KO「切り返しでは よく『腰から』とか
 『足から』と言われますが どうなんでしょう❓」 


店長「答えになってはいませんが、
✅素早く 向きを変えるコトが出来 👉スピードアップ
✅ヘッドの遅れがロフトの立ち フェースの外向き/下向き

 になっていれば からだの動かし方やその順序は
 それぞれの人の感覚で良いと思うんですね。
〇見かた18s〇見かた21s







 ただ からだの反応では
 足や腰は自然と その上の部分に追随して
 からだを守ろうとして、動いて行き易い。
 『肩を廻す
 腕やグリップの位置を移動させる為、
 肩を廻す と言う感覚でスタートしても
 クラブや腕の重さ、そして運動による積算によって
 足から、腰から 動いて見える んじゃないですか❓

 それを 足から、腰から と
 順序で動かそうとすると
 "必要以上に" 腰に対して肩、肩に対して腕、
 腕に対してクラブ が遅れてしまい 捻じれを生む。

 ゴルフクラブにとっての捻じれ は
 フェースやロフトの開き ですので
 結局、打撃の最後のトコロはでフェースターンが
 必要になっちゃうでは その順序は本末転倒になっちゃう。

 ショットはドライバーやアイアンショットだけでなく
 アプローチであっても、パターであっても
 ボールをしっかり上から打つ
 即ち ロフトでボールを『つかまえる』は
 絶対の条件、ショットの前提条件だと思います。
555
 フェースの向きでボールを『つかまえよう』とする人は
 つかまる時はあっても それはロフトの合致なのですが
 上下左右の安定性に欠けやすいですし、
 右打ちの人、そして若くはないゴルファーで言えば
 利き腕の右腕の曲げ伸ばし を主体に
 ボールを打っている人 の多くが苦労しています。

 ゴルフクラブって
 普通に持っていれば それが例え悶絶クラブであっても
a000874205_06たいして重たいモノじゃないですから
軽い棒 感覚で動かしていますが、
水の満載のバケツの、その水を
思った方向に(散らばせず) 遠くに撒く位の感覚

 足も肩も腰も動かすのが大切だと思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 そう言う場合の多くは
 水を自分がかぶりたくないですし、
 無駄にもしたくないですから
 持ったバケツの手の部分、腕の部分、肩の部分に
 意識が集中し易いと思うんですけれど
 それであっても 録画してみると
 『足から』動いているように見える と思うんですね。」