◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:46インチ規制


反発係数、長尺規制のルール…で思うコト なのですが、
ボールをつぶして打てる 人 にとっては
 必要以上にボールが潰れない のは 有難い のですが、
ボールをつぶして打てない人 にとっては
 あまり有難くない、もしくは 困るコト なのです。 
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

また なんと言えば良いのか、
 ボールをつぶして打つ つぶせる は
本来、ヘッドスピードとは関係なく、
 パッティングで…とまでは言えませんが、
 距離の短いグリーン周りのアプローチでも
 ボールをつぶす(つかまえる)ことは可能なのです。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

そして
 これもまた奥深く、楽しく、ややこしい部分 ですが、
.棔璽襪鬚弔屬靴董覆弔まえて)打つ は
 使っている そのクラブのロフトなりに が筋なのです。
 そのロフトで そのロフトなりに 正当にボールをつぶす(つかまえる)

⇔ったロフトのクラブを使えば
 その疑似体験は可能です。あくまでも疑似体験です。
 7番アイアンでそのロフトなりに潰せないのであれば
 6番や5番を使えば
 7番で潰せるのと 同じ球は 打つコトが可能です。
 ですので コト潰す(つかまえる)というコトに関しては
 ロフトの一番立った ドライバーが一番簡単なのです。
 ドライバーの 10度のロフトであれば
 放っておいても ボールは潰し易い のです。
…というコトですので つかまえる、つぶす と
 フック、スライスは別なモノ だというコトです。
…実はここが一番分かり難い部分かも知れません。


➂ちゃんとつぶせなく(つかまえる)とも
 ヘッドスピードが高ければ やはり疑似体験出来ます。
…ほとんどの人が ココを目指している可能性高し
 例えば…ですが、
 同じクラブ、同じ条件で
 つかまえられる ヘッドスピード37m/s の人と
 つかまえられない H/S 40m/s の人 が
 同じ距離であったりします。

△➂の人にとって
反発係数の数値 0.83や0.86 の数値の効果、
差は出難くなります。
反発係数の高いものにしても 飛ぶ とは言えないのです。


(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)


長尺も違う原理ですが、同じです。
長尺は その長さによって ヘッドスピードが上がるコト
 が主たる 飛距離アップの要因 ではありません。
,修離ラブのロフトが適切に使えるコト
△修離ラブの長さが適切に使えるコト

が 前提で 長尺、それに適した『少ない』ロフト
 で初めて効果を発揮する訳です。

長尺 → ヘッドスピードアップ と考えている人の
そのクラブの円弧、長さなりの円弧 は
アドレス状態に近い、最大の円弧、
大きければ大きい程良い に近い発想かも、です。
そう考えて 長尺(44インチ以上)のドライバーを振ると
長尺により 計算上上がるであろうヘッドスピードよりも
長いことによって 負荷が増える、重くなる分が上回り、
 数値として ヘッドスピードが上がりません。

また 長尺の効果は 少ないロフトでも上げられる、
 その回転数でも浮遊させられる、適切な入射角度 
 別な言い方をすれば 長さによって入射角度が変わる
 クラブの扱い方が必要だ、というコトです。

 長尺 = ヘッドスピードアップ
 円弧は大きい程良い と考えるタイプは
 クラブを短くして インパクトに入ってこないので
 ウッドなどの長物になると
 長さによる 入射角度の差が無くなってしまいます。
 それでは 更なる長尺にしても 入射角度に変化が生まれず
 少ないロフト、それを活かせる入射角度を作り出せない のです。

…✋おそらく…ですが、
 高反発にしても…
 長尺にしても…
 その効果の出なかった、得られなかった方は
 結構いるんじゃないのかなぁ…と思います。
 反発係数が高いと......長尺にすると...... 飛ぶ は
 まじないでも、魔法でもなく、
 そんなに難しくない科学的、物理的な根拠があります。


 その根拠が理解する、その仕組みを知る が
 スイングを構築する大きい要素 かも知れません🤒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


