◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:遠心力


これって 正解を伝えるのが難しい ですね。
jpg11
アバウトな意味で言えば イエス ですが、
おそらく… かなり高い割合のゴルファーが
 その遠心力の使い方を間違って解釈している というか 
遠心力を利用しても
 結果、それを敵に、負担に、しているだけです。
スイングは遠心力だ と言っている人 は
 それをそれで楽しんでいるのであればOKなのですが、
 遠心力を自覚している というコトですので
 それに対抗する チカラを使ったり、
 何かの動作をしているから そういう言葉が出てくるのでしょう。

そして、それを上手く活用している人は
 あまり 強く遠心力を利用している自覚はない、
 動作や力に負担がないので、
 確固たる感覚、感触が無く、助言が難しい のです。


例えば…ですが、
 インパクトで伸び上がる人、 や
 カラダが開いてしまう人
 ダウンスイングで手がからだから離れ
 ボールの方に出てしまう人は
 「遠心力を意識している可能性」
 もしくは
 「過去にそれを意識した可能性」があります

遠心力とは(漠然とですが)
 重さに運動をさせた時に、
 軸点に対し 外に外にはらもう とするチカラです。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

スイング中にかかる、であろう 遠心力は
 打つ前 であれば ボール方向
 打つ直前であれば ボールと打ちたい方向
 それらの方向とは かなり大きく異なる、
 アバウトですが 90度立体的に異なる方向です。

ですので 運動の法則的に言えば
 その異なる方向(ベクトル)の力を増やせば
 ヘッドスピードなり、打撃力は増えるのではなく
 削がれます。 進行の負荷、抵抗になります。
 最終的に それはボールのスピードではなく、
 スピン、、、などの別なモノに化けてしまう

 可能性が高くなります。



クラブは手で持っており、その腕は
 カラダ、肩から生えています。

これは 頃合い、加減、ですが、
 スイングは ある程度 大きな弧を方が速く動ける
 と
 大きくなると その重さや遠心力は増す
 の 頃合いの範囲の中で
 短くなったクラブは 適切、良い加減の長さ に
 なった方が良い
この一点においてだけ その遠心力のベクトルは合うのです。
MVI_0850-0001-1IMG_2813-0001-1
 右打ちの人が テークアウェイ、トップで
 右腕を短くする訳ですが、
 遠心力がかかれば その腕は伸ばされようとします。
 自分の意志での伸ばす割合 と
 遠心力で伸ばされる割合 は
 どの位なのかは 感覚的なモノなので
 なんとも言い切れませんが、
 微妙に後者の方が多いような気がします。
 腕の役割は それを拒否しない程度 な気がします。


遠心力を、まあ これは別な言い方をすれば
ヘッドスピード至上主義 の方は
遠心力がかかる その方向と 反対、
もしくは その遠心力がかかったことによって起こるコト
の事後処理、補助の動きが スイングの中に必ず入り、
ソコを悩んでいたり、気にしていたりするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを飛ばすには…
 そりゃ ヘッドスピードは高い方が良いけれど
✋ちゃんと捕まえた上で 
 体力なり、年齢なりに効率よく 安定したヘッドスピード
✋捕まっていないので
 体力、年齢を超越した ヘッドスピード願望
 って書いたら、当然、誰もが前者だろうけれど……

 蔑章討硫菫)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目
◆平燭鹵罎硫菫)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め
この両者、では 同じヘッドスピードで通常のショットをすれば
△諒が 圧倒的な『平均』飛距離 になります。
,諒は 基本「こすり打ち」なので
 飛距離も、方向も安定し辛い のですが、
△糧距離の源は ロフト使いとからだの回転 なので
 これ以上! 最高の! ココ一番! って訳には行かず、
 逆に ,蕨嗄詫蠅蠅覆里如.悒奪疋好圈璽俵気貌信しがち です。


アマチュアゴルファーの場合、
 飛距離は勿論ですが、方向や曲がり とともに
 ダフリ/トップのミスが生涯付いて回る訳ですが、
 手振りになってしまう クラブ使い では
 それが ある意味 科学的に保障されています。
 勿論、悪い意味です。


