◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:飛距離

ヘッドスピードを上げると 飛ぶ    の?

半分正しく 半分間違っている

まったく同じ条件で スピードだけ 1ms上がると 
           増える距離は たったの 「4ヤード」

4msヘッドスピードが違っても 15ヤード位の差である

良く耳にするコメントで 「俺 あいつより30ヤード 飛ぶんだ!」
 単にヘッドスピードの差であれば 8、8、8msも違う事になる
  そんなはずは ない って思うよね
   同じような年齢で 8msもヘッドスピードに差があるとは思い難い

我々 アマチュアが ボールを飛ばす
 そのための 「鍵」 は 適正な(インパクト)ロフトで打つこと
  50msの人がコスって 18度のロフトでインパクトすると
   42msで11度で打った人には 「当然」 負ける!!!

ここ 昨今のドライバーは ライ角度も非常にアップライト
 重心深度も深いから 運動中の実質フック角度は相当ある
  中には重心角度30度なんて スウィング破壊兵器も存在する
   要は 非常に「スライスし難い」 「右に行きにくい」クラブが
    世の中心なのは みんなが 開いて ロフト増やして打っている
     そういった 証なのだよ
      まぁ ある意味 やさしいけど
       若者とはいえ アマチュアの我々が プロよりも
        2度も立ったロフトのドライバーを使っているのは
         インパクトのロフトを「ガバッ」と増やすからなんだ

自分のヘッドスピードにあったロフト それも物理的なロフトという意味でなく、ちゃんとしたインパクトロフトを作ること、もしくは作り易いクラブを持つ事が 実はヘッドスピードを増やすより 労力、体力的には簡単である

自分がロフトを開いているから「キツ〜イ」ロフトのクラブを使うのではなく
正しいクラブの使い方で 正しいロフトで打つ
 それを目標にする方がアマチュア向き でしょ!

ヘッドスピードを増やす  …この行為 実はロフトを増やす とかなりつながっている スピードが上がればロフトが増えちゃう これでは変わらない

 ゴルフがやっぱり ニュートンの法則で カロリーの法則ではない よね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1
 非常に現実的なゴルファーの数字を挙げてみる。
日本の成人男性の平均スコアは104である
ラウンド数は2か月に1.5回  //年に10回弱
練習は月に2回弱  月の練習球数 250球
全ゴルファーのうち15%の人は生涯100を切れない
5番アイアンの平均飛距離は130ヤード以下(OBを除く)
正味140ヤードのショートホール 無風快晴 ワンオンする率 20%以下
シングルハンディ の人でも 35%は超えない
ドライバーの平均飛距離は残念だが200ヤードに満たない
これが現実である。


 いつも ゴルファーの会話を聞いていると ? な気分になる。
ドライバー250ヤード 270ヤード 当り前 300ヤードって声も聞く。
仮に300ヤード 平らなところで計算すると ヘッドスピードは55ms必要になる。
ヘッドスピードのみ55msに出来る人はいるかもしれない…。
しかし この場合 正しいインパクトで55ms である。 このインパクトのボールは重いぜ 約1.8トンの荷重がドライバーヘッドに掛かる。
日本人の平均ヘッドスピードで掛かる荷重値の倍の重さ
こすって出すヘッドスピード55ms、こすり方にもよるけど 220ヤードの場合もある

 そしてもうひとつ。 日本のプロ 日本では300ヤードショット連発、女子でも270ヤード と中継では耳にするけれど アメリカツアーに行くと 必ず距離に苦しむ  藍ちゃんなんか かわいそうになってしまう。 飛ばし屋として有名なサクラちゃん アメリカに行くとアマチュア参加の中学生に負けちまう。 以前 飛ばし屋、怪物で有名だった川岸良兼がやはり距離に苦しんだ。
 アメリカ本土やイギリスでゴルフをしたことがあるだろうか?  双方とも ドライバーショット、ティーショットで打ち下ろしは大変少ない。ほとんどがまっ平か 打ち上げも少なくない。 アメリカのロングホール550ヤードあると 正直ウンザリする。 打っても打っても届かないから 当たりが良くないと3回ウッド打たなければならない。  日本の550ヤードなら ティーショット次第ではツーオン狙いだ、なんだかなぁ。
600ヤードのだらだら上り 全部ウッドで3回ともにナイスショット! でも全く届かない…。そんなコースが基本だ。
220ヤードの池越えショート、アメリカならイチかバチかドライバーだ 日本ならアイアンも考える… この違いは何なんだ? 重力の差か。

