◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:golf


◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

それは USLPGAでも有名な 姉妹の動画。

✋4人のチャーミングな女子プロたちが
  左打ちラウンドに挑戦しています。

内容はタイ語なので イマイチ掴めないのですが、
 メジャーチャンピオンも含む、4人でLPGA15勝以上の
 うら若き「猛者」達が 左打ちに七転八倒しています。


その中でも お姉さんの方 Moriya Jutanugarn を
 題材に取り上げてみました。
 
ショット、スイング、コース攻略と
 妹 Ariya と対照的なプレーをする Moriya
その彼女が 初の左打ちに挑戦している映像です。

我々、アマチュアゴルファーにも参考になる部分、
 特に ボールさばきの部分は参考になります。
左打ちを画像反転させ
オリジナルの右打ちと比較してみましたので ご覧ください
この典型的な プロショット→右打ち / アマショット→左打ち

自分で 左打ち(逆打ち)に挑戦してみると
分かるかも知れませんが、
ボールに当てないと フェースでボールを打たないと
「始まらない」 となると
やっぱり 器用な手を伸ばそう、手でボールを探ろう
とするのは 自然と言えば自然。

ですので スイングの知識や技術 としては
逆打ちとは言え、満載のPGA現役プレイヤー でも
その本能には敵わない と言う訳です。

右打ちの Moriya は
クラブを固定する 為 に手を使っていますが、
左打ち(反転映像)では
どうしても カラダを止め、手でボールを拾いに行く、
そういう動きになっています。
 慣れない左打ちというのを差し引いても
 インパクト以降の「さま」がここまで変わってきます。
Moriya Jutanugarn 右打ちと左打ち比較

Moriyaは 腕でクラブを固定して、からだの回転で打つコト を
 「訓練」によって身に付けています。
プロで喰っていくには 強く、安定した球が必要だから、です。

一方、Moriyaの左打ちは スイング/ショットの基礎知識、
いえ プロとしてやっていく知識は十分持っている筈 ですが、
その知識をなぞりながらも やはり ボールを当てる という
本能に勝てません。
テークアウェイも 上げる まわる と言う知識はあっても
 右打ちと同じようには 当然ですが…出来ません。

フェースを円弧の外に向けて からだの回転の円でボールを打つ
 というのは 訓練によって馴染んでいくモノ です。


私たちも 今 すぐに左打ちしろ と言われれば
 フェースをボールに、フェースを円の中に向けて打つ
 ボールをフェースで当てるコトを最優先にする

スイングを確実にします。
おそらく 全く意識していないと思いますが、
 右打ちの時は ほぼ全くしていない フェースローテーションを
左打ちのMoriyaは反射的にしています。


アマチュアゴルファーが練習、レッスン、訓練によって
 身につける、成熟させた方が良いモノ は
始めのうち 怖くてトライし辛い
 フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだの回転と言う円動作でボールを拾うコト、
 それに慣れていくコト、
であって
ボールを手で円の中にかきこむ、
 ボールを手で打つコトを熟成させていくコト、
 上手にこすり打ちが出来るようになるコト、
 ではないのです。


練習によって 右打ちのMoriyaを目指すのか
 少し上手になった 左打ちのMoriyaを目指すのか
というコトですねー🤣

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 アメリカのゴルフ事情を紹介しよう
20年以上前の事だけど 日本と違って 時間がもう少しゆっくり流れているから 多分 あまり変わっていないだろう。

アメリカも日本と同じく
公営のコース(河川敷)私営のコースに分かれる
アメリカの場合 地方に行くと ゴルフ場って言うのが
色々な意味での社交場で 会社のミーティングや催しモノ
結婚式などを ゴルフ場で行う事も多い

 別にゴルフをしない人も バーや食事など利用するケースも
決して少なくない
田舎に行くと テレビの置いてあるバーやスナックはゴルフ場だけだから
スポーツのイベントがあると 遅くまでゴルフ場のバーは賑わっている

