◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:重いヘッド


一般的には、グリップを支点にヘッドを動かす
ヘッドを振る、シャフト(ヘッド)を返す というのが、
ゴルファーのスイング、クラブ扱いの概念で、
縦横、どの方向で有っても、上げる&下げる
しならせる&しなり戻す、開く&閉じる

という、行きと帰りの2アクションが基本なんだと
思います。(それが間違いなんだけど…)

スイングを改造、改良しようとした時に、
その行きと帰りの二つの動作の
多くの場合、帰りを直すことに焦点が置かれるのでしょう。
はっきり言えば、スイングを改良していくのに
動作を二つにするのではなく、一つにする など、
動作を減らして簡素化していかない限り、
我々は日々、年齢を重ねていく訳ですから
うまく行かなくなります。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

ましてや、帰りを改善する場合は
急ぐ、速くする、増やす、間に合わす
など、その二つの動作ですら、うまく行かないのに
さらに、自分に動作を要求することになるのですから
根本的には解決することが出来なくて当然、
と言えるでしょう。


今のスイングをよくする場合、
せめて、帰り(戻り)ではなく、
その戻りを簡易にするための、
『行き』⇒テークバック に注意を
払うべきです。

帰りは スピードが増すのも有り、重力や遠心力など
その名の通り、「不可抗力」が増大しまうから
修正するのは容易ではありません。
繰り返せる「同じ修正」はさらに難しくなります。

スイングもミスは、9割を超えるほどの原因は
体の向きの変更で動かすべきクラブを
腕さばきで行っていることに有る
 ので
言うならば、腕の運動量が体の運動量と
合っていない状態なのだから、
それを後程、小さな筋肉である、
クラブの負荷がダイレクトにかかりやすい
腕で修正すること自体、間違いなのだ。

だから、何度も言うけど
本来は、動き自体を減らす、無くしていくこと
が最終的な目標なんだけれど、
とりあえずは、行き(てーくばっく)を
体の向きで、体の運動量を増やし
腕の運動量、腕でクラブを移動させる量を
減らすところに注視しなければならない。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(2)


ゴルフクラブ は長い棒の先に重さが集中して
その打撃部分であるヘッドはとっても歪な形をしている。
重さも左に動かす時と、右に動かす時、
上に動かす時と、下に動かす時で
同じような感じには全くならないのだから、
これを自分で「操ろう」とすること自体
無理があるし、この概念に過ちの根源がある。

先端に重さが集中していることや
その姿勢や位置によって、重さのかかり方が違うところは
ちゃんと扱うと、自分の方がその重さや方向によって
上手に打たされてしまうように出来ているので
クラブを操る その思い込みから疑っていって欲しい。
25926758

だから 是非 一度試して貰いたいのは
クラブ。。。L型ブリストルパターを持っていれば
そのパターが一番分かりやすいんだけど、
トップの位置、姿勢を作った場合、
自分の作る「その姿勢や位置」が
自分そのものやグリップの位置を
次にどの方向に行かせたがっているか
どんな重さが掛かっているか 感じて欲しい。
そして、逆に、自分、もしくは自分のグリップを
次にどこに持っていきたいのか と共通するのは
どのトップのクラブ位置やクラブ姿勢なのか
探ってみる方が、練習場でたくさんボールを打って
出る球(弾道)で、スイングの良しあしを決めるより
数倍、数十倍、実りのある練習だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とても大切なコトですが、
どのようなインパクトを迎えるか
どのようなダウンスイングをするか
は トップオブスイングでの
 "クラブ姿勢" によってほとんど決まってしまいます。

✋人間の動作、恰好 を優先するのでなく
その クラブ姿勢を造る ために
動作や恰好がある と考えて方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

それほどクラブの造り出す重さ
運動した時に生まれる不可抗力は
スイングに影響を及ぼす、
スイング動作の半分は不可抗力に作られています。

ですので、それを逆手にとって
望みの姿勢、望みの場所 に行くための
不可抗力を作り出してしまえば良いのです。

例えば ダウンスイングやインパクトで
右サイドが落ちる、潜る・・・
左サイドが上がる、体が開く・・・
が悩みだったとします。
4bcbe6f4トップオブスイングでの
クラブ姿勢がこうであれば、
必然として 重さは
からだの右サイドを下へ
からだの左サイドを上へ

