店長「ゴルフショットって
 ある程度、安定していて、繰り返せれば
 その手段は問わない、ヒトそれぞれで良い
20090801 2009_08_30_23_19_09-648フレームショットとは思うけれど…
やっぱり 飛ぶ と言うか、
強い球が打てる方法じゃあ無きゃ ダメでしょ❓」

KO「ですね。」

店長「重さ(ヘッド)は遅れる、クラブやヘッドは引きずる、
20090801 2009_09_02_14_54_45-564フレームショットクラブやヘッドは右側(右打ち)に残しっ放しにする、
…その遅れが フェースの開きになってしまっては
打撃の強さや速度は 高さや回転に
逃げてしまう🙄🙄🙄

 その開きを回避する為 からだを止めて
 フェースを元に戻すから 今度は安定しない、繰り返せない
 …という無限のループに入る訳です。」

KO「・・・・・」

店長「若い時は すごく高くなるとか、
 大きなスライスになるとか 勢いがあったけど
 だんだん ヘッドスピードが落ちてくる年齢では
 フェースの開き具合=ロフトの開き具合 と
 スピードとの兼ね合い
 になるけれど
 曲がらないけど 上がらない、勢いの無い球
 なってしまったりもします。」

KO「あるある😫ですね。」

店長「右打ちの場合、テークアウェイやダウンスイング、
 アドレスの時の場合と比較して 右を向いている時間って
 左が低く、右が高い関係 だから 机上の理論で有れば
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 ヘッドを遅らせる イコール
 フェースの下(外)向き〜ロフトの立ち は
 その関係を維持し易い筈 であり、
 その関係を維持するコトが からだの回転で打つ
 に直結するんだけど 実際にやってみる
 ダウンスイングで 左グリップの高さが右グリップよりも、
 左肘の高さが 右肘の高さよりも
 高くなっていることが、高くなっている人が
 非常に多い訳ですよね。
スクリーンショット 2023-12-24 225456
 重さの造り方のミス
 テークアウェイとか、トップでの
 『次の動作に対する重さのかけ方

 をミスっている っていうのも有ると思うけど…。

 どうやったら 左グリップや左ひじが
 右グリップ・右肘よりも低くなって
 侵入してくるか が肝になります✊


 一度 トライして貰いたいんですが…
 速度自体はゆっくり。。。
 ボールに当たらなくてもいいし、
 球筋とか、当たりとかは無視して貰う として…。」

KO「はい。」

店長「多分…だけれど
 ダウンスイングや切り返しのイメージ って
 からだの回転するから
 グリップエンドを ボールの方、ボール側に出してくる、
 グリップエンドをボールの方に向ける…ような
 イメージがあるんじゃないか と思うんだけど…。


 打てなそう、当たらなそう
 ってイメージになるとは思うんですが…。

 そうではなくて、
 切り返しから グリップエンドを
 自分の方に向ける というか、
 自分に近づけるような イメージ
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m
 ゆっくりとした動きでは
 実際に 自分に近づける、
 グリップエンドをボールの方に向けない
 そういうイメージでダウンスイングに入ってみて
 欲しいんですが・・・。」