プライベートコースは日本のそれよりも敷居が高い 
 ビジターの入場は基本的には禁止
メンバーの同伴が無いと 全くプレーできない
フロントで会計業務も無いから 同伴プレーをしても料金が存在しない
もちろんメンバーもラウンドごとにプレー代を払ったりしない
年間を通しての コースそのモノの運営費をメンバーで均等割り するのだ
だから そのメンバーで有れば 年間700ラウンドしても
一回もラウンドしなくても 年間の会費は同じ
僕も一時期メンバーになったけど 18Hを通して回る事は少ない
時間に応じて 6H だったり 14h だったり…
スタートも1番 や 10番ではなく ある意味 適当。
練習場も無料だし 大抵メンバーはそこのクラブプロにレッスンを受ける
基本的にはそれも無料(本当に無料と言う意味では無いけれど)
ゴルフクラブもそこのクラブで買うし そのクラブプロの見立てが当たり前

整備も素晴らしいし コースのデザインも重々しい
 日本に有る豪勢なクラブハウスは存在しないけど…
2
さて 次は ミニシパル と呼ばれる 市営/公営のコースだ
その市や郡に住んでいたり 働いていたりすれば 格安
今は 少し時代が変わったのかも知れないけれど 
当時は 18hのプレーで 1000円〜2500円位
サンダルの人もいれば 犬を連れている人もいる
背広にネクタイの人もいれば 上半身裸で短パン一丁の人もいる
ゴルフバックをかついでいる人もいれば 引きカートの人もいるし
電動カートの人もいれば 持てるだけの本数手で持っている人もいる。2f69dcd8.jpg
雨が降れば レインチケットを貰い 次のゴルフは無料
午後3時?を過ぎれば トゥワイライトで 半額になって
出来るところまで プレーする(最近では日本もやり始めたの?)

整備は程々  その料金から考えれば ボーリングより安い? かな


そして 最近目立ち始めたのが リゾート型コース
 日本のゴルフコース運営に似ている… 
        日本人がやり始めた
専用の会員を持たず ホテルや付帯施設を利用している人に優先的に
非常に高い価格   …日本の川名みたいな感じ
 日本円で 30000円〜60000円位かな

ぺブルビーチ とか シャドウクリーク とか そうかな


コースは スゴイ けど なんか ディスニーランド みたい……
 人造で 創ったコース って感じが強過ぎる
  世界の名門コースのイイとことった 18hのコースなんてのも有る
ラスベガスには オーガスタの12番と13番のウリ二つが合ったりする。




COSTARICATANGO10練習場事情…  あんまりないんだよね コースに付帯したモノ以外
町中にあっても 東洋人しか居ないしね
アメリカでは 初めてボールを打つのは コース  ってのが普通です。


もし アメリカにゴルフ旅行にいくのなら
 サウスカロライナ がお薦めです。 天候も穏やかだし
  あまり南部独特の差別観もないし 価格も安め コースは全米一多い
   アメリカ人のゴルフの聖地 と呼ばれる 「マートルビーチ」
    毎日 違うコースでやっても 1年 はゆうに掛かります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ゴルフクラブを扱っていると 
当然知らなければならないゴルファーにぶつかる

平成からゴルフを始めた人や ゴルフがプレイ出来れば道具の歴史なんて
 って言う人もいるし タイガーウッズ選手の時代も晩年だから
ニクラウス選手やトレビノ選手あたりもちょっとレトロかもしれない。

個人的な意見なんだけど ウッズ選手を本当の超一流 って
感じられないのは 彼の冠になるクラブが存在しないこと。
プレーやスコア 戦歴や獲得賞金 なんかはスゴイけど…
基本的には クラブはメーカーから与えられているモノを使っている。
勿論 微妙に手は加えられているのだろうけれど
 彼の創ったクラブ と言うのが存在しない。


過去の名手達は 必ず 自分のモデルを創る

 その中でも この人がいなければ ゴルフクラブの歴史は違ったものになったであろう人がいる

  それが  トミーアーマー である
TommyArmour●トミー・アーマー
(1896年生れ、1968年没)スコットランドのエジンバラ生れ。
1920年フランスアマに優勝、翌年には、英米アマ対抗戦のウオーカーカップでイギリス軍選手に選ばれている。
1924年アメリカでプロに転向、'26年には今度はアメリカ軍代表として、
ライダーカップ(英米プロ対抗戦)を戦った。
'27年全米オープン、'30年全米プロ、'31年全英オープンを獲得。

