撒きたい方向 って言うのがありますから
 その方向に近い直線に近いライン上、バケツを動かす。

 二つの バケツの移動のさせ方は
 からだの向きに対して 角度、軌道が異なります。
 からだの回転通りにバケツを振るのか、
 からだの回転を利用して より直線的にするため
 バケツの移動の円弧を縦気味にするのか、
 に分れると思うんですね。

 ゴルフで 『からだの回転、からだの回転』って言われると
 からだの回転通りに腕を、クラブを振りたく成りガチ ですが、
 その腕やクラブは からだの回転は利用しますけれど
 移動させる方向や角度、軌道は 飛ばしたい方向に沿って
 真っ直ぐめに動かす。

 コレをゴルフ用語、スイング用語の
 『横振り、縦振り』というのかは正直、分かりません。

 からだを一気に左に向ける、
👉アウトサイドインになってしまう
👉引っかけになってしまう

 の解決方法は
 先ずは右向きの量を増やす がありますけど
 ココにもヒントが有ると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フルショットであっても
ハーフショットであっても
ヘッドがグリップを追い越すことは無いのです。


お化けの正体はインパクト以降
スイングは左を向いて終わるからであって
決して ヘッドがグリップを追い越したりしません。
達人のココから盗め_Moment(5)
そりゃああああ
グリップを動かすからヘッドが動くんですから
…。

何度も書きますが、
ヘッドがグリップを追い越すように動かすと
ロフトはシャフトの角度が動く分、ヘッドを振る分
常時動いています。

正しく クラブを扱うよりも
ヘッドの上下動、縦の円弧が激しくなります。
最適なヘッドの高さは「瞬間」しかありません。

ヘッドがグリップを追い越すように振ると
からだの向きが止まっているので
開き気味になっても『ボールが打てていません』
体重は右に必ず残るので上を向いた『煽り打ち』になります。
スイングは構造上 上を向く/煽る は体の開きになります
必要以上に、上を向いて 体を開いて打つことに
会田20210701 - frame at 0m16s

ヘッドがグリップを追い越すスイングは
そうで無いものに比べると 遥かに体に負担が多く
若い時は許されるかもしれませんが、
運動不足のおじさんには 肘や手首、首、腰などへの
負担も倍増します。


そう言ったうえで
手さばき、腕さばきは
右手で左手を押すのです。
ボールをヘッドで押すのです。
弾いてはイケナイのです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





ヘッドを振った方が 気分的に
ヘッドをたくさん速く動かしている気分になるでしょう。
しかし それは同時にミスも倍増させることになる上
単にロフトを増やし、上を向いて振るに過ぎません。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)




右手で左手を押して グリップを動かした方が
遥かに上から打て クラブヘッドの重さが使え
重さによって 体重移動が伴うので
上を向きにくく ロフトが立ち易くなります。

理想的には 左上腕から先に動かしていき
それに伴い それを追いかけるように体を回していくので
腕と体にズレが起きにくく 関節にも負担は少ないです。

V字を維持してみよう_Moment


ヘッドを振らないことで
 ➟ボールが捕まる
 ➟ボールを上から打てる
 ➟少ない力で飛ぶ
 ➟速くたくさん振らなくても飛ぶ

という成功体験をする必要があるでしょう。


6番とか、7番アイアンを使って
スイングのスケールとしてはフルスケールのトップから
出来るだけ加速せず
意識としてはトップの位置を維持
右を向いたまま 腕さばきだけ
左ひじ〜左上腕を逃がすことをきっかけに
右手で左手を押してください。
 
 グリップを動かすのです。

 ヘッドは忘れて下さい。

✋ユルユルに持つ訳ではないですが
 ヘッドはトップの位置に置いたまま で
 良い感じです。


MVI_0581_Moment(2)MVI_0581_Moment(3)MVI_0581_Moment(4)






グリップの動いた分、ヘッドは動くでしょう。
グリップの移動量=ヘッドの移動量 とすると
ヘッドの振る円弧では 道のりが長すぎます。
もっと体に近い直線、斜め直線を選ばなくてはいけませんし、
クラブを長く使えば その移動量では足りないのです。




この感じは 体の右向きのロックを解けば
そのままアプローチであり、ショットの核心の部分です。
ここがつかめれば パターにしても、アプローチにしても
フルショットにしても劇的に変化します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。」

質問「ショットや飛距離、スコアの伸び悩みなど
 ショット・スイング全般のレベルアップをしたいんですけど…。」


店長「おおおお なるほどー。
 強く悩んでいるトコロはどんなトコロですか❓」

質問「やはり 安定性が乏しいトコロだと思います。
 飛ばそうとすると思ったトコロに行かず
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばせない不満が残ってしまう、
 両方を バッチリ解決✊とは行かない と分かっていますが、
 少しずつでも、ステップアップして行きたい、と。」


店長「ですよねー。

 まずは 今のイメージから教えて下さい。

 ココにボールがあります。
 ゴルフボールでは無く ちょっと大きなボールです。
 このボールの どこら辺を『打とう』『当てよう』と❓」

2023-07-30_22-59-38 - frame at 0m12s質問「言われていますから
ボールの底、南極、マットとの接点では無く
ボールの赤道、それよりも上位 を打つ
そう言うイメージは持っているのですが、、、
実際には ボールの底を打つ…感じになっているような…。」


