◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:軸


手で振るコト自体、良い悪い ではありません。
 オジサンおばさんゴルファーには
 体力的、肉体的に あまり有効ではないから、です。

デメリットの面で言うと
🙄ロフト(フェース)を開いて入れてくる傾向が強いので
 返しが遅れると スライスや距離不足になり易い
 👉腕力頼りの面が強いので
 ラウンド中の疲労で影響が出易い
⇒後半、悪い❓
🙄タイミングが合わないと
 弾道質、高さ、方向 にいろいろなミスが出易い
 良いも無限、悪いも無限…
🙄ロフトを開いて入れてくる傾向が強いので
 ソールの大きい、奥行きの有るクラブが苦手になり易い。
 ㊟特にフェアウェイウッド
🙄アプローチショットが
 難易度の高めの上げる球中心になり易い為、
 アプローチが苦手が克服し難い
多くはないですが、あえて メリット…は
😊バンカーが苦手になり難い
😊上げるアプローチ、ロブショットが得意❓


【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







からだの回転で直にクラブを動かす のと
手で振ってしまう、
クラブのターンをからだの向きで行う のと
クラブのターンを手で行う の 違い は

当り前…ですが、からだの向きでクラブターンをする場合、
 左腕、左手は常時、左側にあり
 右腕、右手は常時、右側にあります。
手で振る場合、
 それがスイング中、何度か 入れ替わってしまいます
重心のかかり方シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)







スイング ココを治そう❶_Moment例えば、テークアウェイで
このように動かすと
左手が右手よりも右に行こうとしています。
ショット自体、その入れ替えが打撃!
になるので その準備の為、です。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)

当然、インパクト以降は その反対に
 右手が左手を追い抜こうとします。
 それが 打撃だから当然と言えば当然ですが、
手打ち の最大の問題となるのが
 手でクラブをターンさせている、振っている、
 のですが、✋手はからだから生えている訳で
 左腕、左手がたくさん動いて
 右を追い越すテークアウェイ では
 追い抜かれる方の右腕、右手がたくさん動かれては
 追い抜くことが出来ませんから、
 その生え元である右サイドが止まります。
✋ダウンスイング〜インパクト では
 今度は 右手・右腕が左手・左腕を追い越しますから
 それをするため 生え元の左サイドが止まります。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)





👉つまり 本来、からだの回転とは
 からだの向きが変わる のですから
 右側も左側も同じように動くはず のモノ なのですが、
 手で振る場合の向きの変更は
 からだの左右半分しか動かず、
 回転…に伴う 回転軸 がありません。
93e9da7e-s81b16761-s




 からだの厚みも含め、厳密な場所は
 人それぞれ どこか で良いと思いますが、
 からだの回転でのクラブターンには 軸 が存在し、
 手で振る場合の回転では
 テークアウェイでは 右半身が軸になり 左サイドが動き
 ダウンスイング以降は 左半身が軸になり、右サイドが動く

 という からだの左右の半身を軸にして
 左右対称にからだの向きを変えない、
 からだの左右を交互に動かす特徴があります。

 左右を交互に動かしますから、
 腰回りを傷める可能性が高くなるわけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4


手でクラブを振ってしまう、フェースターンする…には
からだを開いて 左を向いて
それをする為の「空間」を作る必要があります。

故に トップの右向き?から
一気に体が左向き、
正面を介して左向き ではなく
一気に体を左むけるパターンが非常に多いですね。
からだの向きに アドレスを除き、ボールと正対する瞬間が
存在しない方法・・・体をねじるコトを回すコト、向きを変えるコト と
思っている人は 結果、そうなってしまいます。



本来は からだの左右に対して
回転の真ん中は当然 からだの真ん中
背骨位置にある筈ですが、
そこに軸、支点を持ってくると
からだをすぐに開くことが出来ません。
腕をすぐに振れない、クラブを振れませんから
それをする独自の 軸感覚が必要です。

20190526gc55_Moment20190526gc55_Moment(2)











✋そのために テークバックの時点で
多くの 手でクラブを振ってしまう人 は
軸を 右側、右肩とは言いませんが
丁度 藐と首の間、藐を揉んでもらう場所辺りに
軸を置き、右サイドは動かさず 左サイドだけを動かします。

「左肩を入れろ」なんて言葉が
それを後押ししたりもします。

正しいからだの回し方
そして 回すことの真義は
左右の移動量を揃えること
 にあります。
向きやその量そのものよりも
左右の腕の運動量に差を作らない為
右サイドも左サイドも同じ移動量、運動量を必要とします。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)IMG701
IMG703IMG702









右軸でテークバックしてしまうと
行きも帰りも 左腕、左サイドには多くの移動量が必要になります。
総じて スイング、ダウンスイングからインパクトにかけては
左腕の長さが邪魔になりガチです。

右軸でテークバックを取ると
左腕を最大の長さで使うことになりがちです。




そこで・・・
全員に当てはまる とは言えないのですが、
その逆の 左軸 やや左側にある軸で
テークバックで取ってみるコトをお薦めします
。(逆療法ですね)
からだの軸イメージ

テークバックの移動方向、進行方向は
アドレス時の 背後方向、やや上方(傾きの分)です。
前に、ボールに近づいていく方向ではなく
ボールから離れていく方向です。

✋そう言う意味で 顔の向きや目線を切ってみるのも
 よい周り方のガイドになります。

アドレスから ボールに離れるかのような
背後、やや上向きの上方への移動がテークバックです。

そう言った意味で やや左目に軸を置き
テークバックを始めてみる、
右肩を支点に左肩を動かすのではなく
左肩を支点に右肩を動かす『ような』感覚 で
テークバックをしてみるコトをお薦めします。


これによって 今まで異なり、腕の長さに制限が掛からず
クラブや腕を通す フトコロ の空間が造れるようになる
可能性はとても高くなると思います。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