◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年09月

IMG_0590
仮にゴルフ歴20年以上、60歳前後の男性で
 身長170cm、体重70キロ、
 ごくごく一般的な体格、体力とします。

おそらく 一般的なクラブのスペック…ですと
 ドライバーは 45インチ相当 で 硬さSR
 振動数表記ですと 250cpm弱 位でしょう。
 アイアンは スチールの代表格、ダイナミックゴールド
 ですと まあ S200とかですので
 振動数表記ですと 320cpm -5番アイアン相当 です。

👉日本のゴルファーの8割を超える男性は
 こんなスペックを使っていると思います

このスペックを使っている限り、
 正直言って 何を使っても 大きな差はないでしょう。
 硬いとか、そういう以前の問題です。
 はっきり言って 超オーバースペック…
 50ccのバイクのエンジンで ダンプカーを動かそうとしている
 と言って差し支えないと思います。

IMG_0361



⚠⚠⚠そう言う方が…さすがに体力の低下を感じて…
あるいは、何年かぶりでゴルフを再開する…等で


✋ドライバーで 250 → 220〜230cpm
✋5アイアンで 320 → 280cpm 位ですね。
 NS950 の R とか、
 フジクラで言うと MCI70/80 S とか…ですね。
  …50ccのエンジンで トラック…位になった感じですね

ドライバーは 多少…ですが 良くなると思いますが、

以前のスペックは 両方とも 棒 だったのですが、
スペックダウンしたコトによって
 ドライバーにフィーリングが出てくる、しなりが出てきますから
 アイアンシャフトとの差が強く感じるようになります。

また 悪いことに最近のアイアンは 小振り気味
 重心距離が短めのモノが非常に多くなったので
 柔らかくなったドライバーは大型化 重心距離が長く
 まだまだ硬いままのアイアンは 重心距離が短く
 その差を大きく感じるようになって…
 上手くいかずに 元に戻す、 や 交互に使う・・
 などのパターンにハマる訳です。
 
ゴルフ歴20年以上、60歳前後の男性で
 身長170cm、体重70キロ、ごくごく一般的な体格、体力の方が
 特にスイングの是非を問わず
 「気持ちよく」「楽しく」ゴルフをする、ショットする
 アイアンのスペックは (5番アイアン相当で)
 最低でも 220~230cpm以下 です。

ですので 以前よりも落とした(320→280)とは言え
 本来、気持ちよくショットするスペック(振動数230)よりも
 また 50cpm以上 硬いのですから まだまだまだ "棒" です。
 比べる対象が ちょっと しなるようになったので
 アイアンは問題山積み、特にアプローチに悩むでしょうね…。

 双方のボールの置き位置に悩むんじゃないかしら・・・
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment

ドライバーは 使える領域に入ってきていますので
以前より飛ぶ?可能性が高いですが、
上手くいかないアイアンを たくさん練習すればするほど
 徐々に、徐々に ドライバーも真っ直ぐ行く頻度が下がってきます。



予言師ではありませんが、
 加齢による スペックダウン「した筈」の成れの果て
は 非常に陥り易いクラブ選びのミス です。 ご注意を…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



IMG_1370

⛳『デール9』使用レビュ―

本日届きました。ありがとうございました。

このパターすごいですね。

L型同等の球速がでますが、
フェースコントロールは、こちらのほうがやりやすいです。
というよりも、コントロールしなくても真っ直ぐ出ていきます。
笑ってしまうくらい簡単です。

⛳『デール9』使用レビュー➁

本日初ラウンドです。
夏の間はゴルフを自粛しておりましたので、久しぶりのラウンドでした。
1番ホールで、苦労して5打でグリーンに乗せることができましたが、
56メーターのパットでした。
ややスライスラインでしたが、真っ直ぐに打ち出したら、
曲がる気配を一切見せずに、旗竿の根元に吸い込まれていきました。

前半が終わったところですが、同じようなパットがあと二つ。
ショットが良ければ、スゴいスコアが期待できます。

練習グリーンではじめて打った時にも、
多少の傾斜はものともせず、自分の感覚以上に伸びがあります。
ブリストルパターも安定感がありますが、
ピン型『デール9』はそれ以上だと感じます。