ダフリ、および トップ を 誤解されている方が
 多いですが、正しい意味での
 ダフリ ⇒ 届き過ぎ
 トップ ⇒ 届かな過ぎ

 のミスは非常に希少で、
 主に インパクト と 最下点のズレ が原因です。
202189_Moment
アドレス時に こう構えた としても、
インパクト、インパクトに向けて
カラダが過度に上を向く(莨紊り、蕾爾り)
になれば グリップは後ろ(右)に下がります
最下点がボールの手前になり
 ダフリ/トップ/チョロが誘発されます。

からだの回転とクラブの移動が直にリンクしていれば
対策もシンプルに出来ますし、
セットアップ時のボールの位置などで
 概ね ショットの是非は決まります。
(勿論 それでもミスは出ます)

しかし、からだの回転とは 別に クラブを回転させる場合、
困ったことに そうする人は
 何故か 「スイングは遠心力だ」と信じている人が多いので、
その遠心力によって 膨らもうとする ヘッド、クラブ
 それのお陰で 最下点がボールの手前になり易く
 また、その遠心力のせいで
 左サイドも上がり易いので 成功率は激減します。

何かが成功すると、
何がが失敗するメカニズムが出来てしまっています。
   ヘッドスピードが上がる(遠心力が増す)
   👉最下点が手前になる / 左が上がる
そうクラブを動かしたら 最下点はボールの手前になり易い、
 というのは クラブと体の構造から悪い意味で合理的なのです。


これが一番発揮される(悪い意味で)が
 フェアウェイウッド で
 地面から打つショットの中で 一番速いスピードが欲しいクラブ
 ですが、
 一番 バンスの張った、ソールの大きなクラブ です。
411BK-5-1

 …速く振ろうとする のは主に腕力(利き腕)で
  クラブを回転にさせる為に 止まるカラダ&動くクラブ
  その中間に来る、左腕(右打ち)の肘や手首(中間管理職)を
  痛めないのか 心配です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

✋遠心力の罠 と関連があります 

これが「アプローチから始まる」のか、
ショットで「フォローを大きく取る」のか、
「クラブはからだの向き通り 180度ターンするモノ
 と言う思い込み」
から始まるのか は
それぞれ だと思います。


適当な距離…のアプローチで考えてみましょう。

アプローチであれば
クラブには 不可抗力、大きな遠心力は発生しません。
その距離、速度にもよりますが、
ヘッドの重さ、クラブ、シャフトを
ある程度、管理できる可能性があります。
2021-07-03_01-20-29_Moment
上の この写真を見ると
インパクト以降、フォローで
手を伸ばした、もしくは
ボールの飛ぶ方向に手を伸ばした、
 手を出した「ように」見えます…が
ふたつを比較してみて下さい。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)2021-07-03_01-20-29_Moment








実際には
手を出した訳でも、手を伸ばした訳でも なく
⚠カラダの向きを左にしただけ
⚠カラダを廻した、向きを変えただけ
 です。

スイングによって 発生した遠心力によって
グリップが「その方向」に引っ張られている のは
あるとは思いますが、
それを拒否していないだけで、
手を伸ばしたのでも、手を出したのでもありません

フォローを出そう、大きくしよう、
手を無理に伸ばそう、飛球線の方に出そう、

と 自分の意志でグリップを送り出してしまうには
からだの回転の止まり、向きの変更の抑止 が必要になります。
✋クラブの動きとからだの回転の切り離しが必要です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうなると フェースの回転も伴ってしまう 為、
ロフト姿勢や入射角度だけでなく フェースの向きも
安定し辛くなります。

また スイングの特性上、
 意図的にフォローを出す
 グリップを飛球線の方に出す というのは
右打ちの人の場合、右手を伸ばすコトになりますので
その結果、左腕は不自然にたたまれ、
写真や動画で 妙に縮こまったフォローの腕(左腕)を
 目にすることになる訳です。
意図的にするのは  ですが
あえて 言語化するのであれば
フォローを出す は からだの向きを変え
 左腕が飛球線の方に伸びた、伸ばしたではなく
 不可抗力によって伸ばされた というコトを指すのでしょう。



