◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:重心距離


Q:ゴルフを始めたばかりで、 
 先輩のおさがりを使っていますが、
 自分でクラブを『買ってみよう』と思っています。
 アイアンの キャビティとマッスルバック には
 どんな違いがあるのでしょうか❓
 初心者ですのでキャビティの方が良いのでしょうか ❓
 教えて下さい。

IMG_0624

キャビティ形状のアイアンとマッスルバック形状のアイアン
どちらがやさしいか❓
  その答えは一番最後にします。

まずは キャビティアイアン からお話ししましょう。

キャビティは英語で穴あき、虫歯のコトもそう呼びます。
キャビティアイアンのメリット は
‖膩織悒奪匹離疋薀ぅ弌爾汎韻犬茲Δ
 重量を周辺に配分するコトによって
 同じ重量でも 重量効果が高い(重くしたのと同じ)コトで
 打撃力が増し、距離が出し易くなります。

➁,隼ていますが、重量を周辺に配分するコトによって
 慣性モーメントを上がり、運動の持続性、
 姿勢の維持性能が高くなり、距離を出し易く、
 ミスヒットに寛容になります。

➂重心配分に自由度が高いので
 重心距離を長くしたり、重心を低くしたり、
 ㊕にマッスルバックに比べ、重心を深くし易く、
 ボールを上げ易くします。


と 良いトコロばかり。。。に感じますが、
 設計思想はその通り、良いトコロが多いのですが、
 実際に製品にすると 実はそうでもないのです。

❶マッスルバックに比べ、見てくれも大きくし易いので
 アイアンですが、やや長尺気味も多く、
 また 購入対象者が女性や高齢者など 非力な方が多いので
 それに合わせて 軽量ヘッドになっていることが多い・・・
❷慣性モーメントの主要素は『ヘッドの重み』です。
 ❶に絡み ヘッドが軽量になっていることが多いので、
 実は見てくれ…ほど 慣性モーメントが高くないものが
 多いのです。
キャロウェイビックばーさ
 例:古いアイアンですが、見てくれは巨大で
 奥行きもある キャビティ の代表例のような形状なのですが、
 慣性モーメントは 異様に低く(数値 1700g2) 
 当時の平均値/2500g2 より遥かに低かった…。
❸重心が深く、上がり易い分、
 ストロングロフト のモノが多く、
 飛距離性能は高くなりますが、その分、
 番手が長距離型に集まり、使用頻度の高いロフト帯に
 番手が少なくなる、番手間の距離差が開き易くなる欠点があります。


キャビティアイアンとマッスルバックのアイアンの
最大の違いは 重心距離
(シャフトから重心までの長さ)です。
キャビティの方が大型 → 重心距離が長く、
大型のドライバーのソレに近い、
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7 理想的には ドライバーよりもクラブの短いアイアンの方が
 重心距離は長い方が良いのですが、
 現代には そういうドライバーとアイアンの関係は
 皆無に近いので、少なくとも 似ている重心距離の関係 の方が
 双方に互換性が高くなる、ここが最大のメリットと思います


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ゴルフクラブが他のスポーツ用品
特に球などを打撃する道具として
大きく異なる点は
握っている棒と打点に 「ズレ」 があることです。
455T-2

テニスやバドミントンのラケットや野球のバットなどは
握っている棒の延長線上でボールを打ちますが、
静止時(動かしていない時) ゴルフのクラブは
握っている棒の延長線上で打ってしまうと
俗に言う「シャンク」になってしまい
どこに飛ぶか、どの位飛ぶか 調整が不可能です。

軽いヘッド〜硬いシャフトの組み合わせ だと
スイングして クラブを動かしても
その「ズレ」は解消されず
ゴルフ用語で言うところの 重心距離分
(ヘッドの重量の中心点とシャフトとの距離)
長さの単位で言うと ❸~❹センチ
握っている棒から ズレたところで打たなくてはなりません。

460TL-2

ボールの大きさは 4センチ5ミリですので
握っている棒で 空振り寸前
ボールの内側の皮をこする程度のズレ分
外れたところを打たなくてはならないのです。

そして これは クラブの機種や種類、番手などによって
異なってきます。

他のスポーツで こういう使い方はされない?のではないでしょうか


✋勿論、どうクラブを振るか/扱うか にもよりますが
ある程度の柔らかさ
ある程度のヘッドの重量のある ゴルフクラブ
の場合、
物理的な約束事
「遠心力が掛かった時に 重量が同一線上に並ぶ」 から
握っている棒の延長線上に
 ヘッドの重心(ヘッドの重量の中心点)
主に ボールの当たる場所が ほぼ自動的に入ります。