⛳『デール9』
使用レビュー➂

IMG_1362
L型ブリストルの使用者で、
デール9はほんの浮気のつもりでお願いしたのですが。。。
L型にはL型の良さがありますが。。。
コースでの実使用において、ものすごく助かる場面が多いです。
特に ミドル、ショートパットの "カップを外さない"
カップの中を狙いにした時、部類の安定感を発揮。
このパターに匹敵するモノは無いのでは❓ と思います。
IMG_1365

⛳『デール9』使用レビュー


初めての「重ヘッド、柔らかシャフトのパター」です。
パッティング云々を述べられるようなスコアでも、経験でも
ないので恐縮なのですが、まったく転がりが違います。
転がり始めるボールの、なんと言えばよいのか、出球の質が
普通のパターとは全く異質、全く別もの、
同伴の方も同じことを仰っていました。
飛ぶとか、伸びるとか、とはちょっと異なり、独特の転がりで
兎にも角にも パッティングが『楽しく』なりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(以後 デール9 と呼んであげて下さい)
IMG_1365
販売開始 随時出荷致します。

👉『デール9』パターの選び方はコチラ

IMG_1366

ロフト角度 3度
ライ角度  71度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの向きの変更に対し
重くなっていく腕やクラブ
それに影響されず
コンスタントに からだの向きの替えられる方法は
写真を対比 しますが 右ではなく 茲硫菫です。

IMG_0838_Moment
MVI_0878(2)_Moment(3)




IMG_0838_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)




IMG_0838_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)





IMG_0838_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)





IMG_0838_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)





これをスイングの中で行う とすると
からだが向きを変えていく
それに対して 腕やクラブに重さが掛かり
グリップが遅れようとしますから
それを腕でサポートする。

ヘッドは重力によって落ちていこう としますが
それと グリップの移動の追いかけっこです。
ヘッドが着地するところを
グリップの移動によって ボール地点に持ってくる


スイングを覚える初めの段階で
この 追いかけっこ を覚えて欲しいモノです。


フルスイングとして考えても
左への動き、反時計回りの動き
打撃の始まる トップオブスイングを基準に
胸 と シャフトの角度
胸 と シャフトの関係は
速度が増すほど くっ付いていく モノ
 です。


からだの回転とクラブの関係
この始めの一歩が理解できると
右手の使い方 使うタイミング
おそらく グリップの関係にも影響が出ます。

私個人からすると 結果としてなってしまう
フォロー以降の減速によって起こってしまうのは
仕方ないにしても
右グリップが左グリップの下に入ったり
追い越したり する行為 って考えられないモノなのです。
MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)



多くの人がここでボールを打っていますが
からだの向き・・・からすると
ここは打ち終わっている時期で
スイングの動作・・・としては存在しない部分・・・
ここが打撃のメイン になっているのですから
何とも言えない…何と言って良いか分かりません。
IMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





自分は右から左に180度向きを変える
クラブは イメージ上90度しか回転しない

自分もクラブも180度回転する
では
ものすごく大きな違いが生まれ
それがゴルフを苦しめます。

それは 肩 です。

ゴルフスイングにおいての肩は
機能としては腕の一部ですが、
ある場所は胴体の中です。


からだの回転でボールを打つ
からだの回転でスイング軌道を造る
において
肩は スイング軌道の動作として
考えない部分、存在しない部位です。
M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)







一般論において
肩を回せ とか
厳密に言うと 腕で動かせ
胴体をねじれ というコトですが
からだの回転でボールをちゃんと打つ
というコトにおいては
胴体は一つのパーツとして ねじれを造らないように
胴体〜骨盤に対し グリップを遅れないようにして
胴体を一つのパーツをして使うので
動作としての 肩周りの動きは存在しません。