実際には 振っていない腕 を
振らなければならなくなりますから
その前準備として からだの回転に対する
腕、グリップの「意図的な遅れ」が必要になります。
これがそのまま フルショットとなれば、
手を返す為に ロフトやフェースを開く、
本来の意図とは全く反対の……🙀🙀🙀
言うなれば 『スライスにならないように手を返す為に
スライスになるように ロフトやフェースを開かなくてならない』

と言う意味不明な動作を覚えることになります。
    …火を消すために 自分で放火するような…。

遠心力を含めた 不可抗力 とは
その言葉の通り、ヒトには逆らい切れないチカラ。
そして ゴルフクラブはいざ運動させる と
その不可抗力を多く生み出してしまう構造 です。
故に クラブを持っていない時 の 素振り と
クラブを持った素振り、
そして 実際の打撃が同じになり難い のです。

フォローの大きさを含め
インパクト以降、はその不可抗力が最大になる部分です。
自分でやらなくて良いコト、
それは 必ず発生する上に
逆らい切れないのですから
それに任せた方が当然、 簡単✋

確かに…フォローは 俗に言われる
「低く、長く、大きく出た(出したでは無く出た)」方が
 弾道は安定し易く、飛距離も出し易くなります。
その為に からだの向きを変え続け、
 逆らい切れない遠心力、不可抗力を利用して、
 左腕を飛球線の方に引っ張らせる、のであって、
遠心力そのモノで打とうとしたり、
遠心力の解釈を間違えてしまったり、
フォローを自分で出す、大きく取ろう としてしまうと
 自分で放火した火事に苦しむ可能性が…十分あります🥶
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは
 長い棒の先にヘッド、打撃部 と言う重さが付いています。

ヘッドの重さは打撃時の ボールの重さ
 に負けないモノ
 ですし、
✋クラブの長さに関しては ヘッドスピードと
 そのクラブのロフト角度を有効に使うためのモノ
 が本来の構造です。
 
ミスターKの法則1_Moment

とは言うものの その見てくれ と 持った感じ では
 容易に 遠心力が生まれてしまう…そういう構造もしています。

しかし、ゴルフと言うゲームは
 ゴルフクラブ自体を放り投げる、遠くに、目標方向に投げる
 それを競うゲームではありません。
その遠心力の掛かり易い ゴルフクラブを使って
 『ボールを』遠くに、目標方向に『打つ』ゲームです


ボールを遠くに飛ばす と クラブのその構造
 が 一見すると結びついているように思えますが、
 クラブの遠心力は ボール にでは無く
 それを振る、それを持つ 『自分』に掛かっているのです。

この場合の 遠心力は クラブが外に外にはらもう
外に飛んでいこう、膨らんで行こう とする力

ダウンスイングの途中でクラブを手放し(離し)たら
 ボールの方にクラブは行ってくれません。
 おそらく 前の人の足元(練習場)に飛ぶ…でしょう。
 テークアウェイ時では後ろの自動販売機(練習場) や
 天井 に向かってクラブが飛んでいこう とします。

ボールの飛ばしたい方向 と 遠心力の掛かる方向
 ぴったり…ではありませんが 直角に近いような関係で
 感覚的には 遠心力!でボールと打ったら
 距離よりも、その角度の関係から 回転ばかりが増えそうです。

飛ばす = 遠心力 と思っていると
 なんだか それは握力勝負になりそうですし、
 より素早く、より速く、
 そして 安定して(軸のブレない回転)
 自分が回転するというコトに関しても
 少なくとも ボールに当たるまで は
 遠心力は阻害要素でしかなく、
 「出来るだけ少なめの遠心力でボールに入る」
 と思った方が良いと思います。 

S20180921_MomentS20180921_Moment(2)





