◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:脳内イメージ

 突然 こんなテーマですが
外国生活がある程度長いと 日本のように 整備された道路事情も
限りなく新車状態の車も 壊れにくい日本車もあまりありません。

ボンネットやフェンダーの無い車など 至る所にあり
 高速道路にバーストしたタイヤやバンパーが落ちているのも日常の光景です。

kenin-ropeそんな 諸外国で暮らすと 車の故障によって 牽引ロープで故障車を長い時間引くことにも 上手くなったりします。

ゴルフのクラブ扱いもそれに近いのではないでしょうか
通常の道路では 引かれる後ろの車にもドライバーは乗るのですが
アメリカの草レースには 後ろの車にドライバーのいない 
 ちょっと クレイジーな レースもあったりします

 そのレースの 優勝やタイムの基準になるのは
  そのドライバーのいない「後ろの空の車」なのです。

前の車のドライバーは 後ろの車がカーブで膨らむことも踏まえ
 不可抗力と闘いながら 味方にしながら 運転するのです。


殆んどのゴルファーが 自分の動かす腕やクラブの作る 「不可抗力」
これを計算に入れずに クラブのない上体の動きやスローな素振り の
動きをそのまま 通常のショットで再現しようとします。

 その牽引レースを想像すれば 分るのですが カーブで
 前の車と同じラインを後ろの車が通るのは あるスピードだけです
 遅ければ 内回りするでしょうし 速ければ外回りするでしょう。

ですから 動かす そのスピードに応じて
 後ろの車を理想的なコーナリングさせるのには
  前の車は 決して 単独でそのカーブを曲がる
   「理想的なラインやコーナリング」をしない! のです。


体や腕とクラブが 時間的な同軸線上であるのは良いのですが
 動きそのものも 長い 短い 遠い 近い の中で 同軸線上で
  動こうとしては 後ろの車はオーバーラン してしまい
   挙句 スピンをしてしまう事になるのではないでしょうか。

それから 考えると 遠い 近い の中で
 ヘッドとグリップ部は 同じ動きの延長線上ではないのではないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヘッドスピードを上げると 飛ぶ    の?

半分正しく 半分間違っている

まったく同じ条件で スピードだけ 1ms上がると 
           増える距離は たったの 「4ヤード」

4msヘッドスピードが違っても 15ヤード位の差である

良く耳にするコメントで 「俺 あいつより30ヤード 飛ぶんだ!」
 単にヘッドスピードの差であれば 8、8、8msも違う事になる
  そんなはずは ない って思うよね
   同じような年齢で 8msもヘッドスピードに差があるとは思い難い

我々 アマチュアが ボールを飛ばす
 そのための 「鍵」 は 適正な(インパクト)ロフトで打つこと
  50msの人がコスって 18度のロフトでインパクトすると
   42msで11度で打った人には 「当然」 負ける!!!

ここ 昨今のドライバーは ライ角度も非常にアップライト
 重心深度も深いから 運動中の実質フック角度は相当ある
  中には重心角度30度なんて スウィング破壊兵器も存在する
   要は 非常に「スライスし難い」 「右に行きにくい」クラブが
    世の中心なのは みんなが 開いて ロフト増やして打っている
     そういった 証なのだよ
      まぁ ある意味 やさしいけど
       若者とはいえ アマチュアの我々が プロよりも
        2度も立ったロフトのドライバーを使っているのは
         インパクトのロフトを「ガバッ」と増やすからなんだ

自分のヘッドスピードにあったロフト それも物理的なロフトという意味でなく、ちゃんとしたインパクトロフトを作ること、もしくは作り易いクラブを持つ事が 実はヘッドスピードを増やすより 労力、体力的には簡単である

自分がロフトを開いているから「キツ〜イ」ロフトのクラブを使うのではなく
正しいクラブの使い方で 正しいロフトで打つ
 それを目標にする方がアマチュア向き でしょ!

ヘッドスピードを増やす  …この行為 実はロフトを増やす とかなりつながっている スピードが上がればロフトが増えちゃう これでは変わらない

 ゴルフがやっぱり ニュートンの法則で カロリーの法則ではない よね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

興味深い質問事項が来たので 更に イタズラ してみます。lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットゴルフクラブにアには ロフト角度とライ角度があるのでこのボールを打ち 正面のキャンバス方向に飛ばすには クラブヘッドを キャンバス方向(飛球線方向)に対し 出来るだけ平行というか 飛球線上を動かないと この状態は ロフト角度とライ角度のせいで かなり複雑です。

決して この画像上の矢印方向には動かしたくありません。
この状態では ボールは空中に有るので ボールと自分方向に対する奥行き
これを一定にしておかないと 手前も奥も打ってしまいますし
ヘッドを沢山 もしくは速く動かせば ボールよりも外 外に遠心力は掛かって行きますから 振り子の円の動き以外にも この矢印方向にはヘッドはあまり
移動させたくありません。

  矢印方向には クラブヘッドを動かさない

この矢印の方向に掛かる遠心力の他にも
 この矢印に対し 垂直な重力も掛かりますから やさしくありません。


実際に 打ってみたのですが
勿論 ヘッドを動かすスピードにもよりけりなのですが
ボールの手前/自分側 そして ボールの上側を空振りするイメージで
ボールに当たります。
ボールを直に打つイメージでは テストした二人とも
ボールの先(奥行きに対する) そして下を打ちます。
自分を軸とした円のイメージが強ければ強いほど その度合いは強くなり
更に 肩周りや腕/手先でクラブを動かすと
あるとあらゆるミスになり 正直怖くて打てません。
出来る限り クラブを持った手や腕はロック 体の動きに任せ
飛球線方向と平行に シフトする事で打つ以外
 現在の ゴルフクラブの構造では ターゲット方向にはボールが飛びません。




imga200

矢印方向に振ったらいけないんだよね
矢印の方向にヘッドを動かすと 手前かボールの奥を打ってしまうんだよね






imga202

これは 画像を元に戻しただけ

ボールは地面に置いてあるけれど
地面のボールに接している部分にティーアップされているのと同じ
あちら側が空中なのと 地中なのの 違いなだけ…

矢印の方向に振っちゃいけないんだよね
この姿勢では 矢印の方向に 更に 遠心力だけじゃなく 重力も掛かるよ!

高くティーアップされたのと 同じイメージを持つのは 始めのセットアップで作られた ヘッドと自分の間合い/距離 を運動中に決して変えない様に しないと 当たらない!
この距離を一定にするのには 腕や肩周りを使って クラブを動かさずに
それが生えている体を動かすしか 他に方法はない!

また高いティーアップされたボールを ゴルフクラブで
 目標方向に打つのには ゴルフクラブはロフト角度とライ角度
  そして 長い棒の先に重さがあるが故に
   出来るだけ円に振ったり ボールの方にヘッドを振ったりすると
    目標方向に飛ばないばかりか 当たらない可能性も高い

確かに この状況で ボールを打つのには適してしない構造では
 あるけれど…   原則的には地面にあるボールも同じでしょ

アドレスは シャフトが90度 地面に垂直になるわけではないけれど
 高いボールは ロフト角度がボールの飛ぶ方向を司り
 地面にあるボールは ライ角度がボールの飛ぶ方向を司る

 ヘッドを振り子のように振ると
  高い所にあるボールは 飛ぶ方向が不安定 になり
   地面にあるボールは 飛ぶ距離(ロフト)が不安定になるのだけれど…


これで より一層 刷毛塗りドリルに対する理解は深まった??
 それとも より混乱したかな?

u=380704500,3118260285&gp=0 この打った後のイメージ わかるかな 一見するとヘッドは高低に対し高くなったように見える…  しかし 前傾のある姿勢を維持したまま 体を左に向けただけ…   インパクトしてから ヘッドを高くも低くも動かしていない      この画像のタイミングは ある意味クラブのスピードの最高速度のすぐ後だから 不可抗力…遠心力等も最大に近い。  でこの位置 上げも下げもしない 体の正面にクラブがあるって 事は… 

 この反対のダウンで クラブを「腕」で上下に動かしていれば
   こうは 成り難い って事が読みとれるかな?

アドレスの姿勢 そのまま左向いただけなのがわかるかな?

