◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:重心位置



ゴルフクラブの用語には
重量 や 重心、重心位置 など
「重さ」を表す言葉が多く用いられています。


重さ(おもさ)とは…辞書っぽく言えば
 その物体に働く
重力の大きさ、
 および、
慣性力の大きさを指します

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

クラブの特性、性格を表す 重心位置は
その 重さの中心点が クラブヘッドのどこにあるか
を表しています。

重量は当然ですが、地面(地球の中心)に向かって
引っ張られるエネルギーです。
別な言い方をすれば、移動させるのにかかるエネルギーであり
そこに留まりたいエネルギーでもあります。



✋✋✋
スイングを考えるうえで 打つ人の姿や形、格好
また 動画の中の ヘッドの移動軌跡 などは
話題になりますが、 物質としてのクラブやヘッドの重さ
そのかかり方は 誰も話題にしないのはとても不思議です。



✊例えば この二つ のトップスイングの状態では
重心のかかり方重心のかかり方 (2)







PCC重心のかかり方 (3)









ヘッドの重量、重心位置がクラブに及ぼすチカラ
そして それを持つ人に及ぼすチカラは
見ての通り、想像の通り、同じではありません。

✋昔から クラブを寝かす と一言で言われていますが
クラブを寝かしてしまうと ヘッドの重さ 重心位置の作用が
スイングにいい具合に働かない という意味合いの言葉です。

重量は あくまでも重力
 簡単に言えば地面に対し働く力です。
それは ヘッド重量にとっても
ヘッドの重心位置にとっても同じです。

そして ゴルフクラブは それが長い棒の先にあるので
その重さは増幅されてしまう と考えて良いでしょう。
それを どういう姿勢 どういう位置に持ってくるのか
によって 次の動作はおおむね決まってしまう と言えます。

PCC← 彼女を例にとってみると
ヘッドの重さ と 重心位置は
左腕 左サイドには上がる重さがかかり
右腕 右サイドには下がる重さがかかります。
ヘッドはより下がろうとしますし
グリップにはその反動というか 上がろうとする力が
かかりますから 当然、次の動作に影響します。

重心のかかり方 (3)
こちら・・・であれば
これから 下げたいグリップには
そのまま 下がり易い重さが掛かりますし
右腕だけでなく 左腕にも 似たような重さが
かかりますから、重さの作用として
どちらかサイドだけが下がり易くはなりません。


o重さを漠然と 何グラム、何キロ と捉えるのではなく
その重さの作用 を利用してこそ
ゴルフクラブ、クラブヘッドの特性が生かされるのです。

自分がどう動きたいか、どう動かしたいか よりも先に
クラブの位置や姿勢を考え
その重さの作用によって、自分の動きたい方向や動き方
それを導き出す方が正解だと思います。

ドライバーであれば ヘッドの体積が増え5904-0091_4
それに伴い 重心距離(シャフトから重心位置までのギャップ)
も 慣性モーメントも上がりました。
アイアンも 厚みが増え 重心深度が深くなっています。
✊どれも これも 握っている棒〜シャフトやグリップから
重さが離れている というコト です。
・・・・にもかかわらず ヘッドターン全盛 って
・・・もう少し 科学的というほど難しくなくても
 モノの道理通り、自然の摂理道理に
 スイングを考えてもいいんじゃないですか・・・と私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


この時期になると 今年のゴルフクラブのニューモデルの情報が
ちらほら 漏れ聞こえてきます。

クラブ、機種による違いは
やはり ヘッドの性格・特性の違い が一番気になるでしょう。

ヘッドの性格・特性は 数値化される
『重心の位置』
 👉ヘッドの重量の中心点 
各機種などによる 比較もし易いですから、
重心位置というのが クラブヘッドの特性を表している
 と言えるでしょう。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


✋この部分も訂正・是正しておきたいのですが、
重心位置だけではありませんが、
その重心位置が 飛んでいくボールに何か影響を与える のではなく
その重心位置によって 打ち手が影響を受け、
 クラブの移動や軌道、に変化が起こるモノ
 です。

重心位置が直接ボールに与える影響もゼロ ではありませんが、
それよりも その重心位置によって 打ち手がクラブの扱いに影響を受ける
コチラが本体価格で、直接の影響は消費税以下の存在です。


例えば… ですが、
重心位置の深さ(重心深度 ○○mm)
  …重心が フェースからどの位離れているか、奥にあるか は
奥にある程、インパクト時 フェースが前に出ようとするので
インパクトロフトが付き、
入射角度が緩くなるので
ドライバーなどの長いモノ で 飛ばすための
 「高打ち出し・低スピン」の弾道が可能になります。

そして これは誰にでも恩恵のある 良いモノ とは言えないのです。
使うロフトなどとの兼ね合いになりますが、
ヘッドスピードが高くない人にとっては
 インパクトロフトが付き、入射角度が緩くなると
逆にボールスピードが落ち、抜けるような球になって
 飛ばなくなる可能性もあります。

