◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2024年07月


 まずは 自分の使うと良い、悩まないで済む
 『シャフトの柔らかさ〜硬さ』を見つける😄
 その流れ、『自分のゴルフクラブのルール』を崩さない流れ、
 出来れば パターも含めて
 その流れに乗っ取った
    ドライバー、FW、UT、アイアン、ウエッジ

 そのセッティングを見つける、探す、造る コト
 ゴルフクラブの沼に入らない絶対の方法 です
golfco

店長「ゴルフクラブって 意外に偏っているんですね

 例えば 大型のヘッド、
 ヘッドの用語で言うと 重心距離が長く
 重心の深いヘッド があります。

 一方、その反対の小振りなモノもあります。

 ウッドのヘッドであっても
 アイアンのヘッドであっても
 大型のモノは 重心距離 40丱ーバー
 重心深度は ウッドで35mmオーバー
 アイアンであれば 6mmオーバー
 小振りのモノで 重心距離34mm以下
   …最近は 少し面長のモデルも増えたけれど…
 重心深度は ウッドで30mm以下
 アイアンであれば 2侈に…

 数値で言うと 割に近いような感じだけど
 ドライバーのヘッドで言うと
 大型のモノは その言葉の通り 450ccクラス
 小型のモノは サイズで言うと 300ccクラス
 が そのまま 見た通りの違い…な感じです。
HBS 003

👈重心距離
 43mmのアイアンヘッド



R

👈マッスルバック❓
…ハーフキャビティ❓
 重心距離33mmのアイアンヘッド



 そして シャフトにも同じ 硬さ表記であっても
 硬いモノも 柔らかいモノも あります。

 ですので 単純に考えて
〇大型ヘッドタイプ に硬い/柔らかいシャフトの2種類
〇小型ヘッドタイプ に硬い/柔らかいシャフトの2種類

 全部で 4種類の組み合わせ が存在しそう…😶
 なんですけれど 実際の市場 には
✅大型ヘッドタイプ × 柔らかいシャフト
✅小型ヘッドタイプ × 硬いシャフト

 の2種類しか ないんですね。

 まぁ 販売商品 である限り、
 購買者のニーズやイメージに沿っている…
 🙄売り手がそう誘導している… になるんですが…。

 同じヘッドの重さであっても
 大型ヘッドタイプの方が その重量効果は大きく、
 小型ヘッドタイプの方が その重量効果は小さい。

 が故に
 シャフトの柔らかさ/硬さ の数値以上に
 ヘッドの効き、ヘッドの重さ効果は
 開きが出るんですね。

 ✋今回の 軟鉄のマッスルバック を導入したのは
 その典型で 一番端から その逆の端に
 クラブセッティングを振ってしまった。

 
 😢そして その両端-両極端が
 同じバックの中に混載・同居している(呉越同舟)
   😶コレでは上手く行かなくて当然か…👿👿

 特にマッスルバックのアイアンは 重心深度も強烈に浅い
 ですから 今までとの差は強烈 です。

 イメージは 毛色の違うヘッドを変えた筈なのに
 上手になった(ベストスコア更新)から
 上級者向けの軟鉄鍛造マッスルバック に変えた は
 ヘッドではなく シャフトの変化の方が絶大、
 それによる ヘッドの効き具合の変化が絶大、

 というのが顛末です。

 同じように…スコアが良くなった、100を切った、
 何かの記念に… 軟鉄のマッスルバックを購入…
 というコトをする人は沢山居る…と思うんですけど
 ほぼ全員…ほとんどの人が撃沈する😢のは
 こういうメカニズムが強く働く😶から…なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「令和になって ドライバー(ウッド)のシャフトの硬さは
 かなり柔らかくなりました。

✋イヤ、正しくは 幅広くなった と言うべきでしょうか…。

 20年前の 平均的な SRシャフトは硬さで言うと
 260cpm周辺に 固まっていましたが、今ですと
 210cpm前後 なんで言うモノもあります。

  🙄ただ、逆に 260cpmを保っているモノもある…。

 アイアンも同じで SRシャフトで250cpm
 なんて言うものもあれば
 320cpmを超えるようなモノもあります。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m52s
 ゴルファーがクラブの話しをする際に
 ヘッドの効き と言えば良いのか、
 バランスと言えば良いのか、
 C-9.0 とか、 D-1.0 なんて言う
 スイングウエイト と言うモノが有ると思うんですが…🙄」

質問「あぁ ありますね。」

店長「同じヘッドで、同じヘッド重量、同じ長さ、
 例えば #5アイアンで 240gのヘッド重量で
々鼎-250cpm のモノ と
硬さ-300cpm のモノ では
 ヘッドの重量が同じですので、数値としての
 その『スイングウエイト』も ほぼ同じ です。
59010005_1
 ですが、実際に手に取って、振ってみて、打ってみて、
 だと 同じヘッド重量のモノ の筈なのに
 250cpmのモノ の方が ヘッドが効いていて
 300cpmのモノ の方が ヘッドが効いていない

 …ヘッドが軽く感じ、場合によっては
 ヘッドが付いていないんじゃないか
 と感じるほどの違いです。

 言い換えると、
,論菽爾暴鼎気隆兇鍵廚に で
△話韻覆訥垢に西に近いモノ になりますので
 それを何十球、何か月も使えば 自然な流れ で
 クラブの扱い方、振り方、スイング、『クラブの好み』 
 にも違いを生み出し、間接的にも、直接的にも
 人間そのもの、打ち手の動きにも影響を及ぼします。
video_Slomo_Moment
 数値として同じ『スイングウエイト』にもかかわらず
 まったく違うと言っても過言ではないクラブになります。

 アイアンでも、ドライバーでも、
 昔よりも シャフトの柔らかさ〜硬さ の選択の幅が
 広がってしまった、大きくなってしまったコト によって
 表記上の、見た目の 同じⓇ表記のシャフトであっても
 その差、その違いは大きくなってしまっています。

 セットのクラブの中に
 その バラつきが大きいモノが混載される、
 自分の好みの『シャフトの柔らかさ〜硬さ』と違うモノが入る、
 そう言ったことが
 クラブを、スイングを、ショットを悩ませ、
 ゴルフクラブの沼、スイングの沼 に引きずり込みます。

     出来るだけ それを避ける✊

 まずは 自分の使うと良い、悩まないで済む
 『シャフトの柔らかさ〜硬さ』を見つける😄
 その流れ、『自分のゴルフクラブのルール』を崩さない流れ、
 出来れば パターも含めて
 その流れに乗っ取った
    ドライバー、FW、UT、アイアン、ウエッジ

 そのセッティングを見つける、探す、造る コト
 ゴルフクラブの沼に入らない絶対の方法 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「以前のアイアンは ドライバーとセットのモノで…。」

店長「今、手元に無いので 測れませんけれど
 ドライバーと セット というコトは
 そこそこ 柔らかい可能性があります。

 ドライバーのシャフトの硬さⓇが 45.5in-225cpm
 ハミングバード基準ですと
 『そのドライバーと同じようなタイミング〜硬さ』は
          #5アイアン相当 38in-240cpm
 メーカー品ですから ソコまで柔らかいとは思えませんが
 それでも 250〜260cpm は考えられます。

🙄スチール(軽量)シャフトが悪い訳ではありませんが、
 新調された 軟鉄鍛造マッスルバックのアイアンの
 シャフトの硬さは #5アイアン相当で 38in-295cpm

 仮に 以前のアイアンが 250cpm だとすると
 45cpm(295-250cpm)… 一般的なシャフトの硬さの表記で
 Ⓡだったものが Ⓧになってしまった訳です。

 ドライバーは今まで通り ですから Ⓡシャフトのドライバー
 ところが アイアンはⓍシャフトの硬さ
 コースでコレを交互交互に打つ訳ですね。
oto_Moment
 特に、アイアンは最近買った 憧れというか
 自分の目標としていたモノ ですから
 上手く打てるまで 数も打ったでしょうし、
 色々と試行錯誤をした可能性もある。

