◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


軟鉄素材のアイアンやパターヘッドなどの
色見本です。 

写真だと分かり難い…かも知れませんが…
実際、実物を見ても
並べて比較しないと 判別がつかない位です。

Wニッケル(ボロン仕上げと呼ばれています)
クローム は金と銀で分かり易いですが…。


´茲らホワイトビーズ
 ボロン(Wニッケル)サテン やや金
 クロームサテン 銀
色見本2








*ホワイトビーズは Wニッケルの
 目の細かい ビーズでブラストしています

↓茲らコバルトブラック
 ブラックボロン
 ダークカッパー
色見本1
*コバルトブラックは
 光にかざすと 黒光りする感じです

👇ホワイトビーズ(ニッケル)
色見本ホワイトビーズ









👇ボロン(Wニッケル-金)サテン
色見本サテンボロン(ニッケル)









👇クローム(銀)サテン
色見本クロムサテン









👇コバルトブラック
色見本コバルトブラック









👇ブラックボロン
色見本ブラックボロン









👇ダークカッパー
色見本ダークカッパー









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は550gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

に阿にくい形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アプローチショットについての酒飲み話で
 ヘッドはこう入れて来る…みたいなモノを見かけます。
スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)
 たしかに アプローチショットは
 ロフトの大きなクラブですることが多いので
 『結果』 としてはこうなりますけれど
 ショットのイメージとしてはあまりよろしくありません。
IMG_0727
 もしも…ですが、
 ロフト0° のクラブでアプローチした時、
 リーディングエッジが ボールの下に入る、
 ボールの下側を打つ のではなく
 フェースはかなり ボールの上面に当たります。
 ウエッジクラブ 35〜35.5inの長さでは
 特殊なショットを狙わない限り、
 通常、4〜5°位 上方からヘッドは入りますので
 ロフト0°のクラブであれば
 打面である・フェースはボールの
 赤道より上側に当たることになります。
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)
 笑ってしまうかも知れませんが、
 ロフト0°である限り、例えウエッジの長さであっても
 よく言うミート率は 1.4を越えます。

 そこで ゴルフクラブに ロフト角度と言う「逃げ」
 があると ボールの推進力・ボールスピードは
 打ち出し角度と回転に分散して行きます。

 お使いのアイアンのボールの打った跡、
 打痕を見ると ロフトの小さな番手では
 ボールのディンプルの跡が見られ易いが、
 ロフトが大きくなってくる番手になると
 フェースの上方に ボールが逃げる跡、
 その割合が大きくなって来ます。
 これが ロフトの役割ですね。
IMG_0489IMG_0486





 ボールの下にフェースを入れるイメージが強いと
 ダウンスイングを必要以上の丸く振るコトに
 なり易く、アタックアングルがどんどん無くなります。

 入射角度が緩くなると
 実質ロフトも増えてしまいます。
 
 理屈上、20ヤードや30ヤードを距離を
 フルショットで打つ方が簡単そう…? な訳は無く
 実際、ウエッジのロフトは60°位が限界で
 70°や80°のロフトや巷に無いのは
 危険性が有るのと ものすごく使い勝手が悪いからです。
 ヘッドスピードが高くなく、練習量が多く無い
 アマチュアにとって 55°前後が
 ちゃんと打撃出来る最大のロフトと言えるでしょう。

 それ以上のロフトになってしまうと
 打ち加減と距離が非常にブレ易く、
 ミスの頻度も跳ね上がります。
IMG_0481IMG_0482







 クラブを丸く振ろうとすると
 当然ですが、グリップの進みが滞り、
 からだが後方、右打ちの人であれば右に 残り易くなります。
 ダフリやトップの要因です。
 どんどん ロフトが増えてしまう…
 イコール難易度が上がってしまうのです。

 昔から言われますが、ボールの上りと回転は
 物質的な ロフト角度に任せる
 は
 アプローチに限らず とても大切なコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールに向けて、ヘッドを入れて来る
 入射角度の基本、基準は
 クラブを持った打ち手が
 それを 固定/半固定したまま
 からだの向きを変えることです。

 『上から打つ』の思い込みで
 手回り、腕周りで ヘッドを、クラブを、
 下に振ってしまうと
 それぞれのクラブの 長さによる違いが出難く、
 正しく クラブを動かしてくる に比べると
 必要以上に
〇打ち出し角度が高くなり
〇ロフトなりの回転(スピン)よりも少なくなります。

IMG_1137
 やり過ぎは勿論ダメなので、
 意図的にアッパーに打つのはお薦め出来ませんが
 そういうクラブ扱いの人が
 宙に浮いているボールを打つ
 ドライバーが得意だったり、します。

 しかし、この入れ方には
 かなり致命的な欠陥があります。

 アプローチショットもそうですが、
 ドライバーに至るまで
 スピンはある程度の数値、数が無いと
 安定配給し難くなります。

 ドライバーの飛び という点ではマイナスですが
 3500回転であれば 繰り返すのは簡単ですが
 1800回転という 0に近い方の数値は
 ものすごく微妙な差によって 大きく変わるので
 ある程度の訓練が必要です。
ボールを拾う
 弾道の 機械計測をたくさんすると
 距離と回転の関係が かなり比例関係にあることに
 気付くと思うのですが、
 これは アプローチショットにも当てはまります。

 ヘッドを振ってしまうと スピンが少なくなるので
 距離コントロールが難しくなります。

 また これは致命的 なのですが、
 ヘッドを丸く振ってしまうと
 ボールの下にヘッドを入れねばならず
 それは 食器の乗ったテーブルクロスを
 食器を倒さず 引き抜く に似ていて
 インパクト付近の速い速度が必要になり
 距離コントロールをしたいけれど
 遅く振るコトが出来ない

 という永遠の矛盾が付いて回ります。

 緩めにショットなのに
 インパクトはガツンと…
 急加速が必要になるのですから 怖いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブって その見た目から
 長い棒なので その長い棒を振り回したくなる、
 ついで ヘッドスピードってのも段々、気になって来ます。
2643_TW-U_3_toe
 ゴルフクラブの長さって言うのは
 確かに ヘッドスピードを生み出す
 長くなれば その数値・速度数値も高くなるのですが
 クラブの長さは
 ロフトの一部と言えば良いのか
 そのロフトを活かす機能の一部でもあります。

 クラブを速く振りたい
 その気持ちは痛いほど分かるのですが、
 クラブを丸く振ってしまうと
 ロフトの効果が無くなるというか
 薄くなるというか、
 番手や機種によって ロフトが異なる、その意味が
 活かされなくなってしまいます。

 クラブセットの中で
 長いドライバーから短いウエッジまでありますが
 真ん中辺りのクラブはまだ良いのですが
 長いモノはその振り方が スライスの要因になりますし、
 ボールの浮力不足にもなり得ます。
 短いモノは ヘッドをボールの真下に入れる必要があるので
 遅い速度で振るのが難しくなりますし、
 必要なスピンが得られなくなるので
 距離の打ち分け、距離感が身に付き難くなります。
 
 長きに渡って 苦しむ原因、
 場合によっては 終生苦しむ原因になる。

 その大元になるのが ロフトの使い方・活かし方の
 勘違いだったり、します。
IMG_1142

 ゴルフで言うトコロの
 上から打つ とは
 高い低いの 高いトコロから打ってくる
 インパクトに向けての『下へ 下へ』
 という意味合いでは無く
 そのクラブの長さなりの入射
 その入射に対する ロフト角度 を作るコトです。

 数値で言うと
 例えば 30度ロフトのクラブ
 可能性としては フェアウェイウッドの場合もありますし
 ユーティリティ、アイアン 3種類があると思います。
 フェアウェイウッドは一番緩い角度で
 入射して来ます。番手で言うと9番ウッドとか11番ですので
 入射角度は 1度とか、2度です。
 長さ順に ユーティリティでは 3.4°
 アイアンもほぼ同じですが、若干多めで 仮に5°とします。

 地面基準にインパクト状態を見ると
 フェアウェイウッドは 28°  30(ロフト角度)-2(入射角度)
 ユーティリティでは 26° 30-4
 アイアンでは 25° 30-5 という具合です。
IMG_1144