あえて言うのなら スイングの中で遠心力が『使える』
『利用出来る』部分があります。
 これは活用した方が良いかも知れません✊
遠心力は 外に膨らもう、はらもう とするチカラです。
軸点より 外方向に引っ張られるちから、
 それを利用すれば、トップの位置で たたまれた 腕は
 その付け根からクラブを持った腕は離されようと…
 拒否さえしなければ、伸ばされようとします。
短くなった、たたまれた腕 が伸びるのは好都合ですし、
 その部分に関しては遠心力も
  速度の手伝いになりそうです。
腕の付け根(肩)からクラブ、グリップが離れていこうとする
 その「方向」がポイントにはなります。

👉傾きがあるとは言え 回転は限りなく横運動に近いです。
遊具それ通りに グリップに遠心力をかければ
昔存在した遊具:回旋塔や遊園地の回転されるイス
のように 横に振られ、からだから離れ それによって
カラダは起こされてしまいます
そこには工夫は必要でしょう(^_-)-☆

その方向と回転の仕方というがつながっているのだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

遠心力は その言葉の通り チカラ。。。つまり重さです。

その重さをどう利用するか、味方に出来るのか
敵にしてしまうのか によって 大きく変わってきます。


遠心力は 腕の重さも含まれますが、主に
(クラブヘッドの重さ) × (長さ/遠さ) × (移動速度) です。

これが主に腕を介し、肩部分にかかり、体の姿勢、
次のからだの姿勢にかかります。
そのクラブの長さも 肩からヘッドまでの距離と考えると良いでしょう。

飛ばそうとすれば 当然重さは増えますが、
(✋チカラには方向、ベクトルが付いて回ります)
問題なのは その重さ=遠心力が どの方向にかかるのか
というコトです。


遠くに飛ばすために ロフトを司る
インパクト時のからだの姿勢、左右の高さ は重要ですが、
それを高速運動の中で、意識的に調整するのはとても困難です。

ですので その遠心力を使って
必然的に 望ましい姿勢になるように仕向けてあげる、
遠心力に逆らって スイングする、
遠心力を消すために抵抗する よりも
遠心力に任せて 回転する速度を増す とは言えなくても
回転する速度の邪魔になるような 方向に掛けないように考えます。

インパクト時、インパクトに向けて
左太ももの前辺りに グリップが行くことで
◌姿勢を保つために 曲がっていた右腕が伸びる
◌左右の腕の長さが合っている ような状態が望ましいでしょう。

✋遠心力は かかり始めると 支点、この場合は肩ですが
そこから外に離れる力(チカラ/重さ)として掛かるのですから
遠心力が掛かることによって 腕が伸ばされ
更に 前傾姿勢が保たれるような かかり方、かかる方向
というのが自然な形で一番望ましいと言えます。


腕を伸ばすにしても 前ナラエのように 横に伸ばせば
その重さは長さ分、増します。
筋トレで ✊✋するにしても 前ナラエ でするのと
腕をだらんとしたところで ✊✋するのとでは使うチカラの量が違います。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)









スイングには前傾姿勢があるので
肩からだらんとしたところに手があれば
腕は伸びていますが、腕の長さの重さは増えません。
ところが フトコロから外れ スイングで言うと ボールの方に伸びれば
長さが表れてきて、重さが増すので、
その重さ分、体は反対の方向に 力を相殺する為 反射します。
前傾姿勢が消えやすくなるので、それはより増して行きます。


✊遠心力の基はからだの回転。
どの方向に遠心力をかけるのか
遠心力が掛かった時、グリップをどこへ行かせたいのか


S20180921_MomentS20180921_Moment(2)S20180921_Moment(3)





スイングの大きな動作、体の向きをフットワークによって変えるコトは
スイングの最も大きな動作ですが、
それを行うと モノを持たされた腕は意識的な動作がし難くなります。
逆を言えば、腕の意識的な動作をするには 体の大きな動きは
止めざるを得ません。
体を回したとき、遠心力をどの方向にかけるのか
遠心力がかかり、グリップが肩から離れようとするのをどの方向にするのか
腕を伸ばす というこういは 腕を伸ばさない という拒まない というだけで
回転によるからだの動きに任せて良いかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