 アイアンを打つ為に ボールの置き位置を変えたり、
 タイミングを変えたり、トップの位置を変えたり、
 スイング自体を変更した可能性まで ある。

 そうなれば 今まで ソコソコ打てていた
 ドライバーショットになにがしかの影響がある、
 と考えるのは ごくごく普通です。」

質問「。。。。。。。😳😳😳」

店長「過去、以前のアイアンと組み合わせていた時のコトは
 今は分かりませんけれど、
 今の現状の ドライバーのデータは
 ボールの打ち出し角度が低く、
 その打ち出し角度に対しては縦スピンが少ない…
 縦スピンが少ないですから 曲がりを司る横スピンの
 数値は低くとも、割合としては大きいので
 曲がりは顔を出します。
impactgolf
 データから紐解く、と
 ヘッドの入射が緩すぎる、もしくは
 アッパー角度が強すぎる。

 スイングタイプとしては
 シャフトが柔らかいコトは苦手なタイプでは無い、です。
 👉柔らかくなる、もしくは ヘッドが重たくなると
 ヘッドは遅れますが、その遅れを『開き』ではなく
 ロフトの立ち に出来ていますから
 遅れが開きになる…から始まった訳では無いと思いますが…

 アイアン(295cpm)から比べると
 ヘッドの来るタイミングは『かなり』遅い…ので
 今まで 必要の無かった
 ヘッドターンが『する』ようになった可能性もあります。

 ヘッドターンがきついと ヘッドの上がりが強くなりますので…。

 また 正直 いきなり アイアンのシャフトが硬くなって

 ボールが上がらなくなった… だけでなく
 飛ばなくなった可能性が大いにありますので
 (ヘッド重量も軽くなっていますから 余計…)
 今までよりも 強く、速く振る癖が付いた可能性も否めません。


質問「つまり ドライバーに苦しんでいるのは
 ドライバーそのもの、ではなく
 アイアン のせい✋ だと❓」


店長「そう思います。

 アイアン✋ と言うよりも
 ドライバーを打つ環境が悪くなった🙄
 と考えるべきでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「今、使っているクラブのスペックを測って貰いたい…
 のですが、大丈夫ですか❓」


店長「はい😄  何かお悩みがあるんですか⁈」

質問「えぇ…… 幾つか あるんですけど… まず…

ドライバーが上手く行かない んですね…。」
001
店長「打ちながら… スペックを測りながら…
 お話しを進めましょうか😌」

質問「はい。」

店長「どんな 球筋、弾道、球が多いでしょうか❓」

質問「あまり 上がらない、 フック系の左へ行く球が 多いです。
 スイングが悪いですか❓」


店長「振り方、クラブの扱い方はお持ちの』『お使いの
 クラブを『自分なり』に 使う方法 です。

 スイング有りき でスイングが出来るのではなく
 クラブ有りきで でスイングは造られます。

 新しく購入したクラブを
 上手く使いこなす為に
 ボールの置き位置を調整したり、
 トップでの間の取り方を変えたり、
 なんらかの調整をした経験って ありますよね❓」

質問「そう言われれば…。」

店長「スイングの問題はさて置いて…
 
 データで見ると…ですね。

 ヘッドスピード的には 40㎳はちょっと厳しいけれど
 37~38㎳ はコンスタントで出せていると思います。

 ポテンシャルとしては低くない と思います。
 220〜230ydは十分狙えると思います😶」


質問「えええええええええ
 200yd行くか、どうか…です。」

店長「ただ 現在は スピン、縦のスピンですね、
 コレが打ち出しの角度に対して
  かなり低い… 量として 少ない です。

 今のドライバーはどうです❓振り易いですか❓」
Image20201006185024 (002)
質問「特に 振り難くはないですね。
 弾道や距離は兎も角、前の使っていたモノよりは
 楽な気がします。」


店長「(小さな声で)ハミングバード的には ハードですが…
 一般論で言うと 決して『キツイ』タイプではありません。

 振っている様子を見ても 辛そう ではないですし…。」

質問「Ⓡシャフト (45.5inー225cpm) を選んでいますが
 どのスペックが合わない… 
 ロフト角度(10.0°)が少ないですか❓」


店長「確かに ロフト角度はもう少し多くても良いとは思いますが、
 問題はソコではないと思います。

😶…見た感じ、アイアンを新調されたばかり… に見えるのですが…。

質問「はい。 冬のボーナス(数ヶ月)で 新しくしました。」

店長「ドライバーはどの位 お使いですか❓」

質問「2年位は使っていると思います。」

店長「アイアンを買ってから ドライバーショットに
 何か変化はありますか❓」

質問「アイアンを買い替えて以来、ドライバーの低さや
 左への巻き具合が増えたような気がします。」


店長「このアイアンを選ばれたポイントはなんです❓」
massurubak
質問「ベストスコアを更新したので
 以前よりずっと欲しかった 軟鉄のアイアンにしたんですが…。」


店長「以前お使いのクラブデータは分かりませんが、
 推測ですが、ベストスコア更新…上手になったから
 軟鉄のマッスルバックの『上級者』なタイプにした❓
 感じです❓❓」

質問「その通りです。
 スコアアップしたので この位は使えるかな…と。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そして… 当たらなくても良いですけど
 ソコソコの速度になると グリップの方が高い は
 維持出来なくなる。
 これは 仕方ありません。
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m35s
 そこで 無理に制御する必要もありません。」

JM「フォローで飛ばす…とかありますけど⁈」

店長「ソコがゴルフの意地悪なトコロで
 スピードが上がれば それは制御出来ませんから
 速いフォロー、大きなフォローになるのが
 遠くに飛ぶ、ショットが安定する、 と
 つながらない訳じゃ無い。

 でも そこの意図的な反転 ⤴⤴⤴
 でボールを打つのとは違う
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m34s
 100m速く走った人は ゴールを超えた直後も
 速度は速いですからね。

 そこの意図的な反転を強くしたり、
 速くしたりすれば
 グリップは止まり、
 ヘッドが跳ね上がりますので
スクリーンショット 2024-06-07 170808
 安定したショットも得られませんし、
 基礎ヘッドスピードがプロよりも遅い我々は
 それによって スピン不足を生み出したり…
 ミスの頻度が上がり、怖くて触れなくなったり…

 良いことは殆どないですね。」

JM「意図的に反転させる、
 その反転で打つ のがダメなのは
 なんとなく感じますけれど
 仕方なく 勢いで行っちゃうにしても
 グリップの進みは止めてはイケナイ
 というコトですよね❓」

店長「その通りです。

 特に グリップの高さの増し、
 グリップが高くなる方向には絶対止めてはダメです。」

JM「横方向はどうです❓」
会田20210701 - frame at 0m7s
店長「インパクト以降、フォロー側は
 ソコまでの勢いによって 決められてしまうので
 それぞれの方の 自然な方向で良いと思いますけど、
 からだは ガッチリ 左を向いています から
 無理にアウトサイドインなんかを意識して
 繕っても良いことは無いですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「〜三角形で遊ぼう〜をやってみる時、
 ひとつ やっておいて頂きたいコトがあるんですね。」

JM「はい。」

店長「トップの位置、ダウンスイング時って
 ヘッドの方がグリップよりも高く、 
 グリップの方がヘッドよりも低い
、ですよね❓
 …双方の位置関係ですけれど。」
2024-06-23_13-10-10 - frame at 0m0s
JM「そうですね。」

店長「ボールを打たない素振りやシャドースイングで
 腕を、クラブを、ほぼ固定したまま
 右打ちの人であれば
 そのまま 回転して、左(飛球線)を向いて欲しいんですね。」

