店長「物理的に ボールって なんで曲がるんです❓」

質問「 ヘッドの軌道に対して(立体的な)フェースの向きが
 開いていたり、閉じていたり するから ですよね⁈」


店長「そうです。
IMG_0549IMG_0548







 右打ちの人であれば
 ヘッドの進んで来た、進んでいる道に対して
 フェースが『立体的に』右を向いていれば
 右回転が入り、
 フェースが『立体的に』左を向いてれば
 左回転が入ります。
 その度合いが増えれば 入る回転も増えます。 

 実際には 曲がるか、曲がらないか、
 そう言う類の回転は入っているけれど
 ボールが『曲がる』かどうか は
 分子/分母 の 横回転 / 縦回転 の関係があるので
 度合いは変って来ます。

 地面に置いたボールを
 引きずって動かす ヘッドで打ってみましょう。」

質問「はい。」

店長「スイングと考えず、動作とかを無視して
 どんな形、形式でも構いませんから
 ヘッドはひきずる、
 グリップだけを動かすコトで
 ボールとヘッドをコンタクトさせて下さい。」

質問「はい。」

店長「この場合の ヘッドの軌道は
 イコール グリップの軌道 と 位置は離れていますが、
 地面を引き摺る 感じなので 平行な〜同等の関係です。

 そのグリップ(ヘッド)の軌道に対し、
 フェースが開いていれば 右回転、
 フェースが閉じていれば 左回転、 が入ります。

 二通りありますが、
 同じグリップ(ヘッド)の軌道に対し、
 開いていたフェースを閉じる、または開きを減らす
 閉じていたフェースを開く、または閉じを減らす と
 ボールの横回転は反対になるか、その量が減ります。

 基本的には 動きが始まってから ソレ をするのでなく
 セットアップ 動きが始まる前に 準備しておく
 です✋

 難しくないですよね❓」

質問「ですね😃」

店長「もう一つの方法は
 フェースの向きは変えず、
 グリップの移動するライン〜軌道を変え
 結果として 開いていたモノを閉じるライン、
 もしくは その度合いが減るように 軌道を変えます。」

質問「あ、なるほど。」

店長「ま こちらは制御がちょっと面倒ですので
 実践向きではありませんが、理屈は理解出来ますよね❓」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m2s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m3s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m4s






質問「どちらが基準になるのか、の違いで
 スイングで実践できるか、どうかは別にして
 理屈は理解出来ます。」


店長「△箸海蹐 ヘッドを丸く、ヘッドを振ってしまうスイング
 の場合、その基準になる ヘッドの軌道とフェースの向きが
 いつも いつも 双方、動いてしまいます。

 閉じる、にしても 開く、にしても
 その基準になる軌道が 一定に成り難い のです。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m6s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m8s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s






 開いていたモノを閉じようとすると
 フェースは閉じますが、同時に軌道も
 イン側に切り込もうとします。
 開こうとする方が不規則感は少し薄いです。

 嫌われモノのスライスを防ぐには
 フェースを閉じなければなりませんが、
 閉じれば閉じるほど 軌道はインに入り込むので
 想定以上に ヘッドを閉じなければなりませんし、
 なかなか 程よいトコロが見つかりません。

 そして それを繰り返す為の 何かの基準が
 あまりにも 軌道とフェースの具合の関係が
 たくさんあり過ぎて 安定し難いのです。」

質問「
感覚的な 私の感想ですけれど
 ヘッドで円を描こうとする場合、
 目標方向を意識すると ボールは浮く、
 真っ直ぐ引きずる の方はライナー気味に
 ボールは飛び出るんですが、
 こちらは ポンと上に上がる感じです。
 一方、ライナーを打とうとすると
 左に飛ばさなくてはならない。
 スライスを打たない、こすらない と
 アドレス通りの目標方向に打つのが両立させられない
 そんな感じです。」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s
店長「ありますね、すごく。
 そして ソレも含め
 コレにはもう一つの問題が付いて回ります。」