ショット〜打撃をする際
スピードが飛距離を造る「要素」である
ということは 否定しません。

まったく 同じ条件であれば
それは スピードのある方が良いでしょう。。。

ただし。。。。

ゴルフクラブは その構造から
横方向に加速することに
特に 右〜左への水平方向への
加速には大変弱いモノです。

先端の重さは 単に負荷になってしまいますし
望んでいるロフトよりも大きなロフトに
なってしまう構造です。

と言って 垂直というか 下方向の
加速にも 弱点があり
円のふくらみを作ってしまう
グリップを中心とした 支点運動 が
入ると これも 大きなロフトになります。

スピードを上げても
大きなロフトになってしまうと
単純には 飛距離 にはなりません。

スウィングを考える時
遠心力 と言う言葉の呪縛から逃れられず
体の回転 の加速 そのスピードが
飛距離を生み出す という大きな誤解
があったりするのですが
それが ゴルフを難しく 複雑化
していると言って良いと思います。

ee213269f2e5a758

地面方向に向いている力を
体の向きの変更をすることによって
水平方向に変えてあげる事 で
ボールを 「飛ばす」 のであって
水平方向のスピード イコール 飛距離
とは違います。

確かに 重力方向へのスピードが速ければ
それに相応して 向きの変更のスピードも
速いでしょうけれど
向きの変更のスピードが距離を作っているの
ではないのです。

ダウンスウィングの 円による加速
ボールを打つことの阻害要素でしか
ありません。 俗に言うオンプレーンスウィング
では 腕の重さにも遠心力がかかりますから
それも 体力や筋力也 なにがしかの
別な力で抑えなければならないのです。

スウィングの中での
結果としてできる 円 曲線 は
自分の脚を使っての向きの変更だけ と
考えなければイケマセン。

 Img_001

で その向きの変更でも
クラブには遠心力が掛かります。
その 遠心力が掛かり始めてからは
調整することが非常に難しい。。。
だから クラブの長さを調整して
遠心力の掛かり始めをコントロール
するのが 腕や肘の役割 とも言え
ロフトを立て クラブやヘッド、腕の重さまで
ダウンスウィングの加速に使えるようになる
のが 「刷毛塗」です。

インパクト時のボールの加圧は
クラブやスピードによっては 一トンを
遥かに超えます。 それを遠心力の手を借りて
どかす! その為には それ以前に遠心力を
出来るだけ発生させないことが重要です。

一旦 遠心力を生んでしまう 支点運動を
縦であっても 横であっても 生み出してしまうと
それは 更なる複雑な支点運動や円運動を
併発させることになります。

今一度 刷毛塗 と言うのを
おさらいしてみるのは 如何でしょう?!