別名 シルバースコット

アメリカに帰化し プロとして活躍していた時代は
アーマー ウオルターへーゲン ジーンサラゼン の三つ巴の時代

彼は マクレガーと契約し トニーぺナとともに
のちのゴルフクラブに多大な影響を与える様々なモデルを製作。

マクレガー ターニーシリーズやアイアンマスター など
 今も世界中に愛好家がいる
パーマー ニクラウス ノーマンらは アーマーデザインのクラブを
こよなく愛し 自分たちのデザインベースにもしている

ニクラウスの VIP や ミュアフィールド などは
 そのデザインのマイナーチェンジ版と考えても良い

ジャンボが長く愛用してマクレガーのパター IMG5 の
 IM はアイアンマスター   トミーアーマーの事である


彼は最もグリップの美しいと言われている

 また 自身の著書の中で ゴルフは全て右手で行う と書いている





そのマクレガーから 枝分かれし
 コブラ や トミーアーマー社 なども出来た

 ある意味 ゴルフクラブの源流は
  マクレガー   スポルディング   ウィルソン の3社
 なのだが 現在では 全て 存在していない…
 ウッドと言えば マクレガー だったんだけど ね。


ちなみに 今存在する マクレガー社は当時とは全く別な会社
 ブランド名やロゴを買い取って 別な人 別な発想でクラブ販売している

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 昔 その昔 フロリダ オーランドで行われるPGAショーに何度か行った。
その頃は ゴルフの練習器具をメインに取り扱っていたから いろいろな所を訪れた

 本場 PGAショーに行くと 逆に日本人の遊び心の無さを痛感する 
日本のゴルフショー 実は何年か出展したことがある
どちらも 今考えれば ものすごく良い経験だ

アメリカのショーは現ナマが飛び交う
 アメリカ全土、世界各地から来た来場者や出展者にとっては
  サイコーのゴルフのお祭り。 まるで遊園地のよう
ノーマン、ファルド、プライス、オメーラ、ジョンクック、ニクラウス、ゲーリープレイヤー、バイロンネルソン、アニカソレンスタム、リサロッテノイマン、ほとんど居る。 
スタドラーとすれ違ったり 前の席でイワンレンドルがジュース飲んでたり
試し打ちブースでマイケルジョーダンが打っていたり トイレの列にロジャークレメンスが並んでいたり トレビノが自分でビデオを売っていたりする。
ここぞとばかりに 変なクラブや練習器具が値段はともかくたたき売り状態。
大手メーカーも販売しまくる。
 出展している日本のメーカーだけ 展示しているだけの販売なし
面白いもんで 集団心理で ブースが混んでいたり みんながそこの商品を持っていると やはり一度はそのブースを覗いてみたくなる
小さな街よりデカイ会場だから 一度見失うと見つからない
 変な練習器具を売っているブース 混んでるから覗き見たりしてると 隣のおじさんがあのトムカイトだったりする。 ヘェ〜 って感嘆していたり…。

日本のゴルフショーは展示のみ 一日目が業者専用 残り二日は一般客
変わった商品を扱うブースもなく、だた可愛いねーちゃんがいるだけ
展示ブースも 人間の説明じゃなくて映像を使ったものばかり
 ちょっとプロゴルファーが来ると 高いところでトークショー
  比べちゃうと アメリカではみんな普通の人で こっちは お高い
そんな中 僕が 自分の商品を「ガマの油」の要領で説明し始めると
 あっと言う間に黒山の人だかり。 

アメリカのショーは大手ブースも含め 人間のセールストークばかり。
 セールストークのショーかと思ってしまう
  可愛いねーちゃんは殆どいないけど 一日中歩いても3日は楽しめる

アメリカのショーは面白いけど大変疲れる。
日本のショーは一時間で飽きる まったく疲れない

ゴルフをしたことのない人がいったら
 アメリカのショーを体験したら ついゴルフをやってみたくなるだろうけど
日本のショーだと いつも時期のバッティングする隣の会場の 車のパーツのショーに行きたくなるだろうなぁ〜 これに来て よしゴルフはじめるぞ! って思うわけないし