店長「まあ ロフトの有るクラブの場合は
 結果 としては そうなるのは致し方が無いんですが…

 で ボールの赤道なり
 飛球線に対し、後方の一番膨らんだトコロを
 どのように『さばく』感じですか❓

 やっぱり こんな感じ…
 円運動なので インサイドとか、アウトサイドとか抜きで
 後ろ❓から入って 円でさばいていく って言うか
 そう言う感じ❓ですか❓
2023-07-30_22-59-38 - frame at 2m32s
質問「ですね。」

店長「そうですか…。

 そのイメージだと
 からだの回転と腕の動きが合わない と言えば良いのか、
 合い過ぎる と言えば良いのか、
 手や腕でクラブを上げ下げしなければイケますけど
 上げ下げを入れるとなると難しい

 そう言うイメージで クラブを振ってしまうと
 腕を動かすには どこかでからだを止めなくてはならなくなる、
 ですので ヘッドの、フェースの姿勢変化が
 からだの回転そのものでクラブを動かしボールを打つのと比べると
 激しくなってしまい易いので
 飛ばそうとすると真っ直ぐ行かない、
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばすのをあきらめざるを得ない、
 と思います。


✅スイングの 謎 というか、
 頭の中で整理が付き難いのが
 『からだの回転』『からだの廻し』をしろ と言われるのですが、
 それに対し どう腕を使ったら良いのか、
 クラブを握っているのは腕なので
 どうクラブを動かしたらいいのか、
 それが からだの回転と合わないというか、
 クラブと腕を合わせると 相当な長さになるので
 それを持て余してしまう というか、
 からだの回転と腕とクラブの動きにつながりが持ちにくい
 と言う点だと思うんです。」

質問「はい。まさにソコ。長年の懸案事項ソノモノ、です。」

店長「ですよね。
 腕力のある人は その腕力でねじ伏せられるんで
 なんとかなるんですけど、
 私たちの年齢になると それも難しい…。
〇見かた116
 からだの回転でって言われると
 傾きは有るとは言え 横の動き中心で、
 他の人のスイング、プロのスイングなんかを見ても
 腕を使って クラブを上げ下げしているようにも見えるので
 その 縦横の動きが合致し難い…んでしょうね。」

質問「はい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく カラダは横、
 腕は縦 みたいな  別なモノ
 二つの別なモノの同時進行、
 そんな感じの スイングをイメージしている人もいる
 と思うんですけれど
 バケツに水を入れて
 水をホウボウに散らして巻く なら 別ですけど
 ある一方の方向に
 出来るだけ遠くまで 撒く とすると
a000874205_06からだの向きは変えても
バケツは横に振らないで
横の回転を利用して、
その回転よりもアップライトな
 バケツ自身は縦めに、
 水をまきたい方向に沿って『縦めに』振る と思うんですね。」

Sさん「そう…ですね。」

店長「ちょっと 確認したいコトがあるんですが…。」

Sさん「はい。」

店長「こちらの動画をご覧ください。

 頭から アニカソレンスタム、ネリーコルダ、
 レキシ―トンプソンとLPGAの選手が出ます。

 ちなみに スイングって どこを見ていらっしゃるのです❓」

Sさん「どう動いているか…とか、どう動かしているか…とか…。」

店長「動画を繰り返し 見て頂きたいんですが、
 3選手ともに トップ〜切り返し から
 腕もクラブも固定した状態で からだの向きだけ変えてる んですね。
 まあ 意図、その目的と言う面から見ると
 クラブをもった腕を移動させる『ために』
 からだの向きを変える〜体を廻しているんですが…

〇見かた116〇見かた117










 腕もクラブも そのからだの向き通りに移動しているだけ で
 腕もクラブも、特にクラブは動かそうとしていないんです。
 からだから生えた腕は 向き通りに移動させていますが、
 クラブはそれに合わせて 立体的ではありますけれど
 『引きずって』いるだけ…です✊✊


 この部分、昔っから気になっていたんですけれど、
 腕は兎も角、切り返しからダウンスイング〜インパクトまで
 クラブは動かす、どう動かすのか という視点で
 スイングを見ていませんか❓
 ……いやいや そんな風に見てはいませんよねー😧」

Sさん「ホントに動かさないんですね。」
〇見かた128〇見かた130












店長「この部分って プロの場合、基本の条件…
 と言っても過言でない部分で
〇それが出来たから活躍できる✊ とは言えないですけれど
〇それが無いとまず難しいだろう とは言えます。

 クラブの重さの配分や打撃部のフェースの構成、
 それらを 総合すると クラブは動かさない、
 クラブを持った自分が『クラブごと』動く
 をしないと
 遠くに飛ばす、思う通りの方向、弾道を打つ、
 そして、それを繰り返すは実現が難しい、です。
〇見かた50s〇見かた53s










 動かそうとしていないクラブ、
 固定して 自分が『クラブごと』動く、そのモーションを
 クラブ動く クラブ動かす
 というフィルターで見てしまっては
 大事な部分が見えてこない と思うんですね。」