 ドライバーはクラブ長が長いですから
 入射角度は 0°であったり、
 ティーアップしていますから
 アッパー 2°であったり 3°であったりしますが、
 (意図的にする必要はありません)
 それも 上から打つの延長線上 です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この話しは 初めてスイングを覚える人
 というよりも 既にゴルフをしている人への
 確認みたいな部分なんですけど

〇肩で廻る のと
〇胴体(骨盤ごと)の向きを変える

 では インパクト周り、ボールの当たる付近の
 での 腕とクラブの長さがかなり違う と思うんですね。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m34s
 肩で廻る方は 腕もクラブも最大の長さに近い
 一番クラブが長くなるようなポイントが
 インパクト周りになる。
 一方、骨盤で廻る方は クラブも腕も固定してますから
 トップ付近の、ある意味 一番クラブが短くなっている状態。
 
 かなり違いが有ると思うんですね。」

質問「違いますねー。
 クラブの長さ まるごと違う感じです。」


店長「手で振って来た人にとっては
 『これじゃあ 届かないじゃん😵』ってなるんですが

 この インパクト周りでのクラブの長さは
 当然、からだの姿勢にも影響を及ぼしてきます。 

 その言葉の通り、クラブや腕をトップの形で
 固定・半固定して からだの向きを変えると
 クラブの長さが変わりませんから…
 クラブ・腕の長さが変わりませんから…
 アドレスのように❓ いや、それ以上❓
 感覚的にはそうでしょうね、
 ボールに近づかないと ボールに届きません。

 一方、腕でクラブを振る、フェースターンするのは
 インパクトに向け 腕もクラブも目一杯長くする、
 伸ばしますから ボールから遠ざからないと
 逆にボールが打てません。
 アドレスのままでは 空間が足らないですから。

 骨盤ごとからだを廻している人が
 それを体験したら、伸び上がっている感じがするでしょうし、
 肩を廻し、手でクラブを振っている人が
 それを体験したら、インパクトに向け
 かがんでいる、縮んでいる感じがすると思います。
 二つは かなり、そうですね、感覚的には
 伸び上がりと縮み込では 50属幣紊虜
 に感じるんじゃあないでしょうか😊

 余計な話ですけれど
 その『伸び上がり』が力が入ってる感じ で
 縮み込はチカラが入らない感じ って
 思うのかも知れません。
スクリーンショット 2023-08-11 140458
 好き嫌いではありますが、
 どちらが良いか、どちらにするべきか
 は 始めのこの時点、からだの廻り方 "の"
 ✋からだがどこを指すのか
 によって 決まってきてしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「素振り、空振りでイイんですけど
 試して頂けると感じられると思うんですが、

 右打ち、右振りの人であれば
 正面を向いて、右を向き、左を向く
 腰と言うか、足を使って骨盤ごと、
 お尻ごと 上半身をひと塊として向きを変えると
 当たり前と言えば 当たり前ですが
 腕やクラブは固定、半ば固定しておけます。」 

質問「出来ますねー。」

店長「ところが からだの向きを
 肩周り、胴体をひねって
 へそから上だけの向きを変えると
 右向きの時は 右腕をたたむ(短くする)
 左向きの時は 左腕をたたむ(短くする)

 腕をロールと言えば良いのか、
 右向きの時は 右にハンドルを、
 左向きの時は 左にハンドルを切らないと
 回転が成り立たないんですね。」
0f978f79
質問「ホント😧 ですね。」

店長「カラダが柔らかいとか、しなやかとか
 若い時であれば もしかしたら、ですけど
 自然な流れでは 向きと共に
 腕のロールというか、左右の入れ替えが必要になります。
 無理をすると 首を傷めたり
 肘や腰などを傷める原因になり得ます。

 この時点で 始めの一歩で『スライスへの道、
 確定
』だったりするんですね。」

質問「😵😵😵😵😵」

店長「そして 左向きの腕の左ロール、
 ハンドルを左に切る、
 ゴルフ用語的には『手を返す』って言うのが必須と言うか
 打撃のカギになって行きます。

 手を入れ替える、ロールするは
 からだが動き続けていると 出来ませんから
 ダウンスイングでは 先に体を廻し、
 止まる、止まり始めたら 手を振る という
 スイングの手順も確立しちゃう訳です。
2023-12-28_23-05-1
2023-12-28_23-05-51

 スライスを解消
 イコール 手の返し ですので
 上達イコール手でクラブを振る
 馴染み加減がスイングの上達になっちゃいますね。

 ボールを真っ直ぐ行かせる、
 それを繰り返す〜似た球を打つ は
 クラブや腕は固定(半固定)して置いた方が当然、
 確率は高くなる訳ですよ。

 手主体で振っちゃう、手主体で円を描いてしまうと
 ボールに対するヘッドの入射の
 番手による違いが出難くなってしまいますし、
 ロフトも含まれる 立体的なフェースの向きも
 確実性は上がりません。

 トップの位置 は
 腕とクラブの 打撃へのセット(固定)
 インパクトの形を造り、それを固定したまま
 からだ(胴体)の向きを変えてボールを打つ のと
 ダウンスイングで 腕さばきでインパクトを造る、
 では 双方、『覚えてから』
の安定度が違うと思うんですね。

 また 加齢による体力の低下 や
 その圧縮版である 疲労やコンディションの低下
 に 左右され難くなると思うんですね。

 途中で変えるのではなく、
 始めから スイングを覚えるのであれば
 選択の余地は無いと思うんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「50歳位から上の年齢になったら
 からだを廻す は 肩を廻さない方が良いと思います。」

質問「肩を廻さない❓」

店長「誤解を生み易いですが、
 腰に対して 肩や胸を、
 胴体をひねらない方が良い
というコトです。

 これはまず一つに
 胴体をひねる行為は
 腰痛などの からだの故障につながり易い、というコト。
〇肩を廻せ_Moment
 年齢を取ってくると
 胴体をひねる行為 ソノモノが怖くなって来ます。

 肩を廻すは 腕を振る と
 かなり密接、親和性の高い関係にあるので
 疲れてきたり、緊張したりすると
 センサーが直ぐ働いて 浅くなり易いというコト。

 また、ボールを打つのに クラブを両手で持っていますが、
 肩を廻す〜胴体をひねる は
 両腕、薛茲力咾猟垢気釣り合わず、
 どちらかの腕が余ってしまい、邪魔になる、
 というコトが往々に発生しますし、
 元々、胴体をひねる行為には『無理』があるので
 肩を廻す為に腕を振る、
 深くからだを捻じる為に腕を振ってしまう、
 が起こり易く、それが転じて
 腕の振りだけが 肩の回転もどきにすり替わってしまう
 可能性が非常に高いです。」
((((((((_Moment
質問「超ありがち…ですね。」

店長「はい。ものすごく。

 若いときであれば無理も効きますし、
 ゴルフの胴体のひねり程度であれば
 簡単には痛めませんけれど、40代.50代…となると
 かなり危ない動きになりますね。

 ボールを飛ばす
 速くクラブを移動させる
 ヘッドスピードを上げる
 というのは 速く向きを変えるコト なんですが、
 それを腕周りに頼るよりも
 脚廻り、尻周りに頼った方が
 元々の筋力・筋肉の量が違いますし、
 どの道 胴体は少し捻じられるのですが、
 それは からだを守る為のクッション と言うか、
 遊び(余裕)という意味ですので
 積極的に、意図的に 胴体をひねる はお薦め出来ませんし
 これから始めるのであれば
 脚やお尻を使って 骨盤から上、
 胴体をひと塊として 動かした方が
 腕余りも起こり難く、からだには優しい
😊 です。

 胴体をひねっていた人が
 あとから 骨盤、股関節で回ろうとすると
 テークアウェイで ボールから離れるような
 そういう感覚に陥り、変え難い、踏み出し難くなりますから
 始めの内から 脚で胴体ゴト向きを変える で
 覚えることをお薦めします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「やはり ゴルフスイングの一番の謎 というか
 問題は…
 『スイングは円運動』なんだ と思います。」

