◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「直接的に からだの回転とゴルフクラブ扱い方 では
 無いかも知れませんけれど、コメント等にもありましたが
 アプローチショットで多く利用される ウエッジの
 バンス、バンス角度、ソールについて考えてみたい
 と思います。

 お客様には かなりの頻度で
 『バンスの使い方』…バンスってどう使うのが
 良いんですか
❓ って聞かれるんですが。」

質問「ものすごく興味ありますね。」

店長「ウエッジの ソール(底)の部分は分かると思いますが、
 バンス、バンス角度と言うのは
 ボールを打つフェース側の角 は リーディングエッジと呼ばれ
 後ろの方、アイアンで言うと キャビティの方の角を
 トレーリングエッジ と呼びますが、
 アイアン、ウエッジのソールの多くは
 リーディングエッジからトレーリングエッジに掛けて
wedge-bounce

 後ろ側のトレーリングエッジの方が 下に張り出した
 後方が出っ張って構造をしています。

 それを バンス型ソール と言いまして、
 アイアン、ウエッジにはほとんど採用されませんが、
 フェース側、前側、とリーディングエッジの方が下に張り出して
 後ろ側、トレーリングエッジの方が引っこんでいるソールを
 スクープソールと言い
411BK-5ba
 ドライバー、フェアウェイウッド、機種によっては
 ユーティリティもそちらを採用しているモノがあります。

 スクープ角度と言うのはあまり話題にはなりませんが、
 バンス角度で言うと その後方への張り出した具合、
 を角度で示したモノが 『バンス角度』と呼ばれます。

 アイアンで言いますと
 5番アイアンでも この バンス角度はある程度、存在し、
 だいたい 4〜5°位でしょうか、
 ロフト角度が増えてくると ソレに比例するかのように
 バンス角度も増え、ウエッジのロフト 50°前後になると
 そのバンス角度は 10°を超えてきます。
IMG_0624
 フェアウェイウッドやユーティリティには
 バンス角度は無く、逆にスクープ角度 になる訳ですが、
 その分、ソール自体が大きい、ソール幅がありますので
 バンス としての機能は その長いソール幅が持っている
 と言えるでしょう。」

質問「ウエッジだけでなく、アイアンも
 そして バンス角度では無いですけど、
 そのソールの使い方 と言う意味での
 フェアウェイウッドなんかも含め
 そのソール、バンス、バンス角度の使い方が
 アマチュアは 苦手と言うか、不得手だと思うんですが…。」


店長「平均値 と言う意味ではそうでしょうね。

 ですので ウエッジの場合ですと 10〜12°とか
 バンカーを重視するのであれば 14°とか
 多めのモノが一般的なんですけれど
 バンスを使うのが苦手…
 バンスがあると 跳ねてしまって
 ダふったり、トップするのを避けたい場合は
 ローバンスウエッジと言って 6°とか 8°
 のウエッジを使っている人も居ます。
IMG_0591
 特殊なショットを望むのでなければ
 10°以上、最大18°位まで
 大きなバンス角度のウエッジ、
 もしくは それに代わる ソール幅の大きなモノ
 の方が 『お助け要素』は強いですので
 お薦めします。


 この ソール、バンスを上手く利用出来るか、どうかは
 からだの回転とかなり密接に関係があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショットに悩んでいる人の多くが
 そのアプローチショットで
 必ず✊と言って良い程 元の状態、
 『アドレス時のヘッド状態』に戻そうとする
 傾向が非常に強いように思うんですね。 」

質問「!!!!!!」

店長「それは 良い悪いの問題じゃないんです。
 ゴルフショットには わざと
 元に戻すようなショットが必要な時も
 ない訳じゃない。
 しかし それは特殊なショットに分類される。

 基準になる通常のショットとは
 そのクラブの長さ分、
 へっどのボールへの侵入角は
 水平よりも上から入って
 その分 ロフトが立った形、
 その進入角度に『対する』ロフトが
 本来のロフト角度 なんですね。
df713d9f-s813ca594-s




 ですので 傍から見た目には
 ロフトが立ったような…
 言い方を変えると
 元に戻っていない状態、戻り切れていない状態
 でボールとコンタクトするのが
 そのクラブの有効な『ロフトの利用方法』なんです。
IMG_0867IMG_0866
 これは 縦のロフトの話し ですが、
 フェースの向き についても同じで
 引き摺られた分 右打ちであるなら蕕鮓いた状態
 ロフトで言うと 上から入って来たのと同じように
 小さな円で入ってくる のを
 インサイドから と言って
 ものすごく分かり難いかも知れませんが、
 元の状態に戻そうとすると
 より 弧はキツク成ります。
 そして それを 外から入ってくる と言います。

 引き摺られてはいってきた方が
 直線にはなりませんが、より直線に近い、
 緩やかな弧 になりますから
 ショット毎の安定ども高くなりますし
 ロフトも締まり気味で当たりますので
 ボールも強くなり易い。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 このアプローチを見れば だいたい
 どういうショットを打つのか想像がついてしまう
 というか、
 その人の ボールさばきの概念が見えてしまう
 と言って良いかと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「絶対✋ とは言えないですけれど
 もう35年以上 悩み多きゴルファーを見ていた蓄積
 で言うと 手打ちとかこすり打ち、
 ショットが安定しない、
 飛距離が伸びない
、 そういう悩みを持っている人は
 ある一定のパターンを持っており
 それは 総じて アプローチショット
 本当に小さな 15ヤード位のショットに表れます。」

質問「アプローチショットに❓」

店長「はい。

 先日の記事の続き、なんですけれど
 からだの廻し方は
 手作業は関与しない形で
 クラブの遠近を反転させる『感じ
 だけど 実際に振ったり、打ったりすると なると
 クラブ、特に先端部は非常に重くなるので
 反転はしようとするけど やり切れない。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 本当に反転させてしまおうとすると
 それは からだの回転「だけ」では無理なので
 手作業が必要になる
。。。。んですね。

 その表れが アプローチに出るんですね。」

質問「どんな感じに…ですか❓」

店長「小さなテークアウェイでも
 ある程度は 体を使う・からだを廻す と仮定します。

 
 トップの位置から 右打ちであれば 左を向くと
 クラブを持った腕の付け根は移動しますが、
 腕やクラブには重さがありますから
 からだの変わった向き、その角度通りには動かず
 数値は適当ではありますが、
 からだの向きが 90° 変わっても 60°とか 50° 位しか
 動くことは出来ないんですね。
IMG_0777
✅まあ このブログなどでは 「引きずる」「ズリズリ」
 みたいな表現で表されています。


 アドレスで構えたクラブの状態、
 アバウトなフェースの向きは打ちたい方向、
 グリップは概ね 自分を指しているような状態
 で始まる訳ですけれど、
 ダウンスイングからインパクトでは
 その状態には戻り切れないんですね。
 数値は曖昧なモノ(右打ちで表現します) で
 分かり易いから ロフト0°、ロフトの無いクラブで言いますが、
 アドレス時に打ちたい方向を見ていたフェースは
 ダウンスイング時は 戻り切れない分、
 5°も 10°も 右を向いた状態のまま 当たります。
 その右向き加減はヒトによって異なるとは思います。
e00bf7e6
 ロフトも 元は 0°の状態ですが、
 重さの分 引き摺られて 戻り切れない分、
 マイナス5°とか マイナス10°の状態で当たるんですね。

 どの数値が 教科書 と言うのは無いんですけれど
 横の動き〜フェースの向き
 縦の動き〜ロフトの向き
 にしても 元の状態には戻りません。
 イエ 正確には 戻れないんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「用品としての パターの命は
 引き易さ、動かし『出し』易さ だと思います。

 思いっきり手前味噌なんですけれど 
 L型ブリストルパターは かなり多くの方の
 パッティングが嫌い、苦手を解消した と思います。

 引き続き、手前味噌ですけれど
 ブリストルパターではイップスには成れない んです。」

質問「分かる気がします。」

店長「弊社のパター二種は あ、スピンオフ版もありますけれど
 ヘッド重量が強烈に重たい。 480gと520gです。」
IMG_1364
質問「ですね。」

店長「コレって 一般的な320gとか、330gのヘッド重量のパターと
 交互に打ち比べてみると 初めて分かるんですが、

 重いヘッドのパターだと
 グリップ』を動かそうとします
 ヘッドを直接ではなく、グリップを動かす、移動させるコトで
 特に、初動をスタートさせようとします。

 ところが…🙄🙄🙄
 軽いヘッドのパターは グリップを動かし難い。
 ヘッドが軽いから、ま、比較論ですけど、
 ヘッドが動いちゃうのか、動かしたくなっちゃうのか、
 兎も角、グリップが動かせないんですよ。
 打ち比べるとよく分かりますよ😵😵

 パターの苦手…とか、イップスって 実はソコなんです。

 ショットもそうですけれど、
 人間が関与しているのは グリップ です。
 手であっても、からだであっても
 グリップを動かさなきゃ始まらない
 でも パッティング不調や不振になると
 『兎も角、ヘッドを動かさなきゃ』って思うのに
 肝心のグリップが動かないので ヘッドが動かない、
 ヘッドだけ ぴょっと動かすと 良い感じのラインに乗らない。

 それが ブリストルパターは無いんです。
 ✊絶対 グリップが動きます。

 そして 視覚的にヘッドをどっちへ動かすか、
 かなりはっきりしたガイドが入ってます。
 迷わず 引ける んですね。
2595cdb2
 パッティングって 勢いで何とかする って言うのが
 通用しません。
 速さで解決できない。
 どんなストロークにしても 自分自身はジッとしています。