これを 体の正面から見ていると
 「あぁ〜 良く腕が返ってるな〜」 とか言う人いるよね
体があっちを向いただけなのに…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

       reported by Mr.T

早速 広い練習場で打ってきました。
とんでもないクラブですね

これはゴルフクラブという範疇を超越しています。

なんと、まともな弾が撃てるようになるまでに
100球以上かかりました。(新記録です)

ssngでも、当たり始めるともう安心でした。
前の打席のお姉さんをチラ見しながらでもOKでした。

つかんだコツは、やはり
「クラブに合った自分なりの脳内イメージの構築」 
でした。

恥ずかしながら記事にも取り上げていただきましたが、
最近「あれ、なんかいい感じだな」
感じるようになったのは、何を隠そう『衝撃映像第2弾』のおかげです。
もしあの映像がなければ、特に今回のクラブでは
10,000球打ってもダメダメだったでしょう。



あの映像で勉強しながら練習して、よーくわかったことは
   理想の打撃方法が できる/できない にかかわらず、
       
   「脳 内 イ メ ー ジ の 動 き」
            と
 「実 際 の 結 果 と し て 目 に 見 え る 動 き」
            には
 も〜の〜す〜ご〜い「違い(ギャップ)」がある 
                  ということです。

(・・・・さんざん店長さんがブログでおっしゃってきたことですが)

 さらに、シャフトの振動数が下がるほど、ヘッド重量が増えるほど
     このギャップは大きくなるような気がします。

つまりは
達人たちが見せてくれる、すばらしい理想の打撃方法、

 それの「実際に結果として目に見える動き」
  そのまま脳内にイメージしてトライしても絶対に上手くいかない
   絶対に上手くいかない 絶対に上手くいかない
         絶対に上手くいかない

   (どんなに卓越した運動神経を持つアスリートでも
        この地球上では絶対に不可能だと思います)

では、どうすれば良いかというと

 ギャップを意識した(考慮した)脳内イメージをつくるのです


過去の経験や知識にこだわらずに、「ありえないようなもの」も含めて

いろいろ模索しながら、突拍子もない創作料理のように
その人に最もしっくりくる脳内イメージを構築することが
         重要なのではないでしょうか。
       (う〜ん、抽象的でなんかうまく表現できませんが・・・)
わたしはこのプロセスを「悶絶」と思っています。



今は練習場では(マットの上では)なんとなく調子が良く、
わかったような、えらそうなことを書いてしまいましたが
コースではどうなるかわかりませんので、悪しからず です。

また調子が良かったら報告します。では。   2009/10/30 by T


以下 Humming Bird Sporte
20090801 2009_09_02_15_28_53-485?????ю???????20090801 2009_09_02_15_28_53-500フレームショット
 かなり 決定的 衝撃的なレポートでしたね
   ……参考映像が役に立ったですか 少しホッとしています

昔から 言っていますが スウィング(クラブ扱い)はクラブからしか教われません。 私が言っている事は そこへ行くようにガイドするだけです。 
正しいゴルフクラブ 以上には何も教えてあげられない程 人はゴルフクラブから色々な事を学びます。

20090801 2009_09_01_01_25_27-304フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-361フレームショット
Tさんのレポート文中にもありますが 軽いヘッド 硬いシャフトのクラブであれば 「脳内イメージ」と 「実際の目に見える動き」を近いものでも打つ事が出来ます しかし これは 飛びません
自分の運動性能次第… ロフトも寝た状態でインパクトすることになり易いので
距離と弾道の道のりのギャップが大きく 打つ距離以上 倍以上 運動性能を高めなければ飛ばす事は不可能です。好き嫌いはありますがおじさん向き ではありません
ヘッドが重く シャフトが動く 以上 運動させた場合
良いに付け 悪いに付け 相手は動きます。

動かした時 より一層動く
 そして 動かした時 想定以上の重力や遠心力など 不可抗力が働きます
  ヘッドが重ければ シャフトが柔らかければ
   自分が意志を持って10動かすと 結果 20 も 30 も動くのです

その余計に動いた分 自分には不可抗力が掛かります
 ある意味 その不可抗力や抵抗に 結局自分は動かさせられてしまいます

 そ の 力 を 利 用 し て し ま お う !
    モノの人間に及ぼす遠心力や重力などの抵抗や不可抗力
     その指向性/方向、ベクトルを上手に利用すれば
      人間の動きそのモノや 動かしたいモノの重量感は
       極端に減るのです。    分るかなぁ〜


不可抗力と対抗したり 抵抗を減らそう  と言うのではなく
 その 自分以外が作り出す力を利用して
  自分を動かさせてしまう  
    これが 道具使いの達人の極意の道なのです

 ですから 「脳内イメージ」と「結果」は異なる 筈なのです 
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

正しくクラブを扱う上で 知っておいて欲しい事

ゴルフクラブは先端が重たい事

ヘッドは非対称な構造
  特に進行方向 右 左 では動きや重さが異なる事

ゴルフクラブは そのクラブの姿勢やスピードによって
  重さが異なる事
   …総じて重くなる事が多い

正規のインパクトロフトとは そのヘッドの入ってくる入射角度に
 沿った角度を指し 地面との相関関係ではない事


 
  いままで 飛ばない人の多くは
   そのクラブの本来のロフトよりも かなり多いロフト
    ボールとコンタクトしている事が原因で
      上がる スピンが無駄に多い
       それに伴い スライス気味の弾道になり易い
        その動きは スピードを増せば 増すほど キツクなる
       また ロフトを寝かす動きは 右サイドを下げ
      クラブのバンスを増やすので ダフリ易くなる うえ
     ヘッドのリーディングエッジ(歯)の部分も前に出るので
    トップのミスからも逃れられない
   バンスが張れば 奥行きのあるFWは打つ難くなるし
  振り子の動きにすれば ヘッドが一番低くなるところは一点しかない
 飛ばないわ スライスし易いわ 上がり過ぎるわ 風には弱いわ
ダフリ易いわ トップもし易いわ 苦手なクラブは出来るわ
距離感は合わないわ ボールを拾うのも難しいわ
  
  良い所なんて 自分で「振った!」って言う自己満足感だけ……



☆ゴルフクラブは ヘッド等を含めた構造上
 運動させた時 それを持つモノに対し 
  かなり複雑な不可抗力を生み出してしまう事
   特にヘッド部は前述の通り かなり極端に上下前後左右非対称な為
    動かせば動かすほど 一度きりの複雑な重力や遠心力を
     生み出し それがまた持つモノに影響を与えてしまう事

☆例えばアイアンで有れば 番手間のロフト角度の差は3〜4度
 繰り返し同じ距離 同じ距離感を両立させたいと望むならば
 ヘッドローテーションなど全くの問題外である事


 ここまでは 出来る出来ないは別にして 理解できると思います


s3





では クラブ扱いの鉄則(ちょっとオーバーに書いてあるけれど)

ルールナンバー1
 スウィングを連続する直線イメージで構成し 円運動のイメージを捨てる事

ルールナンバー2
 クラブの横の動き 地面と平行(重力と垂直)の動きは
 すべて 脚を使った骨盤/お尻に向きの変更で行う事
  補足…腕や手の動きは横の動きには「原則的」には関与しない事

ルールナンバー3
  アドレス時の前傾姿勢を考慮し 
  ボールの上半身に対する位置 高さをしっかりと認識する事

ルールナンバー4
  背骨からクラブヘッドまでの 同一線上の遠近による差を除き
  グリップの運動量よりも ヘッドを多く動かしてはいけない事
  補足…その動きには縦の動きも入る

ルールナンバー5
  意志を持って動かす 人間の部位は 脚を使ったお尻の向き
  公背筋 僧帽筋を使った肘の曲げ伸ばし
  それ以外は 補助的に動くのみとする事
  *特に 肩周りは お尻の動く分のみ移動/向きを変えるに留める

ルールナンバー6
  重複するが ヘッドの高さの変更以外で 肩部分を含め腕や手で
  決して never 横方向には動かしてはいけない事
☆お尻の向きの変更に対し 重量物を持っているが故に
  その向きの変更に対するズレを補足する「スライド」は認める

ルールナンバー7
  これも 重複しているが 重要課題なので
  スウィングから 縦 横 を含め 一切の振り子のイメージを捨てる
  ☆振り子の動きとはクラブを振った残像が扇の形になる事を指す

ルールナンバー8
  体 骨盤 お尻 この向きの変更は「必ず」脚の動きで行う
  お尻から上のどの部位でも 体の向きの変更を助長 促進してはいけない

ルールナンバー9
  体の向きの変更は スライドを伴う 左右の軸足を「つくってから」
  行う事    …軸足と重力に直立する脚の事を指す

ルールナンバー10
  ダウンスウィングの初期で 右から左へのスライド が出来かかるまで
  「自分の意志」では 体を回転しない事




   罰則
     1.誰よりも飛ばない
     2.誰よりも安定しない
     3.偶然以外の距離感は生まれない
     4.関節を痛める
     5.練習量低下すると ショット精度が極端に落ちる
     6.加齢等 体力低下すると 更に飛ばなくなる
     7.ミスショットの呪縛から逃れられず 飛ばすのをあきらめる
     8.飛ばしたければ 身を削って 極限のスピードの挑戦する
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現在 ブログ整理中 です…

