◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:重心位置


店長「
インサイドアウトとか、アウトサイドインのような
 平面的な軌道の話し になっちゃうのですが…。
1f52b653
 例えば、ですが
 このデータは LPGA選手の統計データ(ドライバー)で
 94選手の平均値で ボールの内側4度位の角度 で
 ヘッドを入れて来る、とあります。
 数字遊び になってしまうのですが、
 アドレス状態の 立体的なスクエアを0度 とすると
 4度内側より入ってきているので
 4度フェースが右を向いていても 右回転は入りません。
 ヘッドスピードなど他の要因にもよりますが、
 5度程度であれば 右を向いていても 回転は入りますが、
 『右に曲がる』には至らないと思います。

 しかし、飛球線に対して 真っ直ぐ後ろから
 ヘッドが入ってくるとしたら
 上記の状態よりも 5度前後 は閉じていないと
 右回転は入ってしまいます。
 その軌道で 5度フェースが右を向いていれば
 回転だけでなく、弾道も右に曲がると思います。」
マイナス8マイナス15



YSさん「軌道通り ッテコトですよね❓」

店長「軌道をことさら 気にする必要は無いと思うのですが、
 ボールが曲がる、ボールに横回転が入る シンプルな仕組み
 はそう言うことです。

 フェースターンを打撃のメインパワーにすると
 フェースを閉じようとすると 軌道は内回り、
 中に切り込もうとしてしまいます。

 ヘッドを閉じようとすると 軌道が内に入ってしまう…
 よく言う アウトサイドイン として
 内に5度入り込もうとする軌道では
 LPGAの平均値で考えると 10度もフェースを
 左に向けないといけなくなります。
1ff0dce2

 本来であれば ヘッドの軌道 と フェースの向き は
 全く別ものとは言えないまでも
 関連しているに過ぎず 別なモノと考えて良く、
 自分の軌道はいつも だいたい似た軌道、
 それに対し フェースを調整・修正する、
 …そのような状態にしておくのが理想です。

 両方が常時、動いてしまうような状態では
 不規則に移動するゴールに対し、作戦を立てるようなモノですから
 当然、難易度は増します。」

YSさん「となると やはり 手の返しは避けるべき、と…。」

店長「まあ、そうなりますよね…。
 また フェースを開いて上げてしまう、
 大きくフェースの開いてトップの位置 では
 そうでないモノと比べると ヘッドの重さがかなり増えます。

 少々、大雑把ですが、開いていなければ
〇ヘッドの重さ × 長さ × 運動
 というコトになりますが、
 開いた状態になると
〇重心距離〜重心深度の複合距離 × ヘッドの重さ × 長さ × 運動
 と 基礎になるヘッドの重さの数値が増してしまいます。
 残りの数値は掛け算ですので 二つはかなりの差になります。」

YSさん「リキミ を生んでしまうんですね?」

店長「そうですね。

 実験されると 分かります。
 5gの鉛をヘッドに張る際、
 ネック部分に張るのと、
 シャフトから一番離れたトコロに張るのでは、
 まるで 重さ感が異なり、シャフトに対する影響も違います。
 タイミングも異なりますし、違うスイングになってしまう可能性も
 無いとは言い切れません。その位、二つは異なります。
006
 ウッド、ドライバーは特に重心の深さ(深度)があります。
 アイアンに比べると 10倍近く深いトコロに重心が在り、
 それによって 重心距離(フェース面上の重心位置)よりも
 もっとシャフトから重さが離れています。
 ですので 開いて上げてしまっている人は
 アイアンとウッド、特にドライバーのヘッドは
 その重量の数値よりも 重くして使うコトになってしまい、
  同じように インパクトには入れなくなってしまいます。」

YSさん「故に そう言うスイングの方は
 軽いヘッド、硬いシャフトを好まれる、のでしょうか?」


店長「ソレは間違いないと思いますが…、
 実際には ドライバーヘッドはどんどん大型化して、
 シャフトもどんどん柔らかくなり、
 アイアンヘッドは小型化、軽量化され、
 シャフトの硬さは昔と大きく変わりありません。
 二つの差はどんどん離れて行っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブの‥ 特にヘッドの特性
 クラブヘッドのスペックの多く、本当に多くは
 運動をさせた時、遠心力線上に重量が揃う、
 ゴルフクラブで言うと 棒の延長線上にヘッドの重心位置が来る、
 トゥダウン…言葉としてはアンマリ良いニュアンスではないですが、
 トゥダウンが起こり 棒の延長線上に重量が揃うコト
 を『前提』として考えられています。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