 感覚的なモノの割合が殆ど です。

 ですので あたかも 自分が機械、
 パッティングマシーンになって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す みたいなデザインは
 ヘッドの軽さも伴って
 一番大切な『感覚』を捨てなくちゃならない。

スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)
あのグリーン上で 突然、『ロボットになれ』って
パターに言われるんですよ。

335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 いつまで経っても パター苦手は解消しない です。


 良いパターって あんまり何も考えず
 ストロークも自分の繰り返せる 好きなような動かし方で
 子供みたいに ポンッ って打つのが一番良いと思います。

 よっぽど ポテトチップみたいなグリーンでない限り
 ラインなんて 自分で造れる みたいな感じで
 良いと思うんですね。
 距離が合って 寄ればいいんですから

 そう言うのを具現化したのが ブリストルパターで、
 ハミングバードなりに
 ピン型を極力シンプルに、迷いを生ませない
 そうアレンジしたのがデール9 です。

 ですので今度は 半マレットとL型のハイブリッド、
 その ハミングバードなりの完成型を目指しています。
IMG_0511IMG_0507






 特に マレットは欠点いっぱいなので
 自分なりに考えた その修正された 理想的なモノを
 造りたいと思っています。」

質問「楽しみです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転 の感覚で
 
 アドレスの時はヘッドの方がボールに近くて
 グリップの方がボールから遠い

 これをテークアウェイで 逆転させるというか
 位置関係を入れ替える

 この感覚って 距離にもよるんですけど
 アプローチで非常に役に立つと思います。

 からだの回転のドリルにもなりますし…。

 特に、ですけれど
 グリーン周りのアプローチとかって
 パター感覚で 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、
 伝わり難いかも知れませんけど
 円を描いても 左右、水平の円ではなくて
 ボール基準の縦の円を描くような感覚の人って
 意外に多いのかもしれない…です。

 真っ直ぐ行かせたいから
 真っ直ぐ引く感覚が強いのかな❓


 想定の距離よりも
 少し大きめのテークアウェイになってしまうかも
 知れないですけれど
 基本、からだの回転は
 傾きはあれど 運動としては 横・水平の動きなので
 テークアウェイを取れば
 よく言う イン側、自分に近づく方に移動する。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 大袈裟ですけれど グリップとヘッドの
 ボールに対する遠近を逆転させる 位のつもりで
 からだの向きを変えて欲しいんですね。

 テークアウェイの時は負荷が少ないですから
 本当に その遠近が逆転する位のつもりで…
 ダウンスイングは そういう意識よりも
 打ちたい距離のスピードなりに
 すぐに 左を向いて グリップを引き込む。

 急激にって意味では無いですけど
 からだの向きなりに
 ちゃんと グリップを左に
 ボールから遠い方に引き込む
 ヘッドやグリップを無理に飛球線の方に出そうとしない。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
 行きも帰りも 言葉の関係上、
 手さばきでやりたくなりますけど
 アプローチでは 特に、手は固定、半固定の感覚が
 大切になるかと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で『直に』ボールを打てない
 手で振ってしまう に陥ってしまう要因について
 考えてみたいと思います。」

質問「いいですね〜。」

店長「実際、動作として、からだの動きとして
 からだの回転というのは
 言葉としては ちょっと誤解を生み易いですが
 クラブを反転させると言えば良いのか
 位置関係を入れ替える『感じ
なんですね。」
20221025
質問「反転させる❓
 位置関係を入れ替える…とは❓」

店長「アドレス時
 ヘッドの方が低い位置にあって
 グリップの方が高い位置にある。
 腕はソレに「携わらず」「関わらず
 からだの向きが変わると その位置関係は
 ヘッドの方が高く位置になって
 グリップの方が低い位置になります。

 反転…させた訳では無いけれど
 スイングの 向きと前傾が噛み合うと
 そういう位置関係の逆転が起こります。

 からだの向きと言う意味では
 その上下の位置関係の入れ替えよりも
 遠近の入れ替えの方が実働に適しているかも知れません。」

質問「遠近の入れ替え❓」


店長「そうですね。

 アドレス時は ヘッドの方がボールに近くて
 グリップの方が遠い、
 その関係を 手作業抜きで
 からだの向きを変えると
 ヘッドの方が遠くなる そういう入れ替えです。
(グリップの移動 〜先端
 クラブを持った 自分 と言う大きな塊を動かして
 その反転を造るイメージを持つ のは大切です。

 大切なんですが、スイングのイジワルなトコロは
 その先にあるんですね。

 そういうイメージを持って
 からだを動かす、動作するのは良いのですが、
 実際に クラブと言うモノを持って
 それを動かそうとした時に
 本当に 反転させてはイケナイ と言う
 なんとも言えない 感覚的な矛盾があるんです。」

質問「イメージはそうだけど
 実際に そうしてはイケナイ…と。」


店長「はい。
 クラブは 長さと運動速度が加わるので
 静止状態と運動状態ではかなり重量の異なるモノになります。

 しかも スイングと言うか、ショットの目的は
 ボールを 確実に、安定して、そして遠くに飛ばすコト で
 からだを廻すコトや
 クラブを振る、この場合は移動させることは
 その手段でしかないので
 静止状態とはかなり異なる重量のクラブを
 本当に『反転』させてしまうと
 目的と手段がひっくり返ってしまう可能性があります。

〇クラブを反転させる『ようなイメージ』で
 からだの向きを変える
 と
〇本当にクラブを反転させる は
 思っているより大きな違いになります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングのテークアウェイ、トップでの
 右向きが足りない、上手く出来ません。
 どのようにすれば良いでしょうか❓」


店長「ありがとうございます。
 大変良い、そして かなり多くの方の共通する悩み
 なんだと思います。

 右向き は
 スイングの最大のエネルギー源
と言えるほど、です。
 十分な右向きは 七難隠す と言われますから
 何度とか角度は気にせず、
 自分に出来る、タイミングの取れる、
 そして 繰り返せる 右向きを覚えたいモノです。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
 本当の、十分な右向き が深くて、たくさんあって
 困ることはありません。
 オーバースイングとは意味が異なります。


 改善策として色んなアプローチ(方法)があるとは思います。
 人それぞれなんだとは思いますが、
 素振りで出来ても、練習場で出来ても…
 というコトが少なくないのでは、とも思います。

 原理主義的(あくまでも)に言えば
 右向きの意味、意義と言うか、
 からだを廻すコト、右を向けるコト が
 打撃・ショットにとっての『必須』であれば
 当然ですが、せざるを得ません。

👉からだを廻すことが 打撃ソノモノであれば
 右を向かなければ、ボールが打てない、強く打てない、
 になりますから 嫌でも『右向き』をするようになります。

 言ってしまえば
 右向きが不十分、上手く行かない、
 でも ボールは打てている、故に
 『特に必要が無いので』右向きが少ない、しない です。
✅実験してみると良いですけれど
 からだの向きをほぼ全く変えずに
 アドレスの向きのまま、
  😵からだは固定したままボールが打てちゃうのか? か、
 そして その打撃は自分の普段のスイングと
 どれだけ似ているか、乖離しているのか でしょうね。」

質問「打てちゃいます…。」

店長「ですよね。
 右向き『だけ』と言うよりも
 からだの向きを変えることが打撃との直接関係に乏しい
 クラブが円を描くのですが、それとからだの向きが関連していない…
 必然性…と言う意味で 極めて薄いので
 なかなか刷り込まれないのだと思います。
 原理主義的…にはですね。
池田康二202520_Moment
 ソコの部分をある程度理解するコトが大切ですが、
 動きや形 結果論的ですが、
 そこからも改善、突破口はあると思います。」

質問「おおおお。」

店長「まずは 自分がどんな 回転をしているのか❓
 を見極めないといけないと思います。
 
 ものすごく大雑把ですが
 ]咾世韻撚鵑辰討い
 胴体を捩じって 肩 ではなく 肩部・胸部を回している
 ➂主に足をつかって 胴体、骨盤から上を回している

 だいたい 回転のタイプは3つ
 ,脇匹鵑濃のごとく ですが
 △廊,畔9腓薫廚、疲れてきたりすると
 その割合が,諒に寄ります。
 ➂も△畔9腓薫廚い任垢、私たちの年齢(50歳オーバー)では
 比較的 安定し易い傾向にあります。
((((((((_Moment
 処方箋として
 ,両豺隋▲淵鵑良塋悗盍兇犬討い覆い里任△譴
 何もアドバイスはありませんが、
 改善したい、治したいのであれば
 処方箋レベルではなく、手術をする位のつもりでいて下さい。

 △両豺隋↓ 弔猟磴😵に流れやすいので
 の要素を取り入れて 補助を入れた方が良いと思います。
 疲れてきた時に 肩部・胸部ではなく
 肩(ソレは腕の一部)を廻してしまい易い、
 回り難くなった時に 腕やクラブの重さ、その勢いで
 からだを捻じる傾向がありますから
 ソコを の脚に移してあげるのが良いと思います。
(_Moment
 若い人は別ですが、アマチュアにとって
 理想的なからだの廻しです。
 多少、胴体をひねる△混じって良いと思いますけど
 基本は脚に頼れますので、一番 長持ちします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココで 注意が必要なんですけれど
 現代のスイング論って 総じて、ですが
 若者向け…プロがやっていることを真似るが
 主体になっていることが多いんですね。」
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
質問「あああ そう言えば、、、確かにね。」

