2024-05-04_0
店長「ゆっくりドリルの発展系 で
 距離は8番アイアンで30〜50ヤード位の
 感じで良いと思います。

 スイングの大きさ自体はフル で
 スピードは加速の無い ゆっくりしたモーション。

 あくまでもイメージですが、
 インパクトのタイミングは
 ✋ヘッドがグリップと同じ高さになったポイント
 ✋クラブが地面と平行になるタイミング 

IMG_0662
 ヘッドの方が低くなったタイミングでは
 圧倒的に遅過ぎる と考えて下さい。


 そのタイミングまでに
 クラブの長さ分、
 グリップの方が ボールよりも前、先に
 行っていないと ボールには届きません。

 ボールよりも前、先…と言っても
 飛球線方向に というコトではなく
 回転と言う 向きを変える動作の中での『先』
 になりますから 右打ちの人であれば
 グリップは左というか、背後側、
 ボールから遠ざかる方にもなるでしょうし、
 高さは 上がり始め 以上の位置になるかと思います。

 あくまでも いめーじではありますが…。」

質問「この箇所で ボールに当たるんですね。
 感覚的には 中途で当たってる感じがします。」


店長「当たりますよー。

 からだの向き 回転での進行は円なんですから
 ダウンスイングの中で 時間が進めば
 グリップも、ヘッドも 低くなりますし、
 勿論、前にも進みます。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m33s
 頭の中で錯覚してしまっていて
 からだの回転『』ダイレクトにボールを打ちたい、
 と思っているにもかかわらず、
 低いトコロにあるボールは
 『届かせない』と イケないんじゃないか…
 ヘッドを、クラブを下に振らないと 打てないんじゃないか…
 って 自ら からだの回転で打つの
 を放棄しちゃってる訳です。

 自分の意志をもってする動作〜クラブ扱いに
 円の下側半分は無い と考えて良いんです。
 そこは からだの向きがやってくれます。


 そして ソコは 自然に加速して行きますから
 意識して加速、
 特に クラブをリリースする手さばきは要らない んです。
 右打ちの人であれば 意図的に
 右腕を伸ばして ヘッドを強く振る は
 イコール その動作をする為に
 からだの回転を止める か
 からだの回転から 腕やクラブを切り離す か
 そのいずれかが 必ず必要になります。

 インパクトポイント〜タイミングは
 ヘッドとグリップの高さが反転して
 ヘッドが低くなった箇所 ではなく
 イメージ上ではありますけれど
 『ヘッドがグリップと同じ高さになった箇所』です。

 イメージですけれど
 視覚的な あの 地面とクラブが垂直な関係になった箇所
 がインパクト✖ ではなく
 地面とクラブが平行になったトコロがインパクトタイミング です。

ec0843ef
 ですので その… おそらく みなさんの大好きな
 『利き腕のリリース』での打撃は
 まるごと 要らないモノ と考えて良いと思います。

 ゼロ ではないですが、打つコトの主エンジンでは無い です。

 慣れてくると
 ボールとのコンタクト感、
 例え かなり、ゆっくりの速度であっても しっかり
 ボールをとらえる、ボールをつぶす
 今までとは異なる インパクトを感じられると思います。

 教科書的には コレを『上から打つ
 『上からヘッドを入れる』と言いますし、
 それが体感、体験できると
 今までは 如何に下からしゃくっている、煽っているか
 分かるんじゃないか と思うんですね。

 それは かなり大きな違い で
 かなりの進歩だと思います。」