と誘います。

ですので 動作としてのスイングを治すコト よりも
クラブ姿勢としての重さの造り方 を
考えるべきです。

安定したショット
より遠くへ飛ばす コトを実現するのには
本来味方であるべき
ゴルフクラブと喧嘩しては上手く行きません。

どの道、その重さには抵抗しきれないのですから
奥さんと喧嘩するよりも
奥さんと仲良くする方が良いでしょう(^^)/


トップの位置から通過点としてのインパクト まで
出来れば最短、
クラブの重さによる落下速度が
運動速度の助力となるような
トップのクラブ姿勢を模索する必要があります。
grip  posi

そして それを実現するための
テークバック、そしてアドレスやグリップ
と スイングを逆回しして考えるのも
良い手だと思います。


スイングの大きな『上手く行かない』要素 として
根本的に
✊重さは動きたがらないモノ
ということを忘れがちです。

ヘッドの重さを動かそうとすればするほど
次の動作への不可抗力は
倍々に増えていきます。
それでは 重さのために動作 することに囚われ
ボールを打つ と言うコトが二の次になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



重いヘッドが使える方が断然楽です。

IMG_0504


初めてのお客様も打つ前は
「重い方が振りにくい?!」
と考えがちですが、
ほんの数分打っていれば、その重さには慣れますし
兎も角 体にやさしい です。

比較すると分かりますが、
軽い市販のヘッドのクラブを打つと
嫌な衝撃が感覚として残るような、
ボールの質に関係なく とても硬質な感触です。

インパクトの抜け…と言いますが、
同じ速度で移動していれば 質量の重いモノの方が
慣性力が高いですから、打ち抜く と言う意味では
とても高性能です。
5a0eeaec

重いヘッドのクラブの方が明らかに
クラブに近い 手首や肘 などを痛めにくいですね。


弊社の悶絶クラブは
アイアンで言うと、市販の軽量スチール装着のモノより
100g弱、30%以上増量されています。

(一般的なスチール用5番ヘッド重量240g
 弊社の悶絶5番アイアンのヘッド重量328g)

クラブの形になったモノを持ってみると
シャフトの長さもありますし、シャフトも柔らかいですから
倍以上重くなったような感触があるでしょう。

重いモノの方がやはり慣性モーメントが高いですから
ミスに断然強くなります。

特に上下のズレ、多少のダフリやトップのミスが
中和されてしまいやすいです。
バンカーやラフなどの異物も打たなければならない場合が
とても強いのが特徴。

正直言って、チカラの無い女性が
市販のウエッジのヘッド重量を
軽量スチールで打たなくてはイケナイなんて
なんの拷問だよ…と思いたくなります。
昨今、急激にバンカーが苦手な人が増えているですが、
クラブの問題が殆ど…と確信する次第です。


IMG_0591


スイングを覚えていくのにも
クラブがどこにあるのか 非常に分かりやすく
ヘッド姿勢、開いているのか、閉じているのか
そう言うのも はっきりと知覚出来ます。
スイング中、どこで重くなり、どこで軽くなるか、
も知覚出来ますから、スイングのテンポ感やリズムも
とても掴みやすくなるので お薦めです。



重さを上手に使うには
ごくごく当たり前ですが
重さは下、重力方向に引っ張られるチカラの単位です。
ですので ゴルフクラブを握っている部分が
重さの付いたヘッドよりも上にある(ヘッドが低い)時は
大きな体の部位、胴体なり、足なりで 動かす方が良いでしょう。
腕を使うチャンス
テークバック時には速度が重要ではありませんから
(・・・急ぐ必要はありませんから) 除外対象ですが、
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー の区間では
ヘッドがグリップよりも高いところに位置している時
それが唯一の機会です。
dW l (2)_Moment

そこを逃してしまうと
重さは移動速度に積分(掛け算)で重くなりますし、
重力という下方向だけでなく、
遠心力と言う 立体的に複雑な重さが加算していきます。
ヘッドの方が低くなっている時は
概ね クラブ、そしてヘッドを動かしたい方向とは
大きく異なる方向に重さがかかります。
それでは重いばかりです。
クラブを自分で動かしてボールを打つ コトよりも
クラブを動かすソノモノ にしか余裕がなくなってしまいます。