店長「でも ゴルフを楽しんでいる殆どのアマチュア
 その平均年齢は 50代、
 若者と呼べる年代ではありません。

 👉からだを廻す、向きを変える
 の行為のメインエンジンは 脚やお尻周り、
 その 動作点、基準点は股関節になるんですが…

 遅れちゃうモノは デロデロに脱力して って
 意味じゃあ無いですけれど
 遅らせとけ なんですが、
 脚廻りを使って 骨盤を動かす と
 クラブや腕や遅れるから
 微妙にですけど 肩周りも遅れガチ になる。

 意識はしてなくても 胴体は捻じられる形 になります。

スクリーンショット 2023-04-23 202647今のスイング論の多くは
その胴体のねじれを 意図的に、
テークアウェイで 肩周りだけ捻じって
始めから『遅れ』を造ってしまうスイングが
とても多いです。

 このスイングは 関節にアブラのノッテいる世代、
 筋肉がしなやかな年代には 良いかも知れませんが
 アマチュアの平均年齢に近い、それ以上の世代にとっては
 かなり からだの負担の大きな動作になります。

 始めから体の中の遅れ、
 胴体のねじれを意図的に造ってしまうので
 捻じれの量も大きくなりますから
 動きにあそびと言うか、余裕、クッションが少なくなる
 動きになってしまいます。
 腰回りや首回りに負担のかかり易い動き ですので
 そのまんま それを真似るのは推奨出来ません。

at 0m1sダウンスイング以降、
クラブ自身の重さ、長さ、運動による負担分、
クラブ も  腕 も
その腕周りの生えている 肩周り も
骨盤に比べ 遅れ
捻じれが出来るのは自然ですが、
それは あまり多くしない方が
 始めから 捻じれの限界点からダウンスイングする、
 更にねじれを増やす ようなスイングは 危ない です。

 そういう意味で ハミングバードでは
 テークアウェイの時点ではねじれを造らない、
 胴体丸ごと 向きを変えて
 トップまでは 大きな胴体のねじれを造らない
 はっきりした遅れが生まれるのはダウンスイング以降、
 そういう動きの方が 痛める可能性は断然、低い。
(回転とフットワーク_Moment
 いつまでも 若いわけじゃないですからね…。」

質問「…ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長 「ダウンスイングからフォローまで
 仮に180°ターンするとすると
 自分自身は180°するけど
 先端は 重さ分、それよりずっと少ない。
001
 ダラダラ、デロデロにしている訳では無いけど
 重さ分、長さ分、速度加算分遅れるのは放って置く
 遅れたまま からだを廻し続ける。

 右打ちで言うと 左をしっかり向く。
 向ききる というのは とても大事。


 無理に遅れを取り戻す となると
 その基準になる からだの向きもおろそかになるし
 からだの向き以外で取り戻すコトになるから
 出来るだけしない。

 見た目の、単純な言葉の からだの回転
 を目指そうとすると 最終的には手で振るコトになると言う
 なんとも壮大な罠が仕掛けられている…
  そういう感じ。」

質問「クラブというか、ヘッドの遅れは放って置け と❓」
07cc3447
店長「はい。
 放って置いても ボールに当てる〜打つ には
 しっかり左(右打ち)を向かないと…。

 からだの正面で とか、
 左サイドの壁 とか、を
 意識し過ぎてしまうと
 正面で待って… つまり 左を向くコトを辞め、
 クラブが追い付くのを待ってしまう というコトになり易い。

 クラブだけでなく 腕にも重さがありますから
 腕も遅らせてしまってOK
 
 からだの回転は 腕を振るとか、クラブを振る、
 クラブをターンさせるではなく
 クラブを持った『腕の付け根の移動
 と考えるのが 一番良いかも 知れません。

 そういう目で スイングを見てみると
 今までとは別の見方・考え方が生まれてくるかもしれません。

 結果として  右打ち であれば
 テークアウェイ、トップの右向き、
 ダウンスイングの右向きの戻り、
 そして ボールと正対する『瞬間』がありますが
 感覚として その 右向きの戻り〜ボールと正対
 この時間の中に インパクト が有るように思えるので
 そこから 先の 左向きがおろそかになりがち です。

 振り遅れ の 取り戻し では
 ボールと正対する瞬間を意識しがち です。

 クラブや腕は重さ分、振り遅れてしまうモノ。
 その振り遅れが有っても ボールに当たるには
 その遅れ分、廻っておいてあげないとイケナイです。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 ボールと正対する瞬間のコトは忘れ、
 トップの位置から いきなり 左を向く位の意識で、
 左を向くコト そのものが 打撃
 という 感覚を刷り込んでいくのが良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングにおける からだの回転には
 『矛盾』に感じるかも知れないコトが
 幾つかあるんですね。」

質問「矛盾❓」

店長「はい。
(グリップの移動 〜先端
 ゴルフスイングにおいて
 からだを回転させるのは
 当然、クラブを動かして、ヘッドを動かす
 と言う目的が有るのですが…

 ウチの悶絶クラブではそう思わない…かもですけれど
 一般的なゴルフクラブって
 持った時、決して重くはないじゃないですか❓」

質問「まあ…確かに。」

店長「だから 出来てしまうかも⁈
 って思っちゃうのもあるんだと思いますが…

 😧例えば ですけれど
 水の中、プールに入って 首辺りの深さまで浸かって
 前ナラエした腕、その状態から
 180° 回転・向きを変えたら したら どうなると思います❓
(グリップの移動 〜先端は振りません
 始めの 前ナラエの状態 のまま
 向きを変えられると思います❓」

質問「水の抵抗もありますから
 腕の重さが…その重さ以上になりますね。
 
 ダウンスイングと同じ方向に行ったら
 腕は 前ナラエよりも後ろに残る、
 ゴルフ用語的には遅れる感じになりますか❓」


店長「はい。その通りです。

 ですので からだが180°向きを変えても
 腕やクラブは 180°は回転しない。
 正確に言うと 『出来ない』んです。
 
からだの回転だけでは

 水の中の 前ナラエ で言うと
 単に からだの向きを変えただけ では
 腕はその重さや抵抗分、取り残され、遅れます。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 それを 始めに前ナラエした状態を維持し続ける には
 からだの回転 以外の 何かの意志動作 が必要になります。
 おそらく かなりのチカラも要りますね。」

質問「それが スイングでは『リキミ』に当たると❓」

店長「その通りです。
 力みたくないのならば
 自然に遅れるモノは 遅らせて置けば良いのです。

 前ナラエを維持し続ける のと同じですね。

 遅れを取り戻す では無く、
 遅れたまま どう打つか
 が
 からだの回転を主にボールを打つか、
 からだの回転以外、この場合は手や腕の作業 で打つか

 の分かれ目になると思います。

 からだを回転させることは
 グリップやクラブ、ヘッドを動かして
 ボールを打つ為にするんですが、
 自分の回転で 動かせる量は限られていて
 自分の回転の この場合は角度になりますが、
 量よりも 重さや負荷分、移動量は少ない、減ってしまう、
 と言う認識が必要です。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
 逆に 自分が180度回転したら
 重さの付いていて 長さの有る 先端部分も
 180度回転する と考えてしまうと
 向きを変える と言うシンプルな動作以外
 別な動作が必要になり
 本来は 回転運動の補助のだった動作、
 ソレが打つコトそのものにすり替わってしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「やはり からだの回転で打つ
 というのが イマイチ掴めないのですが…。」


店長「分かります。
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 おさらいになるのですが
 からだの回転で打つ の対語は
 手で振る になります。

 からだの回転で打つ の大きなメリットは
.好ぅ鵐阿慮未筌悒奪匹了兩変化などが
 穏やかで 安定して 繰り返し易い🤩と
△尻や脚、背中など大きな筋肉を使って
 主な動作を行いますので
 疲労による変化が緩やか🤩
 加齢による体力低下の影響が緩やか🤩
自分の体力なりの最大飛距離が得やすい


 ´△箸發亡砲笋、穏やか と言う点がポイントです。」
07cc3447
質問「はい。 頭では分かっていても
 それが出来ないのは何故なんでしょうか❓」


店長「ゴルフの、ゴルフスイングの永遠のテーマ
 みたいな部分なので そこで試行錯誤するのも楽しんで欲しい
 と思うのですが…😊😊😊

✅どうするのが からだの回転で打つのか 分からない😵

 というのが有るんだと思いますね。

 一般的に からだを廻せ、からだの回転を使え、 
 と言われますけれど
 多くの場合、からだを廻してから
✋クラブや腕を振る(動作)
 動作の為の ポジション作りの為、だったり
✋からだを廻して それが止まる反動
 で やはり クラブや腕を振る


 どちらもが クラブや腕を振る為の
 前動作 としての からだの回転で
  (意味が伝わると良いですけれど)
 からだの回転で『直に』ボールを打つ
 と言うトコロに至っていない のだと思います。」

質問「ですねぇ…😧😧😧」
会田20210701 - frame at 0m16s
店長「前に からだの回転のメリット´↓
 は逆に言えば …特に若い人になるとは思いますが、
 手で振っても 繰り返せる、十分なパワーが出せる、
 疲労の影響を受けにくい であれば
 他人がとやかく言う問題ではありません。

 ただ 若い時にそういう振り方をして
 年齢が進んで、距離が落ちてから
 からだの回転に移行となる と
 動力源が より からだの「鈍い」箇所になるので
 鈍い部分ですので、移行が時間が掛かってしまい
 辛抱がし難い点と
 同じく 「打った実感」 が湧き難い点…
 😵😵メンタル的な部分が障害になるかも…
  は理解して置いて頂きたいと思います。
Q2023918Q20239180Q20239181