Sさん「‥‥‥‥‥‥😵😵😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレで 派生した話し になるのですが、
 俗に言う 手で振ってしまっている人、
 アマチュアの場合、かなりの割合ですよね。

 その方が一応、自覚として
 手で振るのは良いコトではない、
 もっと からだの回転で振らなくては。。。😧
 と考えた場合、
frame

 コレ、ニュアンスが伝わるか、難しいんですが、
 その方 仮にⒶさんとしましょう。
 Ⓐさんは もっと良くしたい、
 飛距離を伸ばしたい、
 スライスを治したい、
 スコアを良くしたい、
 と ごく普通ですけど、悩みや望みをもっていて
 ゴルフ仲間に「おまえは手で振っている」
 「今のスライスは 手で振ってるからだ」

 と言われている。
 なんとなく 知識、として
 手で振るのは良くない、もっとからだで✋
 と思っていたとしても
  Ⓐさんにとっての からだの回転は
 手で振る為の準備、
 手で振る為の時間と空間を作るための動作、
 なので それを増やしたり、多くしたり、
 速くしたり、強くしても、
 より一層 手で振る為の準備が強まる、増える、
 ばかりであって
 クラブ自体を からだの回転で『直に』振る には至れない、
 そこには 辿り着けない、
 本質的に スイングの弧をカラダの向きで、
 とは あまりに流派が違うので
 「もっとからだの回転で✊」と奮起しても 改善には至らず、
 タイミングが狂ってしまう だけ なんですね。」

Sさん「思いっきり 思い当たります😧」

店長「ですので 今日も、今も、
 日本中の練習場や自宅で
 そう「励んでいる」人が結構な人数居ると思うんですけど
 その中から 答えを見いだせる人は すごく少ない と思います。

 根本的に からだの回転の『役割』が
 手で振る為の 時間と空間を作る予備動作、準備なのですから
 それを 意識しても
 自分にとっての 打撃のメインパーツである
 手で振る は 依然として残る と言うか、
 ソコが無かったら 打てない のです。
 ソコを理解しないとイケナイ ですし、
 ココが ゴルフの難しいトコロ でもあり、
 面白いトコロ でもあるんですけど…。

 そうですね。。。
 例として トップオブスイング があります。
 トップの「形」「型」を気にする人が多いですけれど
 トップの腕とクラブの形、
 アバウトで良いと思うんですけれど
 それって インパクトの形、
 自分はこういうインパクトにしたい、
 
 あとは からだの回転で✊
20221025

 なんですけれど
 多くの方は トップオブスイング『から』
 インパクトまで 何か動作をするための形、
 これから なにか動きを入れるための「形」
 う〜ん、意識と言った方が良いんでしょうか、
 トップ 👉 ダウンスイング 👉 インパクト
 ここになにかの「動作」をするための 前準備の形
 と思っているフシが有ると思います。」

Sさん「。。。。。。。。。。。。。」

店長「トップ 型にこだわる必要はあまり無いですが、
 そこは もう クラブと腕にとってのインパクトの恰好、
 あとは からだの回転に任せた✊
 ・・・っていうのが 理想 です。

 ソコの意識も結構、大きく違うと思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



1★0cpmドライバーセットから

1★★cpmドライバーセットの新悶絶クラブが到着して

先週2ラウンド そして 今週 2ラウンド消化しました。

この間 練習無し。と言うより出来なかった。

 

ドライバーは、これまでより格段に精度が上がった様に思います。先週まで 落ち際に少し右へスライドする現象は無くなりました。原因そのものが解らなかったので

 何故 その減少が無くなったのか解るはずがありません。

ただ 先週より弾道が少し高くなった様には思いますが

確信はありません。

IMG_0478

そして 驚いたのは ウェッジです。

30Y が上手く打てるのです。

これまでも 脚による身体の向きの変更 で

 打つように 意識して 腕を動かさずに

打撃していたつもりだったのですが

新悶絶クラブは 全く別物です。

腕は何にも出来ない。

何かをしてはいけない。

でも ボールはしっかり浮いて 止まる。

 

FWは 五分五分で悶絶します。

空振りしそうになるほどの悶絶。

距離を欲張ると 悶絶します。

 

アイアンは しっかり 上がり 距離も出ます。

ただ 番手毎の距離が掴めておらず オーバーが多い? 

様な気がします。

曲がり ドローも しなくなっていますが

たかが4ラウンドで ドライバー程 打ってませんので

 まだまだ ですね。

 


ただ この柔らかさだと 今まで以上に曲がらず

 打ち出し方向に すっ飛んで行くんだろうなぁ〜と。

 明日 練習します。

332484291_873455530430060_8730494155856601148_n332005033_598129049011786_1398421877797220598_n












既に 柔らかさは感じなくなっており、

人ってスグなれるんだなぁ〜 と思っています。

心地より柔らかさとでも言いますか 安心感 抜群です。

ヘッドの位置がビンビン グリップと言うより

体全体に伝わって来る様な感じです。

 


そして ライ角を意識して動いての打撃を意識する様になりました。

 


とにかく 明日 練習場に行って 久々の練習します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【質問頂きました】
Q:パターでは、体の向き転換だけで打つのか?
 グリップも動かすのか?