過去の記事が役に立つ事でしょう
タグやカテゴリーを割り振ってみました
ご活用下さい

スウィング/クラブ扱いの項目は

 ☆刷毛塗りドリル
 ☆スライド
 ☆右肘の使い方

で大別してみました。 (あ 作業中です)

sample 091020 1-220フレームショット

現在進行形で レッスンをしている方を 参考にすると

☆加齢や体力低下に左右されない
脱体力で 飛距離を伸ばしたい


☆一度覚えたら 簡単に繰り返せる

が基本になって クラブ扱いを覚えようとしているのですが
苦労している人ほど 体に覚えさせよう としているのでは

今まで 何万回と繰り返してきた動き
反射 と化してしまった その動きを変えよう としているのでは
 と感じています

   なかなか 上手くいかない人ほど
    クラブ扱いを 人間の動きから 動きと言う視点 から
     変えようとしているのでは と感じています


 逆に 出来てしまった人 や きっかけが見えている人は
  運動 や 動き  といった体中心 動き中心 の考えから
   離脱し  単に脳内トレーニングだけ と認識しています。

例えば よく出て来る言葉で「ヘッドを振ってはいけない」というのが
ありますが これを体の動きでヘッドを振らない様にする事が重要なのではなく
何故 ヘッドを振りたいのか
 ヘッドを振らないとどうなるのか   振るとどうなるのか
  ヘッドを振らない事に対する恐怖 は何なのか
    振らないと飛ばないのか 本当に飛ばないのか
      振りさえすれば飛ぶのか 振った分飛ぶのか
     ヘッドを振る動きで飛ばそうとすると
      距離と安定性の両立は難しいのではないか
 

☆ヘッドを振らなくても 大丈夫な事
☆振らなくても 距離を落とさず 伸ばせ
  スピードに相応した飛距離になる事
☆ヘッドを振れば ゴルフクラブの構造から ロフトが増えてしまい
 スピードを上げた分だけ 相応の飛距離にならない事
☆ヘッドを振ると 安定度が スピードに反比例して下がる事
☆振らない事により 今までの運動スピードよりぐっと下げても
  十分な いやそれ以上の飛距離を稼げる事
   
それを しっかりと理解するか 心底信じるか 
     いずれかしか方法は無いでしょう


それらが 頭の中で整理され 脳内イメージが構築されれば
    体は自然にその指示に従います。

あぁ 振らなくても大丈夫なんだ! と分った瞬間に
       体は素直に反応します          



脳内イメージが出来れば あとは決して難しくありません
 初めてゴルフクラブを握る人が 一番簡単に覚えますから…

確かに 長年 時間や労力 資金まで使って 覚えてきた事を捨てる
 その行為には抵抗を感じると思います 当然でしょう
  
しかし その蓄積があっても 
  飛距離 安定性 体力 練習量 スコア
 この両立 というか バランスに成功しなかったのです
  クラブ扱いに対する 根本的なアプローチを変えてみましょう

 クラブ扱い スウィングは ある部分まで 脳内 で行います
  
言葉は悪いですが バカのひとつ覚えのように
  数をこなして 強制的に体に動きを叩きこむ のには
    既に失敗しているのです
  

 どうすると 飛ぶのか
   どうすると 安定するのか
     どうすると 年齢等による体力低下に影響を受けにくくするのか

 飛ばないのはどうしてなのか
  飛ばそうとすると 曲がるのは何故なのか

    そろそろ 脳内をリフレッシュ
      別な方法で クラブ扱い覚えませんか


決して動作的には難しくありません
 出来かかっている人に聞くとわかりますが
  アホらしい程 簡単な動きです
    これで 曲げる 飛ばなさい 方が難しいかもしれません

出来た人はこう言うでしょう
 何で こんな簡単な事を「ワザと」避けていたんだろう って
   単に未知の世界が怖くて 踏み出す勇気が無かった だけ って
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.耳にしたことの10%
2.目にしたことの35%
3.耳にして、かつ目にしたことの55%
4.言葉を言い換えたことの70%
5.言葉を言い換えて、実行したことの90%



以上は オランダのスポーツ協会が調べた
スポーツ選手の理解度 だそうです。

どうも ポイントは4番に有るような気がします
 例えば ハミングバード が提唱する  「刷毛塗り」のドリル

初めて 耳にすれば   は? これ何?  ですよね
それに近似値の練習や話を既に聞いていれば 
浸透しやすいかもしれませんが
 お初 であれば  上のデータ通り  だと思います


次に ブログ上やビデオ、画像などを目にすると
 すこし 理解度が上がります  双方で 45%
     …もうちょっと少ないかな
20090801 2009_09_02_19_13_32-477フレームショット
20090801 2009_09_02_19_13_32-487フレームショット
20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット
20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット


ここで 躓いてしまうのは
殆んどの場合 この「刷毛塗り」のドリルが 何の為 なのか
はっきり 頭の中で整理 出来ていない事 なのでしょうか…

 ヘッドは振らない  ←→  振らなきゃ飛ばない

始めから そう考えている限り ここで思考はストップ!

 何度も 言います    誰かには自閉気味とも言われていますが…

   ☆しっかりしたヘッド重量のクラブで
   ☆しっかりとしなるシャフトが装着されている

そのヘッド重量を有効に使い ロフトを立ててインパクトするのには
   この「ドリル」がものすごく重要です。

ある意味 このドリルが出来れば 概ね解決するのですが…

 この動き この動きの意味が 自分の言葉に言い換えられているのか
この動きは何のためで  何とどうツナガッテいるのか…

そして 実践してみよう

  お店に来店して このドリルの正しいやり方を
  尋ねに来る人が 思っているよりも うんと少ない


 それと もう一つ
BlogPaint
ゴルフのアドレスに対する ボールの位置 上下に対するボールの位置
これが やはり 上手く 消化出来ていないような気がします。

前傾するアドレス姿勢の上半身に対し ボールは
 ベルト なり ヘソ 位の高さに位置しています。
    …あくまでも 股関節から上の上半身に対して だよ

靴の位置 と同じ高さにあるじゃないか!
 と今も疑問に思っている人が多いようですが
  それでは 逆に 「では前傾している意味」は何ですか と問いたい

これも 「分らない」「分らない」 と唱えているのでなく
 自分の言葉にしてみよう!

何故 ベルトやへその高さにボールが位置するのか
 そうだとすると 何が良いのか? 何がメリットになるのか?

確かに ボールの位置自体は動いていない
   地面に置いてある   宙に浮かんでいる訳ではない…

 では 直立しているアドレスと 前傾のあるアドレス
  その二つでは 地面に置いてあるボールとの 位置関係はどうなるのか


逆に 靴の高さ に有ると どんなデメリットがあるのか

 あの養老孟司氏の「バカの壁」にも出て来るが
  人はすべて 脳内イメージの中で生きている

  ☆ボールは地面、靴と同じ高さ と思えば そのように打つし
  ☆ボールはベルト、へそと同じ高さ と思えば そうする

どれも ある意味 他人の創ったイメージ なんだから
 それを 自分のイメージにして貰いたい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

多くの人を見ていると 長いゴルフ経験の歴史の中で
 単なる勘違いで 間違え始め そこから 苦しみの壺に入り込んでしまう

その 最たる例が  ゆりかご  振り子 の動きである

体のパーツで言えば 肩周り 肩甲骨周り 動きだ
sample 2009_09_15_19_42_40-1448フレームショット
パッティングやホンの5mのアプローチショットをやる際
 出来れば 身姿の移る大きな鏡を目の前において 素振り
  もしくは 実際に球を打って貰いたい

その際に ショットの成否は棚に上げて置いて 自分の肩周りの動きを見て貰いたい  誰かほかの人に見て貰っても良い
パターをやる際 自分の目の前に誰か立って貰い 左右の両肩に左手右手を載せて貰っても良い…

殆んどの人が この小さな動きをする際に
動くのは 肩 肩甲骨周り だけ である
  → でも 打っている人の認識は 腕は使っていない
  → 体の動きで打っている感覚である

でも 冷静に考えて貰いたい
 脚や体は動かしていない ボールに正対したまま…
  しかも 手や腕でやっていない(感覚的に)としたら…
  これで どうやって クラブを振り子のように飛球線前後に振る
   いえ 正しくは「揺さぶる」のか?