 初めてゴルフスイングを覚える…
 と言う方は この記事は読んで無いでしょうから
 あえて言うのならば
 からだの回転に移行する…というコトは
 既に からだの回転 の代替行為でボールを打っています。

 ですので 自分のスイングに
 新たな技術、動きを加えて ではなく
 自分の その代替え行為を『抹消』して
 からだの回転に移行しなくてはならない。
 その代替え行為がある限り、
 繰り返せる、とか 安定する、とか
 もっと飛ばす などの願望を除けば
 ボールは打てちゃう訳ですから
 上手く行かない、馴染まない、覚えられない、
 と すぐに 元の代替え行為に戻る。
 スイングだけに限りませんが、よくあるパターンです。

 からだの鈍い部分で
 いままで からだの最も俊敏に動かせる、
 自分の思い通りに動かし易い 腕の行為を
 代替えさせるのですから 『直ぐに!』と行く筈がないのは
 机上の話しでは理解頂けると思います。」
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s


質問「ぐうぅ…😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【高橋賢プロ】  👉出場試合
祝開幕戦東建出場 高橋賢選手 スイング集サウンド有_Moment

〇関西オープン
 名神八日市カントリー倶楽部 (滋賀県)
〇日本プロゴルフ選手権
 富士カントリー可児クラブ 志野コース (岐阜県)
〇横浜みなとチャンピオンシップ
 横浜カントリークラブ (神奈川県)



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングをあんまり得意としていない方 の
 ストロークというか、方法を見ていると
 勿論、全員じゃあないですけれど
 ヘッドを動かそう、動かそう としている。
IMG_0031_Moment
 そりゃ ヘッドを動かさなくては ボールは打てない ですけど
 じゃあ そのヘッドを『何で❓』『どこで動かしているか❓』
 は 深くは考えていないように思うんですね。

 ヘッドを動かすには
 ざっくりと 3つ 方法があるんですね。
.ラブごと、₍自分₎まるごと動かす
▲ラブを回転させる
グリップを移動させる


 ,魯乾襯佞離僖奪謄ングにおいては
 ちょっと非現実的です。
 感覚としては に近いとは…思いますが…。
IMG_0030_Moment(2)
 △一番多いように思うんです。
 クラブを回転させるって言っても
 パターですので フェースターンみたいのではなく
 クラブの針を縦回転させる…と言えば良いのか…。

 クラブの部位では無く、握り の方のグリップって
 右打ちであっても、左打ちであっても
 少し違う場所、ズレたところを握っています。
 ですので その両方の腕の長さ関係を変えて上げれば
 右打ちであれば 左腕に対して
 右腕を長くしてあげれば
 クラブは薄っすら 縦に回転するような
 時計の針で言えば 10秒分弱…8秒位かな
 角度で言うと 40度も動かせば 大抵の距離は打てる。

 見た目には 手首を使っているように見えるけれど
 実際には だいたい
 右打ちの利き腕、右手の長さを伸ばしている
 大袈裟に言えば 右腕の伸ばして
 クラブヘッドを跳ね上げているような動き…

 『タッチ』って言う言葉からも
 そういう動かし方になるコトが多いと思うんですね。
 右腕を伸ばすから、結果、として 左手首が折れる
 😧でも 手首の曲げ で打っている訳じゃない。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s








 これで 距離感が合っているのなら
 別に何も言うことは無いですけれど
 距離によって クラブと言うか、シャフトの振る
 角度や速度がかなり増します。
 中長距離になれば 40°では足らないので
 時計の針 12〜13秒分
 …角度で言うと 70°や80°も振ると
 フェースがボールに当たる場所もズレるし、
 アッパーなのか、レベルなのか、もズレる。
振り子
そうなるとタッチ』が距離と合わなくなる
✋これが一番多いと思うんですね。

 だから クラブから離れた 肩を動かしましょう…
 って なるんだと思うんですね。
 ショルダーストロークで有れば
 "両腕の長さは固定”ですから
 振り子ではあるけれど その変化は穏やかになる…
 そういうコトなんだと思います。

 ハミングバード的にはをお薦めします
 パッティングの場合はカラダを回す訳に行かないので
 腕さばきにはなってしまいますけど
 左右の腕の長さの関係を変えない
 右打ちであれば 右腕を伸ばすんでしょうけれど
 クラブを縦に回転する為に伸ばすのではなく
 グリップを移動させる為に 伸ばす。
 故に その分、左腕を逃がす と言うか、
 左腕の長さも 長くする感じになりますね。
IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)





 『タッチ』と言う意味では 一番合いやすい と思いますけど…
 勿論、コレはお好み次第 です。

 ただ パターの縦回転(移動)は
 出来るだけ避けた方が、出来るだけ穏やかにした方が
 距離感が、タッチが からだに馴染み易い と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングで距離感の安定しない
 ストローク
というのがありますね。 

 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す
 転がしたい方向に直線的な意識が強いあまり
 ヘッドの上下、高さの動きが
 結構な曲線 弧になってしまっているケースです。
006009







 パッティングは極端な話
 勿論 薄っすらではありますけれど
 ダウンブローであっても
 レベルであっても
 アッパーブローであっても
 問題はありません。
 繰り返しますが 薄っすら ですけれど。

 しかし 打つ度に アッパーになったり
 レベルになったり、ダウンブローになったり
 変わってしまっては
 ヘッドスピードがボールスピードと
 つながりを持てません。

 同じヘッドスピードでショットで言うと
 ダウンブローで打つと
 打ち出しは低く、スピンは多めです。
 アッパーブローで打つと
 打ち出しは高く、スピンは少な目です。

 パッティングの場合、順目や逆目、
 傾斜やボールの沈み具合などによって
 その二つの差は狭くなったり、
 広がったりしますので
 一概には言い切れませんが
 同じスピードで、同じ強さでボールに当てた、
 としても 転がる距離 は異なります。
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)
 また 振り子式の『真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す』
 の場合、アッパーがかなり極端になり
 ボールの芯 ではなく
 ボールの上っ面を打つような状態になる のを
 結構、見かけます。
 
 ショットで言えば トップしたのと同じ です。

 パッティングでのトップは
 ショットの場合と大きく異なり、
 ショットの場合のトップは
 大抵の場合、想定の距離よりも飛んでしまう、
 行ってしまうケースが殆どですが、
 パッティングの場合、
 普通のパットでは 回転数は距離にもよりますが
 数百回転…1000回転まで到達することは少ないですが、
 トップになると いきなり 2000〜3000回転
 ホイルスピンするような形になり
 摩擦が一気に増え、推進力を一気に失ってしまいます。

 トップと…まで行かなくても
 アッパーがきついと ボールが伸びにくい
 惰性での転がりになり
 接地時間が長くなり、芝目や傾斜に影響を
 大きく受けることになります。

 それが『いつもの』自分の球質 であれば
 慣れれば良いだけですが、
 振り子式の『真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す』
 の意識が強いストロークの方は
 ソレが出たり、レベルで打てたり…と
 微妙な距離感が掴めないまま
 ラウンドが終わってしまったりします。
4c9a0689
 パターの苦手な方は
 このパターンが多いんじゃないかな と思うんです。

✋自分の目線から パターヘッドを真っ直ぐ動かす
 それはそれで 目標にしているのは良いと思いますけど
 ヘッドの高さ変化、ロフトの様変わりは
 自分の目で確認し辛いですけれど
 動かす『シャフト』の角度変化
 
 自分の目 👀 でも確認出来ますので
 それを より少なく すれば ヘッドの高さ変化、
 ロフトの様変わりは穏やかになりますので
 距離感が安定し易くなると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「10人の人に 3ⅿ距離を打って頂いて
 5球カップインしたデータを取るとですね…。」 

質問「はい。」

店長「同じ距離を 同じ場所から打っていて
 カップインまでは同じなんですけど
 意外にもそのデータは 結構、バラバラで
Desktop 2022.05.08 - 06.28.43.01_Moment
打ち出し時に 左₍フック₎回転が入っている人もいれば
右₍スライス₎回転が入っている人
も居るんですね。

また ボールの打ち出し速度も結構、違いが有って
速い球で ラインを消し気味の人もいれば
遅い球で 流し込むような人
も居るんです。」

質問「だから 登り/下り フック/スライス
 得手不得手があったりするんですね。」


店長「おそらく そうだと思います。

 ショットと同じで 同じ距離・同じ場所から
 打つんであっても ヒトそれぞれ 弾道が異なります。

 ですので 打ち方と言う意味での
 パッティングストロークは
 繰り返せるのならば 自分のストロークで良い
 というコトになるんだと思います。
((パッティングストローク - frame at 0m27s
 ボールの転がるラインは
 ボールが接地した箇所や回数によって
 芝などの外的影響も異なるので
 中・短距離のラインも 決して一本では無く
 自分の感じたまま 打つ方が良いと思いますね。

 距離感と言うか、タッチって言うんですか、
 これは 本当に自分独自のモノ で
 誰からも教われないし、誰にも教えられない…
 その距離を転がるボールのスピード感 と
 自分の動かすヘッド・グリップ・自分の動作速度
 そういうのは ある程度、掴んでおいた方が良いですし
 パッティングだけじゃなく、ショットもですけど
 『ボールの転がる・飛ぶスピードの感覚』は
 毎回ちゃんとイメージしておいた方が良いと思います。

 そういう意味でも
 中・長距離のパッティングでに
 かなり強く打たなくてはイケナイ パター
 飛ばない〜ちゃんと距離が出ない パター だと
 距離感が出し難い…
 微妙な短めの距離を打つのにも
 ある程度 振らなくてはいけない パター は
 タッチとボールスピードが一致し難いので
 使い難いんだと思いますね。

 弊社のパターではソレはあり得ない…ですけどね😧
IMG_1302


 あえて言うのなら 緊張した場面、
 大切な場面で いつも以上に時間をかけたり
 逆に その緊張感から急いでしまったり、
 慎重になり過ぎて 構えが小さくなったり…
 そう言うのを 気を付けた方が良いと思います
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1222

from TOKYO
 届きました!

