ともかく ロフトを伏せよう

そこから始めてみよう。

それが 小さなアプローチでも良い

刷毛塗のアクションで、ロフトを伏せる。

それには大きな効能が沢山ある。

クラブヘッドは重心がシャフトの延長線上
立体的に、シャフトの延長線上に無い!
ロフトを伏せれば、シャフトよりも
左側に重心が入って、進行方向への促進…
邪魔にはならない。
今まで通り 重心位置がシャフトの右側に
あると、進行方向である左に対して
ブレーキ、負荷になるばかりでなく
下げたいと思っているグリップにも
上がろうとする負荷がかかる。

ロフトを伏せようとすると
必然的に 左手が下になるから
左サイドが上がろうとするのとを抑制する。
左サイドが低い インパクトを作り易い。

スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)

トップの位置から 一発目に
手や腕のアクションでロフトを伏せる...
(肘を使おうとすると)
ひっかいてくるような形になって
いままで 体を開いて それから
っていう手順では ヘッドは外から
入ってきてしまう形になる。
だから、右を向いたまま それを行う

今までは クラブを置き去りにして
腕でインサイドから入れてきたのを
体の向きを置き去りにして
腕でクラブヘッドをアウトから入れてくる
そんな感じ になるだろう。

ss4

この状態で 右腕が伸ばせていれば
体の前に腕が入るので
体の不必要な回転や流れが抑制される。

左が低く維持されやすい
右サイドが下がり難い
体からクラブ・グリップが離れにくい

こうなると 自然に体全体が左にずれる

シフトがし易くなる筈

この時、一点だけ注意して貰いたいのは
顔や頭もしっかり 左へ
(飛球線?〜シャンク方向のイメージの方が〇
勇気を持って ずらすこと だろう。

これを 小さなアプローチ みたいなもの
から始めて 徐々に大きくして行き
スピード、加速は殆ど入れない
フルスケールのショットで体に馴染ませる。

ロフトが伏せられれば、色々な事が
無意識にスムースに行きやすいし
弾道も低め〜中位 で出球も強くなる
8〜9番アイアンで 30ヤードから始め
50ヤード ⇒ 80ヤード
まで 来るのは それほど難しくない筈。

9番アイアンで 90ヤード位まで
来られれば 自分の望むフルショットは
すぐそこにある。

ロフトが伏せられれば 平均的な
ゴルフショットのアベレージの距離は
アプローチ感覚の延長線上で打てる と思うよ。