A:パッティングの方向は
アドレス〜スタンスの向きでほぼ決まります。
ヘッドを振る人のスイングのように
動作を始めてから インパクト…ショットによって
方向を決めることは(ミスを除き)一切ありません。

…というコトになると
パッティングストロークの重きを置くところは
やはり「距離感」というコトになりますよね。
ショットでも同じですが、距離感にとって
とても大切なのが、概ね "いつも" 同じロフト で
打てるか、どうか にかかっています。

パターのロフト角度はどれもが 4度前後 となっています。
ですので 2〜3度ロフトが増えてしまう…減ってしまう…
というのは 40度の9番アイアンを打つよりも
遥かに 距離に影響を与えます。

パターのインパクトロフトを目で見るコトも
体感することも 簡単ではありませんが、
その目安になるのが シャフトの角度です。

質問にもありますが、
からだ…をまわす・・・ とは
正確には 「からだの向きを変えるコト」 です。
スイングでもパッティングストロークでも
前傾姿勢はありますが、基本、からだの向きを変える というコトは
右を向く、左を向く という横方向の動き です。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)







このように 腕と胸で作る三角形を維持し、
肩を揺さぶる 「振り子のストローク」を多く見かけますが、
このシャフトの振れ幅、振れ角度 であると
ロフトの変化が激しく 距離感が掴みにくい ですし、
この動きによって、ヘッドが 縦に弧を描きますので
ヘッドの上下変化が激しく、ボールの当たる箇所 も
縦方向〜上下方向にズレが発生し易くなります。

加えて、この肩の揺さぶるストローク…では
本当の からだ は固定した状態で
 文字通り 肩を揺さぶります。
この肩の揺さぶりは 上下 の動き・・・
本来のからだの回転 とは 90度方向の違う 縦動作 です。
アプローチなども含め、ショットは
 出来るだけ…理想的には からだの向きの変更で行いたい、
と願うのならば からだと肩、からだと腕が分離してしまう
非常に悪影響の大きい
  この 肩のストロークは するべきではないと思います。

また、肩を上下に動かしている とは言っても
肩の可動域が限られている為、
左肩が高くなる は イコール からだが左を向く
 につながります。
左を向く〜からだが開くコト が無自覚に行われてしまいます。 
 ひっかけ の隠れた原因になるでしょう。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)




お薦めするのは ハミングバードで言うところの「刷毛塗」のストロークで
ガラスや鏡に映る自分の姿を見ながら
肩が上下に動かないよう・・・
そして、ストローク中、出来るだけ シャフトの角度が変化しないよう…
にしてみて下さい。

「刷毛塗のストローク」では
肩の関節に対し、腕を振るコトになります。
大きな力を作るのが得意な背中で微妙な距離感を出す
ショルダーストローク に対し、
利き腕の伸ばしで距離感を作れる
刷毛塗ストロークの方が 楽だと思いますけどね…。



動き…としては インドネシア辺りの踊り に近いかも しれません。

◌ポイントは
 右ひじが伸びていく と
 茲亮蠎鵑手のひら側に折れていく、
 アドレス〜トップ時 は 手の甲側に折れた左手が
 インパクト〜フォロー側では 手のひら側に…。
 重さと言うヘッドを残す動きです。
 自分の動作分 だけ 重さ分を差し引いて、ヘッドが動く 
 というコトになりますが、
 一方、肩のストロークの場合、
 先端にあるヘッドを動かすコトがメインですので、
 その振り子の動きが ストロークテンポを作ってしまいます。
 テークアウェイが大きい! または、小さい!
 リズム〜テンポが速い! または 遅い!
 と分かっても ヘッドの重さにテンポも
 ストロークの大きさ も司られてしまいますので
 動作が始まると修正が効きません。
 (これは意外に大きい問題です)

((パッティングストローク 比較映像_Moment
パッティングストロークをする為に
アドレスの前傾は出来るだけ 浅め に。
両腕を延ばした状態ではありませんが、
 曲げたー!と言うほど 曲げず
かるく 肘が曲がった緩やかな姿勢がお薦めです。
深く取ると 腰を痛める原因にもなりますし、
 腕が動かし難くなり、
 現場で緊張感が増す 可能性があります。
ご指摘の通り グリップを動かすコト が主 になり、
ヘッドへの意識 は 殆ど無い と考えて下さい。
◌極力、両肩のラインが変わらない
◌トップの位置から 極力 シャフト角度が変わらない

こうすると ヘッドの高さ変化が緩やかに、少なくなりますので
ロフト変化だけでなく、当たりによるミスも減らせられます。

方向においても ゴルフクラブは ライ角度とロフト角度の複合体 立体です。 リーディングエッジは真っすぐ だったとしても ロフトが上を向く(ロフトが増える)と  立体としてのフェースはかなり左を向きますので スタンスの向き通りに ボールを打ちたい のなら パターヘッドを真っ直ぐ動かすコト よりも ロフト変化を減らすコト の方が圧倒的に有効です。  ショットにおいても、パッティングストロークにおいても ロフトの変化だけでなく、大きなミスにつながるのは からだの姿勢 肩の上下関係です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「L型ブリストルG2を使い始めたんですけれど
 何かアドバイスはありますか❓」

