店長「スライスにも影響ありますが、
 スイング全般に おいて ですけれど
 すごく誤解や錯覚、
 その誤解が元の思い込みによって
 抜け出せない沼にハマり易い問題があります。」

質問「えええ なんです❓」

店長「まずは スライスの場面でも良く出てくると思いますし、
 かなりの人が ソレがスライスの原因 だと思っていると思うのですが
 『振り遅れ です。」

質問「❓❓ 振り遅れ はスライスの原因ですよね❓
 違うんですか❓❓」


店長「振り遅れがスライスの原因か?

 答えは NO です。
07cc3447

 教科書的な話しをすれば
 からだの回転 というのは
 クラブを廻す〜回転させる為、でも
 腕を振る為のモノ ではなく
 クラブを持った腕の『付け根』を移動させる為
 のモノです。

 腕を振る、クラブを振る、
 とはニュアンスがかなり異なります。

 違いが掴めます❓」

質問「イマイチ…🤒」

店長「ですよね😊

 他の記事でも書いていますが、
 クラブは長い棒で その先端に重さが付いています。
 そして 多くの人は忘れがち ですが、
 成人男性の両腕は勿論、長さもありますが、
 両方で10疏宛紊僚鼎気あり、かつ長さが積算、
 そして その腕でクラブを持っています。

 からだの向きを変える、回転すると
 移動するのは 腕も多少移動しますが、
 基本は 腕の付け根、
 非常に意味として紛らわしいですが 肩 の部分です。

 腕やクラブは 重さ × 長さ × 移動速度の二乗 分
 の負荷が運動にかかりますので
 どんどん遅れて行き、
 結果、としては 向きを変えた、廻したからだに
 巻きつくような形になり
 その続きとして 回転に伴い、移動します。

 つまり ゴルフショットは
 遅れっ放しのまま、ボールを打つモノ で
 遅れたモノを取り戻して打つ のであれば
 からだの回転、向きの変更が持続的であれば
 腕やクラブで それを追い越すこと…は不可能です。
振り4
 この話しの内容であれば
 遅れたモノを取り戻すには
 からだの回転を緩める、止める のいずれかが必要です。

 それは イコールで クラブを手で振れ
 と言っているに等しく
 振り遅れ の問題は
 振り遅れてしまっている、取り戻さなくては✋
 では無くて
 振り遅れた状態が フェースやロフトの開き、
 ヘッドの ボールを打つコトに対してはマイナス方向 に
 開いていて そのままでは打てないコト
 を指していますので
 問題が大きくすり替わってしまっています。

 教科書的には ゴルフショットは振り遅れたまま打つ
 であって、課題としては
 振り遅れるコトがイケナイ のでは無く
 振り遅れた状態で ちゃんと打てる状況を造る、
 『
振り遅れ方』が問題なのです。」

質問「