またまた凄いのが出来ましたね、、

なんと表現したら良いのか、

既に重さには慣れていたつもりでしたが、
やっぱり重い!とにかく重い!

グリップが太めなので(わざとかな、、)

多少緩和される感じですが、
扱いを間違えると重さが仇になりますね、
振ったら終わりですね。


2本貸し出し中のブログ を読みましたが、
これは正に両方のいいとこ取りって感じです。


私的には、迷わず構えさせてくれて、
スピード感も出しやすい感じ 
です。


月末にラウンドの予定なので、楽しませてもらいます。

色見本1
from NAGASAKI
L型マレット ◯◯大会の予選へ
いきなり 実戦投入しました。

大会につき 11.5ft で ボールマークも付かない硬さ。
ピン位置は 傾斜のキツイ 場所でした。

 

これ以上のパターは作れない」と言われるとおりの 使い心地と結果でした。

狙った方向を向いていると思える 構えやすさ。

長距離が合う 。

短距離を引っ掛けにくい

とは言え 素人ですので
この速いグリーンでは 下りのパットは
35m オーバーは 当たり前の状態でしたが
返しの 上りが しっかり打てております。時々 入りました。

グリーン外からも 使いました。

これまで以上にパッティングが楽しみになりました。

IMG_1300


(店主)一般的なマレットタイプですと
重心角と言えば良いのか フェースアングルは
水平だったりするの…ですが、
今回の L型マレットの重心角度は
ブリストルと大きく変わらない 左を向き難い構造です。

L型ブリストルの最終形と言えるかもしれません。
✋テークアウェイの引きやすさは非常に秀でていると思います。


実は重量があり過ぎて…なのか
慣性モーメントの数値が機械計測できない😵
数値が測定範囲を超え エラーになってしまう😫

と言うハプニングがありまして…😓
おそらく ゴルフ用具史上の最大の
 左右の慣性モーメント、上下の慣性モーメント

を持っていると 推測(計算上)しています。

IMG_1302
それから考えると
ヘッドの右向き、左向き、左右の向きのズレ
フェース・ロフトの上下の向きのズレ
が非常に起き難い、変わり難い

上下左右の当たりドコロによる差が非常に出難い
 と判断できますので
ストロークは パターに任せてOK✊
ファジーなパッティングでOK✊
 と思います。

あまり 難しく考える必要は無い✋ と言うコトでしょう。

L型ブリストル、ピン型デール9に比べると
数ミリ程度ですが 重心が深くなっています。
その分、ストロークが出易い
 ヘッドが前に出易い と言う傾向がすこ〜しありますが、
本当に 多少程度 ですし、
慣性モーメントが高いので それで
 ボールがひっかかる と言うコトは無い
左に出難いパターであるのは間違いありません。

重心深度の影響で
 ストロークが微妙にレベル、
 もしくは薄っすらとアッパーになる可能性がありますが
それは 自然に任せて良い と思います。

ストロークを気にする パター ではありません。

距離感 ボールスピード感も合いやすいパターと思います。
IMG_1224
あえて 言うのなら 直進性の長けていますので
 今まで以上に ラインを消してしまう
 曲がりが薄くなる可能性は否めません。
 そこは 慣れて頂く必要があるか と思います。

結果、はだいたい予想通りになると思いますが、
快感も 結果も得られる 素晴らしいモノと確信しています。

どうぞ お楽しみください🎵🎵
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「外から振っちゃう は紛らわしいので
 該当するピッタリな用語はありませんが、
 まあ 解いてしまう振り方 と仮称しましょうか
2024-04-16_15-11-17 - frame at 0m2s
 ヘッドの円弧を解いてしまう振り方 の
 大きな欠点は そのまんま…ですけど
 入射が緩くなり過ぎてしまうコト だと思います。 

 入射が緩くなり過ぎてしまうと
 打ち出しは高くなりますが
 スピンが少なくなり
 ボール速度も遅くなります。


 打ち出しが高いから と言って
 一般的に言われる 『高い球』になるか と言うと
 そうとも言い切れません。
 中高年になってくると
 若い時のようなヘッドスピードを出せませんので
 打ち出しが取れていても
 ボールスピードが遅い + スピンが少な目 ですので
 浮力を維持しきれません から
 測定上、打ち出し角度は取れていても
 ドヨンと落ちてしまう 伸びの無い球になりガチ です。
会田20210701 - frame at 0m16s
 また アプローチショット や ショートアイアン、ウエッジ
 などでは 球は上がりますが、適切なスピンが入っていませんので
 着弾しても ボールは止まり難く、
 距離の計算がし辛い…
 強く振っても ボールの打ち出しが増え、
 道のりとしてのボールの移動は多くても距離は出ず
 距離感が難しくなる。
〇ボールの拾い方? - frame at 0m13s

 解いてしまいますので 下から入る、しゃくる、煽る
 そんなカタチになり易いですから
 スピードで解決でき切れない アプローチでは
 そのまんま ダフリ、トップのミスは増えてしまいます。

 ドライバーや長物の距離が伸びず、
 アプローチでの成功率も下がりますから
 出来るだけ 気が付いた段階で 少しずつ
 解かない 嫌な言い方になりますけど『溜め』の有る、
 自然な成り行きの『溜まり』のあるショットに移行したい、です。」

質問「はい。ホントに。」

店長「切り返しでも『溜まり』は自然な流れ です。
 自然な法則に逆らって 上手く打ててしまっていた というコトは
 自分なりの クラブ扱いのコツ を掴んでいるので
 ソコを脱するのは 感覚的にかなり差があるので
 少し大変かも知れません。

 解いてしまう方が クラブも、腕も長くなっているので
 重い…のですが、重いが故に その感触、
 リキミ感みたいなモノが スイングの目安になっている可能性も
 否定できませんので 頑張って 乗り越えて頂きたい、です。

 特に アプローチっぽい距離のショットの練習、
 クラブヘッドの重さを構わない、放って置く、
 もしくは出来るだけ上手に利用する、為に
 ダウンスイングでは ちょっと意図的に
 『インループ』 ヘッドの慣性分、帰りは
 小さな弧にして インパクトには行ってみるトライは
 何かを掴むきっかけになるかも知れません。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
2024-04-16_15-11-17 - frame at 0m1s

 行きも帰りも同じ弧の大きさ では
 からだの回転の時間進行 と ヘッドの移動 が
 合わなくなり 何かの調整や待ち が必要になる。
 シンプルに フットワークで骨盤を動かし、
 それによって『腕の付け根』が移動する
 その感覚を掴むには 時間進行のズレ は
 とても大きな障害、阻害要素になりますので
 『インループ』して 小さな弧 👉近道 を通すと
 時間が合いやすくなり、シンプルな
 フットワークでボールが当てられるようになると思います。

 また、この際 腕周り…
 『手先で』インループを造る のではなく
 どういう風にからだの向きを変えると
 自然なインループ、
 インループしても ボールに当てられるからだの廻し方
 を意識して下さい。
 そこを 腕さばき、腕を使ったグリップの移動 で
 覚えようとすると 似たことを別な形でやる だけ
 になってしまいます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この話しのポイントは
 伝わり難い とは思うのですが、
 ゴルフスイングは立体、3次元なんだよ
 というコトなんですね。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)
 当たり前…のコトなんですけれど
 インサイドアウト アウトサイドイン論的には
 スイングの軌道を平面上で考えガチ。

 それと同じことが 上下の、縦の、
 ヘッドが煽って入ってくる、下から入ってくる、
 しゃくる、などなど
 ヘッド軌道にも有るのにもかかわらず
 そちらの比重は非常に軽くて 話題になりません。 」

質問「やはり アマチュアゴルファーには
 スライスという ゴルフショットの壁 があるから❓
 でしょうかね⁈」


店長「あるとは思います。
 こう スライスって 子供の頃の寝小便というか、
 お漏らし みたいなトラウマ感がありますからね。

 そうは言うものの、現代のゴルフクラブは
 ものすごく スライスし難くなっています。

 もうすこし 縦方向の円弧について
 考えてみると スイングの幅が広がるというか
 理解が深まると思いますが…😊

 分かり易い か、どうかは微妙ですが
 アプローチ、グリーン周りのアプローチで
 判断頂けると分かるかも知れません。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment振り子のアプローチ_Moment(3)





 よくある『振り子のアプローチ』というのがあります。
 これって ビギナーの通る道 なのかも知れませんが
〇真っ直ぐ行かせたいから…
〇スイングの円弧は左右対称…
〇クラブを元の姿勢に戻したい…

 等々有るとは思いますが、
 アプローチに限らず、ショット全般で
 テークアウェイの通るヘッドの道より
 帰り・ダウンスイングの弧の方が小さく
 打ち手に近い 小さな円弧になります。