質問「円運動❓」

店長「『スイングは円運動』に間違いはないですけど
 それは 打ち手がそういう『運動』をするんであって
 クラブを『円を描くように動かす』を指してはいません。」

質問 「あああ 言われればそうですね。」

店長「はい。 初めてのゴルフであれば
 やはり教えてくれる人や周りの人、
 誰か プロの動き、動かし方を真似する
 イメージするコトになると思うんですけど
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)
 その「視覚情報」が問題をより一層複雑に
 そして 解決不可能な迷路に誘います。」

質問「解決不可能なんですか❓」

店長「ですね。よほどの身体能力とか、
 常人では考えられない練習量、訓練があれば
 不可能を可能にすることは出来る❓かも…
 ですが、かなり辛いです。

 遠くに飛ばす
 方向を安定させる
 距離を安定させる
 繰り返す

 と言う ゴルフスイングには難題が課される
 のですが、それを目指すには
 からだの円運動〜向きを変える動きをして
 動かすのは クラブではなく
 それを持った自分自身、
 クラブや腕は半ば固定して
 大きな塊の自分が動くコト
 です。
IMG_0175(2)_Moment
 間違えてしまい易いのは
 クラブを、 特にヘッドで円を描いてしまうコト で
 それを目指してしまうと
 ロフトの安定を失うコト
 そして、各クラブ、番手の長さの意味を失うコトになります。

 ゴルフショットにおいて
 速く振る〜遠くに飛ばす は
 最大の魅力とも言えるのですが🤒
 ロフト角度という その距離を確定する最大の要素
 それには 「クラブの長さ」も含まれますが、
 その安定を捨ててしまうのは
 ショットにとって やはり 片手落ち と
 言わざるを得ません。
 どちらも等しく大切です。

 傍目からは 円を描いて見えるゴルフスイング、
〇クラブとか、ヘッドを振って それを造るのか
〇クラブを固定して それを持っている自分が
 大きな塊で動いて使うのか
katate_Moment
 ゴルフを始める人にとって
 この 第一ボタン を掛け違えてしまうのは
 ものすごく大きく、重たい部分ですので
 そこは是非、注意して頂きたいです。

 この課題はゆくゆく からだの回転で振るか
 手で振っちゃうのか の違いに直結します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは。 店長 ちょっと 質問が…。」

店長「はいはい。」

質問「私の同僚に 60歳を過ぎてから
 初めてゴルフを始めようとしている人がいるんですが、
 どう アドバイスしたら良いでしょうか❓」


店長「おおお すごいですねー🤩
 また ゴルフ仲間が増えますね。 

 これは男性に限らず、逆に女性も好まれる方法
 なのですが、すこし 用具のメカニズムを説明すると
 良いと思います。

 ゴルフって遊びは
 遠くに飛ばすコト
 狙った目標に対し飛ばすコト
 と共に
 狙った距離を刻んでいくコト が出来ると
 少ない打数でコースを踏破出来る遊びです。
2388c2a5
 ✋それをする上で
 ゴルフクラブでボールを打つのですが、
 そのクラブ単体の構造もゴルフ独特な上に
 パターを含めルール上、14本まで
 ロフトの異なるクラブを持ち歩く
 という 同様に独特なモノがあります。

 クラブにとって、ショットにとって、
 そして
 構築しなきゃいけないゴルフスイングにとって
 大切なのは『ロフト角度』ですよ😊
 ってのは ポイントだと思います。」

質問「なるほど ロフト角度 ですね。」

店長「はい。
 ロフト角度の異なる 10本以上のモノを
 持ち歩いて遊ぶゴルフにとっては
 ロフト角度を活かす、
 それぞれのロフト角度を発揮し、
 それぞれの距離にする というのは大切ですし、
 ボールを遠くに飛ばす と言う点においても
 ロフト角度をどう使うかも
 大きなポイントになって来ます。

IMG_1137
 多くの方が ボールを打つうえで
 ぼんやり想い描いている「ロフト角度」は
 やはり視覚情報から来る
 こういうモノだと思っているんじゃないか
 と思うのですが…。

image003-15数字として 5番アイアンで
30°とか 26°とか
知っていても
なんとなく その角度は
地面とフェースの角度
120°の位のモノですね
 この広い角度をイメージする人が
 多いんじゃないかと思うんですね。
2643_TW-U_3_toe👈👈👈👈
30°とかの ロフト角度の
正しくは こちらで
シャフト軸とフェース面の
狭い隙間 の角度を指します。

一見 くだらないコトのように
 思えるかも知れませんが
 この『ロフト角度』がどこを指すのか は
 かなり 使い方に反映されていく
 と思いますし、
 ゴルフにハマって行って
 どこまで上達して行っても
 この『ロフト角度』の使い方が
 スイング基礎であるのは変りませんし、
 ロフト角度の使い方の習熟度が
 スイングの習熟度
と言っても過言ではないです。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲む
かなり強烈な飛距離性能を持った
フェアウェイウッド/ユーティリティ

332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋弊社取り扱い品であれば
SYB EZ-05 〜ドライバー
176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n














SYB EZ-915 〜フェアウェイウッド・ユーティリティ
332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n332220353_579546073824652_4442760800244387208_n













  をお使いのお客さま江
 
  また、他社製品のモノであっても 同じだと思います。
✅ロフト角度やライ角度、フェース角度などを調整する治具
IMG_1168
付属のレンチが付いていると思いますが、
調整し終わり、固定する時、
その 治具によって ヘッド側のネジを締めます。

✋このレンチには トルクレンチ機能を付いており
ネジを締め付ける場合、ある一定のチカラ以上が掛かると
空回りするようになっています。

ですので 思いっきり締めて下さい✊』


初めてでは かなり怖い位、
壊れちゃう?位の強さで締めて下さい。
トルクレンチ機構が働きますので大丈夫です。

『かなり強い力』です。 
 ビックリするほど締めます。
EZ055
トルクレンチ機構が働く前の状態で
使ってしまいますと 緩んでしまい、
外れてしまう可能性があります。


 ✋一度、ご確認下さい。






【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05
 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい
 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください
 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「多くの人は
 当然ではありますが、
 ボールを真っ直ぐ行かせたいから
 インパクト時の
 ヘッド、フェースとボールの関係を
 真っ直ぐ… アドレスのように戻したがります。

 勿論、気持ちはわかります。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
 しかし、スイングは個々で異なりますけれど
 正しく からだの向きでクラブを動かせば
 ほんの少し ですが、ボールの内側、
 よく言う インサイドから入って来ます。

 度数で言うと クラブの番手や長さなどによっても
 その人のタイプによっても異なりますが、
 仮に ドライバーでの 平均的な横のアタックアングル
  インサイドから 2°〜4°
 分かり易いですので 5° としましょう。

 ライ角度等はちょっと除外しますけれど
 シンプルに この横のアタックアングル 5°に対して
 横の回転を生まない フェースの向きは
 『アドレス時の飛球線』 俗にいう真っ直ぐ に対しては
 5° 開いた、右打ちの人で言うと右を向いた状態です。

 5° のインサイドからの入射 に対し
 6° 7°(飛球線に対し)位のフェースの向きでは
 ボールに右回転は入りますが、
 弾道としてスライスになるコト殆どありませんが、
 流石に 9° 10°(軌道では無く飛球線に対し)
 開いてしまっては 横回転も増え
 弾道もスライスします。

 逆に 5°のインサイドからのアタックアングルに対し
 フェースが 4° 3° の向きで有れば
 ボールに左回転は入りますが、
 弾道としてはフックにはなりませんが、
 0°、つまり 飛球線に対してのスクエア、
 軌道に対しては 5°の左向き であれば
 かなりの横回転になりますし、
 弾道も左に曲がります。

 真っ直ぐ飛ばしたいから
 フェースを『アドレス時の飛球線に対し』
 『スクエア』に戻す は 聞こえは良いですが、
 ヘッドを、フェースの向きを操作する事になり、
 この場合は かなりのフックになります。
413445



 フェースの向きを操作すると
 軌道も影響を受け、変化してしまうので
 こんなシンプルな話し(故にもっと大変)にはなりませんが
 たって 5度の角度 であっても
 ヘッドを、フェースの向きを操作する意識、
 操作と言うよりは 修正、戻す
 と言う意識だと思いますが、ソレをしてしまうと
 ゴルフクラブは 1度であっても 動かしてしまうと
 その動作は 継続的に行われることになります。
 つまり ヘッドがどんどん回転していく というコトです。