JM「はい。」

店長「ゆっくりしたシャドースイングでは
 左を向いた インパクト時、
 フォロー側、フィニッシュで あっても
 グリップの方が高く
 ヘッドの方が低い。。。

やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






 右向きの時と異なり、
 向きの反転によって
 からだと腕、腕とクラブの相対関係を
 維持したまま✋ だと その不思議な反転が起こります。

 クラブや腕のトップでの形を維持したまま、
 フォロー側になって 左を向くと
 グリップエンドが空(やや左向き)を向いたまま、
 グリップがヘッドよりも高い状態で
 フィニッシュを迎えます。


 ある程度の 軽〜いアプローチや流した練習であれば
 その「維持状態」の反転
 なんか ものすごく変な言葉ですけれど
 グリップが高いまま(の意識)でも十分、ボールは打てます。

 ある速度になってくると
 打ち手である自分には制御できない
 遠心力や慣性が掛かるので 仕方なく
 ヘッドを行ってしまう。
 👉その結果、として フォロー側では
 ヘッドの方が高くなる。
 一般的に言われる 手の返し ですね。

 ある速度では その『行かせ』というか、逃がしを
 しておかないと 腕や手を痛めたり、危ない😵😵
 だから 仕方なく行かせる。

 その 手の反転の反転 は
 処々の不可抗力によって 自発的なモノ でなく、
 他力的なモノで
 ✋ましてや その反転の反転が『ボールを打つコト』
 と錯覚❓ 誤解❓ するのは とっても良くない✊です。

 どうです❓」

JM「上手くは当たりませんけれど
 ある速度…結構、ゆっくりですけど
 ある速度までは トップのままの 腕とクラブの関係、
 フォロー側に行っても グリップの方が高い状態のまま
 みたいな意識で 打つコトが出来るんですね😶」

(両手離(両手離し(




店長「意識…としてはですけどね。
 結構、遅い速度でも 慣性ってすごいですから
 結局は、
 グリップ・ヘッド、双方 同じ高さ位になっちゃいますけど
 グリップとヘッドの返し、意図的な反転は
 打撃ソノモノとは異なる、
 ショットやスイングのオマケ と考えて良いと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こういう意識でも練習も役に立つ かも知れません。」

JM「はい。お願いします。」


店長「スピードは緩くて結構です。

 スリークォター、もしくはフルでも構いません。

]咾良佞浦の移動
 右を向いた時(右打ち)の基本として
 『腕とクラブ』を忘れて
 または その重さは無視して
 からだの向きだけを変えてみましょう。
〇実践版ズリズリドリル - frame at 0m35s
 😵当たるかも知れないし、空振りかも知れません ので
 危なくない程度の、手とかを痛めない速度で😌

 からだの向きを変える😌
 右向きを左向きにする のは
 腕やクラブを振る、回転させる、廻す、
 これは左右だけでなく 上下に関しても✊ ですが、
 腕やクラブを移動させる 意識ではなく、
 腕の付け根の移動 と考えて
 振って〜打ってみて下さい。

∋鯵儼舛慮きを維持
 こちらも似ているんですが、
 トップの位置で 自分の胸とクラブ、
 もしくは 自分の両腕出来る三角形(の頂点) は
 後ろ👉飛球線後方を向いています。
スイングの終わらせ方
 その三角形の頂点 は その向きのまま、
 飛球線後方を向いたまま、
 その三角形を回転、回さずに
 腕の付け根だけを
 『からだの回転で』動かしてみてください。

 トップの位置では 右打ちの場合ですが、
 左腕が方がボールに近い、
 右腕の方がボールから遠い、
 その関係を『意識としては』維持したまま、
 決して その関係を逆転させず、
 その三角形を回転させず、
 からだの回転によって 三角形は歪みますが
 それは無視して 🥎ボールを打ってみて下さい。

 😵勿論、その意識を強く持っていても
 からだの回転でちゃんと打ったとしても
 『結果的』には
 右『グリップ』の方がボールに近く、
 左『グリップ』の方がボールから遠い、 関係性にはなりますが、
 からだの回転の役割を それに割いてしまうと
 その 位置関係の逆転は想定よりも早く訪れてしまいます。
 そして それはグリップの遠近 であって
 腕そのものの遠近ではありません。
〇実践版ズリズリドリル - frame at 0m35s
 カラダは回転する、
 腕の付け根は移動するけど、
 左右の腕の ボールに対する遠近は変えず
 ✅三角形はその同じ形を決して維持する意識は持たず
  三角形を歪ませて
 三角形の頂点は 飛球線後方を向けたまま
 インパクトに入る位で、
 右腕の方が ボールから離れている意識位で、
  丁度  です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「手で振るスイング、手でのリリースの欠点…
 この最大の欠点が コチラの画像 になります。」
〇実践版ズリズリドリル
JM「かなり違いがありますね。」

店長「画像で確認出来るか、心配ですが、 

.ラブを意図的:意識的に、腕のリリースで下げた方が
 画像で言うと 左側(青っぽい画像)
▲ラブを意図的:意識的に降ろさず クラブと腕は固定意識で
 からだの向きだけで入れた画像が 右側
 です。

 ,力咾離螢蝓璽垢妊ラブを下に振った方が
 シャフトの途中に張られた 蛍光テープの上昇が早く
 しかも 急な角度 になります。

 ヘッドの急上昇には 円弧が絡みますので
 フェースが上を向くは ロフトが増えるでもあり、
 それは フェースが(右打ちの場合)左を向く
 でもあります。
〇実践版ズリズリドリル - frame at 1m14s
 と、同時に アマチュアにとって
 一番嫌いな ダフリ、トップの原因になる
 ヘッドの高さ変化が激しい のですから
 当然、ミスの頻度は上がります。

 ココで忘れてはならないのは
 コースは平らではなく、
 ドライバーショット以外は
 (ドライバーショットも傾斜と言う意味では平らじゃない)
 何らかの傾斜地からショットをするコトになって
 ヘッドの跳ね上がりの早い、激しいクラブ扱いは
 登り傾斜などでは それがより強くなり易い です。
〇実践版ズリズリドリル - frame at 0m35s
 △犯罎戮襪函,海侶梗个覆蕕海✊  という
 パターンが掴みにくい もしくは、パターンが無い ので
 アドレス時のセットアップ、ボールの置き位置の選定に
 高いバクチ、賭け性が付いて回ります。

 当たりの薄い(トップ気味)
 当たりの厚い(ダフリ気味) にも
 傾向が見つけにくいので 距離選定・番手選びも難しい。

 そして コレは スピードで誤魔化すことに出来ない
👉アプローチショットで顕著に表れます。

 手でクラブを下にリリースするスイングの
 最大の欠点と言えるでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「少し 練習する、慣れる時間が必要でしょうから
 上から打つ、ダウンブローの話しを閑話休題として…。😌」

JM「はい。」

店長「こちらの動画で確認ください。

 二つのテストスイングが有る訳ですが、
 使用しているのは 同じ8番アイアン です。

 クラブの、シャフトの途中に 赤い蛍光テープを巻いています。

 そのテープの残像が見える❓と良いですが…🙄
〇実践版ズリズリドリル
,らだの回転を途中で緩め(止め)
 手で下に振った(リリース)したケース
▲肇奪廚琉銘屬蚤い辰刃咾肇ラブの関係を
 維持したまま、右腕を伸ばさずインパクトに入ったケース


 の二つがある訳ですが、

 とても 興味深い点が二つ…
 …まぁ 同じことなんですけれど あります。
 (問題になるのは 後者の方です)
 ヒトツは ヘッドのボールに入ってくる 進入経路、
 入射角度 とか、アタックアングルと呼ばれますが、

.ラブを意図的:意識的に、腕のリリースで下げた方が
 画像で言うと 左側(青っぽい画像) 
〇実践版ズリズリドリル - frame at 0m35s
▲ラブを意図的:意識的に降ろさず クラブと腕は固定意識で
 からだの向きだけで入れた画像が 右側 
です。