ゴルフに魅力を感じなくなったり 疲れていたりする人には
 ゴルフの面白さ・楽しさを再発見出来る よい訪問になると思う
  業者のみ入場可能だけど 僕コネあります
  昔と同じか保証はないけど
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
 まずは以下をご覧下さい

http://www.youtube.com/watch?v=nH36644ARJE&feature=related

***コピーして上欄にあるネットのアドレス部分に貼り付けてください

よく何度も見て貰いたいのですが 動作中 決して 腕だけ・体だけ どちらかだけが動いている「瞬間」がありません。 当り前の事ですが クラブは腕で持っています。その腕は体にくっ付いています。 その体の向きを変えれば その分 腕・クラブは一緒に動きます。 いろいろな人のスウィングを見てみましょう。多くの人は どちらかだけ動いている間違った動きをしています。

同時に動かしても ほんの少し クラブの方が遅れてる? 遅れて見える だけなのではないでしょうか?

この向きの変更の動き 横の動きに 両肘を使ってクラブの縦の動きが加算されているだけ です。  このゴルフの神様と呼ばれている人の動きは 最近の流行り オンプレーンスウィングではありません。 ヘッドとこぶしのラインが別々だからです。  当然ですがヘッドのプレーンの方がアップライトになります。


 躍動感は有りますがアマチュアにとってのバイブルと言って間違いないでしょう




追記
スウィングを改善しよう! と思ったら 自分で良くないと思っている直したい動き を治すことからスタートせず 何故そうなるのか 調べるべき。

ダムの水漏れを治すのに 漏れているところを塞いでも 日本得意の先送りしているだけ
何故漏れるのか 設計のミスなのか 施工のミスなのか 材料の強度不足なのか 人為的なミスなのか  ミスとちゃんと向き合うことでしょ

意識すれば出来るのか
必然でやってしまっているのか

殆どの場合 必然でやっているから それ以前の それより過去の動きを修正し その修正しなければならないところを 修正しなくても良いようにしなければならない

日本人は ともかく便利が好きになっちまった。
ボールを打つ クラブを正しく扱う  その動き 下ごしらえなし のボタン一発で 修正したいようなら それは単なる怠け者だよ
カッコよくしたい 言葉で言うのは簡単だけど うわべだけの「かっこいい」って本当に自分の為になるのかしら
説教臭いけど カッコよくしたい  そのための心構えや姿勢、努力が結果として その人を内側から「カッコよく」してるんじゃないの

我々がハンサムなタレントと同じ衣装や格好をしても ただの「道化」でしょ
見た目が素敵なんじゃなくて 生き様が素敵 なのが本物でしょ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 便利な世の中である。
youtubeを見た。これがあるとレッスンブックとかDVDとか売れるのだろうか? 便利が全てではないと思う。 とぼやきはさておき あのベンさんのスウィングを見た。 酷い…。映像数が多いので人気はあるのだろう。 これを皆、お手本にしているのか  こんな偉い人、偉大な人を評論するのはおこがましいが スウィングは頂けない。 単に左手の内旋と回内しているだけ。フェースターンを左にすると左に行くから、上にフェースターンしているだけ。こんな酷かったっけ?

日本の▽△ちゃん。スウィングは驚愕。ティーショットの左側にいる観客は怖くないのだろうか。振っている方向と球の飛び出しが30度近くずれている。

そして「あの」□■さん。 あの体の使い方。人間の動きじゃない。あのダウンでの腰の使い方…。いきなり50僂盧献汽ぅ匹伸びてしまう…。逃げながら、よけながら打っているみたいだ。 これじゃ試合数減らさないと加齢したら体に障害が…。  彼の偉業はすごい、でも歴史に残る「スウィング」では…。

ちなみにお薦めするスウィング群、 ブンブンことフレディ、ジャック!(バウアーじゃないよ)、2007年以前のアニカ、そしてトレビ〜ノ 素晴らしい! 目に優しい、人間の動きだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