 特にフックや引っかけに悩んでいる方は
 インパクトの ヘッドとボールの関係、
 そのイメージを今一度、確認してみて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「カチャカチャ付きのドライバー、
 ネックでの調整機能付きドライバーの話し
 ソノモノじゃないんですけど
 思いの他、多くの方がフェアウェイウッドが嫌いとか、
 苦手、あまり良い印象がないのが
 アマチュアの現状だと思うんですけど、
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n
 シャフトの長さ、実寸、実際に使われたシャフトの長さ
 に対して シャフトの硬さ って
 ものすごく フェアウェイウッドの使い勝手に
 反映するんですね。
 ドライバーよりも かなり柔らかい位 で
 フェアウェイウッドとしては良い✊使い易い
んです。

 調整式であっても、ノーマルなモノであっても
 ドライバーに比べ、フェアウェイウッドは
 地面にあるボールを打つ関係から
 当然ですが ヘッドの厚み、高さ方向ですね、
 コレは薄くなっています。

 平均的なドライバーで 厚みは60mm 6造任垢諭
 一方フェアウェイウッドは40亢 4センチ位です。
 2センチも薄っぺたいんです。

 2センチは1インチ弱ですけれど
 43インチの3番ウッドは
 ややこしいですけど ドライバーに比べると
 約1インチ分、シャフトが長いのと同じなんです。
IMG_0828
 ですので それを計算に入れて
 シャフトの硬さを選ばないと
 地面から打つ 緊張感の高い
 フェアウェイウッドの方が硬いになり易い。
 良くある話し ですけれど
 シャフトが硬いとリズムも早くなり易かったりして
 ミスの原因になり得る
んですね。」

質問「わかる、わかる、あるあるですね。」


店長「はい。
 一般的なメーカーは
 シャフトのバラつき なんかは 無い✊
 と言わざるを得ませんから
 シャフトを振動数で管理することは避けます。
 同じフレックスでも 250cpm位のシャフトなら
 プラスマイナス4〜5cpm 硬かったり、
 柔らかかったり シャフトはばらつくモノなんですが、
 それは意図的に無視します。
 ヘッドにも重量のばらつきがありますから
〇微妙に重いモノに 柔らかいバラつきのモノ
〇微妙に軽いモノに 硬いバラつきのモノ

 この二つは 同じモノ って
 言わざるを得ませんので…🤒🤒🤒

 そういう経緯もあって
 フェアウェイウッドだからと言って
 長さに応じて 振動数で確認して組む訳では無く
 同じシャフトを 指定の長さで裁断するだけ…。

 フェアウェイウッドの方が ヘッドが薄くて
 その分、クラブの全長よりも シャフト実寸が長いから
 数値をやや落としめにしよう なんて
 発想そのものが存在しない と思います。

 その上に…。」

質問「まだ あるんです❓」


店長「ありますねー😧
 ウエッジなんかでもそうですけれど
 クラブの全長が短いから と
 ドライバーよりも 重いシャフトを採用
 なんてのが 結構、横行していて…
332093543_725242885732572_9021207906674425025_n

 なんとなく 短いクラブの方が重いシャフトが良い❓
 んじゃないか って思うでしょうけど
〇ちゃんと 硬さが流れになっている✊
〇使い易い 柔らかさ(硬さ)である✊

 のなら その発想は間違いじゃないですけど
 形状に制約のあるシャフトは 重量が重い場合、
 身が詰まっていますから 必ず、硬く、強くなる。
 例外は非常〜〜〜に少ない。 ホント、例外です。

 シャフトの実寸が ドライバーよりも長い、
 フェアウェイウッドに
 重い方が良いから より硬いシャフトを入れる。

 よほど チカラでねじ伏せない限り、
 フェアウェイウッドの失敗確率は上がる✊
 は 保証致します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく考えれば 当たり前なんですけれど
 ネック付きのドライバーの45インチのシャフト を
 そのまんま キャロウェイ に挿すと 43インチにしかならない

 長さ毎のヘッド重量の差を考慮しても
 2インチもシャフトの長いモノが
 同じ振動数で組まれていれば 硬い に決まっています。
IMG_0828
 ですので 最終的に
 キャロウエイのヘッドを43インチ用に臨時に増やし
 その出た数値から 2インチ分、長さを逆算していく。。。
 ですので 45インチのキャロウェイ は
 振動数 205cpm 位にしないと
 元のネック有りのクラブ(45インチ) 220cpm とは
 同じ感じにならないんですね。 


 ソレに関しては
 フェアウェイウッドとの比較の話し でも書きましたが、
 45inのネック調整式-ドライバー
 43inのネック非調整式-3番ウッド
 クラブの長さは 2インチ FW の方が短いですが、
 場合によっては 装着されているシャフト寸 は
 フェアウェイウッドの方が長い場合があります。 
 硬さの数値で言うと
 ドライバーと全く同じ振動数で良い、
 もしくは ドライバーより微妙に低くても良い、
 が使い易いんですね。
EZ055
 で ネック調整式、カチャカチャ付きのドライバーに
 話しは戻るんですけれど
 シャフト自体も全体的に硬さがかなり落ちた✊
 上に カチャカチャ付きのドライバーだと
 シャフトの実寸が短い。
 以前使っていたドライバーが  250cpm
 カチャカチャ付きのドライバー 220cpm
 なんだけれど シャフト実寸が短い ので
 実際のシャフトの感じ 硬さ感は 205cpm位
 の感じなんですよ。

 慣れるのには時間が少し必要かも知れないですけど
 慣れてしまえば 楽だし、からだにも良いし、
 圧倒的に『飛距離は伸びる✊✊


 これが 実は一番の「調整式ドライバー」のメリットで
 売ってるメーカーには 予想外のおまけ ですが
 
 ヘッドの低重心化の進み 以上に
 予定外の シャフトの軟化(柔らか化) が
 カチャカチャ付きのドライバーが好まれる要因に
 なっていると確信しています。」

店長「と同時に フェアウェイウッドの
 シャフトの『硬さ』には注意を払わないと
 「フェアウェイウッドが苦手」から脱するのは
 難しいという事実もあるのを忘れずに。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレには実体験がありまして…
 ちょっと古い話になるのですが…。」

質問「はい。」

店長「1990年代後半 キャロウェイのビックバーサ
 のドライバーだけでなく ウッドシリーズも
 ものすごく人気になりまして…
 ドライバーは ビックバーサ、グレートビックバーサ、
 ビゲストビックバーサ、ERC、ERC-2 と
 そのシリーズが結構続いたんですね。

 このシリーズが無ければ
 キャロウェイ社は元々ワインメーカー、ワイナリーで
 その延長線上で お飾り用のクラシッククラブを造る
 そういうメーカーのまま だったかも知れません。

 そのビックバーサシリーズの一番の特徴は
 『ネック』が無い コト なんですね。
0202110200_63db1998c733d
 当時のゴルフクラブの話しではありますが、
 これによって より低重心化、大慣性モーメント が
 実現出来、結果も伴うようになった…。

 その『ネック』が無いドライバー・ウッドを
 キャロウェイが作るコトが出来るようになった経緯は
 ちょっと エグいんですけれど その話は割愛して…。

 人気が出て バカ売れしましたから
 当然、リシャフトや修理などの仕事が入って来ます。

 当時は 44inから45inへの移行期でしたが、
 リシャフトの仕事で 新品のシャフトを仕入れ、
 それを グレートビックバーサ(45in)に装着すると
 場合によっては シャフト寸が足らないのです。
 新品のシャフトなのに…ですよ。

 通常は 45inを造っても 硬さを測り、長さを測り
 2インチ位は『切って』45inを完成させる のに
 キャロウエイに関しては 長さが『足りない』のです。
 
 長さが満たされた リシャフトの様のモノで
 45inを造る。
 ご依頼の方は
 今、ネックの有る45インチで 振動数220cpmを使っているので
 キャロウェイの そのシリーズに お気に入りのシャフト、
 たまたま 新品の状態で 十分長さが取れるモノであった
 と言うのもアリ、 220cpmの硬さ で仕上げると
😵全然 上手く行かない、飛ばない、当たらない😵

