店長「次に 重心の話しもありますから、これを機会に
 フェースローテーションを無くす、減らす努力を
 しても良いかと思います。」

JM「へ⁈」

店長「フェースローテーションをしないから、と言って
 シャンクやトップが撲滅出来るか…と言うと
 そう言う訳にはいきませんが、
 フェースローテーションをしない、
 ヘッドを前に出さない スイングの方が
 頻度としては かなり少なく出来ます。」

JM「そうなんですか❓」

店長「はい。

 練習でやって頂くと分かるかも知れませんが、
 スナップロックをしたまま、
 勿論、軽くで良いですから 打とうとすると
 右打ちの場合ですが、
 左サイドは ボールから離れていく… と
Rio Takeda5
 右サイドは ボールに近づいていく… が
 当り前ですが、同時進行、
 離れると近づく、その量は
 からだを廻してますから👉だいたい同じになります。

 一方、フェースローテーションの場合、
 ヘッドターンをするには
 左サイドを止める、左グリップを止める、
 が無いと それをするコトが出来ません。
 しかし、その間に 右サイドも
 ボールに近づいてきますから
 空間がどんどん狭くなって行く。
〇あそこに
 なにか その間合いを相殺できるものが
 必要なのですが、
 左サイドを逃がすとローテーションがし難くなり、
 左サイドを止めると 空間が狭くなってしまう、
 調正しドコロが大変難しい。

 だいたいの場合、急ぐか、
 上に逃げるんだと思います。

 
 フェースローテーションが無い、少なければ
 そこに掛かる 不可抗力(含む 遠心力)が少ないですから
 不意な外力を計算に入れなくて済みます。

 主に、ですが、ヘッドが膨らもうとする力を
 無視して良くなります。
 
 また、インパクトが点ではなく
 ゾーンとまでは行きませんが、
 多少 長く取れますから 安定感もあるでしょう。

 フェースローテーションをすれば
 開き→閉じ の間は
 ヘッドの重心位置の関係で
 クラブそのものも、手も外に膨らもうとしますが、
 閉じが始まると 今度は
 その反対に力が働きます。
35cd5ea0 (1)
 アイアンの重心距離は 35~40
 つまり シャンクとナイスショットの差は 4センチ、
 そのズレは ヘッドの 開閉 で
 簡単に作り出されてしまうと思います。」