クラブや腕が移動で重くなる
それを無視して クラブも180度ターンさせようとすると
グリップが遅れてしまい
それを取り戻すために
胴体を止め 肩だけを動かす時間が生まれますので
スイングの中に『存在しないはず』の部位、
存在しないはずの動作が生まれてしまい
多くのスイングを見ている限り
その『存在しない亡霊がスイングの要』になっているのが
非常に厄介なのです。
20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(6)










『存在しない筈の亡霊がスイングの要』の為
そこを修繕する、ではなく
そっくりそのまま 除去しなければならない
というコトに至り難くなるからです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップ(握り)のチェックポイント としては
 ◌両手が出来るだけ離れないように
 👉アドレス姿勢に影響
 ◌左手の握力頼りにならないように
 👉疲労による変化〜アドレスへの影響

IMG_1306

1.インターロック、オーバーラップ、ベースボール等々
 その握り方は問題ではありません。
 どの握りであっても
  両手が必要以上に離れないモノにするコト‼
 👉左手(右打ち)の親指が見えないような…モノが良いです。

2.フック、スクエア、ウイーク等々
 これも厳密にはどれでもよく
 左右のグリップが離れない ようにしていれば
 好みのモノで良いと思います。

3.パーム、フィンガー(推奨)、セミフィンガー(推奨)
 手の大きさなどにもよりますが、
 これも 両手が離れない 👉左グリップが鍵
 のであれば 好みで良いと思います。
 とは言うモノの、手のひらの無い✊握りは
 出来れば 解消したい… というか
 ✊握りにしなければならない原因
(クラブを振る、腕を振る)
  を解消したいトコロです。
 


そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指の2本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534
 ですので 手のひらはこのような形になります。
IMG_0532
⊇侏茲襪世院〇愨Α⊆蠅『平』は残す
 
✋指で握ったのち、もう一度『手のひら」で握らない。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531
手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。
IMG_0529


ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

使用レビュ―

本日届きました。ありがとうございました。

 

このパターすごいですね。

L型同等の球速がでますが、
フェースコントロールは、こちらのほうがやりやすいです。
というよりも、コントロールしなくても真っ直ぐ出ていきます。
笑ってしまうくらい簡単です。

使用レビュー➁

本日初ラウンドです。
夏の間はゴルフを自粛しておりましたので、久しぶりのラウンドでした。
1番ホールで、苦労して5打でグリーンに乗せることができましたが、
56メーターのパットでした。
ややスライスラインでしたが、真っ直ぐに打ち出したら、
曲がる気配を一切見せずに、旗竿の根元に吸い込まれていきました。

前半が終わったところですが、同じようなパットがあと二つ。
ショットが良ければ、スゴいスコアが期待できます。

練習グリーンではじめて打った時にも、
多少の傾斜はものともせず、自分の感覚以上に伸びがあります。
ブリストルパターも安定感がありますが、
ピン型『デール9』はそれ以上だと感じます。


 ✋試打クラブ 貸し出しクラブあります
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1368
【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370

【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359

【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1366

推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。

IMG_1369

【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372









茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は ゴルフスイングのその漠然として
映像をおいかけるコト、
目に見える朧げなイメージを真似るコト
に 結構、時間を割いている。
スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)

スイングは円であり…
180度、それ以上ターン「反転」する…

そのイメージを描いている人は少なくない、と思う。


物理法則に乗っ取り
 重いものは動きたがらない ので
 からだの向きによって 100度角度運動しても
 重さ分 100度未満、それ以下になるのは
 結構、忘れているコトで仕方がないかも…
 そんな 科学的なコトをスイング学習中に
 思い出したり、考えたりするのは非常に稀だけど
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 3 (2015-10-15 19-53)スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)





本来、
からだの向きの変更が クラブの移動の原動力、エンジン
 な筈なのに、クラブはターンするモノ‼ というイメージに
 とらわれてしまうと その量の問題よりも
 原動力が からだの向きの変更 という大原則を おろそか…
 無視してしまうことになってしまう
😢
 クラブのターンと体のターンが切り離されてしまう…。
 そちらの方が遥かに痛い。

