◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:視覚情報

5
 僕個人の感覚です
参考になるかも 知れませんし 全くならないかもしれません。
更なる 勘違いを生むかもしれない
  あくまでも ボヤ〜ン とした脳内イメージですので…

殆んどの人のショットを見ていると
 ボールと体の位置関係の感覚 脳内イメージですが
  ボールは正面 もしくは右サイドで とらえようとしているのかな と感じます。

確かに右を向いているうちに振れ とか
 そう言う 別な意味合いの言葉も有るにはあるんですが
  ともかく この画像をご覧ください
BlogPaint


























この状態 この場面では打撃対象であるボールは 体に対し 大きく左にあるのです。
左隣りに有ると言っても良いでしょう。

これを打撃するんです。

ものすごく 奇異なイメージだと思うのですが
打撃の準備段階が終わり ここからが打撃のスタートです。

野球のイメージで言うと
右バッターに対して 3塁側ベンチ 背後から ボールが来るようなイメージなんです

腕がクラブを持っている
そのクラブは先端が重く 打撃部分は複雑 左右前後上下非対称

☆体を先に ボールを平行面に向けてから 腕を動かし クラブを動かすか

☆クラブ 腕を始めに動かして から 体を回すか

そりゃ タイミング良く 両方が「同期」して動いているようにしたいけど
 筋力の少ない 腕の方にはクラブと言う重しが持たされている…

僕の脳内イメージは sample 2009_09_29_23_01_02-469フレームショットこの場面から 利き手を伸ばしたいんです 右を向いたまま…   体を先に回してしまったら 結果手は伸びるけれど 多分その遠心力で 打つ前に伸びてしまう… 折角打撃部を高く上げ 位置エネルギーを作ったのに それでは そのエネルギーは遠心力に変わって ボールを打つ事よりも 持っている自分に負荷になってしまう   だから ここから出来るだけ直線 最短距離で 利き手を伸ばしたいんです。
  体よりも左にあるモノを打つので…


それを 利き手で打つ為
 まずは 体を左にずらし 利き手を伸ばす…   そんな脳内イメージでしょうか
  クラブ… 長い棒を振り回す    そんなイメージは一切無い ような…

 腕で打つ 手で打つ って意味合いでは決して無いんだけど
  体がシフトし 向きを変える その動きの中で 腕は動くのだけれど…

     ヘンテコリンな脳内イメージでした……
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

  イメトレ…  コスプレじゃ無いよ 残念でした。
 MACさんのコメントにも有ったので すこし書いてみます。

クラブ扱いを考える際に
 実際の動き 最終的なスウィング映像

   これをイメージして 振る 動くと 死にます

牽引ロープのレースの話をしましたが
車のレースの話を少し…

 外国のドライバー   鈴鹿や富士を初めて走る
  一流のドライバーほど イメージトレーニングをしてくる
   ビデオや普通車 自分の脚で歩いたサーキットを
    家や事務所 パドックなどで目を閉じてイメトレします。
   それを繰り返すことによって 一発目のタイムで
  コースレコードを出したりする と聞きます。

ゴルフの場合
 ゴルフクラブと言う 人間の構造とは異質な
  ボールと言うモノを 遠くへ 安全に 運ぶ 打つ 機能のモノを
   道具として 使うのですが
    その機能を最優先に創られていますので
     ある意味 ヘンテコリン な形をしています。

それを動かして ボールを打つのですが
動かすことによって 静止時と違った負荷が立体的に掛かります。
それを ゴルフでの不可抗力 と言うのですが
その不可抗力を加味してイメージするのと 無視してイメージするのでは
結果は まったく異なると思います。

 ゴルフクラブは 動かす事そのものや クラブを重力に対して長く使う事
  ロフトを開いたり 閉じたり することによって
   常時 複雑な 相互に干渉しあう 遠心力や重力 重量感 を
    作り出します。

ですから 例えば ダウンスウィングで
 グリップエンド(コブシ)を支点にヘッドだけを扇のように動かすと
  想定しているヘッドの軌道は それそのものが外方向に膨らもう と
   する上に グリップ部にも 外に膨らもう とする負荷が掛かります。