IMG_0520
店長「パッティングの極意…みたいな奴ですか❓

 弊社のヘッドの重い、シャフトの柔らかいシリーズに限りませんが、

〇パッティングの一番大事なコトを間違えないコト

 から始まるんじゃないですか⁈」

質問「なんです❓」

店長「例えば なんですけれど
 2mのカップまでの距離があった、とします。

 コレって カップに『入る』までのラインって
 微妙な差も含め 結構、無数にあるんです。」

質問「!!!!!!」

店長「当然、強さ弱さの加減にもよりますけれど、
 ボールって だいたいの外径、一周が15儖未覆鵑任垢韻
 1m50僉,髻10回転して 転がる〜移動するんではなく
 1m50僉,髻6〜8回転くらいで移動します。

 転がりつつ、滑る、スキッドする が混じるんですね。
L型ブリストルパター_Moment(2)
 ちょっと話は逸れちゃいますけど
 パターストロークの 良い転がり とは
 適度な範囲で その滑る〜転がりが混じるコトを指して
 1m50僂髻10回転 で移動するよりも
 6回転で移動出来るようなモノが 良い転がり と言います。
 世の中では オーバースピンをかけろ、かけろ と
 呪いのように念じられていますけれど
 放っておけば 地面を『転がる』ので
 オーバースピンになります。
 それを無理やり 多くする必要は無いんです。

 多くなれば 当然、地面・芝との摩擦抵抗は増えます。
 より強い力が必要になる可能性があり、
 その上で 摩擦『抵抗』が増えますから
 芝の影響も大きくなる、大きく曲がったり、
 逆目・順目の影響も受け易くなります。

 良い転がり、良いパターは
 少ない回転で カップまで届く✊
  というのが一つの目安です。」

質問「なるほど🤩」

店長「で、話はもどりますけれど
 カップまで2m、そこには無数のラインがある、というのは
 転がる回数も人によってマチマチ、
 その接地点も人によってマチマチ。

 ボールの接地する部分が変われば
 芝目などの影響も当然変わります。

Desktop 2022.05.08 - 06.28.43.01_Moment
 同じ人でも 同じ回転、同じ速度、
 同じ接地点で打つのは かなり大変・・・😧
 プロが 365日毎日2時間も4時間も
 パッティングの練習に時間を費やすのはその為で
 パター練習は腰に来ますから
 普通の人はそう多くはやらない…、
 コースに出た時の練習グリーン程度でしょう。

 ですので パッティングは 入れるモノ ではなく、
 真っ直ぐ打ち出す、真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す ものでもなく
 自分の想い描いた距離を打つコト です。」

質問「!!!!!!」

店長「そりゃ その結果、入ってくれるのが理想 ですが、
 自分の想い描いた距離を打っていれば
 入る入らないは別として
 いずれ 総パット数はある程度までは減って来ます。
 ショットやアプローチの出来にもよりますけれど
 距離感を思い描いて パッティングしていれば
 ラウンドでの パット数30台前半も夢ではないと思います。

 決して入れちゃあいけない😵 って訳でも
 入れるな✊ って意味ではないですけれど
 最優先事項として
 真っ直ぐ引く とか
 真っ直ぐ出す とか はずっと後廻しで、
 思い描いた距離を打つコト
 望みのボールスピードを生み出すモノ
 だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇ユルイ入射角度 👉㋴
〇キツイ入射角度 👉㋖


 
 ボールの飛び出る角度は 高く(比較)
 ボールの回転量は 少なく
 ボールスピードは 遅め 
です。
 

 ボールの飛び出る角度は 低く
 ボールの回転量は 多め
 ボールスピードは 速め 
です。


店長「ゴルフクラブは『長く』なると
 ヘッドスピードが上がって 飛ぶ✊
 それは言葉としては『合ってる』んですけれど
 多くの人 は 長くなると スイングの弧が大きくなって
 スピードが上がる、飛ぶ と『信じている』ので
 小さな円より 大きな円を描きたがります。

 それが 発想として 手打ちの始まり ってケースもあるでしょう。

 コレって
 大きな弧にして 緩い入射角度。。。
 ティーアップしたドライバーだからOKであって
 どれもこれも 大きな弧にしたら
 地面にあるボールが上手く行かない。

 アメリカの女子プロの入射角度のデータ、
 これでも結構㋴ユルイ方なのに
 アマチュアは もっと緩い角度、
 クラブとしては短い方の分類に入る8番アイアンで
  😧 0度位のアタックアングル 😧
 なんじゃないでしょうか✋

 プロでもそうですけれど
 アマチュアですので 入射角度が2度3度
 ブレてしまうことは 大いにあります。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment
 0度 言葉で言うと レベルな入射角度が
 1度プラスになれば しゃくり打ち・あおり打ち
 入射角度ではなく 仰射角度になってしまう。
 1度マイナスになれば ダウンブロー…。
 同じヘッドスピードであっても
 しゃくり打ち仰射角度1度 ⇗
 ダウンブロー入射角度1度 ⇘
 プラスマイナスで1度・都合2度違うだけで
  全く違う球質になってしまう。
 距離も、球質も、キャリーも 全然違う。
 弾道が安定しない ってここら辺にあるんじゃないかしら…。