 その前提を満たした時、その効果が出るので
 その前提条件を満たせていないと
 そのメリットが発揮されないばかりか、
 逆に デメリットになってしまうコトも少なくありません。」

店長「過去の例 でいいますと
 30年位前 でしょうか、
 メタルヘッドの素材が ステンレスからチタンに移行しました。
455T-5-2 460TL-5-1






 チタンと言う素材だから 反発する、飛ぶ、

 なんて言うのは真っ赤な嘘 なんですが、
 素材の比重が軽くなり、ステンレスよりも強度が高いので
 薄く作るコトが出来、ヘッドが大きくなりました。
 200cc強位、今の3番ウッド位のドライバーヘッド が
 いきなり 300cc近くの大きさになった為と
 設計に自由度が増えたため、
 従来よりも薄い形状のシャローモデルが増えました
 重心距離、重心深度、慣性モーメント共に
 かなり 大きく変化しました。

 シャフトが動き(柔らかく) 棒とヘッドの重心が揃う
 そんなシャフトの柔らかさを選ぶ人達にとっては
 ものすごくメリットがあり、かなり早くにその恩恵を受けました。
 
 一方、硬いシャフトを使う層には
 このヘッドの大型のメリットは薄く、初期のころは割に嫌われ気味 で
 見てくれは大きくするけど 中身は重心の浅い、短い、
 慣性モーメントの余り増えすぎないモノが好まれました。

 シャフトの硬さの標準値・基準値 が この5年位で 急激に落ちたため
 その層の人達にも 中身も大型化したシャロー形状の
 ドライバーも好まれるようになった・・・と言う経緯があります。」

店長「コレは余談…なんですが、
 ネックでロフトなどを調整できる カチャカチャ機能は
 厚みのあるディープ形状だと作り難い、強度を保ちにくいので
 どうしても シャロー形状になって、
 重心距離が長め、重心深度が深め、慣性モーメント大きめ
 になってしまい易い ので
 それを ナントか 使わせる為 シャフトの標準値が落ちた❓
 シャフトを柔らかくした❓ のかな と勘ぐってしまいます。」

質問「アイアンは小振りになって 逆行しているように思えますね。
 シャフトも硬くなったような気がしますし…。」


店長「確かに、そうですね。
 そのギャップはどんどん広がっています。
 ドライバーとアイアンは 別なスイング、別なタイミング
 が必要になってしまいます。」

質問「ヘッドの特性を活かすには 硬さが肝心なのですね。」

店長「はい✊✊ 硬いシャフトではヘッドの機能は出ません。
455T-1
  例えば 重心深度


445TL-5-1445TL-4







 重量の中心点の 打面/フェース面からの深さ です。
 見た目の形状で言えば
 ソールが広い〜大きい(厚い)程 重心は深くなる、
 フェアウェイウッドは ユーティリティよりも
 ソール、ヘッドソノモノも奥行きが深いですから
 その分、重心が深くなる。

 コレも その『棒の延長線上に重量が揃う』
 運動させたときに現象が『起こる前提』で考えられており
 重心の深さ分 ヘッドが前に出るコト によって
 自然にロフトが増え、入射が緩め になる
 つまり シャフトが動かなければ
 効果は薄い、無い というコトになります。

 シャフトは 単純に弓反りにカーブする、という
 曲線では無く S字型にしなるような感じ なのですが
 それは兎も角、シャフトがしなる、動くから
 重心の深さの意味は出るのですが…。

 硬いシャフトを使う人が全員、とは言いませんが、
 アマチュアの硬い人の多くは 手でのフェースターン、
 ハンドリリースをしている人がとても多いのですが、
 ハンドリリースをする人にとって 重心深度は
 それをやりにくくする要因、
 フェースを閉じ難い要因になります。
 
 重心の深いモノの方が テークアウェイを
 開いて上げる傾向の強い方は
 想定以上に開くコトになりますし、
 ヘッドの重さがかかり
 想定以上にフラットな軌道になり易い、ですので
 閉じにかかるダウンスイングで より強く、多く
 フェースターンをしなくてはなりません。
 また 重心の深いモノは 重心角度も多くなるのですが、
 それと相まって、一旦、閉じてしまうと
 コレもやはり 想定以上に閉じるので
 プッシュ、プッシュスライス になるか
 かなりきつめのひっかけ、引っかけフックになり、
 その間の球が打ちにくいと思います。
 
