店長「出来れば このドリルは
 家の中でも可能❓(保障は出来ませんが😵)な速度、
 3ヤード.5ヤード 位の距離から始めて貰いたい です。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
 練習場では 10ヤード…20ヤード…30ヤード と
 徐々に打つ距離を増やして頂く…。

 アプローチの距離感育成 と言う意味では
 今更…ですが、かなり 画期的だと思いますよ。



 妙な加速の無い 等速な動き
 自分のからだ、胴体という
 ん十キロを超える 肉の塊が動く訳ですから
 スピードが上がるにしても 緩やかな加速になるでしょう。
 途中にビュンという 加速は 『小さなモノ』が
 動いている証みたいなものですから😊」

質問「距離は ちょっと でも 等速って難しい です。」

店長「でしょうね😌

 一般的なイメージでは
 スイングの進行、からだの向きの進行 で
 △髪曚靴進佞蠅如.ラブをリリースする、
 ヘッドの重さをリリースする 感じ なんだと思います。

 それが 加減したアプローチであっても… です。 

 からだの回転に対して 物理法則的には
 遅れるはずの 棒の先の重さ〜ヘッド、
 それを持っている腕、
 それをリリースする、解き放つ ってコトは
 回転を止める必要がある と思いません❓」

質問「改めて 問われると その通りですね、、、。」
golf-inside-practice-to-shake
店長「からだの向きとクラブの運動が連携するには
 少なくともI婉瓩泙任蓮.▲ションはない、
 からだの向きを変えるという 単一アクションだけ

 △妊ラブをリリース…何かのアクションを入れてしまう は
 イコール からだの回転を止める と同じと考えて良いですし、

 よく言われる 『遠心力を利用しよう』 と考えるなら
 それは 
時期次第✋ とも言えます。
 遠心力を 真ん中から外に放り出されるチカラ なのですから
 ボールを打つ前◆銑に リリースが入ってしまうと
 ボールを円の中にかき込むコトになりますから
 遠心力とボールの飛びが結びつきません。
 単に 自分への負荷を増やすだけ になってしまいます。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 少々 極端ですが、
 ボールを打つ、当てる を無視して考えると
 ボールの地点に 柱・ポールを立てて
 それをクラブで叩かないように
 自分側・内側をすり抜ける、
 そういう感じに近いかも知れません。」