 😵😵😵正直、ものすごく硬くて振り辛いんですね。」 

IMG_0828
 ソレに関しては
 フェアウェイウッドとの比較の話し でも書きましたが、
〇45inのネック調整式-ドライバー
〇43inのネック非調整式-3番ウッド

 クラブの長さは 2インチ FW の方が短いですが、
 場合によっては 装着されているシャフト寸 は
 フェアウェイウッドの方が長い場合があります。 

 ヘッドのある無しに関係なく
 45インチの長さのシャフト と
 43インチの長さのシャフト が
 同じ硬さ、同じ数値、同じ振動数で有れば
 43inのモノの方が シャフトは柔らかい です。

 ウッド製作も シャフトの実寸合わせて造るべき なのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「現在のドライバーヘッドの殆どが
 ネック調整式〜カチャカチャの付いたドライバーです。
EZ055
 先日も書きましたが、
 調整式が発売された経緯は…
 実は ユーザーの為、では無くて
 販売側の『かなり革新的な』コストカット案 だったんですね。」

質問「!!!!!
 それは どこがコストカットになるんですか❓」


店長「日本には 大手販売店だけで1000軒位
 ゴルフショップがあるんですが、
 メーカーがドライバーとかを新発売すると
 それを打って貰うための 試打クラブが必要になります。

 例えば ですけれど
 ドライバーで 9°/10.5°/12°の3種類のロフトがあり
 シャフトの硬さに S.SR.R と3種類あると
 9°のドライバーにR、12°のドライバーにS、
 を除外するとしても 7本の試打クラブが必要になります。 
 7個のヘッドと7本のシャフトです。

 ところが カチャカチャ付のドライバーは
 その場でヘッドとシャフトを取り外せますから
 この 3×3 のバリエーションを
 3個のヘッドと3本のシャフトで済ませられます。

 販売店さんとの販売契約によって異なりますけれど
 無償提供や貸出であるのなら 半分以下に
 コストが削減出来ます。
 店舗数が数百店ある訳ですからね。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
 始まりの時点では ソコが最大のポイントだったのです。」

質問「うわ〜〜〜。」

店長「普及当初は ネック廻りの不備、破損…、
 また 安全の為にも ネック廻りに重さが集中するコト
 によって 飛ばない など 不評続きだったんですが、
 メーカーの努力による ヘッドの低重心化策 と
 思いがけない組み合わせによって
 現在、ドライバーヘッドの主流になっています。」

質問「思いがけない組み合わせとは❓」

店長「現在のドライバーというか、ウッドシャフトは
 20年前のソレに比べ かなり柔らかくなり、
 振動数で言うと20〜30cpm、
 20年前の レディースの硬さ相当が
 現在の ごく普通の SR の硬さになっています。

 昔より ドライバーが飛ぶようになった は
 ヘッドの低重心化 と シャフトの硬さ下がり
 が 主要因です。
EZ05
 そして その柔らかくなったシャフトの話し
 なのですが、
 カチャカチャ付きのヘッドは
 その調整シロ を取る必要があるので
 どうしても ネックが長くなり、
 その結果、シャフト自体は短くなっている のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの回転運動の軸が背骨か、
 はたまた 背骨に沿った外側か、
 は どちらでも良いですし、
 箇所 の問題では無く
 軸の位置は それぞれ で良く、
 どこかに限定する必要は無いと思います。
o0361056812059034776
芯のある、軸が有るような運動になるコト、
の方が重要だと思いますけど
その話しはまた別な機会にしましょう。 

昨日の記事の続きになりますけど、
回転『運動の軸』、支点とヘッドやクラブの円軌道の支点
 が同じなんじゃないか
 と言う勘違いは アプローチで出て来易い と思うんですね。」

質問「ごくりッ😧」

店長「まあ 俗にいう 振り子のアプローチ ですが
.好ぅ鵐阿呂らだの回転
△らだの回転は円運動
よって ヘッド軌道も円軌道
げ鹽召砲麓瓦大切
ケ澣案擦世ら クラブの支点も意識する

 に至り易い と思うんですね。
607a83e4-s
 からだの回転は 円運動ではありますから
 その運動支点が 背骨なり、
 振り子のアプローチだと 首辺り にある
 というのは 運動としては
 まあ…好みやタイプにもよりますが、
 クラブの支点も 首辺り となると
 非常に安定し辛いアプローチになり易い ですし
 それがそのまま発展して
 ショットに繋がっていく可能性は極めて高い と
 思うんですね。

 ゴルフクラブの機能 で
 ウッドの特性、アイアンの特性 ってありますが
〇ウッドは 打ち出しは高いけど スピンが少ない
〇アイアンは 打ち出しは低いけど スピンは多い

 ウッドの方が 総飛行時間は長く、スピンが少ないですから
 着弾時に スピンが残っている可能性が低く、
 アイアンはその逆で スピンが残っている可能性が高い。
5d625fee
 アプローチショットの場合、
 特殊なショット、意図的なショットを除き
 打つべき距離と打った距離に差が少ないコトが重要ですので
 着弾地点と差の少ない総飛距離が望ましい。
 アイアン・ウエッジのヘッド特性になるのがベターですが
 振り子式に ヘッドを前に出すショットでは
 打ち出しは取れますが、スピン量は少なくなりますから
 着弾時 スピンが残っていないウッド型ショットになり易く、
 また 着弾する角度もやや緩め(直角よりも斜角)
 になるので 想定以上の足が出るコトになり易い。

 距離が合い難いですし、
 振り子式の重さに対するからだの反応によって
 最下点もぶれやすい(後ろになり易い) ですから
 アプローチショットにとって
 一番避けたい トップとダフリが出る 可能性が
 とても高くなり易いのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「意味分かります❓」

質問「頭では ハイ。 体では まだ…ですが。」 

店長「同じような話し なのですが、
 スイングを真上から撮影したモノ
 と見てみて下さい。
334151fd
 このヘッドが移動しているコマ、
 このヘッドを線で結んでいくと
 ヘッドの横移動は非常に緩やかな
 曲線ではありますけれど
 この緩やかさを 円 と規定するのならが
 非常に大きな半径の円 になりますよね⁈」

質問「確かに。」

店長「スイングでの からだの回転は軸がある。
 軸がブラさないことが大切だ✊ と言われますが、
 コレって あまり誰も指摘しませんけれど
 その軸と呼ばれるモノは
 からだの回転と言う運動の『軸』『支点』『支柱』であって
 『クラブ』の円軌道の、
 もしくは ヘッドの軌道の『軸』
 とは どこにも書いてないですし、
 誰も言っていませんよね❓」

質問「!!!! そう言えば…。」

店長「でも 多くの人は
 からだの回転、円運動、 そして『軸』
 と言う言葉から クラブの回転の軸と
 からだの回転の軸 が一致してしまう、
 もしくは 似たモノになってしまう。
 
 スイングの回転運動の軸 と
 クラブの円運動の軸が 重なってしまう
 そういうイメージを持っている可能性が有ると思うんです。

 もう一度 この画像をご覧ください。
334151fd413445
 ヘッドの移動している軌道
 それが例え 円軌道、曲線軌道としても
 その半径は非常に大きく、
 クラブの長さ、腕の長さ、からだの厚み
 それらを考慮しても
 それを圧倒的に超える もっと大きな半径、
 おそらく からだの中、
 例えば 回転運動の軸 とされる
 背骨、もしくは背骨の外、背中の外側 が
 支点になるような長さの半径 ではありません。

 クラブの運動の支点は
 からだの中には無く
 遥かにもっと長い半径の弧、
 ヒトによって異なるでしょうから
 どの位はとは言い切れませんが、
 少なくとも 回転運動の軸 とは
 全然、別の、
 意識も出来ないような 遥か彼方にあります。

 コレ 勘違いしている人と言うか
 思い違いをしている人って
 結構、いるんじゃないか と思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転って
 よく言う円運動じゃないですか❓」

質問「そうですねー。」
d779f31a
店長「コメントにもありましたが、
 ちょっと 言葉にすると ややこしいですけれど
 望んでいないけれど、結果…手で振るコトになってしまう
 ヒトツの要因としては
〇スイングにからだの回転は大切
〇スイングは円運動・軌道
 って言うのが有ると思うんですね。」

