◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:自閉症

札幌の自閉症/発達障害センターの 加藤潔先生のお言葉を載せたいと思います




自閉症の世界は文化の違いです。
いい・悪いではない、文化の違いなんです。
どちらかが優れていて、どちらかが劣っているわけではない。
文化は互いに尊重されなければならないんです。


障害受容を全てできている親御さんはいるわけがない。
障害受容しようと、努力している親御さんがいるってこと。
努力でいいじゃないですか。
いつもいつもゆれている。
当事者だって、100%障害受容出来ている人なんかいない。
全て受容していこうという努力の表れ。
100%受容出来る人なんかそうそういないんです!!


それでいいんです!!
そのまんまの君でいいんです!!
生まれてきただけで凄い奇跡なんです。
何億と言う中からたった一つだけ、かいくぐって出会って受精できたからこそ
命が誕生した。
物凄い奇跡なんです
生きてるだけであなたは奇跡なんです!!

私たち支援者は、子供たちの弁護士になろう。
彼らはこういう苦手な、過敏・鈍感な所が、不得意さがあるから、こういう支援が必要なんです!!と沢山の証拠を語れる弁護士にならなければ!!
特性を語れる支援者になりなさい。

構造化や視覚支援は礼儀です。
支援以前の話。
それを拒否するなんて、人権にかかわる問題です。


私たちに完璧なんてありえない。
歩み寄る思い、寄りそう姿勢、学び続ける努力が必要です。
自分にも思い当たるピースや特徴があるってことに気付いて、それを強みとして語れる支援者は、とても素敵な支援者になるでしょう。


親はがんばらなくっていい。
休んでいいのです。
親は一生支援していく長距離ランナー。
その代わり先生方は頑張って。
先生方は卒業までの短距離ランナー。
親に頑張らせては、求めてはならないのです。


みんな違っていい。
違うから魅かれ、違うから求めあえるのです。
違うことは素晴らしいのです!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 ゴルフとは全く関係のない話題ですいません。

自閉症  …世の中ではこの言葉が故に 正しく理解されていないのです。
多くの方は うつ病や引きこもり、内向的な性格を指していると思っていますが
 誤った認識 です

 自閉症は 先天的な脳の障害です。
脳の事はまだ未知な事が多く 完全には解明されていませんが
今のところ 脳のニューロンやシナプスの異常だと思われています。


では 自閉症であると どうなってしまうのでしょう

 ☆対人相互反応の質的な障害
 ☆意思伝達の著しい異常またはその発達の障害 
 ☆活動と興味の範囲の著しい限局性

簡単に言ってしまえば 他人や社会性を認識することが出来ません。

例えば 好きな人がいて それを告白するとします…
健常者の場合 勿論 好きである と言う事を伝えたい という気持ちもありますが
恥ずかしい や 断られたら や 相手はどう思っているだろう など
他人のこころや 告白するタイミング や 場所 など 色々考慮してしまうでしょう


ところが 自閉症患者の場合  相手や社会そのものが認識できませんので
場所やタイミング 相手の気持ちを考える事が「不可能」なので
ところ構わず 自分の「好きだ」と言う気持ちを執拗に告げる事になります
 かと言って 自閉症患者が 「こころ」を失ってしまっている訳ではありません。
いえ 健常者以上に 素直で 純朴な「こころ」を持っていますし
感情や 感情表現は 大胆 かつ はっきりしています。

 

 自閉症の子供が100人集まって 公園で遊んでも
ほぼ絶対に 鬼ごっこや集団での遊びにならずに
100人が 100人とも 個別に ひとりで遊ぶことになります。
また 他人や社会が認識出来ないので 「その良く解からないモノ」と関わると
嫌な気分になることが多く 避ける事が多くなります



自閉症は 後天的になる事はまず ありません
また それそのものが治癒することも今のところありません。
先天性障害が故 体の部位の欠落した人と同じ 訓練で 
自閉症でも暮らせるようになるだけで 治癒することはありません。
年齢や外観が大人になっても 知的年齢は3〜5歳のまま
30年経っても 他人や社会性が認識出来るようになるわけではありません。

また それぞれにより程度も異なりますし 殆んどの場合 知的障害や学習障害と
合併しているので 本当に「自閉」にも個性があります。
目に映るその姿は まったく健常者と同じですから
より一層 世の中からは奇異に見られてしまう部分も多々あります。

現在 分っている状況では 新生児の1000人に2人程度の患者数 です
その患者の5人のうち4人が男性です
東京ドームが満員になると その中に100人の自閉症患者がいる割合です。
そのうち 80人は男性 20人は女性 と言う事になるでしょう。

ですから 少しでも多くの人に 「自閉症」と言うモノを知って頂き
暖かい目で彼らを見守って欲しいのです



  最近では 形式上 立派な大人でも
 自閉症 以上に 自閉気味な大人が目立ちます。
 直接 その社会とは関わらず 他の人の「こころ」が認識出来ずに
 ただ 自分の言いたい事 やりたい事を放ってしまい
 自分は責任を一切持たない…
 後先 考えず 自分の快楽のみを追い求めてしまう。
 意見されても 「お前には関係ないだろ」と言い放つ。
 社会の仕組みが 後天的な自閉(そんなものはありませんが)を生み出す
 といっても間違いではないのかもしれませんが
 特に 男性にはその傾向が強いと思われます。


かく言う 私も「自閉症児」の親ですから
 その傾向が無いとも言い切れませんが…
  学校のお説教のようになってしまいますが
   相手に対し 配慮すること それが一番の自分への配慮 なのだと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