◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:3パット

5

試したコトの無い人には理解出来ない…
 のかも知れませんが、
一般的な市販品パターのヘッド重量は 
300g強
👉L型改良版ブリストルで 
470g
👉ピン型『デール9』で 520g
 単純な重さで言うと 1.6~1.7倍あります。
IMG_1362

パッティングに限りませんが、
スイングの、ショットの イヤな部分は
アドレスの静から動に移る 動き出しの部分
特に パッティングの場合、
この1mのパットを入れれば ハーフ50を切る とか、
初の100切り や ベストスコア更新、念願のバーディなど
決して不可能でない「小さな幸せ」が
 本当に目の前に待っています。
 期待半分、残念半分、精神的に圧が高くなるので
より一層、その動き出しの部分がし難くなります。

常識的に考えると 1.6倍、1.7倍重たいヘッドの方が
動き出しが、「重い」が故にし難く思える。。。のですが、
試したコトの無い人には理解出来ない…のかも知れませんが
👉👉👉実際には その真逆で、
    重いヘッド使用 の経験がある人ほど
    軽いヘッドは 圧倒的に動き出しが難しい のです。
IMG_1385
パットだけに限りませんが、
やはり グリップを動かす事が、結果、ヘッドの動きになる
というコトだと思うのですが、

軽いヘッドだと グリップを動かすのが難しいのか、
どうやっても スムースが動き出しが出来ません。
…正直、イップスになりそうです。

真っ直ぐ引く…コトが正しいとは言えませんが、
グリップを動かす事がヘッドを動かす ではなく
ヘッド単体を動かそうとすると
 どうしても 思い描いているラインや方向に
 ヘッドが動きません。
 外に膨らむように動いてしまったり、
 想定以上に フェースが開いてしまったり…
スムースに 違和感なく ヘッドを動かす というコトは
行き着くところ グリップを動かすコト なんだと思います。

その点で ヘッド重量のしっかりしているモノは
 ものすごく安心して 動き出し が取れます。

  ヘッドが重いので グリップが動かし易い…でしょうか…。
IMG_1370


パターイップス…嫌な言葉ですが、
この典型は 実はグリップが動かせないコト、
 ヘッドを動かすために ヘッド単体を動かそうとすると
 前述のように 変な方向や姿勢になり 違和感があります。
 ヘッドを動かすために グリップを動かす というコトを
 忘れてしまっている…のでしょう。
ヘッドの重たいものは 絶対と言って良い程、それは起こりません


それと同じ発想ですが、
 例えば、です 一般的な34インチ のパター というコトになると
 長さは 90cm弱です。
 その長さの棒で 砂に絵や字を書こうとします。
 手元を動かさず、先端部分だけを動かそうとすると
 あまりに繊細な動きが必要になり、なかなか上手くいきません。
 手元 で絵や字を書くつもりで動かすと
 スムースに先端が動きますので そのイメージを持ってください

重いモノ は 基本 動きたがらない のですから、
無理に動かそうとせず、手元や自分が動いた分 動く
そう考えるのが自然だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ピン型デール9』
で ヘッド重量 520g
『L型ブリストルパター』で 470g と
平均的なパターヘッド重量の 1.6~1.7倍 有ります。
IMG_1370

こう考えてみましょう。
成人男性の平均体重は 70措 です。
1.6倍で110繊1.7倍で120 ですので
ちょっと小柄なお相撲さんサイズ、
同じ速度でぶつかられれば お相撲さんサイズの方が
当然、ダメージは大きい訳で、パッティングストロークにおいて
 同じ距離を打つのであれば 遅めの速度で十分でしょう。

遅めのヘッドスピード、となれば
小さめのストロークで済む…かも、ですので
慣れは必要であれど、当然、簡単さは増します。

IMG_1366

ヘッド重量とヘッドスピード その掛け算が
ボールを打つ「打撃力」になる訳ですが、
それが ロフトと軌道によって
 素直に距離になれば良いですが、
無駄なボールの上がり、や 回転になれば
 ヘッド重量のメリットが生きてきません。 

多くの人が 「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す」
そればかりを気にしているように 思えるのですが、
ヘッドの移動軌道だけでなく
 ボールとヘッドがどうコンタクトするか、
 意外と無視されていますが、かなり重要です。

これは 一般的に知られていないコト ですが、
平均的な ピンタイプのパターの重心高さ は 約13mm です。
マレットタイプ…になれば それより低い可能性もあります。
『ピン型 デール9』は特出した高重心 で 重心高さ 約17mm 有ります。
・・・L型ブリストルとほぼ同等です✊

重心位置、重心高さの作用は
 運動させた時、ヘッド姿勢に働くので
重心の低いものは ロフトが増え易く、
重心の高いモノは ロフトが立ち易く、
なります。
アイアン…で、同じロフトであれば
 重心の低いモノの方が 総じて易しい…上がり易い ので
 重心の低いものは だいたいストロングロフト…です。

当たり場所と重心の関係!とは言い切れませんが、
ミドル〜ショートアイアンで ティーアップしてショットし、
 ボールがフェースの上めに当たって、上がるけど 飛ばない、
 勢いのない球になってしまう
 と言う経験を
 している方も少なくないか、と思いますが、
種明かしをすれば、当たった箇所…の問題では無く
ロフトが付いていて、それが故に 緩い入射になった為、
くぐり抜けたような、勢いの付かない球になるのですが、
パッティングにおいても それに類似した球は かなり頻繁に出ます
IMG_1389IMG_1387