その部分は確かに スウィング中に動く
 しかし 能動的に動く 意図的に動かす ことを前提にしていない
  
クラブ扱いのおいて 脚 上体 そして肘から先
 の3パーツで構成されている筈のモノを 肩甲骨周りの動きを加えると
  パーツは4に増えてしまう  1000個あるパーツがひとつ増えても
   大きな変化は無いのかもしれないが 本来3つしかない筈のパーツが
    ひとつ増えると 動きは劇的に複雑になってしまう

そこの部分は本来は 遊び というか 余裕 というか
 のりしろ みたいなモノで 体の痛みや運動疲労を緩和させる為の
  単なる稼働域で 補助的なものである。
   結果 動いてしまうべきモノを 動かしてしまえば
    そこの部分は 上体と腕をつなぐ部分であるが故に
     どちらにも 不必要な負荷 が掛かってしまう


  いつから そうなったのか どうしてそうなったのか 分らないが
   あくまで 推測だけれど パターのアドレスの変化が大きくなった
    21世紀に入ってからのような気がする…

お客様にお願いして 駄目!な例のパッティング
 肩周りだけを揺さぶって 素振りして貰ったので 参考までにsample 2009_10_15_16_58_16-97フレームショット
sample 2009_10_15_16_58_16-103フレームショット
sample 2009_10_15_16_58_16-107フレームショット
sample 2009_10_15_16_58_16-111フレームショット
sample 2009_10_15_16_58_16-115フレームショット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 ブログを始めてから まるでお見合い写真のように
全国から スウィングの写真や動画が送られてくる。

20090801 2009_08_30_20_03_19-60フレームショットそれを どう 僕が分析しているか…
 多分 スウィングを紐解く ヒントになると思うので 書き出してみた。


まず 動画の場合
 特徴的な動き は 何故そうなるのか を見つける為
  逆に どうしようとすると こうなるのか 想像してみる
    その想像の元 何度か 動画を見てみる

通常速度で 流してみると 特徴的な体の箇所は
 その場所だけが 必ず 他の全ての動きに比べ   「速く動く」

 クラブも含めた 全ての動きが 同じような速度の動きであれば
  多分 スウィング クラブ扱いには 問題がない
   だから 僕のところには送ってこない


 鼓笛隊のモデルケース の動画を持っている人は もう一度 見て貰いたい
  確かに 全体の雰囲気に比べ ボールを打つ前後のヘッドは速く動いて見える…
   コマ送りにすると分るけれど 体の向きの変更分しか ヘッドは動かない
    ヘッドの方が 縦 横の動きがあるから たくさん動きそうだけれど
     殆んど 体の向きの変更と同調して動く 
なんとなく ボゥーっと見て ヘッドだけ多く動く テークバック
 この時点で もう上手く行かない事は決定

  テークバック時の右肘の使い方
  お尻の回転
  こぶしの通ったラインとヘッドの通るラインの関係

   そんなことをなんとなく見てみる
   そして その人が どんな手順で動かそうとしてるのか推測する……

  スウィングは ボールを打つ行為 そのものよりも
   ランニングアプローチ とか 素振り である程度決まっちゃうし
    究極には アドレスとグリップ、スタンスで終わってしまう けれど…


スウィングのミスアクション デスムーブの殆んどは
 アドレス グリップ スタンス の 「静の動作」 に隠れている
                  ……僕自身の問題もそこにある

それが概ねクリアできれば 残りのほとんどは テークアウェイ で決まってしまう

 静の動作 と 静から動への動作 で 動作の良し悪しは決まってしまう
  そこから先は 良くも悪くも 不可抗力が王様の世界だから…


 最終的には  ヘッド重量を重力を味方にして ボールに与えられて
  そのエネルギーを 正しいロフトの立ちに変え ボールにぶつけられれば
   形や姿勢 動作 なんて どうでも良いと言えば良いのだけれど
    今まで ミスアクション デスムーブを繰り返し 覚えてきた人にとっては
     残念で 退屈だけれど 基礎知識と 基本動作は 覚えなければならない
      逆に その感じを覚えてしまえば 型なんて テキトーで良い

 新悶絶クラブは 味が濃いいから 手厳しい先生では あるけれど
  自分から 頭を切り替えない限り その個別の家庭教師もなかなか機能しない…



ロフトさえ立ちさえすれば あとは何とかなるんだけれど
 そうは問屋は卸さない
  今まで何万スウィングと その反対の動きをしてきたのだから…

20090801 2009_08_30_23_19_09-646フレームショット


 話を元に戻そう
デスムーブは例外なく テークアウェイにその原因が出て来る

 クラブの横の動きは体で行っていれば
  その大小にかかわらず 基本的な横の動きを
   脚を使った お尻/骨盤の動きでしていれば…

     それさえ 守っていれば 多少  イヤ 結構適当でも大丈夫。

   しかし それを 腕の動きでしてしまえば

     絶対にロフトも立たないし ヘッド重量の効果も
      シャフトの運動量も 全部 無駄  いや無駄以上。
       ただの邪魔なお荷物

    400馬力もスポーツカーも ガス欠状態ではただのお荷物


逆に言えば
  静の動作が出来ていて テークアウェイでチャント横に動かせれば
    あとは 勝手にクラブが行う
        そうクラブは出来ている
     のだが続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
相談1
トップオブスウィングの時、シャフトがやや後方に倒れこみやすい点が
スウィングで悩んでいる箇所です。
この時、自認しやすいのはシャフトの傾きよりはむしろ左手首が掌側に折れることです。

原因を推察すると
ひとつは横方向への慣性が大きいのかなと
トップ直前のスピードがゼロに向かって減速していないのかな?(気をつけているので自覚なし)

2点目は左手グリップが悪いのかなと(自分ではこちらが原因と思っています)
アドレス時に左グリップは右に比べて甲側の角度がゆるいのかな
右手はかなり甲側に折れているので左右非対称になっている。
両手首を左右対称にすると 雑巾絞りと言ったら言い過ぎですが
ちょっと近いものがあるなと感じます。

そこで質問ですが
アドレス時の手首の角度は左右同じがいいですか?
雑巾絞りに似ていてもいいでしょうか?
左手首の角度がきついと左親指はシャフトの真上には来ないのですが
それもOKでしょうか?


相談2
アドレスからの始動時にクラブ(ヘッド)が重く感じて困っています。
(特に刷毛塗りの直後)

重く感じているのが困るというかどこからいつ動けばいいの?という感じです。
(先生からはスウィング始動のきっかけなんてつくってはいけないと教わりました。)

重く感じるということは上に上げようとするから・・・・
足を使って最初だけ横に動かしてもいいでしょうか?
(きっとダメなんでしょうね?)

うまく言えませんが、上記本当の悩みは
始動時にヘッドを上昇させる・右に体重を乗せる・身体の右回転・右ひじを後方かつ肘をはる
これを同時にすることができないのです。
最初から極端な右足体重ならひとつは省略できるかな思いますがいかがでしょうか?

初冠雪

 ご本人は大変苦しんでいるので 言い難いのですが
(ごめんね でもみんなの参考になるので いけにえになってね!)
もう少し 頭の中を整理するべきです。

動作 動き や その姿/形は それそのものは重要ではありません。
我々は もういい加減な年齢ですから 高校生や大学生のように
素晴らしく アスレチックな動きにすることは ある程度あきらめるべきでしょう

 それよりも 実を取りましょう。

ひとつ ひとつの動作には 意義 意味 理由 があります
 それが 根底に無いと 動作は単なる労役になってしまいます。
  それを繰り返すとなると 苦痛以外何も残らないのでは無いでしょうか…

 そうではなく テークアウェイの意味 意義 理由 に乗っ取った準備
  その準備は何の為なのか…  何故 そうするべき そうした方が良いのか
   何故 始めから極端な右足体重ではいけないのか
    何故 両手は向き合ったグリップが良いのか
     雑巾絞り はお薦めしませんが 何故 いけないのか…

   勝手な想像ですが 動作に何かの目安 を作ろうとしていませんか?
  長年 それを追いかけてきて 失敗しているのではありませんか?
 目安やより所は 結局 自分が長年してきた反射と化してしまった
元のスウィングとの 類似箇所を探しているのではありませんか…