 これは テークアウェイで進行している運動慣性が
 ヘッドに残っており、折り返しの逆方向への進行
 に対しては 静止状態のヘッドよりも重くなっていて
 その分、ヘッドがそこに留まる量が増えるからです。
 アプローチのゆっくりした進行でも基本は同じですので
 小さなショットであっても
 行きと帰りが同じ道は通らない。
 帰りの道の方が 誤解を生み易い言葉ですが、
 『インループする』 〜小さな円弧になります。
 (あまり意図的にするべきではないと思いますが…)
2024-04-16_15-11-17 - frame at 0m2s
 ゴルフスイングや打撃と関係なく
 からだを廻し 手やクラブをふにゃふにゃにして
 右を向いたり、左を向いたりすると
 反対方向に動き直し〜切り返し時には
 クラブは必ず 自分の方に近づく、
 意図的にしない限り、元の円弧の大きさや
 それよりも 大きな円弧になるコトはありません。

 とても自然な成り行き…なんですね。

 ですので このように 行きも帰りも
 同じ円弧の大きさ…となると
 必ず意図的にするコトになって
 からだの回転 と クラブヘッドの進行が
 同じ時間進行にならず、結果、腕で補う必要が生まれます。

 アプローチで からだの回転で行おう と思っても
 ヘッドの通る道のりが長い〜時間がかかる ので
 最後は 肩周り、腕周りの動きが必要になり
 骨盤〜胴体の向き ではなく
 肩の揺さぶりで打つ『結果』に辿り着いてしまいます。

 かなり憶測が入っていますが…。
 もしかしたら この部分を
 『スイングの溜め』と呼ぶのかも知れません。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
2024-04-16_15-11-17 - frame at 0m1s

 兎にも角にも 行きと帰りは
 同じ円弧の『大きさ』には自然な成り行きで
 ならない というコトは理解頂きたいと思います
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「これも ゴルファーの酒呑み話し
 になるんだと思いますが、
 スイングには『遠心力が・・・』と言うのが
 有ると思うんですけど。」

質問「あるある、ですね。」

店長「ゴルフクラブは1m位の長さがあって
 その先に 全体の重量の6割を超えるような鉄の塊、
 ヘッドが付いています。
 普通に動かさば 放って置いても
 遠心力が『増し増し』になる構造をしていますけど
 遠心力が生まれれば 良い ってもんじゃない。
会田20210701_Moment(2)
 ゴルフクラブそのものを 放り投げて
 その距離と方向を磨く遊びじゃないですし、
 その遠心力は強く❓ 大きくすれば 握力などの
 自分への負担になります。

 遠心力が生まれ易いゴルフクラブの構造を
 上手に使って その遠心力を『ボールを打つコト』
 『ボールを飛ばすコト』
に利用しないと
 単なる負担でしかありません。

 振り遅れたモノを取り戻そうとして
 ヘッドを、クラブを、シャフトを振ってしまい
 ボールを打つまでに スイングの弧が大きくなってしまいます。
 打つ前に 遠心力が掛かってしまう訳ですね。」

質問「リキミ の原因にもなるんですね❓」

店長「でしょうねぇ😌

 遠心力は 中から外に飛び出よう、ふくらもうとするチカラ
 ですので 『外から』ボールを掻いてきてしまう、
 円の中にかき込んでしまう形になるので
 その遠心力は ボールに伝えられなくなってしまいます。
445413






 理想的には ボールを打つまでは
 出来るだけクラブや腕を長くしようとしない、
 トップの形をほぼ維持したまま、
 ボールまで辿り着き、インパクト付近〜以降で
 クラブを、腕を、ヘッドをリリースする… ようにすると
 遠心力通り チカラはボールに伝わります。

 また、ダウンスイングで 自然に腕が伸びていく のも
 強い意志では無く、あくまでも自然な遠心力通り…の
 腕の伸びは 遠心力あってのモノ だと思います。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「とっても分かり難い話しになるんですが、
 ゴルファーの大きな勘違いを生んでいるテーマなので
 是非 聞いて頂きたいのですが…。」

質問「はい。」

店長「スイングの話しは ルールではありませんし
 それぞれの方が それぞれの考えで進むのも
 ゴルフの面白さのヒトツ なんですけれど
 その「勘違い」はクラブの扱いというか、スイングに
 結構、影響を及ぼします。

 多数決を取った訳では無いので
 推測に近いとは思いますが…
 『アウトサイドからという言葉がありますけど
 一般的には アドレス時の飛球線、
 それよりも 遠い側、外側、からヘッドが入ってきたモノを
 アウトサイドから と考え、
 飛球線よりも内側から 入ってきたモノを
 インサイド から と考えられている匂いが非常にします。」
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s





質問「違うんです❓」

店長「なにをどう表現しても自由ですし、
 その勘違いも、また ゴルフの楽しみなので
 良い悪い ではないんですが、
 スイングの教科書的には それは違うモノ です。」

質問「!!!!!!!

店長「スイングのトップの位置で出来た
 腕とクラブの形、関係を半ば固定して
 腕もクラブも振らず、
 腕を伸ばそうとせず、
 クラブをリリースしようとせず、
 …自然に伸ばされたり、解かれてしまうモノは
 仕方ないですけれど…

 半固定の状態で インパクトに入ってくる、
 のを基準とすると
001
 途中で 腕を伸ばしてしまう、
 クラブを解いてしまう、
 早めのリリース で入ってくるモノは
 それよりも 膨らんだ 大きな円で
 入って来ちゃいますよね❓」

質問「そうですね。」

店長「その 解かれた 緩い円で入ってきてしまうのを
 レッスン的には アウトサイドから✋
 クラブが解かれず、必要以上に腕やクラブが長くならず
 入ってくるモノを インサイドから✋
 と考えます。」

質問「!!!!!!

店長「ですので ややこしいですけど
 飛球線を基準と考えると
 飛球線の外から入ってくる インサイドアウト もあれば
 飛球線の内側から入ってくる アウトサイドイン もある

 二つは似ているようで 全く異なります。
FinfaZ7UAAAnu8v
 振り遅れたまま、半固定された腕とクラブを
 からだの向きで打つのは インサイドから になり易く、
 遅れたヘッドを 戻そう とすれば
 膨らんだ円になりますので レッスン的には アウトサイド
 からになり易い。
 それが 飛球線に対して 外からでも、内側から でも です。

 飛球線に対する ヘッドの軌道は
 単に『振った方向』、
 どの方向に振ったか』であって
 ボールがどういう球になるか、
 どういう弾道質・球質になるか、とは別なモノ 
 そこを 思い違い してしまうと
 何を目指して スイングを造ろう としているかの
 着地地点も想定とは違うトコロになるのでは😵 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スライスにおいては
 振り遅れ は フェースの開き、ロフトの開き
 になっているから フェースの閉じ、ロフトの閉じ
 が必要になるので 遅れを取り戻す、
 動作で言うと 手を返す が必要になる のですが、
会田20210701_Moment(2)
 ゴルフショットには 遅れ
 用語としては ハンドファースト もそれに該当しますが、
 遅れても フェースは開かない、
 ロフトに関しては 逆に ロフトの立ち、
 まあ、正式には 入射角度程度、
 ロフトが下向き、外向き、
 目には立って見える状態 になっている…ですが、
 その遅れのまま インパクト出来るケースは
 多々ありますし、スイングの向上は
 ソチラの方が目標になり得ると思います。」
001
質問「確かに…そうですね。」

店長「そもそも からだの向きを変えている最中に
 その先端に相当する、腕やクラブが
 からだの向きを追い越すことは かなり無理があり、
 常識的には不可能な行為です。

 それ故に からだを先に廻し、
 からだを止め、その反動も利用して
 腕やクラブを振り 遅れを取り戻す は
 そのまんま 手打ち を表現しています。

 振り遅れ に関しては
 正に ゴルフスイングのパラドックス で
 振り遅れを取り戻そうとすると
 結果、としては 振り遅れになり
 振り遅れのまま、振り遅れの状態でも
 打てる状況を造っておけば 振り遅れない

 という 意味不明な点がゴルファーを惑わせるんです。 」

質問「???????」


店長「言葉で説明して 意味が通じるかはなんとも言えませんが、
 振り遅れ のまま トップの位置の腕やクラブのまま、
 それを固定、もしくはダウンスイング以降、
 重さの掛かる分 振り遅れたまま、ボールを打とうとすると
 クラブや腕はからだの巻きつこうとします。

 一方、振り遅れている モノを
 取り戻そうとすると
 からだの向きで作られるであろう 円と言うか、曲線に対し
 腕やクラブを振る と言う別の円が必要になるので
 必ず クラブの通る道筋が大きく、長くなります。
 即ち 時間がかかる になります。
07cc3447
 遅れっ放しのまま からだの巻きつける と
 クラブや腕の長さは最小状態になり
 からだの近くを移動する形になるので
 近道をするコトになり 時間がかかりません。

 右打ちの人で言うと
 ボールに対して テークアウェイ、ダウンスイング側の
 右側で円が大きくなってしまうか、
 インパクト以降、フォロー側で円が大きくなるか、
 その違いとも一致しています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スライスにも影響ありますが、
 スイング全般に おいて ですけれど
 すごく誤解や錯覚、
 その誤解が元の思い込みによって
 抜け出せない沼にハマり易い問題があります。」

質問「えええ なんです❓」

店長「まずは スライスの場面でも良く出てくると思いますし、
 かなりの人が ソレがスライスの原因 だと思っていると思うのですが
 『振り遅れ です。」

質問「❓❓ 振り遅れ はスライスの原因ですよね❓
 違うんですか❓❓」


店長「振り遅れがスライスの原因か?

