店長「アプローチにおいての振り子 
 も 疑似』肩を廻す の一例です。」

Nさん「練習場で見かける ビギナーへのレッスンでは
 とても多く見かけますね。」


店長「はい…困ったモノ…ですが。 
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)








 先日の記事と重複する内容になってしまいますが、
 テークアウェイの初期段階で
 グリップエンドが自分から離れる、
 からだから離れるのは 極力、避けるべき
だと思います。

 両腕と胸で作る三角形を維持、
 それは それで間違ってはいないですが、
〇ボールに当たる、
〇ボールを打つ、
〇的確なロフトで、そのクラブなりの入射で、
〇そして それを繰り返せる

 それらが目的で、三角形の維持はその工程に過ぎません。」

Nさん「確かにね…。」

店長「からだの向きを変える、からだを廻す、は
 動きとしては 横へのモノ です。
 ですので テークアウェイは 始まれば
 動いた分、ボールから、
 方向としては アドレス時の背後方向へ
 離れていくのが自然です。

 インサイドへ✊ というのは そう言う意味合いです。」

店長「スイングの練習に
 ドライバーなどの長いクラブを使い、
 そのクラブの中途な部分を握り、
 グリップエンドをお腹、おへそ辺りにくっつけ
 テークアウェイを始める、 というのがありますが、
 それは ✋クラブを自分から離さない、
 ✋手で上げない
 ✋上げない を示唆しています。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 からだから離れ、手の返しで上げたい方は
 ボールを打つのに クラブを下に振りたい、
 その準備動作として 行いますので
 長い距離を打たないアプローチなどで
 ボールを下に振らなくても当たる、届く、を体感して
 徐々に クラブを上げなくても ボールは打てる、
 テークアウェイで上げる ≠ 遠くに飛ばす のと関係ない
 を経て、テークアウェイ、
 その初動をつくっていかないとイケナイかも知れません。」