USGAとR&Aがクラブの長さを
46インチ以下(パターを除く)に制限するモデルルールを発表
2022年1月から各大会、ツアーがローカルルールとして採用

だ…そうです。
悶絶クラブにはあまり関係ない…のですが、
あくまでも 個人的に✋ですが 強く思うコト があります。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
ルールですので、プレーする全員をそれを意識させます。
 
元々、少なくないルールを更に増やす のですから
そのルールによって
 ゴルフの発展に寄与しないイメージや
 良くないスイングを植え付けてしまうようなイメージ
 を
クリアにする為、
その反発係数の実態であったり、
ゴルフクラブの長さの果たす機能、役割であったり を
説明、もしくは注釈をつける責任、義務が
USGAやR&Aにはある
と思います。



 反発係数…の場合もそうですが、
 英語では スプリングライクエフェクト
 和訳すると バネ「のような」効果 (何故重ねる?)という
 あまりに曖昧な、へんてこりんな名称とともに、
 その実は バネ(弾く)とはほぼ反対な
 インピーダンス(歪み・振動数)理論 を元にしたルールです。

 ゴルフにおける、インピーダンス(ヤング率や振動数)理論とは
 ボールはゴムで、ウッドヘッドは金属質の箱形状 です。
 ゴム質のボールの歪み(つぶれ)率は高く(弱い)
 金属質のヘッドは歪み(つぶれ)率が低い(強い)

    (強いと言えば良いのか、固いと言えば良いのか)
 その差が大きいので ボールが必要以上に潰れてしまい、
 その復元に打撃のエネルギーを取られてしまいます。
 
 そこで 箱形の構造を活かし、歪ませ(変形させ)
 その歪み率と言えば良いのか、ヤング率、振動数を
 ボールのゴム質に近づけると
 ボールのつぶれが抑制され、ボールの飛び速度(初速)が上がります。



 チタンだから弾く チタンフェース…みたいなイメージにつながります
MVI_0850-0001-1

 『バネ効果』
 USGAやR&A、が どこに誘導したいのか 汲み取り難いですが、
 その実情がわからず、言葉のニュアンスだけ残れば
 ボールを「弾いて打つ」印象は根付いてしまいます。
 ルール がある限り
 数か月 レッスンを受けるより 明らかに強いレッスン です。



 今回の 長尺(46インチ)規制
 長さが… となれば
 ほとんどの人が そのまま ヘッドスピードアップ=距離
 と考えガチ ですが、実情は もう少し 複雑です。

 ウッドの流れ で考えると 7番→5番→3番→1番(ドライバー)
 は 順に ロフトが少なくなっていきます。
 と、同時に長さが変わります。

 使いやすそう、だから と言って
 10度のロフトのクラブを 7番ウッドの長さで使うと
 打ち出し(上下)角度が減り(7番の長さ)
 その角度に対しては スピンが足らない(10度のロフト)
 ので 飛距離が得られません
 逆に 7番のロフトを ドライバーの長さ で使うと
 打ち出し角度が高く(ドライバーの長さ)
 その角度に対しては スピンが多いので(7番のロフト)
 やはり 飛距離は得られません

 各各の方の ヘッドの入れ方(入射角度)
 ロフト姿勢、ヘッドスピードによって異なりますが
 長くなると ヘッドスピードが増す コトソノモノよりも
   ✋1インチ程度では ヘッドスピード変化は無いに等しい
 ロフトが減って 👉スピンが減って も
 長さが増えれば 入射が緩くなり(ドライバーであればアッパーになり)
 少ないスピンであっても 打ち出し角度が取れるようになり
 飛距離を増やすチャンスが増えるコト が実態、
 長くなることで飛ぶ のは 直接的にスピードアップではなく、
 少ないロフトを活かせる入射になるコト
 が実態です。

IMG_2813Trim(2)_Moment

◉その実態を理解して貰うのと
◉長尺 イコール ヘッドスピードアップ と考えるのでは
 ソコから 作られるであろう スイングは異なると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