遼君もアメリカに行くと距離をアプローチ 苦労するだろうなぁ

ちなみに冒頭の統計、ついでですが フェアウェイウッドを使用するホールの45%はダブルボギー以上になってしまうそうだ。コースにでてフェアウェイウッドを使う時、慎重に、注意して という事ですね。 あ、今流行りのユーティリティクラブを使うとその確率は更にあがり 55%近く、半分以上はダボ以上になってしまうそうで 名前の割に ノット・ユーティリティ ッテことかな

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 クマさんの5年ぶりのお散歩   …お散歩なんて可愛いものじゃなく
まさに 実弾演習    いや 人間狩り だったのではないか


東京圏に有るコースは短い それに加え ヤーデージも甘い
18hのラウンドで 使用したクラブは
  1W 7I 8I PW AW SW LW PUTTER たった7本
    (7I はグリーン周りの 刷毛塗りアプローチに使用)


ドライバーを打つと 低いライナー    曲げられない
 ただ 一直線に打ち出しの方向に飛ぶ
  距離が分らないから 突き抜ける
   ミスすると とんでもないテンプラ  でも同伴競技者と同じ距離…


300ヤード台のミドルホールでは
 全てが ウエッヂの射程圏に入ってしまう…


前の組への打ち込みも 後ろではなく 前の組み越え
 グリーンに乗るまで 怖くて打てないそうだ


新悶絶アイアンの特徴の一つだが
 ラフや相当なダフリも 結果はナイスショットになってしまう…

アプローチやパターの距離感が上手くいかず
 パッティングでたっぷり打ったが
  5年ぶりのラウンドとしては上出来
   一緒に回った人が ボロボロ ボロ雑巾になり 結果ベスグロ…


130ヤードのショートホールでの出来ごと
 高齢?の人は 谷越えが故 ユーティリティを持っている…
  同僚は 多分 8番 あたりだろう…

   なんと クマさんは 良く解からないから ショートしても と  AW

  そして ナイスオン
 一緒に回った人は さぞ 苦しんだ一日だったのだろう…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

090816_0837~01HBSクラブを使用して丸一年。ショートホールで他人の番手が全く参考に
ならず苦労するほど、飛んでしまうこのクラブと出会い、本当に失礼な言
い方ですが、練習しなくなってしまいましたw

当初から非常に打ちやすいなぁと思って、それほど苦労をしていなかった
のですが、悶絶したのはウェッジです。
今となってみると、柔らかシャフトと重量のあるヘッドをいただいてリズ
ムで打つタイプの私にとっては、長いクラブはそこそこ打てていたもの
の、アイアンの下の方からウエッジに関しては今までのスイングでは対応
できていないものと想像できます。
ウエッジの距離感、想像した通りの玉が出るのは本当に稀です(今で
も)。

でもブログを見て、そして動画を見て何となくですがイメージが出来まし
た。
HBSクラブと出会う前の悪しきスイングのエッセンスがまだ残っていたと
いうことだと思います。
これから新クラブとともに、スイングを改善していきます。これからもよ
ろしくお願いいたします。

追伸

今年の7月7日、総勢160人の飲み屋さんコンペでホールインワンをし
てしまいました!

<その時の状況>
◎◎ゴルフクラブの17番、165yard若干打ちおろし。ピ
ンは手前。風は右から左。
同伴競技者はこの辺のトップ尼たち。何回も一緒に回っているので僕のク
ラブは参考にしませんw

155y打てばいいかなと思い、9アイアンを手にした僕は風が気になって低
い球で行こうとラインだけ出してと思い、軽い気持ちで打ちました。(こ
のスイングが、いま思うと答えだったのかと思います。)
打ち出した方向はワンピン左の方。打った瞬間は「寄ったな」。同伴競技
者は「みじけーべ」
糸を引くような弾道で低いフェードボール。
ピンの左1ヤードに着地。ツーバウンドめでバックスピン。

カランコロン!
入っちゃった!まじでーーーーーー!?

ヤバい!
保険はいってませんでしたーーーーー!