 スイングタイプ、クラブ扱いによっては
 重心が深い と 易しい とは
 一概には言えないのです。」

質問「ああ だから こうフェースローテーションの強い人は
 小振りな 奥行きの無い ヘッドを好む傾向にある…と。」


店長「そうなりますねぇ…。
 重心の深いモノは フェースが上を向きたがる傾向が強いので
 地面からボールを打つ場合、
 ハンドリリースでの フェースターンですと
 ソール部、ヘッドが地面と干渉し易いので、
 フェアウェイウッドよりも 重心の浅い、ソールの小さいユーティリティの
 方が好まれるのではないかと思います。
 これは 同じくアイアンもそうでしょう。」

質問「よく言われますが、
 一般的には 簡単なアイアン と言えば
 キャビティのソールの厚いアイアン、
 自称❓上手な人はソールの薄いマッスルバックを使う…。」


店長「ですね。 初心者向け、上級者向け
 というよりは スイングタイプによる住み分け なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「過去に 何度か実験したコトがあるんですよ。

 ゴルフ経験の無い女性に 簡単なスイングレクチャーをして
 いきなり 打って頂く・・・。
u=341495341,3618090510&gp=0

 ある程度のヘッドの重さ、
 ある程度 柔らかいシャフト
 であると
 まず 苦労なく 『当たるんですね』
 スライスとか、フックとか、右とか、左とか、
 そういうのは 有るとは思いますけど
 フェースとボールがコンタクトするんです。

 ところが その後、
 市販の 女性用の 軽いヘッド、
 数値としては 少し柔らかいけど 軽いヘッドが付いているので
 振り易い、負荷の無い ただの棒みたいなクラブ
 ソレに変えると 途端に フェースにボールが当たらなくて
 ネックや先っぽ、大ダフリ、超トップ、と
 ヘッドには当たるけど
 フェースとボールがなかなかコンタクトしない、

 そして、それをしばらく打っていると
 フェースでボールを当てたい から
 段々 振りが遅くなっていくんです。
 振り始め…ダウンスイングの入りは同じなんですけど
 途中で減速が入るように、加速しなくなる
 なんと言えば良いのか、途中で減速して
 ヘッドの通過地点を調整するような…
 ボールとのコンタクトを探っているような…。

 あああ 適切なトゥダウンがないから
 重心位置のズレを考慮して 通過の仕方を調整してるんだな って。

 柔らかいシャフトで打っている時は
 そういうの 全く考えず、初めてなのに
 かなり 振っていたのに…。
 まあ コッチは 棒の延長線上に打点が自然に来るので
 そう言う調整要らない
 ですからね。

 女性だけに限らず、始めて間もない人って
 ダウンスイング、インパクトの前で減速しがち
 じゃないですか、
 これって ヘッドの位置調整してるんだなぁ って。
 女性が なかなかスピードを上げる行程に入れない のって
 コレが原因の一つ、大きな要因じゃない
 と思うんです。

 フェースに当たって 右とか左、フックとかスライスなら
 まだ 前にボール飛ぶから良いですけど、
 ヘッドの角、ネックとか、先に当たると
 真横に飛んだりするじゃないですか、
 そういうのって 女性や初心者には怖いと思うんですよ。
driving range

 当然ですけど、男性用の硬いシャフト が原因なんて
 思いもよりませんし、それをさせている男性も
 分かっていれば そのクラブ打たせないですから…。

 結構、勇気のある、思いっきりの良い人・女性だけが
 それを乗り越えられて、ごく普通の人は
 その体験したら、私…ゴルフセンスないんだわ って
 引いてしまうんじゃないですかねぇ。」  

質問「女性が 思い切りよく振れない のは
 そう言う理由だったんですか。」

店長「全員じゃあないでしょうけど、少なからず
 そう言う要素は強いと思いますねー。

 握っている棒と打点がズレている遊びって
 多くないですから、それを解消してあげる、あげられる
 ゴルフクラブを使う方が良いんじゃないですか。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あと…ですね、
 シャフトの硬さ と スイングについて
 スイングと言うよりも クラブの扱い に近いかも知れませんが
 とても 気になるコトがあるんです。