 2段階のミス って気がつかないでしょうし…。」

Fさん「2段階❓」

店長「プラスマイナス1度・都合2度の誤差で
 球がバラつく が
 これは機械じゃないので 仕方がない。
 アマチュアの場合、追及しても ココに答えは無いです。

 根本的に そのクラブの長さなりの…
 8番アイアンであれば ダウンブロー、
 入射が取れていない が◆
2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)




 なんでもかんでも 大きな弧にしようとしたら
 👉クラブの長さが変わる
 👉見た目のスイングの弧の大きさは違うけど
 👉ボールとコンタクトする時の入射は
  長さによる差が出ない

 ヘッドスピード教の行き着く先 だったりします。

 言葉のニュアンスとして
 『ダウンブロー』はかっこいい、上級者っぽい、
 けれど ダウンブローは
 スイングの弧を無理やり 大きくしようとしたり
 ヘッドスピードを上げよう、速く振ろう として
 本来の クラブの長さを
 無理やり解いてしまわなければ
 自然に付いてくるモノで
 決して難しいモノではありません。
 入射角度が『有りさえすれば』良いだけです。

 理屈で言うと
 クラブを持って
 自分が廻る・向きを変える だけで
 そのクラブの長さの違い…
 長さの違いによる入射角度は『
発揮』されます。


 スイングを大きくしよう とか、
 ヘッドスピードをあげよう、
 もしくは ヘッドを返そう とか、
 インサイドから入れよう と考えたりすると
 ボールとヘッドが当たる 肝心なトコロで
 小手先の スイングの弧 を作るコトになり
 長さによる アタックアングルの違い を失うコト
 になってしまいます。
(271_Momentココって 技術じゃあ無い と思うんですよね。

すごくベーシックなトコロで
『信じているコト』があって
 それに従っているだけ なんですから。

 ドライバーでは アッパー角度が大きい ので
 その都度、その都度のばらつきがあっても
 どの道 アッパーなので 差が少ないですけど
 アイアンとドライバーで 違うスイングをしろ
 と言う意味では断じてありませんけれど
 その系のスイングで 地面からボールを打つクラブになると
 その葉境、三途の川の中にいるアタックアングルが
 ミスも含めて 自分を悩ませることになったりします。

 それを だいたいのケース、
 スピードで誤魔化しているんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Fさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。 今日はどうしました❓」

Fさん「ゴルフを始めて 4年になるのですが…。
 あんまり コースも練習もイケないんですけど
 ゴルフ全般のベースアップをしたい😊 と思いまして…。」


店長「はい。

 ゴルフスイング、クラブをどう扱って、どう動かして
 どんなボールを打つか❓  という探求も
 ゴルフの楽しみのヒトツなんですけれど
 コースで その成果を発揮できるか、どうか、
 その部分は 予想以上に メカニカル、
 基礎的な約束というか、仕組みがあるんです。

 この部分を把握せずに
 ゴルフをしてしまう人がとても多いです。」

Fさん「どんなロジックです❓」

店長「ボールの飛びのメカニズム ですね。
VTS02 2022_Moment(3)
 実は とっても大事で
 その基礎を理解しているといないでは
 スイング造りも全然変わってくると思います。」

Fさん「はい🤩 よろしくお願い致します。」

店長「あらかじめ覚えていて欲しいのは
 特に難しいコト、難しい用語等 使いませんし、
 スイングの良し悪し を論じませんが、
 この 仕組みは、クラブにも、スイングにも、
 ドライバーにも、アプローチやバンカーにも
 深く関わってきて、結構、多岐に渡ります。
 ヘッドが重たい とか、
 クラブが長い、とか、
 シャフトが柔らかい、なんてのも
 この たまたまの飛びのメカニズムを元に考えられています。

 何回か読んで 理解して頂けると良いと思います。」

Fさん「はい。わかりました。」


店長「まず ですね、

 一般的な成人男性のヘッドスピード
 37㎳位を基準・平均値にして考えます。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)
 同じヘッドスピードで
 8番アイアンを打つとしましょう。

 ショットには ざっくり大別して

〇ユルイ入射角度 👉㋴
〇キツイ入射角度 👉㋖

 があります。 
((((ハンドポジション_Moment
 
 ボールの飛び出る角度は 高く(比較)
 ボールの回転量は 少なく
 ボールスピードは 遅め 
です。
 

 ボールの飛び出る角度は 低く
 ボールの回転量は 多め
 ボールスピードは 速め 
です。

 ボールのスピードに関しては
 ㋴の方が 立体的に移動しても
 距離である水平方向では無く、垂直方向に多く移動、
 上に行ってしまうので 速度の基となる
 移動距離が伸びないので 遅くなる と考えて下さい。

 同じクラブであっても
 そう言う違いになります。
 同じヘッドスピードなのに
 人によって弾道も、距離も違う というのは
 そういうことなんですね。
クラブ別スペック
 この表は 何年か前の
 アメリカの女子プロの平均値のデータです。

 アタックアングル というのが ヘッドの入射角度 で
 「マイナス3.1」と言う数値です。」

Fさん「意外に小さな数値なんですね。
 プロですから 8番アイアンを『上から打つ』から
 -10度とかの 角度なのかと思っていました。」


店長「ですねぇ。
 最近の プロの主流は やや少なめに入れる、
 よくいう スティープ(㋖)ではなく シャロー(㋴)、
 流行りの シャロースイングになって来ています。