質問「間違っているんですか❓」

店長「いや 間違ってはいないですけれど
 からだの回転は円運動 と
 スイングの軌道は円軌道
 の脳内イメージの親和性が高過ぎると思うんですね。」

質問「どういうコトです❓」

店長「ボールを打つ、強く打つ、速く打つ、
 そして ゴルフスイングは利便性や効率性だけでなく、
 ルール的にも 両足を付けて
 ある程度、固定した形で打たなければなりません。
スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)
 ある程度の距離、ボールが浮くような距離や
 ドライバーで遠くに飛ばす場合、
 クラブが、ヘッドが 速く動かないと
 アプローチやパターを除き、
 最大ヘッドスピード10㎳では ゴルフはやり切れません。

 男女問わず ヘッドスピード最低でも20〜25㎳位、
 おじさんゴルファーであっても 35ms位は欲しいですよね。」

質問「ですね。」

店長「からだの回転は 動作としては
 からだの向きを変える 円運動と呼べるようなモノ ですが、
 だからと言って
 クラブに、ヘッドに円軌道を描かせるコトが目的😵なのではなく、
 靴.足の位置をある程度、固定した状態で
 ボールを打つのに必要な クラブの移動速度、
 ヘッドスピードを得るのに 一番適しているから
 そういう動作をしているだけで
 からだの回転の目的は
 グリップの移動速度、
 そして 当然ですが、シャフトによってつながっている
 ヘッドの移動速度を得るため、
 ヘッドを『円軌道に』描かせる為ではなく
 ヘッドを移動させる為に👉グリップを『
移動』させる
 『移動させるコト』そのものが目的です
2013-04-06 12-19-18.455_Moment
 グリップを出来るだけ早く動かすコトが目的
 と言えるかもしれません。

 ですので 結果、としては傍目から見て
 円軌道、円運動に見えますが、
 イメージとしては 限りなく直線に近い
 非常に半径の大きなモノ
 直線に近いような半径の曲線 に
 と考えた方が 色々な意味で目的を達成し易くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この話には まだ続きがあるんですが……。」

質問「まだ あるんです❓」

店長「あまり 気にする人は居ないと思うのですが、
😵アドレスの向きにヘッドを修正する
😵ボールの真後ろを打とう
 も原因のヒトツですが
 ヘッドを閉じる、トゥを廻す 動きは
 当然 なのですが、ハンドファーストを維持出来ません。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)




 維持していたら トゥを廻すことが出来ないから です。」

質問「……確かに……。」

店長「手で振るスイングにおいて
 ヘッドがグリップを追い抜かないと
 フェースが真っ直ぐか、右打ちで言うと左を向きませんから
 当たり前ですが、ハンドレイトの状態になります。

 がぶっている、アウトサイドインのからだの回転
 も起因していますが、
 その状態は ボールに当たる かなり前の状態から
 よく言う『開いた状態』になりますが、
😵からだが開いているのに まだボールは打っていない状態…
 右打ちの人 で言うと
 左を向いた状態 とは
 イコール 上に向かって進む状態 です。
IMG_0640
 フェースを閉じよう 閉じよう とするほど
 ヘッドの軌道も内に切り込み易い ので
 開いた状態、上を向いた状態は深くなります。

 アマチュアのドライバーで よくある
 ボールの手前を一回バウンドして ボールを打つ
 最下点がかなり手前になる『いっちょ噛み』の
 スイングを自ら作っている可能性があります。

 本来のクラブ扱いでは
 からだの向きがクラブの進行 ですので
 インパクト、インパクト直前、インパクト以降 は
 自然な形で 上に振るモノ ですが
 手でクラブターンをするスイングでは
 上向きがかなり早くに訪れてしまう為、
 上に振ったのでは 届かない、当たらない、
 になります。
 ですので アマチュアのスイングのフォローは
 妙に低く、左に出すケースが多くなります。

 フォローは惰性、慣性が強く働きますので
 形としてフォローを「繕う❓造ろう」とするのは
 良いとは言えませんが、
 フォローで判別・識別するコトも可能です。
スナップショット 1 (2017-05-16 22-34)
 クラブを上に振れる
 そういうからだの廻し方、
 クラブの行かせ先 であることが条件になりますが、
 スイング造り、目標の目安にもなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ 角度的にはオーバーなんですけれど
 この写真をご覧ください。
IMG_1264
 写真の上から´↓とヘッドがあります。
 上の棒、シャフトがアドレスの向き通りのライン、
 ちょっとオーバーですが 下の棒が理想的なヘッドの入り、
 からだの回転で入れてきた時のヘッドの入り とします。

 からだの回転でインサイドから
 に対し スクエアな△離悒奪鼻,函,修竜案擦任△譴
 ボールはその軌道の延長線上に飛び出て
 横回転は入っていません。
 アマチュアの大好きな『ドローボール』にするには
 そのヘッドよりも ほんの少し、かすかに、
 ほのかに閉じている程度 でしょう。

 それに対し、真っ直ぐ飛ばそう、
 アドレスの向き に対して飛ばそう、
 とするヘッドはかなり 閉じています。


 それを目指すには ここまでの間に
 かなりヘッドソノモノを多く動かさなければなりません。
 ややこしいですが
 グリップの移動の量や角度よりも
 ヘッドの方がたくさん動かないと
 この状態に到達出来ません
😵
413445




 この場合は ヘッドの先端、
 トゥを廻さなければなりませんので
 当たり前ですが 先端部を
 ヒール(シャフトの接合部)よりもたくさん動かせねばならず
 故に グリップの進行は滞ります
  ↙ 軌道は内に切り込む ので
 軌道そのものも よりアウトサイドイン になります。
 タイミング次第ですが、
 種類の違ったスライス になるか、
 引っかけ、引っかけフック になるでしょう。
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 ヘッドの向きを『アドレスの向き通り』真っ直ぐにしよう、
 もしくは ボールの真後ろを打とう と言う意識が
 スイングを構築してしまう可能性は非常に高く、
 けんたろう親子の太朗くんのスイングは
 正にそれを具現化しているような状態で
 若いですから当たれば ぶっ飛びますが、
 その確率は 10球に1球以下、
 ほとんど…7球は超ド級スライス、
 残り2球は 引っかけローフック、 と言う具合です。

 そこで『培われた』からだの廻し方 は
 場合によっては終生、残る可能性がありますが、
 おそらく ヘッド軌道だけが『インサイドから
 に変わるので よりネジられたスイングが造られる、
 からだの回転はアウトサイドイン
(22171_Moment
 がぶられたからだの廻し方なのに
 腕とクラブはインサイドアウト😵 というのが 
 アマチュアゴルファーの大筋 なんだと思います
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「言葉にすると分かり難いのですが…
 
 一見すると 当たり前のような
 インパクト時の ボールとフェースの関係、
 ボールの概ね真後ろを打つ ように思えます。
image3
 ボールとフェースが接触?激突?する 前提条件があって
〇からだ、そしてその回転と
 左腕〜クラブを持った左腕が運動中も
 概ね固定された関係であるコト
〇そして からだが廻る〜向きを変えるコト

 
 主には からだが廻る〜向きを変えるから
 フェースは ボールの真後ろに当たっているような
 状態になるのですが、
✅ボールの当てる場所や
✅インパクト時のヘッドの姿勢、フェースの向き 等を
 意識しなくても達成できます。


 逆にそれを意識してしまうと
〇からだの回転
〇手作業 フェースの向きの調整

 俗にいう二度手間、二重の作業になります。

 多くのゴルファーは
 考えていないと思うのですが
 フェースの『向き』の調整、修正、回転は
 必ず ヘッドの道筋、行き先 に影響を与えます
 余程の訓練が無い限り、『必ず』です。

 フェースを閉じようとするのと
 フェースを閉じないようにするのでは
 前者の方が
 ヘッドの道筋は内に切り込み易くなります。
FinfaZ7UAAAnu8v
 また からだの向きでされるヘッド(クラブ)ターン と
 腕で行われるヘッドターン では
 後者の方が
 スクエアになる以前はヘッドの通り道、軌道が

