店長「次に ですけれど
 真っ直ぐ打つコト
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出すコト
 によって 距離感を損なってしまう のであれば
 無視して良い
と思います。」

質問「😧えええええ😧

店長「えええええ😧😧

 だって ですよ、
 仮にショットだとしたら
 100ヤードのショートホールで
 グリーンの廻りが池の アイランドグリーンがあるとして
 だいたい そっちの方に打つコト も必要ですけれど
 約100ヤード って距離感も必要じゃないですか❓
495554f989b4c0e70bd6715283bad2bf-1200x800
 真っ直ぐ打っても 距離が合っていなければ
 短くても 長くても 池ポチャ
 勿論 アバウトでそっちの方向ってのも必要ですけれど
 どっちかと言えば 距離が合っている方が
 成功するチャンスは高いと思いません❓

 逆に距離が合っていれば
 ものすごく アバウト ですけれど
 グリーンの幅に行き易いのでは❓」

質問「そう言われれば…ですね。」

店長「今度ね、プロのトーナメント見て下さい。
 パター、パッティングの参考と言う意味では
 試合中継は グリーン上ばかりですから😌😌

 入る時は当然、距離感が合っている のですが
 外しちゃうのは
 ラインのミス、真っ直ぐ打てなかったミス、
 ではなく 距離感のミスです。

 距離感が合っていないコト が ミスを引き出します。

 距離『感覚』が合っていれば
 パターで悩みは深くなりません。
 道具・パターとしても
 入るパターなんてのは 存在しないですから
 距離感覚が身につき易い、
 距離が狂い難いパターが最優先です。

IMG_0619
 距離が合っていないから
 強いタッチになって 引っかけたり、押し出したり
 そう言うミスの方が圧倒的に多い。

 距離が合ってさえいれば どこかで入ります。
golfutikata233 もうね 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す なんてのは
 一切 捨ててもいい位🤩
 自分の感覚的に
 打とうと思っている距離を打つ・打てる、
 そう言う感覚や練習の方が遥かに
 総パッティング数は減ります。 

 プロが器具を使って真っすぐ引く、真っ直ぐ出す、
 の練習をしていますけど
 それでも 入らないのは
 距離感が合っていないコトの方が 断然多いです。

 距離感が合っていれば 必ず入りだすモノです。
((パッティングストローク_Moment(2)
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出せても
 距離が合っていなければ 入りません。
 で チカラを緩めたり、強く入れたりすれば
 必ず そのストロークも狂いだしますし、
 そのホールは兎も角、次のホール、その日のラウンドに
 必ず なにがしかの影響が出ます。

 それは パットだけじゃ済まないケースも多い。

 ですので
 パッティングの肝は距離感 です。」