 まぁ 当然と言えば 当然なのですが、
 腕で下に振った(リリースした)方,
 肘が伸び、クラブと腕の合計の長さ、
 自分からヘッドまでの距離が 伸ばした分、
 大きくなりますから 入射角度は緩くなります。
実践ズリズリドリル
 肘を曲げたまま、からだの向きだけで入った方は
 腕とクラブの長さが短い…ですから
 入射角度はやや キツく なります。

 この部分は個性の差、
 同じクラブで違う人が振っても〜打っても
 色々な入り方があるので どちらでも問題ありません。
 特に意識する必要はありません。


 問題なのは 抜け側のゴルフ用語としては
 使用されていませんが ヘッドの脱出角度(造語です) 」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「このドリルが いずれ自分のショットの骨格になります。
 ハーフショット辺りで良いと思います。
〇JM202406 - frame at 0m11s
 いままで ダウンスイング前半はカラダを回し、
 ダウンスイング後半は 腕のリリースで打つ、
 そのからだの回転は 腕のリリースの為のポジション取り
 でしかないのを からだの回転に委ねるのです。
 技術的には難しくない筈ですが、
 タイミングや感覚は まるで違うモノ😵
 別のスポーツでの打撃 と考えるほど異質な感じがするでしょう。
 焦らずに進みましょう😊



 腕を上げる 〜〜万歳 は お好みで良いと思いますが、
 ヘッドを上げる 〜〜コッキング方向 は
 ゼロ…無くても良いと思います。

 ヘッドを下げる、
 下に振る為に 上げていた のですから
 下げる必要が無い、下げない、トップで固定、
 するのですから ヘッド単独を上げる必要性は
 『
ほぼまったくありません✋』

🙄上げようとしなくても 右を向けば(右打ち)
 想像以上に、想定以上に高くなっています。」

JM「はい。」

店長「まずは素振り〜ワッグル。
 そして 慣れてきたら ハーフ、クオーター位。

 テークアウェイやトップに向けて
 右肘(右打ちの場合) 高くなくても良いですが、
 肘は下に向けず、やや外目に張りましょう
 右肘のやや外張りは 右向きの量の促進 になります。

 ハーフショットのイメージですが、
 これからのコトも考え 右向き(右打ちの場合)
 は 出来るだけ取っておきましょう。

 トップの位置での
 右肘と右腰の関係を意識しましょう。

 その関係を変えず、
 『右腕は伸ばさず』『右肘は曲げたまま』
 ゆっくり
 そこに加速の必要は無いので
 テークアウェイよりも『ゆっくり』でOKです。

 速度自体はゆっくりでOK😶
 逆に 出来る限り、ゆっくり
 特にスタートは そろり…と😌
 

 まずは… まったく 右腕を曲げたまま
 ボールに行ってみましょう。
〇実践版ズリズリドリル - frame at 0m35s
 右腕が曲がった(右打ち)ままでも
 からだがしっかり向きを変えていれば
 左をしっかり向いて、
 右サイドがボールに近づいていれば…
 左をしっかり向けば 右サイドは低くなりますし😜
 …意外とボールに届くモノ です。

 ショット…と呼べるかどうかは微妙ですが、
 トップで造る(ハーフショット…クォーターであっても)
 腕とクラブの関係は固定のイメージ…
 となると ボールが打てるトップでの恰好(クラブと腕)
 ボールはこう当てたい…為の 形がトップになります ので
 ソコって 一度、見直しても良いかも知れません。
◌上に振る意識で
 クラブを降ろす為、
 クラブを下に振る為、
 ココから 何かの腕周りのアクションのある、
 トップの位置から
  腕周りの何かのアクションをする為 の
 トップの位置では 解決しません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この写真で言うと
 〇JM202406 - frame at 0m11s
 右の画像を基点に、右腕をリリースして
 インパクトに向け
 😵クラブを『下に振ってしまっている』のですが、
 理想的には 右の画像の腕とクラブの関係は
 そのまんま、腕のリリースではなく
 からだの向きだけで インパクトに入りたいのです。

 左の画像から 右の画像までの
 腕のアクションが 一切合切要りません。
 スイングの邪魔でしかありません。 

 ココは本来 からだの向きがする箇所で
 遠心力が掛った結果、受動的に
 右腕が伸びたように見えるインパクトもありますが、
 インパクトまでに 右腕を伸ばすことが打撃のエンジン
 ではありません。

 左の画像の腕の状態のまま、
 遅いスピード、耐えられる多く無い遠心力、
 例えば 素振り とかでは、
 左の画像のまま インパクトを迎えて欲しい のです。
〇JM202406 -
 まずは ワッグルでも、素振りでも、
 10ヤードの転がしでも 良いので…

 今まで 腕さばきでボールと拾っていた のを
 腕は バックルに固定したヘッド と同じく、
 考え方によっては トップの位置で
 肩から先『も』 ゴルフクラブ・固形物 と言うイメージで
 素振り・・・
 ボールに当てる・・・
 軽く打つ・・・
 少し 遠くへ・・・
  やってみて下さい。

 腕とクラブは ほぼトップのまま
 『どう廻ったら ボールに当たるのか❓』
 『どの方向にクラブを移動させるよう からだを廻すのか❓』

 トライして見ると分かると思いますが、
 ものすごく『不格好』な感じがすると思うでしょうし、
 こんなんじゃ『当たらない』『打てない』
 そう思うでしょう。
〇実践版ズリズリドリル - frame at 0m35s
 ソコを乗り越えられない のであれば
 元々のスイングを自分なりに磨くしかありません。

 当たるようになったら
 少しだけ 前に打てるようになったら
 🙄まあ 8番アイアンで50~70ヤード…転がる程度だと思いますが、
 是非、動画を撮影して
 自分の目で確認してみて下さい。

 おそらく… 自分のイメージ、印象と全く異なり、
 奇怪な動きはしていないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この時 JMさんがベルト、腰のベルトですね、
 これを装着しているか 分かりませんが、
 仮にベルトをしていたら
 そのバックルのコトをイメージして下さい。
〇JM202406 - frame at 0m11s
 前傾の有る形で からだの向きを変えれば
 バックルをどうこうしよう🙄 と思わなくても
 バックルは 円弧 を描きます。

 自分のからだに ほぼ固定された状態のモノで
 あるのにかかわらず✋ です。

 そのバックルに ヘッドのみ。。。
 シャフトと言う長さの無い『ヘッドのみ』を固定した…と仮定して
 いつも同じように 当てるには
✅からだとバックル~ヘッドの関係は固定✊
✅ボールにヘッドが当たるように回れば良い
 だけ です。

 それはシャフトが付いていても同じ です。

 そのシャフト、という『長さ』を
 ブラブラさせてしまっては
 からだの回転とボールの当たる位置や
 タイミングは その言葉に似て「ふらふら」する関係。
 からだを廻すコト自体と打撃に
 ダイレクトな、リニアな関係になりません。」

JM「。。。。。。。。。。」

店長「確かに、利き腕である曲げた右腕を
 伸ばすことで ボールを叩く感じの方が
 簡単に覚えやすく、安易に辿り着き易い道 ですが、
 ボールの当たり、距離、方向、曲がり などを
 司る フェースの角度と言うモノが
 立体的に構成され、番手によって異なるゴルフでは
 それが悩みの諸悪の根源になり得ます。

〇JM202406 -
 また 重心と言うよりも ヘッドの重さ
 は その長さの先端に備わっていますから
 運動をすると 放って置いても 遠心力が増していき
 今の一連の話しで言うと 曲げられて
 短くなり、自分に近かった 腕やクラブは
 嫌でも、放って置いても
 長くなろう、離れよう、伸びよう とします。

