店長「振り遅れ、それに付随するんですけれど
 この二つの写真を比べて貰うと分かると思うんですけど
002001






 グリップの進み具合
 グリップの移動具合が全然違いますよね。
 短くした腕を伸ばしたコトで ヘッドを、シャフトを振るには
 グリップがあんまり進んじゃ 出来ないんですね。
 ヘッドを振るから余計、そうなるんですけど…。
413445






 そうする為に 切り返してから
 からだを廻しても 左腕を置いていきます。
 『手遅れ』ですね。
 これも意味があるんです。
 無意識だとは思うんですけど、
 ハンドリリースをするためには 必須になるんですね。

 テークアウェイやトップの位置で
 クラブを開いて、開いて上げるのも意味あるんですね。
 似た要素ですね。」

質問「なんだか 一個目のボタンの掛け違い が
 ものすごく多くの余計なコトを生んだりするんですね。」


店長「そう思います。
 技術的な要素 というよりも
 ぼんやりとした『思い込み』が色々なコトを生むんですね。」

質問「手打ちって言うか、
 スイングは円だ、とか
 開いて閉じて振る、とか
 ヘッドを返す、とか
 だいたいのことが 悪い方でつながっちゃてるんですね。」


店長「そうですね。
 やはり勇気を出して 一度トライしてみるコトです。

 右打ちの人であれば 右腕を伸ばす〜伸ばされたとしても
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m
2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s







クラブはここまで
 グリップよりもヘッドはボールの方に出さず、
 グリップよりもヘッドは低くしない、

 ボールが当たる、打つとしたら
 そのボールは軌道上にありますから
 その軌道に対し おおむね直角な、
 全体的に 下に向いている進行方向ですので
 地面とは言いませんが、かなり 下向き〜シャットな状態です。

 遠心力で腕が伸ばされる、にしても
 解くのは腕までで クラブまでは解かない、
 それは からだの回転がやるコト です✋

 何度も言っていますが、
 このまま では ボールにヘッドが届きませんから、
 打撃付近の 肝心要なトコロは からだの向きを一気に変える。

 最終的には同時、
 当然、腕やクラブはからだの向きで移動するので
 腕自体を積極的に下げる、動かすのではないですが
 腕やクラブには重さもあり、慣性も掛かっているので
 若干、後から動き出すように『見えます👀が』
 クラブの重さを利用して 先にグリップを落とす、
 位のイメージがいいのではないでしょうか⁈

 イメージとは このポジションが出来てから
 からだの回転でインパクトに入る感じです。

 そう言う意味ではアプローチショットは
 ソコの部分ソノモノなんですね。

 トライしてみて下さい。」

質問「やってみると分かるんですが、
 今までって からだの回転は止まってたんですね。」


店長「ですね。肝心なトコロで✋ です。」