速度にもよりますが、
動かしていない時、静かに動かしている時は
その打撃点に近い、重心点 は
重さとして フェースの状態やクラブの位置など を
感覚として 打ち手に伝えます。

柔らかさやヘッドの重さにもよりますが、
ある速度を超えると そのズレは消え
より効率よい 打撃が行える状態になる
二重構造を 本来、ゴルフクラブは持っている のです。

IMG_0772

感覚として 握っている棒で直にボールを打つのと
ものすごく微妙な距離 ズレて打つのでは
覚えやすさに大きな違いがあると思うのですが
どうでしょうか?

残念ですが、元々のそのズレの構造
重心距離の構造、ゴルフクラブの L型構造 は
絶対的な安全性と番手によって距離を打ち分ける という目的から
外すことは出来ないのです。

グリップとシャフトとヘッド という主要パーツの少ない
ゴルフクラブの シンプルではない打撃構造は
必要分しなる〜動くシャフトと
必要分なヘッドの重さによって
よりシンプルな構造に変えるコトが可能なのです。
そして それは100年という単位の昔からの知恵なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年10月20日_IMG_0973      
クラブ形状のことを最近よく考えるのですが・・・
前に聞いたかもしれませんが再度理解がしたくて質問です。
アイアンですが何故、センターシャフトのフェイスバランス型が無いのですか?
この答えでクラブ扱い(特にフェース)のことが理解出来るかも??


やっぱり クラブ屋ですから ここに帰ってきます。

何故なんでしょう…
過去に発売された センターフェイスのクラブ …あったんですよ
何故 かなり 短期間に消滅してしまったのでしょう…
最後の発売は20年位前だったと思います
輸入クラブ その安売りが流行り始めた頃で
ありと あらゆるクラブが国内に流通していた頃です。
その デンデン太鼓のようなドライバーは 国内の企画モノ だったと
記憶しています。 
 ☆シャフトの延長線上で打てる!
  色々ある重心距離に惑わされなくて済む  みたいな…
 ☆エネルギー効率が良い  飛ぶ! 真っ直ぐ行く!

ま よく有る 普通のドライバー の宣伝ですけど
なんと 一か月もせず 新聞広告で回収することになったんです。
俗に言う リコール ですね。


 ヘッド重量200g    重心距離40mm と 重心距離0mm
当然 「重心距離0」 のモノ方が軽く感じます
力学的には クラブの長さが違うのと同じ原理です。
 → 軽く感じますから 多くの人は速く振ろうとします

ゴルフクラブを扱う場合
レッスンプロや先輩から 「ヘッドを感じろ」
という言葉を 耳にタコが出来て 腐り落ちるほど聞きます

その正確な意味合いは
 棒の先端に付いている重量を感じろ  では無くて
 ヘッドが フェースが どこに有り どこを向いているか
 どんな姿勢なのか 感じなさい
 と言う意味なのです
→重量を感じろ ではなく 重心距離 重心位置を感じなさい と言う事


ですから 重心距離が無いと クラブがどこを向いているか
まったっく 感知することが出来ません
視覚情報以外 正確なフェースの向きやそれに伴うロフト変化を
運動中に感じ取ることが出来ません。

 その デンデン太鼓ドライバー
  重心距離が0 ですから 軽く感じる → 速く動かす
 ヘッドが変な方向を向いている → 感知出来ない

その結果 フェースとサイドの角の部分でボールをヒットしてしまい
 回転によって起こる ヘンテコリンなシャンク と呼びましょうか
なんと ボールが 打った人の脚に当たり 骨折してしまったのです


重心距離があることによって
ヘッド感に ベクトルを感じ取ることが出来ます
それによって ミスの修復 成功の反復 をすることが可能になるのです。

また それはリズム感やタイミングを司ってもいます
運動の妨げになる不可抗力にするか
運動の促進になる不可抗力にするか
それは使う人次第   …それも重心距離があっての代物です。
   
   あ、☆☆☆書いちゃいましたね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