 運動性能も 運動神経も まったく問題は無く
言葉は悪いですが 素材としては NO PROBLEM です
もう少し ミクロとマクロ 部分と全体 それをつなげあって
  考えられないでしょうか
   人間の動きと クラブの構造
     もう少し クラブ側の視点から 人間を考えられないでしょうか

よくギャグみたいなので 一生懸命 ドアを押している
 タックルしてみたり 殴ってみたり…   実は引き戸だったりして
  そんな ミステーク だと思うのです。
   単に トゥワイライトゾーンのような 平行した世界を彷徨っているような
    そんな感じだと思うのです。

今まで 散々 人間 人間の動き そちらばかり気にしていた……
 形や姿勢 トップの姿勢 とか テークバックのきっかけ とか
  その結果は たっぷり味わったと思います

これからは クラブの形 を考え 構造も考えて そちらから
 人間を見つめてみる 発想の転換 を してみましょう

  クラブの形や構造には 必ず理由 が存在しますから
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   ……前日の記事からの続き です

また、前回の質問の件は、シフト開始時の関節およびグリップの力の入れ具合にヒントがあるように思いますが、いかがでしょうか?


sample 2009_09_15_19_42_40-1299フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1428フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1436フレームショット









ある個所を除く 下半身の運動性能には自信があります  が しかし BUT
この写真から見ても その運動性能で 左足がシフトを作っているとしたら
左足が先行して動いてしまうのではないでしょうか
 また それを右足の蹴りで 行っていても同様な気がします。
写真で見る限り 左膝と左のお尻は殆んど同じような量 スピードで動いているように
見えます。  確かに高い運動性能があれば その「同期」も可能かと思いますが
それであれば もっと力感が出てしまうのではないでしょうか…

僕個人のシフトの方法は クラブや上体の重みを利用して
飛球線に背中を向けているうちに 倒れこむ 「ような」脳内イメージ です。

 それを支える 左脚 左膝は もちろん 重いモノが来ますから準備はしますが
どちらかというと 関節は脱力?って訳ではありませんが 力は入れません。

sample 2009_09_15_19_42_40-1444フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1448フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1452フレームショット










グリップに関してですが 昔 練習器具の通販を行っていた時に
グリップ圧に応じて BEEP音のなるモノがありました。
基準値は アドレス時に ヘッドを宙に浮かした状態で
この時の 圧 より強くなると 音がなります。
正しくは 切り返し時と インパクト時に 少し鳴るんだと思います

グリップの圧 は がちがちも駄目ですが ゆるゆるはもっと駄目 です。
グリップの運動量よりも ヘッドの運動量を増やさない
 しかし クラブの作る不可抗力 遠心力にはしっかり支える
  数値では表せませんが 握力は特に必要はありませんが
   実は加齢とともに低下する握力が 飛距離低下と比例する
         にヒントがありそうですね
 クラブを振る筋力 というより そのスピードで作られる遠心力等の不可抗力
 それに 握力が耐えられるか
 自分のインパクト その負荷 に握力が耐えられるか
   そんなところが 握力の仕事 と認識しています。


他の方からも お願いされているのですが 
 グリップの映像   どうしてもサンプルにしたい人が来ないのです
  その人が来てくれ次第 映像はお届けします。
   僕のグリップでは 不十分 納得できません…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

質問です。インパクト以降での左肘の使い方の画像がありましたら掲載お願いできますでしょうか?

20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット
左肘の使い方 実はこれが一番「脳内イメージ」と実際の打撃とでは ずれるとおもいます。 一番いけないのは 両腕を伸ばそう とする事   プロの写真では打った後に両腕がすらりと伸びたフォローが目につきますが 意図的に伸ばそうとして  →結果 腕が伸びるのは  ☆相当に腕の力があるか ☆腕を痛めるのを覚悟するか そのどちらかだと思います。 

不可抗力や遠心力など インパクト直後 以降は ある意味 最大になる時間 です
しかも 動かしている人間の方は減速気味になりますから ここの時間での 動かし方は体を痛める原因になります。

前述していますが ここの動きは これ以前 テークアウェイなどの 前世の動きで
大部分のところ決まってしまいます。  決まってしまいますが幾つかは実践出来なくとも 頭にイメージしておいて下さい。

左肘は テークアウェイの右肘と同じように 上体・胸に沿って 
  外に張りだすイメージを持って下さい

ダウン → インパクト  ここら辺の時間帯では 上体のラインは概ね 右から
 飛球線方向と言う事になります
  ですから 脳内イメージでは 飛球線やや右方向に左肘を抜いてしまう
   そう言ったイメージです。


sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット左肘について 今の時点ではあまり書きたくないのは 左足へのスライド 軸の移動 そして左回転 この動きが出来ているのと いないのでは 方法論が全く異なるからで ここでは それが出来ているという前提 で書いていますから 正直 殆んどの人が 開いてしまう 左を向き気味のインパクトですから 「まだ」 単なる知識としての参考になるだけかもしれません

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/976408.html

ここまで 左にスライドしながら 右を向いている時間を確保するのは
 そう簡単ではありません。 インサイドアウトの概念 切り返しの感覚 回転の感覚
  それぞれが 頭の整理が出来ないと 技術的には簡単でも
   自分の意志が 拒否することになるでしょう


sample 2009_09_29_22_41_33-252フレームショットsample 2009_09_29_22_41_33-258フレームショット右腕が伸びたら 左肘は曲げる もしくは 曲げる準備
両腕の伸びる瞬間は アドレス以外にはない と考えるべきでしょう
そして インパクト時に自分の方 自分の体の方を左肘が向いていない事
右肘が伸びたら ただちに 左肘は 体の外(やや外)に向け 曲げ始める
そんな感じでしょうか それが出来れば あとはクラブの作った不可抗力がやってくれます…   重要な事ですが 左肘を完全にマスターするには それ以前の事前準備をしっかり覚えることが先決です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 一般ゴルファーにとっての永遠の謎であり テーマである
   大衆移動   体重移動(シフト)と回転 について考えてみようsample 2009_09_19_23_40_47-233フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-240フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-246フレームショット






答えは明朗会計なのだが
俗に言う 切り返し から インパクトまでは
ゴルファーの意志の伴う回転 意図的な回る動きは一切必要なし なのだ

出来る出来ないは別で 理解している人にとっては またもやくどい話ではあるが
正しい回転の動きは
 ◎軸足が出来ると ◎回転が出来る   右直立脚が出来ると右回転が出来る
この反対は
 右直立脚が無くなると 右回転は解かれる
であるsample 2009_09_15_19_42_40-1299フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1436フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1452フレームショット











だから ダウンからインパクトにかけては
軸足(直立脚)を右から左に移し替えているだけで
意図的な回転は存在していない
自然な「解け」に伴う 右回転の戻り をしているだけなのである

この動きは技術的なモノではなく 軸足の入れ替え すなわち スライドが出来れば
放っておいても 誰でも出来る    そうなってしまう。

僕個人の脳内イメージでは 単に重たい頭や上半身を
飛球線方向に背中が向いているうちに 左(飛球線方向)に倒してしまうだけ
の脳内イメージなのだけれど    皆さんはどうだろう…

 テクニック的には 最終ゴールとして 
 左のひざの向きを左のつま先と揃えるような そんなゴールのイメージは
 持っているけれど 脚は支える為に使っているだけで
 脚の動きで スライドをしたりはしない  忙しいしムズカシイ

タイミングを間違うと 逆ピボットになってしまいそうだけれど
 直立脚を作る 回転する と言う順序が出来ていれば そうはならない筈

 スライドが主体で 回転は補足 のような動きであれば 逆ピボットにはならない

回転が主で 体重移動は補足 のような動きをすると 逆ピボットになる…




20090801 2009_09_02_19_13_32-487フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット刷毛塗りの動きで覚える この画像上で体とシャフトはいつも平行な関係 刷毛塗りの基本はインパクト付近のシャフトはいつも 時計の7時〜6時半を指したまま 体とともに飛球線方向にスライドすることである そのスライドする動き この画像上で クラブが移動する動きを 手や肩を使う振り子の動きは元より 体の回転の動きで シャフトの向きがすこしでも 変わってしまうのであれば それは間違った 刷毛塗りの動きで 写真でのブレ シャフトのブレは 殆んど均等である



多くの人が 始めから この「刷毛塗りのドリル」は単なるドリルで
はなっから 「飛ばない」と決めつけている   飛ぶ筈が無いと…
 そう思うなら 多分何もここからは得られる事はない。