 と言っても コレについては
 きっと 誰も答えてくれない というか、
 考えてないコトだと思うんです。」

質問「大事なコト…なんです❓」

店長「と思うんですけどね…。
Image20201006185024 (002)

 ゴルフクラブ、クラブヘッドって
 野球のバットやテニスのラケットみたいに
 打点がシャフトの延長線上にないじゃないですか
 打点ソノモノではないですけれど
 重心位置(ヘッドの重量の中心点)って言うのがあって
 フェース面状であれば 重心距離と呼べば良いのか
 その重心、打点 と 握っている棒のズレ を
 どう処理しているのか❓❓ って思うんです。


 静止状態はズレていますけれど
 シャフトが柔らかければ
 クラブが運動状態になれば 自然に揃います。
 遠心力の掛かる点と打点が揃っていた方が
 力学的に チカラは逃げにくいと思います。
 ズレたままでは 打撃時にヘッドやクラブに回転(ヨジレテ)して
 チカラが逃げてしまうと思うんです。
 俗に言う トルクの掛かった状態 って奴ですね。

 ですので 悶絶クラブは捻じって使わないように
 シャフトを振らない、ヘッドを振らない よう 薦めています。」

質問「確かに 握っている棒、そのもので
 ボールを打つ方が、数センチ ずらして 打つよりも簡単、
 って思えますよね。」
IMG_8497

店長「はい。クラブや機種、番手によって そのズレが
 3センチだったり、4センチだったりするのですから
 その調節をしなくていい に越したことは無いと思います。

 ボールの大きさ(直径)って 42.6个任靴隋
 1cm(10弌砲困譴燭蕁〃觜渋腓なミスになります。

 クラブを替える度に コレは 35弌◆.灰譴蓮43
 なんて 無理だと思うんですよね。
445TL-4

 ヘッドのソノモノの構造として
 重心がズレていないと 番手ごとのロフトが設定出来る、

 クラブの場所やヘッドの姿勢なんかが把握し易い、
 ゴルフと言うスポーツ、娯楽の安全面を考えても
 重心位置〜ズレは『絶対に』必要なんですが、
 ボールとの激突時は 出来れば無い方が良い✋
 柔らかいシャフト…と言うと誤解を生み易いですが、
 ちゃんと運動する硬さ、動く柔らかさを使うと
 その 二重構造 というか、
 二面性を両立出来るんですが、
 硬いシャフトだと そのズレはずっと維持されてしまう。。。

 それって どうやって解決してるんでしょう❓
 ものすごく 謎 です😵

 おそらく 多くの方、もしくは その手の知識がうっすらと有る方は
 その トゥダウンと言う現象は 悪 と言う認識なんだと思うのですが
 じゃあ その重心位置とシャフトのズレ
 機種によるその違いをどうされているのか、
 どう処理するのか 公表して貰いたいのですよ。」


質問「友達に無理やり 硬いシャフトを打たされる と
 始めの数発 シャンクが出るのは ソレ が原因ですか⁈」

店長「はい。柔らかければ インパクト付近では
 シャフト、グリップ、棒の延長線上に 重心位置が来ますから
 棒そのもので打つ感覚で良いんですけど、
 硬いシャフトで  それやったら そこは棒、
 ヘッドで言えば ネック部になりますから シャンクですね。
IMG_0612

 この問題はもう少し複雑で、
 実はアマチュアゴルファーを悩ませている課題だと思うのですが、

 一般的なゴルファーの場合、
△大きなヘッド(重心距離の長い)のドライバー は
  シャフトが柔らかくて(アイアンに比べると) 👉振動数230cpm
△小さなヘッド(重心距離の短い)のアイアンは
  シャフトが硬い(ドライバーに比べると) 👉振動数300cpm

✅シャフトが硬い 重心距離が残るクラブは
 運動させると フェースが開くので フェースターン必須
 な 打撃方法になると思うのですが、
 その打撃方法で ドライバー(重心距離大/シャフト柔)を打つと
 ハイ-プッシュ-スライス になると思うんですけど…。

✅逆に ドライバーを基準にして スイングを造ると
 まあ十分な柔らかさはないですけど それでも
 シャフトの延長線上近くに 重心来るスイングになりますが、
 それで アイアン打つと シャフト硬いですから シャンクです。


✋平均的なゴルファーですと
 ボールの置き位置は アイアンはうんと中、
 ドライバーは左かかととか かなり外ですので
 インパクトタイミングがかなり奥、後になりますから
 ハイプッシュスライスの逆球、ひっかけ フック に
 なっちゃうんじゃないですかね❓
(((((_Moment

