◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:距離感


店長「硬いシャフトでゴルフを覚えると
 より硬いシャフトを好む
ようになる…。
 
 ゴルフにクラブターンは必須ですけど
 それって カラダの向きを変えれば良いんですが、
 シャフトが硬いと それではボールに届かない です。
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

 ですので ハンドターン、フェースローテーション と
 ハンドファースト という 相容れない
 相反する課題に取り組む のですが
 繰り返しますが、相容れない関係ですので
 解決はしません。 」

質問「ゴルフスイングの謎のひとつ でした。」

店長「スライスしていると フェースが開いているから
 と言われますので フェースを閉じなくてはならない、

 本当の意味は 回転の横のフェースでは無く
 縦のロフトの方なんですが…
 一般的には フェースの右左の向き と考えます。

 フェースを左に向けるには
 スイングの弧の一番膨らむところ よりも 先
 もしくは 一番膨らむところ、
 よく言われる 最下点にしなくてはなりません。

 ちょっと分かり難いですが、
 上から見た 左右、横方向の ヘッドの一番膨らむところ が
 横から見た 上下、縦方向の ヘッドの一番膨らむところ(最下点)

 になる訳じゃあないんですが、
 ・・・・・・・どちらも カラダの姿勢 が大きく影響しますので
 最下点、そして それよりも先 で
 インパクトを迎えよう としたら
 上り際 で打つコトになり易い です。

 つまり、ボールよりも手前が最下点になるのですから
 ダふり易く、トップし易くなります。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment

 アマチュアにとっての 一番多いミス です。」
質問「言われてみれば それはそうっすね。」

店長「あとは 女性にも多いと思うんですが、
 スライスの問題、ダフリの問題 そう言うのが徐々に解決、
 解決はしなくとも 深い悩みで無くなると
 おそらく 最大の問題が控えています。」

質問「ええええええ! ナンでしょう❓」

店長「ゴルフをやっている限りは付いて回るコト
 になると思うのですが、 アプローチ です。」

質問「!!!!!!!!!」

店長「アプローチに限りませんが、
 ざっくりとですが
 同じクラブを同じヘッドスピードで打っても
Ⓐ立ったロフト 上から入る
Ⓑ寝たロフト 横(下)から入る は
Ⓐ前者はスピンが多く、打ち出しは低く
Ⓑ後者はスピンは少なく、打ち出しは高く なります。
 それと 
Ⓐ前者は前に進み易く、上に上がり辛く、

Ⓑ後者は前に進む辛く、上に上がり易い 特徴があります。

 アマチュアには必要ないかも知れませんが、
 プロ であれば その二つを組み合わせて
 その場、その場に対処して行きますが、
 ショットの、通常のショットの基本は前者です。
 硬いシャフトでボールに届き難い から スタートしている
 ゴルファーにとっては 後者は出来るけれど
 前者は出来ない になってしまうのです。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)

 通常のショットの場合ですと
 少しダフリ気味 とか、少しトップ気味とか も
 ヘッドスピードがあるので 誤魔化すことが出来ますが、
 アプローチという 距離の制限、速度の加減が
 必要なショットの場合、後者
〇寝たロフト 緩い〜横(下)から入る は
 最も難易度の高いショットに該当します。

 距離が短い、速度の加減をする と
 ロフトを寝かしている(バンスが張っている)
 入射角度が緩い(横から、下から入っている)為
 地面に干渉し易く、
 速度を多少上げても ボールは 前に行かず、上に逃げます。
 どの位 とは言えませんが、
 普通の
〇立ったロフト 上から入る
 に比べると 上げた速度分が距離になり難い です。
 速い運動/動作はミスの原因になり易いですし
 無駄な大きなスイングになり易い 上に 距離加減が難しく、
 アプローチに練習を割かないアマチュア向きじゃあないんですが、
 硬くて ハンドファーストを誘発されないクラブで
 ショットを覚えた人にとっては選択肢が無いんです。

 ですので 普通のアプローチだけ に限らず、
 バンカーも上手く行き難い、バンカーが出ない、苦手・・・
 昔…30年前のクラブであれば、市販品であっても
 320g〜ヘッド重量のあるウエッジは 結構ありましたが、
 今は 有って290gです。
 ラフやバンカーなど ボール以外の負荷がかかり易い
 ショットは ヘッド重量がかなり効く んですが、
 それも無いので、それを人為的👉スピードで作るしかないので
 足場の緩いバンカーなんかは 女性には酷だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アプローチの距離感、というのも
 答えに実体が伴いませんから
 ある種、永遠のテーマとも言えますよね。」
Aさん「ですねー。」
店長「そういう意味でも 弾道計測器は役立ちます。
 やってみて下さい。」
002
店長「仮に SWの届く最大が 70ヤードとしましょう
 その時の ヘッドスピードは❓
 クラブは変えず 距離を50.30.にした時の
 ヘッドスピードを把握する と言うのは大事です。」
Aさん「考えたこともありませんでした。」
店長「私個人はお薦めしませんが、
 時計の針のように 9時15分 10時10分
 距離の目安を スイングの大きさ で作る人、教える人もいます。
 それに慣れている人はそれでも良いと思いますが、
 そのスイングの大きさ、テークアウェイ、トップの大きさは
 打つ距離に対して 必要なヘッドスピードを得るためのモノです。
 ですので スイングの大きささえ良ければ
 その距離が成るわけではありません。」
Aさん「その距離を打つために必要な助走路 と言った感じでしょうか。」
店長「はい。 ですので
 トップの大きさを整えても
 減速したり、不必要に加速してしまったのでは
 その大きさも意味を失います。」