すでに何人もの人から 投稿レポートが上がっている通り
この刷毛塗りのドリルは スウィングの肝 であり スウィングそのモノ と言っても
過言ではないだろう
ここで 特にスライド 回転を入れない
純粋なる 右から左へのスライドをしっかり覚えて貰いたい

このスライドさえ覚えれば
 意図的な回転の殆んど入らない インパクトまでの動きを覚えれば
  スウィング 正しいクラブ扱いの峠は越えるのだから。



スライドを練習している人に 一言言っておこう

  飛球線方向に対し  頭 と 手は 先にボールを追い抜く  のだよ

意図的な回転を入れたら 追い抜くことは不可能だよ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 本日は 私 店主の出番でございます
皆さんの「イマジネーション」を試してみたいと思います

 脳内イメージと実際の打撃と 別な、ある意味同じな画像を
         つなげて貰いたいと思っています
20090801 2009_09_01_01_25_27-306フレームショットfromsky-1104フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット












20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショットfromsky-1110フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-784フレームショット















20090801 2009_09_01_01_25_27-361フレームショット20090801 2009_08_28_14_38_06-576フレームショットokm













fromsky-1120フレームショット



























色々なお手紙や問い合わせを頂く…
最近はハイレベルな質問が多く 残り少ない脳味噌をフル稼働しないと
答えられない様になってきたのは 素晴らしい と思う
しかし まだまだ スピードに応じて発生する  1/2MV二乗 の法則を
掴み切れていない人が多いのも確かである

すぐ上の大きな写真も含め 横列に並ぶ 3つの写真は
 ある意味 全く同じに近い写真である
  説明は不要だとは思うが 不可抗力が無い状態 と
   不可抗力に動かされた状態 の違いがあるだけ である


何度も書いているが ゴルフクラブの主たる機能として ヘッドの重さ
そして ヘッドの形状 と言うのがある

特にゴルフクラブの形状は すでに 完璧な機能を持った形状をなしており
この形状が理解出来れば 人間が意図的な動かす必要は殆んど無くなる…
ゴルフクラブの形状によって 人間は 先導 と言うか 誘導 されるのに
伴い 動作 すれば良いだけ になる

その度合いは 1/2MV二乗 に応じる訳で
 スローな動作 スローな時の脳内イメージ  不可抗力の少ない もしくは 無い
  動作と ハイスピードの動作が 一致しては決して正しいスウィングにはならない

不可抗力はあるレベル  例えばオンプレーンスウィングをする人にとっては
単なる負荷 もしくは天敵であるのだが
鼓笛隊スウィングをするのにとっては 大きな味方なのである
不可抗力にスウィングさせてしまう… と言っても過言ではないだろう

 そして クラブの形状にはそれ以上の機能も付いているのだから… 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
<投稿レポートです!>


 まとめ1

ゴルフスイングは直線移動が本質である。

からだの回転は、直線移動の結果現れるもので、回転させようとして作るものではない。

みためと本質は大きく異なる。




20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショット1. クラブの動き
ではゴルフクラブはどのように動くのでしょうか。

ここでどのように<動かす>と、あえて言わなかったのは、

できるだけ動かそうとする意思をいれずに、

必然、あるいは、動きの連鎖にまかせてゴルフボールを

必要な距離を結果的に移動させたいがためです。

よって、インテンショナルなボールさばきは今回の考察からは除外します。


先に結論。クラブの動きは直線で刷毛塗り。フルスイングでも同じ。

まず、ゴルフボールの移動距離を決めます。

それに適した番手を選択します。

こんな当たり前のことを書くには理由があります。

たとえば、100ヤードをPWで移動させることと、

9Iで同じ距離を動かすことに優劣をつけないということを確認するためです。

昨今<飛ばす>ことがもてはやされ、

その結果、ゴルフクラブの性能、品質の劣化、過剰広告による道具の高価格化、

飛ばしたいがための身体への過剰な負荷、等を生じ、ゴルフが本来の楽しみから、

お金がかかって、その上、体を痛める修行になり始めていることに鑑み、

自分を戒めるためです。



20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット もとにもどります。
ボールの移動距離を設定し、クラブをボールの後ろにセット。
刷毛塗りをスタートします。
ヘッドを置いてきぼりにして、体を右に移動開始。
グリップは体の移動に引かれて右に動きますから、

結果、クラブヘッドはわずかに左を向きます。

この状態は、シャフトの延長線上に重心位置がそろった状態です。

さらに体を右に移動すると、ヘッドは右上にむかって

シャフトと重心位置が直線になった状態で必然的に右上へ直線的に上がり始めます。

このときのグリップの形は、刷毛塗りの前半の左手甲側に折れた状態です。

そのまま右に移動すれば、2.で述べたように、体は右に回転します。

同時に刷毛塗りのテークアウエーと同じグリップの形でクラブはさらにあがりますから、

右ひじが外にはりだします。どこで止めても打てる状態です。

クオータ、ハーフ、フル、すべて可能です。



20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット打撃に入ります。くどくなりますが念のため。左に直線移動を始めます。ここまではほとんどオートマティックです。

さて、ここでちょっと工夫がいります。

ヘッドの重いクラブを使っていますから、また重心が偏芯していますから、

体が正面を向いているわずかな時間に打撃タイミングが遅れがちになります。

遅れ防止のために右手で左手を押してやります

力加減は個人差、クラブのスペックで異なります。

この右手で左手を押すことで、打撃タイミングの適正化と同時に、

右手の逆スナップと左手甲のわずかな盛り上がり、

すなわち、ロフトが立った状態(刷毛塗り後半のグリップの形)ができます。

短い距離ならこのままのグリップの形でフィニッシュできますが、

ある距離以上、あるいは、スイングの大きさ、スピード、本人の筋力により

この手首の形を保持することで、特に左手首を損傷する危険があります。

BlogPaint
  スポルテ… 左肘の逃がし および 体の左回転することで
        左手単体への衝撃緩和をお薦めします






よって、この右手逆スナップを省略はできませんが、

どこかで左手再コックにより衝撃を逃がす必要があります。

動画、連続写真等ではこの右手逆スナップは見えないことが多いですが、

省略すると、ボールがつかまりません。必須です。



  クラブを動かす方向について。

ボールの位置からヘッドが上がったからといって、

ボールに向かって、クラブを動かすと当たりません。

ほとんどの場合、ボールの手前を打ちます。

これには理由があります。

テークアウエーは緩やかな運動ですが、

打撃にかかわる運動は、はるかに早い運動です。

その上慣性がかかります。

一定以上のスピードでクラブを運動させると、

潜んでいた重力と、慣性が表面化します。

それを計算に入れて、ボールに向かって動かすのではなくて、

テークアウエーの終了点から、ボールのはるか上で刷毛塗りの後半部分を行えば、

物理の法則でボールとヘッドがコンタクトします。
a href="https://livedoor.blogimg.jp/hbs/imgs/a/1/a108821e.jpg" target="_blank">sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット





まとめ2
ゴルフクラブの運動は、刷毛塗りと寸分たがわず同じものです。
考慮に入れるべきは、<運動>が誘発する重力と慣性(不可抗力)
                 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
体の回転の意味

前書き
私の、親友で30年来のゴルフ仲間の一人が医者からゴルフを禁止されました。

大学卒業後、一人で事業を立ち上げ、数十年後会員権を取得し、

ゴルフが唯一の楽しみで、練習に励み、ハンディキャップは8です。

同年齢ですが、ドライバーの飛距離は、

私を30ヤードくらいアウトドライブしていました。

二週間前に一緒にラウンドしたときの彼のスコアは76でした
(私のスコアは秘密)。
その日ちょっと気になることがありました。

ラウンド中に背中の肩甲骨の間が時々痛むので、

キャディさんに背中をちょっと押さえてくれないかと何度か頼んでいました。

数日前電話があり、痛みが激痛に変わり、救急で病院へ直行。

1時間あまりのMRI検査の結果、脊椎のヘルニアという診断で、

当分安静、できれば入院、運動は禁止になりました。

彼のモットーは、肩をまわせ、ヘッドスピードを上げろでした。

加齢によるクラブの相対的オーバースペック化、

体をねじることの危険性について何度か話しをしましたが、

残念ながら伝わらなかったようです。友人の回復を祈りつつ本題に入ります。



鼓笛隊 刷毛塗り&視線-160フレームショット1. 刷毛塗りの意味

刷毛塗りは、ドリルであるばかりでなく、ゴルフスイングそのものです。

まずアドレス、グリップはフルスイングの際と同じです。

ではおなじみのドリルの動きを見てみます

(アプローチあるいはパッティングに使う小さな動きです)

