店長「からだの回転で『振る』のは
 手を使わない訳ではないです。
 ややこしいですけど、主に 手で円を描かない、
 からだの回転を主で円を作るコトで
 手を使わないコトを指す訳ではありません
井上2020725_Moment

 からだの回転と同期するのなら
 形式上、からだの回転の補助になる…
 円を描くのが からだの向きが主であれば
 どんどん 手は使って良いんです。」

Rさん「からだの回転✋✋ って言われると
 手を使うのが 悪い みたいに思ってしまいますよね。」


店長「ですね。
 でも 一旦、腕さばきで クラブが短く、
 円弧で言うと 小さな円になっている訳で
 元に戻さないと 正常な円の大きさに戻せない。
 間違えてはイケナイのは 円を大きくすればするほど
 良い訳では無く、多少の許容幅はありますが、
 それを 上回る 円弧の大きさを造ってしまう と
 からだの回転では 円弧を造り切れなくなっちゃうので
 適時、適切な、 円弧の大きさ と言う意味です。」
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







Rさん「ソコ 難しい…ですか❓」

店長「いえいえ
 難しくなってしまうのは スイングのタメ みたいなモノを
 からだの向きに対する 腕の遅れ にしてしまうからで
 クラブ、先端の重さのヘッドは遅れていいんです。
 腕まで遅れさせちゃうと
 からだは回していても 最後、打つ時、
 手で振らなければイケなくなってしまう、だけです。

 どうしても… ってところはありますが、
 手で振らないと 満足出来ない方✊
 充実感を優先させたい方✋
 ソコソコ 腕力に自信の有る方✋

 は 積極的に 手、まあ この場合は腕 というか、
 切り替えし で 腕のリリースから『始めて良いんですよ。
 
 だって 積極的に 手で打ちたいでしょ❓」

Rさん「!!!!!!!!」

店長「言葉で伝え難くはありますが、
 バランスボール(重たいモノ)を持って
 トップの位置のように 腕をたたんで
 そこから からだを廻すと、
 バランスボールの重さが増し、
 腕をたたんでいられなくなり、
 結果としては 腕、右打ちであれば右腕は伸ばされます。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 腕で打ちたい人、腕を強く使いたい人 は
 それを 積極的に、 先に やるのも アリ です。
 右打ちであれば 右腕の伸ばし、
 リリースですね、
 それに からだの回転が追い付かれなければ良いのです。

 スイングで言う 左腕 というのは からだの回転
 のコトを指します。

 一般論では からだの向き、回転に対しての 腕は補助、ですが、
 その反対であっても 同期していれば、
 からだの向きで 左腕が、右腕に追いつかれずに
 逃げ切ってしまえば 良いだけ のコトです。
 どちらも 追いかけっこ であるコトに変わりはないです。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 からだの回転を 主 と思っても
 腕が からだの向きについて行かず 遅れれば
 👉 結局、手で振らざるを得ない、
 プロの試合でも そんなミスは山ほどあります。」