Aさん「あああ 距離の打ち分けの感じって こういう感じなのですね。」
スナップショット 3 (2013-03-29 22-28)
店長「はい。仮の数値ですが
 70ヤードでヘッドスピードが 25㎳
 50ヤードで 22㎳、
 30ヤードで19㎳
 そういう感じなのです。
 
 勿論 アバウトで良いですが
 そのヘッドスピードの数値をイメージして
 距離を造り出す のです。

 そして これは あくまでも結果論ですが、
 なんとなく そのスピードを造ろうとすると
 スイングの大きさも それぞれ 落ち着く感じ になります。
 先に 型の9時15分、10時10分 有りき ではないのです。」

Aさん「ゴルフを覚えた 割に早い段階でやりたかった…ですね…。」


店長「きっと その頃は 弾道計測器なんて
 そう普及していませんでした…から…。
 その距離感は今からでも 十分役に立つと思います。

 この際、重要なのは 距離感は感覚、イメージなので
 どうしても アバウトになりがち です。
 それで良いと思います。

 しかし そのアバウトな距離感 に
 アバウトな打撃が重なると アバウト過ぎて
 距離感を混乱させてしまいます。」
Aさん「どういうコトです❓」
店長「ショットも、ですが、アプローチは特に
 ヘッドのボール、地面に対する上からの進入角度、
 入射角度と言いますが、それが長さなりに一定で、
 その角度に対する ロフト姿勢が一定、
 だいたい で良いですが 一定では無いと
 同じヘッドスピードでも かなり距離がズレます。」

Aさん「あ、確かに。同じヘッドスピードなのに
 50ヤードを狙って 10ヤード位簡単にズレますね。」

店長「主に ショート側に、ですが ズレます。
 それは ロフトが解け、入射角度が緩くなり
 ボールへの推進力が伝わらなくなる、いわゆる こすり、
 ロフトの大きなクラブで言うと「抜ける」状態になるから、です。

 ですので 弾道の見た目も ボールの頂点の高さ は似ていても
 頂点の場所が 自分に近い方、落下地点から離れた方 になります。

 よく使われるスイング用語で言うと キャスティングになるのですが、
 キャスティングは手首の解けを指す場合が多いですが、
 振り子式のアプローチでは 手首を解かなくても
 非常にそうなり易いので 距離感が難しくなります。」
Aさん「どうすれば 良いですか❓」

店長「直ぐにハイ、とは行かないと思いますが、
 トップの位置から 腕とクラブは固定、
 先ほどのヘッドスピードは、ヘッドのスピードを計測していますが、
 それは からだの運動速度、からだの向きを変える速度、
 運動の速度、ボディスピード として
 把握し、馴染ませていく
と良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久しぶりのゴルフをする場合や
ラウンド中スイングが分からなくなった時など
シンプルに考える必要が生まれます。
IMG_0932_Slomo_Moment

ゴルフのスイングには 縦の動作はない! と考えて良いでしょう。
確かに テークバックにおいて
グリップを少し高くしますが、
ボールを打たないという条件で
その上げたグリップのまま、体の向きを正面、
ボールと対峙するところまで戻してみて下さい。
グリップの高くした量は たかだか30センチ程度 です。
からだの回転〜向きの変更と前傾姿勢〜傾き
これをの方が 高さを大きく変化させていることに気づくと良いですね。

コト下げる方に関しては 重力通りになりますから
下げる と言う行為よりは 落とす、落ちる、下がる の方が適切でしょう。

ボールを飛ばすのは 水平方向 横方向に飛ばす のです。

ゴルフクラブには ロフト等機能がありますから
ボールが上がる とか 高くなる とかは
打ち手の「動作」「作業」によるものではありません。

ボールを横方向に、地面と平行に飛ばすのに
そのまま 打ち手の動作も横方向、横への動作 です。

スイングに苦しむ人の多くは
動作の中に縦の動作が多い人
クラブを縦に動かす意識の強い人
 です。

478e1dc0


トップの位置から  クラブが重力方向に落ちる
右向きのまま グリップもヘッドも下に落ちる
そのままでは ボールは打てないので
からだの回転でグリップを移動させてあげ
ヘッドの落下地点を ボール地点に合わせるそんな感じ です。

自分の意識しなければならないことは
➀からだの回転で ボールを打つためのグリップの横移動を作る
➁ボールを打つために フェースを下向きにする

それだけ です。

グリップを下げる と言う意識ではなく
重さで下がる と言う意識で十分です。 
IMG_0919_Slomo (3)_Moment(5)

そのシンプルな 横動作・・・体の向きの変更
その速度がアプローチなどの距離の感覚につながっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