 どう考えても 同じスイング、同じスイングタイミングで
 双方を同じように打つのは不可能に近い芸当です。

 スイングの練習って 主にアイアンでされるコトが多い
 でしょうから、ドライバーに持ち替えても
 上手く当たるのに 数球かかるんじゃないです❓


 コースで どっちかは良いけど、どっちかはダメ🙄
 😵ドライバー、アイアン が 両方 良い😊 って
 日はなかなか来ない、年に一度 とか なるのは
 仕方が無いと思うんですよね。
 気付かない内に 自分自身でそう仕向けている のですから…。

 そう考えると ゴルフの技量として
 メカニズムをちゃんと考えて ゴルフクラブ
 特に セットのシャフトの硬さの流れを把握する、
 そういう ゴルフクラブをセットして選ぶ は
 大変 大きな ゴルフの技術、技量の一部だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「シャフトが硬いとボールに届かない、拾い難い、
 下に振らないとボールを打てない、

 ここで 届く届かないを
 ヘッドの下への動かし と 誤った認識を刷り込むコトになります。

 本当は ヘッドを下、 じゃなくて
 グリップ、クラブを前 になんですけどね…。

 また ボールに当てる為、ヘッドを下に振る は
 グリップの移動を妨げてしまうので
 その動作はそのまま 手打ち〜手振り になります。 

 この時点で まさか 『シャフトが硬い』から
 なんて誰も思いませんから、
 手打ちは良くない と言われるが
 ヘッドを下に振らない と ボールを打てない
👉手で振らない と ボールを打つコトが出来ない
 という 別な解決不能課題 が生まれてきます。」
質問「それで 15年、苦しみました。」
店長「コレって 物理的には当たり前なのに
 誰も説明しないから 迷宮入り しちゃうんですよ。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







 オリジナル には クラブを持った打ち手が
 クラブを動かすんじゃなくて、それを持った自分が
 くるりと向きを変えるから 円を描く んです。
 クラブやヘッドで 円を描いているんじゃない、
 クラブ自体は動かしていないんです。

 ま クラブにはロフトとか、ライとか、フェース角度みたいな
 把握しきれないような 角度が存在し、
 それが インアウトだけでなく、上下の角度も含めて
 移動する、時間の伴った軌道 との組み合わせで
 飛んだり、曲がったり、上がったり、
 無限の組み合わせがあります。
IMG_0612

 遠心力の発生し易い、打点にズレの有るゴルフクラブの構造で
 再現性を考えたら 選択の余地はないんですけど
 シャフトが硬くて 届かせる、当てさせる という
 補助機能の無いクラブが前提で スイング論議を進めるんですから
 解決するのが より難しく、複雑になる。

 クラブ単体を動かさず、自分が向きを変えるから 円を描く。
 その中で ヘッドをよりたくさん動かそう、
 クラブ単体で円を描こう としたら、
 当然、グリップの進行が止まり、からだの回転と
 クラブは別なモノになってしまう。
 クラブ単体に角度運動させたら、
 ダウンスイングであれば ヘッドの重心は右に、後ろにあるので
 動かせば動かすほど フェースも、ロフトも開いて行きます。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)

 ですので 届く問題が解決する(解決していないけど…)と
 次は ヘッドの開き問題〜スライス問題になってくる、
 もうこの時点で オリジナルのスイングの流れとは
 全く別な路線に入ってしまう訳です。」

質問「単に クラブの、シャフトの硬さの問題から始まっている、
 と思うと。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」

店長「例外は少ないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの用語には
重量 や 重心、重心位置 など
「重さ」を表す言葉が多く用いられています。


重さ(おもさ)とは…辞書っぽく言えば
 その物体に働く
重力の大きさ、
 および、
慣性力の大きさを指します

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

クラブの特性、性格を表す 重心位置は
その 重さの中心点が クラブヘッドのどこにあるか
を表しています。

重量は当然ですが、地面(地球の中心)に向かって
引っ張られるエネルギーです。
別な言い方をすれば、移動させるのにかかるエネルギーであり
そこに留まりたいエネルギーでもあります。


