◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:飛ばし


質問「からだを廻す のは
 具体的にはどこを廻す と良いのですか❓」


店長「…いつも通りですが、
 ちょっと長い前置き になってしまいますが、
 男子プロ、特に欧米選手の 真似 をする事に
 良いことは多く…ほとんどありません。
 場合によっては 害悪の方が多い場合もあります。
 勿論 昔からある 普遍的な部分は 良いとは思いますが、
 私たち アマチュアとは ドライバーで言えば
 100ヤードも 150ヤードも距離が違うのです。
 2倍とは言いませんが 1.5倍は飛ばすヘッドスピード
 ヘッドスピード 55㎳ の異世界のテクニックを
 40ms行くか、どうかの私たちが活用しきれません。

 想像出来るとは思いますが、
 今より 100ヤード、150ヤード飛ぶとしたら
 コースはもっともっと狭くなるわけですよね。
 ですので 主に そちらの技術が主になります。
 なんと言えば良いのでしょうか
 F1ドライバーのドライブ技術 を 日常の運転に
 活用しても あまり意味が無いのと似ている と言えば良いのか…。

 そして 彼らは 私たちの息子娘、孫 の年齢ですので
 カラダもしなやかですし、限界値もかなり違います。
 私たちと違って 選手である限り、からだのメインテナンスにも
 時間もお金もたっぷり使います。唯一の資本ですので…。
 そこは考慮して置いた方が良い…が話の始まりになります。」

質問「それはそうですね。」

店長「それを踏まえた上で、
 ごくごく普通のオジサンおばさんゴルファーが
 からだを廻す、向きを変える その主な部分は
 骨盤を含めた背中、胴体になる訳ですが
 背骨は上から 頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨
 で構成されますが、
✋よく言われる 腰を廻す の近くにある
 腰椎5個は 5個の合計でも 5度も捻ることが出来ません。
 
Spinal_column_curvature-ja.svg

 背骨で考えると 捻じるコトが出来る。。。
 あんまり お薦めは出来ませんが、あえて 言えば 胸椎
 で行うことは可能ですが、
 それは むしろ ひねられて『しまう』と言う程度で
 背骨、胴体を捩じろうとしている場合の多くが、
 背骨ではない、肩甲骨を動かしているケースが殆どです。
((((((((_Moment

 腰痛などの カラダの故障、痛みのコトを考えると
 カラダの向きを変える カラダを回す は
 捻じられる部分を胴体ソノモノにするのではなく、
 胴体は向きを変えるけれど、ねじられる部分は
 股関節 にするべき
 だと思います。」

質問「股関節 なんですか❓」

店長「そうです。肩甲骨を主に 胴体を捩じれば
 主に胸椎ではありますが、元々 ひねる と言う動作を
 あまり得意としていない 背骨が捩じられますので
 カラダへの負担、や無意識な恐怖から
 早くなってしまったり、浅くなってしまうコトも多いです。
 年齢を取って、距離が落ちてしまう原因 の一つに
 長年の腰痛などから 中断期間 が生まれ、
 復帰しても 怖くて 廻せない、捻じれない、になる訳です。
 やはり 本能的に 背骨が捩じられるのは怖いと思います。


 肩甲骨の可動域を増やす という話題が
 スイングの話しの中に 出てきたり もしますが、
 おそらく…ですけれど、可動域を増やしことによって
 背骨に対しての 捻じり、負担を減らす
 というのが 一番大きい のではないかと思います。
338321720240




 股関節は ざっくり言えば ボールジョイントのような構造
 を持っていますので 捻じられることに問題は有りません。
 動かせていれば 捻じる事に違和感が少ない箇所ですので
 加齢による 回転不足に陥り難い 方法・箇所です。

 ですので 飛ばす と言うトレーニングは勿論ですが、
 歩く、大股で歩く、太もも、ひざを上げる など
  股関節廻りのお尻や背中、
 大腿などの筋肉を動かす訓練が有効か
と思います。

 飛ばすことに 背中も含め、脚力という
 かなり大きな筋肉を使えるのです。
 使っていなかった人にとっては かなりのチャンスかと思いますね。
IMG_2813Trim(2)_Moment(2)
 からだ 👉胴体 になる訳ですが、
 それ自体を捻じる、ひねる、ではなく
 股関節を境とした 胴体ゴト 廻す は
 似ていますが、かなり違うと思いますし、
 筋力、体力の無い、運動不足ガチなアマチュアの必須動作 であり、
 ゴルフのせいで カラダを傷めるコトを避ける作法
 だと 私は思います✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


何年か振りで  Yさん(66歳)がやってきました。
Yさん「久し振り〜。」
店主「あ、どうもっス。
 どうしたんですかー❓」
Yさん「いやさ〜 最近、顕著にドライバーが飛ばなくってさ…。」
店主「なにか あったんです❓」
Yさん「イヤ、特にはなにもないんだけど
 しばらく 忙しくて。。。 そう、2年位
 ゴルフから遠ざかっていて、久しぶりにやったらさ、
 飛ばない、飛ばない、200ヤードも行ってないんじゃないかな。」

店主「そうなんですか…
 まずは 打ってみましょうか。

【ゴルフスイング】 20210701_Moment
Yさん「そうそう、
 当たった感触は悪くないのに
 コースでもこんな球ばっかり 出るんだよね。。。」

店主「弾道はどんな感じ❓」
Yさん「薄く左目に出て 少し左に曲がる感じ、
 高さが出ていないから キャリーが無いね。」

店主「なるほど。。。」
Yさん「ヘッドスピードはどう❓」
店主「ボールスピードからの逆算ですが、
 36.37.38ms と言った感じですが…。」
Yさん「思っているよりも 下がってはいないんだぁ…。
店主「そうですね。Yさん、今 66歳ですので
 すごく 低い と言う訳では無いと思います。」
Yさん「まあ 元々、飛ぶ方ではないから
 若い時のピークも 40ms越えるか、越えないか、
 と言うトコロだから ヘッドスピードは年齢なり、
 と言う感じなんだろうけど、距離は 30〜40ヤードは
 はっきり落ちた感じだなぁ。」

店主「そうですか。」
Desktop 2022.02.13 - 21.34.58.01_Moment(2)

Yさん「どうすれば良いの❓ 率直にお願い」
店主「もっと 重たいヘッドと柔らかいシャフト 使いましょう。
 ま、それは冗談として、
 フェースローテーション打法の最果ての終着駅 なので
 ソコを改善しましょう。」
Yさん「どういうコト❓」
店主「ざっくりと説明すると 弾道には
 _鹽/曲がり
 ⊇亠紊諒向 上下
 ➂出球の方向 左右
  があります。
 絡みがあるのは 確か ですが、
 原則としては それぞれ 独立したモノ です。

 ですので 右に出る球、左に出る球
 右に曲がる球、左に曲がる球
 は別々で
 右に出て左に曲がる球もあれば
 左に出て右に曲がる球 もある筈なのですが、
 フェースローテーションの場合は
 右に出る球は右に曲がり、
 左に曲がる球は左に曲がる。
 それに加え 右に出る時は極端にロフトが大きく、
 左に出る時は極端にロフトが小さくなるので、
 ヘッドスピード自体は大きく変わっていない、
 少ししか落ちていないのに、
 Yさん的にはツカマッタ弾道が
 浮力を得られず 失速してしまう。と言う現象です。」

店主「そして 困ったことに
 現在のドライバーはどれもこれも
 スピン抑制の強いモノばかりなので
 つかまえようとすると 浮力が得られず 失速してしまい、
 高さを出そうとすると 飛ばない の
 前門の虎後門の狼なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