 数値としても もう少し 5度位でいいかも、知れません。

 私たちの平均的なヘッドスピードの場合、
 入射角度が緩い、緩すぎると
 ボールの浮力が得られなくなり
 ボールが飛ばない、キャリーがない、  になり易いので
 プロの『流行り』を一概に真似して良いとは限りません
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment
 入射を緩くして 飛距離が伸びる のは
 ドライバー換算で 42㎳ 位が境です。

 このヘッドスピード 42㎳ は
 そのスピードが出せる、出すことが出来る ではなく
 ラウンドを通しての平均値 と考えて下さい。
 ですので アマチュアには かなり厳しい境界線です。

 女子プロもだいぶ筋力アップして
 ヘッドスピードが高くなってきていますから
 その境界線よりも上の選手も増えてきています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。」

Nさん「今日は ボールをつかまえる というのを
 教えて貰いに来ました。」

店長「😵😵😵 …ボールをつかまえる……ですね。
2021-05-19_23-05-25_Moment
そうですねぇ…ゴルフショットの中で
一番 漠然としていて… かつ 一番大切な…
そして 伝えるのが一番難解な奴 かも知れません。」

 Nさん「そう思います。
 言葉ではなんとなく 分かるんですが、
 どうしたら良いのか…。なんかピンと来ないんです。」


店長「分かります。 伝える方も『コレさえ守れば✊』ってのが
 無いような、非常に伝えにくいですねー。

 ボールをつかまえる さえ 理解してしまえば
 スイングは それをする為の作業に過ぎません。
 つかまえるを知れば それをする為の
 テークアウェイ、トップになりますし、
 自ずと アドレスやグリップも決まって来ます。

 正しいつかまえ をするのに
 手でやっても、からだでやっても 良いんですけど
 再現性〜繰り返せるコト、 そして
 距離に対する労力ってコトを考えると
 からだの回転でする方が効率は良いでしょうね。

 

 まあ 少なくともですね。
 ボールを横ビンタするように扱っても
 ボールはつかまりません。
(こする つかまえる)_Moment(こする つかまえる)_Moment(3)
 多くの…ゴルファーは
 横ビンタ方式でボールをさばいていますが…、
 例えば ヘッドスピード40㎳が横ビンタ式でボールを打つ、
 横ビンタ式って言うのは
 開いていたフェース、そして ロフトを閉じて、
 ヘッドの開閉でボールをさばくことを指しますが、
 そうやって打つと 36㎳の人が
 (ヘッドスピードの数値は仮の想定のモノ、です)
 ちゃんと捕まえて打つ相当の 距離は出せますけれど
 40㎳で出るはずの距離は出せませんし、
 弾道、球筋が全く異なります。
 言葉は悪いですが、弾道も汚いですし、
 打音も硬い、硬質な ゴム質のボールを打ってる音はしません。


 そもそも ですけれど
 つかまった球と フック・スライスに関連性はありません。
 つかまったスライスも有れば
 つかまっていないフックも有ります。」

Nさん「もうこの時点で 頭がショート・漏電します。」

店長「でしょうねぇ…😌😌😌

 もう少し、火花が出るまで続けますけど
 ボールをつかまえる は ほぼイコールで
〇ボールを上から打つ
〇ボールをつぶす
 と同意語です。
〇ハンドファーストに とも関連性が深いですし、
 からだの回転で打つ ともつながって来ます。

 この言葉達から想像がつくのが
 ボールに対して ヘッドの上下の動き、
 もしくは 高さの変化によって ボールをつかまえる、
 ヘッドの左右の回転 を想起させる言葉は
 全く入っていないんですね。

 また つかまえる・つぶす・打つ対象は
 〇・丸・球・球体のボールです。
 そして つかまえる・つぶす・打つ道具は
 フェースと言う 平面上の板 ですので
 アイアンショットの方が分かり易いと思いますが
 フェースと言う板と地面で挟んでしまう と言えば良いのか、
 横ビンタ式では無く 縦ビンタすると言えば良いのか…。」

Nさん「縦ビンタ❓」

店長「ボールだけをこそぎ取るようにする訳じゃないですけど
 フェースを下向きにしたまま 腕もクラブも固定、
 からだの向きを変えるだけ が
 一番シンプルな方法と思います。
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)
 ボールの下側に、
 ボールの底にクラブを入れる感じ、ではなく
 フェースでボールの上側、
 南極ではなく、北極をさらっていく感じ…

 これも伝わり難い…ですかね。」

Nさん「具体的にお願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「ボールって 右手で打つ感触はないんですか❓」

店長「感触…ですので 人によって異なりますから
 どれが正解は無いとは思いますけど、
 意図的に 手で振ってみる、
 具体的に言えば ローテーション(ヘッドの返し)を
 主体にボールを打ってみる のと
 からだの回転主体に打ってみる を比べてみると
 確かに ヘッドの返し フェースターンをして打っているモノは
 右手でボールをとらえる感触はありますね。
 一方、からだの回転で打つ方は
 打つ前に じんわり右手は使いますけれど、
 ことインパクト付近、そして それ以降では
 右手の感触は殆ど何もない、
 感触だけでなく、作業感が無くなる感じがします。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 切り返しから 徐々に右手で助けていく、
 とは言っても やはり
 からだの向きで左腕が動いてくれないと何も始まらないのですが
 そこで 右手を使う って意識しちゃうと
 からだの回転が止まる、おろそかになっちゃうかもしれません。