 大きくなり易く、
 スクエアになった以降は 小さくなる、
 よく見る 後ろが大きく、前にが小さな
 スイング軌道になり易いです。


スクリーンショット 2023-08-18 112927スライスが嫌だから
手作業でのフェースターンをすればするほど
ダウンスイングで からだの回転ががぶる、
外からヘッドが入り易い回転になり、
しかも、フェースターンが実行されれば
 軌道、ヘッドの行き先は内に切り込み易い という
 前門の虎後門の狼 状態になる訳ですね。

 本来、スライスであっても フックであっても
 ボールは右打ちの人であれば
 薄っすら右め に
飛び出るモノ✋
 ボールはアドレス時のターゲットに対し、
 真っ直ぐ飛び出る では無く、
 薄っすら右目 数度右目に飛び出るモノ
 と考えていないと
 がぶったからだの回転、
 からだのアウトサイドイン回転は治っていきません。
2013-04-06 12-19-18.455_Moment
 ボールで言うと 飛球線の真後ろ ではなく
 若干、ほんの少し、ほんの微妙に
 自分寄りの箇所に当たるモノ…なのですが 
 スライスを打っている人は それを忌避しますから
 より一層 スライスの沼に落ちて行き易いのです。

 実はスイングの問題は
 技術の問題よりも こう言った
 観念というか、思い込みによって
 構築されている部分はかなり多いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレ 全員に該当するとは思いませんし、
 少し願望も入りますが、
 いやいや そんなことは無いヨ と言われる方が
 ホッとしますが、
 立て続けに ある事例(結構、驚き)が有ったので
 ご報告しておきます。
video_Slomo_Moment






 ある方はスライス、別の方は引っかけ に
 悩んでいるというコトで相談を受けました。


 二人とも 回転ががぶっている、
 クラブを横に移動させたいタイプの回転でした。

 そこで 色々話を聞いている…と

 なんとなく…なんですが、
 『ボールのどこを打とうとしていますか❓』
 に辿り着きました。 

 二人ともが
 『真っ直ぐ行かせたいから 真後ろ』
impactgolf
 つまり ボールを真っ直ぐ行かせたいから
 行かせたい方向〜飛球線の方向の裏側、真後ろに ヘッドを入れる、
 アドレスと同じ状態の戻す、

 と意識している と仰います。

 えええええ っと驚いたのですが、
 例えば…ですけれど 悪くないドライバーショットでは
 飛球線を基準にして
 だいたいですけれど 3〜5°位 内側、インサイド側
 自分側から ヘッドは入って来ます。
 その場合、サイドスピンが無い(少ない)球 を打つには
 その入ってくる角度に応じて
 同じ角度分 開いていないと
 (軌道に対してスクエア〜真っ直ぐが基準)
 右打ちであれば フェースが右を向いていないとイケマセン。
 仮に 5°インサイドから入るとして
 5°未満のフェースの右向きで有れば 左・フック回転
 5°以上のフェースの右向きで有れば 右・スライス回転

Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
 6° 
7°程度の開きで有れば 回転は右が入りますが
 弾道が蕕剖覆るというコトは無いと思います。

 つまり ボールの真後ろよりも
 若干ですが 自分側、内側を打っている 訳です。

 ゴルフスイングの少し厄介なトコロは
 からだの向きを変えるので 自分にとっての正面が
 常時、移動し続けることで
 結果✋として ボールのだいたい真後ろに
 フェースが接するのは からだの向きによるモノで
 それは 放って置いてもよい類の意識なんですが、
意識的にボールの真後ろに当てる
 アドレスと同じ状態にする となると
 からだの回転と腕さばき、クラブさばきの
 二重の動作になる可能性があります。
bbd8de35-s
67d2f002-s







 ちょっと怖い、危ないかも知れないので
 新聞紙を丸めたモノやラバーボールで
 試してみると良いですけれど
 ボールにとっての飛球線真後ろではなく
 自分側、内側の部分を
 飛球線の方にフェースを向けるのではなく
 ボールの方に…90°右を向けて
 ボールの内側をこする…位の意識で 打とうとしても
 ボールは概ね アドレス方向の方へ飛びます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブを振りたい、手を使いたい …
 その気持ちを満たしたいのであれば
 右打ちの人であれば、左側の空間で それを行ってください。

 ボールを打つ前の 右側の空間で
 クラブが長くなってしまうと
 その重さは管理出来る限度を越えてしまい
 振りたいのに 振らされてしまう、振り回されてしまう、
 になりガチ です。

 トップの位置 での
 自分の 左腋の下辺りには 空間、
 その懐は 早い段階で 通過したい。。。
 ので その空間までは 腕もクラブも
 トップで造った 一番短い状態のまま 入る
 位の意識で良いと思います。

2024-02-19_12-58-53 - frame at 0m0sイメージですけれど
トップの位置では
出来るだけ右上腕は上げ
クラブが体と平行になった状態位、
その状態、そのからだとの関係を保ったまま、
腕やクラブでなく、からだを使って
グリップを下げてあげる…
その関係は グリップが左腋の下の空間を
 通過するまでは維持する… そんな感じ、と思います。

 ソコから先は クラブを振ろうが、腕を振ろうが
 お好きでどうぞ と思います。

 ボールを打つのは 一気にお腹を左に向けるコト
 が行いますので
 左側の空間で クラブを振っても、腕を振っても
 問題は起こり難くなります。
乱にんぐアプローチどりる - frame at 0m4s
 また 少し意識として
 右打ちの人であれば右手、
 左打ちの人であれば左手で
 横ビンタするように 手首のスナップ方向、
 スナップを解かず、
 スナップはロックするよう 〜スナップロック
 ヘッドの重さで ヘッドは遅れるのですから
 意図的にスナップを解いて
 横ビンタして使うのは 不自然です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「 スイング例-はすこし深刻ですね。
 クラブを動かす方向に迷っているのが伺えます。

 ダウンスイングで 腕で下にクラブを下げる でもなく
 グリップや腕をボールの方に横に移動させる でもなく
 ダウンスイングに苦しんでいるように見えます。

 ショットの厄介なトコロは
.疋薀ぅ弌爾能侏茲襪世臼鵑に飛ばす というコトと
▲▲廛蹇璽船轡腑奪箸乃離などを管理して打つコト
ある程度の確率で狙った方向に打ちたいコト
 の
 それぞれを両立しなければならないコト です。

 それには クラブや腕は出来るだけ固定して
 移動の速度は からだの向きに任せるコト が
 一番有効です。

〇リリースの違い 三角形の向き - frame at 0m53s
 そして からだの回転は出来るだけ
 へそから下の下半身に任せ、
 へそから上は 出来るだけ固定。

 トップオブスイング
  は ここから打ち始める箇所 ではなく
 インパクトの形、ボールを打つ為の形 として
  それをカラダの向きで インパクトにする。
 と言う意識が必要でしょう。


 そして それをするには
 からだの回転は 向きを変えるので
 傍目からは円運動に見えますが、
 その内容は横への移動ですが、
 腕には腕も含め クラブと言う長物 を持っているので
 その横移動と同期、同調するには
 長さを抑え、重さを増やさせない為の 近回り、
 縦への移動が有効✊ というコトです。
2024-02-19_12-58-53 - frame at 0m0s
 あくまでもイメージですが、
 回転はするんですが、その回転通りに
 三角形をボールの方に横移動させるのではなく
 その三角形の中で 下に下がっていく、
 低くなって行く方に からだを廻す。
 からだの回転で その三角形が『その場で』
 低くなって行くような からだの回転が有効です。

 からだを回転させると
 どの道、クラブや腕などの重さには
 遠心力がかかり、腕は伸ばされます。
 それは 拒否しない程度、
 自分で伸ばす必要 というか、
 腕で 腕を伸ばすのではなく、
 からだの回転で『間接的に』腕を伸ばさせる、
 そういう意識が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転はアウトサイドイン、
 クラブはインサイドイン?アウト? のスイング
 というのが アマチュアに一番多いタイプの手振りスイング
 だと思います。

 ある程度 ボールが打てるようになると
 母体である からだの回転方法って変えるのは大変。
2023-07-30_22-59-38 - frame at 2m32s
 推測ではありますけれど
 この位のゴルフ練度になってくると
 スイング軌道、ヘッド軌道、
 世にいうインサイドアウト、アウトサイドイン、
 上から入る、しゃくってくる 等のモノが
 気になるお年頃🙄になるでしょう。