余談になりますが アイアンにとっての重心深度は
ロフトの立っているモノ〜ロフト35度以下のモノ
 には良い効果になり易いですが、
ロフトの寝ているモノ〜ロフト40度以上のモノ
 にはロフトなりの飛距離が出にくい、飛び難くなる効果があり
これがその特性を表していると言えます。




✋✋✋そして これら ヘッドのデータ、重心位置の効果 は
すべて 
ヘッドターンをしないで使う という大前提があるのですが
メーカーのカタログでは 「絶対に」 それは明記されません。


ハンドターン (2)


✊重心位置 で言うと クラブを捩じって使わない
 クラブヘッドをターンさせて使わない
 という前提で
 重心位置の深さ によって ヘッドが前に出やすい効果 が
 重心深度の特性 です。
 これを ヘッドターン、シャフトを捩じって使うと
 重心位置の深さは
 ヘッドの更なる重さになり易く
 ➽ ヘッドターンのし難さ
 ➽ ヘッドの遅れ 〜ヘッドの開き

 につながるので ヘッドを捩じって使う人には
 重心位置の深さは 良い効果とは言い切れません。

ハンドターン

代表例が フェアウェイウッドとアイアン型ユーティリティクラブ です。

411-5-1811-5-1





 
世のゴルフスイングの退化 から
フェアウェイウッドが減少気味、ユーティリティ全盛時代 というコトです。


また 重心深度を深くするには
薄べったい シャローな形状が必要で
ヘッドを返すスイングの人が
 この手のヘッドを好まない隠れた理由の一つです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


腕を振らずに からだの回転でクラブを動かすと
ヘッドを振らないでスイングをする と
ゴルフクラブの最大特性である 重心位置(重量の中心点)が
ズレている L型の構造の良さが出ます。

ゴルフクラブは野球のバットやテニスのラケットのように
打点になる部分が 棒の軸上からズレています。

これは ロフト角度というモノを安全に使う
という意味合いも含まれていますが、
静かに使う時と激しく使う時で
二重の重量構造を持っています。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)









アドレス時など
ゴルフクラブを動かしていない(移動/運動していない)時、
静かに使っている時、
重心位置 というを感じることが出来
ヘッドの向いている方向を感覚的に把握することが出来ます。

しかし、ロフトと言う機能を別にすると
ボールを遠くに飛ばすコトにおいては
この構造は 非効率的に エネルギーが分散しやすくなります。

そこでシャフトのたわみ(しなり・動き)によって
運動(移動)が激しくなった時、重量に遠心力が掛かり始めると
重量が一直線上に並ぶ機能がゴルフクラブにはあり
それによって 効率よくボールを打てる
重量構造の二重構造です。

クラブを捩じって使ったり、フェースターンをする人にとっては
この二重構造を使うことが出来ません。
常時、ズレた構造によって
本来、クラブが持っている機能を使えないモノが多数出てきます。
IMG_8497

例えば 慣性モーメント です。
慣性モーメントは 重心位置(重量の中心点)を軸に
どの位 ヘッドが同じ姿勢を取る傾向が強いか というのを示す
数値で表されますが、軸線上に揃って使う というコトが前提です。
ヘッドを返す打ち方をする人にとっては
なんの役にも立たない、意味のない数値になります。
本来、数値の高いモノは ミスへの寛容性が高くなり
ボールへのエネルギー伝達も良くなる(飛距離が出やすい)のですが
ヘッドを返して打つ人には 関係のない数値になります。
場合によっては 一般的に易しいと呼ばれる 数値の高いモノ は
ヘッドを返し難い 使い難い可能性すら出てきます。


また 重心深度 というモノを良し悪しになります。
アイアンに比べ、ユーティリティ、
ユーティリティに比べ フェアウェイウッドの方が
構造上、重心は深くなっています。
この効果は 重心が深い分 ヘッドが前に出やすく
その分ロフトが付き易く、同時に 入射角度が緩くなる
ボールを飛ばしたり、上げたりするには 
「適度」の補助であれば 良い 効果 なのですが、
ヘッドを返す打ち方は 正しく打つ打ち方よりも
かなり 緩く入射させる傾向が強いため
必要以上に 緩くなり過ぎてしまい、重心の深さの為
上にシャフトが跳ねる、ヘッドが上に跳ねる 可能性が増します。

811-5-1

411BK-5-1








重心を深くするのに 構造上、ソールの奥行きが深くなることもあり
上向きのフェースになり易いヘッドは
トップやダフリ、チョロになる可能性が増すため
ヘッドを振るスイングの人にとって
重心の深いモノほど 使いにくい可能性が高いのです。

これは 実はウエッヂにも同じ効果があるので
バンスの少ない 薄いソールを使う というのは
その形状だけ、でなく 重心が深く、低くなるのを
使いたがらない というのと共通しています。


ゴルフをする人の平均年齢が上がっている…にもかかわらず
ユーティリティクラブにはユーティリティの良さはありますが、
フェアウェイウッドがあまり好まれず ユーティリティが好まれる
軽いヘッドが好まれ、硬いシャフトが好まれるのは
ゴルフ全般にとっては 良い傾向ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