ですので
 ボールの赤道部を打つ
もしくは 少しオーバーですが、
 ボールを赤道で切って、南半球にティーアップされた
 北半球だけを打つ…位のつもりで ストロークしてみて下さい。

😓パターの歯でボールの赤道付近…は多少オーバーではありますが
少なくとも 下側、南半球を打とうとすると
 ロフトも付く(リーディングエッジが前に出る)ので
 予想以上にボールの下目に当たる…それよりはマシです✋
 それでは ボールに良い回転は入りません。
IMG_1386IMG_1385









ボールとヘッド(ピン型デール9)の関係です。
10円玉6枚で1cm弱、7枚で1儷の厚さがあります。

地面に沿って 動かすよりも
1cm高いラインを通った方が
 ボールは良い転がりになり易いですし、
 故に ボールも伸びます。
 ヘッド重量が活きます
また、そういうイメージの方がロフトも立ち易く
 シャフトの柔らかさの効果も有効です。

是非 プロのトーナメント…
トーナメントの中継って パターばかりで退屈ですので
どの高さ を打っていて、
どの高さ を打っている人が ボールの転がりが良いか
確認してみて下さい。
適切な高さ(ボールとのコンタクト)では無いと
想定よりボールは伸びません……切れる…というコトです。
距離を合わそうと 強く打つと
下目 で打っていますから
ロフトが付いている👉フェースが左を向いている ので
ひっかっかる…というのがカラクリなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



IMG_1361
今日のラウンドに間に合う様に製造していただいた5UTが到着。早速 開梱。

5UTと共に ロング スラント ピンタイプ パター が入っており、
横須賀総本山にお伺いをたてると
 ラウンドで使って感想をよこせ との指示。
答えは
 ハイしかあり得ないので ハイ。

 

コースに到着したら 練習無しで 直ちにティーオフするのがルーティン。

 

アウトは 慣れた? L型ブリストルパター

34インチ  146cpm(ヘッド重量480g) いつもどおり 基本 2パット

インから ピン型「デール9」 の登場

34インチ 153cpm(ヘッド重量520g)

 

IMG_1359

10番ホール 

グリーンまで 1m  
 カップまで5m  エッジから ピン型「デール9」でアプローチ   

✊おぉー  狙った所へ向かっている  弱い 届かないか! 

✊あれぇ〜?  なかなか 止まらない  若干の下りだから

 「オッケー  ナイスパット」(同伴競技者)

 

11番ホール

カップまで 5m  外せば ダボの 気合いの入らない状況

上りで スライスして 最後にフックするライン

打ちました  

✋弱い 届かないか!

✋あれぇ〜〜?  未だ 転がっている  上りなのに 

 ただ、カップの手前30cmから 急激の上っているので 届かないな と思っていたら 

ナイスイン (同伴競技者)    

 

IMG_1363

12番ホール

色々あって カップまで 8m
 2
段グリーン  上りの キツいフック

何となく 根拠の無い 自信を抱き 打ちました

✋弱い 届かない  今度は本当に届かない

ナイスイン」「ナイスパー」(同伴競技者)

 

いつもの様に「パーは簡単バイ!」「打てば必ず入る」と 嘯く

 

この後

距離がある パッティングはオッケー距離に寄り、
オッケーに寄らない
 アプローチ後のパットは 入り  でパープレイ。

 

引っ掛けが ありませんでした。

✋苦手なスライスライン  
✋そして 特に苦手なスライスの下り  
上手く打てました。
 入るか否かは
 別ですが。

IMG_1370

アウト はスコア 41 (パット 16 
 大体 いつもどおりだったので 70台はほぼ諦めていたのですが、

イン  37  パット 14 

 

久々の 70 でした。

 

パットが良くなって ショットに好影響が出た インでした。

ありがとう ピン型「デール9」 ロングスラントネックパター
 

L型ブリストルは フェースアングル ほぼ 90度。

一方 ピン型「デール9」 10度ほど。センターバランスに近い。

IMG_1362

✋市販の
 センターバランス 
 ヘッドを感じず 何処で打てば良いのか解らないので
 ヘッドを 「ぴゃぴゃっ」(長崎弁?)と
 いごかして(動かすを 長崎では いごかす と言います)しまうので
 それが嫌で L型ブリストルにしておりました。

 

でも、ピン型「デール9」は違う。

ピンタイプなのに ロング&スラント 
 フェースアングルを センターバランスに近づけ
 そして その重量が故に 若干のフェースアングルが ここで打てと教えてくれる。

従って ゆっくり 感覚を大事にしながら 打撃出来るので 距離感の勘が合う。

 

L型ブリストルの 長所を ある程度 持ち、
L型のブリストルの短所を ある程度 解消した
パター思った次第です。

 

SLN-PT7

感覚派が使える ピンタイプ とでも言いますでしょうか。

ラインは教えてもらえますが 距離は教えて貰えない。


距離は自分で作るしかない。だから
 距離感であって 
感は自分でしか解らないので
 他人から 教えて貰えない。

スリーパットは 距離間違いで 起こりやすい。

 

だとすれば このピン型「デール9」  凄かです。

凄いと言うより 違反。反則。

 

今日のラウンドは ベンド芝でした。
来週は
 高麗芝で しかも強烈な芝目です。
順目の下りでカップ
 オーバーしたら 
返しの 逆目の上りは ショートか引っ掛け  スリーパット量産 コースです。

ラウンドが楽しみになっております。ありがとうございます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