クラブはターンするモノ として
 重さによって遅れた、取り残されたクラブ、
 そして 腕を振るには どこかで からだの動きを止め、
 腕を振らなければならず
 その時に 腕のロール グリップのターンが必要になるので
 ガチッと握ってい居ないと クラブが吹っ飛ぶ…。
 この時点で グリップは確定してしまう。
((握り〜グリップの成り立_Moment
そして グリップが確定する ということは
 クラブを、腕を振るコト、
 クラブの移動が 直接的にはからだの向きではない
 というコトも確定してしまうのだから
 その後、どこかで グリップを治そうとしても
 スイングの基礎工事ソノモノからやり直さない
 と言う顛末が待っている…のです。
リリース〜刷毛塗_Moment(4)
desuので ある程度、スイングを、ショットを覚えた人が
グリップの改善出来る例は とても稀 、
手で振る方 フィンガー/セミフィンガー から パーム
 スクエア/セミスクエア から フック
 両手が離れている方への変更は可能ですが
 その逆 は かなり稀であると言わざるを得ません。


ゴルフをやってみよ〜かなぁ〜 と思っている人にとって
スイングとして まず、始めに来るハードル である
グリップには このような意味が含まれているですよー って
説明してあげた方が親切なのか、
そのハードルを低くするため 好きに握って、好きに振って、
の方が良いのか、迷う部分ではあるのでしょうねぇ…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて ゴルフクラブを握り、振り、打ってみる…
ゴルフスイングやショットを覚えるうえで
グリップ、その握り方に馴染むコトに
 一番の違和感が付いて回るのは否定できません。
IMG_0001
が、のちのち 一旦馴染んでしまったグリップを
 変更するのは それに輪をかけて 違和感が伴います。



特に チカラの無い、握力の無い人や女性にとって
 からだの回転が主ではなく、
 腕やクラブを振る場合、
パームで、フックグリップになり、
 両手のグリップが離れ
左サイドが上方に突っ張った、
 右サイドの下がった(前に出た)アドレス に ならざるを得ず、
チカラ、握力が無いので ラウンド中、それはどんどん深まります。
42ea91fdスナップショット 1 (2013-11-29 11-02)スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)








そういう意味では
スイングを覚える際、馴染ませる際に
如何に 握力に頼らない
 からだの向きでクラブを動かすか
 からだの向きが変わると 腕も動き、クラブも動く
 というコトは とても大切なのです。


例えば、フルスイングでも ハーフスイングでも
右打ちの人の 右向きから左向きまで
 からだの向きは 概ね 180度のターンをします が
 打った後の惰性 や 動作を終わらせる為のオマケの部分を
 除く、打撃そのものにおいては
 クラブは ヘッドの重さ、長さ、運動 による重さ分
 180度のターンは『出来ません』
 物理的に困難だ、というコトです。

それは距離や運動の速度、加減などにもよりますが、
 カラダのターン 180度に対し
 90度から120度程度になるのですが、
始めから クラブの180度と『思い込んでいる』と
どこかで クラブを余計に動かさなければならず、
それを「手放さず握っている」には
 左手のパームグリップ、フックグリップは
 よほど 握力や筋力に優れていない限り、
 ほぼ必然に付いてきてしまいます。
IMG_0013IMG_0014





スイングを覚える、刷り込む、
グリップを覚える、刷り込む 以前に
ゴルフスイングの、クラブ扱いのイメージの段階から
 確定してしまうのです。

裏を返せば グリップを改善するにはクラブ扱いを、
スイングを改善するにはイメージを、
グリップもスイングイメージが変わらないと変えられない
 というコトに繋がってきます。

自然の法則に乗っ取れば
 からだの向きを右から左に180度反転し、
 クラブの根本である グリップの部分を
 その動作によって移動させても
 先端に重さが有る分、クラブ/シャフトは
 からだの向きと同じ分だけ 180度→180度
 反転/回転することは 出来ない‥‥

 打撃が終わり、運動が減速し始めた時、
 オマケとして付いてくる 打撃とは直接関係のない
 クラブのターンを 打撃ソノモノ
 まして スイングのメインの部分として『勘違い』
 している限り、スイングはもとより、
 グリップも変更することは難しい、のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