店長「ダウンスイングで 短くなっていた腕を長くする、
 自分の意志で伸ばすのか、
 それとも 遠心力が掛かって 伸ばされちゃうのか、
 後者の割合が多い方が繰り返し易くて、楽だとは思うけど
 どちらにしても その腕を伸ばした時、
 クラブ、シャフト、ヘッドを『この領域』に入れようとしない、
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s






 ヘッドを ボールの方に、
 横方向にも、下方向にも 出そうとしない、
 というのが からだの回転で円を描くポイントになると思います。
(イメージスイング

 腕さばきだけで ボールに当てられない、届かない、
 それが からだの回転で、
 からだの回転だけでは打てるけれど
 速度が上げにくいや飛距離や高さが出し難い、
 そんなところから ヘッドの高さの意味や
 クラブの短く仕方、ヘッドの重さの意味が解ってくると思うんですね。

 そう言う意味では 素振りやワッグルの時点で
 『あああ… それでは…』 というのが多い気がします。

 これは アプローチだけでなく、スイング全般に言えますが、
 肩って言う箇所は 腕の一部です。
 ですので 肩でクラブを動かすのを辞めて
 脚で骨盤、上半身全部を動かすか、
 肩で動かすにしても、腕も含めた肩甲骨ではなく
 胸や背中を動かして、胴体をひねる意識を持たなくては
 どの道 手で振るコトに行き着いてしまいます。
((((((((_Moment

 ゴルフスイングのちょっと意地悪な部分は
 打った後 は からだを傷めない為に クラブもリリースします。
 あくまでも 打った後 ですけれど…。
 手打ちって そのタイミングが 早過ぎる、
 クラブをリリースするのが 打撃と勘違いしてしまっている。
 飛ばすにしても、飛ばさないにしても
 打撃の基本は 向きを変える速度 であって
 クラブリリースはあくまでも 事後処理のオマケ なんです。

 ドライバーショットは ボールを左に置き、
 地面からボールを打つショットに比べると
 ほんの少し遅いタイミング、やや左向き、やや上向きのタイミング
 のインパクトになるので リリース部分が強調されて見えますが、
 クラブのリリースが打撃ソノモノ ではないのは同じです。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 プロの活躍している選手には
 手打ち、アーリーリリース、ハンドリリース、
 フェースローテーションの強い人もいます。
 いますけれど なかなか長持ちはし難いし、
 その手の流派は関節とか痛めやすいですから 故障持ち率が高い。

 これ 忘れちゃいけないのは
 彼らはスポーツ選手である と共に
 私たちは そのスポーツ選手の引退した あとの年齢なんです。

 まあ ゴルフクラブもそうですけれど
 好きな選手の、好みのスイングを好きに選べるのも
 ゴルフの楽しみのヒトツですから
 どれも それぞれ流派であって 良い悪いはないですけれど
 前にも言いましたけど、
 ゴルフクラブは 手打ち、フェースローテーションして
 使うようには 造られていません。
 どの部分をとっても、です。

 ですので アマチュアで、プロゴルファーに比べると
 既に引退して、第二の人生を楽しんでいる年齢の私たちが
 プロのスイングの良いトコロは参考にするにしても
 盲目的に そっくり真似するのは 危険が伴うと思います。

 コレは言いたくないですけれど
 レッスンプロなんかにも言えることで
 彼らの年齢や運動性能で可能なコト、繰り返せるコトは
 中高年の私たちには かなり至難の業 なんです。
 『あぁ それ分かるけど、繰り返せないでしょう、私たちには。』
 という教えが非常に多いですよね、最近。
 良くも悪くも、YOUTUBEとか ネットなど便利なモノのおかげ
 なんですけれど、高機能になったとしても
 ゴルフクラブの基本や構造は 50年前とさして変わらないんです。」

質問「確かに そうですね…。」

店長「からだの回転で打てるようになっても
 まだまだ 悩みはいっぱいあるんです。
 悩みのステージが上がった分、もっといろいろやらないと…
 終わりはないんですけどね……
 とは言え 少なくとも からだの回転で円弧を描けた方が
 ボールはつかまり易いですから 今までよりも
 少ない力感でボールは飛ばし『易い』ですし、
 反復性、再現性は高まるとは思うんですけど、
 人間のシンプルな欲、もっと強く叩きたいとか、
 振りたいとか、動きたいとか、疲れたから楽したいとか、
 そう言う部分は年中顔を出しますので
 そう言う意味合いで ゴルフはメンタルなスポーツと言うんでしょうね。
 
(こする つかまえる_Moment(2)

 少しは役に立てたんでしょうか❓」

質問「はい。ありがとうございます。
 やっぱり 手で振るのは辞めたいですから😊。」