その後は、ショートホールで低い球を封印してますw

その後、計画が進み、今月の13日にコンペを開くことになり、定期解約
しましたw
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1
BlogPaint


























飛ばす 為の 最大の方法に ヘッドを振らない を訴え続けている

とりあえず 出来る出来ないを 棚に上げて置こう


大半の人は ヘッドを振らない方が 飛ばない という観念から抜け出せない

気持ちは理解できる

目で見れば 誰もが振っているように 見える (本当は見えないけど…)


 だから 例の映像を見ても ただ ゆっくり動いているだけ という感想も貰う
BlogPaint
























 ゴルフクラブはグリップエンド部とヘッド部 がアドレスの状態よりも 

同軸線上よりもヘッド部が右にあると ヘッドその物が右回転

左にあると左回転しようとしてしまう

 必ず回転しようとする動きが起こってしまう


複雑だが その運動は グリップ部やそれを支えている手や腕、体にも

 大なり小なり影響を与える為 同じ不可抗力や軌跡になるのは 可能性として低い

  ヘッドをグリップよりもたくさん動かすと

   厳密には一生で一度しか出来ない軌跡を描くことになる

    まず これが 安定したショットを生み出さない


fromsky-1116フレームショット


























次に ヘッドの運動量だけを増やすと慣性の法則が適用されず

 クラブ全体にかかる遠心力と重量点の一致が生まれないので

  ボールに効率的な破壊力を伝えられない


そして ヘッドをたくさん動かすことにより

 ボールを打たなければならない動き 左方向への移動で

  シャフトよりも 右にある重量点により ロフトが多くなりやすい


fromsky-1118フレームショット


























また 今流行りの 大慣性モーメントの利点

 これ 結構勘違いしやすいのだけれど

  ヘッドの慣性モーメントは エネルギーを増やす 破壊力を増やす という意味合いより

   エネルギーロスを減らす という意味なんだけど…

    慣性の法則が使えなくなれば 慣性モーメントによる ロス軽減効果を得られない



fromsky-1120フレームショット
























★ここでも 勘違いしやすいんだけど

運動量は 横のだけでなく 縦の運動量も同じで

自分の動きで ヘッドを縦に動かそうとすれば クラブは同軸線上から外れる

長さの違いをのぞけば グリップ部は ヘッド部と同じだけ移動するのであって

縦にも横にも ヘッドだけを多く 動かすことはない 






 以上の事を得られることを考えれば

ヘッドスピードを5ms 上げた分位の効果は確実にある!

ま 実際には ロスしていた分を取り戻すだけ なんだけれど…


 その効果を発揮させるのは たった 一つのルール


   グリップを移動させた分 以上に ヘッドを動かさない事



  これが 出来るだけで 20ヤード 30ヤード 増やすのも

   決して 夢ではない      …取り戻すだけなんだけど
















up_252956尾崎亜美オフィシャルファンクラブ
GLUTTON CLUB
(グラットンクラブ)

【入会特典】
◇コンサート、イベントなどの告知
◇コンサートチケットの優先販売
◇会報の発行(2ヶ月に一度くらい)

【入会金・年会費】
◇入会金 1,000円
◇年会費 3,500円
*更新月 12月
(7月以降入会の方は2,500円)

【申込み方法】
申込書(リンクからPDFファイルを
ダウンロードして下さい)に、
必要事項を記入の上、下記の
住所に送っていただき、4,500円
(入会金&年会費)をお振込み
ください。

〒153-0063
東京都目黒区目黒4-9-17-101
ビーズクラブオフィス内
グラットンクラブ

振込先: みずほ銀行 青山通支店
普通 1096861
(有)ビーズクラブオフィス

≪お問合せ≫
TEL 03-3794-2716


関東圏 2009年コンサート情報
 http://www.civic.jp/2009/08/1217-1.html

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

市販されている一般のクラブでは 長さを長くするとヘッドが軽くなる
 45インチ 200gのヘッド
 46インチ 188gのヘッド
この二つの関係では ボールを移動させる破壊力はさして違いはない

重〜くなることを覚悟の上で 46インチ 200gのヘッドを作れば
 距離を生みだす 破壊力は増える 確かに。
  しかし 一般的なクラブが D0〜D2位とすると  うちのは問題外!
   スウィングウェイトは D6〜D8になるから かなり重く感じるだろう
    勿論 当たれば 飛ぶ

でも 良く考えて貰いたい
 ボールは無機質である 打つ人の気合いや祈り 
  ましてやシャフトの長さも一切関知しない
   48インチ使ってるから よし「飛んでやろう」とは思わない
    単に 重さ × スピード が激突するだけである

長くなれば ヘッドスピードが上がるのか   答えは「限りなく」ノー
 45インチで40msある人に 43インチのFWを打たせ計測すると
  ヘッドスピード自体に大きな違いはない…

