店長「まず 切り返し、ダウンスイングでの
 前腕、右打ちの人であれば『左腕』なんですけれど
 コレって 多くの人のイメージって
 回転するんで『横に振るイメージ』、もしくは
 『円を描く』『横に移動するイメージ』が有ると思うんですが… 
2024-02-19_12-58-53 - frame at 0m0s
 すっかり忘れちゃうのは
 それは からだが向きを変えるから で
 『腕自身は ソレをしない
 ややこしいと言えば ややこしいですが
 そうなるようにするには 『別のコト』をしないと
 そうならないんです。
スクリーンショット 2023-12-24 225456
 腕やクラブにはそれ自身にも重さがありますが、
 長さもあるんですね。
 トップの位置って 高さだけじゃなく
 一番、腕やクラブの長さが自分に近い、
 腕も含めた クラブが短くなった状態、
 つまり 軽い状態なんです。

 からだの回転は 円なんで
 それを 横や円に移動、もしくは振ろうとすると
 皆さんの大好きな『遠心力』が掛かって
 どんどん クラブや腕は長くなろうとします。

😵長くなると、当然、重くなり負担になります😵

 仮に、ボールを打たない とすると
 トップの位置で 肩の上、首と肩の間に
 クラブを乗せて置いて そのまんま
 からだのクルッと廻すと
 クラブや腕の長さや重さの負担が掛かりませんから
 『廻る』って行為は素早く可能 です。

 長くなれば道のりは 勿論増え、
 重くなれば 時間が掛かります。
(0m34s
 クラブやヘッドを遅らせっ放しのまま
 ひきずって使え とは言いますけれど
 フェースが開いて、ロフトが寝ちゃったら
 そのまんまでは 下に有る、地面にあるボールは
 『フェースで』打つコトが出来ません。

 結局は どこかでフェースターンが必要になり、
 フェースターンをするのには
 どうしても からだの回転での向きと
 クラブの動きを分離させなくてはイケナイ…
 😵…これが 手打ち という対処、後処理😫 になります。

 フェースが開くって言うのは
 前腕、右打ちの人であれば『左腕』が
 全体の進行の中で 必要以上に遅れるコト を指しますから
 遅れても、遅れっ放しのまま 引き摺って打つ
 とすると 遅れても開かない、遅れても打てる
 が条件になりますから、何より 左腕の進行
 『からだの向きに対する左腕の付き』が最優先になります。

✅左腕が体の向きに『出来るだけ』付いていくコト
✅からだを廻した時に、腕が長くなっても
 重さの負担が増えないようにするコト
✅それらの統合が 遅れるヘッドがロフトの立ち(下向き)に、

 なんですね。」