店長「多くの方は…たぶん…ですね、
 からだの回転で打つ のは悪いコトじゃない
 手で振っちゃ芳しくない とは思ってると
 思うんですね。 」

質問「思っていますね。
 もう なんだか心理的圧力に近いモノがあります。」


店長「手で振っても 問題がなければ 好きにしていいんですよ。
 別にゴルフは スイングの品評会ではないんですから😊

 まあ 正直なところ 手で振っても上手く行くのは
 若い方か、腕力の有る方に限られちゃいますけどね。
 歳とってくると結構、苦しい…。」

質問「分かります…。」
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s






店長「でもね、からだで振ると
 チカラの有る 右手の使うトコロ が無い って言うか
 『右手の手持ち無沙汰感』がぬぐえ無い んじゃないか
 って思うんです。
katate_Moment
 グリップを進めましょう。
 そうなると 右打ちの人の場合、
 左腕で降ろすか、
 からだを廻すか、そのいずれか。

 じゃあ 右手はイツ使うんですか❓ って

 右手は使わないんですか❓ って。」

質問「なんだか 右手で打つ、右手で叩くのって
 悪いことのような印象がありますね。
 右手を使っちゃイカン✋ みたいな…。」

katate_Moment
店長「😊それじゃあ 右打ちしてる意味ないでしょう。
 切り返してから
 上から見ると 反時計回りの動きになりますけど
 この時 左腕って無力に近いですね。
 脱力してるって訳じゃないでしょうけど。
 クラブの重さを支えて
 からだの向き通りに移動するのが一杯一杯🤓🤓

 切り返し、ダウンスイング以降の左腕って
 からだの一部になります。
 その時の 左腕は イコール からだの向き です。
 左腕単体を動かすのは からだの向きでしか難しいでしょう。

 そこで必要になるのが 右手 です。
 このドリルであっても
 グリップを進ませるのは 基本、からだの向き です。
 力の弱い 左腕・左手で グリップの進ませるのは
 無理とまで言いませんが、結構、辛い。

 からだの回転 であったとしても
 クラブの重さ、腕の重さ、
 テークアウェイでの慣性も残ってますから
 かなりの重さ です。

 ここで グリップを進めるのは右手の仕事 です。
 切り返し と言う時期では
 方向はやや下向きになるのかも知れませんが
 スイングの流れに沿って でしょうか。

 このタイミングで 右手を使わないから
 クラブや腕の重さで クラブが寝たり、
 その重さで右サイドが下がってしまう、
 そして それでは十分力強くインパクト出来ないから
 あとから からだの、左サイドの、グリップの進行を止めて
 右手で叩くってコトになる訳です。

 切り返したら 右手でグリップを先に進ませる。
 右手を伸ばすことで グリップの進行を助ける、

 と言う方が良いのかも知れませんが、
 私個人は 右手主体のイメージは強い です。

 タイミングとしては
 心の中では 右手が先行。
 でも 重さもありますし、見た目や結果論では
 からだの回転、左腕の進行の方が先に見えるでしょう。
 でも 右手が先『気分』
5a0eeaec
 右手、右腕を伸ばし始めるが先 で
 あとは 後発のからだの回転との追いかけっこ です。
 右手には追いつかれたくない、
 せめて 打ち終わるまでは からだの回転で逃げ続けたい。
 そう言うイメージです。

IMG_0799
 右手の話しで注意点は一箇所。
 右手が、右腕が伸びて グリップを先に行かせるんで
 右手でシャフトを押すんじゃない。
 クラブを持った左手を押す感じになるでしょう。
 手で言うと掌底って言えば良いのでしょうか、
 トップの位置では 左グリップにかぶっている部分を押す。
 決して 指先側ではないですね。
 ここで シャフトの方を押したら…
 クラブ自身が回転しちゃいますから
 それではクラブが長くなって、重くなってしまうし、
 ヘッドの道のりも増えてしまう…
  🙄インパクトに間に合わない。
ダウンスイング〜左上腕_Moment(3)
 右グリップの方が 左グリップよりも
 からだに近い時期が右手を使う機会で
 左グリップよりも外になったら
 もう 右手を使う機会を失っています。
 そのタイミングで無いと クラブの重さが利用出来ない

 からだを廻して から 右手 ではなく
 右手を使い始めてから からだを廻す
 と言うイメージです。

 ここって 握り方のグリップが問題になって来るかも⁈」