45インチを46インチにして増えるヘッドスピードは1msに満たない
ヘッド重量を軽くしていれば 重さ×スピード の鉄則から破壊力は増えない…
ヘッド重量をそのままで長くすれば 今度はヘッドスピードは増えない…

クラブの本当の長さは 背骨から 腕 シャフト ヘッド まで  センチメートル
それを基準に考えると 1インチ 約センチ増えても
殆ど 誤差程度
破壊力を作るため はっきり伸ばすには 4インチセンチは
必要だろうけれど いくらなんでも49インチは振り難いし
日本の練習場では怪我人 続出する恐れがあるから 不可能だろう…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 お客様からの投稿レポートです

ものすごく独りよがりな理屈です。物理学の得意な人が見たら笑うでしょう。正確じゃないけど、大体合ってると思う。

材料
クラブヘッドの重量(m)、シャフトのしなり、ヘッドの動くスピード(v)、ミート率

1 ニュートンの運動エネルギーE=1/2m*v*v
  仮にヘッド重量mを205、vを42とすると
  E=1/2*205*42*42
   =180,810 j(ジュール)

2.E=1/2*205*38*38
=148,010 j

仮説、ヘッド重量同じとして、いわゆるヘッドスピードが10%下がるとボールに加わるエネルギーは約18%減る。
1のキャリーを210Yと仮定すると、2は172Yになると推測できる。マイナス38Y!!

次にミート率を加味してみる。
1のミート率を1.3 、2を1.5と仮定すると、1.5/1.3=1.15 で15%取り戻せる。言い換えると3%しか
飛距離は減らない。210Y*0.97=204Y 6ヤード減るだけ。これは朗報です。1.6ならHS42をアウトドライブ!
ヘッド重量205g、ヘッドスピード38ならなんとか実現できそう。問題はミート率。ミート率を調べてみると、BS/HSのことをいうとあるが、これは結果を
いってるだけで、ヘッドの軌道と、ヘッドのインパクト姿勢がどうなったときにミート率の高低にかかわるのか不明。いまわかっていることは、インパクトロフト
(ヘッドがボールに向かう上からの軌道に対する実ロフト)がそのクラブの本来のロフトになること、ボールに向かう軌道は、一般的に考えられている軌道よりはるかに
急傾斜で直線であること。インパクトロフトは、ヘッドの遅れで自然に実現できるとすれば、ヘッドの軌道のイメージを大きく変える必要あり。
いま、この急傾斜イメージがわかないで苦戦中です。クラブは手で持っているし、手は体から生えているから、手と体の正しい動きをつかみたい。

シャフトのはじきは飛距離に影響しないことは理解できます。エネルギー保存の法則を理解していれば、自明の理です。

やっぱり理屈っぽいですな。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 飛ばしたい 飛びたい ドラコン取りたい
飛距離の要らないゴルファーなんていない! …と思う

殆どの人が飛距離の根本は「ヘッドスピード」だと思っている
本当のところ、間違っていると思った方が上手くなる。
確かに クラブ、スウィング、体力 等同じ条件になればHSが高い方が飛びやすい しかし確定的ではないの。

ドライバーでボールを打ちながら ヘッドスピードを計測する時、本当の飛距離や弾道などを無視し、単にヘッドスピードだけ上げるには 思いっきり体を開いて、もちろんロフトも開いて振ると 通常の10%以上 数値は上がる 
しかし距離は下がる
通常時より下がる

具体例でいくと スタンダードで40ms 220ヤードのショットを打っている人
開いて こすると ヘッドスピードは45ms近くまで上がる
しかし 距離は200ヤード強まで 下がる
エネルギーは 高さとスピンに逃げる 逃げる

正しいロフト、自分の動かせるスピードで浮力を失わないロフト、立ったロフトで正しくインパクトすると ボールは重いのだ
40msのスピードで240ヤード飛ばすとなるとヘッドには1トン以上の加圧が掛かる
出来れば スピードを上げることに筋力を使うのではなく、その加圧が掛かっても落ちないように筋力は使いたい!

ハミングバードには ヘッドスピード37msに満たなくても 240ヤード打つツワモノがいる  コスっている45〜46msの人は勝負にならないだろう…  知っている人にとっては この方 ちょっと特例か

少なくとも ms弱のヘッドスピード
適切なインパクトロフト
適切?十分なヘッド重量
 この三つがあれば キャリー・ラン 含めて実測240ヤードは打てる 筈

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