店長「課題になっている 切り返し〜ダウンスイングに
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52直結する話題かどうか、
微妙ではありますけれど
トップ・切り返しで
こんな感じだった腕やクラブを
体の向き・からだの回転で
〇見かた117
 この位置に持ってくる、
 腕やクラブは半ば固定で
 ココの位置に『向き』で持ってくる…イメージ

 …そういう話をすると ですね…。」

KO「はい。」

店長「その先はどうなるんですか❓
 って 質問を受けるんです。」

KO「あッ はい。」

店長「右打ちの人の話しで言うとですね、
(グリップの移動 〜先端
 アドレス時、 クラブや、特にヘッドの重さは
 からだの真ん中辺りにあるじゃないですか❓」

KO「ですね。」

店長「テークアウェイして行き、
 トップ近辺に来ると
 からだの右半身側、右側にあります。

 その重さが 大きくからだの右外 にあるのは
 あまりお薦めは出来ません。 

 ダウンスイングに入って、その重さは 運動で増しますね。
〇見かた53sクラブやヘッドの重さは
打ち終わるまで 常時、からだの右側にあります。


からだの真ん中を超えて
右打ちの人で言うと 左側にはイキマセン。

 自分のセンターを跨ぐ コトは無いんです。

〇見かた130JCorda - frame at 0m23s

 この先があるんじゃないか、
 ココからどう振るのか、って考えガチ なんですが、
 クラブはずっと からだの右側にあり、
 自分が向きを変えて それをまるごと
 左に行かせるんです。
会田20210701 - frame at 0m7s
 自分をまたいで 自分の左側に
 クラブを送るのが目指すべきスイングではありません。


 打ち終わった後、
 動作を終える為、慣性の付いたクラブを
 無理に止めてしまうと からだを傷めるので
 からだの左側に行くことは有っても
 それは 打撃のオマケ であって
 打つコトソノモノではない のです。
F2TuBf8W4AAJGlq〇見かた130JCorda - frame at 0m23s









 自分のからだ と クラブの相対関係は
 この状態のまま、ただ 左を向くコトがショットで

 自分をまたぐ、自分の右側から左側にクラブを
 クラブを行かせるコトがショットだと思っているのとは
 テークアウェイも切り返しもダウンも
 かなり大きく異なると思います。


 ですので このポジションへも、ですが
 へそから上の仕事は殆ど無いと言っても良いですし、
 このポジションから先も
 へそから上のアクションは無い😶
〇見かた21s
慣性で動いてしまうモノを
無理に引き留める必要は無いですが、
体とクラブの相対関係は固定したイメージのまま
からだ「」左を向いて
グリップの位置が高くなる、だけ
と考えても良いと思います。」