腕を使うのは ヘッドの方が高い時のみ
その意識はとても大切で、
逆に 高い時であれば
ヘッドの重さも 移動に利用できますし、
クラブの造り出す重さの方向/ベクトルも
動かしていきたい方向ととても似ています。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)






例え 紙のように感じる市販のヘッドであっても
重さはある訳ですから、その利用の仕方を
無視してしまっては
本来の ボールをどかす、
ボールの質量に負けないための重さ が
単なる運動の負荷になっていまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社の「悶絶」と呼ばれているゴルフクラブ は
 アイアン(5番)であれば 通常 240g のヘッド重量が
 30%アップの 310g以上  70g以上 重くなっています。
 シャフトの硬さ、であれば これも 通常
 軽量のスチールシャフト SR 相当の硬さ で
 振動数表記 290〜300cpm
 ヘッドの重さもありますが、悶絶クラブの硬さは
 その半分 150〜160cpm だったりします。
004

 重い/軽いのヘッド重量 と
 硬い/柔らかいのシャフト
  組み合わせ としては 4種類出来る訳ですが
 軽いヘッドに硬いシャフト と
 重いヘッドに柔らかいシャフト と
 両極端な組み合わせ です。

重いヘッドと柔らかいシャフト のクラブだと
どうなるのか❓ というと
 特に シャフトのしなり は
 当たり前ですが、ヘッドの重さ と シャフトの柔らかさ の
 複合です。

そのシャフトのしなり、グリップに対するヘッドのズレ(遅れ)は
単純に考えて 横 と 縦 のズレ があるのですが、
横に遅れさせると ヘッドの構造上、
ロフトだけでなく、フェースも開きます。
 悶絶クラブ であれば それも倍増します。

一般的なアマチュアゴルファーは
しならないシャフトをしならせるモノ と考えていますが、
それは クラブの捻じり であり、
 そう考えた時点で フェースターンは必須になります。
それを 悶絶クラブ で行う とすると
 その「しなり」=「遅れ」👉捻じれ は
想像を超えた量になりますから まず 戻し切れません。
 おそらく シャンク か どダフリ、どトップ の
 いずれかになります。

本当は双方、同じ、なのですが、
しならないシャフトをしならせる習慣の強い方 と
しなるシャフトをしならせないようにする とでは
カラダを廻す と 手を動かす(上げる/下げる)
の順番が反対になりガチ です。

実際には 入り混じった ほぼ同時のモノ であり、
腕はカラダから生えているので
 からだの廻り(回転)が本格化してしまうと
 動かす事が出来なくなってしまいます。
ですので カラダの回転で考えるよりも
 どう腕を動かすと、どう腕を振ると
 からだの回転を促す とか、
 からだの回転と同期する と考えた方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)









これは あくまでも素振りやイメージ ですが、
 テークアウェイを取る時、まず 腕をあげてみる
 グリップを高くしてみる
 そして 向きを変える
不自然ではありますが、動作を二つに分けたとすると
そういう手順です。

ダウンスイングでは グリップを下げる
そして からだを廻す
 と言う手順の素振り、イメージ は
 ヘッドの遅れ=ロフトの立ち と言う意味で 
 結構、効果的です。

一般的には 先に回って。。。
 となると ヘッドの遅れは捻じれ になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重心距離の長いヘッド というのは
重量の中心がシャフトから離れている というコトで
アバウトではありますが、
重いヘッドと近似値、と考えて良いと思います。


コト、アイアンにおいては
柔らかいシャフト&重いヘッドが重なる、と
フェースローテーションをスイングの軸にしている人には
どダフリやスライス、シャンクの佃煮、
抜け球(上がり切らない緩い球)のオンパレード
 になりますので
しばらく まともな球が出ません。

コメントにも頂きましたが、
柔らかいシャフトや重いヘッドの効果を
数度の練習で実感するのは難しいです。
目の前の結果に「へこみます」からね…。
001002







フェースローテーションにとって
ヘッドの遅れ は フェースの開き になる、というコトですが、
アイアンよりも重心が長く、
一般的にはアイアンよりも かなりシャフトの柔らかいドライバーは
 一体 どうやって打っているのか 不思議に思う部分ではあります。
 空中のボールを …アイアンなら引っ掻き
 しゃくり上げるから 可能なのでしょうか…。


ですので 少なくとも アイアンを重め のヘッド、
ドライバーに合わせ 硬さを整えてあげる と
結果は 買い替えたアイアンに、ではなく
 ドライバーに出てきたりもするのです。