✅ボールを打つ前に強い遠心力を生んでしまうのが良いか❓
✅ボールと言う加圧・負荷がかかる付近、以降で
 遠心力を強く掛けるのが良いか❓

 は お分かりだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

古江彩佳、涙の海外メジャー初制覇! 日本勢4人目の快挙、ラスト5Hで3打差逆転&最終18番で劇的決着(THE ANSWER) - Yahoo!ニュース


https://x.com/i/status/1812475266762977549
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





JM「素振り❓ ワッグル❓ …ですか❓❓」

店長「はい。

 この写真をご覧ください。
〇JM202406 -
 ハーフダウンの位置 から
 下にクラブをリリースしています。

 動作…で言うと JMさんは右打ちですから
 曲がった右腕・右ひじを伸ばすコト で
 クラブを『下に』リリースしている

 トップで アドレスから違う腕とクラブになったのを
 アドレスの状態、アドレスの腕の状態、
 アドレスの腕とクラブの状態 に戻そう としています。

 悩み多きゴルファーの典型的なアクションです。

 腕〜肘の曲げ伸ばし で
 クラブをリリースすると クラブは弧を描きます。
 腕のリリースはカラダを止めないと出来ませんが、
 その動き・リリースは 右打ちで言うと
 右腕を長くして、左を腕を短くする
 右サイドが下がる、左サイドが上がる の一部 です。
   😶テークアウェイの反対の動作 ですね。

 その動作は 無意識ですが、

 からだの薄い・薄っすらとして
 回転を促しますので、緩い形で回転も入ります。

 止めようとしていても 逃げるような形で
 からだは開いていきます。
〇JM202406 - frame at 0m11s
 からだも回転して 円弧を描いている。
 腕のリリースでも 円弧を描いている。

 W(ダブル)で円弧を描いています。

 二重の円弧が描かれており、
 早い段階で遠心力が掛かってしまいますから
 ヘッドの最下点は 想定よりもかなり手前
 ボールよりも手前の地点になり、
 強い遠心力が早めに掛かってしまうので
 想定以上に クラブや腕が長くなろうとします。
 ヘッドを早めに上げないと
 空間が足らなくなってしまいます。
JM202406
 その動きを ショットの事前の素振り、ワッグル、
 ルーティンで行ってしまいますから
 それよりも 速度が上がり、遠心力なども
 不可抗力の増える『ショット』では
 上手く行きません。

 まずは このワッグル、素振りを辞めて下さい✋」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JM「やってみました🙄 どうです❓」
 
店長「全部が全部、ソレがミスの原因か❓ と言うと
 断言は出来ませんが、改善すべきポイントではあります

 こちらの画像からご覧ください。
JM202406
 これは ウエッジのハーフショットみたいな感じ ですが、
 ヘッドは かなり下から入っています

 この(ヘッドの)上がり具合からすると
 かなりフェースが左を向く、そして
 イコール ヘッド自体は内側に切れ込み、
 ヘッドの高さも高くなる〜ボールから離れる、ので

 シャンクっぽい当たりは
 根元ではなく、先端の可能性があります。


 この ヘッドの入り ですと
 ティーアップされたドライバーはまだなんとかなりますが、
 イマイチ 飛距離は伸びません。
 やや低めの 遅い球速の弾道になります。


 フェアウェイウッドはかなりボールを中に入れないと
 上手く当たりませんが、
 それによって ボールが右に飛び出る可能性が高くなります。
 傾斜なども含めると ショット毎のセットアップ、
 ボールの置き位置の選定が非常に難しい…、
 かなり 確率は良くない…かも知れません。


 そこそこ 打たなくてはならないアプローチの
 成功率はあまり良くなさそうです。
 当たり、方向、距離感ともにバラつきは多いと思われます。
上から下から
 また、バンカーでは 下目から入るので
 脱出は可能と思いますが、距離を出し難く
 『出るだけ』になってしまう可能性が否めません。」

JM「どうしたら良いですか❓」

店長「嬉しく無いとは思いますが、
 飛距離、スコア、ショットの安定度に
 長年、苦しんでいる アマチュアの代表選手

 典型的な ヘッドの入れ方、クラブの動かし方 ですね。

 長年染み込んだ 言ってしまうと
 条件反射のような感覚が乗り越えられると良いですが…。

 まず、気になるのはですね😶
 ショットの前の素振り、ワッグルが大変、気になります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


今度は 左上腕とクラブ(シャフト)の角度 です。

コチラもからだの回転で ボールに届くように。


左腕とクラブの角度
これを解かないと ボールに届かない のは
その左腕の付け根 (からだがボールから離れている)からで
周り方 を考えてみる必要があると思います。

😵体は回し続ける 左サイドは止めない
 となんだか 余計届かないそうですね。
手で振る、クラブをリリースする と
体を開く、手で振るための空間を作る はパックです。

👉手で振らないスイング を作るのには
からだの回転でボールが拾える周り方 が必要、
それもまた パック です。


✋左サイドは止めない
✋からだは回し続ける

・・・それでも ボールに届く周り方が欲しいトコロです。

左腕とクラブの角度は
俗に言う ディッシュアングル です。
アドレスの通りのまま で十分。
スイングには 意識的に行う動作として
『コッキング』というのは必要ないかな と思います。
フルショットであっても…です。
V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)






まあ これは フルショット用のドリル と
アプローチの練習ではありますが、
周りの量や速度は 脚で管理する訳ですが
その脚の動作と 利き腕の肘(右ひじ)の曲がり具合 は
同期させる方が良いでしょう。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







その役割は グリップの高さ を確保することで
左腕とシャフトの角度を作る のするのは お薦めしません。

コッキングをして クラブの重さを左腕に多くかけるのは
ダウンスイングにおいて からだに対し「左腕」が遅れる
グリップが遅れる原因になり易いでしょう。
無意味に深いトップにもなり易いですし…ね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「グリップを進ませよ✊ 移動させよ✊
 で 間違えやすいのは
 腕の伸び縮み、腕の力を使って
 グリップ部を押してしまうコト です。

 グリップの移動は 腕の生えているからだが
 向きを変えるから 起こるのであって
 腕周りの動きで その位置を移動させるのは
 ゼロではないですが、補助に過ぎません。

 そこの注意が必要です。」

店長「ドリルとして 意識して頂きたいのは
 右打ちの人であれば
 右肘と右腰の相対関係は『固定』
 その関係のまま ボールに当てるには
 からだの廻りで 移動させるしかない という
 感覚を 刷り込んでいくコトです。」

上から見たこのアングル
V字を維持してみよう 上編_Moment
トップの位置で形成される
 👉右前腕とクラブ(シャフト)の角度
厳密には 校ではないですが、
 このV字を維持したまま、打ってみましょう。

ウエッヂショットで 30〜40ヤードの距離位でしょうか
V字を維持してみよう_Moment
ショットのドリルにもなりますし
アプローチの改善にもなります。


V字を維持することによって
クラブと腕の長さが短いままです
(からだとヘッドまでの距離)

ボールでヘッドを探らず
からだの回転、左サイドの移動を持続しないと
ボールには届きません。
からだの回転で打つための周り方のドリルになります。

校を維持し、その頂点であるグリップを
いつも 回転の先頭 に置いておく感じです。
フェース面の作り方 というか
ボールへのアプローチ(進入)の仕方 を
 考えないと シャンクの佃煮になっちゃいます。
 ロフト(フェース)の開き癖も治せるかも・・・。

✋特に インパクト直前のリリースでボールを打つ人は
 ●からだの回転の仕方(左サイドを止めない)
 ●ロフトを開いて入れない

を同時に達成するための良いドリルになると思います。

アプローチにおいて
インパクト前後での 急なロフトの変化がなく
一定のロフト
一定の入射

になり易いです。
距離感は 自分の回る速度次第。
とても良い練習になると思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JM「テークアウェイの取り方で質問なんですが、
 最近 ツアープロとか、では
 『
手首の掌屈』 とかが 有るんですが…
 どうなんでしょうか❓」