 手で振る方の右手の使い方は
 溜めて、溜めて、一気にビュンみたいな
 短時間に 強い使い方をしている気がします。
 一方、からだの回転の補助 としての右手は
 動作はしますけれど 役割としては
 羊飼いの牧羊犬みたいな感じですので
 少しづつ ゆっくりな感じがしています。
 右手を使う と言っても
 切り返しから ビュンと使う訳ではありません。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s
 やはり 両手を離しての素振り での
 右手使い、からだの向きの関係 を
 刷り込ませるのが良いドリルになると思います。

 手で振る場合、右手のリリースで
 クラブをビュッと振るコトでスピードを上げる
 んだと思うんですけれど、
 からだの回転の場合、 その回転の速度 が
 スピードですので かなり 感覚も違うのかも知れません。」
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
Yさん「両手離しの素振りは テークバックもやり難い ですね。」

店長「😄😄😄 両手離しの素振りの場合、
 ダウンスイングだけでなく
 テークアウェイにも 違いがあると思うんですね。
 一般的には テークアウェイは
 左肩を入れる ⇒ 左腕、左手をたくさん動かす
 だと思うんですけれど
 両手離しの場合、左手・左腕は殆ど動かせない、
 からだの向きが…この場合は右(右打ち)向きが無いと
 進行方向である 右手が使えちゃいますから
 右向き分、もしかしたら それ以下しか左手は動かせない。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 ココにも 手で振るの と からだで振る 違いが
 出てくるんだと思うんですね。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「このリリースで 悩みのない方は
 それはそれで、治さなくても良いかも知れません。
 
 が、このリリースでは
 からだの回転は ショット・スイングには
 有効に活用されません。

 特に 利き手・右打ちの人の場合、右手の
 リリース
に関する事ですが、

 自分のからだ、胸に対し
 グリップ部、手を V字なり、U字に
 移動させようとしているのなら
 からだの仕事を奪ってしまいます。
〇本日のゴルフスイング 2023319 - frame at 0m49s
 手の振り と からだの回転 の同期
 合体が難しくなります。 」

Yさん「ど、どうすれば…。」
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5s
店長「特に ダウンスイングのイメージ…だと思うんですが、
確かに トップの位置から
スイングをこう見ると
胸に対し 下にグリップを動かしたくなる
そう言うリリースをしたくなりますよね…。」

Yさん「ボールに届かせるには そうしないと…。」
2023-03-02_10-30-37 - frame at 0m4s
店長「でも この場面を 別なアングルで見ると
こういう風に見える訳です。

Yさん「はい…。」

店長「右手の、利き手のリリースは
 自分のからだ、自分の胸に沿って
 握る部分、グリップを 横に押してあげるコト。

 
 『からだの向きの変更』に沿ってサポートしてあげる。

 トップの位置のこの場面では
 左サイドが低くなっているので
 結果、下に、斜め下に押す感じになりますけど
 それは あくまでも 自分のからだの姿勢がそう言う向き
 を作っているからで
 テークバックは『上げて』
 ダウンスイングは『降ろして』…では
 手作業が からだの回転の仕事を奪ってしまいます。
 手とからだの回転のベクトルが違うモノになり過ぎて
 一緒の作業をするコトが出来なくなってしまいます。

 本来、からだの向きで移動する筈の
 グリップ部の移動量を超えてしまいますから
 どこかで からだを止める必要や
 ダウンスイングの 下がり軌道が
 インパクト以降での 上がり軌道に
 変わるトコロでは クラブの反転を待たねばならなくなりますから
 手、特に左腕、左サイドの止まり が
 必要になります。」

Yさん「手は からだに沿って 横に動かすんですか❓」

店長「からだの幅…程度ですので、大した量では無いですけれど
 基本、胸に沿って 横に移動させます。

 弊社ではソレを『刷毛塗』と呼んでいます。

 
 からだは横、
 腕・手は縦に、
 そう考えている人が多いと思うのですが、
 からだの回転を 主にクラブを動かしたい、
 クラブのターンを からだの向きに任せたい、
 と思うのであれば、
 腕の仕事は からだの向きの『変更』に対し、
 腕やクラブが重くなるコトで、遅れるなり、残ってしまう、
 大きなズレが発生し易いので
 それのサポート、になりますので
 双方ともに 同じ方向、同じベクトルに動かします。」

Yさん「胸に沿って 横…。」

店長「おそらく…ですが、
 胸に対し U字なり、V字にグリップ、クラブ、ヘッドを
 動かす為に テークバック・テークバックを取っていた、
 U字、V時に動かせるように クラブを『上げていた』と
 思うのです、グリップ部を胸に沿って横に動かす と
 考えると テークアウェイの取り方も変わると思います。

 テークアウェイで からだの向きを変えて行くと
 右打ちの人の場合ですが、
 右サイドが高くなりますので
 結果、グリップ部を斜め上に動かす事になりますが、
 あくまでも 胸に沿って横です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