 答えは NO です。
07cc3447

 教科書的な話しをすれば
 からだの回転 というのは
 クラブを廻す〜回転させる為、でも
 腕を振る為のモノ ではなく
 クラブを持った腕の『付け根』を移動させる為
 のモノです。

 腕を振る、クラブを振る、
 とはニュアンスがかなり異なります。

 違いが掴めます❓」

質問「イマイチ…🤒」

店長「ですよね😊

 他の記事でも書いていますが、
 クラブは長い棒で その先端に重さが付いています。
 そして 多くの人は忘れがち ですが、
 成人男性の両腕は勿論、長さもありますが、
 両方で10疏宛紊僚鼎気あり、かつ長さが積算、
 そして その腕でクラブを持っています。

 からだの向きを変える、回転すると
 移動するのは 腕も多少移動しますが、
 基本は 腕の付け根、
 非常に意味として紛らわしいですが 肩 の部分です。

 腕やクラブは 重さ × 長さ × 移動速度の二乗 分
 の負荷が運動にかかりますので
 どんどん遅れて行き、
 結果、としては 向きを変えた、廻したからだに
 巻きつくような形になり
 その続きとして 回転に伴い、移動します。

 つまり ゴルフショットは
 遅れっ放しのまま、ボールを打つモノ で
 遅れたモノを取り戻して打つ のであれば
 からだの回転、向きの変更が持続的であれば
 腕やクラブで それを追い越すこと…は不可能です。
振り4
 この話しの内容であれば
 遅れたモノを取り戻すには
 からだの回転を緩める、止める のいずれかが必要です。

 それは イコールで クラブを手で振れ
 と言っているに等しく
 振り遅れ の問題は
 振り遅れてしまっている、取り戻さなくては✋
 では無くて
 振り遅れた状態が フェースやロフトの開き、
 ヘッドの ボールを打つコトに対してはマイナス方向 に
 開いていて そのままでは打てないコト
 を指していますので
 問題が大きくすり替わってしまっています。

 教科書的には ゴルフショットは振り遅れたまま打つ
 であって、課題としては
 振り遅れるコトがイケナイ のでは無く
 振り遅れた状態で ちゃんと打てる状況を造る、
 『
振り遅れ方』が問題なのです。」

質問「
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023-12-28_23-05-51
2023-12-28_23-05-1

質問「確かに イメージとして
 曲げないようにする為、
 真っ直ぐ行かせようとする為、
 グリップを真っ直ぐ出すのが良さそう…
 って感じはありますね。」


店長「フォローが出る と言うのか、
 アマチュアは フォローで腕が縮こまる、
 (右打ち)左ひじが抜ける、みたいな部分に
 トラウマ的な悪印象が強い と思うんですね。」

質問「あります。あります。」

店長「結果、として フォロー側で
 グリップ、手が前に出て行くのは
 『からだが左を向いた』から と
 クラブの遠心力の複合技 で
 手そのものを出したモノではありません。

 フォローで(右打ち)左ひじが抜けるのも
 手を返した結果、右手が左手にかぶり
 左ひじが抜ける側に押されてしまった結果です。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m34s

 こういう言い方の方が効果が高い😧
 かも知れませんので 言いますが
 ドライバーショットの距離は
 頑張ってヘッドスピードを上げよう とするより
 適切に「絞った」少なめのスピンにする、
 適切にスピンを少なくした方が『飛びます
 勿論、振り方が効率良く改善されたり、
 体力が上がって ヘッドスピード、運動速度が上がる
 のは良いコトですが、
 ハイ 今日! 出来るの❓ となったら
 そうはイキマセンから。

 それには インパクト前後の穏やかなヘッドの動き、
 勿論、直線は無理ですけれど
 直線に近いような 緩やかな、穏やかな曲線
 にするには ちゃんとグリップが
 からだの(右打ち)左向きで ボールから遠ざかる、
 からだの向き通りに グリップが移動するコト
 なんですね。
スクリーンショット 2024-01-12 194827
 からだの向きに逆らって
 グリップを別の方向に出したりすると
 自分はグリップを動かしてるから
 真っ直ぐ行くような『雰囲気』は出ますが
 ヘッドは 元の動き、元々の移動が
 別なベクトルの移動に変わるので
 急激にターンしたり、内に切り込んだり、
 跳ね上がったり スピンが急増したり、急減したり
 する動きになってしまいます。

 例えば…ですが、ドライバーでのいっちょ噛み
 一度 地面に触れてボールを打つと
 だいたいのケース すごいフックになったり
 急激に落ちる フォークボールのような球に
 成ったりすると思うんですが、
 別なベクトルが加わった時に起こる、
 分かり易い例です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「例えば 良くアドバイスを受ける
 『
からだが開いている』はどうなんです❓」

店長「スイングの慣用句のようですが、
 大きな間違いでもあり、正しくもあります。

 手を返してショットを打つ、
 フェースローテーションでスライスを防ぐヒト
 にとっては ソレはその通り ですが、
 ゴルフの教科書的には
 からだを開くコト が イコール 打つコト
 ですので 間違いです。
スクリーンショット 2024-01-12 194631スクリーンショット 2024-01-12 194827










 問題なのは からだが開いているコト ではなく

開いているのに 『まだ』 打っていないコト
 
からだが開くコトが打つコトに繋がっていない人
 
 それで 開くことを辞めてしまったら

 必然✊ として 手で振る道に進むコトになります。
 多くはその道、交通量の多い幹線道路ですが、裏街道です。

 からだが開くコト、
 右打ちの人であれば 左を向くコトが打つコト
 になる練習をしないとイケナイんですけど
 その道を進む人はとても少ない、居ないに等しい位…。

 スイングのインパクト以降のクラブの円軌道、
 フォロー、インパクトまで 半円を描く訳ですが、
 それが体の向きで なのか
 手の返しで なのか、で スイングの流派は分かれます。」

質問「なるほど〜。」

店長「結構、多くの人が誤解していますが、
 ショットを真っ直ぐ行かせたい、
 スライスやフックを打ちたくない、
 故に 飛球線方向にグリップを真っ直ぐ出す、
 😧それは ヘッドは真っ直ぐ進みません。
20210701
 グリップを飛球線方向に出そうとすると
 ヘッドをソレを支点に 急激に内に切り込んだり、
 上に跳ね上がります。

 特にインパクト前後には
 運動スピードも、ヘッドスピードも高いですから
 想定以上の遠心力や慣性などの不可抗力が掛かっており
 その不可抗力によって スイングの動きの大方は
 作られてしまうほど です。
 
 手で振る(推奨外)んであっても
 からだの回転でクラブを移動させるんであっても
 出来るだけ早く、早い時間帯に
 グリップ グリップエンドは内に引き込まなくては
 ヘッドは真っ直ぐ(に近く)進みません。
   ✋急激に…ではないですよ。

 真っ直ぐ行かせたいから
 グリップを、フォローでは真っ直ぐ飛球線の方に出す😧
 は 全くの逆効果 です。

 牽引している車 で 考えてみて下さい。
 カーブの途中で 自分が真っ直ぐ進んだら
 引かれている、牽引されている車の遠心力で
 自分は引っ張られますし、
 結果、何らかの対処が必要になります。
 ゴルフスイングは 全般的にカーブの際中なのです。
 そのカーブの際中で 後ろの車を
 真っ直ぐは勿論、無理なんですが、
 緩やかな 穏やかな カーブ、コーナリング
 より直線に近いような移動を促す には
 自分は 持続して カーブを曲がり続けるコト です。
2016000004748_2
 スイングは円というか 曲線の中にあります。
 そして ゴルフクラブの先端には重さが掛かっている。
 それを 速い速度で、そして 穏やかに移動させるには
 今の運動を大きく変えず、
 変化が起こり難いように 持続し続ける
 つまり、グリップをイン側、
 アドレス時で言うと 背後側、
 ボールから離れていく方に 移動させ続けるコト です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スライスが原因…
 動作、クラブの使い方では どうなんです❓
 開いちゃうからですか❓❓」


店長「アドレスの状態ではどうだと思います❓」

質問「閉じても、開いてもいない でしょうか❓」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m8s
店長「そうでもありますし、
 閉じる開くはロフトと混合し易い…ですが
 閉じても 開いてもいる😧
 フェースが右を向いているでも…左を向いているでも…😵
 ヘッドがどの方向に移動しているか によります。
 
 静止状態である アドレス時では…
 確かに どちら😧 でもない。

 よく言われる スイング軌道、ヘッド軌道
 コレに対しての フェースの向き

 これは 蜃気楼を追いかける と言えば良いのか、
 自分自身の影を追いかける と言えば良いのか、

 単純に スイングが円運動を頭から除外して
 軌道が真っ直ぐ進行する とすると
 軌道に対しての フェースの向きが 横回転を生みます。
IMG_0549IMG_0548







 右打ちを仮定して
 フェースがアドレスよりも右を向いていても
 軌道がそれよりも もっと外へと向かっていれば
 横回転はフック、左回転になりますし
 フェースがアドレスよりも左を向いていても
 軌道がそれよりも 内に向かって進んでいれば
 横回転はスライス、右回転になります。 

 ところが コレが厄介なのが
 ゴルフスイングは からだで直に動かしても、
 手で振っても 円とは言いませんが、曲線で移動するので
 頭で把握するのが易しくありません。

 しかも それが立体で
 ヘッドは常時、上下にも移動しています。
 下に進行していれば 右向きが強まりますし
 上に進行していれば 左向きが強まります。
 大きなフック・スライスはそれが結構、影響します。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m34s
 スイング軌道を変更すれば フェースの動きも変わりますし
 フェースを意図的に閉じたり、開いたりを
 スイング動作中に行えば 軌道も変わってしまいます。