店長「あああああ…😌😌 
お薦め出来ません

2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m35s説明させて頂きますと
この画像は テークアウェイ、
トップではありませんが、
少々、大袈裟なハンドファースト、
スナップロックではありますが、
この状態の 左手 は
手のひら側に折れています。
 👉この状態を 掌屈 

 逆に 右手首は甲側に折れています。
 👉この状態を 背屈 
と呼ばれています。」

JM「インパクトで ハンドファースト、スナップロック
 を造るのであれば トップやテークアウェイの時点で
 その姿勢を作った置いた方が良い気がするのですが…。」


店長「
断固、反対します

 練習量が多い、筋トレも出来る 特に男子プロ の場合、
 自分の身体的特徴や慣れを活かした
 そう言う動きもあると思いますが、
 普通のアマチュアにとっては 百害あって一利なし、
 とまでは言いませんが、害が多いのは確かです。
 上手く行っても ほんの一時的なモノ でしょう。

 仰る通り、インパクト周りでは ハンドファースト、
 右打ちの人の場合 の左手は
 掌屈した状態になりますが、
 それは からだが回り、クラブを持った腕、
 その腕の付け根が先行して動いた に対し、
 ヘッドの重さ、シャフトのしなり、
 運動も加わった負荷の分、ヘッドが遅れるから
 起こってしまう『現象』です。
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0
 無自覚というか、受け身に近い状態です。

 その逆の インパクトで左手首が甲側に折れた状態、
 背屈ですね、これにするのには
 何か 意図的な行為をしないと 発生しません。

 実際、インパクトのハンドファーストは
  誰にでも簡単に作れます😌😌😌
 😢ハンドファーストが上手く出来ない😢
 は ヘッドレイトがクラブの開き、フェースの開き
 ロフトの開きになっているから であって
  手首の折れの問題ではありません✊

 放って置けば 掌屈(左手首)になり易い 訳で
 それを トップやテークアウェイで
 始めから作ってしまうと
 負荷の分の逃げ口が無くなってしまいます。
 
 多くの人は 手首や肘などを痛める原因 になるでしょう。」

JM「なるほど…😶」

店長「もう一つの コチラもまた問題なんですが、
 プロが行う 掌屈でも、背屈でも どちらでも良いんですが、
 それは しっかり 右を向いて(右打ち)
 右が高く、左が低い という
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 この左右のからだの関係、姿勢が出来ているから
 どちらであっても 有効 なのであって
 それを 手首周りの動作 として 認識してしまい
 その手首の『動き』や『』を真似てしまう
 ただの フェースの開き や
 からだの向きは変えず 手先だけでクラブを動かす
 不十分な『テークアウェイ』や『トップ』になってしまいます。

 しっかり 右向きの人であれば 右を向いて
 左右のからだの 高さ関係を構築する。

 これがおろそかになっていなければ
 自然な形で 背屈であっても、掌屈であっても
 どっちにも良い悪いもなく
 馴染んでいる 繰り返せるモノで結構です。
ac6a45c31c304138c461a1cc6f4812073774950d_large
 インパクト時のハンドファーストが造れない から
 トップでは掌屈しておく…
 気持ちは分からないではありませんが、
 放って置けば 出来るはずの
 インパクト時のハンドファーストが出来ない のは
 不自然で、不必要な 何かのアクション があるから で
 トップで背屈を造っても
 そのアクションが消える訳では無いので
 より作業が増える、複雑化する・・・
 挙句、どこかを痛める の可能性が高いと思います。

 アマチュアが クラブに近く、負荷の大きい…
 そして とても筋力の総量の少ない手首の動き
 なんかの 形・動き「だけ」を取り入れても
 ほんの 一瞬のおまじないになるだけで
 その後、より複雑化の迷路に入るだけ😌 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ズリズリドリル 派生系 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

JM「思ったよりも 当たる と言うか、
 ナンか拍子抜けするほど する事が無い と言うか…。」


店長「話しとしては 少し大きな話になっちゃうんですが、
 ミスショットとナイスショットの差、
 例えば まあまあの当たりとシャンク との差は
 たった2センチ 20ミリの違いです。
IMG_0103
 現場でのショットって
 練習場と違って 傾斜もありますし、風もある。
 ボールが良いライの時もあれば、沈んでいる時もある。 
 天候もありますし、気温や気圧もいつも違う。
 負けたくないライバルとのラウンドもあるでしょうし、
 取引先のお客様とのラウンドもある。

 楽しく廻ってる時もあるし、
 苦々しい気持ちで回ってる時もある。

 そのショットの前まで 絶好調のコトもあるし、
 ボロボロの日もあるでしょう。

 同じ130ヤードのショットを打つのでも
 花道が開いた ターゲットライン上に何もない時もあれば
 池越えの、アゲインストの風の時もある。
79457
 そう言うのも全部ひっくるめて
 コースは勿論ですけれど、練習であっても
 動作、
 特にトップオブスイング、切り返し以降、
 動作が始まったら ソコは何もしない、
 出来るだけ 何もしない、何も調整しない、
 と言う風にしておかないと
 繰り返し 似た当たり、似た球、似た距離 を
 打つのは難しい です。

 例えば 練習で スイング軌道がインサイドとか、
 ここら辺を通る、 なんてのがありますけど
 それは 練習のヒトツの方法であって
 現場に出ると 全く意味を成しません。
 特に 弾道や距離 は
 主に軌道ではなく、インパクトのヘッド姿勢で決まる。
 70〜80%は 上下左右、立体のフェース姿勢で決まる。
Rio Takeda5
 動き始めたら ソコを修正・調整するのは無駄な行為
 と考えるべきです。

 このドリルであっても
 右打ちの人の場合、
 感覚的に、で良いんですけれど
 右肘 と 右腰の関係性は固定して、
 あとは 大きな筋肉に任せる 〜向きを変える。


 肘から先も物質、クラブだと思って からだを廻すだけ。
 腕の仕事は 動かさないコト と考えた方が良いでしょう。
 クラブに近い箇所、小さな筋肉の箇所は
 出来るだけ 自分の意志では動かさないと考えた方が
 良いでしょう。

 ボールをしっかりつかまえるには
 動き出すまでに つかまえられる ヘッド姿勢、
 クラブ姿勢を作ったおく と考えた方が良いです。
2024-06-23_13-10-10 - frame at 0m0s
 練習では 動き ソノモノをいじる のではなく
 動き出す前の トップへの行き方、
 動き出す前の クラブ姿勢、
 その為の テークアウェイの取り方、ボールの位置
 アドレス、グリップなどを考えるべきで
 動くコト そのものは 単に からだの向きを変えるだけ
 のシンプルなモノにした方が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「加減の必要なショット〜アプローチショットの場合、
 目の前に 目標となるグリーンやピンがあり、
 打つ環境、ライなどが 複雑な傾斜の中にある。
 ボールの浮き具合、沈み具合なども有るでしょうから
 ショット と言う動作の中では
 出来るだけ 動かすトコロを少なくした方が良いでしょう。」

JM「と…言いますと❓」


店長「ヘッドの重心、とは言いませんが、
 ヘッドの重さに近い部位、
 スイングで言うのならば 手首とか、肘とか、腕とか、
 そう言うトコロは
 積極的には使わない方が良いと思いますね。 

 ズリズリ練習の派生系になると思いますが、
 アプローチでも良いですし、
 ショットのドリルとしても良いと思いますので
 こんな練習をしてみて下さい。」

JM「はい。」

店長「距離は… サンドウエッジで言うのなら40ヤードとか、
 8番アイアンで80yd位な感じでしょうか…😶

 右打ちで言うと ある程度、しっかり右を向く、
 腕も、クラブも アドレスのまま
 あまり積極的に動かさず、
 『位置関係として』
 右肩、右肘、右手が上、
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 左肩、左肘、左手が下、