そうなると ラウンド中の疲労による変化 や
 連日のゴルフで そのドライバーのシャフトの硬さも
 辛くなってきたり と 自分の体力とシャフトスペックの関係に
 目が行くようになって来たりもします。

フェースローテーション(ヘッドターン)が悪だとは思いませんが、
せめて ヘッドの遅れ = ロフトの立ち という
ヘッドの回転を横、シャフト軸ではなく、
 縦の自分軸 にする習慣が付くと
 ドライバー〜アイアン、そしてアプローチに
 スイングの共通する流れが出来るようになってくるのですが…。

Kさんは その実例と言えるかも知れません。

そうなると 柔らかいシャフト&ヘッドの重さ による
ヘッドの遅れ は ロフトの立ち になり易い ので
遅れ→スライス ではなく フックになったりもします。

超キツイスペックのアイアン、
本来の体力で考えれば きついけど、アイアンよりも柔らかいドライバー、
この構成では 曲がりの出にくいアイアンは ボールを中に置いて
 曲がらない範囲でこすり打ち、
ドライバーは 引っかけの方向に振る、
 スライスにならない 巻き込んだ振り方、
これが 適正スペックになってくれば、
 自分軸で振れるようになるので ずっと 美しい弾道が得られますが、
 そこは クラブとの二人三脚なのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

❶硬さを決める


 


 一般的な34インチのパターですと

 ヘッド重量   320g (ブリストル 480g)

 硬さ(振動数)  350cpm です

 

 シャフトの硬さは『好み』の場合もありますが、

 慣れてくると 柔らかいモノの方が

 ボールの伸び、ゆっくり転がるのに遠くまで転がる、

 ボールが直進性(ボールが曲がらない)が強いです。

 

 大きな違いは『慣れ』に要する時間だと思います。

 想像が難しいかも知れませんが、

 硬さい砲覆辰討ると かなりふにゃふにゃで

 始めの頃は不安に感じるかもしれません。

 

 長さに応じて 同じヘッド重量を使いますが、

 総重量と異なり、柔らかいものほどヘッドは重く感じられます。

 

 280cpm

 弊社オリジナルのアルミ製 140gのスチールシャフト

 全体の重量感が非常に重め 総重量は700g近くになります。

 

 220cpm

 弊社オリジナルの95g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック 濃い銀と黒の間の色です。

 

 170cpm

 弊社オリジナルの95g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック

 

 140cpm

 弊社オリジナルの70g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック

 

 

❷長さを決める

 


 32インチから36インチまで 1/4インチ毎に
 センチ単位での製造が可能です。
(32インチ以下はルールで制限されています)

 

❸ライ角度・ロフト角度を決める

 

 標準的な ロフト角度4度 ライ角度71度で造られていますが、

 素材が 軟鉄S15Cのため変更可能です。

 短めにする場合、長めにする場合などご検討下さい。

 

❹ヘッドの仕上げを決める


 

 :シャンパンゴールド/金色(Wニッケル) 艶消し

 :シルバー(クロムメッキ) 艶消し

 :ブラック(テフロン) 艶消し   です。

 

 打感等には一切影響がありません。

 順をおって メッキ及び加工が厚くなりますので

 防錆には強くなります。

 

 

❺グリップを決める

 

 お好みのモノで構いませんが、形状がオーソドックスですので

 あまり変形なグリップや派手な色柄のモノは似合わないかと思います。

 

 お薦めは ロイヤルグリップのパフォーラップ太目(80g) です。 

手前味噌ではありますが、弊社のL型ブリストルパターは

多くの方に長く愛されているパターで

 一生お使いになることの出来るモノです。

始めのうちは慣れないかも知れませんが、

パター単品で! と言う観点でお選びになられるのであれば

 許せる限り「柔らかい」モノをお使いになられた方が

楽しいかと思います。

 

ただし パター以外のクラブに影響を及ぼすこともご考慮下さいませ。

 

 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

 046-804-1480  ハミングバードスポルテ

 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

 

👉地図

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1HnttYk5C88Z69NJ3GTrwhnuLhUw&msa=0&hl=ja&ie=UTF8&t=m&ll=35.237147030220356%2C139.675211&spn=0%2C0&source=embed&z=9


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