 スライスにおいて、よく言われる
 『フェースが(軌道に対して)開いているから
  フェースを(軌道に対して)閉じろ』

 フェースを閉じようとすると
 ヘッド軌道も 内へ、内へ と切り込み易くなるので
 逃げていくゴールにシュートするようなモノになります。」

質問「難解…ですね🤒」

店長「はい。
 ドライバーであれば インパクトの
 ボールとヘッドの接触時間は 3000〜4000/1秒
 0.0003秒以下… 限りなくゼロの方に近い時間です。
 ソコに理想的なフェース面を・。・・。

 ですので スイング軌道とフェースの向き の
 考えはある程度、除外して考えないと、捨ててしまわないと
 逃げていく答えをつかまえる で
 何十年も過ごすことになッちゃいます。

 そういう意味で 手の返し、ヘッドの回転、
 フェースローテーションから 出来るだけ距離を置いた方が
 苦しみは少なくなる
 と思います。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スライスが多く出るのは 長物が多いと思いますが…。」

質問「そうですねー。」

店長「短いモノは 縦の回転が多い、
  1800rpm(横回転) / 5500(縦回転) ≒ 800 / 2500
 曲がりが表に現れる 分母(縦の回転数)が多いです。
 ドライバーだから 曲がる というのは嘘じゃないですが、
 それは長さと言うよりも ロフト角度が少なく
 分母になる 縦回転が少なくなるからです。
 
 ロフト角度の多いモノ
 大きな曲がりは当然、少なくなりますが、
 同時に 短いモノは 長いモノに比べ
 アドレス時の明確な目標が取り易い と言うのもあります。」

質問「そう言われれば そうですねー。」

店長「長いモノは 目標としての着弾点、距離が
 遠いですから アドレスの目標取りがぼんやりしている。
NSAJ 8
 ボールが曲がることを計算に入れると
 コースなりに立つ、地形なりに立つ、
 というコトが行い難く、目標が取り難い、
 風景に対して 斜に構える必要が多い と思います。」

質問「ソレは言えますねー。」

店長「引っかけやフック、スライスを含め
 アドレス、セットアップの向きに対しての
 曲がりや方向のズレ などを考慮に入れ
 目標を設定する訳ですが、
 スライスを考慮に入れ 少し左向きに構えた時、
 ボールは通常よりも 中に入り易くなります。

 フックや引っかけを考慮に入れ 少し右めに構えた時は
 その逆で ボールはやや外め、右打ちで言うと左め
 になり易い…。

 スライスが出易い人が
 ボールを中に入れた時、右打ちで言うと右めに置いた時、
 よりスライスし易く、
 ボールの飛び出る方向も右に行き易くなります。

003005







 コースなり や ティーグラウンドなり よりも
 左に目標を取る場合、
 『ボールを中心、軸に』
 自分が後ろに下がる✊ のですが、
 ついつい その場で 向きだけを変える、
 特に、一度アドレスに入ってから
 何気なく 左を向いてしまう場合など
 ミスが出易い環境を自分で造ってしまう、
 というのは 大変多い例です。

 練習場などで真っ直ぐ向いて
 ボールの位置を左右に動かすよりも
 向きによる ボールの位置ズレは
 遥かに大きく、気付き難いモノ😧 です。
 😧いつものボールの位置よりも
 ボール3個分ズレてしまっている なんてのは
 結構、よく起こってしまいます。
002001







 アドレス、セットアップのルーティンを決める、
 目標に対して いつも通りのボールの位置
 慣れたボールの位置で打てる手順を構築しておく✋
 は スライスなどのミスショット対策の
 一番の防止法と呼んでも 過言ではありません。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「質問です。
 スライスはどうやったら治せるのでしょうか❓」


店長「スライス…ですか…
 最近のゴルフクラブ事情では
 昔よりも とっても少なくなったと思いますが。。。
F2TuBf8W4AAJGlq
 先ず、スライスって どうすると『出せる』と思います❓」

質問「ヘッドの移動軌道に対して
 フェースの向きが開いている角度、度合いが
 大きいからですか⁈」


店長「そうですね。

 パターストロークで意図的にやってみると分かります。

 右打ちで言うと
 フェースを右に向けたまま打つ 
か❓
IMG_0548IMG_0549








 フェースの向きは同じ、開いていないけど
 ヘッドの移動軌道を よく言う『外から』にして
 フェースの向きが開いている
のと同じ状況を作ってやる。

 そのどちらか、その混合 のいずれか です。」

質問「一般的な アウトサイドイン ですか❓」

店長「そうとも言えますが、
 アウトサイドインと言う言葉に踊らされてしまうのは
 コトをより複雑にし易いので
 とりあえず 後の話しにしましょう。

 スライスの問題は
 ボールに右回転が入っているコト…
 結果、として ボールが右に曲がるコト よりも
 フェースの向きに『伴う』 ロフトの増え です。

 ボールに右回転が入っていても
 ロフトが増えず ボールの縦回転が
 そのクラブに対して 適切、程よければ
 問題は無いと思います。
ドライバー入射角度yoko
 ドライバーショットで言うと
 平均的なヘッドスピード 37ms前後で
 ボールの回転数が 2000回転台後半であれば、
 例えば 2900回転の縦回転 としましょう
 その 2900回転に対し 3割に当たる
 900回転位の右回転で有れば
 出球の方向は別として
 右に大きく曲がることはありません。

 満足できるか、どうかは別として
 距離も ほどほど です。

 おおよそ ですけれど
 目安となるのは 縦回転の3割を超えてくる…と
 ボールは目に見えて 曲がり始めます。
 コレは 左回転のフックもだいたい同じ です。
((((((((_Moment
 右回転のショットの場合、
 その分母に当たる 縦回転も増え易い ので
 意外なほど曲がっていない コト が多く
 それに伴う 出球の『右への飛び出し』が事故の原因
 だったりします。」

質問「多いですね。
 それはどう防げるでしょうか❓」


店長「まず 事故の原因 の 最大と言えるのが
 『不注意』によるもの です。」

質問「不注意❓」

店長「そうですね。
 交通事故や一般の事故、火災などと同じです。

 ゴルフのショットの最大の不注意は
 『アドレスの向き と ボールの置き位置』
 によるモノです。」

質問「ああああああ😧」
244eb714
店長「ボールも飛ばない、真っ直ぐ行かない、
 OBになっちゃう、コースの外に出ちゃう、
 そう言う球のかなり多くの要因は
 スライスを治す のではなく
 アドレスへの注意防げる』可能性があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 IMG_0520

Q:グラファイト(カーボン)シャフトを採用していますが なぜ ですか?

A:ハミングバードでは 特に スチール/グラファイト に対する
  こだわりはありません。

 パターだから だけでなく、アイアンやウッドに関しても
 オジサンゴルファーによって 楽! 簡単! スイング覚えやすい!
 モノであれが どの素材でも良いと思います。

 日本のゴルファーの特徴なのか、どうかは調査のしようもありませんが、
 素材に対するこだわりがとても強い気がします。

 スチールだから どう・・・ とか、 カーボンだから どう・・・だとか
 この二つにシャフトとしての性能差はありません。

 素材としての特徴 ですが、
 スチール素材の最大の利点は 工業生産性が高いコト!
 つまり 同じモノが大量に安価で作り易いコト です。
 そして 最大の弱点は 単一素材であるが故にレパートリーが多くないコト です。

 ✋意外に思うかも知れませんが、
 スチールとカーボンでは 圧倒的にカーボンの方が「強く作れます」
 ですので 軽く造る限界も 柔らかく造る限界も スチールの方がすぐそこに…。
 造れない というコトです。

 一方、カーボン素材のシャフトは 形状の制約、外径内径の制約 以外
 かなりの自由度があります。 カーボン自体 元々アクリルを焼いたモノなので
 軽いですから 逆に重くする時 内径が取れない という制約の為
 重くする限界が有ったりします。

 ブリストルパターでは パッティングもショットと考えの元、
 出来るだけ小さく、出来るだけ少なく、出来るだけゆっくり であっても
 必要な距離を打てるようにする方が 簡単、 楽 と考え
 より転がりの良い、より遠くに飛ぶパッティング になるような
 シャフトの柔らかさを求めた結果、グラファイトに行き着いたに過ぎません。
 (カラーは傷の目立ちにくい ガンメタリック 黒に近い灰色のメタリックです)


IMG_0501IMG_0502







Q:ヘッド重量550gと聞いていますが、L字型特有の厚みのない形状 なのでしょうか
 全体のサイズ感を教えてください。


A:ヘッド素材は S15C 軟鉄の中でも柔らかい素材ですが、
 比重はごくごく普通の鉄 と変わりません。
 その素材で 通常のパターヘッドの 1.6倍 の重さを造るには
 厚く、高く、大きなものにするしかありませんが、
 ネックの高さにはルール的な制約があります。
 
 パターの形状は 心理にとても大きく影響しやすいので
 落ち着いた 安定した形状が必要ですが、
 だから と言って 大き過ぎるのは 格好悪いでしょう。
 (1986年マスターズ優勝時の ジャックのパターには吹きました)
 全体のバランスを考え 形状を造りました。
IMG_0571
 まあ パターの形状を比較すると
 このパターの特徴が良くわかるかも知れません。

 
ボールが良く飛ぶ、良く転がるのは
IMG_0616 確かに  300g強の一般パターヘッドと 550gの重量差
 そして シャフトの柔らかさ もあると思いますが、
 一般のパターは パターヘッド下部に重量を集め過ぎています
 俗に言う 低重心化 ですが、
 ボールを上げる必要のない パッティングに
 必要以上の 低重心化 深重心化 する

 意味が私には見えません。

G2モデルになった ネック部の長さを更に取り
より良い転がり、伸びのある球 にするための
適切な重心の高さを設定しました。
IMG_0567
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