 トップの位置の大きさ、深さは  こんな感じ。
2024-06-23_13-10-10 - frame at 0m0s
 だいたいで良いと思います。」

JM「はい。」

店長「ココで 感覚で良いのですが、
 相対関係で 右腰と右肘の関係を固定します。

 腕、肘、手首、左右共に
 意識としては 固定、ロックします。

 ここから からだを廻し
 秀二の向きを変え、
 高さでは当然 届きませんが、
 右腰をボールのトコロに持って行きます。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 そう強く打つ訳では無いので
 言葉としては 適当ではありませんが、
 右腰をボールにぶつける『感じ』🙄

 繰り返しますが、
 仮のトップの位置での
 腕、肘、手はロック…固定した状態で
 それらと 『右腰との相対関係も固定』です。」

JM「あッ😧 コレで当たる、打てるんですね。」

店長「はい😌
 からだを廻すことによって
 クラブを持った腕、その固定されたモノを
 どう移動させると ボールを打てるのか、
 からだをどう回すと 固定された腕のまま
 ボールが当たるのか 体感・実感できるのは
 とても有効だと思います。」





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「フルショットでない場合やアプローチなど
 加減がいるショットの場合、注意が必要です。」

JM「はい。」

店長「コレは ラウンド終盤、疲れてきた場合なども
スイングサンプル_Moment(2)似ていると思います。

ヘッドの重さを使って
物ぐさにテークアウェイを取りたくなる…

もしくは スイング自体を早めというか、
短い時間で終えたくなる… というコトが増えるでしょう。

ヘッドの重さに近いからだの部位を中心に動かして
 テークアウェイを取ってしまいガチ です。」

JM「ありそうですね。」


店長「本来、教科書的には
 ヘッド、ヘッドの重心の移動は
 からだの向き… 右打ちの人の場合、
 右向き具合がメインエンジンです。
IMG_NEW
 それ以上にヘッドを動かしてしまうと
 必要以上に深く上がってしまったり、
 ヘッドが開いてしまったり します。

 そうなると ダウンスイングで
 ヘッドを振らなくてはならなくなります。

 当然、インパクトタイミングも遅くなります。
 時間もかかる。作業も増える。

 ミスの多くは テークアウェイで発生します。

✅テークアウェイでの ヘッド重さの感じ方、
 ヘッドの重さの増し具合 は練習で培った方が良いでしょう。

 ココが地道ですけれど
 練習しておいた方が良い。

 お好みにもよりますが、
 加減の有るショットで 距離に応じて
 よく言われる 9時15分、10時10分、
 そういう 機械的なテークアウェイを取った方が良いよ😌
 なども それを防止する手段のヒトツ です。

 ヘッドが感じ易い悶絶クラブは
 より分かり易い と思います。
(((((

 また 自然に生まれてしまう以上に
 テークアウェイで シャフトをしならせない
 と言う意識も必要と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「次に 重心の話しもありますから、これを機会に
 フェースローテーションを無くす、減らす努力を
 しても良いかと思います。」

JM「へ⁈」

店長「フェースローテーションをしないから、と言って
 シャンクやトップが撲滅出来るか…と言うと
 そう言う訳にはいきませんが、
 フェースローテーションをしない、
 ヘッドを前に出さない スイングの方が
 頻度としては かなり少なく出来ます。」

JM「そうなんですか❓」

店長「はい。

 練習でやって頂くと分かるかも知れませんが、
 スナップロックをしたまま、
 勿論、軽くで良いですから 打とうとすると
 右打ちの場合ですが、
 左サイドは ボールから離れていく… と
Rio Takeda5
 右サイドは ボールに近づいていく… が
 当り前ですが、同時進行、
 離れると近づく、その量は
 からだを廻してますから👉だいたい同じになります。

 一方、フェースローテーションの場合、
 ヘッドターンをするには
 左サイドを止める、左グリップを止める、
 が無いと それをするコトが出来ません。
 しかし、その間に 右サイドも
 ボールに近づいてきますから
 空間がどんどん狭くなって行く。
〇あそこに
 なにか その間合いを相殺できるものが
 必要なのですが、
 左サイドを逃がすとローテーションがし難くなり、
 左サイドを止めると 空間が狭くなってしまう、
 調正しドコロが大変難しい。

 だいたいの場合、急ぐか、
 上に逃げるんだと思います。

 
 フェースローテーションが無い、少なければ
 そこに掛かる 不可抗力(含む 遠心力)が少ないですから
 不意な外力を計算に入れなくて済みます。

 主に、ですが、ヘッドが膨らもうとする力を
 無視して良くなります。
 
 また、インパクトが点ではなく
 ゾーンとまでは行きませんが、
 多少 長く取れますから 安定感もあるでしょう。

 フェースローテーションをすれば
 開き→閉じ の間は
 ヘッドの重心位置の関係で
 クラブそのものも、手も外に膨らもうとしますが、
 閉じが始まると 今度は
 その反対に力が働きます。
35cd5ea0 (1)
 アイアンの重心距離は 35~40
 つまり シャンクとナイスショットの差は 4センチ、
 そのズレは ヘッドの 開閉 で
 簡単に作り出されてしまうと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JM「 こんにちは🌞」

店長「こんにちは。今日はどうなさいました❓」

JM「日々、参考にして練習しています。

 ショットの精度も大分ましになってきたと自分では思ってますが、

 たまに現場でシャンクやらトップやら事件が起きます。

スクリーンショット 2024-06-07 170957
 その原因を私なりに考えたのですが

 重心管理ができていないのではないか?と思います。

 クラブの重心と体の重心の考え方、

 使い方についてご教示いただきたく考えております。

 特に知りたいのは重心管理ができているテイクバックの

 引き方(左ハンドル)とトップの位置です。」

店長「なるほど、なるほど。

 まぁ ゴルフにミスは付き物なのですが、
 シャンクやトップが出るのは
 主に…思い当たる限り、どんな状況でしょうか❓

🔵ラウンドの後半…終盤…とか
🔵フルショットでない場合…とか
 なにか パターンみたいなモノ ありますか❓」

JM「そうですね…、ピッチングウエッヂ以下の
 ロフトの大きい、短いモノに多い気がします。」


店長「そうですか…。

 こうすると 絶対、シャンクが防げる とか
 そう言うものって 無いんですね。
 そして シャンクらしきミス は
 アイアン形状のネック部分の膨らみにあたる場合と
 全く反対の トゥ部の先っちょが当たる場合
 も あったりします。

 トップの方は届かなくて
 スイングの軌道がボールに届いていない場合もあれば、
 ヘッドが上がり際に当たっている場合もあります。
 👉多くの場合は 後者 です。

449584183_1003278737911271_5449508859496142307_n
 トップ…も含めると ですね
 通過させたいヘッドが 近くなったり、遠くなったり、
 運動中の ボールと自分との間合いが
 安定しない 可能性があるかと思います。」

JM「そうですね。」

店長「やはり 一度 確認頂きたいのは
 クラブが短くなってきた場合 や
 大きなスイングをしない場合
 どういう セットアップ・構え・ボールの位置
 にしているのか
 というコトです。

 クラブの長さが変わっても
 スイングの大きさが同じである限り、
 ボールの位置は変らない と言う人も居れば
 クラブが短くなると
 ボールの位置は順に中に入ってくる人も居ると思います。

 そのどちらも 慣れているモノで良い と思いますが
 そこに スイングの大きさを変える が
 加わってくると より一層、複雑になって来ます。

 ボールを中に入れる、 と
 スタンスを開く(オープンスタンス)に構える は
 全く同じではありませんが、似ているモノ です。

 ボールを中に置く、スタンスを開く の場合
 その言葉の通り、ボールが中に入りますから
 インパクトタイミングが 普段よりも早く、
 『中途な段階で当たる』可能性があります
2023-04-19_19-14-47
 特殊な場合を除き、
 あまり ボールを中に入れて構える、
 クラブの長さに応じて ボールの位置を変える は
 あまりお薦めしていません。