テークアウエーではヘッドを置き去りにして体全体を右に移動させます。

体の右への直線移動、それに触発されて腕の右への移動、

結果として最後にヘッドが右へ移動します。

この順序を間違えなければ、ヘッドの運動量は体の運動量を超えることはなく、

テークアウエー終了時の左手首は甲側に折れた形に必ずなります。


つぎにゴルフボールの打撃に入ります。

まず体が左に直線移動します。

ヘッドは、テークアウエー終了時のまま置き去りです。

体の左への移動に触発されて腕が左へ移動。

ヘッドはまだ動きませんので、腕の移動途中で、グリップが、止まっている、

あるいは待っているともいえるヘッドを追い越します。

必然的にグリップの形は右手が甲側に折れた逆スナップ型になり、

左手は甲側が盛り上がった形になります。

インパクトの体勢の完成です。

このままボールにコンタクトすれば、ボールのつぶれたインパクトが実現できます。


意識することはひとつだけです。

<テークアウエーのスタートでヘッドを置き去りにすること>

後はほぼ自動的に連鎖的に実現できますし、

急激に動きのスピードを上げることも阻止できます。

鼓笛隊 刷毛塗り&視線-166フレームショット刷毛塗りで、体の動く量よりヘッドの動く量を増やさない、

体の運動は直線、

テークアウエーの左手の形、

右手の逆スナップ、

等速運動(遠心力の防止)、

視野の動き、を習得する。



2. 体の回転は運動の連鎖による直線が本質

1.のテークアウエーは、おおむね、右足が垂直で、

グリップは腰のあたりで終了しましたが、ここからさらに体を右に移動させてみます

(あるいは移動させようとします)。

何が起きるかというと、右足は体を転倒させずに垂直以上右に傾けることは非常に困難で、

防衛本能から右のお尻が左後ろに回転を始めてバランスをとろうとします。

当然お尻に乗っている体幹も回転します。

さらに体を右に移動させようとすればさらに右のお尻が左に回転して、体幹も回転します。

結果的に右に回転した打撃体勢が出現します。

自分の意思は右に体を直線的に移動させようとするだけでねじりのない打撃体勢ができます。

(グリップと、クラブの動きは体の動きと関連つけて
     後で考察しますからしばらくおいておきます)


……鼓笛隊 刷毛塗り&視線-170フレームショット 打撃をスタートします。

1.の刷毛塗りと同様体を左に移動させます。

左足の直立状態からさらに左に移動させます。

左への体の移動は、右足と違って左ひざの柔軟性と、

左足の筋力によって、垂直より左に傾くことが可能ですが、個人差があります。

この個人差は、ゴルフボールのつぶれ度合い、

   あるいは、飛翔するボールの高さ、飛距離、スピンのかかり方に表現されます。

最低限左足の直立状態ができれば後は自分の身体の個性に任せます。

同じように、左に体を直線移動させれば、限界点から左のお尻が右後ろに回転を始めます。

さらに左に移動しようとすればさらに左のお尻が回転します。

当然お尻に乗っている体幹も回転します。終着点が打撃動作の終了です。



その2に続く    (投稿レポートです)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 最近 怠けてお客様の投稿ばかり載せてしまい 反省しております。



それでは すこし 頭のトレーニング

sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット
是非 一度 練習場でトライして貰いたい事があります。
50ヤードのショットをサンドウエッヂと8番アイアンで打ってみて下さい。
当然 弾道 高さが異なります。
そこで考えてみて下さい。
8番アイアンはウエッヂに比べると 限りなく 水平距離の50ヤードに近いショットになり 単純な距離 単純な水平距離の50ヤードの打つのに近くなります。
それに比べるとウエッヂのショットは かなりの高さになるわけですから 50ヤードの距離を打つと言うよりは 高さを交えた「道のり」を打つことになります。

皆さんに課されている課題は 「その距離を打つ ボールを移動させる」事ですから 限りなく走り幅跳び というか 細い小川を飛び越す 様なモノです。
決して 走り高跳び と 走り幅跳び の 混合の課題ではないのです。


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット
ボールを外周 約13センチとして
 ☆ ボールを13センチ 水平移動させる
 ☆☆ ボールを一回転させる
 ☆★☆ ボールを13センチの高さに上げる
この3種類の変化を起こさせるのは 決して同じ運動量ではありません。
想像通り 上から順に 倍 以上 エネルギー が必要になって行きます。

120ヤードのショットを 最高到達点15mにするのと
 最高到達点30m にするのとでは まったく違う運動エネルギーが必要になります。  例えば それを8番アイアンで打つにしても 全く違う打撃エネルギーが必要な訳で 要は どちらの高さでも グリーンに止まってくれる 着弾してからの 計算できる転がりなり スピン(制動)があれば良いんです よね。

そのショットを ゴロ って訳には行きませんが
 それに意味合い的には 近いショットを打って 必要以上の距離の短さや長さ にならなければ良い訳ですよね


質量を重力に逆らい 高さを出すのにはエネルギーが必要です。
2倍の高さを出すのには 数倍 事によっては 二乗倍 以上のエネルギーが必要です。

始めに書いた ウエッヂと8番の50ヤード対決
 自分で行ってみて ヘッドスピードやスウィング自体の大きさ
       同 じ で し た か
 どちらが 大きくて   どちらが速かった ですか



 どちらがミスが出やすいでしょう
  ミスをした時に痛手になってしまうのはどちらでしょう



ゴルフはカップインを目標に 距離を進んでいくゲームです。
 これから打つショットの目標は水平方向の「距離」であり 高さではありません


 ゴルフのスウィング  クラブの構造  人間の体の作り   ……

どれをとっても 運動のスピードを上げると
 ロフトは多くなる  格段に ロフトが開きやすく なります。
  また ミスの頻度  ミスの痛手 や再現性も極端に低くなります!


決して飛ばすな! という意味ではありません
 飛ばし を捨ててしまったのでは ある意味 ゴルフを捨てたのと同じです。

ただ 無駄なスピードを上げ  挙句 そのエネルギーを
    ×無駄な高さ 
    ×無駄なスピン 
にしてしまうのでは 結局 エネルギーは距離に変換されない のです。



 高さは 重力というブレーキが掛かり
  スピンは それそのものが制動なのです




    皆さんのやっていることは
  ハンド(パーキング)ブレーキを解除せず アクセルを踏んでいる事では
      あ  り  ま  せ  ん  か













何人ものお客様から 距離感は どうしたらいいか よく聞かれます。

 これから 打つ「水平」距離が決まっていたとしても
 
  その人が打ちたい 打ちやすい 弾道の高さやスピンが決まっていなければ

   ある意味 答えられません。

まして 振り子やゆりかごの動きは 打つ本人も 打つまでは
 インパクトのロフトや入射角度 入射姿勢が確定出来ないんですから
  他人である僕にアドバイスの方法はありません。
   打つたびにロフトの変化してしまうクラブで打つんですから
    距離感 スピード感 力加減 など 特定出来る筈もありません。
BlogPaint20090801 2009_08_30_23_19_09-648フレームショット20090801 2009_09_02_15_09_49-1007フレームショット






皆さんからの投稿やコメント メールを見ていると
 スウィング中 ヘッドを振らない 事が飛ばないんではないか?  
  という 疑念 を隠れたメッセージとして 感じ取れます。
  
 その気持ちは十分理解出来ます。   賛同は出来ませんが…

    ちなみに ヘッドを振らない事は 遅く振る のとは根本的に異なります。
      運動のスピードやヘッドスピードとは関係なく ヘッドを振らない! という意味
      運動のスピードと同心円状 同じスピード 同じリズム 同期した ヘッド
      というのが ヘッドを振らない という意味ですから 勘違い しないよう…
      ま 結果としては 遅く ではなく ゆったりと振る事にはなりますが…



ただ 今度は僕の立場からすれば

  ヘッドを 振る事  は 距離を 無駄な高さや 無駄なスピンに変換させてしまい
 その挙句 ヘッドスピードも含めた運動のスピードを上げる
ヘッドの打撃エネルギーが高さやスピンに化けてしまうので スピードを上げざる負えない
無駄 無理 危険 のスパイラルから抜け出れなくなってしまうのに気付いていないのか
 そして スピードを不必要にあげる事の難易度の激増 再現性の低下
  打ってみなければ 水平距離を確定出来ず
   わざわざミスを増やす選択をし ミスをした時に より痛手になる

