店主「骨盤と足の造りは 男性と女性には違いがあるので
 足、足首、股関節を作用点として
 からだの向きを変えるのに 女性はあまり違和感を持ちません。」
質問「股関節の造りが違うんですね。」
Rサンのスイング奮闘記➁_MomentM20191011suburi_Moment








店主「そうですね。
 ところが 股関節を使い慣れている人は別として
 男性ゴルファーの多くは 腕だけ、もしくは胴体を捻る、
 上半身型の回転が多く、骨盤と言う部位に関しては
 向きを変えるよりも、むしろ 廻さない意識が強い
ので
 回転の作用点を 股関節や足首に変えるのに違和感を持つ、
 や 骨盤の向き と言う感覚が薄いケースが多いです。」
5399116133106141






質問「言われてみると そうかも知れません。」
店主「ですので 少々、品が無いかも知れませんが、
 あそこ、弊社で言うトコロの 秀二の向きを意識してみる、
 と言うのは意外に効果があります。」
質問「秀二さん、ですね、」
店主「そうです、若い時、暴れん坊だった秀二さん、です。」

店主「回転のまとめ、になりますが、
 回転、からだの回転 というコトになると
 意図的に 腕だけで廻るを望んでいる人は少ないですが、
 若いプロがやっているような、胴体を捻る、
 そう廻っていると信じている 多くの人 が
 腕だけを振って クラブを動かしています

((((((((_Moment

店主「腕でクラブを動かしているコト自体は是非も無いのですが、
 腕でクラブを動かしている、もしくは 胴体を捻って
 カラダを廻している回転は
 疲れや加齢による運動性能低下 などに弱く、
 だんだん 回転量や回転力がかなり顕著に衰える、変化します。

 ラウンド中、テークアウェイが浅くなり
 タイミングが早くなる… そして、それがミスにつながる、
 カラダの構造上、胴体を捻る というのには
 無理があり、限界があるので そのミスは誰のせいでもなく
 必然でやってくる訳です。」

質問「手で振って 良いインパクトを造るのには
 腕の筋肉によるフェースターンという
 普段でも難易度が高いのに、疲れている時に
 上手くそれを操作するのは さらに難易度上がるのですね。」

店主「そうです。 そうしないで良い 回転、
 「からだ」の回転気味 にしておく方が色々な意味で安全です。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)スナップショット 1 (2013-11-19 11-20)










質問「歳を取ってくると その行為自体が辛くなるので 
 回転する箇所を 股関節や足首、股関節気味の足首 に
 移しておいた方が、長く、傷めず、ゴルフを楽しめる、と。」

店主「ハイ✋股関節よりも下を作用点として 向きを変えれば
 俗に言う、からだが硬くなっても 回転力、回転量を失わず
 飛距離と安定性を両立しやすく なると思います。」

「回転の作用点を変えるには 慣れが必要なのは確か、ですが、
 視線、視界ゴト 右を向いてしまう、
 ボールから目線を切る、や
 ボールを直視、凝視しない と言うのも一つのポイントですし、
 からだの向き は 秀二さんの向き
 というのも 回転を股関節を境にした、上と下 に
 分けるポイントだったりします。」