✋✋スイングを考えるうえで 打つ人の姿や形、格好
また 動画の中の ヘッドの移動軌跡 などは
話題になりますが、 物質としてのクラブやヘッドの重さ
そのかかり方は 誰も話題にしないのはとても不思議です。
✋誰かのスイングが良い、
 誰かのスイングが間違っている、
そういう意味合いではなく
 練習が豊富に出来ない、運動神経に自信がない、
 体力や筋力も「オジサン並み」の人にとって
 簡単なとは言わなくとも、辛くない、傷めない方法を
 というのが コンセプトの根底にあります。

✊そう言った上で この二つ のトップスイングの状態では
重心のかかり方重心のかかり方 (2)







PCC重心のかかり方 (3)








ヘッドの重量、重心位置がクラブに及ぼすチカラ
そして それを持つ人に及ぼすチカラは
見ての通り、想像の通り、同じではありません。

✋昔から クラブを寝かす と一言で言われていますが
クラブを寝かしてしまうと ヘッドの重さ 重心位置の作用が
スイングにいい具合に働かない という意味合いの言葉です。

重量は あくまでも重力
 簡単に言えば地面に対し働く力です。
それは ヘッド重量にとっても
ヘッドの重心位置にとっても同じです。

そして ゴルフクラブは それが長い棒の先にあるので
その重さは増幅されてしまう と考えて良いでしょう。
それを どういう姿勢 どういう位置に持ってくるのか
によって 次の動作はおおむね決まってしまう と言えます。

PCC← 彼女を例にとってみると
ヘッドの重さ と 重心位置は
左腕 左サイドには上がる重さがかかり
右腕 右サイドには下がる重さがかかります。
ヘッドはより下がろうとしますし
グリップにはその反動というか 上がろうとする力が
かかりますから 当然、次の動作に影響します。

重心のかかり方 (3)
こちら・・・であれば
これから 下げたいグリップには
そのまま 下がり易い重さが掛かりますし
右腕だけでなく 左腕にも 似たような重さが
かかりますから、重さの作用として
どちらかサイドだけが下がり易くはなりません。


o重さを漠然と 何グラム、何キロ と捉えるのではなく
その重さの作用 を利用してこそ
ゴルフクラブ、クラブヘッドの特性が生かされるのです。

自分がどう動きたいか、どう動かしたいか よりも先に
クラブの位置や姿勢を考え
その重さの作用によって、自分の動きたい方向や動き方
それを導き出す方が正解だ
と思います。

ドライバーであれば ヘッドの体積が増え5904-0091_4
それに伴い 重心距離(シャフトから重心位置までのギャップ)
も 慣性モーメントも上がりました。
アイアンも 厚みが増え 重心深度が深くなっています。
✊どれも これも 握っている棒〜シャフトやグリップから
重さが離れている というコト です。
・・・・にもかかわらず ヘッドターン全盛 って
・・・もう少し 科学的というほど難しくなくても
 モノの道理通り、自然の摂理道理に
 スイングを考えてもいいんじゃないですか・・・と私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの用語には
重量 や 重心、重心位置 など
「重さ」を表す言葉が多く用いられています。


重さ(おもさ)とは…辞書っぽく言えば
 その物体に働く
重力の大きさ、
 および、
慣性力の大きさを指します

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

クラブの特性、性格を表す 重心位置は
その 重さの中心点が クラブヘッドのどこにあるか
を表しています。

重量は当然ですが、地面(地球の中心)に向かって
引っ張られるエネルギーです。
別な言い方をすれば、移動させるのにかかるエネルギーであり
そこに留まりたいエネルギーでもあります。


✋✋スイングを考えるうえで 打つ人の姿や形、格好
また 動画の中の ヘッドの移動軌跡 などは
話題になりますが、 物質としてのクラブやヘッドの重さ
そのかかり方は 誰も話題にしないのはとても不思議です。
✋誰かのスイングが良い、
 誰かのスイングが間違っている、
そういう意味合いではなく
 練習が豊富に出来ない、運動神経に自信がない、
 体力や筋力も「オジサン並み」の人にとって
 簡単なとは言わなくとも、辛くない、傷めない方法を
 というのが コンセプトの根底にあります。

✊そう言った上で この二つ のトップスイングの状態では
重心のかかり方重心のかかり方 (2)







PCC重心のかかり方 (3)








ヘッドの重量、重心位置がクラブに及ぼすチカラ
そして それを持つ人に及ぼすチカラは
見ての通り、想像の通り、同じではありません。

✋昔から クラブを寝かす と一言で言われていますが
クラブを寝かしてしまうと ヘッドの重さ 重心位置の作用が
スイングにいい具合に働かない という意味合いの言葉です。