 また ボールを中に置く、スタンスを開く
 に フェースを開く を重ねると
 より 中途なヘッド姿勢でインパクトが訪れる
 可能性が増しますので 注意が必要です。

 出来れば 似たようなボールの位置…
 右打ちの人であれば
 構える時、左の靴とボールの位置関係は同じ、
 右足、右の靴のスタンスを長さに応じて変える…とか
 何か 自分なりの基準を作って
 番手が変わっても 共通性、互換性を持って
 似たようなスイング、
 似たようなタイミングで打てる
 ようにしておいた方が良いと思います。

 また 通常のショットと何かを変える場合、
 あまり 重ねて アレも変える、コレも変える、
 と 違うことを増やすのは ミスショットの原因に
 なり得ます。

 それらを練習場で確認頂くのが
 まず 一番、予防措置としては有効です。」

JM「はい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパターG2
 ✋
貸し出し(無料)パターあります
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ST「世の中にあふれている理論・セオリーは
 どちらかと言うと グリップを止める系多いですよね❓」


店長「コメントにも頂きましたが、多いですね。

 同じことを ✋自分の技術や力技 でするか
 そこを ✋クラブにさせるか の違いなんだと思います。
けんたろう202404 - f
 誤解を生み易いので 説明いたしますが、
👉クラブにさせるか は
 クラブそれ自体が してくれるか ではなく
 クラブによって 自分の動きが誘発されるか
 の違いです。 

 悶絶クラブを持ったことが有る、使ったことがある方は
 分かるかと思いますが、
 一般的な市販のクラブとは あまりに違います。
 まるで 先端にヘッド(重み)が付いていないかのような
 クラブというよりも 棒に近いイメージです。
 また、シャフトも 車で言うと
 前進とバックの切り返し・逆進を強調しないと
 しなりと言うモノが感知出来ないか、のような差です。

 ですので そのクラブによって
 『自分の動きのなにかが誘発される』 と言うよりも
 逆に 自分の動きによって どうクラブを動かすか
 クラブと自分の関係が全く反対な状態です。」

ST「シャフトをしならせて どうしなり戻すか とか
 クラブに(自分が)使われる(動かされる)より
 自分が どうクラブを使うか の内容が多いですね。」


店長「はい。
 ネット上にある多くの理論やセオリーは
 よりハードなセット、より硬いシャフトを使った方から
 発信されますから ソコは推して知るべし😌

 と言ったトコロかと…。

 折角、自分の動きを誘発してくれるクラブを
 使っているのなら
 それに使われてしまった方が 楽…
 言葉悪く言えば 手抜き🙄 が出来ますので
 出来るだけ クラブと喧嘩しない方がお得でしょう😊
 ヘッドの重い、シャフトも動く悶絶クラブは
 言葉を変えれば 負荷が大きくなりますから喧嘩するのは
 かなり大変、難儀すると思います…😌😌😌
2023-03-02_10-30-37 - frame at 0m4s
 今回の グリップをボールから遠ざける は一例ですが、
 からだをしっかりまわす
 右打ちの人であれば しっかり左を向く

 クラブのターンは クラブもひっくるめた
 自分自身 の向きでする のか
 クラブに掛かる遠心力と闘いながら
 自分自身のターンは止め、
 クラブ自身・クラブ単体をターンさせるのか
 どちらが からだに負担が少ないのか もありますが、
 スタートは何らかの誤解から生まれているにしても
 そうせざるを得ない ゴルフクラブを使っている方も
 いらっしゃる というコトは有ると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ST「グリップをボールから遠ざける…
 考えてみたことも無かった…ですね。」


店長「ですよね😌
 何にも考えないで
 グリップをボールから『背後方向』に遠ざける
 は ボールが打てない とか、届かない とか、
 カット打ちになってしまう って思うでしょう。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
 形としての グリップを遠ざける はおまけ で
 クラブのターン を
 手でするか❓
 からだの回転でするか❓
 と体験、感じて貰うことが目的、
 そういうやり方もありますよ ッテコトです。

 😌一般的に、クラブのターンを
 手でする、フェースローテーションする には
 グリップとボールの位置は離さない、
 一定の距離を保っておかないと ターン出来ないし、
 届かなくなるでしょう。

 イメージとしては 右打ちの人で言う『左肘が抜ける』
 ような カット打ちっぽいイメージになるか、と思います。

 スナップロック、右打ちの右手首を固定して
 クラブをリリース、右腕~右ひじを伸ばして
 ヘッドを行かせる としない訳ですから
 ホントは本命中の本命なんですけど、その代替品 を
 からだの回転でしないと ボール打てません。届きません。

 グリップをボールから遠ざける(背後方向) を
 手先で、形だけでやると 当たらない、届かないでしょう。
達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)






 からだの向きが『ガッチリ』左を向き(右打ち)で
 行うから 👉グリップはボールから離れていく、
 それが イコール クラブターンになって行きます。

 スナップロックしていますから
 ボールを上から⇘
 しかも 締まったロフトの状態で当てられます。
 フェースローテーションを手先でしていないので
 ヘッドターンは行われますが、
 手でターンするよりも 断然、穏やか です。

 飛んで、曲げない、
 効率よく飛距離を出して、再現性が高い…のは
 どちらなのか 判断は簡単と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハーフショットでも、アプローチっぽくても
(((((どちらでも良いんですけど
フェースをやや下向きにして
スナップをロックしたまま、
最後まで その形を『解かず』に
打とうとすると
 理屈、もしくは イメージ上では
 クラブの長さ分、ハンドファースト
 グリップが先に行っていないといけなくなります。
   …実際にはそうなりませんけどね😌

 そのイメージが強い、強すぎると
 クラブ…と言うより、グリップかなぁ、
 グリップを 飛球線に向かって
 直線的に移動させたくなる と思います。」

ST「あああ 確かに。」
IMG_0324
店長「それでは スナップロックして
 手でクラブを振る代わりに
 からだの向きを変える、からだの回転でボールを打つ、
 の目的から離れ、
 スナップロックしたまま 小器用に当てる、
 になってしまいますので

 ちゃんと からだの回転で✋ ですけれど
 グリップを ボールに対して 遠近、
 テークアウェイでは離れていく方、
 ダウンスイングでも離れていく方 に
 そのイメージとは 90度 角度の違う
 方向に移動させるイメージを持ってください。」

ST「あああ 当たる😶」

店長「スナップロックで ハンドファーストが出来る分、
 右打ちの人であれば
 左向きがしっかり出来、
 飛球線方向に! ではなく
 ボールから離れていく方向

 (アドレス時での背後方向)
 この場合は 左向きの方向に
 グリップがボールから離れれば
 ボールにはしっかり当たります。」

ST「それって 勘違いしそうですね。」

店長「と思います。
images35cd5ea0 (1)






 スナップロックを維持したまま、
 ボールを からだの向きで 打つ〜当てる には
 しっかり 左を向いて
 このように…グリップをボールから遠ざけます

 グリップを飛球線の方に押し出してもダメ ですし、
 遠ざけるにしても
 グリップそのものを手で押したり、引いたりしてもダメ です。

 ハンドファーストでボールを打つ⛳
 の思い違いって この方向のミス に有ると思います。

 ドリルのトップの位置で
 ある程度 グリップや腕、クラブなどを固定(半固定)したら
 ✅遠心力や重力によって 自然に解かれちゃうモノは
 ある程度、許容して良いと思います。👉半固定
 その物体と言うよりも
 その『空間ごと』からだの向きで移動させていく
 そう言う感じだと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