質問「最近、距離が落ちてきてぇ…。」

店長「夏バテってのもあるんじゃないです❓」

質問「まぁ、それも無きにしもあらず…だけど。」

店長「ちょっと打ってみましょう。
スクリーンショット 2023-08-06 230743
 なるほど。なるほど。

 確かにね、ボールをどう捉えるか、
 ボールをちゃんとつかまえるか、
 って 大事は大事ですけれど…。」

質問「けれど…❓」

店長「なぁ〜んだ って思われるでしょうけれど

 やっぱり 飛ばすには ヘッドスピードが必要 です。」

質問「ヘッドスピードをあげろ…ってコト❓」

店長「字面で言えば そうなりますけれど
 ヘッドスピードの出し方 間違えてる気がします。

 今更…ですけれど、言葉で言えば ヘッドスピード って
 クラブの先端、ヘッドの移動する速度 なんですけれど
 でも それって 先端部を速く振る、速く移動させる、
 ッテコトじゃないです
。 意味不明…かも、ですが。

 ヘッドスピードを上げる ッテコトは
 先っちょを速く振るコト ではなくて、

 速く周るコト✊
 右打ちの人であれば
 トップの位置から 左を向く速度✊
 出来るだけ短い時間で 左を向ききるコト✊
 です。

 確かに 車で言えば
 やれ ギア比とか、ボディの軽量化とか、空力とか、
 決まっちゃってる エネルギーを最大限、速度に変換する、
 ロスを無くす 等 は大切ではありますけれど、
 やはり 副次的な要素が強いです。

 基本は 最大出力を上げる、排気量を増やす、
 気筒数を増やす、そして 回転数を上げる だと思います。

 特に私たちの年齢で言うと
 速く左を向く、向きを変える速度を上げておく、
 直ぐに左を向く習慣を付けておかない と
 インパクトでスイング動作が終わってしまう
 『ぶっつけ打ち』が目の前に迫っています。


 ボールをつかまえる、上手にとらえるは大切ですけど
 そればかり考えて、最大出力である 自分の回転を抑えてばかりいると
 どんどん 回転する速度が上げられなくなります。


 ヘッドスピードは その回転速度の産物 で
 なんと言ったら良いのでしょうか、
 グリップ速度とか、回転速度だと 単位が小さくて
 差も出にくいですし、あまりに地味になっちゃうので
 一番数字の大きくなる 外周部のヘッドスピードを
 採用しているに過ぎません。
 おそらく 一番 計測し易いでしょうしね。

 でも 元になるのは 自分の回転速度、
 左を向く、左を向ききる速度、時間です。

 よくある話しなんですが、
,犬磴◆〇廚い辰り 速く、早く左を向く
⊂綣蠅当たらない、スライスする
➂上手く当てようとする
げ鹽沼度が落ちる なんですよね。
((スライスにさよならしよう_Moment(5)
 フェースが開いてる とか、
 アウトサイドインだ とか、
 先端をどう動かすか に意識が行くと
 かならず 回転するという行為そのものが鈍ります。


 手打ちになるのも その一例の可能性も高いです。
 からだが左を向いたら
 本当は もう 当たっちゃってる んですね。
 にもかかわらず まだ ボールを打ってない
 そりゃ カラダの仕事終わっちゃってますから
 別の動作で打たなきゃ 前に進めませんから 致し方無く…。
会田20210701 - frame at 0m15s会田20210701 - frame at 0m18s







 からだが開いてる、腰が開いている なんてのは
 それで打ってないから そう言われる訳で
 それを 開かないようにしよう は対処方法が間違ってます
 からだが開くことが打つコト なんです。」