質問「ブリストルパターを使っているので
 距離感、タッチに不安は無いのですが、
 真っ直ぐ というより
 自分の想い描いたラインと言うか
 出球を出したい、ラインに乗せるには
 どうしたら良いのでしょうか
❓」

IMG_1414
店長「パターのスイング、パッティングストロークを
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出しても
 フェースが過度に上を向いてしまえば
 若干、度合いとしては薄いだけで
  フェースを左に向けたのと変わりありません。
L型ブリストルパター_Moment(2)

 自分の思っている方向に出したい、
 思い描いたラインに乗せるには
 右打ちの人であれば
 左ひじを アバウト その方向に抜く、出す、のが
 良い
と思いますよ。
((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 ヘッドの「上がり」、
 フェースの上向きも抑えられますから
 ボールとのコンタクトも よりソリッドになります

 フォローを出す、
 フォローを長く取って 真っ直ぐ行かせようとしても
 ヘッドの上がり、高さが急に上がってしまえば
 フォローを出す本当の意味合いが薄れます。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 コレは パッティングストロークに限らず、
 ショット全般に言えると思うのですが、
 悩んでいる人の多くが
 左ひじが止まってしまっている。
 パターの場合だと それによってグリップが止まって
 引っ掻いてしまったり、
 薄い当たりになってしまったり…。

 フォローを出すには
 左ひじの移動を止めない。

 アバウト 打ち出したい方向に 左ひじを出してあげる
 パターの場合は からだの回転は薄い、
 無いに等しいですから
 その代わりに 左上腕、左ひじを動かして
 ヘッドでは無く、パターを動かしてあげる。
((パッティングストローク 比較映像_Moment
 そうすると 今までよりも
 低く長いフォローが出て
 自分のイメージしているラインに出し易くなると思います。」

質問「やってみます🤩」