重量は あくまでも重力
 簡単に言えば地面に対し働く力です。
それは ヘッド重量にとっても
ヘッドの重心位置にとっても同じです。

そして ゴルフクラブは それが長い棒の先にあるので
その重さは増幅されてしまう と考えて良いでしょう。
それを どういう姿勢 どういう位置に持ってくるのか
によって 次の動作はおおむね決まってしまう と言えます。

PCC← 彼女を例にとってみると
ヘッドの重さ と 重心位置は
左腕 左サイドには上がる重さがかかり
右腕 右サイドには下がる重さがかかります。
ヘッドはより下がろうとしますし
グリップにはその反動というか 上がろうとする力が
かかりますから 当然、次の動作に影響します。

重心のかかり方 (3)
こちら・・・であれば
これから 下げたいグリップには
そのまま 下がり易い重さが掛かりますし
右腕だけでなく 左腕にも 似たような重さが
かかりますから、重さの作用として
どちらかサイドだけが下がり易くはなりません。


o重さを漠然と 何グラム、何キロ と捉えるのではなく
その重さの作用 を利用してこそ
ゴルフクラブ、クラブヘッドの特性が生かされるのです。

自分がどう動きたいか、どう動かしたいか よりも先に
クラブの位置や姿勢を考え
その重さの作用によって、自分の動きたい方向や動き方
それを導き出す方が正解だ
と思います。

ドライバーであれば ヘッドの体積が増え5904-0091_4
それに伴い 重心距離(シャフトから重心位置までのギャップ)
も 慣性モーメントも上がりました。
アイアンも 厚みが増え 重心深度が深くなっています。
✊どれも これも 握っている棒〜シャフトやグリップから
重さが離れている というコト です。
・・・・にもかかわらず ヘッドターン全盛 って
・・・もう少し 科学的というほど難しくなくても
 モノの道理通り、自然の摂理道理に
 スイングを考えてもいいんじゃないですか・・・と私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


この時期になると 今年のゴルフクラブのニューモデルの情報が
ちらほら 漏れ聞こえてきます。

クラブ、機種による違いは
やはり ヘッドの性格・特性の違い が一番気になるでしょう。

ヘッドの性格・特性は 数値化される
『重心の位置』
 👉ヘッドの重量の中心点 
各機種などによる 比較もし易いですから、
重心位置というのが クラブヘッドの特性を表している
 と言えるでしょう。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


✋この部分も訂正・是正しておきたいのですが、
重心位置だけではありませんが、
その重心位置が 飛んでいくボールに何か影響を与える のではなく
その重心位置によって 打ち手が影響を受け、
 クラブの移動や軌道、に変化が起こるモノ
 です。

重心位置が直接ボールに与える影響もゼロ ではありませんが、
それよりも その重心位置によって 打ち手がクラブの扱いに影響を受ける
コチラが本体価格で、直接の影響は消費税以下の存在です。


例えば… ですが、
重心位置の深さ(重心深度 ○○mm)
  …重心が フェースからどの位離れているか、奥にあるか は
奥にある程、インパクト時 フェースが前に出ようとするので
インパクトロフトが付き、
入射角度が緩くなるので
ドライバーなどの長いモノ で 飛ばすための
 「高打ち出し・低スピン」の弾道が可能になります。

そして これは誰にでも恩恵のある 良いモノ とは言えないのです。
使うロフトなどとの兼ね合いになりますが、
ヘッドスピードが高くない人にとっては
 インパクトロフトが付き、入射角度が緩くなると
逆にボールスピードが落ち、抜けるような球になって
 飛ばなくなる可能性もあります。

余談になりますが アイアンにとっての重心深度は
ロフトの立っているモノ〜ロフト35度以下のモノ
 には良い効果になり易いですが、
ロフトの寝ているモノ〜ロフト40度以上のモノ
 にはロフトなりの飛距離が出にくい、飛び難くなる効果があり
これがその特性を表していると言えます。




✋✋✋そして これら ヘッドのデータ、重心位置の効果 は
すべて 
ヘッドターンをしないで使う という大前提があるのですが
メーカーのカタログでは 「絶対に」 それは明記されません。


ハンドターン (2)


