店主である 私がスウィングを見る
一番始めのポイントは グリップ(手)の
通るラインとヘッドの通るラインの相関関係

これも 何度も書いているけれど
ヘッドの重さとは その読んで字の如しの
重さ であるから 落下させることによって
その一番大きな効能を利用することが出来る。

落下が使える事によって
その重さによって 人間が動かされる
正しい 望ましい不可抗力も使える
と言うモノ。。。。

重力に逆らって 上に向かって使ったり
横に移動させるのは 重量、本当は味方である筈の
その重量との闘いとなってしまう。

今 流行の オンプレーンスウィングとか
スタック&ティルト
 なんかは 典型的な
ヘッドの横振り〜上振り だから
本人の運動性能をパワーアップしたとしても
ヘッド重量やシャフトのしなりとの
闘いに労力を割かなければならない。

では チェックポイントを

BlogPaint
BlogPaint

この二つ アドレス〜トップ でも
いいけれど この二つの写真で言うと☆印
を結んで その線の左下側を紙とか何かで
隠します。

手は親指側が上です。
クラブヘッドは手よりも上にあります。
クラブは 手の上側にあるから
落下 その重量の落下が使えるのです。

スピードが上がると クラブやクラブヘッドが
重くなるのは確かです。
それによって イメージしている、
想定しているヘッドの通るラインが 重力側に
下がる のですが
例えば この写真上 グリップとヘッドが
同じラインを通る と言うことは
動かそうとしている人は
ヘッドをグリップよりも高いラインを
通そうとしているから実現するのです。

結果として ヘッドが低くなってしまう
のは仕方が無いにしても
遅いスピードやテークバックでは
手の上にある筈の ヘッドが
手の、グリップの通るラインよりも
左下に入る事は クラブの質量を
使わないコト、質量と闘うことを
意味して仕舞います。

sx4

少なくとも 慣性の掛かり難い
スピードの遅い、やり直しの効く
テークアウェイは グリップの下を
ヘッドを通さない というのは ルール
とも言えます。