店長「ゴルフ練習場で 長くたくさんボールを打ってくると
 ボールを強く叩く感じと
 右打ちの人で言うと 右腕、利き腕の曲げ伸ばし
 右手で叩く感じって つながって来ちゃうと思うんですね。」
スクリーンショット 2023-12-24 225456
質問「ですねぇ…。」

店長「やり過ぎると リキミ になっちゃいますけど
 力む一歩手前 みたいな ところに
 スイングの落としどころを造るコトが少なくない😌
 と思うんですね。

 強く振る は イコール 速く振る ではないんですが、
 ボールを打つ、ボールに当てますから
 先端部の ヘッドを速く動かすのは
 右腕の曲げ伸ばしとリンクし易いんですが、
 それによって 腕も含めたクラブの長さ変化が
 激しくなっちゃうんですね。

 テークアウェイで クラブを強く反転しちゃうと
 フェースが開いたり…
 逆に 伸ばしていくと 腕もクラブも一気に
 長くなっちゃいますから
 より開いたりすることになります。

(0m22当然、フェースターンが絡んできちゃうんですが、
フェースターンが絡むと
短くなる時は 掛け算で短くなって
長くなる時、リリースする時は
 掛け算で長くなっちゃいますから
 そのさまが 一定に成り辛い、 弾道が安定し辛い。

 実はコレって アマチュアの球が安定しない
 大きな要素だと思うんですね。」

質問「はい。」

店長「腕も曲げず、クラブも短くせず
 長いまんま 振るのは クラブが重くなり過ぎて
 辛いですけれど  クラブの長さ は
 トップの位置で出来る長さが基準になる、
 と考えて良いと思います。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 意識は藺Δ痢,芭匹い隼廚Δ鵑任垢韻
 本当に 藺Δらスタートしちゃうと
 ボールのところまでたどり着くまでに
 ヘッドが落っこちちゃう。
 クラブの重さも利用して グリップを進行させる、
 からだを廻すのに 腕やクラブが付いていき易くする、
 そういう位置で良いと思うんですね。

 腕やクラブは 回転による遠心力に
 自然な形で伸ばされる、
 伸ばされることは拒否しないんだけど
 その原動力はからだの向き としておくと
 腕の動きとからだの回転がリンクし易いですから
 腕やクラブの長さはトップの状態のまま
 みたいな意識で良いと思います。

 強く振る 👉速く振る は 速く周るコトなので
 からだの回転とつながりを切ってしまい易い
 腕の作業、手作業は出来るだけ省く方がベターです。

 ボールをつかまえるのは
 姿勢による 手さばきでは無い フェースの下向きで十分。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 軌道が安定し易く、
 フェースの操作が無い、
 飛ばすと安定を両立させる方法 だと思いますね。
 実は スライス防止の手立て にもなるんじゃないかな。」