 腕から先で クラブの動くルート〜ヘッド軌道を
 変える習慣がどんどん馴染んでしまいます。

 手で振る場合、多くはからだの回転とは切り離され
 からだの回転が先に動き、そして それを止め
 その反動を利用して  腕を振ります。
 右打ちであれば テークアウェイでからだの右外へ、
 フォロー側では からだの左外へ、
 からだを横断と言えば良いのか、からだをまたぎます。
20201120
 ですので テークアウェイでもその習慣は馴染んでいきます。
 親子対決の太朗くんも
 テークアウェイの初動、に
 左腕をロール、捩じって クラブを早い段階に
 からだの右外へ送ろうと…無意識でしています。
 
 〇話はちょっと逸れますが、
 ココの部分だけ お父さんに強く言われたそう…なので
 とっても 良い意味で不自然ですが、
 現時点では スイングに似つかわしくない
 とっても『綺麗なグリップ』をしていますが、
 放っておけば かならず 左右の密着がルーズになる
 フックグリップになって行くでしょう。
 ゴルフに熱中すればするほど グリップは緩みます。

 ダウンスイングの時点で 意志に反して
 クラブや腕が長くなり、重くなる。
 それによって 先頭にある筈の左腕(右打ちの場合)
 が遅れ 手遅れになります。
 回転の仕方、重さの掛かり方、
 そして 手遅れの状態で入るインパクトの為、
 早めに体を開き、回転を終わらせる…
 おそらく、自分的には『左の壁』なんだと思いますが、
 それが故に からだの回転の速度は
 ダイレクトにヘッドスピードとはつながりません。
 速く振るには 腕力、
 重い腕を速く 横に振る力が 必要です。
202302241
 年齢が高くなった時、腕力が落ちた時、
 ヘッドスピードが上げられなくなる要因 になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この 始めに覚えた からだの廻し方、
 どの方向にグリップを行かせるのか
 大雑把ですけど 横と縦、
 その違いは あとあと スイングを苦労する
 大きな原因になり得ます。なります。

 非常に典型的な例が Rさん になるでしょう。
 ☆動画では スイング例,砲覆蠅泙后

 ネリーコルダ選手との比較で ちょっと酷ですが…。

 からだの回転は横の運動、だから なのか❓
 クラブは丸く振るモノ と思っていたのか❓
 割と顕著に ダウンスイング初期で
 グリップを、クラブを 下方向ではなく、
 ボール方向の方に出そうとしています。

 このスタート、ダウンスイングの入り方 ですと
 太朗くんと同じように、
 クラブや腕の長さが早い段階で 長くなり、
 俗にいう キャスティングが始まり易い…。
 自分では嫌がっていても
 重くなったクラブ、腕のせいで
 からだが回っても それに伴う 左腕の移動が少なく、
 左腕の手遅れ が行ってしまいます。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(5)
 症状で言えば 不必要な『クラブの寝』ですね。

 からだの回転で✋✋✋
 と言う意識が強いから なのか
 真面目に からだの回転通りにグリップを動かそう
 からだの回転の方向と同じ方向に
 グリップを動かそう、移動させよう😧

 とし続けているので 
 インパクトに近づき 『低さ』が足らなくなり
 最後、手で下に振らざるを得なくなっています

 自分が一番脱却したい ボールさばき を
 しないコトには ボールを打つコトが出来ない
 『ダウンスイングの入り
 からだの回転で どの方向にグリップを移動させるのか、
 回転方法を変えて行かないと これから抜け出せません。
会田20210701_Moment
 スイング例-2 16秒〜 の場合も似たケースと言えます。
 ダウンスイングからのからだの回転は
 アウトサイドイン に状態、
 からだががぶった状態に始まるのですが、
 おそらく…なんですが、過去のゴルフの個人史の中で
 そのからだの回転通りに 腕を振ると
 見たマンマのアウトサイドインになり、スライスが横行…
 その結果、クラブを寝かせ 『見た目』の
 インサイドから入れるスイングになったのだと思います。

 ダウンスイングのクラブの移動させる方向は
 ボールの位置や飛球線と一致し難い方向であるのは
 確かです。
 それは断続的にからだの向きが変わる を
 静止画的な『感覚』で理解しようとしているので
 もう少し 機械的な理解をした方が良いのですが…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「お父さんのけんたろうが上手に打てている
 とは言いませんし、言えませんが、
 太朗くんのこのクラブ扱いでは
 かなり 外から、びっくりするほど外から
 ヘッドが入ってきてしまいますので
 10球中8球は どどどどどスライス、
 2球は ひっかけフック、
 めっちゃ飛ぶんですけど そういう確率になります。

 コレで 本格的にゴルフを進めていくと、
 どこかの時点で
 「スライスするのは 外から入ってきているから」
 「インサイドアウトに振れ」
 「もっとインから入れろ」

 となる訳ですが…

 クラブを横に動かそう、横に振ろう、
 とする からだの廻し方、
 横にクラブを動かそうとする からだの廻し方 が
 『結果』として アウトサイドイン を生んでいる、
 そこに ヘッドの軌道だけを インサイド にしたら
 より クラブが開き、 より クラブが重くなります。
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 治さなければイケナイのは
 ヘッドの軌道 では無く、
 どの方向に クラブを移動させるか、
 クラブの移動方向を変える からだの廻し方 です。

 いま、現在は 横に振ろう としてしまっている ので
 右肩が ボールの方へガブるような周り方
 になっていますが、
 それを…誤解を生み易いですが、
 右肩をその場で低く、あえて下げるとは言いませんが、
 『グリップをフトコロの中に落とす、低くする』
 からだの廻し方 です。
〇リリースの違い 三角形の向き - frame at 0m53s

 手で、腕で、手作業でグリップを下げる のではなく
 からだの回転で 懐の中にグリップが低くなる
 からだの回転方法、方向に変えないと…
 太朗くんの回転方法、方向を変えずに
 そのまま進んでしまうと
 スイングはどんどん複雑になって行きます。
 何かをすると何かが必要になり、
 その何かをすると更に何かが必要…
 そのツケはからだの無理、故障に直結します。 」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ダウンスイング時の
 二人の からだの回転と左腕の関係 を比べてみて下さい。
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 右打ちの人の場合、
 ダウンスイングで、
 ボールを打つ為、
 からだの廻すのは 左腕を動かす、『移動させる』為です。
 主にクラブを持っている腕 です。

(クラブ・シャフトを振る って❔_Momentからだの構造上、左腕は
からだの一番 左に位置しています。
ダウンスイング時の、反時計周りの動きの中では
一番 先頭に位置している『筈』なのですが…

 太朗くんの場合、
 クラブを横に振ろう、横に動かそう、
 ボールとフェースの打撃の関係は横、
 そういう意識からか、早い段階で
 重さに遠心力が加わり、外に引っ張られ、
 クラブが長く、重くなってしまいますので
 それを 主に持っている左腕は
 インパクトに向け どんどん遅れていきます。

 左腕が遅れ、
 クラブも遅れ、となると
 左グリップには 下がり を誘発する重さ ではなく
 上がりを誘発する重さが掛かります。
 元々、下方向にクラブを行かせよう、
 と言う意識で ダウンスイングをスタートしていませんから
 余計ですけれど、
 インパクトに近づくと
 ボールを打つ為の 低さが足らなくなります

2024-01-29_14-06-45 - frame at 0
 一方、お父さんのけんたろうは
 ダウンスイングで 腕やクラブ、その関係は
 ほぼ固定したまま、
 腕や手作業で無く、からだの回転で
 グリップを縦、下方向に動かす意識が

 現在の スイングのテーマ です。
(jc
トップの位置から、
ボールを打つ直前のここら辺 まで
からだの回転で グリップを移動させる、
そういう回転を意識する✊
 が現在のテーマです。

 ですので 太朗くんに比べると
 クラブが、腕が長くならず、重くならないので
 からだの回転に準じて、左腕が移動しています。 

(271_Moment重くなり、からだの回転から遅れる…
クラブや腕が長くなるので 道のりも増える…
ヘッドの低さも足らなくなりますので
インパクト間際の手作業が『必要』になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