『スイングと遠心力』
これもゴルフの酒呑み話では
大きく誤解されている部分ですね。


スイングは 原則、からだの回転によって
円を描きます(傍目からそう見えます)ので
当然、動きの大きな『重み全般』に対し、
その円の外に向かって膨らもうとする
 👉ゴルフクラブや腕に対し、長くなろうとする
軸点から外へ離れようとする力が働きます。


IMG_1015_Moment(2)


ヘッドが遠心力を生み、その遠心力でボールを打つ では
クラブの構造上、ロフトというモノが存在し、ボールが球体であるため
スピン、ボールの回転になってしまいがち です。
また 遠心力と言う言葉と対になる 求心力 というのがあるため
その遠心力で 『ヘッドの通る円弧』を出来るだけ大きく取る
そして 速く動かそう とすると 体は遠心力のかかる方向と
反対にからだを引こうとします。
ですので、出来るだけ体が開いたり、上を向いたりするのを避けようとしても
地面を叩いたり、空振りしたり、からだに害があることを避けるため
自然に 開いたり、上を向いたりするコトになります。

ヘッドを振ろう、シャフトを振ろう、遠心力でボールを打とう としている限り
避けられない スイングの悩み になり、
それは 永遠に、物理的という力学的に避けることは出来ません。

 また ヘッドに遠心力を大きくかけてしまうと
 無意識であっても 右手スナップは解け
 腕とクラブ一直線になろうとします。
 このやり方では 前傾姿勢は消えてしまうので
 スイングの習慣として 傾いた円弧をからだの回転の関係は途切れ
 自分の腕さばきで 斜めのヘッドを円弧を描くコトになります。
 これが 一般的な「手打ち」のゴルフスイングです。
Desktop 2019.11.19 - 15.08.33.01_Trim_Trim (2)_Moment

 ヘッドに遠心力をかけた場合、右手スナップは解けますが、
 解けるという行為には その支点となる左グリップの移動の抑制が必要で
 グリップとからだの回転との関係も途切れます。
 道のりも 単純に 体を回し、グリップを動かし、その結果移動する筈の
 ヘッドの経路よりも 圧倒的にヘッドの経路が増えるので
 スイングの時間進行を司る からだの向きの変更と合わなくなります。

 どの道、手で振るしかないのです。





トップの位置、テークバックでは
クラブヘッドの高さを高くする為 と考えている人が多いでしょう。
確かに ヘッドは高くなりますが、
それは 傾いた回転の中で 右を向くという行為と
グリップ自体が高くなるコトで十分満たせます


クラブヘッドが自分の方に頭をもたげた、鎌のような構造をしている為
自然に 起きようとしますし・・・。


しかし、遠心力はかかります。
矛盾しているようですが、それはスイングのメカニズム
クラブの構造を考えると 利用しようがあるのです。

からだの回転に遅れさせない為
重さの増えやすい クラブ、腕を テークバックで
腕を曲げることによって 自分に近づけ
ある意味 短くし、同時に高さも取り、
✋トップの位置でのクラブの重さも利用しつつ、
からだの回転でグリップを動かせば、
自然に 曲がった腕は 付け根に当たる 肩から離れようとしますが、
それを 自分の前傾している懐の中に行かせるように仕向ければ
その遠心力によって 無意識で前傾姿勢も保ち易くなりますし
懐の中に入れれば 伸びることで重く(長く)なり易い、遠心力の増えやすい腕も
腕は伸びても 長さ という意味では増えないので
悪影響は最小限で済みます。

(比較)左手ドリル_Moment(2)

腕を伸ばすコトによって クラブをリリースしようとする人にとっては
永遠につかめないポイントだと思いますが。。。
ゴルフクラブの構造とアドレスなどのスイングのメカニズムは
本当によく。出来ているのです。

ちょっと難しい話・・・でしたね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