     そんな方法や考えをしてきたから 今まで苦労したのではないのですか…

   それを解消するため ヘッド重量を増やしたり シャフト硬度を下げたり したのに
  結局のところ スピードに頼る スピード以外を信じられないゴルフをしている限り  
 どんな技術を身に付けても 知識を仕入れても 訓練しても 
最後は 自分の運動性能 身体能力 練習頻度 次第になってしまう…
 今までのゴルフスタイルの 周り車 の中を
  ぐるぐるとハムスターのように回っているだけなのではないでしょうか   
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
国語が苦手だった上に
最近はあまり練習やコースに行っていないため、
まともなレポートが書けませんが、
ちょっと前に、「最近では一番進歩したのではないか」
という部分を報告します。

それは、50y以内のアプローチです。

このクラブ(H20年ver.)を初めて手にしたときは、
アプローチで本当に激爆悶絶させていただきました。
同伴者より30yオーバードライブしておきながら、
残り30yを5打かけて刻んだこともあります(涙。

あまりの悔しさにAW1本だけもって練習場に通いました。
絶対に50y以上打たないという一大決心をして。
1回の練習で300〜400くらい打ったでしょうか。
(自分の打席の前だけ、雪が積もったように真っ白になるって楽しいですよ。)

そして、のべ1000発ほど打ってやっと見つけたのが、

「アドレス時のボールとヘッドの位置関係を終始維持する。」 でした。


sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット
わかりやすく言うと、
スケボーに乗ってアドレスして、
自分はまったく動かずに、飛球方向と平行にスケボーだけが移動する。
というようなイメージです。
この意識で打つと不思議と上手くいきます。
(あくまでも意識です。物理的には無理ですから。)
ただし見た目はとてもかっこ悪いのではないかと思います。
しかし、何度やってもほぼ確実にまっすぐ
しかも同じ角度でボールが飛び出していくのです。
その後、コースに一度行き15回以上アプローチショットをしましたが、
ダフリ、トップ、シャンクなどのショットのミスは皆無でした。
(距離感のミスはありましたが、、、)

私はこれがゴルフショットの基本だと
あらためて心の底から思うようになりました。

何度も野澤さんが言っていますが、
釘を打つのとまったく同じですよね。
金槌の頭を回転(ローテーション)させて打ったら力が伝わらないし、
よっぽど訓練し続けないといけませんよね。
当たり前のことですが、身をもって体験したことは私にとって
本当に大きな収穫だったと感じています。

そして、この直後に、「刷毛塗り」を教わりました。
体重移動ははるかに甘いですが、偶然にも似たようなことをしていました。

・・・・・・・・・・・

近頃は素振りばかりのエアー鼓笛隊打法がほとんどの毎日で、
たまに行く練習では、まだまだ落ちこぼれ生徒です。
「刷毛塗り」は結構満足できていますが、
フルショットが「振るショット」になっているようです。
距離や方向性はそこそこなのですが、弾道がイメージより高いのです。
スライドで無理にロフトを立てようとするとかえって上手くいきません。
ボールが潰れる感触はとても良いのですが、なぜかドロップして距離が出ません。
自分では、「視界」「秀二」「頭4個スライド」を
一生懸命意識しているつもりなのですが、
有機的にかみ合ってないような気がします。
コースでの鼓笛隊打法のデビューが「300?」・・・の経験が、
少なかれトラウマになっているのでしょうか(笑。

すぐにでも、お店に行って修正してもらいたいのですが、
「環境」が・・・・

まぁ、私は私のペースで少しずつ少しずつ前進しながら楽しんでいます。

長文駄文失礼しました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 良いゴルフクラブとは自分の未来を導いてくれること。

正しい未来とは 年齢に大きく左右されず 極力筋力に頼らず
 限りなく遠くへ少ない労力、小さな動きで飛ばし 繰り返せること

こんなクラブに辿り着ける人は 非常に少ない
 表題の通り、絶滅危惧種ほどの数しかいないだろう。

たどり着けない人の条件がある。
 1.食わず嫌いである
これが全てかもしれない。 食わず嫌いの人はともかく 決めつける
軽量シャフトはダメ
 でかいヘッドはダメ
  大きなトルクはダメ
   柔らかいシャフトはダメ
    大きなロフトがダメ
     バンスのきついウエッヂはダメ
      ステンレス素材のアイアンはダメ

ダメ、ダメ、ダメのオンパレード、カーニバルだよね

多分 これを読んでいる大半の方は 弊社のクラブを使っている
 そこで お聞きしたい
一般的には ドライバーの振動数の平均は cpm
初めて来店された方のドライバーの大半はこれを上回る。
 自分がいきなり 振動数を切ったもの
今までのドライバーより フレックス
 今までのドライバーを Rフレックスとすると AR  A  L  LL  そしてLLLの硬さのクラブが打てると思いますか
 
 打つ前に 「え〜そんなの打てないよー」
   「まっすぐ飛ばないよー」   打ってもいないのにそう思うでしょ。
で 打ってみてどうでしたか
 勿論 軟かくなれば クラブ扱いが正しくしないと 痛い目にあうけれど
思っていたより「当たる」し、思っていたより「飛ぶし」
 思っていたより「真っ直ぐ行く」でしょ
そりゃ 上手くいかなかった人もいる筈だけど
 上手く当たれば 想定外の距離も打てるし それに断然体が楽
 どこか痛めていた人が ヘンテコおかまクラブでだいぶ救われている 筈。

市販のゼクシオ 一番多く売れているSR 振動数240cpm ヘッド重量190g
 これを持っている 平均的な58歳の男性
  打つ前に 5フレックス柔らかくて 10g重たいヘッド
   たいていの人が「打てない」と思うから ワッグルして
    「こんな柔らかいの打てないよ〜。」と言って打たずに終わる

使っている人は分かるだろうけれど 簡単に打つのには
 悪魔払いは必要で 一球二球で答えが出せないと知っている
トライしてみた人、初めてなら 残念だけど半分の人は当たらない
 すると 「俺はもっと硬くないとダメ、柔らかいシャフトは合わない!」
  と決断し、ゴルフを辞めるその日までその鉄則は生涯家訓になる。
でも 半分の人は 振動数200程度なら 素晴らしい結果がいきなり出る
 一言、二言アドバイス ボールの置き場所、力の入れ具合 を教えると 更に上手く打てる人は増えるし より良い結果が少ない球数で出てくるのよね

      打たない人 半分  …実は半分以上
打ったけどダメだった人 1/4   …この内1/3位の人はアドバイスで変わる
   打って良かった人 1/4 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
 お客様からの投稿レポートです

ものすごく独りよがりな理屈です。物理学の得意な人が見たら笑うでしょう。正確じゃないけど、大体合ってると思う。

材料
クラブヘッドの重量(m)、シャフトのしなり、ヘッドの動くスピード(v)、ミート率

1 ニュートンの運動エネルギーE=1/2m*v*v
  仮にヘッド重量mを205、vを42とすると
  E=1/2*205*42*42
   =180,810 j(ジュール)

2.E=1/2*205*38*38
=148,010 j

仮説、ヘッド重量同じとして、いわゆるヘッドスピードが10%下がるとボールに加わるエネルギーは約18%減る。
1のキャリーを210Yと仮定すると、2は172Yになると推測できる。マイナス38Y!!

次にミート率を加味してみる。
1のミート率を1.3 、2を1.5と仮定すると、1.5/1.3=1.15 で15%取り戻せる。言い換えると3%しか
飛距離は減らない。210Y*0.97=204Y 6ヤード減るだけ。これは朗報です。1.6ならHS42をアウトドライブ!
ヘッド重量205g、ヘッドスピード38ならなんとか実現できそう。問題はミート率。ミート率を調べてみると、BS/HSのことをいうとあるが、これは結果を
いってるだけで、ヘッドの軌道と、ヘッドのインパクト姿勢がどうなったときにミート率の高低にかかわるのか不明。いまわかっていることは、インパクトロフト
(ヘッドがボールに向かう上からの軌道に対する実ロフト)がそのクラブの本来のロフトになること、ボールに向かう軌道は、一般的に考えられている軌道よりはるかに
急傾斜で直線であること。インパクトロフトは、ヘッドの遅れで自然に実現できるとすれば、ヘッドの軌道のイメージを大きく変える必要あり。
いま、この急傾斜イメージがわかないで苦戦中です。クラブは手で持っているし、手は体から生えているから、手と体の正しい動きをつかみたい。

シャフトのはじきは飛距離に影響しないことは理解できます。エネルギー保存の法則を理解していれば、自明の理です。

やっぱり理屈っぽいですな。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