✊重心位置 で言うと クラブを捩じって使わない
 クラブヘッドをターンさせて使わない
 という前提で
 重心位置の深さ によって ヘッドが前に出やすい効果 が
 重心深度の特性 です。
 これを ヘッドターン、シャフトを捩じって使うと
 重心位置の深さは
 ヘッドの更なる重さになり易く
 ➽ ヘッドターンのし難さ
 ➽ ヘッドの遅れ 〜ヘッドの開き

 につながるので ヘッドを捩じって使う人には
 重心位置の深さは 良い効果とは言い切れません。

ハンドターン

代表例が フェアウェイウッドとアイアン型ユーティリティクラブ です。

411-5-1811-5-1





 
世のゴルフスイングの退化 から
フェアウェイウッドが減少気味、ユーティリティ全盛時代 というコトです。


また 重心深度を深くするには
薄べったい シャローな形状が必要で
ヘッドを返すスイングの人が
 この手のヘッドを好まない隠れた理由の一つです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


腕を振らずに からだの回転でクラブを動かすと
ヘッドを振らないでスイングをする と
ゴルフクラブの最大特性である 重心位置(重量の中心点)が
ズレている L型の構造の良さが出ます。

ゴルフクラブは野球のバットやテニスのラケットのように
打点になる部分が 棒の軸上からズレています。

これは ロフト角度というモノを安全に使う
という意味合いも含まれていますが、
静かに使う時と激しく使う時で
二重の重量構造を持っています。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)









アドレス時など
ゴルフクラブを動かしていない(移動/運動していない)時、
静かに使っている時、
重心位置 というを感じることが出来
ヘッドの向いている方向を感覚的に把握することが出来ます。

しかし、ロフトと言う機能を別にすると
ボールを遠くに飛ばすコトにおいては
この構造は 非効率的に エネルギーが分散しやすくなります。

そこでシャフトのたわみ(しなり・動き)によって
運動(移動)が激しくなった時、重量に遠心力が掛かり始めると
重量が一直線上に並ぶ機能がゴルフクラブにはあり
それによって 効率よくボールを打てる
重量構造の二重構造です。

クラブを捩じって使ったり、フェースターンをする人にとっては
この二重構造を使うことが出来ません。
常時、ズレた構造によって
本来、クラブが持っている機能を使えないモノが多数出てきます。
IMG_8497

例えば 慣性モーメント です。
慣性モーメントは 重心位置(重量の中心点)を軸に
どの位 ヘッドが同じ姿勢を取る傾向が強いか というのを示す
数値で表されますが、軸線上に揃って使う というコトが前提です。
ヘッドを返す打ち方をする人にとっては
なんの役にも立たない、意味のない数値になります。
本来、数値の高いモノは ミスへの寛容性が高くなり
ボールへのエネルギー伝達も良くなる(飛距離が出やすい)のですが
ヘッドを返して打つ人には 関係のない数値になります。
場合によっては 一般的に易しいと呼ばれる 数値の高いモノ は
ヘッドを返し難い 使い難い可能性すら出てきます。


また 重心深度 というモノを良し悪しになります。
アイアンに比べ、ユーティリティ、
ユーティリティに比べ フェアウェイウッドの方が
構造上、重心は深くなっています。
この効果は 重心が深い分 ヘッドが前に出やすく
その分ロフトが付き易く、同時に 入射角度が緩くなる
ボールを飛ばしたり、上げたりするには 
「適度」の補助であれば 良い 効果 なのですが、
ヘッドを返す打ち方は 正しく打つ打ち方よりも
かなり 緩く入射させる傾向が強いため
必要以上に 緩くなり過ぎてしまい、重心の深さの為
上にシャフトが跳ねる、ヘッドが上に跳ねる 可能性が増します。

811-5-1

411BK-5-1








重心を深くするのに 構造上、ソールの奥行きが深くなることもあり
上向きのフェースになり易いヘッドは
トップやダフリ、チョロになる可能性が増すため
ヘッドを振るスイングの人にとって
重心の深いモノほど 使いにくい可能性が高いのです。

これは 実はウエッヂにも同じ効果があるので
バンスの少ない 薄いソールを使う というのは
その形状だけ、でなく 重心が深く、低くなるのを
使いたがらない というのと共通しています。


ゴルフをする人の平均年齢が上がっている…にもかかわらず
ユーティリティクラブにはユーティリティの良さはありますが、
フェアウェイウッドがあまり好まれず ユーティリティが好まれる
軽いヘッドが好まれ、硬いシャフトが好まれるのは
ゴルフ全般にとっては 良い傾向ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