フェースを空に向けて(ロフトを開いて) ダウンに入ると
 クラブヘッドには背後に落ちたがる負荷/重力が掛かりますから
  それを支えている 持っている 右サイド/右腕には
   アドレス時に持っているクラブの負荷の数倍もの重さが掛かります。
20090801 2009_09_01_01_25_27-314フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット
















ボールの高さの概念が分らない人にはチンプンカンプンだと思いますが ダウンでは概ねこのようなクラブの動かし方の「脳内イメージ」が無い限り 結果はダフリかスライス
 無理すれば引っかけ   
動き的には必ず右サイドが下がり 
体が左を向いたインパクトを創る事になってしまいます。
 多くの方はこれが「単なるドリル」だと思っているのだと思いますが
 本当のところ フルショットを
このイメージを抱いてクラブを扱わない限り
  ヘッド重量も有効に使えませんし ロフトの立った
   正面でのインパクトも 未来永劫迎える事は出来ません。


画像の一コマ目よりも 二コマ目の方が 明らかにクラブは長く
 重くなっています ですから これに スピードが加わっていると
  更にクラブは重く なっていますから スピード加算分
   二コマ目のグリップの位置はもっと下がり 膝に近いところになります

   → グリップの位置が下がれば …この場合重さによって下げられれば
  それに応じて 倍々ゲームのように クラブは長くなり
  重くなりますから クラブヘッドの位置はもっと もっと 下がります

  これは 動かした時のクラブ重量変化 によって 起こされる
  正しい不可抗力の利用の仕方 で クラブによって下げられる
  のであって 自分では下げない に等しい のです。

 よく聞く言葉で クラブの仕事は「クラブ」にさせろ

  とは こう言った事を指すのだと思います


  このクラブがする筈の 下がる動き コブシを下げる動きを
 自分で行ってしまうとどうなるでしょう…
 クラブの通る道のりはもっと大きく クラブは長くなります。
 クラブが長く重くなれば 「必然」で右サイドは下げられてしまうでしょう
 右サイドが下げられてしまえば シフトする事は不可能です。
 クラブが遠くなれば コブシ部分にも遠心力 重さが加わりますから
 体から離れていきます。
 一コマ目から クラブを下に動かし始めると
 まず 間違いなく 二コマ目 体が正面を向き始めた時には
 まだ クラブは 右腰のあたりにあるでしょうし
 二コマ目のような シフトをすることは不可能で
 無理にシフトしたとしても 体はもっと左上がり 上を向くようになります

 体は保全のために 左を向き始めます

 ダフらずに打てれば ハイボールスライス
 早く 速く 動けば 動くほど ロフトは増え スライスはキツく…

 無理にヘッドをターンさせれば 体が開いている方に飛びだし 
   更に左に曲がって行きます

  真っ直ぐ方向に打つには ロフトをたっぷり寝かして
   2番手も 3番手も ロフトの多い状態で打たないといけません。


  それが アマチュアの飛ばない 一番の原因なのです続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
最近では高速度カメラのおかげで インパクト付近を かなり詳細に見ることが出来ます。
俗にいう シャフトが走る…  横ビンタみたいにシャフトが前にしなるのは

 決してシャフトが走るからではありません

実は このシャフトが前に出る原因は 「重心深度」にあるのです。
 前回のテーマ 慣性モーメントでも出てきましたが
  ゴルフをする ボールを打つ 行為は 人間のテクニックよりも圧倒的に強い
   宇宙で一番強い力 光をも曲げてしまう力  重力 が働きます

慣性の法則により 一直線上に並ぼうとする力で 重心点とシャフト・グリップは
 並ぼうとします。それにより 近年の大型ドライバーでは3僂癸喚僂皹にある
重心点のおかげで ヘッドが前に出ようとするのです。

これも シャフトの硬さが適切でないと その効果を発揮しません。 

本来 重心深度が深いと やさしい と言われるのは
このヘッドが前に出る効果で ロフトが付くから ミスに強く 上がり易いからで
その効果を発揮させてあげなければ 重心深度はどのような数値でも
意味をなさない と理解して下さい続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